JPH07100582B2 - エレベータの作業プラットホーム及びエレベータの据付方法 - Google Patents

エレベータの作業プラットホーム及びエレベータの据付方法

Info

Publication number
JPH07100582B2
JPH07100582B2 JP3135869A JP13586991A JPH07100582B2 JP H07100582 B2 JPH07100582 B2 JP H07100582B2 JP 3135869 A JP3135869 A JP 3135869A JP 13586991 A JP13586991 A JP 13586991A JP H07100582 B2 JPH07100582 B2 JP H07100582B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
hoistway
platform
elevator
frame
winch
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP3135869A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0585681A (ja
Inventor
リチャーズ ダグラス
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Otis Elevator Co
Original Assignee
Otis Elevator Co
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Otis Elevator Co filed Critical Otis Elevator Co
Publication of JPH0585681A publication Critical patent/JPH0585681A/ja
Publication of JPH07100582B2 publication Critical patent/JPH07100582B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B66HOISTING; LIFTING; HAULING
    • B66BELEVATORS; ESCALATORS OR MOVING WALKWAYS
    • B66B19/00Mining-hoist operation
    • B66B19/002Mining-hoist operation installing or exchanging guide rails

Landscapes

  • Lift-Guide Devices, And Elevator Ropes And Cables (AREA)
  • Types And Forms Of Lifts (AREA)
  • Elevator Door Apparatuses (AREA)

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【産業上の利用分野】本発明は建設中のビルにおけるエ
レベータシステムの建設に用いる作業プラットホームに
関する。特に、この作業プラットホームは、ビル内の最
も高い位置の階床スラブに関する。特に、この作業プラ
ットホームは、ビル内の最も高い位置の階床スラブにお
いてエレベータホイストウェイ上に置かれるものであ
り、また、レールや階床ドアの位置の垂線の型板として
用いられるものである。また、レールやドアは、プラッ
トホームより下のホイストウェイにおいて吊り下げられ
た一時的かご構造物へプラットホームを介してウィンチ
アップされるものであり、かご構造物上の作業者によっ
て据付られるものである。 【0002】 【従来の技術】建設中のビルにおいてエレベータシステ
ムが据付られるとき、ガイドレールや階床ドア装置等の
位置は、これらの構成部品、かご、釣り合い重り装置、
機械や牽引滑車、カバナケーブル及び全ての他の各種エ
レベータシステム機械部品の適切な整合を確実なものと
するように、十分慎重にプロットされなければならな
い。各種構成部品の適切な位置決めは、特に、高層ビル
において非常に複雑になってくる。 【0003】 【発明が解決しようとする課題】本発明の目的は、建設
中のビルにおけるエレベータシステムの建設に用いる作
業プラットホームを提供することにある。 【0004】本発明の他の目的は、ビルにおける最も高
い位置の階床スラブにおいてホイストウェイ上に位置す
ることができ、これによってプラットホームがホイスト
ウェイの頂上を覆うことができる作業プラットホームを
提供することにある。 【0005】本発明の他の目的は、ホイストウェイにお
けるガイドレールや階床ドア装置の位置決め用の垂線の
型板として用いることができる作業プラットホームを提
供することにある。 【0006】本発明の他の目的は、プラットホームの下
でホイストウェイ内において吊り下げられた一時的かご
構造物からの据付のためにホイストウェイピットからレ
ールや階床ドアの構成部品をプラットホームからウィン
チアップすることができる作業プラットホームを提供す
ることにある。 【0007】 【課題を解決するための手段】本発明は上記目的を達成
するため、作業プラットホームを次のように構成するも
のである。即ち、本発明の作業プラットホームは、建設
中のビル内のエレベータホイストウェイの頂上に位置す
る作業プラットホームであって、a)フレームと、b)
該フレーム内に取付られた伸長可能なビームであって、
前記プラットホームが前記ホイストウェイにまたがって
位置することができるように、前記ホイストウェイを取
り囲む階床スラブ上に位置するよう前記フレームから伸
長可能なビームと、c)前記ホイストウェイを覆うよう
前記フレームに取付けられ、かつ前記ホイストウェイ上
に複数の開口部を備えたデッキとを有し、前記開口部
、前記ホイストウェイ内に取付けられるホイストウェ
イ構成部品の所望の位置対応する位置に設けられ
記ホイストウェイ構成部品の適切な位置線が、前記開口
部を介して前記プラットホームから前記ホイストウェイ
中に垂直に垂れるようにし、さらに、前記デッキ上に配
置され、かつ少なくとも一つの前記開口部に整列された
少なくとも一つのウィンチ取付台を有し、これによって
前記ホィストウェイ構成部品を前記プラットホームから
前記ホイストウェイ構成部品のそれぞれの位置線に沿っ
て前記ホイストウェイを通ってウィンチアップできるよ
うにしたことを特徴とするものである。 【0008】また、本発明の作業プラットホームは、
記ウィンチ取付台は、前記プラットホームから異なる位
置線に沿って前記ホイストウェイ構成部品のウィンチに
よる巻き上げができるように、一つ以上の前記開口部と
整列されていることを特徴とするものである。 【0009】また、本発明の作業プラットホームは、建
設中のビル内のエレベータホイストウェイの頂上に位置
する作業プラットホームであって、a)フレームと、
b)前記ホイストウェイを取り囲むスラブ上に前記フレ
ームを適切に位置させるよう前記フレーム内に取付けら
れた伸長可能なビームと、c)前記ホイストウェイを覆
うよう前記フレームに取付けられたデッキであって、前
記ホイストウェイ上でホイストウェイ構成部品の据付ポ
イントに対応する位置に位置された複数の開口部を備え
たデッキと、d)前記デッキ上に配置され、かつ前記開
口部に整合されたウィンチ取付台であって、これによっ
てホイストウェイ構成部品を前記プラットホームからホ
イストウェイ内に据付のためにホイストウェイ内におい
てウィンチアップできるようにしたウィンチ取付台とを
有することを特徴とするものである。 【0010】 【作用】本発明は、ビルの建設中の間、高い位置の階床
スラブ上でホイストウェイの上方に位置する作業プラッ
トホームに関する。プラットホームはレールや階床ドア
等をピットからホイストウェイ内に持ち上げるウィンチ
を持ち運ぶものである。また、プラットホームは、その
端部に前もって整合された開口部を備え、該開口部はレ
ールやドアの配置のための型板として用いられる。垂線
は、ホイストウェイ内でのレールやドアの固定における
据付作業者による使用のために、これら型板開口部を通
して降ろされる。また、ウィンチからのホイストロープ
は、この開口部を通過できるようになっており、これに
よって、レールやドアは、ピットから持ち上げられ、据
付作業中、適切な位置に保持される。業者内で“仮か
ご”と呼ばれる一時的かご構造物は、プラットホームよ
り下に吊り下げられ、そして、仮かごに取付けられたウ
ィンチによって独立のホイストロープ上をホイストウェ
イ内において昇降する。据付作業者は、垂線を参照して
仮かごからレールやドアの構成部品を適切な位置に固定
する。定期的に仮かごは作業プラットホームに拘束さ
れ、そしてこの両者はビル内においてさらに高い位置に
クレーンによって持ち上げられる。プラットホームに備
えた伸長可能なフィンガービームは、ビルの階床スラブ
上にプラットホームを位置させ、保持するのに用いられ
る。レールやドアの据付が或る個所に対して開始された
後、通常のエレベータかごがクレーンによってホイスト
ウェイ内へ降ろされる。一時的なマシンルームは、同様
に、エレベータかごの上方であって、かつ仮かごと作業
プラットホームの下方のホイストウェイ内に置かれる。
その後、仮かごと作業プラットホームは、マシンルーム
の上方で運転を続け、そして、時々、ビル内の高い位置
へクレーンアップされ続けるようになっている。定期的
にビル内における後の方のクレーンによる上方への移動
を可能とする一時的マシンルームへのクレーンラインの
アクセスができるように、トラップドアは作業プラット
ホーム内に設けられている。 【0011】 【実施例】図1にエレベータホイストウェイ2の概略図
を示す。ホイストウェイ2の頂部からピットに向かって
2本のロープ4,6が延びている。ロープ4は一時的構
造物、即ち、仮かご8のホイストロープであり、ロープ
6は仮かご8の安全ロープである。ホイストウェイの一
つの壁面に沿って、複数の階床ドア開口部10が、建物
の各階に一つずつ設けられている。ガイドレール12や
階床ドア装置14のようなホイストウェイ構成部品は、
仮かご8から作業者によってホイストウェイ2内に取り
付けられる。レール12及びドア装置14は、一階の階
床ドア開口部11を介してホイストウェイ2内へ搬入し
ても良いし、又は上方よりホイストウェイ2内へクレー
ンで搬入しても良い。 【0012】図2を参照する。仮かご8は、デッキ16
及びその回りに取り付けられた安全てすり18を有す
る。ウィンチ20は、デッキ16に据付けられ、ホイス
トロープ4によってホイストウェイ内で仮かご8を昇降
させるためにに用いられる。建設作業員はデッキ16上
に立って、そこから適切な位置に各種ホイストウェイ構
成部品を固定する。図3に示すように、ガイドシュー2
2は、一旦ホイストウェイ2内の適切な位置に固定され
ると、エレベータかごのガイドレール12に係合する。
図3から理解されるように、作業者がホイストウェイ2
内で、かごガイドレール12、釣り合い重りガイドレー
ル13、及び階床ドア14を適切な位置に固定できるよ
うに、仮かご8は、ホイストロープ4を上方へ進む。 【0013】図4及び図5に、作業プラットホーム24
を示す。プラットホーム24は、メタルビームフレーム
26を備え、デッキとしての合板フロア28がその上に
載置されている。伸長可能なフィンガービーム30は、
フレーム26内に取付けられ、そして、階床スラブ32
上に休止され得るように引き出される。それによって、
プラットホーム24がホイストウェイ2上に置かれる。
フレーム部材26は合板フロア28のサイド端部27,
29,31また、ホイストウェイ2の端部から内側へオ
フセットされる。合板フロア28はホイストウェイの横
断面積とほぼ同じであり、ホイストウェイの面積と適合
するようになっている。溝34は、ホイストウェイにお
けるエレベータかごガイドレールの位置を確認する位置
において、合板フロア28の端部27と29に切り込み
形成される。かごガイドレールの位置は、溝34を介し
てプラットホーム24からホイストウェイ2内において
垂直になっている。溝36は、階床ドア装置の中心線と
一致する位置において合板フロアの端部31内に切り込
み形成される。階床ドア装置の中心線の配置もまた、溝
36を介してホイストウェイ2内において垂直になって
いる。開口部38は、釣り合い重りガイドレールに一致
する位置において合板フロア28に切り込み形成されて
いる。従って、それらの開口部は、同様に、プラットホ
ーム24からホイストウェイ2内において釣り合い重り
ガイドレールの位置を垂直にするために用いられる。一
対のウィンチ取付台40,42が、プラットホーム24
に取付けられている。取付台40の端部は、釣り合い重
りガイドレール垂直開口部38上に位置するようになっ
ている。そして、取付台42の端部は同様にガイドレー
ル垂直溝34及び階床ドア垂直溝36上に位置するよう
になっている。ウィンチ(図示せず)は取付台の各端部
からホイストケーブルを操作するように取付台40と4
2上に取り付けられる。ケーブルは溝34,36及び開
口部38を通過するようになっている。これらのホイス
トウェイケーブルは、仮かご上の作業者によって各種部
品がホイスト壁面に据付けられるように、ピットから仮
かごの高さにガイドレール、階床ドア装置を持ち上げる
のに用いられる。トラップドア44はプラットホームの
中心に設置されている。 【0014】 【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、
開口部に整列されたウィンチ取付台が デッキ上に配置さ
れているので、このウィンチ取付台にウィンチを取り付
けるだけで位置決めされ、ホイストウェイ構成部品をそ
れぞれの位置線に沿ってウィンチアップすることができ
る。 【0015】また、建設中のビルが途中階からさらに上
方階まで出来上がったときには、前記据付工程を繰り返
し行うことにより、ビルの建設が完了したときにはエレ
ベータの据付も完了することとなり、据付時期を早くす
ることができる。
【図面の簡単な説明】 【図1】一時的構造物、即ち仮かごとホイストウェイピ
ットにおける各種ホイストウェイ設備を示すエレベータ
ホイストウェイの側断面図である。 【図2】仮かごの斜視図である。 【図3】図1と同様な図で、ホイストウェイでガイドレ
ールと階床ドア装置の取付け方を示す図である。 【図4】本発明の作業プラットホームの斜視図である。 【図5】本発明の作業プラットホームの平面図である。 【符号の説明】 2 エレベータホイストウェイ 4,6 ロープ 8 仮かご 10,11 階床ドア開口部 12 ガイドレール 14 階床ドア装置 16 デッキ 18 安全てすり 20 ウィンチ 22 ガイドシュー 24 作業プラットホーム 26 フレーム部材 27 サイド端部 28 合板フロア 30 フィンガービーム 31 サイド端部 32 階床スラブ 34,36 溝 38 開口部 40,42 ウィンチ取付台 44 トラップドア

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1】 建設中のビル内のエレベータホイストウ
    ェイの頂上に位置する作業プラットホームであって、 a)フレームと、 b)該フレーム内に取付られた伸長可能なビームであっ
    て、前記プラットホームが前記ホイストウェイにまたが
    って位置することができるように、前記ホイストウェイ
    を取り囲む階床スラブ上に位置するよう前記フレームか
    ら伸長可能なビームと、 c)前記ホイストウェイを覆うよう前記フレームに取付
    けられ、かつ前記ホイストウェイ上に複数の開口部を備
    えたデッキとを有し、 前記開口部が、前記ホイストウェイ内に取付けられるホ
    イストウェイ構成部品の所望の位置と対応する位置に設
    けられ、前記ホイストウェイ構成部品の適切な位置線
    が、前記開口部を介して前記プラットホームから前記ホ
    イストウェイ中に垂直に垂れるようにし、さらに、前記
    デッキ上に配置され、かつ少なくとも一つの前記開口部
    に整列された少なくとも一つのウィンチ取付台を有し、
    これによって前記ホィストウェイ構成部品を前記プラッ
    トホームから前記ホイストウェイ構成部品のそれぞれの
    位置線に沿って前記ホイストウェイを通ってウィンチア
    ップできるようにしたことを特徴とするエレベータの作
    業プラットホーム。請求項2前記ウィンチ取付台は、前記プラットホ
    ームから異なる位置線に沿って前記ホイストウェイ構成
    部品のウィンチによる巻き上げができるように、一つ以
    上の前記開口部と整列されていることを特徴とする請求
    項2記載のエレベータの作業プラットホーム。請求項3建設中のビル内のエレベータホイストウ
    ェイの頂上に位置する作業プラットホームであって、 a)フレームと、 b)前記ホイストウェイを取り囲むスラブ上に前記フレ
    ームを適切に位置させるよう前記フレーム内に取付けら
    れた伸長可能なビームと、 C)前記ホイストウェイを覆うよう前記フレームに取付
    けられたデッキであって、前記ホイストウェイ上でホイ
    ストウェイ構成部品の据付ポイントに対応する位置に位
    置された複数の開口部を備えたデッキと、 d)前記デッキ上に配置され、かつ前記開口部と整列さ
    れたウィンチ取付台であって、これによってホイストウ
    ェイ構成部品を前記プラットホームからホイストウェイ
    内に据付けるために、ホイストウェイ内においてウィン
    チアップできるようにしたウィンチ取付台とを有するこ
    とを特徴とするエレベータの作業プラットホーム。 【請求項4】 建設中のビルにおける途中階までのエレ
    ベータホイストウェイ内において、ホイストウェイ構成
    部品を据え付ける方法であって、 )前記ホイストウェイ構成部品とともに前記ホイスト
    ウェイ内に仮かごを位置させ、 b)前記ホイストウェイ内において前記仮かごを吊り上
    げ、 c)前記途中階までのホイストウェイを取り囲む階床ス
    ラブ上に、作業プラットホームに伸長可能に取り付けら
    れたビームを伸長させて作業プラットホームを位置さ
    せ、 d)前記作業プラットホームから前記ホイストウェイ内
    に前記ホイストウェイ構成部品の据付線を垂直に垂ら
    し、 e)前記仮かごに対する前記垂線に沿って前記作業プラ
    ットホームから、前記ホイストウェイ構成部品を上方へ
    前記作業プラットホーム上のウィンチ取付台に取り付け
    られたウィンチでホイストロープを介して巻き上げ、 f)前記仮かごから前記垂線に沿って、前記ホイストウ
    ェイ構成部品を据え付けるようにし、 前記建設中のビルが前記途中階からさらに上方階まで出
    来上がったときには、前記b)〜f)の工程を繰り返し
    行うようにしたことを特徴とするエレベータの据付方
    法。
JP3135869A 1990-05-16 1991-05-10 エレベータの作業プラットホーム及びエレベータの据付方法 Expired - Lifetime JPH07100582B2 (ja)

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US07/523,941 US5065843A (en) 1990-05-16 1990-05-16 Method for installing elevator system components
US523,941 1990-05-16

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0585681A JPH0585681A (ja) 1993-04-06
JPH07100582B2 true JPH07100582B2 (ja) 1995-11-01

Family

ID=24087052

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3135869A Expired - Lifetime JPH07100582B2 (ja) 1990-05-16 1991-05-10 エレベータの作業プラットホーム及びエレベータの据付方法

Country Status (7)

Country Link
US (1) US5065843A (ja)
EP (1) EP0457152B1 (ja)
JP (1) JPH07100582B2 (ja)
CN (1) CN1033571C (ja)
DE (1) DE69107509T2 (ja)
ES (1) ES2071155T3 (ja)
RU (1) RU2058928C1 (ja)

Families Citing this family (43)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE59201741D1 (de) * 1991-03-01 1995-05-04 Inventio Ag In einem Aufzugsschacht verfahrbares Montagegerüst zur Montage von Schachtausrüstung.
ES2132143T3 (es) * 1993-01-14 1999-08-16 Inventio Ag Procedimiento y equipo para la instalacion de puertas en huecos de ascensores.
US5553686A (en) * 1994-12-13 1996-09-10 Otis Elevator Company Installation of elevator rails in a hoistway
AU1520897A (en) * 1996-12-31 1998-07-31 Woon Lee, David Method of installing elevator cable and rail
DE69805257T2 (de) * 1997-03-07 2002-08-29 Kone Corp Verfahren und apparatus zum einbau eines aufzugs
FI109291B (fi) 1997-03-07 2002-06-28 Kone Corp Menetelmä ja laitteisto hissin asentamiseksi
FR2782072B1 (fr) * 1998-08-06 2000-09-22 Otis Elevator Co Dispositif et procede pour le deplacement d'une machinerie le long d'une gaine d'ascenseur au cours de la construction d'un immeuble
SG108300A1 (en) * 2001-06-27 2005-01-28 Inventio Ag Installing frame for installation of shaft equipment, installing lift with installing frame and method of installation of shaft equipment
BR0315803B1 (pt) * 2002-11-04 2011-11-01 elevador sem contrapeso.
FI119769B (fi) * 2003-11-17 2009-03-13 Kone Corp Menetelmä hissin asentamiseksi ja hissi
FI116562B (fi) * 2003-11-17 2005-12-30 Kone Corp Menetelmä hissin asentamiseksi
US7251878B2 (en) * 2004-06-30 2007-08-07 Hitachi Global Storage Technologies Netherlands B.V. Method and apparatus for defining leading edge taper of a write pole tip
CN101124142A (zh) * 2004-11-16 2008-02-13 奥蒂斯电梯公司 在电梯系统中安装导轨
US20080308362A1 (en) * 2007-06-05 2008-12-18 Stefan Ernest Tucker Cable management assembly and method for construction elevator systems
FI20080444L (fi) * 2008-07-24 2010-01-25 Kone Corp Hissijärjestely, menetelmä ja turvarakenne
US8291568B2 (en) * 2008-11-28 2012-10-23 Kone Corporation Method of installing an elevator
US7886454B2 (en) 2008-12-31 2011-02-15 Kone Corporation Elevator hoistway installation guide systems, methods and templates
FI121977B (fi) 2009-04-07 2011-06-30 Kone Corp Välineet ja menetelmä hissikuilun mittaamiseksi
US8141683B1 (en) 2009-04-30 2012-03-27 Wurtec Elevator Products & Services Expandable platform
US8646576B2 (en) * 2009-07-30 2014-02-11 Wurtec Elevator Products & Services Foldable hoistway work deck
CA2718454A1 (en) * 2009-10-20 2011-04-20 Kirk B. Gregus Elevator work deck
FI20090389A (fi) * 2009-10-23 2011-04-24 Kone Corp Menetelmä hissin valmistamisessa
CN101824910B (zh) * 2009-11-17 2012-02-01 新疆建工(集团)有限责任公司 电梯井的快速支模施工方法
RU2418735C1 (ru) * 2010-01-12 2011-05-20 Павел Владимирович Корчагин Подъемная крановая система
CN104703905A (zh) 2012-10-04 2015-06-10 通力股份公司 用于电梯安装的导轨直线度测量系统
EP2746210A1 (de) * 2012-12-19 2014-06-25 Inventio AG Installationsverfahren für einen Aufzug
EP2746211A1 (de) * 2012-12-19 2014-06-25 Inventio AG Wartungsverfahren für einen Aufzug
FI125133B (fi) 2013-03-20 2015-06-15 Kone Oyj Hissin asennusjärjestely
FI125266B (fi) * 2013-06-07 2015-08-14 Kone Oyj Menetelmä hissin asennuksessa ja menetelmässä käytettävä työväline
EP3107856B1 (en) 2014-02-21 2020-04-22 Wurtec Elevator Products & Services False car device
WO2015138838A1 (en) * 2014-03-13 2015-09-17 Canrig Drilling Technology Ltd. Predictive landing failsafe
CN103879860A (zh) * 2014-03-21 2014-06-25 中国建筑科学研究院建筑机械化研究分院 电梯安装专用设备
CN107074491B (zh) 2014-10-30 2019-10-11 因温特奥股份公司 用于安装导轨的方法
CN104631818A (zh) * 2014-12-31 2015-05-20 长沙远大住宅工业集团有限公司 电梯井模板平台用伸缩梁
EP3085660B1 (en) * 2015-04-23 2020-10-28 Kone Corporation A method and an arrangement for installing elevator guide rails
MX2018007137A (es) * 2015-12-14 2018-08-15 Inventio Ag Metodo para ereccion de sistema de elevador y sistema de elevador ajustable a altura creciente de edificio.
CN106553951B (zh) * 2017-01-23 2018-07-13 荆门创佳机械科技有限公司 一种利用电梯井道及导轨的物料提升机
RU2690132C1 (ru) * 2018-01-19 2019-05-30 Акционерное общество "Инжиниринговая компания "АЭМ-технологии" (АО "АЭМ-технологии") Подъемное устройство
CN110844743B (zh) 2018-08-21 2022-07-12 奥的斯电梯公司 跃层电梯和跃层方法
WO2020081046A1 (en) * 2018-10-15 2020-04-23 Kone Corporation Method and arrangement
US20210395046A1 (en) * 2018-12-13 2021-12-23 Inventio Ag Method for at least partially automated planning of an installation of elevator components of an elevator system
CN114901583B (zh) * 2019-12-24 2022-11-08 三菱电机楼宇解决方案株式会社 曳引机定位用模板及使用该模板的曳引机结构的设置方法
WO2023067234A1 (en) * 2021-10-19 2023-04-27 Kone Corporation Arrangement and method for installing guide rails of an elevator

Family Cites Families (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US582028A (en) * 1897-05-04 Apparatus employed in walling excavations
US115335A (en) * 1871-05-30 Improvement in elevators
US1326433A (en) * 1919-07-07 1919-12-30 Theodore Bartlett Dumb-waiter.
FR1495075A (fr) * 1966-09-07 1967-09-15 Kopalnia Wegla Kamiennego Dispositif placé sous une cage d'extraction et permettant de descendre des étançons, rails et tubes de grande longueur dans un puits
US3741351A (en) * 1971-03-05 1973-06-26 Westinghouse Electric Corp Integrated elevator construction
US3851736A (en) * 1973-03-20 1974-12-03 Westinghouse Electric Corp Apparatus and method for installing elevator hoistway equipment
US3893219A (en) * 1974-08-01 1975-07-08 Otis Elevator Co Apparatus and method for suspending elevator guide rails
JPS529247A (en) * 1975-07-11 1977-01-24 Hitachi Ltd Instllation of device for controlling access to or exit from an elevat or cage
JPS5728851Y2 (ja) * 1976-10-20 1982-06-23
JPS5912595B2 (ja) * 1978-08-07 1984-03-24 株式会社日立製作所 エレベ−タ据付け工事法
US4345671A (en) * 1980-03-12 1982-08-24 Westinghouse Electric Corp. Apparatus and method for installing elevator guide rails
US4356890A (en) * 1980-08-01 1982-11-02 Smart Gerald D Method for installing an elevator system
JPS58140409U (ja) * 1982-03-17 1983-09-21 東芝昇降機サ−ビス株式会社 エレベ−タの芯出し用テンプレ−ト取付装置
FR2623787B1 (fr) * 1987-11-27 1990-05-11 Otis Elevator Co Procede de montage d'un ascenseur ou monte-charge au sein d'un batiment, gabarits de montage utilises, ascenseur ou monte-charge obtenu

Also Published As

Publication number Publication date
EP0457152A3 (en) 1991-12-18
EP0457152B1 (en) 1995-02-22
US5065843A (en) 1991-11-19
CN1056471A (zh) 1991-11-27
RU2058928C1 (ru) 1996-04-27
EP0457152A2 (en) 1991-11-21
DE69107509D1 (de) 1995-03-30
CN1033571C (zh) 1996-12-18
ES2071155T3 (es) 1995-06-16
JPH0585681A (ja) 1993-04-06
DE69107509T2 (de) 1996-01-18

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH07100582B2 (ja) エレベータの作業プラットホーム及びエレベータの据付方法
JP4929045B2 (ja) 機械室レスエレベータのガイドレール据え付け工法
JPH09151053A (ja) エレベータの乗かごの固定装置
JP2878936B2 (ja) エレベータの据付工法
JP3531504B2 (ja) エレベータの安全装置
JP4841171B2 (ja) ライズアップエレベータの据付方法
JPH082850A (ja) エレベーター昇降路内工事方法
JP2612258B2 (ja) エレベータ据付工事工法
JPH05262475A (ja) エレベータの据付工法
JPH021066B2 (ja)
JP2877593B2 (ja) エレベータの設置方法
JP3301948B2 (ja) エレベータの据付工法
JPH05201648A (ja) エレベータの据付方法
JPS6054231B2 (ja) エレベ−タの据付装置
JP4454744B2 (ja) 仮設エレベーター装置
JP2939064B2 (ja) エレベータの据付用型板
JPH0776473A (ja) エレベータの据付装置及び据付工法
JPH11209027A (ja) エレベータの据付方法
JPH02300081A (ja) エレベータの据付工法
JPH11209026A (ja) エレベータの据付方法
JPH0840666A (ja) エレベータの据付方法
JPS5918309B2 (ja) 移動機械室式エレベ−タの据付工法
JPH1111819A (ja) エレベータ据付用昇降装置
JPH1036032A (ja) エレベータの据付方法
JPS5912064A (ja) エレベ−タの据付工法

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 19960416