JPH02300081A - エレベータの据付工法 - Google Patents

エレベータの据付工法

Info

Publication number
JPH02300081A
JPH02300081A JP11726789A JP11726789A JPH02300081A JP H02300081 A JPH02300081 A JP H02300081A JP 11726789 A JP11726789 A JP 11726789A JP 11726789 A JP11726789 A JP 11726789A JP H02300081 A JPH02300081 A JP H02300081A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
gondola
wire rope
wind
receiving stand
machine receiving
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP11726789A
Other languages
English (en)
Inventor
Hiroshi Ikeda
弘 池田
Akio Komaba
駒場 章雄
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Mitsubishi Electric Corp
Original Assignee
Mitsubishi Electric Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsubishi Electric Corp filed Critical Mitsubishi Electric Corp
Priority to JP11726789A priority Critical patent/JPH02300081A/ja
Publication of JPH02300081A publication Critical patent/JPH02300081A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Lift-Guide Devices, And Elevator Ropes And Cables (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 [産業上の利用分野] 本発明は、エレベータの据付工事において、建築工事の
進捗状況に合わせてエレベータの据付工事用の機械受台
を移動させるためのエレベータの据付工法に関するもの
である。
[従来の技術] 高層ビルディングにおけるエレベータの据付工事は、建
築工事の効率向上のため鉄骨の建方が例えば2分の1程
度完了したときに、昇降路に巻上装置等を備えた機械室
を仮設し、これに作業用のゴンドラやかご(以下ゴンド
ラという)、バランサ等を付設し、ゴンドラを昇降させ
て昇降路等の工事を行ない、下層階の工事が完了したと
きは昇降路内で機械室を上層階に移動し、工事を再開す
る。
このような機械受台の移動を伴なうエレベータの据付工
法として、例えば特公昭59−34833号公報に開示
された発明がある。この発明は、機械室を上方へ移動さ
せるにあたり、先ずかごをチェンブロック等により機械
室に吊下げると共に、釣り合い錘りを受は梁等により建
築物に固定する。ついで、ローブ繰出し装置を調整して
ローブの保持力を緩め、ローブ巻取り装置によりローブ
を所定量繰出したのち、最上階に設置したタワークレー
ンで機械室を吊上げ、所定の階に仮設するようにしたも
のである。
[発明が解決しようとする課8] 上記のようなエレベータの据付工事において、機械室の
移動にはすべて最上階に設置したタワークレーンを使用
しなければならないが、例えば建築作業に使用している
タワークレーンを利用する場合は、建築作業に割り込ま
なければならないので調整が面倒であり、待ち時間等を
含めて工期が長くなり易い。特に、建築用タワークレー
ンが設置されていない建築現場では、エレベータの据付
工事ができないという問題がある。
なお、このようなエレベータの据付工法として、特公昭
59−35821号、公報59−35822号公報等に
開示された発明があるが、これらは何れもタワークレー
ンによって機械室を移動しており、やはり上記の問題は
避けられなかった。
本発明は、上記の課題を解決すべくなされたもので、タ
ワークレーンを必要とせず、ゴンドラ等の巻上装置を利
用することにより、容易かつ短時間で機械受台を移動す
ることのできるエレベータの据付工法を得ることを目的
とした゛ものである。
[課題を解決するための手段] 本発明に係るエレベータの据付工法は、巻上用ワイヤロ
ープが掛けられたゴンドラを吊り用ワイヤロープで機械
受台に懸垂して巻上用ワイヤロープを外し、この巻上用
ワイヤロープを上層階の昇降路上に設けた返し車を介し
て機械受台に取付け、巻上装置により機械受台を移動さ
せるようにしたものである。
[実施例] 第1図〜第4図は本発明に係るエレベータの据付工法の
実施例を説明するための模式図である。
第1図において、(1)は鉄骨の建方が完了した建造物
、(1a)はその上層の建築予定建造物、(2)はエレ
ベータの昇降路である。(3) 、(3a)は建築用の
受梁で、両受梁間には昇降路(2)を横断して機械受台
(4)が据付けられている。(5)は駆動装置(6)と
胴巻式の巻上機(7)とからなる巻上装置、(8)はゴ
ンドラで、巻上機(7)から繰出された巻上用ワイヤロ
ープ(10)は、ゴンドラ(8)に設けた滑車(9)を
介して機械受台(4)に固定されている。
(12)は昇降路(2)の底部に設けたバッファである
このように、機械受台(4)を建造物(1)に据付けた
のち、駆動装置(6)により巻上機(7)を駆動し、ゴ
ンドラ(8)を昇降させて下層階の昇降路等の工事を行
なう。
下層階の工事が終ったときは、第2図に示すように上層
階の昇降路(2)に返し車(14) 、 (14a)を
備えた梁(13)を設置し、ついで、チェンブロック等
を使用してゴンドラ(8)を吊り、吊り用ワイヤロープ
(15)によりゴンドラ(8)を機械受台(4)に懸垂
する。次に、巻上用ワイヤロープ(lO)をゴンドラ(
8)から取外して返し車(14) 、 (14a)に掛
け、先端部を機械受台(4)のワイヤロープ止め(11
)に取付ける。
この状態で遠隔装置により巻上装置(5)を駆動して巻
上用ワイヤロープ(10)を巻取れば、第3図に示すよ
うに機械受台(4)はゴンドラ(8)を吊り下げた状態
で上昇する。
機械受台(4)が所定の階層付近に達したときは、第4
図に示すようにその階層の受梁(3) 、(3a)間に
機械受台(4)を据付ける。ついで、ゴンドラ(8)を
チェンブロック等で吊って吊り用ワイヤロープ(15)
を外すと共に、巻上用ワイヤロープ(10)を返し車(
14)、 (14a)から外してゴンドラ(8)の滑車
(9)を介して機械受台(4)に固定し、チェンブロッ
ク等を外して巻上用ワイヤロープ(10)によりゴンド
ラ(8)を吊り下げる。なお、状況によってはチェンブ
ロック等によるゴンドラ(8)の吊り下げを省略し、巻
上用ワイヤロープ(10)を直接ゴンドラ(8)の滑車
(9)に掛けて、吊り用ワイヤロープ(15)を外して
もよい。
このようにして機械受台(4)を順次上層階に移動させ
、昇降路(2)等の工事を行なう。
上記の実施例では、建造物を建設する際に本発明を実施
した場合を示したが、建造物を解体する際にも本発明を
実施することができる。また、上記の実施例では2:1
のロービングの場合を示したが、1:1,3:1等のロ
ービングの場合にも本発明を実施することができる。
なお、説明では省略したが、機械受台には移動時のバラ
ンスを考慮してバランサが設けられている。
[発明の効果] 以上の説明から明らかなように、本発明はゴンドラを移
動させる巻上装置を利用して、機械受台及びこれに設置
された巻上装置、ゴンドラ等を一体的に移動させるよう
にしたので、タワークレーン等の揚重機を必要とせず、
このため作業が容易かつ安全で、作業時間を大幅に短縮
できる等、実施による効果大である。
【図面の簡単な説明】
第1図〜第4図は本発明の詳細な説明るための模式図で
ある。 図において、(1)は建造物、(2)は昇降路、(3)
 、 (3a)は受梁、(4)は機械受台、(5)は巻
上装置、(8)はゴンドラ、(10)は巻上用ワイヤロ
ープ、(14) 、(14a)は返し車、(15)は吊
り用ワイヤロープである。なお、図中、同一符号は同−
又は相当部分を示す。

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 巻上装置を備え、ゴンドラ等が付設された機械受台を建
    築工事の進捗状況に合わせて昇降路内を移動させ、該昇
    降路等の工事を行なう工法において、 上記ゴンドラを吊り用ワイヤロープで上記機械受台に懸
    垂して巻上用ワイヤロープを外し、該巻上用ワイヤロー
    プを上層階の昇降路上に設けた返し車を介して上記機械
    受台に取付け、上記巻上装置により上記機械受台を移動
    させることを特徴とするエレベータの据付工法。
JP11726789A 1989-05-12 1989-05-12 エレベータの据付工法 Pending JPH02300081A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11726789A JPH02300081A (ja) 1989-05-12 1989-05-12 エレベータの据付工法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11726789A JPH02300081A (ja) 1989-05-12 1989-05-12 エレベータの据付工法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH02300081A true JPH02300081A (ja) 1990-12-12

Family

ID=14707529

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11726789A Pending JPH02300081A (ja) 1989-05-12 1989-05-12 エレベータの据付工法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH02300081A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2010136636A1 (en) * 2009-05-28 2010-12-02 Kone Corporation Method for installing the hoisting roping of an elevator
EP2403795A1 (en) * 2009-03-06 2012-01-11 Kone Corporation Elevator arrangement and method
US20160060078A1 (en) * 2014-09-03 2016-03-03 Kone Corporation Guide rail installation arrangement and a method for installing guide rails

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP2403795A1 (en) * 2009-03-06 2012-01-11 Kone Corporation Elevator arrangement and method
EP2403795A4 (en) * 2009-03-06 2014-07-23 Kone Corp ELEVATOR ARRANGEMENT AND METHOD
WO2010136636A1 (en) * 2009-05-28 2010-12-02 Kone Corporation Method for installing the hoisting roping of an elevator
CN102448866A (zh) * 2009-05-28 2012-05-09 通力股份公司 用于安装电梯的提升绳索的方法
US8720032B2 (en) 2009-05-28 2014-05-13 Kone Corporation Method for installing the hoisting roping of an elevator
US20160060078A1 (en) * 2014-09-03 2016-03-03 Kone Corporation Guide rail installation arrangement and a method for installing guide rails
US9592997B2 (en) * 2014-09-03 2017-03-14 Kone Corporation Guide rail installation arrangement and a method for installing guide rails

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH07100582B2 (ja) エレベータの作業プラットホーム及びエレベータの据付方法
JPH0829904B2 (ja) エレベータの据付工法
JPS5935822B2 (ja) 工事用エレベ−タの据付工法
JPH02300081A (ja) エレベータの据付工法
JP2001114484A (ja) エレベーター主索の吊設工法
JP3844944B2 (ja) 工事用エレベータの解体方法
JPH09278325A (ja) 工事用エレベーターの上昇移動方法及び工事用エレベーター装置
JP2878936B2 (ja) エレベータの据付工法
JPH05262475A (ja) エレベータの据付工法
JPH02300082A (ja) エレベータの据付工法
CN113753716B (zh) 一种有机房电梯整列吊导轨安装方法
JPH05201648A (ja) エレベータの据付方法
JPH08133634A (ja) ジャンプアップエレベーターのジャンプ方法
JPS5918309B2 (ja) 移動機械室式エレベ−タの据付工法
JP2612258B2 (ja) エレベータ据付工事工法
JPS6026051Y2 (ja) 工事用エレベ−タの機械室
JPS5934633B2 (ja) 工事用エレベ−タの据付工法
JPH0859132A (ja) 揚重方法
JPH09235082A (ja) エレベータの改修方法
JPS5935821B2 (ja) 工事用エレベ−タの据付工法
JPH0747453B2 (ja) エレベータの据付工法
JP2003073052A (ja) エレベータのロープ据付方法およびロープガイド装置
JPH11209026A (ja) エレベータの据付方法
JPS5952148B2 (ja) 工事用エレベ−タの据付工法
JPH11209027A (ja) エレベータの据付方法