JP2586288B2 - 地盤改良体 - Google Patents

地盤改良体

Info

Publication number
JP2586288B2
JP2586288B2 JP5076853A JP7685393A JP2586288B2 JP 2586288 B2 JP2586288 B2 JP 2586288B2 JP 5076853 A JP5076853 A JP 5076853A JP 7685393 A JP7685393 A JP 7685393A JP 2586288 B2 JP2586288 B2 JP 2586288B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
ground improvement
improvement body
ground
foundation
support layer
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP5076853A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH06287964A (ja
Inventor
敏行 吉松
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
KAJIMA CONSTRUCTION CORP
Original Assignee
KAJIMA CONSTRUCTION CORP
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by KAJIMA CONSTRUCTION CORP filed Critical KAJIMA CONSTRUCTION CORP
Priority to JP5076853A priority Critical patent/JP2586288B2/ja
Publication of JPH06287964A publication Critical patent/JPH06287964A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2586288B2 publication Critical patent/JP2586288B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は構築物基礎の直下の軟弱
地盤中に造成される地盤改良体に関するものである。
【0002】
【従来の技術】一般に、軟弱地盤は剪断破壊や側方流動
および圧密による地盤沈下などを起こす恐れがある。こ
のため、軟弱地盤上の構築物の基礎は、通常、支持杭工
法で確実に支持層に支持されている。
【0003】しかし、構築物の規模が比較的小さく軽量
であり、かつ、中間支持層が比較的浅い場所にある場
合、支持杭工法を採用すると杭の打設に要する費用が工
事費に占める割合が極めて大きくなり不経済である、と
の観点から基礎直下の軟弱地盤を固結して改良する工法
が採用される様になっている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】上記の地盤改良法では
所定面積内の軟弱地盤を同一深さまで固結させる工法が
殆どであり、支持力を高めようとすると、地盤改良部が
大面積となり、基礎に見合った面積内を固結させると支
持力が不足するという問題がある。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明は上記問題点を解
決するためになされたものであり、構築物基礎の直下の
軟弱地盤中に造成された地盤改良体であって、頭部から
下部に行くに従ってその水平断面積が徐々に大きくな
り、その下端が中間支持層で支持されていることを特徴
とする地盤改良体である。
【0006】本発明は、下記の考察順序の結果なされた
ものである。
【0007】(1)地盤改良中間支持層まで行う必要が
ある。
【0008】(2)中間支持層の地耐力はあまり大きい
値が期待できないので、中間支持層における荷重応力度
を比較的小さく押さえる必要がある。
【0009】(3)(2)の要求を満たすためには、地
盤改良部の水平断面積を大きくする必要がある。
【0010】(4)(1)の要求を満たし、かつ、
(3)の要求を満たすためには、地盤改良部の体積は相
当大きくなる。この体積を低減できないか。
【0011】(5)基礎にかかる鉛直荷重は、概ね、基
礎下から下方に向かって四方に拡散される。即ち、基礎
下から円錐台形状あるいは角錐台形状に拡散されると考
えられる。
【0012】(6)地盤改良部の形状を(5)の応力拡
散に合致させれば、改良地盤は基礎にかかる鉛直荷重を
十分支持でき、(1)〜(4)の要求を満たす。
【0013】
【実施例】以下、図面を参照しながら本発明について説
明する。
【0014】図1は、独立基礎用の地盤改良体を示すも
ので(a)は縦断面図、(b)は平面図である。地盤改
良体1の頭部の水平断面積は独立基礎2の水平断面積よ
りやや大きい程度であり、地盤改良体1の下部へ行くに
従って、その水平断面積は相似形状に大きくなる。そし
て、地盤改良体1の下端は中間支持層3によって支持さ
れる。地盤改良体1は深層混合攪拌処理工法により造成
される。深層混合攪拌処理工法とは地表より穿孔しなが
ら、地盤の土砂を攪拌し、硬化材を注入混合して土砂を
柱状に固結させて地盤を改良する工法である。本発明の
地盤改良体1の造成においては、穿孔して土砂を固結さ
せる必要がある深さの範囲で硬化材を注入混合して柱状
の固結体を形成し、それより浅い箇所では、硬化材を注
入混合しないという方法を必要な地盤面積にわたって必
要回数繰り返す。
【0015】地盤改良体1の頭部から下部へ水平断面積
の広がり具合は、載荷荷重、改良する地盤の深さ、地盤
の土質などによって決定される。
【0016】図1では水平断面が四角の地盤改良体1を
示したが、基礎の水平断面が円形であれば、円錐台形の
地盤改良体が造成される。
【0017】図1は、布基礎用の地盤改良体を示すもの
で(a)は縦断面図、(b)は平面図である。地盤改良
体1の頭部の水平断面積は布基礎2の水平断面積よりや
や大きい程度であり、地盤改良体1の下部へ行くに従っ
て、その水平面は2方向へ広がっている。そして、地盤
改良体1の下端は中間支持層3によって支持される。
【0018】布基礎用の場合もその造成法は独立基礎用
の場合と同じである。
【0019】
【発明の効果】地盤改良体の形状を台形とすることによ
り、造成工事の手間や原材料を低減することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】独立基礎用の地盤改良体を示し、(a)は縦断
面図、(b)は平面図である。
【図2】布基礎用の地盤改良体を示し、(a)は縦断面
図、(b)は平面図である。
【符号の説明】
1・・地盤改良体、2・・基礎、3・・中間支持層、4
・・柱、5・・壁

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 構築物基礎の直下の軟弱地盤中に造成さ
    れた地盤改良体であって、頭部から下部に行くに従って
    その水平断面積が徐々に大きくなり、その下端が中間支
    持層で支持されていることを特徴とする地盤改良体
JP5076853A 1993-04-02 1993-04-02 地盤改良体 Expired - Fee Related JP2586288B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5076853A JP2586288B2 (ja) 1993-04-02 1993-04-02 地盤改良体

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5076853A JP2586288B2 (ja) 1993-04-02 1993-04-02 地盤改良体

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06287964A JPH06287964A (ja) 1994-10-11
JP2586288B2 true JP2586288B2 (ja) 1997-02-26

Family

ID=13617216

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5076853A Expired - Fee Related JP2586288B2 (ja) 1993-04-02 1993-04-02 地盤改良体

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2586288B2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5669035A (en) * 1995-08-30 1997-09-16 Konica Corporation Apparatus for processing a silver halide photosensitive material

Also Published As

Publication number Publication date
JPH06287964A (ja) 1994-10-11

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6688815B2 (en) Lateral displacement pier and method of installing the same
US5320452A (en) Cast-in-place concrete pile and method of constructing the same in the ground
JP2003064657A (ja) 軟弱地盤改良工法
JP2645899B2 (ja) 固化工法を用いた高水平耐力基礎工法
JP2007113270A (ja) 基礎構造および基礎構造の施工方法
JP2586288B2 (ja) 地盤改良体
JP2002129584A (ja) 基礎構造
JP4699831B2 (ja) 杭基礎補強構造
JPH05302318A (ja) 砂礫地層及びそれに隣接する粘着地層を安定化する方法及び装置
JP3214809B2 (ja) 法面施工における下地処理工法
JP3127275B2 (ja) 杭の水平抵抗増加法
JPH08151629A (ja) 地盤の改良工法
JP4202548B2 (ja) 杭基礎
JP2003055986A (ja) 軟弱地盤上の建築用基礎構造及びその構築方法
JP3690485B2 (ja) 構造物の支持構造
JP3176530B2 (ja) 液状化対策工法
JPH0559717A (ja) 改良地盤部の構造
JP2527893B2 (ja) 既設基礎の補強方法
JPH0796776B2 (ja) 山留工法
JP2001115444A (ja) 地盤改良工法
JPH09158206A (ja) 構造体の免震構造
JP2942865B2 (ja) 杭式地盤改良工法
JP2724446B2 (ja) 2層型基礎構造用ブロック及び布設方法
JP4367814B2 (ja) 基礎構法
JP2927612B2 (ja) 基礎工法

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 19961008

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees