JPH02311613A - 砂地盤の液状化防止工法 - Google Patents

砂地盤の液状化防止工法

Info

Publication number
JPH02311613A
JPH02311613A JP13042189A JP13042189A JPH02311613A JP H02311613 A JPH02311613 A JP H02311613A JP 13042189 A JP13042189 A JP 13042189A JP 13042189 A JP13042189 A JP 13042189A JP H02311613 A JPH02311613 A JP H02311613A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
ground
liquefaction
sandy ground
earth
sand ground
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP13042189A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2791100B2 (ja
Inventor
Masakazu Yamada
雅一 山田
Ichiji Araki
一司 荒木
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sumitomo Cement Co Ltd
Original Assignee
Sumitomo Cement Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sumitomo Cement Co Ltd filed Critical Sumitomo Cement Co Ltd
Priority to JP1130421A priority Critical patent/JP2791100B2/ja
Publication of JPH02311613A publication Critical patent/JPH02311613A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2791100B2 publication Critical patent/JP2791100B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 「産業上の利用分野」 この発明は、地震動によって液状化する砂地盤中に、セ
メント系固化材を混合撹拌して原地盤土を化学的に固結
する砂地盤の液状化防止工法に関する。
「従来の技術」 従来、地震動によって液状化する可能性のある砂地盤を
改良する工法として、深層混合処理工法を用いた方法が
知られている。この工法は、液状化の対象となる地盤の
ほぼ全域に亙ってセメント系固化材を混合し、全域を固
結することにより液状化を防止する工法である。
「発明が解決しようとする課題」 しかしながら上記の工法にあっては、固結する範囲か広
くなることから、必要とするセメント系固化材のmが増
大してコストが高騰するとともに、施工にあたっての工
期ら長くなり非常に不経済であった。
「課題を解決するための手段」 そこでこの発明の砂地盤の液状化防止工法では、液状化
を防止しようとする地盤の周囲に、該地盤を囲んで壁状
の固結体を築造することにより上記課題を解決した。
「作用 」 この発明の砂地盤の液状化防止工法によれば、液状化の
可能性のある対象地盤を囲んで深層混合処理工法により
壁状の固結体を築造したので、該固結体の内側の未改良
地盤の剪断変形を抑制し得る。
「実施例」 以下、この発明を図面を利用して詳しく説明する。第1
図はこの発明の液状化防止工法を実施して得られた構造
の第1の例を示す図であって、第1図中符号lは砂地盤
である。この砂地盤1は地震動により液状化を起こすも
のであって、その上には構造物2が構築されている。と
ころで、このように砂地盤1の上に構造物2を構築する
には、構造物2を構築するに先立ち、あるいは構築後に
該構造物2の外周に沿って壁状に固結体を砂地盤l中に
形成する必要がある。
第1図中符号3は固結体であり、この固結体3は液状化
を防止しようとする地盤、すなわち構造物2の直下に位
置する砂地盤1aの周囲に、該砂地盤1aの四方を囲ん
で築造された壁状のものである。またこの固結体3は、
その上端が砂地盤1表面上に、下端が砂地盤lの下層に
ある粘性土地盤4上にまでそれぞれ到達するよう形成さ
れたもので、深層混合処理工法によって築造されたもの
である。
このような固結体3を築造するには、まず液状化を防止
しようとする砂地盤1aの周囲の砂地盤1に撹拌翼(図
示路)を貫入させ、セメント系固化材を送りながら所定
の深度に達するまで固化材と土を撹拌混合する。次に、
撹拌翼の引き抜き時には、固化材と土をより均一な混合
状態にするために一定速度で撹拌しながら、撹拌翼を引
き上げる。
このような工法により固結体3を築造すれば、固結体3
内部の未改良部分である砂地盤1aの剪断変形を抑制す
ることができ、よって地震動などに起因して砂地盤lが
液状化し、これにより構造物2が傾斜・沈下するなどの
被害を防止することができる。また、固結体3が、内側
の砂地盤1aと外側の砂地盤lを完全に遮断するために
、内側の砂地盤1aへの液状化による浸透流の流入を防
止できる。
第2図はこの発明の液状化防止工法を実施して得られた
構造の第2の例を示す図である。この第2の例は砂地盤
lが深い場合に適用されるもので、第2の例が第1図に
示した例と異なるところは、固結体3が構造物2の直下
に位置する砂地盤1aを囲んで有底の箱状に築造された
点である。
第2図に示した固結体5は、その底部5aが粘性土地盤
4の上方の砂地盤la中に形成されたもので、側壁部5
bは第1図に示した固結体3と同様に砂地盤1aの四方
を囲んで形成されたものである。また、底部5aも第1
図に示した固結体3と同様の工法によりプレート状に築
造される。。
このような固結体5にあっては、底部5aを設けたこと
により第1図に示した固結体3に比べてさらに剛性が増
加し、液状化防止効果が大きくなる。また、底部5aの
外側からの過剰間隙水圧の上昇による固結体5内部への
浸透流の流入を防止できる効果をさらに高めている。
第3図はこの発明の液状化防止工法を実施して得られた
構造の第3の例を示す図である。この第3の例は上記第
2の例と同様に砂地mllが深い場合に適用されるもの
で、第3の例が第2図に示した例と異なるところは、構
造物2の直下に位置する砂地盤la中に底部5aに代わ
って格子状の底盤6aを形成した点である。固結体6は
、第1図に示した固結体3と同様に砂地盤1aの周囲に
該砂地盤1aの四方を囲んで築造された壁状の側部6b
と、上記底盤6aとからなるもので、粘性土地盤4の上
方に形成されたものである。また、上記底盤6aは固結
体3と同様の工法によって形成されたものである。この
固結体6を築造するにあたっては、まず砂地盤la中の
所定の位置に格子状の底盤6aを深層混合処理工法によ
り形成し、次いで第1の例の場合と同様にして側部6b
を形成する。
このような固結体6にあっても、第2図に示した第2の
例と同様に、底盤6aを形成したことにより第1図に示
した固結体3に比べさらに剛性が増加し、液状化防止効
果が得られる。
第4図はこの発明の液状化防止工法を実施して得られた
構造の第4の例を示す図である。この第4の例は液状化
する砂地盤lがかなり深い位置にまで存在する場合に適
用されるもので、第4の例が第1図に示した例と異なる
ところは、固結体7を底部7aと側部7bとから有底の
箱状に形成し、かつこの箱内に底部7aと平行に仕切り
部7Cを形成した点である。底部7aは粘性土地盤4の
上方の砂地盤la中に形成配置されたもので、仕切り部
7cは砂地盤1aの適当な深度に形成配置されたもので
ある。この固結体7を築造するにあたっては、予め底部
7aと仕切り部7cとを第1の例の場合と同様の工法に
よってプレート状に形成し、その後側部7bを同様にし
て形成する。
この上うな固結体7にあっては、砂地盤la中に仕切り
部7cを形成したので、上記の例のものに比べて同等以
上の剛性が確保され、液状化防止効果が得られる。また
、底部7aからの過剰間隙水圧の上昇による固結体7内
部への浸透流の流入および砂地盤la中での水の動きが
抑えられることが効果をより高めている。
第5図はこの発明の液状化防止工法を実施して得られた
構造の第5の例を示す図である。この第5の例は上記第
4の例と同様に液状化する砂地盤1がかなり深い位置に
まで存在する場合に適用されるもので、第5の例が第4
図に示した例と異なるところは、固結体の側部8bが粘
性土地盤4の上に到達している点と、固結体の底部およ
び仕切り部に代わって砂地盤la中に格子状の底盤8a
および仕切り盤8cを形成した点である。この例にあっ
ても、第1の例の場合と同様の工法によって砂地盤la
中に底盤8aおよび仕切り盤8cを順次築造し、その後
砂地盤1aの周囲を囲んで壁状の側部8bを形成する。
このような固結体8にあっても、砂地盤la中に底盤8
aおよび仕切り盤8cを築造したので、第4の例のもの
と同様に剛性が増加し、液状化防止効果が得られる。
「発明の効果」 以上説明したようにこの発明の砂地盤の液状化防止工法
は、液状化を防止しようとする地盤の周囲に、該地盤を
囲んで壁状の固結体を築造するも動などに起因する地盤
の液状化を防止して該地盤上に形成された構造物の傾斜
・沈下などの被害を防止することができる。
【図面の簡単な説明】
第1図ないし第5図はいずれも本発明の液状化防止工法
を説明するための図であって、いずれも本発明によって
築造された固結体の概略構膚図である。 l・・・・・・砂地盤、 la・・・・・・液状化を防止しようとする砂地盤、2
・・・・・構造物、 3.5.6.7.8・・・・・・固結体、4・・・・・
・粘性土地盤。

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 地震動によって液状化する砂地盤中に、セメント系固化
    材を混合撹拌して原地盤土を原位置にて化学的に固結す
    る砂地盤の液状化防止工法において、 液状化を防止しようとする地盤の周囲に、該地盤を囲ん
    で壁状の固結体を築造することを特徴とする砂地盤の液
    状化防止工法。
JP1130421A 1989-05-24 1989-05-24 砂地盤の液状化防止工法 Expired - Fee Related JP2791100B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1130421A JP2791100B2 (ja) 1989-05-24 1989-05-24 砂地盤の液状化防止工法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1130421A JP2791100B2 (ja) 1989-05-24 1989-05-24 砂地盤の液状化防止工法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH02311613A true JPH02311613A (ja) 1990-12-27
JP2791100B2 JP2791100B2 (ja) 1998-08-27

Family

ID=15033849

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1130421A Expired - Fee Related JP2791100B2 (ja) 1989-05-24 1989-05-24 砂地盤の液状化防止工法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2791100B2 (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH06294137A (ja) * 1993-04-08 1994-10-21 Kajima Corp 液状化地盤における基礎構造
JP2000178984A (ja) * 1998-12-10 2000-06-27 Taisei Corp 液状化防止工法
JP2001355229A (ja) * 2000-06-13 2001-12-26 Takenaka Komuten Co Ltd 深層混合処理工法による格子状改良地盤における液状化防止のための格子間隔簡易算定法
JP2007023645A (ja) * 2005-07-19 2007-02-01 Railway Technical Res Inst 基礎構造及びその構築方法
JP2008038511A (ja) * 2006-08-08 2008-02-21 Taisei Corp 杭基礎補強構造および補強方法
JP2010112078A (ja) * 2008-11-06 2010-05-20 Ohbayashi Corp 地盤改良体及び地盤改良体の構築方法
JP2011038400A (ja) * 2010-10-19 2011-02-24 Railway Technical Res Inst 基礎構造及びその構築方法

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS615114A (ja) * 1984-06-20 1986-01-10 Takenaka Komuten Co Ltd 液状化防止地盤改良工法

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS615114A (ja) * 1984-06-20 1986-01-10 Takenaka Komuten Co Ltd 液状化防止地盤改良工法

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH06294137A (ja) * 1993-04-08 1994-10-21 Kajima Corp 液状化地盤における基礎構造
JP2000178984A (ja) * 1998-12-10 2000-06-27 Taisei Corp 液状化防止工法
JP2001355229A (ja) * 2000-06-13 2001-12-26 Takenaka Komuten Co Ltd 深層混合処理工法による格子状改良地盤における液状化防止のための格子間隔簡易算定法
JP2007023645A (ja) * 2005-07-19 2007-02-01 Railway Technical Res Inst 基礎構造及びその構築方法
JP4678675B2 (ja) * 2005-07-19 2011-04-27 財団法人鉄道総合技術研究所 基礎構造及びその構築方法
JP2008038511A (ja) * 2006-08-08 2008-02-21 Taisei Corp 杭基礎補強構造および補強方法
JP2010112078A (ja) * 2008-11-06 2010-05-20 Ohbayashi Corp 地盤改良体及び地盤改良体の構築方法
JP2011038400A (ja) * 2010-10-19 2011-02-24 Railway Technical Res Inst 基礎構造及びその構築方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP2791100B2 (ja) 1998-08-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH042734B2 (ja)
JPS615114A (ja) 液状化防止地盤改良工法
JPH02311613A (ja) 砂地盤の液状化防止工法
JPS63233120A (ja) 木造建築の基礎工法
JPH04124317A (ja) 建物基礎地盤の改良法
JPH0713372B2 (ja) 砂質土層における構造物基礎の構築方法
JP3214809B2 (ja) 法面施工における下地処理工法
JP2876471B2 (ja) 側方流動対策構造
JPH03103535A (ja) 建造物の液状化対策構造
JP2001115444A (ja) 地盤改良工法
JP2802815B2 (ja) 堤体構造
JPH0493430A (ja) 地中構造物の浮き上がり防止方法
JPH03233016A (ja) 地下構造体及びその構築方法
KR101601904B1 (ko) 압입식 기초 받침대 및 이를 이용한 시공방법
JPH02104823A (ja) 人工軽量土を用いた擁壁の施工方法
JPH0368965B2 (ja)
JP2603307B2 (ja) 連続地中壁上部の山留方法
JP2586288B2 (ja) 地盤改良体
JPH0462221A (ja) 裏込め注入工法
JPH01290817A (ja) 地盤改良工法
JPH10131209A (ja) 地盤液状化による地中構造物の変位防止工法
JPH03132522A (ja) 安定処理土による裏込盛土方法
JP3202595B2 (ja) 地盤改良用攪拌装置
JPH03191115A (ja) 地盤の埋め戻し工法
JP2021063351A (ja) 支持構造体

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees