JPS6220325B2 - - Google Patents

Info

Publication number
JPS6220325B2
JPS6220325B2 JP10690081A JP10690081A JPS6220325B2 JP S6220325 B2 JPS6220325 B2 JP S6220325B2 JP 10690081 A JP10690081 A JP 10690081A JP 10690081 A JP10690081 A JP 10690081A JP S6220325 B2 JPS6220325 B2 JP S6220325B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
shell plate
ground
cylindrical shell
solidified
present
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired
Application number
JP10690081A
Other languages
English (en)
Other versions
JPS5811210A (ja
Inventor
Hisashi Sekimoto
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Mitsubishi Heavy Industries Ltd
Original Assignee
Mitsubishi Heavy Industries Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsubishi Heavy Industries Ltd filed Critical Mitsubishi Heavy Industries Ltd
Priority to JP10690081A priority Critical patent/JPS5811210A/ja
Publication of JPS5811210A publication Critical patent/JPS5811210A/ja
Publication of JPS6220325B2 publication Critical patent/JPS6220325B2/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E02HYDRAULIC ENGINEERING; FOUNDATIONS; SOIL SHIFTING
    • E02BHYDRAULIC ENGINEERING
    • E02B3/00Engineering works in connection with control or use of streams, rivers, coasts, or other marine sites; Sealings or joints for engineering works in general
    • E02B3/04Structures or apparatus for, or methods of, protecting banks, coasts, or harbours
    • E02B3/06Moles; Piers; Quays; Quay walls; Groynes; Breakwaters ; Wave dissipating walls; Quay equipment
    • E02B3/066Quays

Description

【発明の詳細な説明】 本発明は円筒状殻板を使用した所謂セル護岸の
構築法の改良に係るものである。
従来セル護岸は円筒状殻板(セル)1及び相隣
る円筒状殻板1,1を連結する一双の弧状板(ア
ーク)2を海底地盤3に貫入し、前記円筒状殻板
1内及び、相隣る同各殻板1,1と前記一双の弧
状板2,2との間隙に中詰4を施工するととも
に、前記各板1,2の背面に裏込5を施工して構
築されている。この構築工法は海底にマウンドを
施工する必要がないので、公害誘発の惧れがな
く、工期が短縮されるという利点を有する反面、
転倒外力の作用時に、構造上底部構造がないため
に中詰の抜出しを生起し、底付きの重力構造物に
比して安定性が悪く、また同様の理由によつて護
岸構造の前趾6に反力が集中する傾向があるが、
前記殻板は肉薄で剛性が低いため、強度上、また
変形上問題がある。叙上の欠点は海底地盤が粘性
土の場合、特に顕著に表われる。
本発明はこのような欠点を除去するために提案
されたものであつて、円筒状殻板を水底地盤内の
支持層まで貫入し、同水底地盤内における前記殻
板の内周面に沿う環状部分及び同殻板の下底面に
地盤固化材を注入固化せしめることを特徴とする
護岸構築法に係るものである。
本発明においては前記したように、円筒状殻板
を水底地盤内の支持層まで貫入し、同水底地盤に
おける前記円筒状殻板の内周面に沿う環状部分及
びその下底面にコンクリート等の地盤固化材を注
入固化せしめて、前記殻板の内周面及び下底面に
夫々同殻板と一体化された環状並に円盤状の固化
地盤を構成したので、肉薄の円筒状殻板がこれら
固化地盤によつて補強且つ補剛されるものであ
り、特に前記殻板の底部にこれと一体化された固
化底版が設けられることによつて、護岸前趾部の
強度が向上され、集中反力が低減されるものであ
る。更に前記固化底版によつて中詰の抜出しが防
止され、護岸構造全体の安定性の向上が図られ
る。
また本発明によれば、前記支持層が凹凸、若し
くは傾斜面を有する場合でも、前記円筒状殻板と
支持層との間の地盤に地盤固化材が注入され、同
地盤が固化されることによつて構造上の欠陥が防
止され、安定性の向上が図られるものである。
更に本発明によれば地盤改良区域が円筒状殻板
内に限定されるので海洋汚染が発生せず、公害を
誘発する惧れがない。
更にまた本発明によれば、海底地盤を広範囲に
亘つて地盤改良し、改良地盤上にマウンドを構築
してその上にケーソン等を設置する一般の重力式
構造に比して、地盤改良範囲が大幅に低減してコ
ストが節減され、工期が縮減される等、本発明は
多くの利点を有するものである。
以下本発明を図示の実施例について説明する。
円筒状殻板11を海底地盤12の支持層13ま
で貫入し、同海底地盤12における円筒状殻板1
1の内周面に沿う環状部及び下底面全面に亘つ
て、公知のセメント注入地盤改良工法によつてコ
ンクリートを注入固化せしめ、前記殻板11の内
周面に沿う環状固化地盤14A及び円盤状固化底
版14Bを構成し、しかるのち前記殻板11の天
端まで中詰15を施工し、以下前記同様の工程を
反覆して護岸として閉合し、しかるのち裏込16
を施工して護岸を構築するものである。(第3図
乃至第5図参照) なお円筒状殻板11とコンクリート固化地盤と
の一体化を図るため、第6図及び第7図に示すよ
うに、前記殻板11の内周面に同殻板11打込時
に障害とならないような突起17を突設してもよ
い。
第8図及び第9図は夫々支持層13が傾斜面ま
たは凹凸面になつている場合を示し、前記円筒状
殻板11と支持層13との間の地盤にコンクリー
トが注入固化されることによつて、前記殻板11
と支持層13とが一体化され、構造上の欠陥が除
去され、安定性が向上されるものである。
以上本発明を実施例について説明したが、本発
明は勿論このような実施例にだけ局限されるもの
ではなく、本発明の精神を逸脱しない範囲内で
種々の設計の改変が施されるものである。
【図面の簡単な説明】
第1図は従来のセル護岸の斜面図、第2図は第
1図の矢視−図、第3図は本発明の方法によ
つて構築された護岸構造の一実施例を示す縦断面
図、第4図及び第5図は夫々第3図の矢視−
図、並に矢視−図、第6図及び第7図は夫々
円筒状殻板の他の実施例を示す縦断面図並に横断
面図、第8図及び第9図は夫々本発明の方法によ
つて構築された護岸の他の実施例を示す縦断面図
である。 11……円筒状殻板、12……水底地盤、13
……支持層、14A……環状固化地盤、14B…
…固化底版。

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 1 円筒状殻板を水底地盤内の支持層まで貫入
    し、同水底地盤内における前記殻板の内周面に沿
    う環状部分及び同殻板の下底面に地盤固化材を注
    入固化せしめることを特徴とする護岸構築法。
JP10690081A 1981-07-10 1981-07-10 護岸構築法 Granted JPS5811210A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10690081A JPS5811210A (ja) 1981-07-10 1981-07-10 護岸構築法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10690081A JPS5811210A (ja) 1981-07-10 1981-07-10 護岸構築法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS5811210A JPS5811210A (ja) 1983-01-22
JPS6220325B2 true JPS6220325B2 (ja) 1987-05-06

Family

ID=14445331

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10690081A Granted JPS5811210A (ja) 1981-07-10 1981-07-10 護岸構築法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS5811210A (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4970019A (en) * 1988-10-27 1990-11-13 Fmc Corporation Particulate composition containing bleach and optical brightener and process for its manufacture

Also Published As

Publication number Publication date
JPS5811210A (ja) 1983-01-22

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4643617A (en) Method of creating offshore seabed mound
JPS6220325B2 (ja)
JPH0786225B2 (ja) 建物基礎地盤の改良法
JPH0713372B2 (ja) 砂質土層における構造物基礎の構築方法
GB1560703A (en) Marine walls
JPH02311613A (ja) 砂地盤の液状化防止工法
JP3502081B2 (ja) 護岸構造及び護岸施工方法、並びに護床構造及び護床施工方法
JPS5851092B2 (ja) 先行支保枠による土留設置工法
JP2003119750A (ja) 構造物の抗力構造体
JP3297096B2 (ja) 護岸部材
JPS621930A (ja) 地下建造物の基礎部の構造
JPH06346418A (ja) 上部に消波用スリットを有する水域矢板壁構造物
JP3100904B2 (ja) 基礎の施工方法
JP2556380B2 (ja) 護岸構造物の施工法
JPS5953404B2 (ja) 水中構造物のマウンド基礎施工法
JPS63134713A (ja) 連続壁による仮締切工法
JPH0751770B2 (ja) 建築用地盤改良工法
JP3808552B2 (ja) 水中ケーソン構築用型枠、水中ケーソン及びその構築方法
JPS622081B2 (ja)
JPS5931772Y2 (ja) 重力式構造物
JPH0751768B2 (ja) 建築用地盤改良工法
JPS6152288B2 (ja)
JPH11310911A (ja) フ―チングケ―ソン及びこのフ―チングケ―ソンの据付け方法
JPS6354860B2 (ja)
JPH0216817B2 (ja)