JPH08301221A - 長尺物箱詰め装置 - Google Patents

長尺物箱詰め装置

Info

Publication number
JPH08301221A
JPH08301221A JP12940295A JP12940295A JPH08301221A JP H08301221 A JPH08301221 A JP H08301221A JP 12940295 A JP12940295 A JP 12940295A JP 12940295 A JP12940295 A JP 12940295A JP H08301221 A JPH08301221 A JP H08301221A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
long object
long
eggplant
eggplants
width
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP12940295A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3672620B2 (ja
Inventor
Toru Ishii
徹 石井
Takamichi Shimomura
孝道 下村
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Yanmar Co Ltd
Ishii Corp
Original Assignee
Yanmar Agricultural Equipment Co Ltd
Ishii Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Yanmar Agricultural Equipment Co Ltd, Ishii Corp filed Critical Yanmar Agricultural Equipment Co Ltd
Priority to JP12940295A priority Critical patent/JP3672620B2/ja
Publication of JPH08301221A publication Critical patent/JPH08301221A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3672620B2 publication Critical patent/JP3672620B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Specific Conveyance Elements (AREA)
  • Attitude Control For Articles On Conveyors (AREA)
  • Packaging Of Special Articles (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【目的】例えば、茄子、人参等の長尺物を箱詰めする作
業が機械的に行え、作業の省力化及び能率アップを図る
ことができる長尺物箱詰め装置を提供する。 【構成】整列用コンベア上の整列位置に整列した2列分
の各茄子を茄子整列機の各持上げ板により適宜高さに持
上げ、各持上げ板に軸受した各受けローラを回転させて
2列分の各茄子を左側幅寄せ板と右側幅寄せ板とで幅寄
せすることで、2列分の各茄子を同一方向に揃えた状態
のまま幅寄せすることができる。次に、2列分の各茄子
を各姿勢保持板により持上げて適宜角度に傾斜した後、
茄子箱詰め機の各吸着パッドで各茄子の先細側を吸着保
持し、各吸着パッドで吸着保持した各茄子を段ボール箱
内に箱詰めすると共に、上下段に積重ねられる各茄子を
前後互い違いにして箱詰めするので、各茄子の箱詰め状
態が安定すると共に、段ボール箱内の収納空間を有効に
活用することができる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】この発明は、例えば、茄子、胡
瓜、人参、長芋等の長尺物を箱詰めする作業に用いられ
る長尺物箱詰め装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、上述例のような茄子を箱詰めする
装置としては、例えば、等階級別に選別した適宜本数の
各茄子に各吸着パッドを夫々密着させて、各吸着パッド
に接続した吸引用ブロワの負圧により吸着保持する。各
吸着パッドにより吸着保持した各茄子を箱詰め位置に供
給された段ボール箱上方に移動させ、各吸着パッドによ
り吸着保持した各茄子を段ボール箱内に一括収納し、各
吸着パッドに接続した吸引用ブロワの負圧を遮断又は停
止して、適宜本数の各茄子を段ボール箱内に箱詰めする
装置がある。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし、上述例のよう
な茄子を箱詰めする場合、例えば、胡瓜や人参等の長尺
物に比べて茄子の方が密着性が高く、接触抵抗が大きい
ため、適宜本数の各茄子を機械的に幅寄せすることが非
常に困難であり、各吸着パッドと対応する間隔に各茄子
を作業者の手で幅寄せしなければならず、箱詰め作業に
手間及び時間が掛かるという問題点を有している。ま
た、各吸着パッドで吸着保持した各茄子と段ボール箱と
が互いに密着しやすく、各茄子と段ボール箱との接触部
分に生じる面抵抗が各吸着パッドの吸着力よりも大きく
なるため、箱詰め作業が円滑に行えない。その接触抵抗
に抗して各茄子を強引に箱詰めしようとすると、各吸着
パッドから一部の各茄子が脱落したり、各茄子の吸着姿
勢が変位したりするので、適宜本数の各茄子を整列した
状態のまま箱詰めすることが困難であるという問題点も
有している。
【0004】この発明は上記問題に鑑み、適宜本数の各
長尺物を支持部材により適宜高さに持上げ、同支持部材
に軸受した各回転体を回転させて各長尺物を幅寄せする
ことにより、適宜本数の各長尺物を箱詰めする作業が機
械的に行え、作業の省力化及び能率アップを図ることが
できる長尺物箱詰め装置の提供を目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】請求項1記載の発明は、
上記長尺物整列部の下部に、該長尺物整列部に整列され
た各長尺物の中央下面部と対向して支持部材を設け、上
記各長尺物の中央下面部と対向する降下位置と、該各長
尺物を適宜高さに持上げる上昇位置とに支持部材を上下
動する長尺物持上げ手段を設け、上記長尺物整列部の両
側部に、上記支持部材により持上げられた左右の各長尺
物と対向して各幅寄せ部材を配設すると共に、上記各長
尺物を幅寄せする方向に左右の各幅寄せ部材を相対移動
する長尺物幅寄せ手段を設けた長尺物箱詰め装置である
ことを特徴とする。
【0006】請求項2記載の発明は、上記請求項1記載
の構成と併せて、上記支持部材の上端部に、上記各長尺
物が載置される間隔に隔てて多数個の各回転体を回転可
能に設けた長尺物箱詰め装置であることを特徴とする。
【0007】請求項3記載の発明は、上記請求項1又は
2記載の構成と併せて、上記長尺物整列部の下部に、該
長尺物整列部に整列された各長尺物の一端側下面部と対
向して傾け部材を設け、上記各長尺物の下面側と対向す
る降下位置と、該各長尺物を適宜角度に傾斜する上昇位
置とに傾け部材を上下動する長尺物傾け手段を設けた長
尺物箱詰め装置であることを特徴とする。
【0008】
【作用】請求項1記載の長尺物箱詰め装置は、長尺物整
列部の整列面上に適宜本数の各長尺物を同一方向に揃え
て並列載置した後、長尺物持上げ手段を駆動して、適宜
本数の各長尺物を並列に整列した状態のまま支持部材に
より適宜高さに一旦持上げる。長尺物幅寄せ手段を駆動
して、支持部材により持上げられた適宜本数の各長尺物
を左右の各幅寄せ部材により任意位置に幅寄せすること
で、支持部材を支点として各長尺物の向きが一方に揃え
られ、適宜本数の各長尺物を同一方向に揃えて箱詰めす
ることができる。
【0009】請求項2記載の長尺物箱詰め装置は、上記
請求項1記載の作用と併せて、長尺物幅寄せ手段を駆動
して、支持部材により持上げられた適宜本数の各長尺物
を左右の各幅寄せ部材により幅寄せすると共に、支持部
材に軸受した例えば、輪体、球体等の各回転体を回転さ
せて、各回転体上に載置された適宜本数の各長尺物を幅
寄せ方向に水平移動することで、例えば、茄子等の接触
抵抗の大きい長尺物であっても幅寄せ作業が容易に行え
る。
【0010】請求項3記載の長尺物箱詰め装置は、上記
請求項1又は2記載の作用と併せて、長尺物幅寄せ手段
を駆動して、支持部材により持上げた適宜本数の各長尺
物を左右の各幅寄せ部材により任意位置に幅寄せした
後、長尺物傾け手段を駆動して、任意位置に幅寄せした
各長尺物の一端側を傾け部材により適宜高さに持上げ、
各長尺物を幅寄せした状態のまま適宜角度に傾斜するこ
とで、例えば、茄子や人参等の先細形状を有する各長尺
物の一端側上面部に対して各吸着子が確実に密着され、
箱詰め作業が容易に行える。
【0011】
【発明の効果】この発明によれば、長尺物整列部に整列
された適宜本数の各長尺物を支持部材により適宜高さに
一旦持上げ、同支持部材により持上げられた適宜本数の
各長尺物を左右の各幅寄せ部材により任意位置に幅寄せ
することで、支持部材を支点として各長尺物の向きが一
方に揃えられ、適宜本数の各長尺物を同一方向に揃えて
箱詰めすることができ、箱詰め作業の省力化及び能率ア
ップを図ることができる。且つ、支持部材に軸受した各
回転体を任意方向に回転させて、各回転体上に載置され
た各長尺物を幅寄せ方向に水平移動するので、適宜本数
の各長尺物を同一方向に揃えた状態のまま幅寄せするこ
とができ、例えば、茄子等の接触抵抗の大きい長尺物で
あっても容易に幅寄せすることができる。
【0012】しかも、任意位置に幅寄せられた各長尺物
の一端側を傾け部材により持上げて適宜角度に傾斜する
ことで、各長尺物の一端側上面部に対して各吸着子を確
実に密着させることができ、例えば、茄子や人参等の先
細形状を有する各長尺物の箱詰め作業が容易に行える。
且つ、各長尺物の先細側上面部を各吸着子により吸着保
持することで、上下段に箱詰めされる各長尺物の向きを
互い違いに箱詰めすることができ、各長尺物の箱詰め状
態が安定すると共に、箱体内部の収納空間を有効に活用
することができる。
【0013】
【実施例】この発明の一実施例を以下図面に基づいて詳
述する。図面は長尺物の一例として複数本の各茄子を箱
詰めする作業に用いられる茄子箱詰め装置を示し、図
1、図2、図3に於いて、この茄子箱詰め装置1は、例
えば、4条並設した各仕分け用コンベア2…に生産者か
ら持ち込まれる多数本の各茄子N…を載置し、各仕分け
用コンベア2…上に設定した各検査位置A…に於いて、
各等階級判定装置3…により各検査位置A…に搬送され
る各茄子N…の等階級を判定する。各仕分け用コンベア
2…上に設定した各仕分け位置a,b,c,dに於い
て、各等階級判定装置3…による判定に基づいて各仕分
け位置a〜d下部に配設した各茄子投入機4…に多数本
の各茄子N…を等階級別に投入し、各茄子投入機4…に
投入された多数本の各茄子N…を各仕分け位置a〜d下
部に配設した各整列用コンベア5…に6本ずつ移載す
る。各整列用コンベア5…上に設定した各整列位置B…
に於いて、各整列位置B…に搬送された2列分の各茄子
N…を各茄子整列機6…により幅寄せし、同2列分の各
茄子N…を各茄子箱詰め機7…により吸着保持して各箱
詰め位置C…に移動する。同時に、上面開放形態に製函
された各段ボール箱E…を各箱供給機8…により各箱詰
め位置C…に供給し、各段ボール箱E…の各フラップE
a…を各箱開放機9…により四方に開放して、上述の各
茄子箱詰め機7…により吸着保持した2列分の各茄子N
…を各段ボール箱E…に順次箱詰めする。
【0014】上述した仕分け用コンベア2は、図2に示
すように、左右の各送り用チェーン2b,2b間に多数
台の各バケット2a…を送り方向に対して所定等間隔に
隔てて架設し、減速機付きモータ(図示省略)の駆動力
により多数台の各バケット2a…を送り方向に周回移動
して、生産者から持ち込まれる多数本の各茄子N…を同
一方向に揃えて各バケット2a…に1本ずつ載置すると
共に、各バケット2a…に載置された各茄子N…の等階
級を、例えば、CCDカメラ等で撮像した画像データに
基づいて等階級判定装置3により1本ずつ判定する。等
階級判定装置3による判定に基づいて、等階級別に設定
した各仕分け位置a〜dで各バケット2a…を開放又は
回動し、各仕分け位置a〜d下部に配設した各茄子投入
機4…に多数本の各茄子N…を等階級別に振分け投入す
る。
【0015】前述した茄子投入機4は、等階級別に設定
した各仕分け位置a〜d下部に、6台分の各上部ホッパ
4a…と各下部ホッパ4b…とを上下段に配設し、エア
シリンダ又はソレノイド(図示省略)により各上部ホッ
パ4a…及び各下部ホッパ4b…を開閉動作する。つま
り、等階級判定装置3による判定に基づいて、等階級別
に設定した各仕分け位置a〜dで各バケット2a…を開
放又は回動し、各仕分け位置a〜d下部に配設した上段
側の各上部ホッパ4a…に同一等階級の各茄子N…を順
次投入する。6本分の各茄子N…が投入されると同時に
各上部ホッパ4a…を同時開放して、下段側の各下部ホ
ッパ4b…に6本分の各茄子N…を一括投入する。各上
部ホッパ4a…を閉塞した後、各下部ホッパ4b…を同
時開放して、下段側に配設した整列用コンベア5に6本
分の各茄子N…を一括して移載する。
【0016】なお、各上部ホッパ4a…の放出動作が完
了せず、各上部ホッパ4a…が満杯となった場合、各仕
分け位置a〜dの後段側に配設した各予備コンベア20
…と対応する上方位置で各バケット2a…を開放して、
各バケット2a…に載置された多数本の各茄子N…を各
予備コンベア20…に対して等階級別に順次移載し、各
予備コンベア20…に載置された各茄子N…を作業者の
手で各整列用コンベア5…に返還する。
【0017】前述した整列用コンベア5は、図5、図7
に示すように、左右に架設した各取付け枠5a,5aの
対向面間に多数本の各支軸5b…を送り方向に対して所
定等間隔に隔てて軸架し、同各支軸5b…の軸周面に多
数個の各送りローラ5c…を自由回転可能に軸受し、減
速機付きモータ(図示省略)の駆動力により各支軸5b
…を送り方向に回転して、各支軸5b…上に軸受した各
送りローラ5c…を接触抵抗により送り方向に回転さ
せ、同各送りローラ5c…上に載置された6本分の各茄
子N…を送り方向に整列して搬送する。且つ、整列用コ
ンベア5上に設定した整列位置Bに、同位置に搬送され
る前列側の各茄子N…と対向して規制板5dを架設し、
同位置前段に設定した待機位置Dの搬送面上に、例え
ば、1本分の茄子Nが送り方向に向けて載置される左右
間隔に隔てて5本の各送りガイド10…を架設してい
る。なお、一側部に待機する作業者の手で各送りガイド
10…間に載置された茄子Nの本数及び姿勢を修正す
る。
【0018】且つ、整列用コンベア5上に設定した整列
位置Bに、同位置に搬送される後列側の各茄子N…と対
向して第1ストッパ11を出没可能に設け、同位置下部
に配設した出没用シリンダ12を第1ストッパ11の下
端部に連結し、同位置に整列される前後列の各茄子N…
と対向して透過型又は反射型の各光電センサS1 ,S2
を配設している。且つ、整列位置B直前に設定した待機
位置Dに、同位置に搬送される前後列の各茄子N…と対
向して第2ストッパ13と第3ストッパ15とを出没可
能に設け、同位置下部に配設した各出没用シリンダ1
4,16を各ストッパ13,15の下端部に連結し、同
位置に整列される前後列の各茄子N…と対向して透過型
又は反射型の各光電センサS3 ,S4 を配設している。
【0019】つまり、各光電センサS1 ,S2 ,S3 ,
S4 から出力される検知信号に基づいて各出没用シリン
ダ12,14,16を作動し、整列用コンベア5により
搬送される各茄子N…と当接する突出位置と、同各茄子
N…との当接が回避される没入位置とに各ストッパ1
1,13,15を上下動する。整列位置Bに搬送される
前列側の各茄子N…を規制板5dに当接して停止した
後、光電センサS1 による検知に基づいて出没用シリン
ダ12を作動し、同位置に搬送される後列側の各茄子N
…を第1ストッパ11で停止する。同時に、光電センサ
S2 による検知に基づいて各出没用シリンダ14,16
を作動し、待機位置Dに搬送される前列側及び後列側の
各茄子N…を第2ストッパ13と第3ストッパ15とで
停止する。後述する茄子整列機6と茄子箱詰め機7とを
駆動して、2列分の各茄子N…を箱詰め位置Cに移動す
ると同時に、各ストッパ11,14,16を没入して、
後続の各茄子N…を整列位置Bに順次搬送する。
【0020】且つ、待機位置Dの左側部に、同位置の後
列側左端部に整列される茄子Nの下部周面と対向して排
除プレート17を出没可能に設け、同側下部に配設した
出没用シリンダ18を排除プレート17の下端部に連結
し、同位置の左端部に排除用シュータ19を斜設してい
る。例えば、5本分の各茄子N…を後列側に箱詰めする
とき、出没用シリンダ18を作動して、同位置の後列側
左端部に整列された1本分の茄子Nを排除プレート17
により排除し、その排除された茄子Nを一時ストックし
て作業者の手で整列用コンベア5に返還する。
【0021】前述した茄子整列機6は、図6、図7、図
8、図9に示すように、整列用コンベア5上に設定した
整列位置Bの下部前後に、同位置前後に整列される各茄
子N…の下部中央面と対向して2枚の各持上げ板21,
21を出没可能に夫々設け、同各持上げ板21,21の
前後間隔を6本分の各茄子N…が水平姿勢に支持される
間隔に設定すると共に、同各持上げ板21,21の上端
側縁部に多数個の各受けローラ22…を幅方向に対して
自由回転可能に軸受している。且つ、同位置下部に配設
した各持上げ用シリンダ23,23のシリンダロッド
を、前列側下部及び後列側下部に配設した各持上げ板2
1,21の下端側中央部に連結して、同各持上げ用シリ
ンダ23,23の作動により、整列用コンベア5の搬送
面よりも上方に各受けローラ22…が突出される上昇位
置と、同整列用コンベア5の搬送面よりも下方に各受け
ローラ22…が没入される降下位置とに前後列の各持上
げ板21,21を上下動する。
【0022】且つ、整列位置Bの左側部及び右側部に、
同部の前後列に整列される各茄子N,Nの側部周面と対
向して左側幅寄せ板24と右側幅寄せ板25とを配設
し、同位置下部に架設した各ガイドレール26,26上
に右側幅寄せ板25の下端部を左右移動可能に係合し、
同位置下部に配設した幅寄せ用シリンダ27のシリンダ
ロッドを右側幅寄せ板25の下端部に連結して、同幅寄
せ用シリンダ27の作動により、整列位置Bの左側部に
固定した左側幅寄せ板24を基準として、前後列に整列
された6本分又は5本分の各茄子N…を左側に幅寄せす
る幅寄せ位置と、同各茄子N…が搬送許容される待機位
置とに右側幅寄せ板25を左右移動する。つまり、各持
上げ板21,21の上端側縁部に軸受した多数個の各受
けローラ22…を幅寄せ方向に回転させて、同各受けロ
ーラ22…上に載置された各茄子N…を左側幅寄せ板2
5により幅寄せ移動する。
【0023】且つ、整列位置Bの左側部に、同位置の後
列側左端部に整列される茄子Nの左側周面と対向して補
助プレート28を配設し、同側に配設した進退用シリン
ダ29を補助プレート28の背面部に連結して、例え
ば、5本分の各茄子N…を後列側に箱詰めするとき、進
退用シリンダ29を作動して、後列側に整列された5本
分の各茄子N…を右側幅寄せ板25と補助プレート28
との相対移動により幅寄せする。
【0024】且つ、整列位置Bの左側下部前後に、同位
置前後に整列される各茄子N…の先細側下面部と対向し
て2枚の各支持板30,30を出没可能に夫々設け、同
各支持板30,30の上端部に、例えば、シリコンゴ
ム、ウレタンゴム等の弾性体で形成又は被覆した2枚の
各姿勢保持板31,31を固定し、各姿勢保持板31,
31の上端側縁部に各茄子N…の先細側下面部と対応す
る波形の各受け部31a…を形成し、同位置下部に配設
した各出没用シリンダ32,32のシリンダロッドを各
支持板30,30の下端側中央部に連結して、同各出没
用シリンダ32,32の作動により、整列用コンベア5
の搬送面よりも上方に突出した上昇位置と、同整列用コ
ンベア5の搬送面よりも下方に没入した降下位置とに各
姿勢保持板31,31を上下動する。つまり、前後列に
整列された各茄子N…の先細側を各姿勢保持板31,3
1により持上げて、後述する各吸着パッド43…が密着
される姿勢に各茄子N…を傾斜する。
【0025】前述した茄子箱詰め機7は、図3、図4に
示すように、整列用コンベア5上に設定した整列位置B
上方と、同位置側部に設定した箱詰め位置C上方との間
に各ガイドレール33,33を架設し、同位置上部に配
設した移動用シリンダ34のシリンダロッドを、各ガイ
ドレール33,33間に架設した移動枠35の上面部に
連結して、同移動用シリンダ34の作動により、整列位
置B上方と箱詰め位置C上方とに移動枠35全体を水平
移動する。且つ、移動枠35上部に立設した昇降用シリ
ンダ36のシリンダロッドを、同枠下部に垂設した昇降
用シリンダ37の上端部に連結し、同枠下部に垂設した
昇降用シリンダ37のシリンダロッドを昇降枠38の上
面部に連結して、昇降用シリンダ36の作動により、整
列位置B上方と箱詰め位置C上方とで昇降枠38全体を
垂直昇降する。且つ、箱詰め位置Cに於いて昇降枠38
を垂直降下したとき、昇降用シリンダ37を作動して、
後述する各吸着パッド43…で吸着保持した各茄子N…
が段ボール箱E内に収納される降下位置と、同各吸着パ
ッド43…で吸着保持した各茄子N…が段ボール箱Eの
各フラップEa…よりも上方に待機される上昇位置とに
昇降枠38全体を垂直昇降する。
【0026】上述した昇降枠38は、同枠の前側両壁部
に前部支持台39の両側端部を移動不可に固定し、後側
両壁部に架設した各ガイドレール41,41上に後部支
持台40の両側端部を前後移動可能に係合し、各支持台
39,40の下面側に6本の各支持管42…を所定等間
隔に隔てて夫々垂設し、同各支持管42…の下端部に合
成ゴム製の各吸着パッド43…を取付け、各支持管42
…の下端部を所定等間隔に隔てて各取付け板45,45
の上面側に挿通固定し、同各取付け板45,45の前後
端部に、例えば、シリコンゴム、ウレタンゴム等の弾性
体で形成した各支持パッド46,47を垂設し、各支持
パッド46,47の下端側縁部に各茄子N…の先細側上
面部と対応する波形の各受け部46a,47aを形成し
ている。
【0027】且つ、昇降枠38の前側両壁部に取付けた
各進退用シリンダ44,44のシリンダロッドを後部支
持台40の両側端部に連結して、各進退用シリンダ4
4,44の作動により、昇降枠38の前部側に固定した
前部支持台39を基準として、上述の茄子整列機6によ
り整列した2列分の各茄子N…を前後列の各吸着パッド
43…により吸着保持する離間位置と、前後列の各吸着
パッド43…により吸着保持した2列分の各茄子N…を
上下段違いに一部重合する集合位置とに後部支持台40
を前後移動する。
【0028】つまり、整列位置Bに整列された2列の各
茄子N…に各吸着パッド43…を夫々密着したとき、同
各吸着パッド43…に接続した吸引用ブロワ又は真空ポ
ンプ等の適宜吸引手段(図示省略)による負圧で2列分
の各茄子N…を吸着保持する。同時に、各茄子N…の先
細側上面部に短尺寸法の支持パッド46を押付け、各茄
子N…の後端側上面部に長尺寸法の支持パッド47を押
付けて、各茄子N…の先細側を若干持上げた姿勢に支持
する。一方、各吸着パッド43…で吸着保持した2列分
の各茄子N…を段ボール箱E内に収納したとき、負圧を
遮断又は停止して各茄子N…の吸着保持を解除する。
【0029】且つ、昇降枠38の下面側中央部に垂設し
た昇降用シリンダ48のシリンダロッドを取付け板49
の上面側に固定し、同取付け板49の下面側両端部に各
拡縮用シリンダ50,50のシリンダロッドを各保持プ
レート51,51の上端部に連結している。つまり、上
述した各吸着パッド43…で2列分の各茄子N…を吸着
保持するとき、昇降用シリンダ48及び各拡縮用シリン
ダ50,50を作動して、左右の各吸着パッド43,4
3で吸着保持した前後列の各茄子N,Nに各保持プレー
ト51,51を押付けて保持する。各吸着パッド43…
で吸着保持した2列分の各茄子N…を箱詰めするとき、
各保持プレート51,51を前後列の各茄子N,Nに押
付けた状態のまま段ボール箱E内に収納して、左右の各
吸着パッド43,43で吸着保持した各茄子N,Nと段
ボール箱Eとが接触するのを積極的に防止している。
【0030】前述した箱供給機8は、箱詰め位置Cの下
部両側に架設した各カイドレール52,52に昇降台5
3の両側端部を上下動可能に係合し、同下部一側に垂直
軸受したネジ軸54上に、昇降台53の後側端部に固定
したナット部55を螺合して、降下位置下部に配設した
減速機付き昇降用モータ56の駆動力により、各スプロ
ケット57,58及び駆動チェーン59を介してネジ軸
54を正逆回転させ、後述する搬入用コンベア66及び
搬出用コンベア67に対して水平となる降下位置と、上
面開放形態に組立てられた段ボール箱Eを箱詰め位置C
に供給する上昇位置とに箱載置台60を垂直昇降する。
且つ、昇降台53の前側上面部に一つの段ボール箱Eが
載置される大きさに形成した箱載置台60を水平回転可
能に軸受し、同昇降台53の前側下面部に固定した減速
機付き回転用モータ61の駆動力により、各ギャ62,
63を介して、上下段に箱詰めされる各茄子N…が前後
逆向きとなる状態に箱載置台60を180度正逆回転す
る。
【0031】且つ、箱詰め位置C下部の搬入側に、製函
工程(図示省略)から供給される空の段ボール箱Eを搬
送するための搬入用コンベア66を配設し、同位置下部
の搬出側に、封函工程(図示省略)に箱詰め済みの段ボ
ール箱Eを搬送するための搬出用コンベア67を配設し
ている。なお、上述した段ボール箱Eに、例えば、合成
樹脂製又は紙製の包装袋(図示省略)を敷設してもよ
い。
【0032】前述した箱開放機9は、上述した箱載置台
60により箱詰め位置Cに供給される段ボール箱Eの各
フラップEa…と対応する位置に各開放板64…を上下
開閉可能に軸支し、同各開放板64…の軸端部を傘歯車
機構(図示省略)を介して動力伝達可能に連結し、同位
置側部に配設した開閉用シリンタ65のシリンダロッド
を開放板64の軸端部に連結して、同開閉用シリンダ6
5の作動により、上述した箱載置台60に載置された段
ボール箱Eの各フラップEa…と対向する閉位置と、同
段ボール箱Eの各フラップEa…を開放する開位置とに
各開放板64…を連動して上下開閉する。
【0033】図示実施例は上記の如く構成するものにし
て、以下、茄子箱詰め装置1により多数本の各茄子N…
を箱詰めするときの動作を説明する。先ず、図1、図2
に示すように、4条並設した各仕分け用コンベア2…の
各バケット2a…に多数本の各茄子N…を1本ずつ載置
し、各仕分け用コンベア2…上に設定した各検査位置A
…に配設した各等階級判定装置3…により各仕分け用コ
ンベア2…の各バケット2a…に載置された各茄子N…
の等階級を判定する。各等階級判定装置3…による判定
に基づいて、各仕分け用コンベア2…の各バケット2a
…に載置された各茄子N…を、各仕分け位置a〜d下部
に配設した各茄子投入機4…に対して等階級別に振分け
投入する。
【0034】次に、各茄子投入機4…を駆動して、各仕
分け位置a〜d下部に配設した各整列用コンベア5…に
6本分の各茄子N…を順次移載し、同各茄子N…の先細
側を送り方向に向けて載置する。各茄子投入機4…に投
入されなかった各茄子N…を各予備コンベア20…に対
して等階級別に順次移載し、各予備コンベア20…に載
置された各茄子N…を作業者の手で各整列用コンベア5
…に移載する。なお、各整列用コンベア5…上に移載さ
れた各茄子N…の本数及び姿勢を作業者の手で補正す
る。
【0035】次に、図5に示すように、整列用コンベ5
上の整列位置Bに6本分の各茄子N…を搬送し、同整列
位置Bに搬送される前列側の各茄子N…を規制板5dに
当接して搬送停止する。出没用シリンダ12を作動し
て、同整列位置Bに搬送される後列側の各茄子N…を第
1ストッパ11で搬送停止する。同時に、各出没用シリ
ンダ14,16を作動して、待機位置Dに搬送される前
後列の各茄子N…を第2ストッパ13と第3ストッパ1
5とで搬送停止する。
【0036】次に、茄子整列機6を駆動して、図6、図
7に示すように、各持上げ用シリンダ23,23を作動
して、整列用コンベア5上の整列位置Bに整列された2
列分の各茄子N…を、同位置前後に配設した2枚の各持
上げ板21,21により水平高さに持上げる。同時に、
幅寄せ用シリンダ27を作動して、各持上げ板21,2
1により持上げられた右側の各茄子N,Nに右側幅寄せ
板25を当接し、各持上げ板21,21に軸受した多数
個の各受けローラ22…を幅寄せ方向に回転させなが
ら、同各受けローラ22…上に載置された各茄子N…を
右側幅寄せ板25により左側に水平移動すると共に、左
側幅寄せ板24を基準として、前後列に整列された6本
分の各茄子N…を左側に幅寄せする。
【0037】次に、図8、図9に示すように、各出没用
シリンダ32,32を作動して、整列位置Bに整列され
た前後列の各茄子N…を各姿勢保持板31,31により
持上げ、各茄子N…の先細側を適宜高さに持上げた姿勢
に傾斜する。同時に、前後の各持上げ板21,21を搬
送面下に没入し、右側幅寄せ板25を初期位置に復帰さ
せる。
【0038】次に、整列用コンベア5上の整列位置Bに
整列された2列分の各茄子N…を茄子箱詰め機7の各吸
着パッド43…により吸着保持し、同各吸着パッド43
…で吸着保持した2列分の各茄子N…を箱詰め位置C上
方に移動すると同時に、各姿勢保持板31,31を搬送
面下に没入し、各ストッパ11,14,16を没入し
て、整列用コンベア5上に載置された後続の各茄子N…
を整列位置B及び待機位置Dに順次搬送する。
【0039】次に、茄子箱詰め機4を駆動して、図3、
図4に示すように、整列用コンベ5上の整列位置Bに整
列された2列分の各茄子N…を各吸着パッド43…で吸
着保持し、各吸着パッド43…で吸着保持した2列分の
各茄子N…を上下段違いに一部重合して箱詰め位置C上
方に移動する。同時に、箱供給機8を駆動して、製函工
程(図示省略)から供給される空の段ボール箱Eを搬入
用コンベア66を介して箱載置台60上に移載し、同箱
載置台60を垂直上昇して空の段ボール箱Eを箱詰め位
置Cに供給する。
【0040】次に、箱開放機9を駆動して、箱載置台6
0上に載置された段ボール箱Eの各フラップEa…を各
開放板64…により四方に開放し、各吸着パッド43…
により吸着保持した各茄子N…を段ボール箱Eの下段側
に一括収納して吸着解除することで、1段目の各茄子N
…の箱詰め作業が完了する。この後、段ボール箱Eの水
平回転が許容される高さ位置に箱載置台60を若干降下
して180度回転させ、整列用コンベア5上の整列位置
Bに整列された2列分の各茄子N…を各吸着パッド43
…で吸着保持して、各吸着パッド43…で吸着保持した
2列分の各茄子N…を段ボール箱Eの上段側に箱詰めす
る。上下段に積重ねられる所定本数の各茄子N…を前後
互い違いにして段ボール箱E内に箱詰めした後、箱載置
台60を垂直降下して、箱詰め済みの段ボール箱Eを搬
出用コンベア67を介して封函工程(図示省略)に搬送
供給する。
【0041】なお、段ボール箱Eの後列側に5本分の各
茄子N…を箱詰めする場合、整列用コンベア5上の待機
位置Dに整列された後列側左端部の茄子Nを排除プレー
ト17により排除する。整列用コンベア5上の整列位置
Bに2列分の各茄子N…を整列した後、茄子整列機6を
構成する右側幅寄せ板25と補助プレート28とで整列
位置Bに整列された後列側の5本分の各茄子N…を幅寄
せする。
【0042】以上のように、整列用コンベア5上の整列
位置Bに整列された2列分の各茄子N…を前後の各持上
げ板21,21により適宜高さに一旦持上げ、各持上げ
板21,21に軸受した多数個の各受けローラ22…を
任意方向に回転して、各持上げ板21,21の各受けロ
ーラ22…上に載置された各茄子N…を左側幅寄せ板2
4と右側幅寄せ板25とで幅寄せするので、各持上げ板
21,21により適宜高さに持上げたとき各茄子N…の
向きが一方に揃えられ、12本の各茄子N…を同一方向
に揃えて箱詰めすることができ、箱詰め作業の省力化及
び能率アップを図ることができる。且つ、2列分の各茄
子N…を同一方向に揃えた状態のまま幅寄せすることが
でき、接触抵抗の大きい各茄子N…であっても容易に幅
寄せすることができる。
【0043】しかも、左側部に幅寄せられた各茄子N…
の先細側を各姿勢保持板31,31により持上げて適宜
角度に傾斜することで、各茄子N…の先細側上面部に対
して各吸着パッド43…を確実に密着させることがで
き、先細形状を有する各茄子N…の箱詰め作業が容易に
行える。且つ、各茄子N…の先細側上面部を各吸着パッ
ド43…により吸着保持することで、上下段に箱詰めさ
れる各茄子N…の向きを前後互い違いに箱詰めすること
ができ、段ボール箱E内に箱詰めされた各茄子N…の箱
詰め状態が安定すると共に、段ボール箱E内の収納空間
を有効に活用することができる。
【0044】この発明の構成と、上述の実施例との対応
において、この発明の長尺物は、実施例の茄子Nに対応
し、以下同様に、箱体は、段ボール箱Eに対応し、長尺
物箱詰め装置は、茄子箱詰め装置1に対応し、長尺物整
列部は、整列用コンベ5に対応し、長尺物吸着手段は、
茄子箱詰め機7の吸着パッド43に対応し、支持部材
は、持上げ板21に対応し、長尺物持上げ手段は、持上
げ用シリンダ23に対応し、幅寄せ部材は、左側幅寄せ
板24と、右側幅寄せ板25とに対応し、長尺物幅寄せ
手段は、幅寄せ用シリンダ27と、進退用シリンダ29
とに対応し、回転体は、受けローラ22に対応し、傾け
部材は、姿勢保持板31に対応し、長尺物傾け手段は、
出没用シリンダ32に対応するも、この発明は、上述の
実施例の構成のみに限定されるものではない。
【0045】上述の実施例では、茄子箱詰め装置1によ
り多数本の各茄子N…を箱詰めする作業を説明している
が、例えば、胡瓜、人参、長芋等の長尺物を箱詰めする
作業にも用いることができ、実施例の茄子Nのみに限定
されるものではない。
【0046】また、左側幅寄せ板24と対向する方向に
右側幅寄せ板25を水平移動して、整列用コンベア5上
の整列位置Bに整列された2列分の各茄子N…を左側に
幅寄せするが、例えば、右側幅寄せ板25と左側幅寄せ
板24とを相対向する方向に同一距離移動して、整列用
コンベア5上に設定した整列位置Bの中央部に2列分の
各茄子N…を幅寄せするもよい。
【図面の簡単な説明】
【図1】茄子箱詰め装置の全体構成を示す平面図。
【図2】茄子投入機による茄子の投入動作を示す側面
図。
【図3】茄子箱詰め機による茄子の箱詰め動作を示す側
面図。
【図4】茄子箱詰め機による茄子の箱詰め動作を示す正
面図。
【図5】整列用コンベアによる茄子の整列動作を示す平
面図。
【図6】茄子整列機による茄子の持上げ動作を示す側面
図。
【図7】茄子整列機による茄子の幅寄せ動作を示す正面
図。
【図8】茄子整列機による茄子の傾斜動作を示す側面
図。
【図9】茄子整列機による茄子の傾斜動作を示す正面
図。
【符号の説明】
N…茄子 E…段ボール箱 1…茄子箱詰め装置 2…仕分け用コンベア 3…等階級判定装置 4…茄子投入機 5…整列用コンベア 5d…規制板 6…茄子整列機 7…茄子箱詰め機 8…箱供給機 9…箱開放機 21…持上げ板 22…受けローラ 24…左側幅寄せ板 25…右側幅寄せ板 31…姿勢保持板 31a…受け部 43…吸着パッド 46,47…支持パッド 46a,47a…受け部

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】長尺物整列部に整列された適宜本数の各長
    尺物を長尺物吸着手段により吸着保持して箱体内部に箱
    詰めする長尺物箱詰め装置であって、上記長尺物整列部
    の下部に、該長尺物整列部に整列された各長尺物の中央
    下面部と対向して支持部材を設け、上記各長尺物の中央
    下面部と対向する降下位置と、該各長尺物を適宜高さに
    持上げる上昇位置とに支持部材を上下動する長尺物持上
    げ手段を設け、上記長尺物整列部の両側部に、上記支持
    部材により持上げられた左右の各長尺物と対向して各幅
    寄せ部材を配設すると共に、上記各長尺物を幅寄せする
    方向に左右の各幅寄せ部材を相対移動する長尺物幅寄せ
    手段を設けた長尺物箱詰め装置。
  2. 【請求項2】上記支持部材の上端部に、上記各長尺物が
    載置される間隔に隔てて多数個の各回転体を回転可能に
    設けた請求項1記載の長尺物箱詰め装置。
  3. 【請求項3】上記長尺物整列部の下部に、該長尺物整列
    部に整列された各長尺物の一端側下面部と対向して傾け
    部材を設け、上記各長尺物の下面部と対向する降下位置
    と、該各長尺物を適宜角度に傾斜する上昇位置とに傾け
    部材を上下動する長尺物傾け手段を設けた請求項1又は
    2記載の長尺物箱詰め装置。
JP12940295A 1995-04-27 1995-04-27 長尺物箱詰め装置 Expired - Fee Related JP3672620B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP12940295A JP3672620B2 (ja) 1995-04-27 1995-04-27 長尺物箱詰め装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP12940295A JP3672620B2 (ja) 1995-04-27 1995-04-27 長尺物箱詰め装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH08301221A true JPH08301221A (ja) 1996-11-19
JP3672620B2 JP3672620B2 (ja) 2005-07-20

Family

ID=15008677

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP12940295A Expired - Fee Related JP3672620B2 (ja) 1995-04-27 1995-04-27 長尺物箱詰め装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3672620B2 (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103101766A (zh) * 2013-01-22 2013-05-15 杭州普裕机械设备有限公司 一种吸盘转台
CN103600866A (zh) * 2013-10-21 2014-02-26 尚宝泰机械科技(昆山)有限公司 一种装箱机吸碗机构
CN103640880A (zh) * 2013-09-29 2014-03-19 无锡众望四维科技有限公司 注射器装针机的针筒固定装置
CN104326260A (zh) * 2014-11-04 2015-02-04 丁春生 管制玻璃瓶自动上管机及其上管方法
CN104340680A (zh) * 2013-08-02 2015-02-11 昌硕科技(上海)有限公司 配件装盒机
CN105480472A (zh) * 2014-09-19 2016-04-13 上海团友机械设备有限公司 一种榨菜袋自动排序机构

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103101766A (zh) * 2013-01-22 2013-05-15 杭州普裕机械设备有限公司 一种吸盘转台
CN104340680A (zh) * 2013-08-02 2015-02-11 昌硕科技(上海)有限公司 配件装盒机
CN103640880A (zh) * 2013-09-29 2014-03-19 无锡众望四维科技有限公司 注射器装针机的针筒固定装置
CN103640880B (zh) * 2013-09-29 2015-11-04 无锡众望四维科技有限公司 注射器装针机的针筒固定装置
CN103600866A (zh) * 2013-10-21 2014-02-26 尚宝泰机械科技(昆山)有限公司 一种装箱机吸碗机构
CN105480472A (zh) * 2014-09-19 2016-04-13 上海团友机械设备有限公司 一种榨菜袋自动排序机构
CN105480472B (zh) * 2014-09-19 2018-06-08 上海团友机械设备有限公司 一种榨菜袋自动排序机构
CN104326260A (zh) * 2014-11-04 2015-02-04 丁春生 管制玻璃瓶自动上管机及其上管方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP3672620B2 (ja) 2005-07-20

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR20170096870A (ko) 과일 선별용 트레이 이송장치
JP3684278B2 (ja) 物品吊持用の吸着子及びこれを用いた箱詰装置
JPH08301221A (ja) 長尺物箱詰め装置
JP3628719B2 (ja) 長尺物箱詰め装置
JP3708166B2 (ja) 果菜物箱詰め装置
JP3017491U (ja) 長尺物箱詰め装置
JPH07137712A (ja) 長尺物箱詰め装置
JP3494316B2 (ja) 長尺物仕分け装置
JPH0671404U (ja) 長尺物箱詰め装置
JPH03256814A (ja) 果菜物整列箱詰装置
JPH06199325A (ja) 箱体からの内収容物取出装置
JP3241135B2 (ja) ケース積下ろし装置
JP3597549B2 (ja) 長尺物載置装置
JP3017714U (ja) 果菜物箱詰め装置
JP2592873Y2 (ja) 長尺物集出荷施設
JP2574872Y2 (ja) 青果物の選別箱詰装置
JPH0858727A (ja) 長物野菜の箱詰装置
JP3495778B2 (ja) 長物野菜の選別箱詰装置
JPH07300115A (ja) 長尺物箱詰め装置
JP3404684B2 (ja) 長尺物箱詰め装置
JPH07257508A (ja) 長物野菜の箱詰装置
JPH0881046A (ja) 長尺物仕分け装置
JP2592874Y2 (ja) 長尺物集出荷施設
JPH06263112A (ja) 長尺物箱詰め装置
JPH07948U (ja) 長物野菜の選別装置

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20050125

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050201

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050323

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20050419

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20050420

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090428

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090428

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100428

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100428

Year of fee payment: 5

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313115

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100428

Year of fee payment: 5

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100428

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100428

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110428

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110428

Year of fee payment: 6

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120428

Year of fee payment: 7

R360 Written notification for declining of transfer of rights

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R360

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120428

Year of fee payment: 7

R370 Written measure of declining of transfer procedure

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R370

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120428

Year of fee payment: 7

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313115

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120428

Year of fee payment: 7

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120428

Year of fee payment: 7

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120428

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130428

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130428

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140428

Year of fee payment: 9

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees