JPS60259576A - 自動車の後部車体構造 - Google Patents

自動車の後部車体構造

Info

Publication number
JPS60259576A
JPS60259576A JP59113901A JP11390184A JPS60259576A JP S60259576 A JPS60259576 A JP S60259576A JP 59113901 A JP59113901 A JP 59113901A JP 11390184 A JP11390184 A JP 11390184A JP S60259576 A JPS60259576 A JP S60259576A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
panel
vehicle body
joined
corner
striker
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP59113901A
Other languages
English (en)
Inventor
Yutaka Omura
裕 大村
Teruaki Tsukagoshi
塚越 照晃
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Subaru Corp
Nissan Motor Co Ltd
Original Assignee
Nissan Motor Co Ltd
Fuji Jukogyo KK
Fuji Heavy Industries Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nissan Motor Co Ltd, Fuji Jukogyo KK, Fuji Heavy Industries Ltd filed Critical Nissan Motor Co Ltd
Priority to JP59113901A priority Critical patent/JPS60259576A/ja
Publication of JPS60259576A publication Critical patent/JPS60259576A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B62LAND VEHICLES FOR TRAVELLING OTHERWISE THAN ON RAILS
    • B62DMOTOR VEHICLES; TRAILERS
    • B62D25/00Superstructure or monocoque structure sub-units; Parts or details thereof not otherwise provided for
    • B62D25/08Front or rear portions
    • B62D25/087Luggage compartments

Landscapes

  • Engineering & Computer Science (AREA)
  • Chemical & Material Sciences (AREA)
  • Combustion & Propulsion (AREA)
  • Transportation (AREA)
  • Mechanical Engineering (AREA)
  • Lock And Its Accessories (AREA)
  • Body Structure For Vehicles (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 本発明は自動車の後部車体構造の改良に関する。
〔従来技術とその問題点〕
一般に、自動車の車体後部に上方へ開口するバックドア
を備えた車両にあっては、従来よシ、第1図に示すよう
に、車体1のリア70ア2の後端部中央にストライカ3
を設け、ノくツクドア(図示せず)に設けられたロック
装置と噛合させてバックドアを車体に固定するようにし
たものか広く用いられている(例えば実開昭57−12
5681号公報参照)。即ち、リアフェンダアウタパネ
ル4とリアフェンダインナノくネル5とによシバツクピ
ラー6が形成され、このリアフェンダアウタバネll/
4は車体後方へ廻シ込んで折曲形成されており、その端
部においてリアフェンダコーナパネル7を介してリアパ
ネル8に接合されている。そして、該リアノくネル8の
上端フランジ部8aにはリアフロア2の端部2aが接合
されており、該リアフロア2の後端部にはリアパネルア
ッパレール9が配設され、このリアパネルアッパレール
9の端m9atiノくツクピラー6に至るように配設さ
れている。そして、上記リアフロア2の後端部中央には
、長方形状の凹部10が設けられておシ、この凹部10
内にストライカ3が装着されている。尚、図中符号11
はリアコンビネーションランプ取付用の孔部である。
ところで、バックドアの閉動作時、車両の悪路走行時、
もしくは、後方からの他の車両の追突時等に大きな荷重
が該ストライカ3に対して働ら〈場合があるが、上記の
ような衝撃荷重に充分に耐えるためには、ストライカ3
の取付部をレインフォース、プレース等によシ補強して
車体に強固に取付固定しておく必要が生じる。
しかしながら、このようにストライカ3の取付部をレイ
ンフォース等によシ補強した場合には、その分、車体重
量が増加してしまうと共に車体構造が複雑になシ、組立
作業が煩雑となって生産コストが嵩む、という不具合が
存していた。
また、大型の車種にあってはバックドアも大量に形成さ
れているためバックドア自体の荷重′71 も大きくな
6も(DChF)S /<7/ )”7閉時0保I 持
方やロック噛合強度を向上させるために二機のロック装
置と該ロック装置に対応する二つのストライカ3を夫々
、車体側とドア側とに設けているものもある。このよう
な大型の車両に装着される二つのストラ′イカ3の取付
部を夫々、レインフォースもしくはプレースによシ補強
するように構成した“場合には、車体重量が全体とに著
しく増加してしまう、という不具合をも有していた。
〔発明の目的〕
本発明はこのような従来の不具合に鑑みなされたもので
あって、その目的とするところは、バンクドアの閉動作
時、悪路走行時や車両の追突時にバックドアと車体との
噛合部に対して働らく荷重に対しても充分に耐えうると
共に構造が簡単であって車体重量が増加することのない
自動車の後部車体構造を提供することにある。
〔発明の構成〕
かかる目的達成のため本発−にあっては、自動車のルー
フ後端部に軸支され車体上方へ開口するバックドアを備
えると共にこのバンクドア 1と車体とを噛合固定する
ドアロック装置及びストライカを有する自動車の後部車
体構造において、車体後部で巾方向に延びるリアパネル
に対し車体前方よシリアフェンダインナパネルを略直角
に接合し、その結合部位上方部に、上記ドアロック装置
またはストライカを夫々配設したものである。
〔発明の実施例〕
以下、添付図面に示す実施例に基づき本発明の詳細な説
明する。
第2図に示すように、車体1の後部においてリア7エン
ダアウタパネル4とリアフェンダインナパネル5とによ
シ形成されたリアフェンダ12の後端部には、リアフェ
ンダアウタパネル4とリアフェンダインナパネル5とに
よりバックピラー13が形成されている。そして、上記
リアフェンダアウタパネル4には車体1の後端部におい
て形成された折曲フランジ部14を介してリアフェンダ
コーナパネル15が接合され、車体1のリアコーナ部1
6が形成されておシ、このリアフェンダコーナパネル1
5には第一のリアコンビネーションランプの取付孔17
が開設されている。
該リアフェンダコーナパネル15の車体中央側部に形成
されたフランジ部18にはリアアッパパネル19が接合
されておシ、この、リアアッパパネル19には同様に第
二のリアコンビネーションランプの取付孔20が開設さ
れている。また、該リアアッハハネル19及ヒリア7エ
ンダコーナパネル15は−その下端部に形成された折曲
フランジ部21゜22によシフロアパネル23の後端部
上面23&に接合されておシ、また、リアアッパパネル
19と同二面上に取付けられるリアロアパネル24は折
曲フランジ部25によシフロアパネル23の後端部下面
23bに接合されることにより車体1のリアエンド部2
6が形成されている。一方、第3図に示すように、リア
フェンダインナパネル5の上端部に形成された折曲フラ
ンジ部27とリアフェンダコーナパネル15及びリアア
ッパパネル19の上端部に形成された折曲フランジ部2
8とにまたがった形で、断面略コ字状のリアパネルアッ
パレール29が折曲フランジ29eによシ装着されてい
る。このリアパネルアッパレール29は第2図に示すよ
うに、上端部29aがバックピラー15の下端部15a
においてリアフェンダインナパネル5に接合され、また
下端部29bが第二のリアコンビネーションランプの取
付孔20の側方車体中央寄シでフロアパネル23に接合
されることによシ、車体−膜面と略同−面となるように
取付けられている。また上記フロアパネル23の後端部
23cは車体下方へ折曲形成され、上記のように、リア
アッパパネル19とリアロアパネル24とに接合されて
おシ、該フロアパネル23の下面には断面り字状のリア
クロスメンバー30が装着されている。一方、第4図に
示すように、リアフェンダインナパネル5の端部5aは
、上記リアフェンダコーナパネル15とリアアッパパネ
ル19との接合部18に接合固定されておシ、リアフェ
ンダインナパネル5はリアフェンダコーナパネル15及
1 びリアアッパパネル19に対して略直角に結合され
ている。そして、第2図及び第3図に示すよウニ、リア
パネルアッパレール29における上記リアフェンダコー
ナパネル15とリアアッパパネル19及びリアフェンダ
インナパネル5との接合部31の上方部位にはバックド
ア(図示せず)に装備されたロック機構と噛合するスト
ライカ32が車体1の巾方向両側部に夫々取付けられて
いる。即ち、当該部位においてリアパネルアッパレール
29は、その上面部29c及び側面部29dが切欠かれ
て長方形状の孔部33が開設されておシ、その内部にお
いてストライカ32唸チヤンネル状ノヘース部材34に
よシリアパネルアッパレール29に固定されている。
従って、本実施例に係る自動車の後部車体構造にあって
は、ストライカ32が、車体1のリアエンド部26を形
成する、リアアッパパネル19及びリアフェンダコーナ
パネル15とリアフェンダインナパネル5との接合部3
1の上方部位に装着されておシ、車体1の後方から他の
車両が追突したような場合であっても、リアフェンダコ
ー+2.え#15.: ’)アア7 /< z:$ /
l/ 19よ。□エ )対してリアフェンダインナパネ
ル5が略直角に結合されているため、追突した場合にス
トライカ32に対し車体1前方に向って働らく衝撃荷重
をリアフェンダインナパネル5が受けとめることとなる
。従って、リアアッパパネル19とリアフェンダコーナ
パネル15との接合面が追突時に車体1の前方向に倒れ
てしまうことがなくなシ、その結果、ストライカ32と
噛合しているバックドアのロック装置のロック状態が解
除し、バックドアが開いてしまう、という事態を防止す
ることができる。
また、本実施例に係る自動車の後部車体構造にあっては
、リアアッパパネル19、リアフェンダコーナパネル1
5及びリアアッパパネル19とリアフェンターコーナパ
ネル15とに対して直角に接合されたリアフェンダイン
ナパネル5とが一体となシ、接合部31の上方において
リアパネルアッパレール29内に装着されたストライカ
32を支持するように構成しており、バックドア閉動作
時や悪路走行時に、ストライカ32に対して車体1の上
下方向に働らく荷重に充分に耐えうるものである。
さらに、本実施例に係る自動車の後部車体構造にあって
は、車体1の両側部に夫々、ストライカ32が設けられ
ているため、大型車両における大型のバックドアであっ
ても荷重を分散支持でき、確実に開閉動作を行なうこと
ができる。
ダコーナバネル15との接合部18に至るまで一体に形
成されている場合を例に採9説明したが、本実施例に限
定されず、第5図に示すように、バンクビラ13の下方
部においてコンビネーションランプの収納部35のみを
別体に形成したものであっても良い。この場合には、リ
アノ(ネルアッパレール29の折曲フランジ部29eと
接合するフランジ部27をプレス成型によシ容易に作成
できる。また、バンクドア側にストライカを設け、車体
側にドアロック装置を設けても良い。
〔発明の効果〕
本発明は以上のような構成を有することから、パンクド
アの閉動作時、悪路走行時にストライカに対して働らく
荷重に充分に耐えることができると共に車両の追突時に
働らく荷重によるリアパネルの前倒れを防止でき、ドア
ロック装置あるいはストライカを常に強固に支持するこ
とができる。また、本発明にあっては、何らレインフォ
ース、プレース等によシ車体を補強することなく、支持
強度の高い車体パネルの接合部位にストライカを装着し
ているため、車体重量が著しく増加することがなく、一
方で、車体構造も複雑にならず組立作業も容易であシ、
生産コストを低減することができる、という効果を奏す
る。
【図面の簡単な説明】
第1図は従来のバックドアを備えた車両のバンクドアを
開放した状態を示す一部切欠斜視図、第2図は本発明の
一実施例に係る自動車の後部車体構造を備えた車両のバ
ックドアを開放した状態を示す一部切欠斜視図、第3図
は第2図のl−1線断面図、第4図は第2図のmV−m
V線断面図、第5図は本発明の他の実施例を示す矢視図
である。 1・・・車体 5・・・リアフェンダインナパネル 19・・・リアパネル(リアアッパパネル)31・・・
結合部位 32・・・ストライカ 特許出願人 日量自動車株式、会社 同 出願人 富士重工業株式会社 第1図 只 1[2図 3 第3図 第1図 第S図 どt 35

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 自動車のルーフ後端部に軸支され車体上方へ開口するバ
    ンクドアを備えると共にこのバンクドアと車体とを噛合
    固定するドアロック装置及びスト2イカを有する自動車
    の後部車体構造において、車体後部で幅方向に延びるリ
    アパネルに対し車体前方よシリアフェンダインナパネル
    を略直角に接合し、その結合部位上部に、上記ドアロッ
    ク装置又はストライカを夫々配設したことを特徴とする
    自動車の後部車体構造。
JP59113901A 1984-06-05 1984-06-05 自動車の後部車体構造 Pending JPS60259576A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP59113901A JPS60259576A (ja) 1984-06-05 1984-06-05 自動車の後部車体構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP59113901A JPS60259576A (ja) 1984-06-05 1984-06-05 自動車の後部車体構造

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPS60259576A true JPS60259576A (ja) 1985-12-21

Family

ID=14623995

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP59113901A Pending JPS60259576A (ja) 1984-06-05 1984-06-05 自動車の後部車体構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS60259576A (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS63108871U (ja) * 1987-01-07 1988-07-13
KR100457110B1 (ko) * 2002-09-18 2004-11-12 현대자동차주식회사 테일게이트가 구비된 차량의 리어바디 결합구조
US20100314908A1 (en) * 2009-06-10 2010-12-16 Wood Jr Robert Lee Cab frame beltline member
EP2415655A1 (en) * 2010-08-03 2012-02-08 Honda Motor Co., Ltd. Vehicle body rear part structure
CN106167051A (zh) * 2015-05-21 2016-11-30 铃木株式会社 车辆的后部构造
WO2022243615A1 (fr) * 2021-05-21 2022-11-24 Psa Automobiles Sa Système de reprise d'effort sur une partie basse arrière d'un véhicule automobile

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS63108871U (ja) * 1987-01-07 1988-07-13
KR100457110B1 (ko) * 2002-09-18 2004-11-12 현대자동차주식회사 테일게이트가 구비된 차량의 리어바디 결합구조
US20100314908A1 (en) * 2009-06-10 2010-12-16 Wood Jr Robert Lee Cab frame beltline member
EP2415655A1 (en) * 2010-08-03 2012-02-08 Honda Motor Co., Ltd. Vehicle body rear part structure
CN106167051A (zh) * 2015-05-21 2016-11-30 铃木株式会社 车辆的后部构造
CN106167051B (zh) * 2015-05-21 2019-08-20 铃木株式会社 车辆的后部构造
WO2022243615A1 (fr) * 2021-05-21 2022-11-24 Psa Automobiles Sa Système de reprise d'effort sur une partie basse arrière d'un véhicule automobile
FR3123038A1 (fr) * 2021-05-21 2022-11-25 Psa Automobiles Sa Système de reprise d’effort sur une partie basse arrière d’un véhicule automobile

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4385582B2 (ja) 車両のサイドドア構造
US6332641B1 (en) Side door structure for vehicle
US20030006625A1 (en) Door structure for vehicle
CN1772548A (zh) 车辆的后部车体结构
JPH01182120A (ja) 自動車の後部開閉体構造
JP3253864B2 (ja) 車両のテールゲート補強構造
JP2820951B2 (ja) 車両の後部車体構造
JPS60259576A (ja) 自動車の後部車体構造
JP2000318645A (ja) 車体構造
JP3173539B2 (ja) 自動車のセンタピラー補強構造
JP3182970B2 (ja) 自動車の車体の構造
JP3253494B2 (ja) 自動車
JPS5881867A (ja) 自動車の車体構造
JPH082438A (ja) 自動車の車体側部構造
JP2004130962A (ja) 車両のサイドドアのラッチ取付け構造
JP3140511B2 (ja) 自動車の後部車体構造
JP4013723B2 (ja) 車両用サイドドアの衝撃吸収構造
JP3846394B2 (ja) 車両用ドア構造
JP3223627B2 (ja) 自動車のバックドアの補強構造
JP2918736B2 (ja) 自動車の車体下部構造
JPH06320955A (ja) 車両のドア構造
JP4114454B2 (ja) 車両のサイドドア構造
WO2018101197A1 (ja) 車両用バックドアインナパネル
JPH0648065Y2 (ja) 産業車両用スチールキャビンのフロントピラー周辺構造
CN217623078U (zh) 汽车铰链安装加强板