JPH11221313A - スロットマシン - Google Patents

スロットマシン

Info

Publication number
JPH11221313A
JPH11221313A JP10272859A JP27285998A JPH11221313A JP H11221313 A JPH11221313 A JP H11221313A JP 10272859 A JP10272859 A JP 10272859A JP 27285998 A JP27285998 A JP 27285998A JP H11221313 A JPH11221313 A JP H11221313A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
state
winning
drums
player
illuminating
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP10272859A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2965152B2 (ja
Inventor
Takatoshi Takemoto
孝俊 武本
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Ace Denken KK
Original Assignee
Ace Denken KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Family has litigation
First worldwide family litigation filed litigation Critical https://patents.darts-ip.com/?family=26550419&utm_source=google_patent&utm_medium=platform_link&utm_campaign=public_patent_search&patent=JPH11221313(A) "Global patent litigation dataset” by Darts-ip is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Application filed by Ace Denken KK filed Critical Ace Denken KK
Priority to JP10272859A priority Critical patent/JP2965152B2/ja
Publication of JPH11221313A publication Critical patent/JPH11221313A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2965152B2 publication Critical patent/JP2965152B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】リーチ目を覚えなくても、当選可能状態にある
ことを容易に判別することのできるスロットマシンを提
供する。 【解決手段】ドラム30a〜30cの近傍にこれらを複
数の色で照明可能な照明部50を配置する。遊技状態設
定部43は、通常よりも有利な条件で遊技を行うことの
できる特別遊技状態に移行する条件となる当選パターン
の出現し得る当選可能状態と、当選パターンが出現しな
いように設定した当選不可状態とに少なくとも遊技状態
を切り替え、照明色切替部45は、遊技状態設定部43
によって設定された遊技状態に応じて、ドラム30a〜
30cの照明色を切り替える。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、外周面に複数の図
柄が描かれたドラムを複数同軸にして横方向に並べた回
転ドラム部を回転させ、各ドラムごとに用意された停止
スイッチの押下に従って対応するドラムを停止させ、す
べてのドラムが停止した際の停止態様が有効なライン上
に特定の図柄の揃う当選パターンのとき、通常よりも有
利な条件で遊技を行うことのできる特別遊技状態に移行
して遊技者に利益を付与するスロットマシンに関する。
【0002】
【従来の技術】従来から使用されているスロットマシン
は、外周面に複数の図柄が描かれた3個のドラムを同軸
に横に並べた回転ドラム部を有し、1枚〜3枚のメダル
を投入した後に始動レバーを操作することで、一斉にド
ラムが回転するようになっている。各ドラムには、対応
する停止スイッチが設けられており、これらを押下する
ことで、回転中のドラムが停止する。そして、すべての
ドラムが停止した際に、有効なライン上に所定の図柄が
揃ったとき、入賞となり、その際の図柄に応じて決めら
れた枚数のメダルを遊技者に払い出すようになってい
る。
【0003】また、予め定めた特定の図柄が有効ライン
上に揃う当選パターンが出現したとき、大当たりとな
り、通常よりも有利な条件で遊技を行うことのできる特
別遊技状態(一般に、ボーナスゲームと称される特別な
遊技状態)に移行し、遊技者に多数のメダルをもたらし
て利益を付与するようになっている。
【0004】通常、スロットマシンは、当選パターンが
有効ライン上に出現し得る当選可能状態と、有効ライン
上に当選パターンが出現しないかあるいは出現確率の極
めて低い当選不可状態の各遊技状態を有しており、予め
定めた確率に従って、当選可能状態が現れるように設定
されている。
【0005】また、当選可能状態であっても、回ってい
る各ドラム上の図柄を観察し、目的とする図柄が有効ラ
イン上に停止するように図柄を狙って停止ボタンを押下
する、いわゆる目押しを行わなければ、なかなか当選パ
ターンは揃わないようになっている。
【0006】そこで、従来のスロットマシンでは、一般
にリーチ目と呼ばれるいくつかの停止態様を予め定めて
おき、当選可能状態に入ったとき、このリーチ目を出現
させ、遊技者に、今、当選可能状態にあることを通知す
るようになっている。
【0007】遊技者は、当選可能状態を見逃すことがな
いように各種のリーチ目を記憶しておき、リーチ目が出
現し始めたら、神経を集中させて目押しを行うことで、
当選パターンを出現させ、遊技を有利に進めることがで
きるようになっている。
【0008】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、このよ
うな従来の技術では、多数存在するリーチ目を予め覚え
ておかなければ当選可能状態にあることを見逃してしま
うので、初心者等は、遊技を有利にかつ十分に楽しむこ
とができないという問題があった。
【0009】本発明は、このような従来の技術が有する
問題点に着目してなされたもので、リーチ目を覚えなく
ても、当選可能状態にあることを容易に判別することの
できるスロットマシンを提供することを目的としてい
る。
【0010】
【課題を解決するための手段】かかる目的を達成するた
めの本発明の要旨とするところは、次の各項の発明に存
する。 [1]外周面に複数の図柄が描かれたドラム(30a〜
30c)を複数同軸にして横方向に並べた回転ドラム
(30a〜30c)部を回転させ、各ドラム(30a〜
30c)ごとに用意された停止スイッチ(12a〜12
c)の押下に従って対応するドラム(30a〜30c)
を停止させ、すべてのドラム(30a〜30c)が停止
した際の停止態様が有効なライン上に特定の図柄の揃う
当選パターンのとき、通常よりも有利な条件で遊技を行
うことのできる特別遊技状態に移行して遊技者に利益を
付与するスロットマシンにおいて、少なくとも前記当選
パターンが出現し得るように設定された当選可能状態と
前記当選パターンが出現しないように設定された当選不
可状態とに遊技状態を切り替える状態設定手段(43)
と、前記回転ドラム(30a〜30c)部を照明する照
明手段(50、45)とを有し、前記照明手段(50、
45)は、前記回転ドラム(30a〜30c)の照明状
態を変化させることによって前記遊技状態が前記当選可
能状態になったことを遊技者に通知することを特徴とす
るスロットマシン。
【0011】[2]前記照明手段(50、45)は、前
記遊技状態が前記当選可能状態にある場合とこれ以外の
状態にある場合とで前記回転ドラム(30a〜30c)
部を照明する際の色を切り替えることを特徴とする
[1]記載のスロットマシン。
【0012】[3]外周面に複数の図柄が描かれたドラ
ム(30a〜30c)を複数同軸にして横方向に並べた
回転ドラム(30a〜30c)部を回転させ、各ドラム
(30a〜30c)ごとに用意された停止スイッチ(1
2a〜12c)の押下に従って対応するドラム(30a
〜30c)を停止させ、すべてのドラム(30a〜30
c)が停止した際の停止態様が有効なライン上に特定の
図柄の揃う当選パターンのとき、通常よりも有利な条件
で遊技を行うことのできる特別遊技状態に移行して遊技
者に利益を付与するスロットマシンにおいて、前記当選
パターンが出現し得るように設定された当選可能状態と
前記当選可能状態に移行する時期が近づいたことを遊技
者に通知するための予め定めた予告パターンを前記停止
態様として出現させる目替わり状態と前記当選パターン
が出現しないように設定された当選不可状態とに遊技状
態を切り替える状態設定手段(43)と、前記回転ドラ
ム(30a〜30c)部を複数の色で照明し得る照明手
段(50)と、前記回転ドラム(30a〜30c)部を
照明する際の色を切り替える照明色切替手段(45)と
を有し、前記照明色切替手段(45)は、前記状態設定
手段(43)によって設定された遊技状態に応じて、前
記回転ドラム(30a〜30c)部を照明する際の色を
切り替えることを特徴とするスロットマシン。
【0013】前記本発明は次のように作用する。状態設
定手段(43)は、少なくとも当選パターンが出現し得
る当選可能状態と当選パターンが出現しないように設定
された当選不可状態とに遊技状態を切り替え、照明手段
(50、45)は、回転ドラム(30a〜30c)の照
明状態を変化させることによって遊技状態が当選可能状
態になったことを遊技者に通知する。
【0014】たとえば、当選可能状態にある場合とそう
でない場合とで、回転ドラム(30a〜30c)の照明
色を変えたり、遊技状態が変化する際に照明を一時的に
消灯するなどによって遊技者に当選可能状態に入ったこ
とを通知する。
【0015】このように、回転ドラム(30a〜30
c)の照明状態を変化させることによって遊技状態が当
選可能状態になったことを遊技者に通知するので、遊技
者は、リーチ目等を覚える必要がなく、初心者でもゲー
ムを十分に楽しむことができるとともに、照明状態の変
化によって遊技者の期待感を喚起することができる。
【0016】また、当選可能状態と、当選可能状態に移
行する時期が近づいたことを遊技者に通知するための予
め定めた予告パターンを停止態様として出現させる目替
わり状態と、当選不可状態とに遊技状態を切り替えるも
のでは、各遊技状態の違いに応じて、回転ドラム(30
a〜30c)部を照明する際の色を切り替える。
【0017】このように、各遊技状態の違いに応じて回
転ドラム(30a〜30c)を照明する色を変化させる
ので、当選パターンの出現し得る当選可能状態になって
いることや当選可能状態への移行時期が近づいているこ
と等を照明色に基づいて遊技者が認識できる。その結
果、リーチ目等を覚える必要がなく、初心者でもゲーム
を十分に楽しめ、さらに、照明色の変化により遊技者の
期待感を喚起することができる。
【0018】
【発明の実施の形態】以下図面に基づき本発明の一実施
の形態を説明する。各図は本発明の一実施の形態を示し
ている。図2は、本発明の一実施の形態にかかるスロッ
トマシン10の外観を、図3は、スロットマシン10の
横断面を示している。スロットマシン10は、縦長の箱
形筐体11の正面中央部に、第1〜第3のストップボタ
ン12a、12b、12cを備えている。これらの左横
にレバー型のスタートスイッチ13が配置されている。
第1〜第3のストップボタン12a、12b、12cの
上方には、前面パネル14が設けられ、当該前面パネル
14の中央部分には、透明なガラス板をはめ込んだ観察
窓15a、15b、15cが設けられている。
【0019】各観察窓15a、15b、15cの裏面に
は、円筒形状を成した第1〜第3のドラム30a、30
b、30cが同軸状に隣接して横方向に配置され、回動
可能に支持されている。第1〜第3のドラム30a、3
0b、30cの外周面には、「チェリー」、「レモ
ン」、「ベル」等の絵や、「7」、「BAR」などの文
字から成る図柄が略一定間隔に描かれている。
【0020】観察窓15a、15b、15cの表面に
は、メダル投入口16を通じて投入されたメダルの枚数
に対応して有効化される入賞ライン17が複数描かれて
いる。各入賞ライン17の両端部には有効表示ランプ1
8が配置されており、有効表示ランプ18を点灯するこ
とでどの入賞ライン17が有効化されているかを示すよ
うになっている。
【0021】観察窓15a、15b、15cの内側の上
部および下部には、それぞれ照明部50が配置されてい
る。ここでは、照明部50として白色、赤色および緑色
の蛍光灯を配置してある。
【0022】スロットマシン10の正面下部には、賞と
して払い出されるメダルの排出口19と、当該排出口1
9から払い出されたメダルを受け止める受け皿20が設
けられている。またスロットマシン10の正面上部に
は、各種の電飾装置21が配置されている。なお、図3
には図示していないが、スロットマシン10の内部に
は、電源部、制御回路基板、メダル払出器等が格納され
ている。
【0023】図1は、スロットマシン10の回路構成を
示したものである。制御部40は、スロットマシン10
の各種の動作を統括制御する回路部分であり、CPU
(中央処理装置)、ROM(リード・オンリ・メモ
リ)、RAM(ランダム・アクセス・メモリ)等を主要
部とした回路で構成されている。制御部40には、第1
〜第3のストップボタン12a、12b、12c、スタ
ートスイッチ13のほかメダルの投入を検知するメダル
投入センサ41やメダルの払い出しを実行するメダル払
出器42等が接続されている。
【0024】また制御部40には、第1〜第3のドラム
30a、30b、30cを回転駆動するための第1〜第
3のパルスモータ31a、31b、31cが図示しない
ドライバー回路を介して接続されている。さらに制御部
40には、各ドラム30a〜30cを照明する照明部5
0が接続されている。照明部50は、白色照明50a
と、赤色照明50bと、緑色照明50cの3色の蛍光灯
から構成されている。このほか、第1〜第3のドラム3
0a、30b、30cの近傍に配置され、各ドラムの回
転角度を検知する図示しないセンサが制御部40に接続
されている。
【0025】制御部40は、スロットマシン10におけ
る遊技状態を設定変更する遊技状態設定部43と、第1
〜第3のパルスモータ31a、31b、31cの回転速
度や停止位置を制御する回転制御部44と、照明部50
の点灯・消灯を制御し、照明色を切り替える照明色切替
部45とを有している。遊技状態設定部43は、遊技状
態を、当選可能状態と、目替わり状態と、当選不可状態
とに切り替える機能を備えている。
【0026】当選可能状態とは、通常よりも有利な条件
で遊技を行うことのできる特別遊技状態に移行するため
の条件となる当選パターンが停止態様として出現し得る
状態をいう。目替わり状態とは、当選可能状態に移行す
る時期が一定範囲内に近づいたことを遊技者に認識させ
るため、停止態様として出現するパターンの傾向を変化
させ、予め定めた予告パターン等を時折出現させる状態
をいう。当選不可状態とは、当選パターンが出現しない
よう設定された状態をいう。遊技状態設定部43は、図
示しない乱数発生器等を備えており、所定の出現確率で
当選可能状態や目替わり状態を出現させるようになって
いる。
【0027】回転制御部44は、第1〜第3のパルスモ
ータ31a、31b、31cを駆動するための駆動パル
スを生成する回路部分であり、各パルスモータ31a、
31b、31cを駆動するとともに、回転角度を検知す
るセンサからの情報を基にして、設定した位置で各ドラ
ム30a〜30cを停止させる機能を備えている。ただ
しストップスイッチ12a〜12cの押下されたタイミ
ングと大幅に外れた位置でドラムを停止させるのは不自
然なので、この場合には、設定位置以外の箇所でドラム
を停止させるようになっている。
【0028】照明色切替部45は、照明部50の点灯・
消灯および点灯する際の色を設定する回路部分であり、
遊技状態設定部43によって設定された遊技状態に応じ
て、照明色を変更するようになっている。
【0029】次に作用を説明する。スロットマシン10
は、電源投入後の待機状態において、白色照明50aを
点灯させている。メダル投入口16から1枚〜3枚のメ
ダルが投入されると、スロットマシン10は、投入され
たメダルの枚数に応じて、入賞ライン17を有効化し、
有効化された入賞ライン17の両端に配置されている有
効表示ランプ18を点灯させる。すなわち、メダルが1
枚投入されたときは、センターラインのみを有効化し、
2枚の場合には、上中下の横ラインを有効化し、3枚掛
けではこれらに斜めの入賞ラインを加えた合計5つのラ
インを有効化する。
【0030】メダルが投入された後、スタートスイッチ
13が操作されると、第1〜第3のドラム30a、30
b、30cを一斉に回転させる。その後、ストップボタ
ン12cが押下されると、押下されたスイッチに対応す
るドラム30a〜30cを停止させる。すべてのドラム
30a〜30cが停止した際に、有効化された入賞ライ
ン17上に所定の図柄が揃うと、その図柄に割り当てら
れている役に応じた枚数のメダルが排出口19から受け
皿20に払い出される。
【0031】停止態様として特定の図柄の揃う当選パタ
ーンが出現すると、特別遊技状態に入り、以後、所定の
解除条件が満足されるまでの間、極めて有利な条件で遊
技が進行し、合計で300枚から400枚のメダルを払
い出す、いわゆるボーナスゲームに移行する。ここで
は、「777」の図柄がセンターライン上に揃う状態を
当選パターンに設定してある。
【0032】遊技状態設定部43は、遊技状態を当選可
能状態と、目替わり状態と、当選不可状態とに切り替え
る。たとえば、ボーナスゲームが数百分の1の確率で出
現するように、適宜のタイミングで当選可能状態を形成
するようになっている。
【0033】通常、遊技状態は、当選不可状態に設定さ
れており、このとき、照明色切替部45は、白色照明5
0aを点灯させている。この状態での遊技が所定回数行
われ、当選可能状態に移行する時期が近づいたとき、遊
技状態設定部43は、遊技状態を目替わり状態に変更
し、予め定めた予告パターン等を停止態様として時折出
現させ、出目の傾向を変化させる。照明色切替部45
は、遊技状態が目替わり状態に変更されたとき、白色照
明50aを消灯して緑色照明50cを点灯させ、各ドラ
ム30a〜30cが緑色に照明されるように照明色を変
更する。
【0034】これにより、出目の変化に気づかない初心
の遊技者であっても、目替わり状態に入って当選可能状
態が近づいていることを照明色の変化によって認識する
ことができる。
【0035】遊技状態設定部43は、目替わり状態を一
定期間等継続した後、遊技状態を当選可能状態に変更す
る。これと同時に照明色切替部45は、赤色照明50b
と緑色照明50cの双方を点灯させ、照明色をこれらの
混合色に変更する。なお、2色等、複数の蛍光灯を点灯
した場合には、それぞれの光量を点灯数に応じて低下さ
せることが望ましい。
【0036】このように照明色が変化するので、遊技者
は、現在、当選可能状態に入っていることを容易に認識
することができる。通常、当選可能状態に入ったことを
認識した遊技者は、いわゆる目押しを行って、当選パタ
ーンで図柄を停止させるように試みる。適正なタイミン
グで第1〜第3のストップボタン12a、12b、12
cが押下され、当選パターンが出現した場合には、遊技
状態設定部43は、遊技状態を特別遊技状態に移行さ
せ、ボーナスゲームを開始する。
【0037】照明色切替部45は、目押し等によって当
選パターンが出現したとき、赤色照明50bのみを点灯
させ、各ドラム30a〜30cを赤で照明する。これに
より、当選したことは遊技者に明確に認識されるととも
に、当選の興奮を喚起する演出を行うことができる。
【0038】なお、ストップスイッチ12a〜12cの
押下されたタイミングと大きく外れた箇所でドラムを停
止すると不自然なので、当選可能状態にない場合でも当
選パターンの出現する場合があり、当選不可状態からい
きなり、当選パターンが出現したときも、照明色切替部
45は、照明色を赤色に変更するようになっている。
【0039】上述の例では、目替わり状態に入ったとき
にも、照明状態を変更するようにしたが、少なくとも当
選可能状態に入ったときに照明状態が変化すればよく、
たとえば当選不可状態から目替わり状態に移行したとき
には、必ずしも照明状態を変更しなくてもよい。
【0040】また、遊技状態に応じて照明色を変更する
ようにしたが、白色照明等で各ドラム30a〜30cを
常時は照明しておき、一の遊技状態から他の遊技状態に
変化するときに一時的に照明を消灯するようにしてもよ
い。たとえば、目替わり状態から当選可能状態に移行す
る際に、一瞬だけ照明を落とすようにすれば、当選可能
状態に入ったことを遊技者に容易に認識させることがで
きる。
【0041】さらに、上述の例では、ドラム30a〜3
0cの照明状態のみによって遊技状態の変化を遊技者に
通知するようにしたが、照明状態の変更に加えて他の通
知手段を併用するようにしてもよい。具体的には、上部
に設けた電飾装置21を、遊技状態が当選可能状態に入
ったときなどに点灯あるいは点滅等させたり、図示しな
い液晶ディスプレイ等の表示装置上に遊技状態を文字あ
るいは図柄等によって表示することを併用すると、より
的確に遊技状態の変化を遊技者に認識させることができ
る。
【0042】以上説明した実施の形態で示した照明色は
一例であり、これらの色に限られるものではない。また
実施の形態では、観察窓の裏側の上部と下部に複数色発
光可能な蛍光灯を配置したが、上部または下部のいずれ
か一方に配置するものであってもよい。
【0043】
【発明の効果】本発明にかかるスロットマシンによれ
ば、回転ドラムの照明状態を変化させることによって遊
技状態が当選可能状態等になったことを遊技者に通知す
るので、リーチ目等を覚えていなくても、目押しの機会
を逃すようなことが少なく、初心者でも十分にゲームを
楽しむことができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施の形態に係るスロットマシンの
回路構成を示すブロック図である。
【図2】本発明の一実施の形態に係るスロットマシンを
示す斜視図である。
【図3】本発明の一実施の形態に係るスロットマシンを
示す断面図である。
【符号の説明】
10…スロットマシン 12a、12b、12c…ストップボタン 13…スタートボタン 14…前面パネル 15a〜15c…観察窓 30a〜30c…ドラム 40…制御部 43…遊技状態設定部 45…照明色切替部 50…照明部 50a…白色照明 50b…赤色照明 50c…緑色照明

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】外周面に複数の図柄が描かれたドラムを複
    数同軸にして横方向に並べた回転ドラム部を回転させ、
    各ドラムごとに用意された停止スイッチの押下に従って
    対応するドラムを停止させ、すべてのドラムが停止した
    際の停止態様が有効なライン上に特定の図柄の揃う当選
    パターンのとき、通常よりも有利な条件で遊技を行うこ
    とのできる特別遊技状態に移行して遊技者に利益を付与
    するスロットマシンにおいて、 少なくとも前記当選パターンが出現し得るように設定さ
    れた当選可能状態と前記当選パターンが出現しないよう
    に設定された当選不可状態とに遊技状態を切り替える状
    態設定手段と、前記回転ドラム部を照明する照明手段と
    を有し、 前記照明手段は、前記回転ドラムの照明状態を変化させ
    ることによって前記遊技状態が前記当選可能状態になっ
    たことを遊技者に通知することを特徴とするスロットマ
    シン。
  2. 【請求項2】前記照明手段は、前記遊技状態が前記当選
    可能状態にある場合とこれ以外の状態にある場合とで前
    記回転ドラム部を照明する際の色を切り替えることを特
    徴とする請求項1記載のスロットマシン。
  3. 【請求項3】外周面に複数の図柄が描かれたドラムを複
    数同軸にして横方向に並べた回転ドラム部を回転させ、
    各ドラムごとに用意された停止スイッチの押下に従って
    対応するドラムを停止させ、すべてのドラムが停止した
    際の停止態様が有効なライン上に特定の図柄の揃う当選
    パターンのとき、通常よりも有利な条件で遊技を行うこ
    とのできる特別遊技状態に移行して遊技者に利益を付与
    するスロットマシンにおいて、 前記当選パターンが出現し得るように設定された当選可
    能状態と前記当選可能状態に移行する時期が近づいたこ
    とを遊技者に通知するための予め定めた予告パターンを
    前記停止態様として出現させる目替わり状態と前記当選
    パターンが出現しないように設定された当選不可状態と
    に遊技状態を切り替える状態設定手段と、前記回転ドラ
    ム部を複数の色で照明し得る照明手段と、前記回転ドラ
    ム部を照明する際の色を切り替える照明色切替手段とを
    有し、 前記照明色切替手段は、前記状態設定手段によって設定
    された遊技状態に応じて、前記回転ドラム部を照明する
    際の色を切り替えることを特徴とするスロットマシン。
JP10272859A 1997-12-03 1998-09-28 スロットマシン Expired - Fee Related JP2965152B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10272859A JP2965152B2 (ja) 1997-12-03 1998-09-28 スロットマシン

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9-332748 1997-12-03
JP09332748 1997-12-03
JP10272859A JP2965152B2 (ja) 1997-12-03 1998-09-28 スロットマシン

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH11221313A true JPH11221313A (ja) 1999-08-17
JP2965152B2 JP2965152B2 (ja) 1999-10-18

Family

ID=26550419

Family Applications (3)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10272860A Pending JPH11164935A (ja) 1997-12-03 1998-09-28 スロットマシン
JP10272859A Expired - Fee Related JP2965152B2 (ja) 1997-12-03 1998-09-28 スロットマシン
JP10272861A Withdrawn JPH11164936A (ja) 1997-12-03 1998-09-28 スロットマシン

Family Applications Before (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10272860A Pending JPH11164935A (ja) 1997-12-03 1998-09-28 スロットマシン

Family Applications After (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10272861A Withdrawn JPH11164936A (ja) 1997-12-03 1998-09-28 スロットマシン

Country Status (1)

Country Link
JP (3) JPH11164935A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003180958A (ja) * 2001-12-21 2003-07-02 Naito Shokai:Kk パチンコ機における照明表示装置の表示方法
JP2004261460A (ja) * 2003-03-03 2004-09-24 Kpe Inc 遊技装置
JP2005013281A (ja) * 2003-06-23 2005-01-20 Sankyo Kk 遊技機
JP2005137724A (ja) * 2003-11-07 2005-06-02 Aruze Corp 遊技機

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002191757A (ja) * 2001-11-20 2002-07-10 Takasago Electric Ind Co Ltd スロットマシン
JP2008073564A (ja) * 2007-12-13 2008-04-03 West C:Kk スロットマシン
KR101176561B1 (ko) 2009-09-04 2012-08-23 이재형 배경피봇을 이용한 보너스게임을 포함하는 게임장치

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003180958A (ja) * 2001-12-21 2003-07-02 Naito Shokai:Kk パチンコ機における照明表示装置の表示方法
JP2004261460A (ja) * 2003-03-03 2004-09-24 Kpe Inc 遊技装置
JP2005013281A (ja) * 2003-06-23 2005-01-20 Sankyo Kk 遊技機
JP2005137724A (ja) * 2003-11-07 2005-06-02 Aruze Corp 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP2965152B2 (ja) 1999-10-18
JPH11164935A (ja) 1999-06-22
JPH11164936A (ja) 1999-06-22

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2000167107A (ja) シンボル可変表示遊技機
JP2005013446A (ja) 遊技機
JP2001062038A (ja) スロットマシン
JP2965152B2 (ja) スロットマシン
JP2000229147A (ja) スロットマシン
JPH09271559A (ja) スロットマシン
JP4286376B2 (ja) スロットマシン
JP3684069B2 (ja) スロットマシン
JP2000254278A (ja) シンボル可変表示遊技機
JP2005211348A (ja) 遊技機
JP2002136693A (ja) 遊技機の情報表示装置
JP2004024676A (ja) 遊技機
JPH11164938A (ja) スロットマシン
JP2002119638A (ja) 遊技機における情報告知方法およびその方法が実施されたスロットマシン
JP2000296203A (ja) スロットマシン
JP2001062034A (ja) スロットマシン
JP2005211349A (ja) 遊技機
JP2000296196A (ja) スロットマシン
JP2005211339A (ja) 遊技機
JP2001029535A (ja) スロットマシン
JP2001070503A (ja) スロットマシン
JP2001029544A (ja) 遊技機
JP2000300716A (ja) スロットマシン
JP2001046584A (ja) スロットマシン
JP2001046587A (ja) スロットマシン

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20070813

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080813

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080813

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090813

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090813

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100813

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110813

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110813

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120813

Year of fee payment: 13

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130813

Year of fee payment: 14

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees