JPS5952148B2 - 工事用エレベ−タの据付工法 - Google Patents

工事用エレベ−タの据付工法

Info

Publication number
JPS5952148B2
JPS5952148B2 JP55114518A JP11451880A JPS5952148B2 JP S5952148 B2 JPS5952148 B2 JP S5952148B2 JP 55114518 A JP55114518 A JP 55114518A JP 11451880 A JP11451880 A JP 11451880A JP S5952148 B2 JPS5952148 B2 JP S5952148B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
rope
machine room
counterweight
elevator
construction
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired
Application number
JP55114518A
Other languages
English (en)
Other versions
JPS5738283A (en
Inventor
勝 揚野
和久 古市
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Fujitec Co Ltd
Original Assignee
Fujitec Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujitec Co Ltd filed Critical Fujitec Co Ltd
Priority to JP55114518A priority Critical patent/JPS5952148B2/ja
Publication of JPS5738283A publication Critical patent/JPS5738283A/ja
Publication of JPS5952148B2 publication Critical patent/JPS5952148B2/ja
Expired legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Conveying And Assembling Of Building Elements In Situ (AREA)
  • Types And Forms Of Lifts (AREA)
  • Lift-Guide Devices, And Elevator Ropes And Cables (AREA)

Description

【発明の詳細な説明】 本発明は、建築工事が下層から上層に順次移っていく過
程に合わせて、機械室を順次上方に移動させていく移動
機械室形エレベータにおいて、機械室の上方への移動時
すなわちエレベータ昇降路行程延長時の工法に関するも
ので、更に詳細には巻上ロープの繰り出し方法に関する
近年、高層ビル建築技術の発達は目ざましく、これに伴
って建築工事の効率向上のため建築工事の進行過程に合
わせ、昇降路に段階的に機械室を仮設し、この仮設機械
室にてかごを運転し、昇降路等の工事を行なう工事用エ
レベータが多く用い;られている。
この場合仮設機械室の上方への移動の都度、前工程に要
した巻上ロープ(以下、単にロープという)を廃棄し、
新たに必要昇降行程骨のロープをセットしていたのでは
、作業能率が低下するばかりでなくロープが無駄になる
ため、予め最終行程に必要な長さのロープを巻取ってお
く巻取装置と、ロープ繰り出し装置とを設え、機械室の
上方への移動と共に順次ロープを繰り出す方法が一般に
とられている。
第1図及び第2図により一般的な工事用エレベータの構
成と機械室移動時のロープ繰り出し方法を説明する。
建築物受梁1上に支持された仮設の機械室2にはロープ
繰り出し装置3、ロープ巻取り装置4、巻上装置5及び
それら車6が、また上部には吊り上げフック7が設けら
れている。
ここでロープ繰り出し装置3はエレベータのサービス運
転時にはロープ8を保持してロープ8の繰り出しを阻止
し、機械室2の上方への移動時には保持力を緩めてロー
プ8を繰り出し得る構造となっている。
ロープ8はロープ巻取装置4より、ロープ□繰り出し装
置3を経て釣り合い錘11のシーブ12、そらせ車6、
巻上装置5、かご9のシーブ10へと掛は渡され、他端
が機械室2に到っている。
13はバッファである。以上の構成において建築工事が
進行し、機械室12を距離Aだけ上昇させる場合には、
第1図に示すようにまずかご9を機械室2の下部にチェ
ーンブロック14等で吊り下げ、一方釣り合い錘11は
ピット下部まで下げて固定する。
次にロープ繰り出し装置3を調整してロープ8の保持力
を緩め、且つロープ巻取り装置4を回転可能とする。
しかる後機械室2並びにこれに吊り下げられたかご9を
タワークレーン15等によりフック7を介して吊り上げ
る。
この場合ロープ繰り出し装置3によるロープ8の保持力
をロープ8が自重で落下しない程度の値に保つと、タワ
ークレーン15に過大な負荷を与えることなくロープ8
はロープ巻取り装置4より機械室2の移動に応じて自動
的に。
繰り出されることになる。
機械室2の移動後は第2図に示すように受梁16に機械
室2を建物に固定し、次にロープ繰り出し装置3を復旧
してロープ8を保持し、チェーンブロック14を徐々に
緩めて取り除き機械室2の移動作業を完了する。
ところで上記のような方法によると、機械室2の移動と
ロー18の繰り出しが同時に行なわれることになるが、
一般に建築用タワークレーン15の巻上速度は早く、ま
たタワークレーン15の操作者はロープ8の繰り出し状
況を直接確認するこ。
とが困難であるため、例えばロープ繰り出し装置3に何
らかの異常が生じてロープ8が拘束されたり、或いはロ
ー18が必要以上に繰り出されて他の機器に巻付くこと
などが考えられ、非常に大きな危険と困難とを伴うもの
であった。
本発明はこうした点に注目しなされたもので、機械室2
の移動作業とロープの繰り出し作業とを別々に行なうこ
とができ、従って機拡室2内でロープ8の繰り出し状況
を確認しながら操作できる、安全でしかも効率のよいロ
ープ繰り出し方法を提供するものである。
以下本発明によるロープ繰り出し方法の手順を第3図乃
至第6図により説明する。
まず第3図に示す如く、かご9をチェーンブロック14
等により機械室2の下部に吊り下げた状態で、タワーク
レーン15により吊り上げフック7を介して機械室2を
かご9、釣り合い錘11と共に一体で吊り上げる。
この時ロープ繰り出し装置3はロープ8を保持し、ロー
プ8を繰り出し得ない状態となっている。
機械室2を所定の位置まで吊り上げた後は第4図に示す
如く、受梁16により機械室2を建築物に固定し、その
後チェーンブロック14を徐々に緩めて取り除く。
次に第5図に示す如く釣り合い錘11を受梁17により
建築物に固定した後、ロープ繰り出し装置3を調整して
ロープ8の保持力を適宜緩める。
この時巻上装置5は通常エレベータの休止時にはブレー
キ装置(図示せず)により拘束された状態となっている
ため、かご9は落下することなく破線で示した元の位置
を保つことになる。
この状態により巻上装置5のブレーキ装置を手動により
徐々に緩めると巻上装置5が回転可能となり、かご9の
重量がロープ繰り出し装置3のロープ保持力を上回って
ロープ8がロープ巻取り装置4より繰り出されることに
なる。
このように巻上装置5のブレーキ装置の操作により、第
6図に示す如くかご9を所定の位置まで吊り下げた後、
ロープ繰り出し装置3を復旧してロープ8を保持し、ロ
ープ8が繰り出し得ない状態であることを確認して、釣
り合い錘11を固定している受梁17を取り外しロープ
8の繰り出し作業を完了する。
以上のように本発明によれば機械室2の移動ロープ8の
繰り出し作業とは別々に行なうことができ、しかもロー
プ8の繰り出し作業は巻上装置5のブレーキ操作による
ため、ロープ8の繰り出し及び停止を簡単な操作で肩山
に行なうことができ、且つロープ8の繰り出し状況を直
接監視しながら行なえるので、非常に安全でしかも効率
のよいロープ繰り出し方法を提供できる。
なお上記の実施例において、かご9と釣り合い錘11と
を入れ替えても同様の手順、方法で実施が可能である。
【図面の簡単な説明】
第1図は工事用エレベータの一例を示す全体図、第2図
は第1図の機械室上昇後を示す図、第3図乃至第6図は
本発明によるロープ繰り出し方法の手順を示す図。 1.16,17・・・・・・受梁、2・・・・・・機械
室、3・・・・・・ロープ繰り出し装置、4・・・・・
・ロープ巻取り装置、5・・・・・・巻上装置、8・・
・・・・巻上ロープ、9・・・・・・かご、11・・・
・・・釣り合い錘、14・・・・・・チェーンブロック
、15・・・・・・タワークレーン。

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 1 巻上装置と、該巻上装置に巻掛けられたロープによ
    りつるべ状に吊り下げられたかご及び釣り合い錘と、前
    記ロープの一端に該ロープの繰り出し及び保持を行なう
    ためのロープ繰り出し装置と該ロープの余剰部分を巻取
    っておくロープ巻取り装置とを備え、建築工事進行過程
    に応じて機械室を段階的に昇降路の上方へ移設し、昇降
    行程を順次延長してエレベータのサービスを行なう工事
    用エレベータにおいて、前記機械室の上方への移動は、
    前記ロープを前記ロープ繰り出し装置で保持した状態で
    、前記かご、前記釣り合い錘とともに一体で届す上げる
    ことにより行ない、前記機械室の移設後、前記かご或い
    は前記釣り合い錘のいずれか一方を昇降路内に固定し、
    前記ロープ繰り出し装置の保持力を緩め、その後前記巻
    上装置のブレーキ操作により前記ロープ巻取り装置から
    ロープを繰り出し、昇降行程を延長するようにしたこと
    を特徴とする工事用エレベータの据付工法。
JP55114518A 1980-08-19 1980-08-19 工事用エレベ−タの据付工法 Expired JPS5952148B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP55114518A JPS5952148B2 (ja) 1980-08-19 1980-08-19 工事用エレベ−タの据付工法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP55114518A JPS5952148B2 (ja) 1980-08-19 1980-08-19 工事用エレベ−タの据付工法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS5738283A JPS5738283A (en) 1982-03-02
JPS5952148B2 true JPS5952148B2 (ja) 1984-12-18

Family

ID=14639752

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP55114518A Expired JPS5952148B2 (ja) 1980-08-19 1980-08-19 工事用エレベ−タの据付工法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS5952148B2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS59211459A (ja) * 1983-05-17 1984-11-30 帝人株式会社 血液処理器の滅菌方法

Also Published As

Publication number Publication date
JPS5738283A (en) 1982-03-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH07100582B2 (ja) エレベータの作業プラットホーム及びエレベータの据付方法
JPH0829904B2 (ja) エレベータの据付工法
JP6969686B2 (ja) 工事用エレベーターの揚程延長方法
JPS5935822B2 (ja) 工事用エレベ−タの据付工法
JPS5952148B2 (ja) 工事用エレベ−タの据付工法
JP2001114484A (ja) エレベーター主索の吊設工法
JPH09278325A (ja) 工事用エレベーターの上昇移動方法及び工事用エレベーター装置
JPS5934633B2 (ja) 工事用エレベ−タの据付工法
JP5841929B2 (ja) エレベーターの主ロープ交換方法
JPS5935821B2 (ja) 工事用エレベ−タの据付工法
JP2001097648A (ja) エレベータの乗客救出方法
JPS5918309B2 (ja) 移動機械室式エレベ−タの据付工法
JPH05262475A (ja) エレベータの据付工法
JP2815251B2 (ja) エレベータの主索交換方法
JPH02300081A (ja) エレベータの据付工法
JPH05201648A (ja) エレベータの据付方法
JPS6026051Y2 (ja) 工事用エレベ−タの機械室
JPH07133085A (ja) エレベータの主索交換方法
JP2549726Y2 (ja) 建設用リフト
JPH01181689A (ja) エレベータ用ロープの取替え方法
JP2612258B2 (ja) エレベータ据付工事工法
JPH02300082A (ja) エレベータの据付工法
JPH0470235B2 (ja)
JP3035099B2 (ja) エレベータの主索交換方法
JPH0747453B2 (ja) エレベータの据付工法