JP3967395B2 - 遊技機 - Google Patents

遊技機 Download PDF

Info

Publication number
JP3967395B2
JP3967395B2 JP31108695A JP31108695A JP3967395B2 JP 3967395 B2 JP3967395 B2 JP 3967395B2 JP 31108695 A JP31108695 A JP 31108695A JP 31108695 A JP31108695 A JP 31108695A JP 3967395 B2 JP3967395 B2 JP 3967395B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
display
reach
game
symbol
variable display
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP31108695A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH09140878A (ja
Inventor
定男 井置
Original Assignee
株式会社ソフィア
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社ソフィア filed Critical 株式会社ソフィア
Priority to JP31108695A priority Critical patent/JP3967395B2/ja
Publication of JPH09140878A publication Critical patent/JPH09140878A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3967395B2 publication Critical patent/JP3967395B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
この発明は、特図始動スイッチの検出信号に基づいて画像表示部複数の識別情報による変動表示遊技が行われ、該変動表示遊技の停止表示の組合せ態様が組合せラインの何れかにおいて所定の組合せ態様となった場合に所定の遊技価値が付与される遊技機に関する。
【0002】
【従来の技術】
従来より、可変表示部を有する可変表示装置を備え、始動口への入賞(始動ゲートの通過も含む。)に基づき可変表示部に変動表示遊技を行わせ、該変動表示遊技の停止表示図柄の組合せ態様に基づき所定の遊技価値(例えば、大当たり、中当たり、小当たりなど)を発生させるパチンコ遊技機などの遊技機が知られている。
【0003】
この種の遊技機では、従来、始動入賞口(或いは、始動ゲート)への遊技球の入賞に基づき、可変表示部の、例えば、3個の表示窓部に識別情報による変動表示遊技を行わせ、所定時間経過後に、左、中、右の順に変動表示を順次停止させ、その3個の停止表示の組合せ態様が、所定の停止表示の組合せ態様(例えば、「7,7,7」等のぞろめ)であった場合に、大当たりの遊技(特別遊技)として所定の期間変動入賞装置の開放動作を行う等、遊技者に多数の獲得球を与えうる特別遊技を発生させていた。
【0004】
また、表示窓部の変動表示を順次停止する際の左、中の停止時に、ぞろめの停止の可能性ある態様、例えば、「7,7,−」等になった場合に、最終停止図柄の右図柄をスロースクロールさせることにより、大当たり図柄で3、4回停止する可能性があるように比較的長い時間行わせて、期待感を高めさせていた。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】
しかし、上記従来の遊技機おいては、可変表示部の変動表示遊技は、予め決められた固定的な、例えば、3個の表示窓部に対して、それぞれに15個の識別情報を循環表示可能にして、その固定された表示窓部の識別情報の停止表示の組合せのみで変動表示遊技を行なわせていたので、非常に単調なゲームとなって、遊技意欲を低下させていた。そのため、その変動表示遊技を繰り返して(1時間に300〜400回の変動表示遊技が可能)長時間続けることに飽きて苦痛を伴う場合があった。
【0006】
また、変動表示遊技におけるリーチ表示も、従来、最終停止図柄となる3個目の表示窓部の変動表示のリーチ変動表示態様のみで行っていたため、単調なリーチ変動表示遊技となって、意外性に乏しく飽きられ易かった。また、大当たりの期待値も毎回同じで見た目上固定的なもの(例えば、1/15)であり、期待感の乏しいリーチ遊技であった。
【0007】
この発明は、上記課題を解決するためになされたもので、変動表示遊技にバリエーションをもたせ、遊技意欲をより向上させる遊技機を提供することを目的とする。
【0008】
【課題を解決するための手段】
上記課題を解決するため、
本発明は、画像表示部と、補助可変表示部とを有し、前記画像表示部では、特図始動口への入賞による特図始動スイッチの検出信号に基づいて該画像表示部で複数の識別情報による変動表示遊技を行わせ、該変動表示遊技の停止表示の組合せ態様が組合せラインの何れかにおいて所定の組合せ態様となった場合に所定の遊技価値を付与する大当たりを発生させる制御を行い、
前記補助可変表示部では、普図始動スイッチの検出信号に基づいて該補助可変表示部で補助変動表示遊技を行わせ、該補助変動表示遊技の停止態様に基づいて前記特図始動口への入賞を容易にする特定遊技状態を発生させる制御を行う遊技機において、
前記画像表示部は、
前記変動表示遊技が行われる複数の表示窓部と、該表示窓部以外の領域である背景表示部と、から成り、
前記複数の表示窓部における変動表示遊技の停止制御中に、所定の組合せ態様になる可能性のあるリーチスクロールが行われるリーチ変動表示遊技状態を発生可能であり、
前記特図始動スイッチの検出信号により、前記リーチ変動表示遊技状態のリーチパターンを決定するリーチ決定用乱数値を抽出し、該抽出したリーチ決定用乱数値に基づいて、複数種類のリーチパターンのうちの何れかに振り分けて決定するように構成し、
前記複数種類のリーチパターンには、
前記複数の表示窓部における前記リーチスクロール中に前記背景表示部に所定の画像キャラクタを表示させ、当該リーチスクロールの停止表示の組合せが外れの停止態様を表示した後に、当該表示させた画像キャラクタが前記背景表示部において所定の動作を行うことにより、新たな表示窓部を増加表示させる制御を行うリーチパターンと、
前記複数の表示窓部における前記リーチスクロール中に前記背景表示部に所定の画像キャラクタを表示させ、当該リーチスクロールの停止表示の組合せが外れの停止態様を表示した後に、当該表示させた画像キャラクタが前記背景表示部において所定の動作を行うことなく前記表示窓部の増加表示を行わずに変動表示遊技を終了する制御を行うリーチパターンと、
を含み、
前記表示窓部を増加させるリーチパターンに決定された場合には、増加した表示窓部のみで複数の識別情報の変動表示を行い、当該増加した表示窓部における停止表示態様に基づいて、前記複数の表示窓部において所定回数の変動表示遊技が行われるまで前記補助可変表示部における補助変動表示遊技の変動時間を短縮する小当たりを付与する制御を行う構成とした。
【0009】
本発明によれば、画像表示部は、変動表示遊技が行われる複数の表示窓部と、該表示窓部以外の領域である背景表示部と、から成り、前記複数の表示窓部における変動表示遊技の停止制御中に、所定の組合せ態様になる可能性のあるリーチスクロールが行われるリーチ変動表示遊技状態を発生可能であり、特図始動スイッチの検出信号により、前記リーチ変動表示遊技状態のリーチパターンを決定するリーチ決定用乱数値を抽出し、該抽出したリーチ決定用乱数値に基づいて、複数種類のリーチパターンのうちの何れかに振り分けて決定するように構成し、前記複数種類のリーチパターンには、前記複数の表示窓部における前記リーチスクロール中に前記背景表示部に所定の画像キャラクタを表示させ、当該リーチスクロールの停止表示の組合せが外れの停止態様を表示した後に、当該表示させた画像キャラクタが前記背景表示部において所定の動作を行うことにより、新たな表示窓部を増加表示させる制御を行うリーチパターンと、前記複数の表示窓部における前記リーチスクロール中に前記背景表示部に所定の画像キャラクタを表示させ、当該リーチスクロールの停止表示の組合せが外れの停止態様を表示した後に、当該表示させた画像キャラクタが前記背景表示部において所定の動作を行うことなく前記表示窓部の増加表示を行わずに変動表示遊技を終了する制御を行うリーチパターンと、を含み、前記表示窓部を増加させるリーチパターンに決定された場合には、増加した表示窓部のみで複数の識別情報の変動表示を行い、当該増加した表示窓部における停止表示態様に基づいて、前記複数の表示窓部において所定回数の変動表示遊技が行われるまで前記補助可変表示部における補助変動表示遊技の変動時間を短縮する小当たりを付与するので、画像表示部における変動表示のバリエーションが増えて、長時間遊技しても飽きのこない興趣に富んだゲーム性となり、遊技者の遊技意欲をより向上させることができ、また、リーチ変動状態に関連して可変表示部の数が変更されることとなり、リーチ変動遊技状態中における変動表示のバリエーションが増えて、意外性のあるリーチ変動遊技状態にすることができる。また、画像表示部における変動表示のバリエーションを意外性のある斬新なパターンで増やすことができる。即ち、画像表示部における変動表示を斬新で意外性のある興趣の高いものにすることができる。
【0010】
ここで、遊技機は、いわゆる第1及び第3種のパチンコ遊技機、パチスロ遊技機などの遊技機を含む。画像表示部は、液晶ディスプレー、CRTディスプレー、多数の表示素子により構成されるドット表示装置などである。識別情報とは、数字や記号およびキャラクターなどである。所定の組合せ態様とは、例えば「1,1」や「5,5」、並びに、「3,3,3」や「7,7,7」など、同じ識別情報が2個又は3個揃うぞろめなど、前記所定の遊技価値を付与する所定の組合せ態様である。所定の遊技価値とは、例えば、いわゆる第1種のパチンコ遊技機での変動入賞装置の開放や、いわゆる第3種のパチンコ遊技機での権利発生などの他、特別図柄の大当たりや普通図柄の当たりの発生確率が高確率となる確率変動状態や、普通図柄の変動表示遊技の変動時間が短縮される普図時短状態なども含む。表示窓部の数を変更させる所定条件の成立とは、変動表示が停止していく過程で所定の組合せ態様になる可能性のあるリーチ変動表示遊技状態(例えば、「1,−」や「5,−」、並びに、「3,−,3」や「7,−,7」など)の発生、特図の大当たりや普図の当たりの発生確率が高くなる確率変動の発生、普図の時短制御の発生、表示窓部の数を変更させる所定の識別情報の停止、乱数生成による所定の数の発生などである。表示窓部の数の変更は増加や減少も含む。以上の制御を行う制御手段は、遊技上の制御を行う役物制御回路や表示上の制御を行う表示制御回路により構成されたり、その他の制御回路により構成される。
【0017】
所定の画像キャラクタとは、例えば「イモ虫」や「トンボ」のキャラクタなど、画像表示される所定のキャラクタであれば、どのようなものも含む。画像キャラクタの動作とは、例えば「イモ虫」が背景の葉っぱを食べる動作や、「トンボ」が場所を飛び移る動作など、所定の画像キャラクタの動作であれば、どのような動作も含む。
【0020】
補助可変表示部とは7セグメント型の表示器や多数の表示素子により構成されるドット表示器などである。画像表示部における変動表示の発生を容易にする特定遊技状態とは、画像表示部における変動表示遊技の始動の基となる始動口への入賞が、始動口を大きく開放させるなどして、容易になる状態などである。特定遊技状態の発生条件を有利にさせる特定遊技発生有利化状態とは、補助変動表示遊技において特定遊技状態の発生する停止結果となる確率が高くなる補助変動表示遊技の確率変動、補助変動表示遊技の単位時間あたりの実行可能回数を多くすべく補助変動表示遊技の変動表示時間が短縮する補助変動表示遊技の時短などである。
【0021】
【発明の実施の形態】
[第1の実施の形態]
以下、この発明に係る遊技機の実施の形態について、図面を参照しつつ説明する。
【0022】
図1には、この発明の実施の形態に係るパチンコ遊技機の遊技盤の正面図を示す。
【0023】
このパチンコ遊技機はいわゆる第1種のもので、遊技盤1のガイドレール2で囲まれた遊技領域3には、特別図柄(特図)の変動表示遊技が行われる可変表示器4、可変表示器4の変動表示遊技に関連する変動表示遊技が行われる画像表示部5bを備えた演出表示装置5、普通図柄(普図)の変動表示遊技(補助可変表示遊技)が行われる補助可変表示部6bを備えた可変表示器6、普図始動ゲート7,7、特図始動口8、特別変動入賞装置9、特図始動口を兼ねた普通変動入賞装置10、一般入賞口11,11、風車と呼ばれる方向変換部材12,12,…、サイドランプ13,13、装飾LED(Light Emitting Diode)14,14,…などが配設されている。
【0024】
特図の可変表示器4は、例えば2桁の7セグメント型のLEDなどからなり、2桁の図柄による特図の変動表示遊技が行われるようになっている。
【0025】
演出表示装置5は、例えば液晶表示装置などによって構成され、この演出表示装置5の画像表示部5bに、複数の識別情報により、特図の変動表示遊技に関連する演出の変動表示遊技が行われるようになっている。また、その演出表示装置5の上側には特図の未始動記憶数を点灯個数として表示する特図始動記憶表示器5a,5a,…が設置されている。
【0026】
普通図柄の可変表示器6は、例えば7セグメント型のLEDなどによって構成される普通図柄可変表示部6aを備え、この普通図柄可変表示部6aにより補助変動表示遊技としての普図の変動表示遊技が行われる。その普通図柄可変表示器6の近傍には普図の未始動記憶数を点灯個数として表示する普図始動記憶表示器6a,6a,‥‥が設置されている。
【0027】
普通変動入賞装置10はアタッカー形式の開閉扉10aによって開閉される入賞口10bを備えている。開閉扉10aは常時は閉じられているが、普通図柄可変表示器6による普図の変動表示遊技の結果如何によって、開閉扉10aの上端側が手前側に倒れる方向に回動されて開放されるようになっている。
【0028】
特別変動入賞装置9もアタッカー形式の開閉扉9aによって開閉される大入賞口9bを備えている。開閉扉9aは常時は閉じているが、特別図柄可変表示器4による特図の変動表示遊技の結果如何によって、開閉扉9aの上端側が手前側に倒れる方向に回動されて開放されるようになっている。
【0029】
図2には、このパチンコ遊技機の裏側に設置された、遊技系統の制御を行う役物制御回路20、および、役物制御回路20の制御下で演出表示装置5への表示の制御を行う表示制御回路40の主要制御ブロック図を示す。
【0030】
役物制御回路20は、内部にCPU(Central Processing Unit )21a、RAM(Random Access Memory)21bおよびROM(Read Only Memory)21cを備えるとともに外部にROM22を備えた役物用IC(Integrated Circuit:集積回路)21、並びに、分周回路23、電源回路24、I/O(入出力)バス30、サウンドジェネレータ32、出力ポート25、ドライバー26、バッファゲート28、ローパスフィルタ27などにより構成されている。
【0031】
ローパスフィルタ27には、特図始動口8および普通変動入賞装置10内の特図始動スイッチ8a,10c、普図始動ゲート7,7内の普図始動スイッチ7a,7a、大入賞口9b内のカウントスイッチ9cおよび継続スイッチ9d、並びに、パチンコ遊技機の裏側の確率設定装置38などが接続されている。
【0032】
ドライバー26には、特別図柄の可変表示器4、特別変動入賞装置9、特図始動記憶表示器5a,5a,…、普通図柄の可変表示器6、普図始動記憶表示器6a,6a,…、普通変動入賞装置10、及びサイドランプ13,13などの装飾ランプと装飾LED14,14…などが接続され、サウンドジェネレータ32には、アンプ33を介してスピーカー34が接続されている。
【0033】
また、役物用IC21には、ドライバー36を介して、演出表示装置5の表示制御を行う表示制御回路40が接続されている。
【0034】
CPU21aは、制御部、演算部、各種カウンタ、各種レジスタ、各種フラグなどを備え、演算制御を行うようになっている。RAM21bはCPU21aで生成される大当たり用の乱数値、普図当たり用の乱数値、および、リーチ決定用の乱数値の他、各種データを一時的に記憶する記憶領域や作業領域を備え、ROM21cにはセキュリティーチェック用のプログラムが書き込まれている。
【0035】
ROM22には、パチンコ遊技機の遊技制御や表示制御のプログラム、特図の大当たりや小当りおよび普図の当たりの発生を判定するための通常確率と高確率の乱数判定値などが書き込まれている。
【0036】
図3には、表示制御回路40の主要制御ブロック図を示す。
【0037】
表示制御回路40は、外部に制御ROM41aと制御RAM41bを備えた表示用CPU41、外部にワークRAM42b、キャラクタROM(Read Only Memory)42aとビデオRAM43を備えるとともに表示用CPU41と接続されたVDP(Video Digital Processor)42、並びに、ドライバー44、サウンドジェネレータ45、アンプ46などにより構成されている。
【0038】
表示用CPU41は、制御部、演算部、各種カウンタ、各種レジスタ、各種フラグなどを備え、演算制御を行うようになっている。制御R0M41aには表示データや遊技状態に応じた各種表示制御プログラムなどが書き込まれ、制御RAM41bは各種信号データを一時的に記憶する記憶領域や表示用CPU41のワークエリアなどを備えている。
【0039】
ワークRAM42bはVDP42の作業領域を提供し、キャラクターROM42aには、特図の変動表示遊技に関連させて演出表示装置5に変動表示される図柄(識別情報)や背景などの画像データなどが書き込まれている。ビデオRAM43には、図柄用RAM領域43aと背景用RAM領域43bとが設けられている。そして、表示用CPU41からの指令信号を受けてVDP42がキャラクタROM42aから図柄や背景の画像データを取り出しワークRAM42bを作業エリアとして編集し、その編集した図柄データを図柄用RAM領域43aに、背景の画像データを背景用RAM領域43bに、それぞれ一時的に記憶して、その記憶したものをR,G,B信号に載せてドライバ44を介し演出表示装置5に送信して画像表示させるようになっている。
【0040】
そして、役物制御回路20側から、グランド線、並びに、演出表示装置5のバックライト用の電源、演出表示装置5を駆動するための液晶駆動用電源、および、表示制御回路40を駆動させるためのIC駆動用電源などの線が、表示制御回路40に接続されている他、役物用IC21で作られるリセット信号や、遊技上のデータが書き込まれたコマンド信号、このコマンド信号のタイミングを取るストローブ信号、および、球貸し音制御信号などが、表示用CPU41に送信されるようになっている。
【0041】
また、演出表示装置5に、グランドや、バックライト用電源、液晶駆動用電源などが、表示制御回路40から接続されている他、画像駆動信号(R、G、B画像信号)が、ドライバー44を介してVDP42から送信されるようになっている。その他、画像駆動信号のタイミングをとる画像タイミング信号がVDP42と演出表示装置5との間で交互に送信されるようになっている。
【0042】
そして、この表示制御回路40および前述の役物制御回路20により、演出表示装置5の画像表示部5bの同一画面を複数の表示窓部に区分けし、その区分けした表示窓部に図柄の変動表示遊技を行わせるとともに、所定条件の成立に基づき表示窓部の数を変更させ、その変更後の数の表示窓部の停止表示の組合せ態様に基づいて所定の遊技価値を付与する制御を行うようになっている。
【0043】
この実施の形態に係るパチンコ遊技機は、上記のように構成されていて、役物制御回路20や表示制御回路40により、例えば、次のような遊技制御と表示制御が行われる。
【0044】
すなわち、常時は、役物制御回路20からのコマンド信号に基づき、表示制御回路40により、演出表示装置5に、客寄せ用呼び込み表示などの画像表示が行われている。
【0045】
この状態で、遊技領域3に発射された遊技球が普図の始動ゲート7,7中を通過して普図始動スイッチ7aによる検出信号がローパスフィルター27側から入力されると、ドライバー26への出力に基づき普図の可変表示器6による補助変動表示遊技(普図の変動表示遊技)が行われる。
【0046】
この普図の変動表示遊技中に普図の始動ゲート7,7中を遊技球が通過して普図始動スイッチ7aからの検出信号がローパスフィルター27側から入力されると、その通過の検出回数がRAM21bに記憶され、その記憶数の表示信号がドライバー26に出力されて、普図の始動記憶表示器6a,6a,…がその記憶分だけの個数点灯される。そして、その記憶個数分だけの普図の変動表示遊技が順に行われる。
【0047】
この普図の変動表示遊技の停止表示結果が、特定の停止表示態様(例えば、「7」)であれば、普図の当たりと呼ばれる特定遊技状態が発生して、普通変動入賞装置10の開閉扉10aが所定時間(例えば、0.5秒間)開放される。この普通変動入賞装置10の開放によって、普通変動入賞装置10に遊技球が入賞可能となって、その分、後述する特別図柄の変動表示遊技の発生を容易にする。
【0048】
一方、遊技領域3中に打ち込まれた遊技球が特図始動口8又は普通変動入賞装置10に入賞すると、その入賞が特図始動スイッチ8a、10cに検出されてRAM21bに記憶され、その記憶に基づいて、特図の可変表示器4により2桁の図柄が変動表示される特別図柄の変動表示遊技が行われる。
【0049】
特別図柄の変動表示遊技中にさらに特図始動口8又は普通変動入賞装置10に遊技球が入賞して特図始動スイッチ8a,10cにより検出されたときには、その入賞によって特図の変動表示遊技が未処理となっている回数がRAM21bに記憶されて、その未処理記憶分の数だけ、特図始動記憶表示器5a,5a…が点灯される。そして、その変動表示遊技の終了後に、その未処理となっている回数分の変動表示遊技が順次行われ、その行われる毎に、RAM21bの未処理記憶数が減算されるとともに特図始動記憶表示器5a,5a,…が1つずつ順に消灯される。
【0050】
この特別図柄の変動表示遊技の結果として、その停止図柄が大当たりを発生させる所定の停止表示態様(例えば、「3」、「5」、「7」などの所定の図柄が2個揃ったぞろめ)となった場合は、所定の遊技価値として、例えば、大当たりと呼ばれる特別遊技状態が付与される。
【0051】
この特別遊技は、特別変動入賞装置9の開閉扉9aが所定時間(例えば、29.5秒)開放されて閉じるサイクルを1サイクルとし、各サイクル中、遊技球が大入賞口9b中の継続入賞領域の継続スイッチ9d(後述)に検出されることを条件に所定サイクル(例えば、16サイクル)まで継続される遊技である。但し、各サイクル中、大入賞口9bに遊技球が所定個数(例えば、10個)入賞したときはその時点でそのサイクルを終了する。各サイクル中、大入賞口9bへの入賞個数は、カウントスイッチ9cにより検出されてRAM21bに記憶され、所定個数に達すると、特別変動入賞装置9のソレノイド9eが消磁されて開閉扉9aが閉じられて特別遊技のそのサイクルが終了する。
【0052】
特別遊技のサイクルは、各サイクル中、大入賞口9b内の継続入賞領域に遊技球が流入してその継続入賞領域の継続スイッチ9bに検出されることを条件に所定サイクル(例えば、16サイクル)まで継続される。
【0053】
この特別遊技が大当たり発生の所定の停止図柄態様(例えば、「7」などの特定図柄が2個揃ったぞろめ、即ち確率変動図柄)で発生したときには、確率変動と呼ばれる遊技価値が付与され、その大当たりの特別遊技の終了後、例えば、次の大当たりが発生するまで特図の変動表示遊技の大当たりや小当たりの発生確率と普図の変動表示遊技の当たりの発生確率とが高確率なものに変更される。
【0054】
特別図柄の変動表示遊技の結果として、その停止図柄が小当たりを発生させる所定の停止表示態様(例えば、「0,3」、「0,5」、「0,7」など特定の小当たり図柄)となった場合は、小当たりと呼ばれる遊技価値が付与され、特別変動入賞装置9の開閉扉9aが所定の短い時間(例えば、1秒)開放される。
【0055】
そして、小当りによる特別変動入賞装置9の開放後には、特定遊技発生有利化状態としての時短ゲームが発生し、特図の変動表示遊技が所定回数(例えば、80回)行われるまで普図の変動表示遊技における変動表示の時間が短縮される。時短ゲームが継続される特図の変動表示遊技の発生回数のことを時短回数と呼ぶ。この時短ゲームにより、単位時間中の普図の変動表示遊技の実行可能回数が増えて、その分、普図の変動表示遊技の当たりが多く発生可能となる。
【0056】
また、特別図柄の変動表示遊技中、以下のような制御処理が行われて、演出表示装置5に特図の変動表示遊技に関連した演出表示がなされる。
【0057】
すなわち、RAM21b中における特図始動口8又は普通変動入賞装置10への遊技球の入賞記憶に基づいて、役物用IC21から表示用CPU41にコマンド信号が送信され、そのコマンド信号に基づいて、表示用CPU41が、制御RAM41bをワークエリアとして使用し制御ROM41a中に書き込まれた所定の表示用プログラムを実行するなどして、そのプログラムに基づく表示指令用の信号をVDP42に送信する。
【0058】
その表示用の指令信号に基づいて、VDP42がキャラクタROM42aから図柄や背景の画像データを読み出しワークRAM42bをワークエリアとして編集し、その編集後の図柄の画像データを図柄RAM領域43aに、背景の画像データを背景RAM領域43bに、それぞれ一時記憶させる。そして、その記憶させた表示用の図柄および背景の画像表示データを画像駆動信号(R、G、B画像信号)に載せてドライバー44を介し演出表示装置5に送信して、特図変動表示遊技に関連した図柄の変動表示や背景の演出表示などを演出表示装置5に表示させる。
【0059】
図4〜図8には、特図の変動表示遊技中において演出表示装置5に表示される画像の例を示す。
【0060】
図4は、変動開始から第1〜第5の表示窓部の停止までの一連の画像を示すもので、(a)は変動開始時の画像図、(b)は第1〜第4の表示窓部の変動表示が停止したときの画像図、(c)は第5の表示窓部の変動表示が停止して外れとなったときの画像図である。
【0061】
図5は、リーチ変動遊技状態中にイモ虫のキャラクタが出現して表示窓部の増加動作をするまでの一連の画像を示すもので、(a)はリーチスクロール時の画像図、(b)はリーチスクロール中にイモ虫のキャラクタが出現して表示窓部の増加する可能性が発生したときの画像図、(c)はリーチ外れとなった後にイモ虫のキャラクタが表示窓部を増加させる動作をしているときの画像図である。
【0062】
図6は、図5(c)に続いて、増加した表示窓部における予備リーチの開始から小当たり発生により時短ゲームが開始されるまでの一連の画像を示すもので、(a)は増加した表示窓部で予備リーチが行われているときの画像図、(b)は予備リーチの変動表示が停止して小当たりとなったときの画像図、(c)は小当たりにより時短ゲームが発生したときの画像図である。
【0063】
図7は、時短ゲーム中に表示窓部が増加して予備リーチが発生するまでの一連の画像を示すもので、(a)は時短ゲーム中に予備リーチを発生すべくイモ虫図柄が停止したときの画像図、(b)は時短ゲーム中にイモ虫図柄が予備リーチを発生させる動作をしている画像図、(c)は時短ゲーム中に予備リーチが行われているときの画像図である。
【0064】
図8(a)は時短ゲーム中にイモ虫図柄が第10の表示窓部と第11の表示窓部の両方で予備リーチを発生させる動作をしているときの画像図、図8(b)は通常遊技状態で大当たりが発生したときの画像図、図8(c)は確率変動中における変動表示の画像図である。
【0065】
また、図9には第1、第2、第3および第4の表示窓部51〜54に表示される(a)〜(m)の各図柄、図10には第5の表示窓部55に表示される図柄配列、図11には第6および第7の表示窓部56,57に表示される(a)〜(n)の各図柄をそれぞれ示す。
【0066】
演出表示装置5の画像表示部5bには、通常遊技状態(確率変動および時短ゲーム中以外)の特図の変動表示遊技の際、該特図の変動表示遊技に対応する変動表示として、図4(a)に示すように、背景表示として葉っぱの表示がなされるとともに、左側上段の第1の表示窓部51、左側下段の第4の表示窓部54、中央の上中下段を含んだ第5の表示窓部55、右側上段の第3の表示窓部53および右側下段の第2の表示窓部52が区分け表示される。
【0067】
そして、第1の表示窓部51と第4の表示窓部54との間には第6の表示窓部56が、第3の表示窓部53と第2の表示窓部52との間には第7の表示窓部57が、それぞれ増加表示可能になっている。
【0068】
第1〜第4の表示窓部51〜54には、識別情報(図柄)の変動表示と停止が、それぞれ独立して、単一の識別情報(図柄)のみしか見えない状態で行われる。
【0069】
これら第1〜第4の表示窓部51〜54における変動表示態様は、図柄が一定位置で横回転して変化する態様であり、これら第1〜第4の表示窓部51〜54に表示される複数の識別情報としての図柄は、図9(a)〜(g)、(i)に示す数字の「1」〜「7」、「9」の図柄、図9(h)、(j)〜(m)に示す「ハチ」の図柄、「チョウ」の図柄、「トンボ」の図柄、「カエル」の図柄、「カタツムリ」の図柄である。
【0070】
第5の表示窓部55には、複数の図柄が見える状態での変動表示がなされ、この変動表示の停止時には表示窓部55の上段部55a、中段部55bおよび下段部55cにそれぞれ図柄が見えた状態で停止する。
【0071】
第5の表示窓部55における変動表示態様は、複数の図柄表示が上から下へ移動する縦スクロール循環で、その他の表示窓部である第1〜第4の表示窓部51〜54や第6、第7の表示窓部56〜57における変動表示態様とは異なるものになっている。第5の表示窓部55に変動表示される図柄は、図10の「「1」の図柄、しずくの図柄、‥‥、カタツムリの図柄、しずくの図柄」の図柄配列で循環表示されるもので、この図柄配列に従ってスクロール変動や停止図柄の表示が行われる。図柄配列の下端「‥‥、カタツムリの図柄、しずくの図柄」の後にはその上端「「1」の図柄、しずくの図柄、‥‥」が続いて循環表示される。
【0072】
第6、第7の表示窓部56、57は、図5(b),(c)に示すように、画面上の左右の何れかまたは両方からイモ虫のキャラクタが出てきて、第1の表示窓部51と第4の表示窓部54との間や、第3の表示窓部53と第2の表示窓部52との間の葉っぱ(背景)を食べて穴を開けることにより、増加表示されるものである。
【0073】
第6、第7の表示窓部56,57には、図6(a)などに示すように、第1〜第4の表示窓部51〜54と同様、識別情報(図柄)の変動表示と停止が、それぞれ独立して、単一の識別情報(図柄)のみしか見えない状態で行われる。
【0074】
第6、第7の表示窓部56,57における変動表示態様は、単一図柄表示による縦スクロールで、表示される図柄は、図11(a)〜(g)、(i)に示す数字の「1」〜「7」、「9」の図柄、図9(h)、(j)〜(m)に示す「ハチ」の図柄、「チョウ」の図柄、「トンボ」の図柄、「カエル」の図柄、「カタツムリ」の図柄、および、図9(n)に示す「テントウムシ」の図柄である。「テントウムシ」の図柄は、特図の変動表示遊技で小当たりとなるときに停止される。
【0075】
そして、特図の変動表示遊技と対応させて、それら第1〜第7の表示窓部51〜57に識別情報としての図柄の変動表示が行われ(第6、第7の表示窓部56,57では変動表示が行われない場合もある)、所定時間経過後に、特図の変動表示遊技の結果(通常大当たり、確変大当たり、小当たり、外れなどの結果)と対応して、それら第1〜第7の表示窓部51〜57の図柄の組合せが所定の組合せ態様(通常大当たり、確変大当たり、小当たり、外れなどの態様)で停止される。
【0076】
例えば、特図の変動表示遊技の結果が大当たりのときには、横に3つ並んだ図柄の組合せ(第1、第3の表示窓部51,53と第5の表示窓部55の上段部55aの図柄の組合せ、又は、第6、第7の表示窓部56,57と第5の表示窓部55の中段部55bの図柄の組合せ、又は、第4、第2の表示窓部54,52と第5の表示窓部55の下段部55cの図柄の組合せ)、又は、斜めに3つ並んだ図柄の組合せ(第1、第2の表示窓部51,52と第5の表示窓部55の中段部55bの図柄の組合せ、又は、第4、第3の表示窓部54,53と第5の表示窓部55の中段部55bの図柄の組合せ)、或いは、左右の縦に3つ並んだ図柄の組合せ(第1、第4、第6の表示窓部51,54,56の図柄の組合せ、又は、第2、第3、第7の表示窓部52,53,57の図柄の組合せ)の合計7ラインの組合せの何れかにおいて、通常の大当りを発生させる所定の組合せ態様(例えば、「2,2,2」、「4,4,4」など、通常数字図柄などのぞろめ)が停止表示される。
【0077】
確率変動図柄での大当たりのときには、上記の横に3つ並んだ図柄の組合せ、又は、上記の斜めに3つ並んだ図柄の組合せ、或は、上記の左右の縦に3つ並んだ図柄の組合せ何れかにおいて、「1,3,5,7」などの特定図柄によるぞろめが停止表示される。
【0078】
特図の変動表示遊技の結果が小当たりのときには、第6、第7の表示窓部56,57の少なくとも一方が増加表示されて変動表示が行われ、そこに小当たり図柄である「テントウムシ」の図柄が停止表示される。
【0079】
一方、時短ゲーム中或は確率変動中には、図7などに示すように、演出表示装置5の画像表示部5bに、背景図柄としての葉っぱの表示がなされるとともに、左側の第8の表示窓部58、および、右側の第9の表示窓部59が区分け表示される。
【0080】
そして、第8の表示窓部58の中段には第10の表示窓部60が、第9の表示窓部59の中段には第11の表示窓部61が、それぞれ増加表示可能になっている。
【0081】
第8、第9の表示窓部58,59には、識別情報(図柄)の変動表示と停止がそれぞれ独立して行われ、この変動表示の停止時には中段部の図柄が有効とされる。第8、第9の表示窓部58,59での変動表示態様は縦スクロールであり、第8、第9の表示窓部58,59に表示される図柄には、予備リーチ発生のための図柄である「イモ虫」の図柄が含まれている。
【0082】
第10、第11の表示窓部60,61は、図7(a),(b)に示すように、第8、第9の表示窓部58,59に「イモ虫」の図柄が停止して、葉っぱ(背景)を食べて穴を開けることにより、増加表示されるもので、これら第10、第11の表示窓部60,61には、図7(c)などに示すように、識別情報(図柄)の変動表示と停止が、それぞれ独立して、単一の識別情報(図柄)のみしか見えない状態で行われる。
【0083】
第10および第11の表示窓部60,61における、変動表示態様は単一図柄の縦スクロールであり、表示される図柄には、小当たり図柄である「テントウムシ」の図柄が含まれている。
【0084】
そして、特図の変動表示遊技と対応させて、それら第8〜第11の表示窓部58〜61で図柄の変動表示が行われるとともに(第10、第11の表示窓部60,61では図柄の変動表示が行われない場合もある)、特図の変動表示遊技の結果に対応させて、それら第8〜第11の表示窓部58〜61に停止表示される図柄の組合せが所定の組合せ態様で停止される。
【0085】
すなわち、通常の大当たり発生のときには、左右の2つの表示窓部の図柄の組合せ(第8と第9の表示窓部58,59の図柄の組合せ、又は、第8と第11の表示窓部58,61の図柄の組合せ、又は、第10と第9の表示窓部60,59の図柄の組合せ、又は、第10と第11の表示窓部60,61の図柄の組合せ)が通常数字図柄によるぞろめ(「2,2」や「6,6」)で停止する。
【0086】
また、確率変動図柄での大当たり発生のときには、上記左右の図柄の組合せが、「1,3,5,7」などの特定図柄によるぞろめで停止し、また、小当たり発生のときには、第10又は第11の表示窓部60,61が増加表示されて変動表示を行い、小当たり図柄である「テントウムシ」の図柄で停止する。
【0087】
演出表示装置5の画像表示部5bに表示されうる、各遊技状態(通常遊技中、確率変動中、時短ゲーム中)に応じた表示窓部の構成、及び、それら表示窓部に変動表示される識別情報としての図柄等は、上記のように構成され、特図の変動表示遊技が行われると、その特図の変動表示遊技と関連して演出表示装置5に以下のような変動表示が行われる。
【0088】
例えば、演出表示装置5に表示される変動表示遊技の画像の一例として、通常遊技状態における変動開始から第1〜第5の表示窓部の停止までの一連の画像を示したものが図4(a)〜(c)であり、先ず、図4(a)に示すように、特図の変動表示遊技が開始されると、第1〜第4の表示窓部51〜54で一定位置での横回転スクロールによる図柄の変動表示が、第5の表示窓部55で縦スクロールによる図柄の変動表示が、それぞれ行われる。
【0089】
そして、図4(b)に示すように、第1、第2の表示窓部51,52がほぼ同時に停止し、更に、所定時間が経過して第3、第4の表示窓部53,54がほぼ同時に停止する。その結果、図示例では、第1、第2の表示窓部51,52に「1」と「6」の図柄がそれぞれ停止表示され、第3、第4の表示窓部53,54に「9」と「カエル」の図柄がそれぞれ停止表示されて、リーチのない組合せ態様になっている。
【0090】
その後、図4(c)に示すように、特図の2図柄の同時停止(この場合、外れ)と対応して第5の表示窓部55が停止し、その結果、例えば、その上段部55a、中段部55b、下段部55cに連続した図柄配列による「しずく,4,しずく」の図柄などがそれぞれ停止表示され、図示例では外れとなっている。
【0091】
なお、第1〜第5の表示窓部51〜55の停止順序は変動表示遊技の結果に関わらず、常に、第1、第2の表示窓部51,52、第3、第4の表示窓部53,54、第5の表示窓部55の順に停止される。
【0092】
また、演出表示装置5に表示される変動表示遊技の画像の例として、リーチ変動遊技状態から表示窓部の増加表示される予備リーチを経て小当たり発生による時短ゲームの開始までの一連の画像を示したものが図5と図6であり、先ず、図5(a)に示すように、第1〜第4の表示窓部51〜54が、例えば「7,7,5,7」などで停止して、大当たりを発生させる停止表示の組合せ態様になる可能性のあるリーチ変動遊技状態になると、第5の表示窓部55が速度の遅いリーチスクロールに変更され、大当たりを発生させる可能性のある図柄の組合せ(図示例では、第1、第2の表示窓部51,52と第5の表示窓部55の中段部、又は、第4、第2の表示窓部54,52と第5の表示窓部55の下段部)に掛けてリーチ表示ライン71,72が表示される。
【0093】
そして、リーチ変動遊技状態になると、図5(b)に示すように、第5の表示窓部55の停止寸前に、左側から、表示窓部を増加表示するための画像キャラクターであるイモ虫のキャラクタが現れる場合がある。なお、イモ虫の出現はこの他に右側からと左右の両方からの場合がある。
【0094】
また、リーチ変動遊技状態になってもイモ虫の出現はなく、第5の表示窓部55がリーチスクロールを行った後に特図の停止と対応して停止し可変表示遊技が終了する場合もある(後述するリーチAの場合)。
【0095】
そして、図5(c)に示すように、第5の表示窓部が例えば連続する「しずく、4、しずく」などで停止して、その結果、外れとなった後に、イモ虫が第1の表示窓部51と第4の表示窓部54との間の葉っぱ(背景)を食べて穴を開け、その穴の中に第6の表示窓部56を増加表示させる(後述するリーチCの場合)。
【0096】
なお、右側からイモ虫が出現して、第3の表示窓部53と第2の表示窓部52の間に穴を開けて、その穴の中に第7の表示窓部57を増加表示させる場合もあり(後述するリーチDの場合)、また、左右両方からイモ虫が出現して、第6と第7の表示窓部56,57を増加表示させる場合もある(後述するリーチEの場合)。
【0097】
また、イモ虫が現れても、葉っぱを食べず、即ち、表示窓部の増加表示を行わずに、そのまま引き返す場合もある(後述するリーチBの場合)。
【0098】
その後、図6(a)に示すように、増加表示された第6の表示窓部56での縦スクロールによる図柄の変動表示(予備リーチと呼ぶ。)が行われる(リーチC)。なお、第7の表示窓部57が増加表示された場合も、同様に、増加表示された第7の表示窓部57で予備リーチが行われ(リーチD)、また、第6と第7の表示窓部56,57が増加表示された場合も、同様に、それぞれの表示窓部で予備リーチが行われる(リーチE)。
【0099】
そして、図6(b)に示すように、増加表示された第6の表示窓部56が停止して、例えば、小当たり図柄である「テントウムシ」の図柄の停止表示態様となった場合、小当たり発生となる。テントウムシの停止は、特図の小当たり停止と対応して停止する。なお、この停止表示は外れ図柄になる場合もある。また、小当たり図柄である「テントウムシ」の図柄は第6、第7の表示窓部56,57でしか停止表示されず、そのため、小当たりとなる場合は必ず予備リーチが行われて「テントウムシ」の図柄が停止表示される。
【0100】
そして、図6(c)に示すように、小当たり後に時短ゲームが開始されると、演出表示装置5の表示窓部の構成が、第8、第9の表示窓部58,59の2つのものに変更されるとともに、時短ゲーム中であることを知らせる例えば「チャンスタイム!」の表示が上部に、時短ゲームの残りの回数を知らせる例えば残りの回数の表示(図示例では「80」)が右隅部にそれぞれ行われる。そして、特図の変動表示遊技が開始されると、その第8、第9の表示窓部58,59で縦スクロールによる図柄の変動表示が行われる。
【0101】
また、演出表示装置5に表示される変動表示遊技の画像の例として、時短ゲーム中に表示窓部が増加して予備リーチが発生するまでの一連の画像を示したものが図7(a)〜(c)であり、先ず、図7(a)に示すように、時短ゲーム中に特図の変動表示遊技が開始されて、第8、第9の表示窓部58,59で図柄の変動表示が行われた後、先ず、第8の表示窓部58が停止し、所定時間経過後に、第9の表示窓部59が特図の停止と対応して停止する。
【0102】
そして、例えば、図7(a)に示すように、第8の表示窓部58に「7」の図柄など数字の図柄が停止表示されるとリーチ変動遊技状態となって、第9の表示窓部59が速度の遅いリーチスクロールに変更される。そして、第9の表示窓部59に、例えば、表示窓部の増加表示のための画像キャラクターである「イモ虫」の図柄などが、それぞれ停止表示される(後述するリーチHの場合)。
【0103】
なお、第8の表示窓部58に数字図柄が停止表示されてリーチ変動遊技状態となっても、第9の表示窓部59のリーチスクロールで「イモ虫」の図柄が停止表示されずにそのまま変動表示遊技が終了する場合もある(後述するリーチFの場合)。また、「イモ虫」の図柄は第8の表示窓部58に停止表示される場合もある(後述するリーチGの場合)。
【0104】
そして、図7(b)に示すように、第9の表示窓部59に「イモ虫」の図柄が停止表示された場合、その「イモ虫」が第9の表示窓部59の中段部の葉っぱ(背景)を食べて穴を開け、その穴の中に第11の表示窓部61が増加表示される(リーチH)。なお、第8の表示窓部58に「イモ虫」の図柄が停止表示された場合には、第8の表示窓部58の中段に第10の表示窓部60が増加表示される(リーチG)。
【0105】
その後、図7(c)に示すように、「イモ虫」は表示領域の外へ出ていき、増加表示された第9の表示窓部59で縦スクロールによる図柄の変動表示(予備リーチ)が行われる(リーチH)。なお、第10の表示窓部59が増加表示された場合にも、同様に、変動表示(予備リーチ)が行われる(リーチG)。
【0106】
また、演出表示装置5に表示される変動表示遊技の画像の例として、図8(a)に示すように、時短ゲーム中に第8、第9の表示窓部58,59の両方に「イモ虫」の図柄が停止する場合もあり、その場合、両方の「イモ虫」が葉っぱ(背景)を食べる動作をして、第10、第11の表示窓部60,61が増加表示され、その2つの表示窓部で予備リーチが行われる(後述するリーチIの場合)。なお、この2つの表示窓部における予備リーチでは必ず大当たりが発生するようになっている。
【0107】
また、演出表示装置5に表示される変動表示遊技の画像の例として、通常遊技状態における大当たり発生の画像を示したものが図8(b)であり、同図に示すように、第1〜第5の表示窓部51〜55が停止して、例えば、第1〜第4の表示窓部51〜54に「7」、「5」、「7」、「トンボ」の図柄などが停止表示されるとともに、第5の表示窓部55に、連続する「7、しずく、6」の図柄などがそれぞれ停止表示されて、特図の大当たり図柄の停止に対応して大当たりを発生させる停止表示の組合せ態様になると、大当たりとなる図柄の組合せ(図示例では第1、第3の表示窓部51,53と第5の表示窓部55の上段部)に掛けて、大当たりとなる組合せを知らせる大当たり表示ライン73が表示されて、大当たりとなる。
【0108】
また、演出表示装置5に表示される変動表示遊技の画像の例として、確率変動中の変動表示を示したものが図8(c)であり、同図に示すように、確率変動中には、演出表示装置5の表示窓部の構成が第8、第9の表示窓部58,59の2つのものに変更されるとともに、確率変動中であることを知らせる例えば「ボーナスタイム!」の表示が上部に行われる。そして、特図の変動表示遊技が開始されると、その第8、第9の表示窓部58,59で縦スクロールによる図柄の変動表示が行われる。
【0109】
以上のような遊技制御と表示制御の他、大当たりの発生時などにはスピーカー34から各種電子音が発せられ、サイドランプ13,13や装飾LED14,14…等にもそれを知らせる装飾表示としての点灯や点滅がなされる。また、大当りの特別遊技中には、カウントスイッチ9cや継続スイッチ9dからの検出信号に基づき、演出表示装置5に各サイクルごとの大入賞口9bへの遊技球の入賞個数や特別遊技のサイクルの継続回数などの表示がなされる。
【0110】
図12には、役物制御回路20によって行われるメイン遊技制御処理(ゼネラルフロー)のフローチャートを示す。
【0111】
この制御処理は、図2の分周回路23のクロック信号をもとに役物用IC21内で作成される所定の周期(例えば、約2ms)を持ったリセット信号に基づいてスタートからエンドまでの1シーケンスずつの処理が行われる。
【0112】
そのリセット信号により、この処理が開始され、ステップS1において先ず電源の投入時であるか否かを判定する。この判定の結果、電源投入時であればステップS2で電源投入処理をしてステップS22にジャンプする。
【0113】
が、電源投入時でなければステップS3においてスイッチ入力処理をしてステップS4に移行し、ステップS4において役物用IC21による制御処理の過程で定められる処理NO.に従って、ステップS5〜S19のうちの該当する処理を行う分岐処理がなされる。
【0114】
この分岐処理の順序としては、図13の制御処理の流れの説明図に示すように、普段処理(ステップS5)で特図始動口8又は普通変動入賞装置10への入賞に基づく始動記憶があるときに、該普段処理時に高速変動処理への処理NO.に変更されて、ゼネラルフロー(図12)の次のシーケンスで高速変動処理(ステップS6)がなされる。この高速変動処理は、特図の可変表示器4と演出表示装置5における図柄の変動表示を人の目で追えない程度の速さでの変動させる処理である。
【0115】
この高速変動処理で所定時間後に第1、第2図柄停止処理の処理NO.に変更されて、ゼネラルフローの次のシーケンスで第1、第2図柄停止処理(ステップS7)が行われ、該第1、第2図柄停止処理の終了時に第3、第4図柄停止処理の処理NO.に変更されてゼネラルフロー(図12)のさらに次のシーケンスで第3、第4図柄停止処理(ステップS8)が行われる。
【0116】
この第3、第4図柄停止処理において、リーチ図柄以外での停止であれば第5図柄停止処理の処理NO.に、リーチ図柄での停止であればリーチ停止処理の処理NO.に、それぞれ変更されて、ゼネラルフロー(図12)の次のシーケンスでその変更された処理NO.に応じた、第5図柄停止処理(ステップS9)又はリーチ停止処理(ステップS10)が行われる。
【0117】
その結果、第5図柄停止処理又はリーチ停止処理が行われ、それら第5図柄停止処理又はリーチ停止処理の中でそれぞれ特図停止処理の処理NO.に変換されて、ゼネラルフロー(図12)の次のシーケンスで特別図柄の可変表示器4における変動図柄の停止をする特図停止処理(ステップS11)が行われる。そして、その特図停止処理の中で停止図柄判定処理の処理NO.に変換されて、ゼネラルフロー(図12)の次のシーケンスで停止図柄判定処理(ステップS12)が行われる。
【0118】
この停止図柄判定処理において、外れ図柄での停止であれば外れ処理の処理NO.に、小当たり図柄での停止であれば小当たり処理の処理NO.に、大当たり図柄での停止であればファンファーレ処理の処理NO.に、それぞれ変更されて、ゼネラルフロー(図12)の次のシーケンスでその変更された処理NO.に応じた、外れ処理(ステップS13)、小当たり処理(ステップS14)又はファンファーレ処理(ステップS15)が行われる。
【0119】
その結果、外れ処理が行われたときには普段処理の処理ナンバーNO.に変更されて、ゼネラルフロー(図12)の次のシーケンスでその普段処理(ステップS5)に戻される。
【0120】
また、小当たり処理が行われたときにも、終了時に普段処理の処理ナンバーNO.に変更されて、ゼネラルフロー(図12)の次のシーケンスでその普段処理(ステップS5)に戻される。
【0121】
一方、ファンファーレ処理が行われたときには、該処理の中で大当たり処理の処理NO.に変更されて次のシーケンスで大当たり処理(ステップS16)が行われる。
【0122】
大当たり処理で継続条件が満たされて、かつ、最終回(最終サイクル)でない場合はインターバル処理の処理NO.に、大当たり処理の最終回である場合、或いは、最終回でなくても継続条件が満たされていない場合は大当たり終了処理の処理N0.に、それぞれ変更されて、ゼネラルフロー(図12)の次のシーケンスで、その変更された処理NO.に対応したインターバル処理(ステップS18)又は大当たり終了処理(ステップS17)がなされる。
【0123】
その結果、インターバル処理が行われたときは、所定時間後に大当たり処理の処理NO.に変更されて、ゼネラルフロー(図12)の次のシーケンスで再び大当たり処理が繰り返される。
【0124】
一方、大当たり終了処理が行われたときは、終了時に普段処理の処理NO.に変更されてゼネラルフロー(図12)の次のシーケンスで普段処理(ステップS5)に戻される。
【0125】
このような順序で行われる上記ステップ4における分岐処理により、普段処理(ステップS5)、高速変動処理(ステップS6)、第1、第2図柄停止処理(ステップS7)、第3、第4図柄停止処理(ステップS8)、第5図柄停止処理(ステップS9)、リーチ停止処理(ステップS10)、特図停止処理(ステップS11)、停止図柄判定処理(ステップS12)、外れ処理(ステップS13)、小当たり処理(ステップS14)、ファンファーレ処理(ステップS15)、大当たり処理(ステップS16)、大当たり終了処理(ステップS17)、インターバル処理(ステップS18)のうちの処理ナンバーNO.に対応する処理をして次のステップS19に移行する。
【0126】
その後、順に、普図の変動表示遊技に関する普図普電処理(ステップS19)、遊技店の管理装置や島設備の演出装置との情報のやり取りに関する外部情報処理(ステップS20)、特図の可変表示器4、および、普図の可変表示器6の図柄の停止表示態様などをRAM21bに記憶更新させる特図、普図停止図柄作成処理(ステップS21)、演出表示装置5に表示されるリーチ表示態様を決定する乱数等の更新をCPU21aでそれぞれ行いそれら更新した乱数をRAM21bにそれぞれ記憶更新させるリーチ決定用乱数更新処理(ステップS22)、特図の変動表示遊技の大当たり又は小当たりの発生や普図の変動表示遊技の当たりの発生に関与する乱数等の更新をCPU21aでそれぞれ行いそれら更新した乱数をRAM21bにそれぞれ記憶更新させる特図、普図乱数更新処理(ステップS23)、役物用IC21側から表示制御回路40への制御信号(コマンド信号)の転送に関するデータ転送処理(ステップS24)、役物制御回路20のドライバー26側から特図の可変表示器4、特別変動入賞装置9、特図始動記憶表示器5a、普図可変表示器6、普図始動記憶表示器6a、普通変動入賞装置10、各種装飾ランプ、LED14,14,…等への出力処理(ステップS25)をしてこのシーケンスの処理を終了する。
【0127】
そして、役物用IC21内で次のリセット信号が作成されるのを待って、次のリセット信号により次のシーケンス処理(ステップS1〜S25までの処理)が行われる。
【0128】
図14には、図12のゼネラルフローのステップS3において行われるスイッチ処理のサブルーチン処理のフローチャートを示す。
【0129】
このスイッチ処理が開始されると、先ず、ステップS30において特図始動スイッチ8a,10cの検出信号、即ち、特図始動入賞があるか否かを判定し、特図始動入賞がなければステップS36にジャンプするが、特図始動入賞があればステップS31に移行する。
【0130】
ステップS31ではRAM21b中の特図始動記憶の数が「4」以上か否かを判定し、「4」以上であればステップS36にジャンプするが、「4」以上でなければステップS32に移行する。
【0131】
その結果、ステップS32に移行したときには、順に、RAM21b中の特図始動記憶の数を更新(1インクリメント)する処理(ステップS32)、CPU21aで生成されてRAM21b中に記憶されている特図大当たり用の乱数値を抽出する処理(ステップS33)、同様にCPU21aで生成されてRAM21b中に記憶されている、演出表示装置5のリーチ表示態様の決定に関するリーチ決定用乱数値を抽出する処理(ステップS34)、ステップS33,S34でそれぞれ抽出した特図大当たり用の乱数値とリーチ決定用乱数値とを特図始動記憶の番号に対応させてRAM21b中に格納させる処理(ステップS35)を行ってステップS36に移行する。
【0132】
ステップS36では、普図始動スイッチ7aの検出信号、即ち、普図始動入賞があるか否かを判定し、普図始動入賞がなければそのままこのサブルーチンを終了してゼネラルフロー(図12)のステップS4に移行するが、普図始動入賞があればステップS37に移行する。
【0133】
ステップS37ではRAM21b中の普図始動記憶の数が「4」以上か否かを判定し、「4」以上であればそのままこのサブルーチンを終了してゼネラルフロー(図12)のステップS4に移行するが、「4」以上でなければ、順に、RAM21b中の普図始動記憶の数を更新(1インクリメント)する処理(ステップS38)、CPU21aで生成されてRAM21b中に記憶されている普図当たり用の乱数値を抽出する処理(ステップS39)を行ってこのサブルーチンを終了し、ゼネラルフロー(図12)のステップS4に移行する。
【0134】
図15には、図12のゼネラルフローのステップS5において行われる普段処理のサブルーチン処理のフローチャートを示す。
【0135】
この普段処理が開始されると、先ず、ステップS40においてRAM21b中の特図始動記憶があるか否かを判定し、特図始動記憶がなければそのままこのサブルーチンを終了してゼネラルフロー(図12)のステップS19に移行するが、特図始動記憶があれば、ステップS41でRAM21b中の特図始動記憶数を1ディクレメントしてステップS42に移行する。
【0136】
ステップS42では、時短回数が書き込まれているRAM21b中の普図時短カウンタが「0」か否かを判定し、「0」であればそのままステップS45に移行するが、「0」でなければ、順に、普図時短カウンタを更新(1ディクレメント)する処理(ステップS43)、表示制御回路40に送るための普図時短カウント情報をRAM21b中にセットする処理(ステップS44)を行ってステップS45に移行する。
【0137】
その後、順に、特図の可変表示器4の停止図柄を決定する特図停止図柄決定処理(ステップS45)、演出表示装置5のスクロール態様(リーチ態様も含む)を決定するスクロール態様決定処理(ステップS46)、ステップS45,S46で決定した停止図柄やリーチ発生に対応するスクロール種別情報を表示制御回路40に送るためにRAM21b中にセットする処理(ステップS47)、ステップS46で決定したリーチ態様に対応するリーチ種類情報を表示制御回路40に送るためにRAM21b中にセットする処理(ステップS48)、特図の可変表示器4の変動停止のタイミングに合わせた演出表示装置5の変動停止の停止時間であるタイマー値情報を表示制御回路40に送るためにRAM21b中にセットする処理(ステップS49)を行ってステップS50に移行する。
【0138】
そして、ステップS50においてゼネラルフロー(図12)の次のシーケンスでの処理を高速変動処理(ステップS6)にすべく高速変動処理の処理NO.に変更して、このサブルーチンを終了しゼネラルフロー(図12)のステップS19に移行する。
【0139】
図16には、図15の普段処理のフローチャートのステップS45において行われる停止図柄決定処理のサブルーチン処理のフローチャートを示す。
【0140】
停止図柄決定処理が開始されると、先ず、ステップS60において確率変動中か否かを判定し、確率変動中でなければステップS61でROM22中から通常確率中の大当たり乱数判定値を選択してステップS63に移行するが、確率変動中であればステップS62でROM22から確率アップ中(確率変動中)の大当たり乱数判定値を選択してステップS63に移行する。
【0141】
ステップS63では、ステップS61又はS62で選択した大当たり乱数判定値と、図14のスイッチ入力処理のフローチャートのステップS35において格納した特図大当たり用の乱数値とを比較して、ステップS64に移行する。
【0142】
ステップS64では、特図大当たり用の乱数値は大当たり値か否かを判定し、大当たり値であればステップS72で特図可変表示器4における大当たりの停止図柄を決定して、このサブルーチンを終了して普段処理(図15)のステップS46の処理に移行するが、大当たり値でなければステップS65に移行する。
【0143】
ステップS65では、確率変動中か否かを判定し確率変動中でなければステップS66でROM22中から通常確率中の小当たり乱数判定値を選択してステップS68に移行するが、確率変動中であればステップS67でROM22から確率アップ中(確率変動中)の小当たり乱数判定値を選択してステップS68に移行する。
【0144】
ステップS68では、ステップS66又はS67で選択した小当たり乱数判定値と、特図大当たり用の乱数値とを比較してステップS69に移行する。そして、ステップS69で特図大当たり用の乱数値は小当たり値か否かを判定し、小当たり値であればステップS71で特図可変表示器4における小当たり停止図柄を決定し、小当たり値でなければステップS70で特図可変表示器4における外れ停止図柄を決定する。そして、その後、このサブルーチンを終了して普段処理(図15)のステップS46の処理に移行する。
【0145】
図17には、図15の普段処理のフローチャートのステップS46において行われるスクロール態様決定処理のサブルーチン処理のフローチャートを示す。
【0146】
このスクロール態様決定処理が開始されると、先ず、ステップS80において確率変動中又は時短ゲーム中か否かを判定し、確率変動中又は時短ゲーム中であればステップS91に移行し、確率変動中又は時短ゲーム中でなければステップS81に移行する。
【0147】
その結果、ステップS81に移行したときには、スイッチ入力処理(図14)のステップS35で格納したリーチ決定用乱数値(例えば、0〜164までの整数値)を判定して、ステップS82に移行する。
【0148】
ステップS82では、特図の停止図柄が大当たり図柄か否かを判定し、大当たり図柄であればステップS85に移行するが、大当たり図柄でなければステップS83に移行する。
【0149】
ステップS83では、特図の停止図柄が小当たり図柄か否かを判定し、小当たり図柄であればステップS85に移行するが、小当たり図柄でなければステップS84に移行する。
【0150】
ステップS84では、抽出されたリーチ決定用乱数値のステップS81における判定の結果が、演出図柄のリーチを発生させる乱数値(“0〜10”)であるか否かを判定し、リーチを発生させる乱数値(“0〜10”)のときにはステップS85に移行するが、リーチを発生させる乱数値(“0〜10”)でない(“11〜164”)ときにはこのサブルーチンを終了して普段処理(図15)のステップS47の処理に移行する。
【0151】
ステップS85では、ステップS81で判定したリーチ決定用乱数値(0〜164までの整数値)と特図変動表示遊技の結果(大当り、小当り、外れ)に基づくリーチ種類の振り分け処理を行う。
【0152】
このリーチ種類の振り分け処理は、特図の変動表示遊技が大当たりの場合、小当たりの場合、外れの場合のそれぞれに応じて異なった割合で、通常遊技状態のリーチ態様であるリーチA〜Eにする処理(ステップS86〜S90)の何れかに振り分けるもので、その振り分け割合は、例えば、次の通りである。
【0153】
即ち、大当たりの場合は、低い確率(例えば、リーチ決定用乱数値が0〜7)で通常のリーチ態様であるリーチAに決定する処理(ステップS86)に、比較的低い確率(例えば、リーチ決定用乱数値が8〜32)で期待度の比較的低いリーチ態様であるリーチBに決定する処理(ステップS87)に、比較的高い確率(例えば、リーチ決定用乱数値が33〜73)で表示窓部が1つ増加表示され期待感の比較的高いリーチ態様であるリーチCに決定する処理(ステップS88)に、比較的高い確率(例えば、リーチ決定用乱数値が74〜114)で表示窓部が1つ増加表示され期待感の比較的高いリーチ態様であるリーチDに決定する処理(ステップS89)に、高い確率(例えば、リーチ決定用乱数値が115〜164)で表示窓部が2つ増加表示され期待感の高いリーチ態様であるリーチEに決定する処理(ステップS90)に、それぞれ振り分けられる。
【0154】
小当たりの場合は、比較的高い確率(例えば、リーチ決定用乱数値が0〜39)で表示窓部が1つ増加表示され小当たり可能な期待度の比較的高いリーチ態様であるリーチCに決定する処理(ステップS88)に、比較的高い確率(例えば、リーチ決定用乱数値が40〜80)で表示窓部が1つ増加表示され小当たり可能な期待度の比較的低いリーチ態様であるリーチDに決定する処理(ステップS89)に、高い確率(例えば、リーチ決定用乱数値が81〜164)で表示窓部が2つ増加表示され小当たり可能な期待感の高いリーチ態様であるリーチEに決定する処理(ステップS90)に、それぞれ振り分けられる。
【0155】
外れの場合は、例えば、リーチ決定用乱数値が“0〜2”で通常のリーチ態様であるリーチAに決定する処理(ステップS86)に、リーチ決定用乱数値が“3〜5”で期待度の低いリーチ態様であるリーチBに決定する処理(ステップS87)に、リーチ決定用乱数値が“6〜8”で表示窓部が1つ増加表示される期待度の比較的高いリーチ態様であるリーチCに決定する処理(ステップS8)に、リーチ決定用乱数値が“9〜10”で表示窓部が1つ増加表示される期待感の比較的高いリーチ態様であるリーチDに決定する処理(ステップS89)に、それぞれ振り分けられる。これら振り分け割合は、適宜変えても差し支えない。
【0156】
そして、その振り分けられた該当処理を行ってから、このサブルーチンを終了して普段処理(図15)のステップS47に移行する。
【0157】
つまり、これらステップS81〜S90により、通常遊技状態において、リーチ決定用乱数値と特図の停止図柄に基づき表示窓部の増加表示を行うか否かの決定を行っている。
【0158】
一方、ステップS80の分岐処理の結果、ステップS91に移行したときには、ステップS91において図14のスイッチ入力処理のフローチャートのステップS35で格納したリーチ決定用乱数値(0〜164までの整数値)を判定し、ステップS92に移行する。
【0159】
ステップS92では、特図の停止図柄が大当たり図柄か否かを判定し、大当たり図柄であればステップS95に移行するが、大当たり図柄でなければステップS93に移行する。
【0160】
ステップS93では、特図の停止図柄が小当たり図柄か否かを判定し、小当たり図柄であればステップS95に、小当たり図柄でなければステップS94に移行する。
【0161】
ステップS94では、抽出されたリーチ決定用乱数値のステップS81における判定の結果が演出図柄のリーチ外れを発生させる乱数値(“0〜55”)であるか否かを判定し、リーチ外れを発生させる乱数値(“0〜55”)のときにはステップS95に移行するが、リーチ外れを発生させる乱数値(“0〜55”)でない(“56〜164”)ときにはこのサブルーチンを終了して普段処理(図15)のステップS47の処理に移行する。
【0162】
ステップS95では、ステップS91で判定したリーチ決定用乱数値(0〜164までの整数値)と特図の変動表示遊技の結果に基づくリーチ種類の振り分け処理を行う。
【0163】
このリーチ種類の振り分け処理は、特図の変動表示遊技が大当りの場合、小当りの場合、外れの場合のそれぞれに応じて異なった割合で、時短ゲーム中又は確率変動中のリーチ態様であるリーチF〜Iにする処理(ステップS96〜S99)の何れかに振り分けるもので、その振り分け割合は、例えば、次の通りである。
【0164】
即ち、大当りの場合、比較的高い確率(例えば、リーチ決定用乱数値が0〜54)で通常のリーチ態様であるリーチFに決定する処理(ステップS96)に、比較的高い確率(例えば、リーチ決定用乱数値が55〜110)で表示窓部が1つ増加表示されるリーチGに決定する処理(ステップS97)に、比較的低い確率で(例えば、リーチ決定用乱数値が111〜135)で表示窓部が1つ増加表示されるリーチHに決定する処理(ステップS98)に、比較的低い確率で(例えば、リーチ決定用乱数値が135〜164)で表示窓部が2つ増加表示されるリーチIに決定する処理(ステップS99)に、それぞれ振り分けられる。
【0165】
小当たりの場合は、表示窓部が増加表示される小当たり発生可能なリーチGとリーチHのリーチ態様に決定するステップS97,S98へのほぼ同確率の振り分けを行い、リーチ決定用乱数値が例えば0〜82でリーチGに決定する処理(ステップS96)に、リーチ決定用乱数値が例えば83〜164でリーチHに決定する処理(ステップS96)に、それぞれ振り分けられる。
【0166】
外れの場合は、例えば、リーチ決定用乱数値が0〜27で、通常のリーチFに決定する処理(ステップS96)に、リーチ決定用乱数値が28〜55で、表示窓部が増加表示されるリーチGに決定する処理(ステップS97)に、それぞれ振り分けられる。
【0167】
大当たり、小当たり、外れ等の場合のリーチF〜Iへの振り分け、リーチの種類等はどのように変えても差し支えない。
【0168】
そして、その振り分けられた該当処理を行ってから、このサブルーチンを終了して普段処理(図15)のステップS47に移行する。
【0169】
つまり、これらステップS91〜S98により、時短ゲーム中又は確率変動中において、リーチ決定用乱数値と特図の停止図柄に基づいて表示窓部の増加表示を行うか否かの決定を行っている。
【0170】
図18には、図12のゼネラルフローのステップS12において行われる停止図柄判定処理(図柄判定処理)のサブルーチン処理のフローチャートを示す。
【0171】
この停止図柄判定処理が開始されると、先ず、ステップS100において特図の可変表示器4の停止図柄の判定を行い、次に、ステップS101でその停止図柄が大当たり図柄か否かを判定し、大当たり図柄であればステップS102に移行するが、大当たり図柄でなければステップS107に移行する。
【0172】
その結果、ステップS102に移行したときには、RAM21b中の確率変動カウンタが「0」か否かを判定し、「0」でなければステップS103で確率変動カウンタの更新(「1」ディクレメント)をしてステップS104に移行するが、「0」であればそのままステップS104に移行する。
【0173】
ステップS104では、確率変動図柄による大当たりか否かを判定し、確率変動図柄による大当たりであればステップS105において表示制御回路40に送るための確率変動大当たり情報のセットを行いステップS106に移行するが、確率変動図柄による大当たりでなければそのままステップS106に移行する。
【0174】
そして、ステップS106においてゼネラルフロー(図12)の次の処理をファンファーレ処理にすべく処理NO.をファンファーレ処理のものに変更し、このサブルーチンを終了してゼネラルフロー(図12)のステップS19に移行する。
【0175】
一方、ステップS107に移行したときには、停止図柄が小当たり図柄か否かを判定し、小当たり図柄でなければステップS111でゼネラルフロー(図12)の次の処理を外れ処理にすべく外れ処理の処理NO.に変更してこのサブルーチンを終了するが、小当たり図柄であれば、順に、RAM21b中の普図時短カウンタに例えば「80」を加える処理(ステップS108)、表示制御回路40に送るための普図時短カウンタ情報をセットする処理(ステップS109)を行ってステップS110に移行する。
【0176】
つまり、これらステップS107,S108により小当たりが発生すると時短ゲームが開始され、その時短回数が前回までの残りの回数に例えば「80」回加算されたものになる。なお、時短回数に加算される回数は「80」に限らず、その他の数の設定としても良い。
【0177】
そして、ステップS110において、ゼネラルフロー(図12)の次の処理を小当たり処理にすべく処理NO.を小当たり処理のものに変更し、このサブルーチンを終了してゼネラルフロー(図12)のステップS19に移行する。
【0178】
図19には、図12のゼネラルフローのステップS16において行われる大当たり処理のサブルーチン処理のフローチャートを示す。
【0179】
この大当たり処理が開始されると、先ず、順に、特別変動入賞装置9の開放に関する処理(ステップS120)、カウントスイッチ9cの検出信号に基づいてカウント入賞をチェックする処理(ステップS121)、継続スイッチ9dの検出信号に基づいてV入賞をチェックする処理(ステップS122)、表示制御回路40に送るためのカウント入賞情報をRAM21bにセットする処理(ステップS123)、表示制御回路40に送るための特別遊技の継続回数情報をRAM21bにセットする処理(ステップS124)を行ってステップS125に移行する。
【0180】
ステップS125では、大当たり(特別遊技)のサイクルの終了条件(大入賞口の開放時間の経過、或いは大入賞口への所定個数の入賞のいずれか)が成立したか否かを判定し、成立していなければそのままこのサブルーチンを終了するが、成立していればステップS126に移行する。
【0181】
ステップS126では、大当たり(特別遊技)のサイクルが最終回か否かを判定し、最終回でなければステップS127においてゼネラルフロー(図3)の次のシーケンスでの処理をインターバル処理(ステップS18)にすべくインターバル処理の処理NO.に変更してこのサブルーチンを終了しゼネラルフロー(図12)のステップS12に移行するが、最終回であればそのままステップS128に移行する。
【0182】
ステップS128では、確率変動図柄での大当たり終了か否かを判定し、確率変動図柄での大当たり終了であればステップS129で次の大当たり発生まで確率変動状態にすべくRAM21b中の確率変動カウンタを「1」にセットしてステップS130に移行するが、確率変動図柄での大当たり終了でなければそのままステップS130に移行する。
【0183】
ステップS130では、今回の大当たりで確率変動終了か否かを判定し、確率変動終了であればステップS131で表示制御回路40に送るための確率変動終了情報のセットを行ってステップS132に移行するが、確率変動終了でなければそのままステップS132に移行する。
【0184】
そして、ステップS132において、ゼネラルフロー(図12)の次の処理を大当たり終了処理(ステップS17)にすべく大当たり終了処理の処理NO.に変更してこのサブルーチンを終了しゼネラルフロー(図12)のステップS12に移行する。
【0185】
図20には、表示制御回路40によって行われる演出表示装置5の表示制御処理の制御処理手順(表示制御のゼネラルフロー)のフローチャートを示す。
【0186】
演出表示装置5の表示制御処理が開始されると、先ず、ステップR1〜R3で、順に、表示制御回路40のRAMの初期化、I/Oレジスタの設定、システム内部のレジスタの設定をしてから、ステップR4に移行する。
【0187】
ステップR4ではVシンク(SYNC)フラグがあるか否かを判定し、なければステップR6で演出表示装置5における通常大当たり図柄、確率変動大当たり図柄、小当たり図柄、通常外れ図柄、リーチ外れ図柄などの各停止図柄を作成する処理をしてステップR4に戻るが、あればステップR7に移行してモード別分岐処理をする。
【0188】
このモード別分岐処理は、役物用IC21から送られてくる後述する各モードデータなどに基づいて、表示制御回路40の制御ROM41a中に書き込まれた表示データや表示制御プログラムを選択し、その表示データや表示制御プログラムによる表示を演出表示装置5に行わせる処理である。
【0189】
その後、ステップR8で演出表示装置5における図柄の変動表示に関わる図柄スクロール処理を行う。
【0190】
つまり、このステップR7,R8の処理により、特図の可変表示器4における特図の変動表示遊技と対応して演出表示装置5に図柄の変動表示などの演出表示が行われている。
【0191】
その後、枠情報処理(パチンコ遊技機の遊技領域3を覆うガラス板の枠が開いているか否か、球補給の要求、球受け皿が詰まっているか否かなどの情報処理)(ステップR9)、図柄データの並べ替え処理としての図柄データソート処理(ステップR10)をしてステップR4に戻る。
【0192】
図21には、図20の表示制御のゼネラルフローのステップR8において行われる図柄スクロール処理のサブルーチン処理のフローチャートを示す。
【0193】
この図柄スクロール処理が開始されると、先ず、ステップR20〜R22において、役物用IC21から送られてくるモードデータに含まれるスクロール種別情報、リーチ種類情報、および、タイマー値情報のチェックを行いステップR23に移行する。
【0194】
ステップR23では、ステップR20〜R22でチェックしたスクロール種別情報、リーチ種類情報、および、タイマー値情報に基づいて、演出表示装置5における停止図柄を決定してステップR24に移行する。
【0195】
ステップR24では役物用IC21から送られてくるモードデータに基づいて時短状態情報を受信しているか否かを判定し、受信していればステップR27で演出表示装置5における図柄の変動表示態様を2図柄による縦スクロール構成にしてステップR28に移行するが、受信していなければステップR25に移行する。
【0196】
ステップR25では役物用IC21から送られてくるモードデータに基づいて確率変動情報を受信しているか否かを判定し、受信していればステップR27において、演出表示装置5における図柄の変動表示態様を第8と第9の表示窓部58,59による2図柄の縦スクロール構成にしてステップR28に移行するが、受信していなければステップR26において、演出表示装置5における図柄の変動表示態様を回転スクロールを行う第1〜第4の表示窓部51〜54と縦スクロールを行う第5の表示窓部による構成にしてステップR28に移行する。
【0197】
つまり、これらステップR24〜R27により、演出表示装置5における図柄の変動表示態様を、時短ゲーム中又は確率変動中には第8、第9の表示窓部58,59による2図柄の縦スクロール構成に、それ以外の通常遊技状態中には第1〜第4の表示窓部51〜54による変動表示を回転スクロール構成にさせ、かつ、第5の表示窓部55による変動表示を縦スクロールの構成にする制御処理をしている。
【0198】
ステップR28では、役物用IC21から送られてくるモードデータに基づいて予備スクロールの要求があるか否かを判定し、要求があればステップR29で予備スクロール表示処理をしてステップR30に移行するが、要求がなければそのままステップR30に移行する。
【0199】
つまり、これらステップR28,R29によりリーチ種類に応じて予備リーチの表示態様を発生させ、「イモ虫」のキャラクタを出現させて第6、第7の表示窓部56,57(通常遊技状態中)又は第10、第11の表示窓部60,61(確率変動中、又は時短ゲーム中)を増加表示させた上で変動表示を行う制御処理をしている。
【0200】
そして、ステップR30において、ステップR24〜R29で決定した各スクロール構成に対応した該当図柄番号データおよび図柄位置データをセットしてこのサブルーチンを終了して表示制御のゼネラルフロー(図20)のステップR9に移行する。
【0201】
図22には、図20の表示制御のゼネラルフローが行われているときに入った割り込み信号に基づいて行われる割り込み処理のフローチャートを示す。
【0202】
この割り込み処理が開始されると、ステップR40,R41で順に割り込み禁止の処理とレジスタの退避処理をしてからステップR42に移行する。
【0203】
ステップR42では通信割り込みか否かを判定し、通信割り込みでなければステップR44に移行するが、通信割り込みであればステップR43で通信処理をしてステップR48に移行する。
【0204】
ステップR44ではVシンク(SYNC)割り込みか否かを判定し、そうでなければそのままステップR48にジャンプするが、そうであれば画像データの転送(ステップR45)、Vシンク(SYNC)の割り込みフラグを立てる処理(ステップR46)、枠信号処理(ステップR47)をしてからステップR48に移行する。
【0205】
しかして、ステップR48に移行すると、ステップR48でレジスタ復帰の処理(ステップR48)、割り込みの許可処理(ステップR49)をして図20の表示制御のゼネラルフローの元の処理に戻る。
【0206】
図23には、通常状態中に役物制御回路20から表示制御回路40に転送されるデータ構成を表すモード構成図表を示す。
【0207】
このモード構成図表には、図12のゼネラルフローのデータ転送処理(ステップS25)において、役物用IC21から表示制御回路40に送られるとともに、図20の表示制御のゼネラルフローのモード別分岐処理(ステップR6)および図柄スクロール処理(ステップR7)などにおいて、演出表示装置5の表示制御の基になるモードデータの構成が示されている。
【0208】
モードデータは、各遊技状態に応じてその構成が変更されるものであり、遊技状態を表すモード(MODO)と、各モードにおける表示内容を示すデータ(DATA)1〜6と、データ(DATA)7のチェックサム(Check Sum )とから構成されている。
【0209】
例えば、処理NO.が普段処理(ステップS5)の処理NO.であれば、それに対応するモードは「01」となる。
【0210】
この「01」モードでは、図表の横列に示されるように、データ1が演出表示装置5の表示とは無関係な「D.C.(Don't Care)」のデータ、データ2が役物用IC21のRAM21b中の時短カウンタの内容を示す「時短カウンタ情報」のデータ、データ3が演出表示装置5における停止図柄の作成やリーチ時のコマ送り数の決定で使用される「ランダムカウンタ」のデータ、データ4とデータ5がそれぞれ「D.C.(Don't Care)」のデータ、データ6が「サブモード」のデータ、データ7が役物用IC21から表示制御回路40に送ったデータが正しいか否かをチェックするための「チェックサム(Check Sum)00〜3F」のデータとなっている。
【0211】
そして、処理NO.が高速変動処理(ステップS6)の処理NO.であればモードは「02」、第1、第2図柄停止処理(ステップS7)の処理NO.であればモードは「03」、第3、第4図柄停止処理(ステップS8)の処理NO.であればモードは「04」、第5図柄停止処理(ステップS9)の処理NO.であればモードは「05」、リーチ停止処理(ステップS10)の処理NO.であればモードは「06」、ファンファーレ処理(ステップS15)の処理NO.であればモードは「11」、大当たり処理(ステップS16)の処理NO.であればモードは「12」、大当たり終了処理(ステップS17)の処理NO.であればモードは「13」、不正信号が検出されている状態であればモードは「15」、テストモードであればモードは「20」となるなど、図表の縦列に示す通りである。また、各モードに対するデータ1〜7は図表の横列にそれぞれ示す通りである。
【0212】
なお、図表中、「スクロール種別情報」はスクロールパターンを決めるデータ、「タイマー値」は第1〜第5の表示窓部51〜55の変動時間のデータ、「リーチ種類に対応したタイマー値」はリーチ種類に対応したリーチスクロール時間のデータ、「リーチ種類情報」はリーチパターンを決めるデータ、「ラウンド数」は大当たり(特別遊技)のラウンド数(継続回数、サイクル数ともいう。)を表示させるためのデータ、「カウント数」は1ラウンド中に大入賞口9bに何個入賞したかを表示するためのデータ、「大当たり図柄番号」は何の図柄番号で大当たりを発生したかを表示するためのデータ、「同上」は上と同じの意味である。
【0213】
また、図24には、確率変動中に役物制御回路20から表示制御回路40に転送されるデータ構成を表したモード構成図表を示す。
【0214】
このモード構成図表は図23のモード構成図表とほぼ同様の確率変動中におけるモード構成図表である。
【0215】
確率変動中においては、処理NO.が普段処理(ステップS5)の処理NO.であればモードは「21」、高速変動処理(ステップS6)の処理NO.であればモードは「22」、制御状態が第1図柄停止処理であればモードは「23」、第2図柄停止処理であればモードは「24」、リーチ停止処理であればモードは「25」となる。また、各モードに対するデータ1〜7は図表の横列にそれぞれ示す通りである。
【0216】
つまり、これらモードデータに基づいて、図20の表示制御のゼネラルフローのステップR7,R8において行われるモード別分岐処理や図柄スクロール処理が行われて、演出表示装置5に図柄の変動表示などの演出表示がなされている。
【0217】
図25には、図23および図24のモード構成図表におけるサブモード(DATA6)のデータ構成図表を示す。
【0218】
「サブモード」(DATA6)は8bit(binary digit)のデータであり(図中1bit毎に0〜7までの番号を振ってある。)、図23及び図24のモード構成図表において全てのモードに対するモードデータに含まれている。
【0219】
「サブモード」の0番目のbitには、確率変動情報として、通常の低確率状態のときには「0」が、高確率状態のときには「1」が書き込まれている。また、1番目のbitには、時短状態情報として、時短ゲームが行われていない通常状態のときには「0」が、時短ゲーム中のときには「1」が書き込まれている。
【0220】
つまり、このデータに基づいて、図21の図柄スクロール処理のフローチャートのステップR24において行われる時短状態情報受信の分岐処理が行われている。
【0221】
また、5番目のbitには、賞球音情報として、球貸音出力無しのときには「0」が、球貸音出力有りのときには「1」が書き込まれている。また、6と7番目のbitは使用されていない。
【0222】
図26には、図23および図24のモード構成図表におけるスクロール種別情報のデータ内容の図表を示す。
【0223】
この図表には、「スクロール種別情報」で送信されるデータと、そのデータに対応したスクロールパターンの内容とが示されている。
【0224】
例えば、送信データが「000」のときにはスクロールパターンが「通常外れ停止」に、送信データが「001」のときにはスクロールパターンが「リーチ外れ停止」に、送信データが「010」のときにはスクロールパターンが「通常大当たり停止」に、送信データが「011」のときにはスクロールパターンが「確変大当たり停止」に、送信データが「100」のときにはスクロールパターンが「小当たり停止」にそれぞれ設定されている。
【0225】
つまり、このスクロール種別情報に基づいて、演出表示装置5における停止図柄を表示制御回路40内で決定している。
【0226】
図27には、図23および図24のモード構成図表におけるリーチ種類情報のデータ内容の図表を示す。
【0227】
この図表には、「リーチ種類情報」で送信されるデータと、そのデータに対応したリーチ種類およびリーチスクロールの表示内容が示されている。
【0228】
例えば、送信データが「0000」のときにはリーチ種類が「リーチA」に、送信データが「0001」のときにはリーチ種類が「リーチB」に、送信データが「0010」のときにはリーチ種類が「リーチC」に、送信データが「0011」のときにはリーチ種類が「リーチD」に、送信データが「0100」のときにはリーチ種類が「リーチE」に、送信データが「0101」のときにはリーチ種類が「リーチF」に、送信データが「0110」のときにはリーチ種類が「リーチG」に、送信データが「0111」のときにはリーチ種類が「リーチH」に、「1000」のときにはリーチ種類が「リーチI」に、それぞれ設定されている。
【0229】
リーチスクロール表示内容は、「リーチA」が、第5の表示窓部55で低速スクロールを所定時間行った後に通常停止するもの、「リーチB」が、第5の表示窓部55の停止寸前に「イモ虫」のキャラクタが現れ(左、右、又は、左右の両方から)葉っぱ(背景)を食べずにそのまま戻るもの、「リーチC」が、第5の表示窓部55の停止寸前に左側に「イモ虫」のキャラクタが現れ第1の表示窓部51と第4の表示窓部54の間の葉っぱ(背景)を食べ第6の表示窓部56を増加表示させて予備リーチを行うもの、「リーチD」が、第5の表示窓部55の停止寸前に右側に「イモ虫」のキャラクタが現れ第3の表示窓部53と第2の表示窓部52の間の葉っぱ(背景)を食べ第7の表示窓部57を増加表示させて予備リーチを行うもの、「リーチE」が、第5の表示窓部55の停止寸前に左右両側に「イモ虫」のキャラクタが現れ第1の表示窓部51と第4の表示窓部54の間および第3の表示窓部53と第2の表示窓部52の間の葉っぱ(背景)を食べ第6および第7の表示窓部56,57をそれぞれ増加表示させて予備リーチを行うもの、「リーチF」が、第9の表示窓部59で低速スクロールを所定時間行った後に通常停止するもの、「リーチG」が、第8の表示窓部58に「イモ虫」の図柄が停止して葉っぱ(背景)を食べ第10の表示窓部60を増加表示させて予備リーチを行うもの、「リーチH」が、第9の表示窓部59に「イモ虫」の図柄が停止して葉っぱ(背景)を食べ第11の表示窓部61を増加表示させて予備リーチを行うもの、「リーチI」が、第8と第9の表示窓部58,59に「イモ虫」の図柄が停止して葉っぱ(背景)を食べ第10と第11の表示窓部60,61を増加表示させてそれぞれ予備リーチを行うものである。なお、「リーチF」〜「リーチI」は、時短ゲーム中又は確率変動中のものである。
【0230】
つまり、このデータに基づいて、演出表示装置5におけるリーチ図柄の決定を表示制御回路40内で行っている。
【0231】
図28には、特別図柄の可変表示器4と演出表示装置5における各図柄変動のタイミングチャートを示す。
【0232】
演出表示装置5の変動表示における各スクロールパターンおよび各リーチスクロールパターンに応じた各図柄の変動のタイミングについては、役物用IC21から表示制御回路40に送られるモードデータ中のモード、スクロール種別情報、リーチ種類情報、タイマー値、および、リーチ種類に対応したタイマー値などに基づいて、演出表示装置5における変動表示の変動開始や変動停止のタイミングを特別図柄の可変表示器4の図柄の変動開始や変動停止のものと合うように決定されている。なお、特別図柄の可変表示器4の変動開始や変動停止は、停止図柄に関係なく2つの図柄で同時に行われる。
【0233】
例えば、特別図柄の可変表示器4の図柄の変動と、演出表示装置5における「リーチE」のリーチスクロールパターンに応じた図柄の変動と、のタイミングについては、図28に示すように、先ず、「始動入賞」後にゼネラルフローにおける処理NO.が高速変動処理のものになると、「モード2」のモードデータが役物用IC21から表示制御回路40に転送されて(図中「送信データ内容」の並びに矢印で示す。)、特図の可変表示器4(図中「特図」)の図柄変動の開始と同時に、演出表示装置5における第1〜第5の表示窓部51〜55(図中「第1、2図柄」、「第3、4図柄」、「第5図柄」)で図柄変動がそれぞれ開始される。
【0234】
そして、「モード2」のモードデータに含まれるスクロール種別情報、タイマー値、およびランダムカウンタなどに基づいて、演出表示装置5の第1〜第5の表示窓部51〜55で所定時間の図柄変動が続けられる。
【0235】
そして、処理NO.が第1、第2図柄停止処理のものになると、「モード3」のモードデータが表示制御回路40に転送されて、そのモードデータに含まれるスクロール種別情報、タイマー値、および、ランダムカウンタなどに基づいて、所定時間経過後に第1、第2の表示窓部51,52が停止する。
【0236】
また、処理NO.が第3、第4図柄停止処理のものになると、「モード4」のモードデータが表示制御回路40に転送されて、そのモードデータに含まれるスクロール種別情報、タイマー値、およびランダムカウンタなどに基づいて、所定時間経過後に第3、第4の表示窓部53,54が停止する。
【0237】
また、処理NO.がリーチ停止処理のものになると、「モード6」のモードデータが表示制御回路40に転送されて、第5の表示窓部55でリーチスクロールが開始される。
【0238】
そして、「モード6」のモードデータに含まれるリーチ種類情報およびリーチ種類に対応したタイマー値などに基づいて、第5の表示窓部55で所定時間のリーチスクロールが行われた後に、第5の表示窓部55が変動停止する他、その変動停止の寸前に「イモ虫」のキャラクタが出現して葉っぱ(背景)を食べる動作をした後、第6、第7の表示窓部56,57(図中「第6、7図柄」)で所定時間の図柄変動が行われて、特図の可変表示器4の変動停止と同時に第6、第7の表示窓部56,57が停止する。
【0239】
そして、その後、処理NO.が停止図柄判定処理(ステップS12)のものに移行されていく(図中、「判定」で示される。)。
【0240】
以上のように、この実施の形態に係るパチンコ遊技機によれば、演出表示装置5を有し、該演出表示装置5の同一画面上に複数の図柄を変動表示させ、該変動表示の停止結果としての停止表示の組合せ態様が所定の組合せ態様となった場合に大当たりなどの遊技価値を付与することに加え、通常遊技状態において、前記演出表示装置5の同一画面を第1〜第5の表示窓部51〜55に区分けし、該区分けした表示窓部に前記図柄の変動表示を行わせるとともに、リーチ決定用乱数値と特図変動表示遊技の結果とに基づいて、第6、第7の表示窓部56,57の何れか又は両方を増加表示させたり、小当たり又は確変大当たりの発生に基づいて、表示窓部の数を2つ(第8、第9の表示窓部58,59)に変更したりする。一方、時短ゲーム中や確率変動中において、前記演出表示装置5の同一画面を第8、第9の表示窓部58,59に区分けし、該区分けした表示窓部に前記図柄の変動表示を行わせるとともに、リーチ決定用乱数値と特図変動表示遊技の結果とに基づいて、第10、第11の表示窓部60,61の何れか又は両方を増加表示させるなどして、表示窓部の数を変更させるとともに、それら変更後の数の表示窓部の停止表示の組合せ態様に基づいて大当たりなどの遊技価値を付与するので、演出表示装置5における変動表示のバリエーションが増えて、長時間遊技しても飽きのこない興趣に富んだゲーム性となり、遊技者の遊技意欲をより向上させることができる。
【0241】
また、特に、表示窓部の数を変更させる条件に、前記複数の表示窓部の変動表示の停止制御中に、大当たりなどの遊技価値を付与する停止表示の組合せ態様になる可能性のあるリーチ変動遊技状態が含まれているので、リーチ変動遊技状態に関連して可変表示窓部の数が変更されることとなり、リーチ変動遊技状態中における変動表示のバリエーションが増えて(例えば、リーチA〜E、又はリーチF〜Iなど)、意外性のあるリーチ変動遊技状態にすることができる。
【0242】
また、特に、演出表示装置5に、複数の表示窓部(通常遊技状態においては第1〜第5の表示窓部51〜55、時短ゲーム中又は確率変動中においては第8、第9の表示窓部58,59)と、該表示窓部以外の領域である葉っぱなどの背景表示部とを表示させ、前記背景表示部に新たな表示窓部(通常遊技状態においては第6、第7の表示窓部56,57、時短ゲーム中又は確率変動中においては第10、第11の表示窓部60,61)を増加表示させるので、画像表示部5bにおける変動表示のバリエーションを意外性のある斬新なパターンで増やすことができ、即ち、画像表示部5bにおける変動表示を斬新で意外性のある興趣の高いものにすることができる。
【0243】
また、特に、演出表示装置5に「イモ虫」の画像キャラクタを表示させ、当該表示させた画像キャラクタの葉っぱ(背景)を食べて穴を開けるなどの動作に基づき、前記表示窓部を増加表示させるので、その画像キャラクタの表示により、表示窓部が増加表示されるという期待感を遊技者に持たせることができ、また、画像表示部5bにおける変動表示のバリエーションを興趣に富んだパターンで増やすことができる。
【0244】
また、特に、普図の変動表示遊技(補助変動表示)を行わせる普図可変表示器6(補助可変表示器6b)を有し、その普図可変表示器6の停止結果に基づき演出表示装置5における変動表示の発生を容易にする特定遊技状態(特図始動口を兼ねた普通変動入賞装置10の開放)を発生させ、前記数を変更(増加)された表示窓部における変動表示で「テントウムシ」の図柄が停止表示されたとき、前記特定遊技状態の発生条件を有利にさせる特定遊技発生有利化状態(時短ゲーム)を発生させるので、表示窓部の数の変更(増加)に伴って、遊技者に特定遊技発生有利化状態の発生する期待感を持たせることができる。
【0245】
また、図柄の変動表示される表示窓部の数が、通常遊技中と確率変動中とで変化するようにしたので(例えば、通常遊技中には5つ、確率変動中には2つ)、従来の表示窓部の数が変化しない遊技機では、確率変動中においてもその確率変動が見た目上認識されにくかったのに対して、本実施の形態の遊技機では、表示上の当たり確率も変化させることができ、従って、確率変動が発生したことを遊技者に表示上から認識させることができる。
【0246】
同様に、図柄の変動表示される表示窓部の数が、通常遊技中と時短ゲーム中とで変化するようにしたので(例えば、通常遊技中には5つ、時短ゲーム中には2つ)、従来の表示窓部の数が変化しない遊技機では、装飾ランプの点灯などでしか時短ゲームを報知できなかったり、時短ゲーム中においてもその時短ゲームにより遊技上有利になっていることが見た目上認識されにくかったのに対して、本実施の形態の遊技機では、表示窓数の変化により時短ゲームが行われていることを的確に報知することができるとともに、時短ゲームにより遊技上有利になっているということを遊技者に表示上から認識させることができる。
【0247】
また、演出表示装置5における変動表示の制御は、特図の可変表示器4における変動表示の結果(外れ、小当たり、大当たり、確率変動大当たり)に関係する以外、特図の可変表示器4の変動表示に無関係に行われているため、従来の、特図の可変表示器の停止図柄に対応して演出表示装置の停止図柄も決定していた遊技機(例えば、特図の可変表示器4が「3,3,−」等になったときに演出表示装置でリーチ表示を発生させる)では、自由にリーチ表示の発生などが行えなかったのに対して、本実施の形態の遊技機では、演出表示装置5における独自の停止図柄の決定や独自のリーチ表示の発生などが行える。従って、リーチの発生態様などのバリエーションを多くするなどして、演出表示装置5における図柄の変動表示の興趣を向上させることができる。
【0248】
また、演出表示装置5の図柄の変動表示に対する制御に関して役物制御回路20から表示制御回路40へ転送されるデータは、特図の変動表示遊技の結果の情報(通常外れ停止、通常大当たり停止、確変大当たり停止など)と、特図の変動表示遊技と演出表示装置5における図柄変動のタイミングを合わせるためのリーチの種類やタイマー値の情報のみであり、それらの情報に基づいて表示制御回路40が演出表示装置5における変動図柄や停止図柄を作成しているので、従来の、細かいデータ(図柄の番号情報や図柄の表示位置の情報など)が役物制御回路から表示制御回路に転送されていた遊技機では、役物制御回路側の処理負担が大きくなっていたのに較べて、本実施の形態の遊技機では、役物制御回路20から表示制御回路40へ転送されるデータの量を少なくすることができるとともに、役物制御回路20側の処理負担が表示制御回路20側に分散し、役物制御回路20側と表示制御回路20側との処理負担の均等化が図れる。
【0249】
なお、遊技機はいわゆる第1種のパチンコ遊技機の他、いわゆる第3種のパチンコ遊技機、パチスロ遊技機などの遊技機も含まれる。画像表示部5bは、液晶ディスプレーの他、CRTディスプレー、多数の表示素子により構成されるドット表示装置などの表示部でも良い。識別情報は、数字や昆虫などのキャラクターの他、文字、図形、記号、色彩など、目で認識しうる表示図柄であればどのような図柄でも良い。所定の組合せ態様は、横や斜めに3つ並んだ図柄が「3,3,3」や「5,5,5」など同じ数字のぞろめとなる組合せ態様に限られず、所定の遊技価値を付与する所定の組合せ態様であればどのような態様であっても良い。所定の遊技価値は、特図の大当たりによる変動入賞装置の開放の他、いわゆる第3種のパチンコ遊技機での権利発生、特図の大当たりや普図の当たりなどの発生確率が高確率となる確率変動、普通図柄の変動表示遊技の変動時間が短縮される普図時短状態なども含まれる。複数の表示窓部は、第1〜第5の表示窓部51〜55や第8、第9の表示窓部58,59に限られず、画像表示部5bの同一画面が区分けされ識別情報の画像表示制御がなされれば、どのように区分けされたものでも良い。増加表示される表示窓部も、第6、第7の表示窓部56,57や第10、第11の表示窓部60,61に限られず、様々な大きさや形で様々な位置に増加表示されて良い。また、複数の表示窓部における変動表示の停止順序や、所定の遊技価値を付与する停止表示の組合せも、この実施の形態のものに限られず、様々に変更して良い。
【0250】
また、表示窓部の増加表示の基となる所定の画像キャラクタは、「イモ虫」のキャラクタなどに限定されず、画像表示される所定のキャラクタであれば、どのようなものでも良い。その画像キャラクタの動作は、「イモ虫」のキャラクタが背景の葉っぱを食べる動作に限定されず、所定の画像キャラクタの動作であれば、どのような動作でも良い。
【0251】
また、補助可変表示器6bは、7セグメント型の表示器の他、多数の表示素子により構成されるドット表示器など、補助変動表示が行えればどのようなものでも良い。特定遊技状態は、アタッカー形式の普通変動入賞装置の開放の他、特図始動口を兼ねているチューリップ形式の普通変動入賞装置の開放など、画像表示部5bにおける変動表示の発生が容易になればどのようなものも含まれる。特定遊技発生有利化状態を発生させる停止表示態様は、「テントウムシ」の図柄の停止表示に限らず、様々な停止表示態様に変更して良い。特定遊技発生有利化状態は、時短ゲームの他、普図の確率変動なども含まれる。
【0252】
[第2の実施の形態]
この第2の実施の形態は、第1の実施の形態のものに加えて、更に2つのリーチパターンが加えられたものである。従って、第1の実施の形態と同じ点は説明を省き、第2の実施の形態特有のリーチパターンの内容と、そのリーチパターンに伴って変更される制御内容との説明のみを行う。
【0253】
先ず、図29(a)〜(c)には、第2の実施の形態特有のリーチパターンの一連の画像を示す。
【0254】
図29(a)に示すように、第1〜第4の表示窓部51〜54が停止して、第2および第4の表示窓部52,54に「トンボ」の図柄がそれぞれ停止表示されると、この第2の実施の形態特有のリーチパターンが発生し、リーチとなっている第2、第4の表示窓部52,54と第5の表示窓部55の下部に掛けてリーチ表示ライン74が表示されるとともに、「トンボ」の図柄がそれぞれ羽ばたく動作をする。
【0255】
そして、図29(b)に示すように、第2、第4の表示窓部52,54に停止表示した「トンボ」の図柄がそれぞれ分裂して上部に飛んでいく動作をする。
【0256】
その後、図29(c)に示すように、第1、第3の表示窓部51,53に停止表示されていた図柄に入れ替わって「トンボ」の図柄がそれぞれ有効になる。すなわち、第1、第3の表示窓部51,53に被さるように第1’、第3’の表示窓部51a,53aが増え、その第1’、第3’の表示窓部51a,53aに「トンボ」の図柄がそれぞれ停止表示される。なお、第1’、第3’の表示窓部51a,53aは、第1、第3の表示窓部51,53と同様の停止図柄の組合せ態様を構成する。
【0257】
そして、新たに3つのリーチとなる表示窓部の組合せ(第1’、第3’の表示窓部51a,53aと第5の表示窓部55の上段部との組合せ、第1’、第2の表示窓部51a,52と第5の表示窓部55の中段部との組合せ、および、第4、第3’の表示窓部54,53aと第5の表示窓部55の中段部との組合せ)が増え、それらの組合せでリーチとなっていることを知らせるリーチ表示ライン77,75,76がその組合せに掛けてそれぞれ表示される。
【0258】
また、第2の実施の形態特有のもう1つのリーチパターンとして、第2および第4の表示窓部52,54に「トンボ」の図柄がそれぞれ停止表示して、羽ばたく動作を行うものの分裂しないまま羽ばたく動作を止め、変動表示が終了されるというリーチパターンもある。
【0259】
これらのリーチパターンに伴って変更される制御については、第1の実施の形態における図17のスクロール態様決定処理のフローチャートのステップS85で行われるリーチ種類の振り分け処理が変更され、第2の実施の形態特有の2つのリーチパターンが振り分けられるようになっているほか、図27のリーチ種類情報で送信するリーチパターンに、この第2の実施の形態特有の2つのリーチパターンが加えられ、表示制御回路40の制御ROM41aなどに第2の実施の形態特有の2つのリーチパターンのプログラムが書き込まれるなどしている。
【0260】
以上のように、この第2の実施の形態に係るパチンコ遊技機によれば、特に、表示窓部の増加表示の条件に、前記複数の表示窓部の変動表示の停止制御中に、大当たりなどの遊技価値を付与する停止表示の組合せ態様になる可能性のあるリーチ変動遊技状態が含まれているので、リーチ変動遊技状態に関連して可変表示窓部の数が変更されることとなり、リーチ変動遊技状態中における変動表示のバリエーションが増えて、意外性のあるリーチ変動遊技状態にすることができる。
【0261】
また、特に、演出表示装置5の第2、第4の表示窓部52,54に「トンボ」の図柄の画像キャラクタを停止表示させ、当該停止示させた画像キャラクタの分裂して飛んでいく動作に基づき、第1’、第3’の表示窓部51a,53aを増加表示させるので、その画像キャラクタの表示により、表示窓部が増加表示されるという期待感を遊技者に持たせることができ、また、画像表示部5bにおける変動表示のバリエーションを興趣に富んだパターンで増やすことができる。
【0262】
[第3の実施の形態]
この第3の実施の形態は、演出表示装置5で行われる変動表示の内容を第1の実施の形態のものから変更したもので、その他、第1の実施の形態とほぼ同じ構成になっている。従って、その変動表示の内容の説明のみを行う。
【0263】
図30には、演出表示装置5における第3の実施の形態特有の変動表示の一連の画像図を示す。
【0264】
先ず、図30(a)に示すように、特図の変動表示遊技が開始されると、演出表示装置5の表示窓部81,83,82で、例えば、数字やキャラクターなどの図柄の変動表示が行われる。
【0265】
そして、図30(b)に示すように、左右の表示窓部81,82が停止して、同じ図柄(図示例では「7」の図柄)が停止表示されるとリーチ変動遊技状態となって、停止している表示窓部81,82が幾分縮小されるとともに、停止していない残りの表示窓部83が3つに分裂して、変動表示中の2つの表示窓部84,85が増加表示される。
【0266】
その後、図30(c)に示すように、分裂した表示窓部83,84,85の内、停止している表示窓部81,82の間に位置する表示窓部83が、速度の遅いリーチスクロールを行った上で停止する。そして、例えば「5」の図柄が停止表示されて、その結果、外れとなったりする。なお、この表示窓部83の停止で、表示窓部81,83,82の停止表示が同じ図柄のぞろめとなり、大当たりが発生するパターンもある。
【0267】
また、表示窓部83の停止で大当たりとならなかったときには、図30(d)に示すように、分裂した表示窓部83,84,85がそれぞれ位置を入れ替えられ(図示例では、表示窓部83,84,85が以前の表示窓部85,83,84の位置にそれぞれ入れ替えられる。)、その後、表示窓部81,82の間に位置する表示窓部84が、速度の遅いリーチスクロールを行った上で停止する。そして、例えば「3」の図柄が停止表示されて、その結果、外れとなったりする。なお、この表示窓部84の停止で、表示窓部81,84,82の停止表示が同じ図柄のぞろめとなり、大当たりが発生するパターンもある。
【0268】
また、表示窓部84の停止で大当たりとならなかったときには、図30(e)に示すように、更に、表示窓部83,84,85の位置の入れ替えが行われた後(図示例では、表示窓部84,85,83がこの入れ替え以前の表示窓部83,84,85の位置にそれぞれ入れ替えられる。)、表示窓部81,82の間に位置する表示窓部85が速度の遅いリーチスクロールを行った上で停止する。そして、例えば「7」の図柄が停止表示されて、その結果、表示窓部81,85,82の停止表示が同じ図柄のぞろめとなり、大当たりが発生したりする。なお、この表示窓部85の停止で、外れとなるパターンもある。
【0269】
以上のように、この第3の実施の形態に係るパチンコ遊技機によれば、特に、表示窓部の増加表示される条件が、前記複数の表示窓部の変動表示の停止制御中に、大当たりなどの遊技価値を付与する停止表示の組合せ態様になる可能性のあるリーチ変動遊技状態であるため、リーチ変動遊技状態に関連して可変表示窓部の数が変更されることとなり、リーチ変動遊技状態中における変動表示のバリエーションが増えて、意外性のあるリーチ変動遊技状態にすることができる。
【0270】
また、特に、演出表示装置5に、複数の表示窓部81,82,83と、該表示窓部以外の領域である背景表示部とを表示させ、前記背景表示部に新たな表示窓部84,85を増加表示させるので、画像表示部5bにおける変動表示のバリエーションを意外性のある斬新なパターンで増やすことができる。即ち、画像表示部5bにおける変動表示を斬新で意外性のある興趣の高いものにすることができる。
【0271】
【発明の効果】
本発明によれば、画像表示部は、変動表示遊技が行われる複数の表示窓部と、該表示窓部以外の領域である背景表示部と、から成り、前記複数の表示窓部における変動表示遊技の停止制御中に、所定の組合せ態様になる可能性のあるリーチスクロールが行われるリーチ変動表示遊技状態を発生可能であり、特図始動スイッチの検出信号により、前記リーチ変動表示遊技状態のリーチパターンを決定するリーチ決定用乱数値を抽出し、該抽出したリーチ決定用乱数値に基づいて、複数種類のリーチパターンのうちの何れかに振り分けて決定するように構成し、前記複数種類のリーチパターンには、前記複数の表示窓部における前記リーチスクロール中に前記背景表示部に所定の画像キャラクタを表示させ、当該リーチスクロールの停止表示の組合せが外れの停止態様を表示した後に、当該表示させた画像キャラクタが前記背景表示部において所定の動作を行うことにより、新たな表示窓部を増加表示させる制御を行うリーチパターンと、前記複数の表示窓部における前記リーチスクロール中に前記背景表示部に所定の画像キャラクタを表示させ、当該リーチスクロールの停止表示の組合せが外れの停止態様を表示した後に、当該表示させた画像キャラクタが前記背景表示部において所定の動作を行うことなく前記表示窓部の増加表示を行わずに変動表示遊技を終了する制御を行うリーチパターンと、を含み、前記表示窓部を増加させるリーチパターンに決定された場合には、増加した表示窓部のみで複数の識別情報の変動表示を行い、当該増加した表示窓部における停止表示態様に基づいて、前記複数の表示窓部において所定回数の変動表示遊技が行われるまで前記補助可変表示部における補助変動表示遊技の変動時間を短縮する小当たりを付与するので、画像表示部における変動表示のバリエーションが増えて、長時間遊技しても飽きのこない興趣に富んだゲーム性となり、遊技者の遊技意欲をより向上させることができ、また、リーチ変動状態に関連して可変表示部の数が変更されることとなり、リーチ変動遊技状態中における変動表示のバリエーションが増えて、意外性のあるリーチ変動遊技状態にすることができる。また、画像表示部における変動表示のバリエーションを意外性のある斬新なパターンで増やすことができる。即ち、画像表示部における変動表示を斬新で意外性のある興趣の高いものにすることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】発明の実施の形態に係るパチンコ遊技機の遊技盤の正面図である。
【図2】パチンコ遊技機の裏側に設置された、遊技系統の制御を行う役物制御回路、および、役物制御回路の制御下で演出表示装置への表示の制御を行う表示制御回路の主要制御ブロック図である。
【図3】図2の表示制御回路の主要制御ブロック図である。
【図4】演出表示装置に表示される変動表示遊技の画像の一例として、変動開始から第1〜第5の表示窓部の停止までの一連の画像を示すもので、(a)は変動開始時の画像図、(b)は第1〜第4の表示窓部の変動表示が停止したときの画像図、(c)は第5の表示窓部の変動表示が停止して外れとなったときの画像図である。
【図5】演出表示装置に表示される変動表示遊技の画像の一例として、リーチ変動遊技状態中にイモ虫のキャラクタが出現して表示窓部の増加動作をするまでの一連の画像を示すもので、(a)はリーチスクロール時の画像図、(b)はリーチスクロール中にイモ虫のキャラクタが出現して表示窓部の増加する可能性が発生したときの画像図、(c)はリーチ外れとなった後にイモ虫のキャラクタが表示窓部を増加させる動作をしているときの画像図である。
【図6】演出表示装置に表示される変動表示遊技の画像の一例として、図5(c)に続いて、増加した表示窓部における予備リーチの開始から小当たり発生による時短ゲームの開始までの一連の画像を示すもので、(a)は増加した表示窓部で予備リーチが行われているときの画像図、(b)は予備リーチの変動表示が停止して小当たりとなったときの画像図、(c)は小当たりにより時短ゲームが発生したときの画像図である。
【図7】演出表示装置に表示される変動表示遊技の画像の一例として、時短ゲーム中に表示窓部が増加して予備リーチが発生するまでの一連の画像を示すもので、(a)は時短ゲーム中に予備リーチを発生すべくイモ虫図柄が停止したときの画像図、(b)は時短ゲーム中にイモ虫図柄が予備リーチを発生させる動作をしている画像図、(c)は時短ゲーム中に予備リーチが行われているときの画像図である。
【図8】演出表示装置に表示される変動表示遊技の画像の一例を示すもので、(a)は時短ゲーム中にイモ虫図柄が第10の表示窓部と第11の表示窓部の両方で予備リーチを発生させる動作をしているときの画像図、(b)は通常遊技状態で大当たりが発生したときの画像図、(c)は確率変動中における変動表示の画像図である。
【図9】第1、第2、第3および第4の表示窓部に表示される図柄を示すもので、(a)〜(m)はその各図柄である。
【図10】第5の表示窓部に表示される図柄の配列である。
【図11】第6および第7の表示窓部に表示される図柄を示すもので、(a)〜(n)はその各図柄である。
【図12】役物制御回路によって行われるメイン遊技制御処理(ゼネラルフロー)のフローチャートである。
【図13】図12のゼネラルフローのステップS5〜S18の制御処理の流れの説明図である。
【図14】図12のゼネラルフローのステップS3において行われるSW入力処理のサブルーチン処理のフローチャートである。
【図15】図12のゼネラルフローのステップS5において行われる普段処理のサブルーチン処理のフローチャートである。
【図16】図15の普段処理のフローチャートのステップS45において行われる停止図柄決定処理のサブルーチン処理のフローチャートである。
【図17】図15の普段処理のフローチャートのステップS46において行われるスクロール態様決定処理のサブルーチン処理のフローチャートである。
【図18】図12のゼネラルフローのステップS12において行われる図柄判定処理のサブルーチン処理のフローチャートである。
【図19】図12のゼネラルフローのステップS16において行われる大当たり処理のサブルーチン処理のフローチャートである。
【図20】表示制御回路によって行われる演出表示装置の表示制御処理の制御処理手順(表示制御のゼネラルフロー)のフローチャートである。
【図21】図20の表示制御のゼネラルフローのステップR8において行われる図柄スクロール処理のサブルーチン処理のフローチャートである。
【図22】図20の表示制御のゼネラルフローが行われているときに入った割り込み信号に基づいて行われる割り込み処理のフローチャートである。
【図23】通常遊技状態中に役物制御回路から表示制御回路に転送されるデータの構成を示すモード構成図表である。
【図24】確率変動中に役物制御回路から表示制御回路に転送されるデータの構成を示すモード構成図表である。
【図25】図23および図24のモード構成図表におけるサブモードデータ(DATA6)の構成を示すデータ構成図表である。
【図26】図23および図24のモード構成図表におけるスクロール種類情報の内容を示す図表である。
【図27】図23および図24のモード構成図表におけるリーチ種類情報の内容を示す図表である。
【図28】特別図柄の可変表示器と演出表示装置における各表示窓部の変動表示のタイミングチャートである。
【図29】演出表示装置に表示される第2の実施の形態特有の変動表示遊技の画像の一例を示すもので、(a)は第2、第4の表示窓部にトンボ図柄が停止してリーチとなり表示窓部の増加の可能性が生じたときの画像図、(b)は第2、第4の表示窓部に停止したトンボ図柄が表示窓部を増加させる動作をしているときの画像図、(c)はトンボ図柄による表示窓部の増加が終了したときの画像図である。
【図30】演出表示装置に表示される第3の実施の形態特有の変動表示遊技の画像の一例を示すもので、(a)は図柄変動中の画像図、(b)はリーチ発生で表示窓部が分裂したときの画像図、(c)は分裂した表示窓部の1個目が停止したときの画像図、(d)は分裂した表示窓部の2個目が停止したときの画像図、(e)は分裂した表示窓部の最後が停止して大当たりとなったときの画像図である。
【符号の説明】
1 遊技盤
5 演出表示装置
5b 画像表示部
6 普通図柄の可変表示器
6a 補助可変表示部
20 役物制御回路
40 表示制御回路
51〜55 第1〜第5の表示窓部
56,57 第6、第7の表示窓部(増加される表示窓部)
58,59 第8、第9の表示窓部
60,61 第10、第11の表示窓部(増加される表示窓部)

Claims (1)

  1. 画像表示部と、補助可変表示部とを有し、前記画像表示部では、特図始動口への入賞による特図始動スイッチの検出信号に基づいて該画像表示部で複数の識別情報による変動表示遊技を行わせ、該変動表示遊技の停止表示の組合せ態様が組合せラインの何れかにおいて所定の組合せ態様となった場合に所定の遊技価値を付与する大当たりを発生させる制御を行い、
    前記補助可変表示部では、普図始動スイッチの検出信号に基づいて該補助可変表示部で補助変動表示遊技を行わせ、該補助変動表示遊技の停止態様に基づいて前記特図始動口への入賞を容易にする特定遊技状態を発生させる制御を行う遊技機において、
    前記画像表示部は、
    前記変動表示遊技が行われる複数の表示窓部と、該表示窓部以外の領域である背景表示部と、から成り、
    前記複数の表示窓部における変動表示遊技の停止制御中に、所定の組合せ態様になる可能性のあるリーチスクロールが行われるリーチ変動表示遊技状態を発生可能であり、
    前記特図始動スイッチの検出信号により、前記リーチ変動表示遊技状態のリーチパターンを決定するリーチ決定用乱数値を抽出し、該抽出したリーチ決定用乱数値に基づいて、複数種類のリーチパターンのうちの何れかに振り分けて決定するように構成し、
    前記複数種類のリーチパターンには、
    前記複数の表示窓部における前記リーチスクロール中に前記背景表示部に所定の画像キャラクタを表示させ、当該リーチスクロールの停止表示の組合せが外れの停止態様を表示した後に、当該表示させた画像キャラクタが前記背景表示部において所定の動作を行うことにより、新たな表示窓部を増加表示させる制御を行うリーチパターンと、
    前記複数の表示窓部における前記リーチスクロール中に前記背景表示部に所定の画像キャラクタを表示させ、当該リーチスクロールの停止表示の組合せが外れの停止態様を表示した後に、当該表示させた画像キャラクタが前記背景表示部において所定の動作を行うことなく前記表示窓部の増加表示を行わずに変動表示遊技を終了する制御を行うリーチパターンと、
    を含み、
    前記表示窓部を増加させるリーチパターンに決定された場合には、増加した表示窓部のみで複数の識別情報の変動表示を行い、当該増加した表示窓部における停止表示態様に基づいて、前記複数の表示窓部において所定回数の変動表示遊技が行われるまで前記補助可変表示部における補助変動表示遊技の変動時間を短縮する小当たりを付与する制御を行うことを特徴とする遊技機。
JP31108695A 1995-11-29 1995-11-29 遊技機 Expired - Fee Related JP3967395B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31108695A JP3967395B2 (ja) 1995-11-29 1995-11-29 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31108695A JP3967395B2 (ja) 1995-11-29 1995-11-29 遊技機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH09140878A JPH09140878A (ja) 1997-06-03
JP3967395B2 true JP3967395B2 (ja) 2007-08-29

Family

ID=18012965

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP31108695A Expired - Fee Related JP3967395B2 (ja) 1995-11-29 1995-11-29 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3967395B2 (ja)

Families Citing this family (53)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4170927B2 (ja) * 1997-11-18 2008-10-22 アルゼ株式会社 遊技機
JP4651764B2 (ja) * 1999-11-30 2011-03-16 株式会社大一商会 遊技機
JP2001198285A (ja) * 2000-01-20 2001-07-24 Samii Kk 弾球遊技機
JP4624523B2 (ja) * 2000-06-19 2011-02-02 株式会社三共 遊技機
JP2002052172A (ja) * 2000-08-10 2002-02-19 Newgin Corp パチンコ遊技機
JP4620850B2 (ja) * 2000-09-14 2011-01-26 株式会社三共 遊技機
JP2002177528A (ja) * 2000-12-13 2002-06-25 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2002301225A (ja) * 2001-04-04 2002-10-15 Heiwa Corp 遊技機
JP4814439B2 (ja) * 2001-05-18 2011-11-16 株式会社平和 遊技機
JP4517219B2 (ja) * 2003-03-20 2010-08-04 株式会社大一商会 遊技機
JP2006061323A (ja) * 2004-08-25 2006-03-09 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP4692952B2 (ja) * 2004-09-01 2011-06-01 サミー株式会社 弾球遊技機
JP4692953B2 (ja) * 2004-09-06 2011-06-01 サミー株式会社 弾球遊技機
JP4692954B2 (ja) * 2004-09-09 2011-06-01 サミー株式会社 弾球遊技機
JP4872201B2 (ja) * 2004-09-22 2012-02-08 株式会社三洋物産 遊技機
JP5181411B2 (ja) * 2005-04-04 2013-04-10 株式会社三洋物産 遊技機
JP4867189B2 (ja) * 2005-04-04 2012-02-01 株式会社三洋物産 遊技機
JP2006296818A (ja) * 2005-04-22 2006-11-02 Aruze Corp 弾球遊技機及びシミュレーションプログラム
JP2007268187A (ja) * 2006-03-31 2007-10-18 Samii Kk パチンコ遊技機
JP4627794B2 (ja) * 2008-07-15 2011-02-09 株式会社ソフイア 遊技機
JP4793885B2 (ja) * 2009-03-09 2011-10-12 株式会社大一商会 遊技機
JP2010233988A (ja) * 2009-03-31 2010-10-21 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機
JP2009240844A (ja) * 2009-07-31 2009-10-22 Sammy Corp 弾球遊技機
JP5017510B2 (ja) * 2009-08-24 2012-09-05 株式会社高尾 遊技機
JP4581145B2 (ja) * 2009-08-24 2010-11-17 株式会社大一商会 遊技機
JP5070430B2 (ja) * 2009-08-28 2012-11-14 株式会社大一商会 遊技機
JP2009285499A (ja) * 2009-09-11 2009-12-10 Takao Co Ltd 弾球遊技機
JP5297350B2 (ja) * 2009-11-16 2013-09-25 株式会社平和 遊技機
JP4667522B2 (ja) * 2009-11-24 2011-04-13 株式会社大一商会 遊技機
JP5607914B2 (ja) * 2009-11-24 2014-10-15 株式会社エース電研 遊技機
JP2010094549A (ja) * 2010-02-01 2010-04-30 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP5073783B2 (ja) * 2010-05-24 2012-11-14 株式会社平和 遊技機
JP5710913B2 (ja) * 2010-09-07 2015-04-30 株式会社三共 遊技機
JP5710912B2 (ja) * 2010-09-07 2015-04-30 株式会社三共 遊技機
JP5710914B2 (ja) * 2010-09-07 2015-04-30 株式会社三共 遊技機
JP5592746B2 (ja) * 2010-10-04 2014-09-17 株式会社平和 遊技機
JP5735249B2 (ja) * 2010-10-05 2015-06-17 株式会社三共 遊技機
JP2011078809A (ja) * 2010-12-06 2011-04-21 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2011050801A (ja) * 2010-12-20 2011-03-17 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP5138763B2 (ja) * 2010-12-24 2013-02-06 株式会社平和 遊技機
JP5273189B2 (ja) * 2011-03-28 2013-08-28 株式会社三洋物産 遊技機
JP2011125748A (ja) * 2011-03-28 2011-06-30 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP5589963B2 (ja) * 2011-06-06 2014-09-17 株式会社三洋物産 遊技機
JP2011212460A (ja) * 2011-07-01 2011-10-27 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP5454621B2 (ja) * 2012-06-01 2014-03-26 株式会社三洋物産 遊技機
JP2013031725A (ja) * 2012-11-13 2013-02-14 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP5870972B2 (ja) * 2013-07-29 2016-03-01 株式会社三洋物産 遊技機
JP6020525B2 (ja) * 2014-07-30 2016-11-02 株式会社三洋物産 遊技機
JP5900554B2 (ja) * 2014-08-14 2016-04-06 株式会社三洋物産 遊技機
JP6327239B2 (ja) * 2015-12-14 2018-05-23 株式会社三洋物産 遊技機
JP6137294B2 (ja) * 2015-12-21 2017-05-31 株式会社三洋物産 遊技機
JP2017064491A (ja) * 2017-01-13 2017-04-06 株式会社三洋物産 遊技機
JP2017104753A (ja) * 2017-03-27 2017-06-15 株式会社三洋物産 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JPH09140878A (ja) 1997-06-03

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3967395B2 (ja) 遊技機
JP4198924B2 (ja) 遊技機およびその制御方法
JP3770501B2 (ja) 遊技機
JPH09220326A (ja) 遊技機
JP2002292021A (ja) 遊技機
JP3986582B2 (ja) 遊技機
JP2000135333A (ja) 遊技機
JPH1033769A (ja) 遊技機
JPH0938294A (ja) 遊技機
JP2001025544A (ja) 遊技機
JPH06170049A (ja) 遊技機
JP4225445B2 (ja) 遊技機
JP2000061077A (ja) 遊技機
JP4059536B2 (ja) 遊技機
JPH09322965A (ja) 遊技機
JP4308348B2 (ja) 遊技機
JPH10127875A (ja) 遊技機
JP4271739B2 (ja) 遊技機
JP2000325597A (ja) 遊技機
JPH09135948A (ja) 遊技機
JPH09308736A (ja) 遊技機
JP2003340061A (ja) 遊技機および遊技プログラム
JP2000014875A (ja) 遊技機
JPH10244047A (ja) パチンコ機
JPH0956891A (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20060721

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060815

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20061013

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20061226

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070223

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20070529

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20070531

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100608

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100608

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110608

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110608

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120608

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120608

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120608

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130608

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130608

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130608

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130608

Year of fee payment: 6

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees