JPH11209026A - エレベータの据付方法 - Google Patents

エレベータの据付方法

Info

Publication number
JPH11209026A
JPH11209026A JP756398A JP756398A JPH11209026A JP H11209026 A JPH11209026 A JP H11209026A JP 756398 A JP756398 A JP 756398A JP 756398 A JP756398 A JP 756398A JP H11209026 A JPH11209026 A JP H11209026A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
tower
car frame
hoistway
guide rail
elevator
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP756398A
Other languages
English (en)
Inventor
Toshiyuki Tadokoro
俊之 田所
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Hitachi Building Systems Co Ltd
Original Assignee
Hitachi Building Systems Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hitachi Building Systems Co Ltd filed Critical Hitachi Building Systems Co Ltd
Priority to JP756398A priority Critical patent/JPH11209026A/ja
Publication of JPH11209026A publication Critical patent/JPH11209026A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B66HOISTING; LIFTING; HAULING
    • B66BELEVATORS; ESCALATORS OR MOVING WALKWAYS
    • B66B19/00Mining-hoist operation
    • B66B19/002Mining-hoist operation installing or exchanging guide rails

Landscapes

  • Lift-Guide Devices, And Elevator Ropes And Cables (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【課題】 エレベータ据付時の作業効率を向上できると
ともに、建屋条件の異なる種々の建屋にエレベータを据
付けできるエレベータの据付方法の提供。 【解決手段】 鉄塔3の1段目3aおよびガイドレール
6の1段目6aを組立てて、鉄塔3の1段目3aの上方
に2段目3bを連結して、この2段目3bにガイドレー
ル6の2段目6bを取付け、ガイドレール6に係合させ
た状態でかご枠5を組立て、このかご枠5のかご床5a
上に作業者が乗込んでかご枠5を上昇させた後、鉄塔3
の2段目3bの上方に3段目3cを連結してガイドレー
ル6の2段目6b上に3段目6cを連結し、次いで、同
様の手順で鉄塔3の4段目3dおよびガイドレール6の
4段目6dなどのそれぞれの組立てとかご枠5の上昇と
を昇降路1の頂部に至るまで繰り返して昇降路内機器を
据付けるようにした。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、エレベータの据付
方法に係り、特に、昇降路内機器が取付けられる強度部
材を形成する鉄塔を備えた小型エレベータの据付作業を
行なうのに好適なエレベータの据付方法に関する。
【0002】
【従来の技術】一般に小型エレベータは、建物自体の強
度がエレベータ全体の荷重を支える程度の強度を期待で
きない小規模住居建物が対象となっている。また、建物
の高さ制限の条件により、巻上機などを設置する機械室
を昇降路上部に設けることができないことが多い。
【0003】そこで従来、例えば特開平8−32491
6号公報に記載されているように、エレベータのかご自
重等の垂直荷重を受ける強度部材を形成する鉄塔を有す
るとともに、昇降路内に巻上機などを設置した構造の小
型エレベータが提案されている。
【0004】このような小型エレベータを据付ける際に
は、最上階の乗場から昇降路内にいわゆる跳ね出し足場
等を組立て、この足場を利用して揚重機を建屋に取付け
て、鉄塔および昇降路機器をそれぞれ揚重して取付けて
いた。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】ところで、上述した従
来のエレベータの据付方法では、最上階の乗場から昇降
路内に跳ね出し足場等を組立てるため、仮設材である跳
ね出し足場を運搬して設置する手間がかかるので作業効
率が劣るという問題があった。また、揚重機を建屋に取
付けるため、この建屋側に揚重機を設置可能な程度の強
度を有する必要があり、建屋条件により据付方法を変更
するなど適用範囲が限定されるという問題もあった。
【0006】本発明はこのような従来技術における実情
に鑑みてなされたもので、その目的は、エレベータ据付
時の作業効率を向上できるとともに、建屋条件の異なる
種々の建屋にエレベータを据付けることのできるエレベ
ータの据付方法を提供することにある。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するた
め、本発明の請求項1に係る発明は、昇降路に立設さ
れ、昇降路内機器が取付けられる強度部材を形成する鉄
塔を有し、この鉄塔に、この鉄塔内で昇降するかご枠を
案内するガイドレールを備えたエレベータの据付方法に
おいて、前記鉄塔の下部を前記昇降路の下部で組立てて
固定し、前記ガイドレールの下部を立設して前記鉄塔の
下部に固定した後、前記ガイドレールの下部に係合させ
た状態で前記かご枠を組立てて、次いで、このかご枠を
足場として前記鉄塔下部の上方に前記鉄塔の上部を連結
するとともに、前記ガイドレール下部の上方に前記ガイ
ドレールの上部を連結して前記鉄塔の上部に固定し、こ
の鉄塔上部に揚重機を設けて、この揚重機の駆動により
前記かご枠を上昇させながら前記昇降路内機器を取付
け、次いで、前記鉄塔上部およびガイドレール上部のそ
れぞれの組立てと前記かご枠の上昇とを前記昇降路の頂
部に至るまで繰り返して行なう構成にしてある。
【0008】また、上記目的を達成するため、本発明の
請求項2に係る発明は、昇降路に立設され、昇降路内機
器が取付けられる強度部材を形成する鉄塔を有し、この
鉄塔の一部がかご枠を案内するガイドレール部を兼ねる
ようにしたエレベータの据付方法において、前記鉄塔の
下部を前記昇降路の下部で組立てて固定し、前記鉄塔の
下部に含まれるガイドレール部に係合させた状態で前記
かご枠を組立てて、次いで、このかご枠を足場として前
記鉄塔下部の上方に前記鉄塔の上部を連結するととも
に、この鉄塔の上部に揚重機を設けて、この揚重機の駆
動により前記かご枠を上昇させながら前記昇降路内機器
を取付け、次いで、前記鉄塔上部の組立てと前記かご枠
の上昇とを前記昇降路の頂部に至るまで繰り返して行な
う構成にしてある。
【0009】上記のように構成した本発明の請求項1,
2に係る発明では、昇降路内機器が取付けられる強度部
材を形成する鉄塔の各部分を昇降路の下方から上方へ積
み重ねながら、前記の鉄塔の各部分に揚重機を設けるよ
うになっているため、この揚重機を建屋に取付ける必要
がなく、建屋条件の異なる種々の建屋にエレベータを据
付けることができる。また、前記の揚重機の駆動により
かご枠を昇降させて、このかご枠を足場として昇降路の
下方から順に作業位置を確保するようになっているの
で、従来のように昇降路内の上部に跳ね出し足場を組立
てる必要がなくて済み、すなわち、エレベータ据付時の
作業効率を向上できる。
【0010】
【発明の実施の形態】以下、本発明のエレベータの据付
方法の実施の形態を図に基づいて説明する。図1は本発
明の一実施形態に係るエレベータの据付方法により鉄塔
の4段目を組立てる工程を示す図、図2は本実施形態の
据付方法により鉄塔の2段目を組立てる工程を示す図、
図3は本実施形態の据付方法に用いられるかご枠を設け
た状態を示す図、図4は本実施形態の据付方法により鉄
塔の3段目を組立てる工程を示す図、図5は本実施形態
の据付方法の作業手順を示すフローチャートである。
【0011】図1〜図4に示すエレベータでは、昇降路
1の底部に設置したピットベース2上に、エレベータの
垂直荷重を支持する強度部材を形成する鉄塔3が立設さ
れ、この鉄塔3は、昇降路1壁に図示しないブラケット
を介して固定されており、例えば地震時の横方向の荷重
を支持する構造となっている。この鉄塔3を大きく分け
ると、昇降路1の下部に位置する下部と、この鉄塔3の
下部の上方に位置する上部とからなっている。さらに、
上述した鉄塔3の下部は、1段目3aおよび2段目3b
と、この1段目3aおよび2段目3bをそれぞれ連結す
る梁4a、4bとから構成され、上述した鉄塔3の上部
は、3段目3c、4段目3dおよび図示しない上段鉄塔
と、4段目3dおよび図示しない上段鉄塔をそれぞれ連
結する梁4cなどとから構成されている。
【0012】また、上記のエレベータは、図1、図3、
図4に示すように鉄塔3内を昇降するかご枠5を有し、
このかご枠5を案内するガイドレール6が鉄塔3に取付
けられている。このガイドレール6を大きく分けると、
昇降路1の下部に位置する下部と、このガイドレール6
の下部の上方に位置する上部とからなっている。さら
に、上述したガイドレール6の下部は、梁4aを介して
鉄塔3の1段目3aに固定される1段目6aと、梁4b
を介して鉄塔3の2段目3bに固定される2段目6bと
から構成され、上述したガイドレール6の上部は、前記
の梁4bを介して鉄塔3の3段目3cに固定される3段
目6cと、梁4cを介して鉄塔3の4段目3dに固定さ
れる4段目6dと、図示しない梁を介してそれぞれ鉄塔
3の上段に固定される上段レールとから構成されてい
る。
【0013】そして、本実施形態の据付方法によりエレ
ベータ据付を行なう際には、かご枠5のかご床5aの下
部にプーリ7が設けられ、かご床5aより上方の位置、
例えば梁4b、4cなどに、ワイヤロープ9を介してか
ご枠5を吊上げる揚重機8と、ワイヤロープ9の先端1
0とがそれぞれ設けられている。ワイヤロープ9の中間
部は、前記のプーリ7に巻掛けられるとともに、かご枠
5は、ガイドレール6に係合するストッパ11により支
持可能である。
【0014】この実施形態の据付方法にあっては、図5
に示す作業手順にしたがってエレベータ据付を行なうよ
うになっている。すなわち、まず手順S1として、図2
に示すように昇降路1の底部にピットベース2を設置
し、このピットベース2上に鉄塔3の1段目3aを組立
てて梁4aにより固定した後、ガイドレール6の1段目
6aを立設して前記の梁4aに固定し、手順S2とし
て、鉄塔3の1段目3aの上方に2段目3bを連結する
とともに、ガイドレール6の1段目6a上に2段目6b
を連結する。
【0015】次いで手順S3として、図3に示すように
ガイドレール6の1段目6aにストッパ11を係合させ
て、このストッパ11上で、ガイドレール6に係合させ
た状態でかご枠5を組立て、手順S4として、このかご
枠5のかご床5a上に作業者が乗込んでガイドレール6
の1段目6aを梁4bにより固定し、この梁4bにガイ
ドレール6の2段目6bを固定した後、梁4bより揚重
機8を吊下げて、ワイヤロープ9の中間部をかご床5a
下のプーリ7に巻掛けてワイヤロープ9の先端10を梁
4bに支持させて、この状態で揚重機8の駆動によりか
ご枠5を図4に示す高さ位置まで上昇させた後、このか
ご枠5をガイドレール6に係合するストッパ11により
支持させる。
【0016】次いで手順S5として、かご枠5を足場と
して、同図4に示すように鉄塔3の2段目3bの上方に
3段目3cを連結してガイドレール6の2段目6b上に
3段目6cを連結した後、これらの3段目3c、6cを
梁4bにより連結するとともに、図1に示すように、鉄
塔3の3段目3cの上方に4段目3dを連結してガイド
レール6の3段目6c上に4段目6dを連結した後、こ
れらの4段目3d、6dを梁4cにより連結する。手順
S6として、揚重機8およびワイヤロープ9の先端10
の両方を梁4bから一旦、取外して上方の梁cに支持さ
せて、揚重機8の駆動によりかご枠5をさらに上昇させ
た後、ガイドレール6に係合するストッパ11によりか
ご枠5を支持する。
【0017】次いで手順S7として、同様の手順で鉄塔
3の図示しない上段鉄塔およびガイドレール6の図示し
ない上段レールのそれぞれの組立てとかご枠5の上昇と
を昇降路1の頂部に至るまで繰り返して昇降路内機器を
据付けることによりエレベータ据付作業が完了する。
【0018】このように構成した実施形態では、昇降路
内機器が取付けられる強度部材を形成する鉄塔3の1段
目3a、2段目3b、3段目3c、4段目4dなどの各
部分を昇降路1の下方から上方へ順次積み重ねるととも
に、この鉄塔3の各部分に揚重機8を設けるようになっ
ているため、この揚重機8を建屋に取付ける必要がなく
て済み、建屋条件の異なる種々の建屋にエレベータを据
付けることができる。
【0019】また、本実施形態では、前記の揚重機8の
駆動によりかご枠5を昇降させて、このかご枠5を足場
として昇降路1の下方から順に作業位置を確保するの
で、従来のように昇降路1内の上部に跳ね出し足場を組
立てる必要がなくて済み、エレベータ据付時の作業効率
を向上できる。
【0020】なお、本実施形態にあっては、昇降路1に
立設した鉄塔3にガイドレール6を取付ける構成のエレ
ベータに関して説明したが、鉄塔の一部がかご枠を案内
するガイドレール部を兼ねるようにしたエレベータにお
いても、昇降路内に鉄塔の各部分を下方から上方へ順次
積み重ねるとともに、この鉄塔の各部分に揚重機を設け
てかご枠を上昇させながら、このかご枠を足場として昇
降路内機器を下方から上方へ順次据付けることにより同
様の効果が得られる。
【0021】さらに、本実施形態にあっては、かご床5
a下のプーリ7に揚重機8のワイヤロープ9を巻掛けて
かご枠5を昇降させるようにしたが、かご床5aの上部
にプーリを取付けて、このプーリに揚重機8のワイヤロ
ープ9を巻掛けてかご枠5を昇降させることもできる。
【0022】さらに、本実施形態では、かご枠5のかご
床5aを足場として用いる場合を例示したが、かご枠5
の上部に、かご天井および作業床の少なくとも一方を組
立てた後、このかご天井および作業床の少なくとも一方
を足場として、鉄塔の下部の上方に鉄塔の上部を連結す
るとともに、この鉄塔の上部に揚重機を設けるようにし
てもよい。
【0023】
【発明の効果】以上説明したように、本発明の請求項
1,2に係る発明によれば、従来のように揚重機を建屋
に取付けることや、いわゆる跳ね出し足場を昇降路上部
に仮設することを要せずに、エレベータ据付作業を行な
える。したがって、エレベータ据付時の作業効率を向上
できるため、作業コストを抑制できるとともに、建屋条
件の異なる種々の建屋にエレベータを据付けできるた
め、汎用性に富むエレベータの据付方法が得られるとい
う効果がある。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施形態に係るエレベータの据付方
法により鉄塔の4段目を組立てる工程を示す図である。
【図2】本実施形態の据付方法により鉄塔の2段目を組
立てる工程を示す図である。
【図3】本実施形態の据付方法に用いられるかご枠を設
けた状態を示す図である。
【図4】本実施形態の据付方法により鉄塔の3段目を組
立てる工程を示す図である。
【図5】本実施形態の据付方法の作業手順を示すフロー
チャートである。
【符号の説明】
1 昇降路 3 鉄塔 3a 1段目 3b 2段目 3c 3段目 3d 4段目 4a〜4c 梁 5 かご枠 5a かご床 6 ガイドレール 6a 1段目 6b 2段目 6c 3段目 6d 4段目 7 プーリ 8 揚重機 9 ワイヤロープ 11 ストッパ

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 昇降路に立設され、昇降路内機器が取付
    けられる強度部材を形成する鉄塔を有し、この鉄塔に、
    この鉄塔内で昇降するかご枠を案内するガイドレールを
    備えたエレベータの据付方法において、 前記鉄塔の下部を前記昇降路の下部で組立てて固定し、
    前記ガイドレールの下部を立設して前記鉄塔の下部に固
    定した後、前記ガイドレールの下部に係合させた状態で
    前記かご枠を組立てて、次いで、このかご枠を足場とし
    て前記鉄塔下部の上方に前記鉄塔の上部を連結するとと
    もに、前記ガイドレール下部の上方に前記ガイドレール
    の上部を連結して前記鉄塔の上部に固定し、この鉄塔上
    部に揚重機を設けて、この揚重機の駆動により前記かご
    枠を上昇させながら前記昇降路内機器を取付け、次い
    で、前記鉄塔上部およびガイドレール上部のそれぞれの
    組立てと前記かご枠の上昇とを前記昇降路の頂部に至る
    まで繰り返して行なうことを特徴とするエレベータの据
    付方法。
  2. 【請求項2】 昇降路に立設され、昇降路内機器が取付
    けられる強度部材を形成する鉄塔を有し、この鉄塔の一
    部がかご枠を案内するガイドレール部を兼ねるようにし
    たエレベータの据付方法において、 前記鉄塔の下部を前記昇降路の下部で組立てて固定し、
    前記鉄塔の下部に含まれるガイドレール部に係合させた
    状態で前記かご枠を組立てて、次いで、このかご枠を足
    場として前記鉄塔下部の上方に前記鉄塔の上部を連結す
    るとともに、この鉄塔の上部に揚重機を設けて、この揚
    重機の駆動により前記かご枠を上昇させながら前記昇降
    路内機器を取付け、次いで、前記鉄塔上部の組立てと前
    記かご枠の上昇とを前記昇降路の頂部に至るまで繰り返
    して行なうことを特徴とするエレベータの据付方法。
  3. 【請求項3】 前記かご枠の上部に、かご天井および作
    業床の少なくとも一方を組立てた後、このかご天井およ
    び作業床の少なくとも一方を足場として、前記鉄塔下部
    の上方に前記鉄塔の上部を連結するとともに、この鉄塔
    の上部に揚重機を設けるようにしたことを特徴とする請
    求項1または2記載のエレベータの据付方法。
  4. 【請求項4】 前記揚重機に、前記かご枠を吊上げるワ
    イヤロープを設けるとともに、前記かご枠の下部に、前
    記ワイヤロープの中間部が巻掛けられるプーリを設け
    て、前記ワイヤロープの先端を前記鉄塔に支持させるよ
    うにしたことを特徴とする請求項1〜3のいずれかに記
    載のエレベータの据付方法。
JP756398A 1998-01-19 1998-01-19 エレベータの据付方法 Pending JPH11209026A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP756398A JPH11209026A (ja) 1998-01-19 1998-01-19 エレベータの据付方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP756398A JPH11209026A (ja) 1998-01-19 1998-01-19 エレベータの据付方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11209026A true JPH11209026A (ja) 1999-08-03

Family

ID=11669278

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP756398A Pending JPH11209026A (ja) 1998-01-19 1998-01-19 エレベータの据付方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11209026A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
NL2007277C2 (en) * 2011-08-18 2013-02-19 Reco Special Products B V A method for assembling a modular lift apparatus, a method for de-assembling a modular lift apparatus, and a modular lift apparatus.
EP3296246A1 (en) * 2016-09-15 2018-03-21 ThyssenKrupp Encasa S.r.l. Method of installing an elevator in an elevator shaft
WO2021014528A1 (ja) * 2019-07-22 2021-01-28 三菱電機株式会社 エレベータの据付方法及び据付治具

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
NL2007277C2 (en) * 2011-08-18 2013-02-19 Reco Special Products B V A method for assembling a modular lift apparatus, a method for de-assembling a modular lift apparatus, and a modular lift apparatus.
EP2559647A1 (en) 2011-08-18 2013-02-20 Reco Special Products B.V. A method for assembling a modular lift apparatus, a method for de-assembling a modular lift apparatus, and a modular lift apparatus
EP3296246A1 (en) * 2016-09-15 2018-03-21 ThyssenKrupp Encasa S.r.l. Method of installing an elevator in an elevator shaft
WO2018050579A1 (en) * 2016-09-15 2018-03-22 Thyssenkrupp Encasa S.R.L. Method of installing an elevator in an elevator shaft
WO2021014528A1 (ja) * 2019-07-22 2021-01-28 三菱電機株式会社 エレベータの据付方法及び据付治具
JPWO2021014528A1 (ja) * 2019-07-22 2021-01-28

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH07100582B2 (ja) エレベータの作業プラットホーム及びエレベータの据付方法
JP2008038414A (ja) ボイラケージ部フロアの構築方法
JP6813123B2 (ja) エレベーターの揚程延長技術の適用方法
JP4828084B2 (ja) 巻上機の据付方法
JPWO2018138831A1 (ja) エレベータの据付方法
JPH11209026A (ja) エレベータの据付方法
JPH11209027A (ja) エレベータの据付方法
JP3348018B2 (ja) エレベータの据付方法
JP2000226169A (ja) エレベータの据付方法
JPS5935822B2 (ja) 工事用エレベ−タの据付工法
JP3301923B2 (ja) エレベータの作業足場装置
JP2001335255A (ja) エレベーターの据付工法及びエレベーターの据付用ユニット
JP2878936B2 (ja) エレベータの据付工法
JP2001072354A5 (ja)
JP3519009B2 (ja) エレベータの据付方法
JP2005067813A (ja) エレベータの巻上機の揚重治具及び揚重方法
JP2005231780A (ja) エレベータ装置およびそのエレベータ装置の据付工法
JP2877593B2 (ja) エレベータの設置方法
JP3301948B2 (ja) エレベータの据付工法
JP6814717B2 (ja) 水平部材の取り付け方法および建物躯体の構築方法
JPH05201648A (ja) エレベータの据付方法
JP3253441B2 (ja) エレベータの据付方法
JP2004189367A (ja) エレベータの据付方法
JPH11117523A (ja) エレベータパーキング用昇降作業台とこれを用いた工法
JP2003292268A (ja) 荷重受けブラケット