JPS6026051Y2 - 工事用エレベ−タの機械室 - Google Patents

工事用エレベ−タの機械室

Info

Publication number
JPS6026051Y2
JPS6026051Y2 JP18743380U JP18743380U JPS6026051Y2 JP S6026051 Y2 JPS6026051 Y2 JP S6026051Y2 JP 18743380 U JP18743380 U JP 18743380U JP 18743380 U JP18743380 U JP 18743380U JP S6026051 Y2 JPS6026051 Y2 JP S6026051Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
machine room
construction
construction elevator
hoistway
support beam
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired
Application number
JP18743380U
Other languages
English (en)
Other versions
JPS57111764U (ja
Inventor
済 山崎
Original Assignee
フジテツク株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by フジテツク株式会社 filed Critical フジテツク株式会社
Priority to JP18743380U priority Critical patent/JPS6026051Y2/ja
Publication of JPS57111764U publication Critical patent/JPS57111764U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPS6026051Y2 publication Critical patent/JPS6026051Y2/ja
Expired legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Types And Forms Of Lifts (AREA)

Description

【考案の詳細な説明】 本考案は建築工事が下層から上層に順次移っていく過程
に合わせて、エレベータ昇降路行程を順次延長し、建築
工事の効率向上をはかるために供給す工事用エレベータ
の機械室の構造に関するものである。
近年高層ビル建築技術の発達は目ざましく、これに伴っ
て建築工事の効率向上のため建築工事の進行過程に合わ
せ、昇降路に段階的に機械室を仮設し、この仮設機械室
にてかごを運転し、昇降路等の工事を行なう工事用エレ
ベータが多く用いられている。
ところでこの工事用エレベータの機械室は建設途中の仮
設であるから簡素で経済的な構成であることが望ましく
、また建築工事の進行に応じて一つのステップから次の
ステップへの機械室の移設は建築工期との関係上極力短
時間で行なうことが要求される。
そのためこの仮設機械室を建物に固定する方法としては
、■型鋼等の受梁を建物の梁と粱の間に渡すこによって
機械室を支持する方法が行なわれている。
第1図は従来の工事用エレベータの一般的な構成を示す
全体図で受梁1により建物に支持された仮設の機械室2
には、ロープ繰り出し装置3、ロープ巻取り装置4、巻
上装置5及びそらせ車6が、また上部には機械室2をタ
ワークレーン14等で吊り上げ、移設する際に必要な吊
り上げフック7が設けられている。
ロープ8はロープ巻取り装置4よりロープ繰り出し装置
3を経て、釣り合い錘のシーブ12、そらせ車6、巻上
装置5、かご9のシーブ10へと掛は渡され、他端が機
械室2に到っている。
13はバッファである。以上の構成において、いまビル
の建築工事が進み、昇降路行程を延長しようとする時に
はタワークレーン14等により、吊り上げフック7を介
して機械室2を所定高さまで吊り上げ、再び受梁にて建
物に固定腰一方ロープ8はロープ繰り出し装置3を介し
てロープ巻取り装置4より延長分だけ繰り出される。
このように工事用エレベータにおいては昇降路行程の段
階的な延長に応じて、何度も機械室2を移動させること
になり、その度に受梁1の取り外し、或いは設置作業を
繰り返すことになる。
ところでこの受梁1は内部に巻上機や制御盤その他付属
機器を収納する機械室を支えるだけでなく、かご9、釣
り合い錘13等をも支える必要があり、合わせて数10
トンにも及ぶこれらの負荷に耐えるためには例えば■型
鋼等による非常に重量の大きいものとなる。
従って足場の悪い昇降路内での受梁1の取り外しや設置
作業は非常に困難であり、しかも昇降路内への落下の恐
れもあり、大きな危険性を伴なうものであった。
本考案はこうした点に注目しなされたもので、機械室の
底部にこる或いはころがり軸受を備えた受梁の案内装置
を設けて機械室の移動時に受梁の取り外し或いは設置作
業を容易に且つ安全に行なえるようにしたものである。
以下第2図及び第3図により本考案を説明する。
第2図は本考案による機械室2を建物へ固定する時の状
態を示した図、第3図は本考案による機械室2の下部A
−A断面図である。
16はころがり軸受でブラケット15により機械室2の
下部に取り付けられ、ブラケット15ところがり軸受1
6と機械室2の下部とて受梁1を案内する空間を構成し
ている。
図に示すように機械室2を建物へ固定する場合には、タ
ワークレーン14により吊り上はフック7を介して機械
室2を吊り上げた状態で、ブラケット15ところがり軸
受16と機械室2の下部とにより構成された前記空間を
介して、受梁1を建物に設けられた粱17,17’間に
渡し、その後機械室2を徐々に吊り下げて受梁1上に固
定する。
また機械室2を移動する場合にはこの逆の順序で受梁1
を取り外すことによって行なう。
このように本考案によれば機械室下部にころがり軸受を
備えた案内装置を設けることにより、重量物である受梁
の取り外しや設置作業を容易にし、且つ昇降路内へ受梁
が落下する危険もなくなり、安全でしかも機械室移動時
の作業時間を大巾に短縮することが可能となる。
尚、受梁の案内装置にはころがり軸受に限らず、単にこ
ろを用いても同様な効果を期待することができる。
【図面の簡単な説明】
第1図は工事用エレベータの構成を示す全体図、第2図
は本考案による機械室を建物に固定する時の状態を示す
図、第3図は第2図のA−A断面図。 1・・・・・・受梁、2・・・・・・機械室、5・・・
・・・巻上装置、8・・・・・・ローブ、9・・・・・
・かご11・・・・・・釣り合い錘、15・・・・・・
ブラケット、16・・・・・・ころがり軸受、17.1
7’・・・・・・粱。

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. かご、釣り合い錘、巻上装置及び巻上ロープを備え、建
    築工事進行過程にあわせ、昇降路に段階的に機械室を受
    梁により仮設し、この機械室にてかごを運転し、昇降路
    等の工事を行なう工事用エレベータにおいて、前記機械
    室の底部にこる又はころがり軸受をブラケットを介して
    取り付け、かつ前記機械室の底部と前記ころ又は前記こ
    ろがり軸受と前記ブラケットとで、前記受梁を案内する
    空間を構成するようにしたことを特徴とする工事用エレ
    ベータの機械室。
JP18743380U 1980-12-24 1980-12-24 工事用エレベ−タの機械室 Expired JPS6026051Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP18743380U JPS6026051Y2 (ja) 1980-12-24 1980-12-24 工事用エレベ−タの機械室

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP18743380U JPS6026051Y2 (ja) 1980-12-24 1980-12-24 工事用エレベ−タの機械室

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS57111764U JPS57111764U (ja) 1982-07-10
JPS6026051Y2 true JPS6026051Y2 (ja) 1985-08-05

Family

ID=29990231

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP18743380U Expired JPS6026051Y2 (ja) 1980-12-24 1980-12-24 工事用エレベ−タの機械室

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS6026051Y2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001287881A (ja) * 2000-04-04 2001-10-16 Hitachi Building Systems Co Ltd 工事用エレベータおよびその据付方法

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001287881A (ja) * 2000-04-04 2001-10-16 Hitachi Building Systems Co Ltd 工事用エレベータおよびその据付方法

Also Published As

Publication number Publication date
JPS57111764U (ja) 1982-07-10

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP2490973B1 (en) Method in the manufacture of an elevator
EP2403795B1 (en) Elevator arrangement and method
JPH07100582B2 (ja) エレベータの作業プラットホーム及びエレベータの据付方法
JPH0829904B2 (ja) エレベータの据付工法
JPS6026051Y2 (ja) 工事用エレベ−タの機械室
JPS5935822B2 (ja) 工事用エレベ−タの据付工法
JPH0624673A (ja) 搬器の昇降装置にクライミング装置を有する工事用のエレベータ構造
JP2612258B2 (ja) エレベータ据付工事工法
JP3920527B2 (ja) 工事用エレベータ
JPH0769559A (ja) 工事用エレベーター装置
KR102443566B1 (ko) 수직개폐형 도어패널의 추락을 방지하고 도어 개폐시간을 단축시킨 대형 및 초대형 엘리베이터
JPH05201648A (ja) エレベータの据付方法
JPH02300081A (ja) エレベータの据付工法
JPS5934633B2 (ja) 工事用エレベ−タの据付工法
JPH10167668A (ja) 垂直・水平搬送装置およびその運転方法
JPH021066B2 (ja)
JP6207461B2 (ja) 超高層用エレベーターの巻上機揚重方法
JPH059354B2 (ja)
JPS5952148B2 (ja) 工事用エレベ−タの据付工法
JPH0747453B2 (ja) エレベータの据付工法
JPH02300082A (ja) エレベータの据付工法
SU706306A1 (ru) Подъемник дл постройки зданий из монолитных элементов
JPH09165160A (ja) エレベーターの据付工法
JPH05270765A (ja) エレベータ据付用移動足場装置
JPS5935821B2 (ja) 工事用エレベ−タの据付工法