JPH09177913A - 油圧式オートテンショナユニット - Google Patents

油圧式オートテンショナユニット

Info

Publication number
JPH09177913A
JPH09177913A JP34051295A JP34051295A JPH09177913A JP H09177913 A JPH09177913 A JP H09177913A JP 34051295 A JP34051295 A JP 34051295A JP 34051295 A JP34051295 A JP 34051295A JP H09177913 A JPH09177913 A JP H09177913A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
rod
spring
tension
cylinder
insertion hole
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP34051295A
Other languages
English (en)
Inventor
Etsukazu Hida
Teiji Katogi
貞次 加藤木
悦和 肥田
Original Assignee
Ntn Corp
エヌティエヌ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ntn Corp, エヌティエヌ株式会社 filed Critical Ntn Corp
Priority to JP34051295A priority Critical patent/JPH09177913A/ja
Publication of JPH09177913A publication Critical patent/JPH09177913A/ja
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16HGEARING
    • F16H7/00Gearings for conveying rotary motion by endless flexible members
    • F16H7/08Means for varying tension of belts, ropes, or chains
    • F16H7/10Means for varying tension of belts, ropes, or chains by adjusting the axis of a pulley
    • F16H7/12Means for varying tension of belts, ropes, or chains by adjusting the axis of a pulley of an idle pulley
    • F16H7/1209Means for varying tension of belts, ropes, or chains by adjusting the axis of a pulley of an idle pulley with vibration damping means
    • F16H7/1236Means for varying tension of belts, ropes, or chains by adjusting the axis of a pulley of an idle pulley with vibration damping means of the fluid and restriction type, e.g. dashpot
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16HGEARING
    • F16H7/00Gearings for conveying rotary motion by endless flexible members
    • F16H7/08Means for varying tension of belts, ropes, or chains
    • F16H7/0848Means for varying tension of belts, ropes, or chains with means for impeding reverse motion
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16HGEARING
    • F16H7/00Gearings for conveying rotary motion by endless flexible members
    • F16H7/08Means for varying tension of belts, ropes, or chains
    • F16H2007/0802Actuators for final output members
    • F16H2007/0806Compression coil springs
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16HGEARING
    • F16H7/00Gearings for conveying rotary motion by endless flexible members
    • F16H7/08Means for varying tension of belts, ropes, or chains
    • F16H2007/0802Actuators for final output members
    • F16H2007/0812Fluid pressure
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16HGEARING
    • F16H7/00Gearings for conveying rotary motion by endless flexible members
    • F16H7/08Means for varying tension of belts, ropes, or chains
    • F16H7/0848Means for varying tension of belts, ropes, or chains with means for impeding reverse motion
    • F16H2007/0859Check valves
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16HGEARING
    • F16H7/00Gearings for conveying rotary motion by endless flexible members
    • F16H7/08Means for varying tension of belts, ropes, or chains
    • F16H2007/0863Finally actuated members, e.g. constructional details thereof
    • F16H2007/0865Pulleys
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16HGEARING
    • F16H7/00Gearings for conveying rotary motion by endless flexible members
    • F16H7/08Means for varying tension of belts, ropes, or chains
    • F16H2007/0889Path of movement of the finally actuated member
    • F16H2007/0893Circular path
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16HGEARING
    • F16H7/00Gearings for conveying rotary motion by endless flexible members
    • F16H7/08Means for varying tension of belts, ropes, or chains
    • F16H7/0829Means for varying tension of belts, ropes, or chains with vibration damping means
    • F16H7/0836Means for varying tension of belts, ropes, or chains with vibration damping means of the fluid and restriction type, e.g. dashpot

Abstract

(57)【要約】 【課題】 ベルトの張力変化を吸収するアクチュエータ
の組立ての容易化を図り、張力ばねとしてばね力の強い
コイル径の大きいものを用いることができるようにした
油圧式オートテンショナを提供する。 【解決手段】 揺動自在に支持されたアーム1にテンシ
ョンプーリを回転自在に支持する。アーム1にアクチュ
エータ6を連結してテンションプーリをベルトに押し付
ける。アクチュエータ6は、シリンダ8の内部にロッド
10を挿入し、ロッド10に作用する押し込み力の緩衝
用油圧ダンパ機構11をシリンダ8の内部に組込む。シ
リンダ8の外側に張力ばね18を装着して、張力ばね1
8が大きさに制限を受けるのを防止する。張力ばね18
のばね力を受けるばね座23をピン26の挿入によりロ
ッド10の先端に固定し、そのばね座23にエンジンブ
ロック3に対する連結片28を設け、油圧ダンパ機構1
1の組込み後に、張力ばね18とばね座23の取付けが
できるようにしてアクチュエータ6の組立性の向上を図
る。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】この発明はベルト、主とし
て、オルタネータ等の自動車補機を駆動するベルトの張
力調整用に用いられる油圧式オートテンショナユニット
に関するものである。

【0002】

【従来の技術】エンジンブロックに揺動自在に取付けら
れたアームの揺動側端部にテンションプーリを回転自在
に支持し、そのアームに連結したアクチュエータによ
り、テンションプーリがベルトを張る方向にアームを付
勢して、ベルトの張力を一定に保つようにした油圧式オ
ートテンショナユニットは、米国特許第4,790,8
01号明細書や特表平2−500210号公報に記載さ
れている。

【0003】上記油圧式オートテンショナに組込まれた
アクチュエータは、シリンダの内部に挿入されたロッド
に張力ばねの弾力を付与してロッドに突出性を付与し、
ロッドに作用する軸方向の押し込み力をシリンダ内部に
組込まれた油圧ダンパ機構により緩衝して、上記張力ば
ねと油圧ダンパ機構とでベルトの張力変動を吸収し、ベ
ルト張力を一定に保つようにしている。

【0004】

【発明が解決しようとする課題】ところで、上記明細書
や上記公報に記載された油圧式オートテンショナユニッ
トにおいては、アクチュエータに設けられた張力ばねが
シリンダの内部に収納された構成であるため、ばね自体
の大きさが制限され、高いベルト張力を必要とする場合
や、張力付与の変動を小さくするため、張力ばねのコイ
ル径を大きくし、ばね定数を低く設定する場合のレイア
ウトでは採用することができない不都合があった。

【0005】そこで、張力ばねをシリンダの外部に設け
ることにすれば、ばね力の大きい張力ばねや、コイル径
の大きい張力ばねを用いることができるため、上記の不
都合を解消することができるが、この場合、アームに対
するアクチュエータの連結構造が複雑になり、アクチュ
エータの組立ても困難になる。

【0006】この発明の課題は、高いベルト張力を必要
とする場合やばね定数を低く設定する場合のレイアウト
を可能とすることができると共に、アクチュエータの組
立ての容易な油圧式オートテンショナユニットを提供す
ることである。

【0007】

【課題を解決するための手段】上記の課題を解決するた
め、第1の発明においては、固定部に揺動自在に支持さ
れたアームの揺動側端部にテンションプーリを回転自在
に取付け、そのアームに連結したアクチュエータによっ
てテンションプーリを介してベルトに一定の張力を与
え、上記アクチュエータがシリンダと、そのシリンダ内
に挿入されたロッドと、そのロッドに突出性を付与する
張力ばねと、ロッドに付与される押し込み力を緩衝する
油圧ダンパ機構とから成る油圧式オートテンショナユニ
ットにおいて、前記アクチュエータの張力ばねをシリン
ダの外側に設け、上記ロッドの先端部が挿入されるロッ
ド挿入孔を有するばね座をロッドの先端部に嵌合し、そ
のばね座に上記ロッド挿入孔を貫通するピン圧入孔を設
け、そのピン圧入孔からロッドの先端部に設けられた半
径方向のピン挿入孔にピンを挿入してばね座を固定し、
そのばね座によって張力ばねのばね力を受け、上記ばね
座とシリンダ後端部の一方にボルトの締付けによって固
定部に連結される連結片を設け、他方にピンの差し込み
によってアームに連結される連結片を形成した構成を採
用している。

【0008】また、第2の発明においては、固定部に揺
動自在に支持されたアームの揺動側端部にテンションプ
ーリを回転自在に取付け、そのアームに連結したアクチ
ュエータによってテンションプーリを介してベルトに一
定の張力を与え、上記アクチュエータがシリンダと、そ
のシリンダ内に挿入されたロッドと、そのロッドに突出
性を付与する張力ばねと、ロッドに付与される押し込み
力を緩衝する油圧ダンパ機構とから成る油圧式オートテ
ンショナユニットにおいて、前記アクチュエータの張力
ばねをシリンダの外側に設け、上記シリンダの後端部に
張力ばねの一端を受けるフランジと、ピンの差し込みに
よりアームに連結される連結片とを設け、前記ロッドの
先端部に係合溝を形成し、その係合溝に張力ばねの他端
を受けるばね座を係合し、このばね座から上方に突出す
るロッド先端部にロッド挿入孔を有する連結片を嵌合
し、その連結片に上記ロッド挿入孔に貫通するピン圧入
孔を設け、そのピン圧入孔からロッドの先端部に形成さ
れた半径方向のピン挿入孔にピンを挿入して連結片を固
定し、この連結片に設けられた支点軸挿入孔にボルトの
締付けによって固定部に固定される筒状の支点軸を挿入
した構成を採用している。

【0009】

【発明の実施の形態】以下、この発明の実施の形態を図
面に基づいて説明する。

【0010】図1に示すように、アーム1は、支点部2
を中心として揺動自在に支持されている。ここで、支点
部2は、図2に鎖線で示す固定部としてのエンジンブロ
ック3にボルト4の締付けにより固定されている。

【0011】アーム1の揺動側端部にはテンションプー
リ5が回転自在に支持されている。また、アーム1には
アクチュエータ6が連結され、そのアクチュエータ6に
よって、アーム1とテンションプーリ5を介してベルト
7に一定の張力を与えている。

【0012】図2は、上記アクチュエータ6を示す。こ
のアクチュエータ6は、シリンダ8を有し、そのシリン
ダ8の内側上部にオイルシール9が取付けられ、このオ
イルシール9にロッド10がスライド自在に挿通されて
いる。また、シリンダ8の内部にロッド10に作用する
押し込みを緩衝する油圧ダンパ機構11が組込まれてい
る。

【0013】油圧ダンパ機構11は、ロッド10の下端
部に接続したプランジャ12をシリンダ8の内側下部に
組込んだスリーブ13内に摺動自在に挿入し、そのプラ
ンジャ12とロッド10の下端部に、プランジャ12の
下方に形成された圧力室14とプランジャ12の上方に
設けられたリザーバ室15とを連通させる通路16を設
けている。

【0014】また、シリンダ8内に作動油を充填し、リ
ザーバ室15の作動油上に空気溜りを設け、前記通路1
6に圧力室14の作動油がリザーバ室15に流れるのを
防止するチェックバルブ17を設け、ロッド10に押し
込み力が作用した場合に、その押し込み力を圧力室14
内の作動油によって緩衝している。また、ロッド10が
さらに押し込まれた場合に、圧力室14内の作動油をス
リーブ13とプランジャ12の摺動部間のすきまからリ
ザーバ室15内にリークさせるようにしている。

【0015】シリンダ8の外側には張力ばね18が挿入
され、その張力ばね18の一端はシリンダ8の下端部に
設けたフランジ19で支持されている。

【0016】シリンダ8の下端には一対の連結片20が
設けられ、その連結片20間に前記アーム1の一部が挿
入されている。連結片20とアーム1にはピン挿入孔2
1が形成され、そのピン挿入孔21に挿入するピン22
によって連結片20とアーム1が連結されている。

【0017】前記張力ばね18の他端はばね座23で支
持される。ばね座23はロッド挿入孔24を有し、その
ロッド挿入孔24にロッド10の先端部が挿入されてい
る。また、ばね座23には上記ロッド挿入孔24に貫通
するピン圧入孔25が形成され、そのピン圧入孔25に
圧入されたピン26はロッド10の先端部に形成された
半径方向のピン挿入孔27に挿通され、上記ピン26に
よってばね座23がロッド10に連結されている。

【0018】ここで、ロッド10に形成されたピン挿入
孔27は、ピン26の圧入を容易とするため、内径がピ
ン26の外径より大きくされている。

【0019】ばね座23には連結片28が設けられ、そ
の連結片28に両側面に貫通する支点軸挿入孔29が形
成されている。支点軸挿入孔29には筒状の支点軸30
が挿入され、この支点軸30はエンジンブロック3にね
じ込まれるボルト31の締付けにより、エンジンブロッ
ク3に固定されている。

【0020】上記の構成から成る油圧式オートテンショ
ナユニットにおいて、図1に示すベルト7の張力が増す
と、アーム1が支点部2を中心として図1の時計方向に
揺動する。このとき、アーム1はシリンダ8を押し上げ
るため、圧力室14の圧力が高くなり、チェックバルブ
17は通路16を閉じ、圧力室14内の作動油によって
シリンダ8の押し上げ力が緩衝される。

【0021】シリンダ8がさらに押し上げられると、圧
力室14の作動油は、プランジャ12とスリーブ13の
摺動部間よりリザーバ室15にリークし、シリンダ8は
ゆっくりと上昇すると共に、シリンダ8を押し上げる力
と張力ばね18のばね力とがバランスすると、シリンダ
8が停止する。

【0022】また、ベルト7に緩みが生じると、張力ば
ね18のばね力によってシリンダ8が下方向に移動す
る。このとき、圧力室14の圧力はリザーバ室15の圧
力より低くなるため、チェックバルブ17は通路16を
開放し、リザーバ室15の作動油は通路16から圧力室
14に流入する。

【0023】このため、シリンダ8は急速に下方向に移
動し、アーム1がベルト張り側に等速揺動してベルト7
の緩みを吸収する。

【0024】ここで、ベルト7の張力変化を吸収するア
クチュエータ6においては、シリンダ8の外側に張力ば
ね18を設けた構成であるため、張力ばね18は大きさ
に制限を受けず、ばね力の強い張力ばね18を用いるこ
とによって、ベルト張力を高めることができる。

【0025】また、コイル径の大きい、ばね定数の低い
張力ばね18を用いることにより、張力付与の変動を小
さくすることができ、ベルト7の寿命の向上を図ること
ができる。

【0026】上記のようなアクチュエータ6の組立て
は、作動油が収納されたシリンダ8内に油圧ダンパ機構
11およびロッド10を組込んだのち、シリンダ8の外
側に張力ばね18を挿入し、ロッド10の先端部にばね
座23を嵌合して、ピン圧入孔25にピン26を圧入す
る。

【0027】このように、アクチュエータ6は、油圧ダ
ンパ機構11の組立後に張力ばね18を装着することが
でき、その張力ばね18を受けるばね座23はピン26
の圧入による取付けであるため、組立てがきわめて容易
である。

【0028】図4乃至図7はアクチュエータ6の他の例
を示す。図4に示すアクチュエータ6においては、連結
片28に設けた支点軸挿入孔29の内周と支点軸30の
外周間にすきま32を形成し、ロッド挿入孔24に挿入
されたロッド10の先端部を上記すきま32内に突出さ
せている。他の構成は、図2に示すアクチュエータ6と
同一であるため、同一部品に同一符号を付して説明を省
略する。

【0029】図4に示すように、支点軸挿入孔29と支
点軸30との間にすきま32を形成しておくことによ
り、ボルト31の締付けによる支点軸30の固定時に、
その支点軸30をロッド10の外周に当接させることに
よって、ばね座23とロッド10とを連結部にガタのな
い連結することができるため、油圧ダンパ機構11の応
答性の向上を図ることができる。

【0030】図5に示すアクチュエータ6においては、
連結片28に形成した支点軸挿入孔29に頭部33を有
する支点軸34を挿入し、その支点軸34の先端に設け
られたねじ軸35をエンジンブロック3にねじ込むよう
にしている。他の構成は図2に示すアクチュエータ6と
同一であるため、同一部品には同一符号を付して説明を
省略する。

【0031】図5に示すアクチュエータ6においては、
図2および図4に示す筒状の支点軸30を省略すること
ができるため、部品点数が少なくなり、コストの低減を
図ることができる。

【0032】図6および図7に示すアクチュエータ6に
おいては、ロッド10の先端部に係合溝36を形成し、
張力ばね18の端部を受ける円形のばね座37には外周
一部から中心に至る嵌合溝38を設け、その嵌合溝38
にロッド10を嵌合してばね座37の押し込みにより、
ばね座37を係合溝36に係合させるようにしている。

【0033】また、ロッド10の先端部に連結片39の
下面に設けたロッド挿入孔40を嵌合し、上記連結片3
9にロッド挿入孔40を貫通するピン圧入孔41を設
け、そのピン圧入孔41に圧入したピン42をロッド1
0に形成されたピン挿入孔43に挿入して連結片39を
固定し、その連結片39の下端部をばね座37の上面に
設けられた凹部44内に位置させてばね座37を抜け止
めしている。

【0034】さらに、連結片39に両側面に貫通する支
点軸挿入孔45を形成し、その支点軸挿入孔45にボル
ト31の締付けによりエンジンブロック3に固定される
筒状の支点軸30を挿入している。

【0035】他の構成は、図2に示すアクチュエータ6
と同一であるため、同一部品に同一符号を付して説明を
省略する。

【0036】図6および図7に示すアクチュエータにお
いては、ロッド10の側方からばね座37を取付けるこ
とによって、係合溝36によりばね座37は軸方向に移
動するのが防止されるため、ばね座37の取付けが容易
である。

【0037】また、ばね座37の上面に係合溝36の上
端が当接するため、ガタのない連結とすることができ、
図4に示すアクチュエータ6と同様に油圧ダンパ機構1
1の応答性を向上させることができる。

【0038】図2および図4乃至図7のいずれのアクチ
ュエータも、ロッド10の先端部側にエンジンブロック
3に対する連結片28、39を設け、シリンダ8側にア
ーム1に対する連結片20を設けたが、ロッド10の先
端側にアーム1に対する連結片を設け、シリンダ8側に
エンジンブロック3に対する連結片を設けるようにして
もよい。

【0039】

【発明の効果】この発明は以上のように構成したので下
記に示す効果を奏する。

【0040】 シリンダの外側に張力ばねを設けたこ
とにより、張力ばねは大きさに制限を受けることがない
ため、張力ばねとして、ばね力の大きいものや、コイル
径の大きいばね定数の低いものを用いることができ、高
いベルト張力を必要とする場合やばね定数を低く設定す
る場合のレイアウトを可能とすることができる。

【0041】 シリンダに対する油圧ダンパ機構やロ
ッドの組込み後に張力ばねを装着することができると共
に、ばね座はピンの差し込みによってロッドの先端に取
付けられるため、アクチュエータの組立てが容易であ
る。

【0042】 アクチュエータはボルトの締付けによ
ってエンジンブロックに取付けられ、ピンの差し込みに
よってアームに連結されるため、アクチュエータの組付
けが容易である。

【0043】 支点軸挿入孔と支点軸との間にすきま
を形成したことによって、ロッドとばね座とをガタのな
い連結とすることができるため、油圧ダンパ機構の応答
性を向上させることができる。

【0044】 ばね座の上面とロッドの係合溝上端を
当接させることにより油圧ダンパ機構の応答性を向上さ
せることができる。

【図面の簡単な説明】

【図1】この発明の実施の形態を示す正面図

【図2】図1のII−II線に沿った断面図

【図3】図2のIII −III 線に沿った断面図

【図4】同上アクチュエータの他の例を示す断面図

【図5】同上アクチュエータの他の例を示す断面図

【図6】同上アクチュエータのさらに他の例を示す断面

【図7】図6のVII −VII 線に沿った断面図

【符号の説明】

1 アーム 3 エンジンブロック 5 テンションプーリ 6 アクチュエータ 8 シリンダ 10 ロッド 18 張力ばね 19 フランジ 20 連結片 22 ピン 23 ばね座 24 ロッド挿入孔 25 ピン圧入孔 27 ピン挿入孔 28 連結片 29 支点軸挿入孔 30 支点軸 31 ボルト 32 すきま 34 支点軸 35 ねじ軸 36 係合溝 37 ばね座 39 連結片 40 ロッド挿入孔 42 ピン 43 ピン挿入孔

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 固定部に揺動自在に支持されたアームの
    揺動側端部にテンションプーリを回転自在に取付け、そ
    のアームに連結したアクチュエータによってテンション
    プーリを介してベルトに一定の張力を与え、上記アクチ
    ュエータがシリンダと、そのシリンダ内に挿入されたロ
    ッドと、そのロッドに突出性を付与する張力ばねと、ロ
    ッドに付与される押し込み力を緩衝する油圧ダンパ機構
    とから成る油圧式オートテンショナユニットにおいて、
    前記アクチュエータの張力ばねをシリンダの外側に設
    け、上記ロッドの先端部が挿入されるロッド挿入孔を有
    するばね座をロッドの先端部に嵌合し、そのばね座に上
    記ロッド挿入孔を貫通するピン圧入孔を設け、そのピン
    圧入孔からロッドの先端部に設けられた半径方向のピン
    挿入孔にピンを挿入してばね座を固定し、そのばね座に
    よって張力ばねのばね力を受け、上記ばね座とシリンダ
    後端部の一方にボルトの締付けによって固定部に連結さ
    れる連結片を設け、他方にピンの差し込みによってアー
    ムに連結される連結片を形成したことを特徴とする油圧
    式オートテンショナユニット。
  2. 【請求項2】 前記固定部に対する連結片に支点軸挿入
    孔を形成し、その支点軸挿入孔にボルトの締付けにより
    上記固定部に固定される筒状の支点軸を挿入したことを
    特徴とする請求項1に記載の油圧式オートテンショナユ
    ニット。
  3. 【請求項3】 前記固定部に対する連結片に支点軸挿入
    孔を形成し、その支点軸挿入孔に前記固定部にねじ込ま
    れるねじ軸を先端に有する支点軸を挿入した請求項1に
    記載の油圧式オートテンショナ。
  4. 【請求項4】 前記ばね座に固定部に対する連結片を設
    け、その連結片に設けられた支点軸挿入孔の内周と支点
    軸の外周間にすきまを形成し、そのすきま内にロッド先
    端部を位置させたことを特徴とする請求項1に記載の油
    圧式オートテンショナユニット。
  5. 【請求項5】 固定部に揺動自在に支持されたアームの
    揺動側端部にテンションプーリを回転自在に取付け、そ
    のアームに連結したアクチュエータによってテンション
    プーリを介してベルトに一定の張力を与え、上記アクチ
    ュエータがシリンダと、そのシリンダ内に挿入されたロ
    ッドと、そのロッドに突出性を付与する張力ばねと、ロ
    ッドに付与される押し込み力を緩衝する油圧ダンパ機構
    とから成る油圧式オートテンショナユニットにおいて、
    前記アクチュエータの張力ばねをシリンダの外側に設
    け、上記シリンダの後端部に張力ばねの一端を受けるフ
    ランジと、ピンの差し込みによりアームに連結される連
    結片とを設け、前記ロッドの先端部に係合溝を形成し、
    その係合溝に張力ばねの他端を受けるばね座を係合し、
    このばね座から上方に突出するロッド先端部にロッド挿
    入孔を有する連結片を嵌合し、その連結片に上記ロッド
    挿入孔に貫通するピン圧入孔を設け、そのピン圧入孔か
    らロッドの先端部に形成された半径方向のピン挿入孔に
    ピンを挿入して連結片を固定し、この連結片に設けられ
    た支点軸挿入孔にボルトの締付けによって固定部に固定
    される筒状の支点軸を挿入した油圧式オートテンショ
    ナ。
JP34051295A 1995-12-27 1995-12-27 油圧式オートテンショナユニット Pending JPH09177913A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP34051295A JPH09177913A (ja) 1995-12-27 1995-12-27 油圧式オートテンショナユニット

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP34051295A JPH09177913A (ja) 1995-12-27 1995-12-27 油圧式オートテンショナユニット
US08/756,801 US6036612A (en) 1995-12-27 1996-11-26 Hydraulic autotensioner unit having an external spring encircling an actuator cylinder

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH09177913A true JPH09177913A (ja) 1997-07-11

Family

ID=18337692

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP34051295A Pending JPH09177913A (ja) 1995-12-27 1995-12-27 油圧式オートテンショナユニット

Country Status (2)

Country Link
US (1) US6036612A (ja)
JP (1) JPH09177913A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006189073A (ja) * 2005-01-04 2006-07-20 Ntn Corp 補機駆動ベルト用オートテンショナ
JP2015040589A (ja) * 2013-08-21 2015-03-02 Ntn株式会社 油圧式オートテンショナ

Families Citing this family (31)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO1999025994A1 (en) * 1997-11-13 1999-05-27 Koyo Seiko Co., Ltd. Belt type nonstage transmission system
DE19828309A1 (de) * 1998-06-25 1999-12-30 Schaeffler Waelzlager Ohg Spanneinrichtung
US6312351B1 (en) 1998-09-21 2001-11-06 Borgwarner Inc. Hydraulic tensioner with pivotal mount
GB9828304D0 (en) * 1998-12-23 1999-02-17 Renold Plc A chain or belt tensioner
JP3243226B2 (ja) * 1999-02-18 2002-01-07 株式会社椿本チエイン 油圧式テンショナ
DE10045134A1 (de) * 2000-09-13 2002-03-21 Schaeffler Waelzlager Ohg Spannvorrichtung für einen Zugmitteltrieb
DE10312514A1 (de) * 2003-03-20 2004-12-02 Ina-Schaeffler Kg Zugmitteltrieb
DE10327214A1 (de) * 2003-06-17 2005-01-13 Ina-Schaeffler Kg Spann- und Dämpfungselement für Zugmitteltriebe
JP4367834B2 (ja) * 2003-09-19 2009-11-18 株式会社ショーワ オートテンショナー
JP4540974B2 (ja) * 2003-12-16 2010-09-08 Ntn株式会社 補機駆動用ベルトの張力調整装置
JP2005220945A (ja) * 2004-02-03 2005-08-18 Fuso Engineering Corp エンジンのベルト張力調整装置
DE102004047450A1 (de) * 2004-09-30 2006-04-06 Ina-Schaeffler Kg Hydraulisches Spannelement
DE102004058770A1 (de) * 2004-12-07 2006-06-08 Schaeffler Kg Spannvorrichtung für einen Zugmitteltrieb
DE102005027597B4 (de) * 2005-06-15 2016-10-13 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Hydraulisches Spannelement
DE102006031518A1 (de) * 2006-07-07 2008-01-10 Schaeffler Kg Spannvorrichtung für einen Riementrieb
DE102007008718A1 (de) * 2007-02-22 2008-08-28 Schaeffler Kg Hydraulisches Spannelement für einen Zugmitteltrieb
DE102007009812A1 (de) * 2007-02-28 2008-09-04 Schaeffler Kg Hydraulisches Spannelement für einen Zugmitteltrieb
DE102007020885A1 (de) 2007-05-04 2008-11-06 Schaeffler Kg Hydraulischer Riemenspanner mit einem speziellen Kolben
DE102007028716A1 (de) 2007-06-21 2008-12-24 Schaeffler Kg Hydraulisches Spannelement für einen Zugmitteltrieb
JP2009243480A (ja) * 2008-03-28 2009-10-22 Tsubakimoto Chain Co 油圧式テンショナ
US20100105506A1 (en) * 2008-10-27 2010-04-29 Claude Rointru Hydraulic tensioner for a power transmission member having two modes of operation
DE102008057041A1 (de) * 2008-11-12 2010-05-20 Schaeffler Kg Linear wirkendes Spannelement
FR2948742B1 (fr) 2009-07-30 2013-06-28 Hutchinson Tendeur hydraulique pilotable
DE102009043165A1 (de) 2009-09-26 2011-03-31 Schaeffler Technologies Gmbh & Co. Kg Befestigungsauge für ein hydraulisches Spannsystem
AT542728T (de) * 2009-11-20 2012-02-15 Iwis Motorsysteme Gmbh & Co Kg Spannvorrichtung mit verschwenkbarer gelenkverbindung
DE102010052548A1 (de) 2010-11-25 2012-05-31 Schaeffler Technologies Gmbh & Co. Kg Systemsicherung für ein hydraulisches Spannsystem
WO2012144402A1 (ja) * 2011-04-21 2012-10-26 Ntn株式会社 油圧式オートテンショナ
US9169728B2 (en) * 2011-12-08 2015-10-27 General Electric Company Dynamic load reduction system
JP2013204767A (ja) * 2012-03-29 2013-10-07 Ntn Corp 油圧式オートテンショナ
US9046176B2 (en) * 2012-04-16 2015-06-02 Ntn Corporation Hydraulic auto-tensioner
JP6494311B2 (ja) * 2015-02-09 2019-04-03 Ntn株式会社 油圧式オートテンショナ

Family Cites Families (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE20866C (ja) *
DE1550905A1 (de) * 1966-10-01 1969-07-17 Porsche Kg Selbsttaetiges hydraulisches Nachstellglied zum Spannen von Zugorganen,insbesondere fuer die Antriebskette von Nockenwellen einer Brennkraftmaschine
US4036335A (en) * 1971-09-13 1977-07-19 Arnold A. Cowan Adjustable shock absorber
JPS5666527U (ja) * 1979-10-29 1981-06-03
JPS5712852U (ja) * 1980-06-26 1982-01-22
DE3715038A1 (de) * 1987-05-06 1988-11-17 Schaeffler Waelzlager Kg Hydraulische spannvorrichtung
DE8710548U1 (ja) * 1987-07-31 1987-12-23 Schroeder, Werner, 8157 Dietramszell, De
JP2775736B2 (ja) * 1987-09-30 1998-07-16 アイシン精機株式会社 オートテンシヨナー
JP2510338Y2 (ja) * 1988-10-18 1996-09-11 エヌティエヌ 株式会社 ベルトのオ−トテンショナ
FR2644541B1 (fr) * 1989-03-17 1994-07-01 Hutchinson Tendeur pour courroie de transmission de puissance
US4962834A (en) * 1989-06-14 1990-10-16 Walter K. Napoleon Threaded removable end mount system for shock absorbers
DE4242292C2 (de) * 1991-12-20 2002-06-27 Ntn Toyo Bearing Co Ltd Selbsttätige hydraulische Spannvorrichtung
US5222580A (en) * 1992-12-16 1993-06-29 Lee Wang Industry Ltd. Hydraulic cylinder for a physical exercise equipment
JP2540947Y2 (ja) * 1993-06-29 1997-07-09 株式会社椿本チエイン 歯付きベルト用オイル式テンショナ
US5647813A (en) * 1995-12-18 1997-07-15 The Gates Corporation Tensioner with damping mechanism and belt drive system
US5700216A (en) * 1996-12-05 1997-12-23 Borg-Warner Automotive, Inc. Hydraulic tensioner for dual chain system
US5707309A (en) * 1997-01-23 1998-01-13 Borg-Warner Automotive, Inc. Hydraulic tensioner with modular inlet check valve with pressure relief

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006189073A (ja) * 2005-01-04 2006-07-20 Ntn Corp 補機駆動ベルト用オートテンショナ
JP2015040589A (ja) * 2013-08-21 2015-03-02 Ntn株式会社 油圧式オートテンショナ

Also Published As

Publication number Publication date
US6036612A (en) 2000-03-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7104909B2 (en) Belt tensioning device
US5803849A (en) Belt tensioner
US5647813A (en) Tensioner with damping mechanism and belt drive system
US4832666A (en) Belt tensioner and method of making the same
DE69822080T2 (de) Hydraulischer Kettenspanner mit spritzgegossenem Kunststoffkörper
USRE34616E (en) Belt tensioner with spring actuated band brake damping
US8267819B2 (en) Timing belt tensioner with stops controlled by brake device
EP0212119B2 (en) Tensioner for toothed drive belts
EP0283328B1 (fr) Correcteur de freinage asservi à la charge d'un véhicule
CN1322253C (zh) 具有减震机构的张紧装置
US5951423A (en) Mechanical friction tensioner
US5246404A (en) Unit tensioner
US4808148A (en) Temperature compensated self-tensioning idler pulley
EP0190336B1 (en) Belt tensioner
EP1510729B1 (en) Chain tensioner
JP4641026B2 (ja) 自動調節式行程ストッパを備えたベルトテンショナ
CA2231057C (en) Belt tensioner
US5879256A (en) Hydraulic tensioner having a piston with a pressure relief valve and grooved tip
US5919107A (en) Belt tensioner for motor vehicle
US5390758A (en) Motor mount
US6375588B1 (en) Tensioner with viscous coupled one way wrap spring anti-kickback clutch
EP0482781B1 (en) Engine accessory drive tensioner
KR100928350B1 (ko) 장착핀을 구비한 벨트 텐셔너
CA2028240C (en) Belt tensioner
CA1304605C (en) Belt tensioner with releasable belt load damping