JPH0671404U - 長尺物箱詰め装置 - Google Patents

長尺物箱詰め装置

Info

Publication number
JPH0671404U
JPH0671404U JP1783593U JP1783593U JPH0671404U JP H0671404 U JPH0671404 U JP H0671404U JP 1783593 U JP1783593 U JP 1783593U JP 1783593 U JP1783593 U JP 1783593U JP H0671404 U JPH0671404 U JP H0671404U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
long
cucumber
box
boxing
cucumbers
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP1783593U
Other languages
English (en)
Other versions
JP2592514Y2 (ja
Inventor
広綱 藤原
孝道 下村
Original Assignee
石井工業株式会社
ヤンマー農機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Family has litigation
Application filed by 石井工業株式会社, ヤンマー農機株式会社 filed Critical 石井工業株式会社
Priority to JP1993017835U priority Critical patent/JP2592514Y2/ja
Publication of JPH0671404U publication Critical patent/JPH0671404U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2592514Y2 publication Critical patent/JP2592514Y2/ja
First worldwide family litigation filed litigation Critical https://patents.darts-ip.com/?family=11954757&utm_source=google_patent&utm_medium=platform_link&utm_campaign=public_patent_search&patent=JPH0671404(U) "Global patent litigation dataset” by Darts-ip is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】胡瓜、人参、長芋、長茄子等の特異形状を有す
る長尺青果物の箱詰め作業に用いることのできる長尺物
箱詰め装置を提供する。 【構成】周回用コンベア上の投入位置に各整列トレイを
順次搬送して、投入用コンベアから供給される同一等階
級の各胡瓜を各整列トレイに順次移載する。周回用コン
ベア上の整列位置に二つの各整列トレイを搬送停止した
後、同位置上部に配設した箱詰め機を駆動して、二つの
各整列トレイに載置された前列側及び後列側の各胡瓜を
各吸着パッドで吸着保持すると共に、同各胡瓜の後端部
を若干下方に傾斜した姿勢に支持する。この後、各吸着
パッドで吸着保持した前列側の各胡瓜と後列側の各胡瓜
との長手側端部を互いに重合して箱詰めするので、所定
サイズに形成された箱体内部に対して2群の各胡瓜を並
列に整列して箱詰めすることができ、且つ、運搬時に於
いて各胡瓜の商品価値が損なわれるのを確実に防止でき
る。

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】
この考案は、例えば、胡瓜、人参、長芋、長茄子等の長尺青果物を機械的に箱 詰めするために用いられる長尺物箱詰め装置に関する。
【0002】
【従来の技術】
従来、上述例のような胡瓜を箱詰めする方法としては、例えば、生産者側から 持込まれる多数本の各胡瓜K…を等階級別に選別処理し、同一等階級の各胡瓜K …を複数人の作業者が手で1本ずつ保持して、予め段ボール箱B内に敷設された 包装袋Pに2群の各胡瓜K…を並列に整列して箱詰めする箱詰め方法がある。
【0003】
【考案が解決しようとする課題】
しかし、上述のように2群の各胡瓜K…を箱詰めする場合、各胡瓜K…の商品 価値が損なわれないように1本ずつ作業者の手で箱詰めしなければならず、胡瓜 Kの箱詰め作業に手間及び時間が掛るという問題点を有している。例えば、図6 に示すように、箱詰め機4を構成する各吸着パッド42…で2群の各胡瓜K…を 吸着保持して箱詰めすることで、上記問題点を解決することができるが、各胡瓜 K…の長さに不揃いがある場合、2群の各胡瓜K…を並列に整列した状態のまま 箱詰めすると、各胡瓜K…の対向側端部に隙間ができる。この為、運搬時に生じ る振動で各胡瓜K…の長手側端部が互いに衝突又は擦れ合い、胡瓜Kの表面に付 いた突起が剥がれ落ちたり、胡瓜Kの表面に打ち傷や擦り傷等が付くことがあり 、商品価値が損なわれてしまうという問題点も有している。
【0004】 この考案は上記問題に鑑み、並列に整列された2群の各長尺青果物を上下段違 いに一部重合して箱詰めすることにより、所定サイズに形成された箱体内部に対 して2群の各長尺青果物を並列に整列して箱詰めすることができ、且つ、運搬時 に於いて各長尺青果物の商品価値が損なわれるのを防止できる長尺物箱詰め装置 の提供を目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】
請求項1記載の長尺物箱詰め装置は、並列に整列した2群の各長尺青果物を長 尺物箱詰め手段で長手方向に集束して箱体内部に箱詰めする長尺物箱詰め装置で あって、上記長尺物箱詰め手段に、該長尺物箱詰め手段で保持した2群の各長尺 青果物の対向側端部を上下段違いに重合する長尺物重合手段を設けた長尺物箱詰 め装置であることを特徴とする。
【0006】 請求項2記載の長尺物箱詰め装置は、上記の請求項1記載の構成と併せて、前 記長尺物重合手段を、前記長尺物箱詰め手段で保持した2群の各長尺青果物が長 手方向に平行して上下段違いに重合される高さ位置に保持する保持構造で構成し た長尺物箱詰め装置であることを特徴とする。
【0007】 請求項3記載の長尺物箱詰め装置は、前記の請求項1記載の構成と併せて、前 記長尺物重合手段を、前記長尺物箱詰め手段で保持した各長尺青果物の重心より 一方に偏心した位置を吸着保持する吸着構造で構成した長尺物箱詰め装置である ことを特徴とする。
【0008】 請求項4記載の長尺物箱詰め装置は、前記の請求項1記載の構成と併せて、前 記長尺物重合手段を、前記長尺物箱詰め手段で保持した2群の各長尺青果物が上 下段違いに重合される適宜姿勢に支持する支持構造で構成した長尺物箱詰め装置 であることを特徴とする。
【0009】
【作用】
請求項1記載の長尺物箱詰め装置は、長尺物箱詰め手段を駆動して、並列に整 列された2群の各長尺青果物を長手方向に集束すると共に、長尺物重合手段を駆 動して、並列に保持した2群の各長尺青果物の対向側端部を上下段違いに重合し て箱体内部に箱詰めすることで、各長尺青果物の対向側端部が互い違いに重なり 合い、同各長尺青果物の間に不必要な隙間ができるのを防止する。
【0010】 請求項2記載の長尺物箱詰め装置は、上記の請求項1記載の作用と併せて、長 尺物箱詰め手段で保持した2群の各長尺青果物を、同各長尺青果物の対向側端部 が長手方向に平行して上下段違いに重合される高さ位置に保持構造で保持して、 2群の各長尺青果物を上下段違いに一部重合した状態のまま箱詰めする。
【0011】 請求項3記載の長尺物箱詰め装置は、前記の請求項1記載の作用と併せて、長 尺物箱詰め手段で保持した2群の各長尺青果物を、同各長尺青果物の重心より一 方に偏心した位置を吸着構造で吸着保持して、2群の各長尺青果物を上下段違い に一部重合した状態のまま箱詰めする。
【0012】 請求項4記載の長尺物箱詰め装置は、前記の請求項1記載の作用と併せて、長 尺物箱詰め手段で保持した2群の各長尺青果物を、同各長尺青果物の対向側端部 が上下段違いに重合される適宜姿勢に支持構造で支持して、2群の各長尺青果物 を上下段違いに一部重合した状態のまま箱詰めする。
【0013】
【考案の効果】
この考案によれば、並列に整列された2群の各長尺青果物を上下段違いに一部 重合して箱詰めするので、等階級別に選別された各長尺青果物の長さが不揃いで あっても、箱体内部に収納したときに各長尺青果物の対向側端部が互い違いに重 なり合うため、従来例のように各長尺青果物の間に不必要な隙間ができたりせず 、所定サイズに形成された箱体内部に対して2群の各長尺青果物を並列に整列し て箱詰めすることができる。且つ、2群の各長尺青果物を互いに密着させて箱詰 めするため、運搬時に於いて長尺青果物が衝突又は擦合うことがなくなり長尺青 果物の商品価値が損なわれるのを防止できると共に、箱体内部の収納スペースを 有効に活用した箱詰め作業が行える。
【0014】 しかも、所定本数の各長尺青果物を一括保持して箱詰めするため、従来例のよ うに多数本の各胡瓜を1本ずつ手で箱詰めするような手間及び作業が省け、且つ 、各胡瓜を樹脂製容器等に整列収納する箱詰め方法よりも包装単価が安くなり、 箱詰め作業に要する時間及び包装コストを削減して、箱詰め作業の省力化及び能 率アップを図ることができる。
【0015】
【実施例】
この考案の一実施例を以下図面に基づいて詳述する。 図面は長尺青果物の一例として等階級別に選別された胡瓜の箱詰め作業に用い られる胡瓜箱詰め装置を示し、図1及び図2に於いて、この胡瓜箱詰め装置1は 、周回用コンベア2上に設定した投入位置から整列位置に向けて、例えば、9本 分の各胡瓜K…が並列載置される大きさ及び形状に形成した合成樹脂製の各整列 トレイT…を周回移動する。周回用コンベア2上の投入位置側部に配設した投入 用コンベア3を駆動して、生産者側から持込まれる多数本の各胡瓜K…を各整列 トレイT…に順次移載する。周回用コンベア2上の整列位置直前に配設した整列 機23を駆動して、二つの各整列トレイT,Tに載置された後列側の各胡瓜K… を揃える。周回用コンベア2上の整列位置上部に配設した箱詰め機4を駆動して 、二つの各整列トレイT…上に載置された2群の各胡瓜K…を段ボール箱Bに順 次箱詰めする構成である。
【0016】 上述の整列トレイTは、例えば、9本分の各胡瓜K…が並列載置される横長形 状にトレイ本体Taを形成し、同トレイ本体Taの上面側短手方向に真っ直ぐな 胡瓜Kが1本載置される大きさ及び形状の凹状載置部Tbを形成すると共に、同 トレイ本体Taの上面側長手方向に対して9本分の各胡瓜K…を並列載置するた めの各凹状載置部Tb…を連続形成している。
【0017】 且つ、トレイ本体Taの長手側両端部に、各凹状載置部Tb…に載置される各 胡瓜K…の前後端部と対向して各整列板Tc,Tcを立設している。なお、く字 形に変形した下級品の各胡瓜K…を並列載置する場合、各凹状載置部Tb…の底 面中央部が長手方向に対して谷形又は山形に形成された整列トレイTを用いる。
【0018】 前述の周回用コンベア2は、第1コンベア2aの搬送側終端部に第2コンベア 2bを直交して配設し、同第2コンベア2bの搬送側終端部に第3コンベア2c を直交して配設し、同第3コンベア2cの搬送側終端部に第4コンベア2dを直 交して配設し、同第4コンベア2dの搬送側終端部に第1コンベア2aを直交し て配設し、減速機付きモータ(図示省略)の駆動力により各コンベア2a,2b ,2c,2dを周回方向に回転駆動して、同各コンベア2a,2b,2c,2d 上に載置された多数個の各整列トレイT…を周回方向に搬送する。
【0019】 第1コンベア2aの搬送側終端部に搬送される整列トレイTの長手側端面と対 向してプッシャ板5を配設し、同位置側部に配設した第1プッシャ機構6の駆動 によりプッシャ板5を移載方向に移動して、終端部に搬送される各整列トレイT …をプッシャ板5で第2コンベア2b上に順次移載する。
【0020】 第2コンベア2bの搬送側終端部に搬送される各整列トレイT,Tの短手側端 面と対向してプッシャ板7を配設し、同位置側部に配設した第2プッシャ機構8 の駆動によりプッシャ板7を移載方向に移動して、終端部に搬送される二つの各 整列トレイT,Tをプッシャ板7で第3コンベア2c上に順次移載する。
【0021】 第3コンベア2cの搬送側終端部に搬送される整列トレイTの長手側端面と対 向してプッシャ板9を配設し、同位置側部に配設した第3プッシャ機構10の駆 動によりプッシャ板9を移載方向に移動して、終端部に搬送される二つの各整列 トレイT,Tをプッシャ板9で第4コンベア2d上に順次移載する。
【0022】 第4コンベア2dの搬送側終端部に搬送される整列トレイTの短手側端面と対 向してプッシャ板11を配設し、同位置側部に配設した第4プッシャ機構12の 駆動によりプッシャ板11を移載方向に移動して、終端部に搬送される各整列ト レイT…をプッシャ板11で第1コンベア2a上に順次移載する。
【0023】 前述の整列機23は、図2に示すように、第2コンベア2b上に設定した整列 位置直前にストッパ21を出没自在に設け、同位置下部に配設した出没用シリン ダ22をストッパ21に連結している。すなわち、出没用シリンダ22の作動に より、第2コンベア2bの搬送面上にストッパ21を出没して、後続の各整列ト レイT…を整列位置直前に設定した揃え位置に一旦停止し、同整列位置に二つの 各整列トレイT,Tを搬送停止する。
【0024】 且つ、第2コンベア2b上に設定した揃え位置上部に取付け枠24を周回方向 と直交して架設し、同取付け枠24の上面側中央部に後退用シリンダ25を周回 方向と平行して水平固定し、同後退用シリンダ25のピストンロッド端部をL字 形に形成した支持板26の垂直部に連結固定している。且つ、支持板26の水平 部に垂直固定した押圧用シリンダ27のピストンロッド端部を、整列トレイTの 長手側端部と対応する長さに形成した押圧板28の上面側中央部に連結固定し、 同押圧板28の下面側に、例えば、合成ゴム又は合成樹脂等の軟質部材で形成し た凹凸形状の押圧パッド29を貼着している。
【0025】 すなわち、第2コンベア2b上の揃え位置に二つの各整列トレイT,Tを搬送 停止したとき、押圧用シリンダ27を降下作動して、後列側の整列トレイTに載 置された各胡瓜K…の上部周面に押圧パッド29を押圧する。同時、後退用シリ ンダ25を後退作動して、整列トレイTに載置された各胡瓜K…を押圧パッド2 9で一括して後退させ、整列トレイTの後端部に形成した整列板Tcに各胡瓜K …の後端部を当接して、後列側の整列トレイTに載置された各胡瓜K…の後端部 を横一線に揃える。
【0026】 前述の投入用コンベア3は、図1に示すように、周回用コンベア2上に設定し た投入位置側部に投入用コンベア3を周回方向と直交して配設し、同投入用コン ベア3の搬送面上に1本分の胡瓜Kを整列載置する間隔に隔てて複数本の各突条 ガイド3a…を形成すると共に、周回用コンベア2上に設定した投入位置側部と 、投入用コンベア3の搬送側終端部との間に2本の各投入用ローラ30,31を 投方向と直交して軸架している。
【0027】 すなわち、周回用コンベア2と投入用コンベア3とを同期駆動して、投入用コ ンベア3の各突条ガイド3a…間と対応する位置に、周回用コンベア2上に載置 された各整列トレイT…の各凹状載置部Tb…を順次移動する。同時に、生産者 側から持込まれる多数本の各胡瓜K…を投入用コンベア3上に形成した各突条ガ イド3a…間に1本ずつ順次移載し、同投入用コンベア3から供給される多数本 の各胡瓜K…を各投入用ローラ30,31で加速搬送して、周回用コンベア2上 の投入位置に移動される整列トレイTの各凹状載置部Tb…に対して胡瓜Kを1 本ずつ順次移載する。
【0028】 前述の箱詰め機4は、図3、図4、図5に示すように、第2コンベア2b上に 設定した整列位置上方と、同位置側部に設定した箱詰め位置上方との間に各ガイ ドレール32,32を平行して架設し、同各ガイドレール32,32間に移動枠 33を前後移動自在に取付けると共に、箱詰め位置上方に配設した移動用シリン ダ34のピストンロッドを移動枠33の上面部に連結固定して、同移動用シリン ダ34の作動により、整列位置上方と箱詰め位置上方とに移動枠33を前後移動 する。且つ、移動枠33の上面側中央部に配設した昇降用シリンダ35のピスト ンロッドを昇降枠36の上面部に連結固定して、同昇降用シリンダ35の作動に より、整列位置直上と箱詰め位置直上とで昇降枠36を垂直昇降する。
【0029】 上述の昇降枠36には、同昇降枠36の両側部に架設した各ガイドレール37 ,37の前端側及び後端側に各スライダ38,38を前後移動自在に夫々取付け 、前端側及び後端側の各スライダ38,38間に架設した各ガイド棒39,39 上に9個の各可動板40…を左右移動自在に取付け、同各可動板40…に垂設し た各吸気管41…の下端部に、二つの各整列トレイT,T上に載置された各胡瓜 K…の前端側上面部と対向して、例えば、合成ゴム又は合成樹脂等の軟質部材で 形成した各吸着パッド42…を夫々固定している。
【0030】 且つ、昇降枠36の後端側両側部に配設した各進退用シリンダ43,43のピ ストンロッドを後端側の各スライダ38,38に連結固定して、同各進退用シリ ンダ43,43の作動により、前端側に位置固定した各スライダ38,38を箱 詰め基準として、二つの各整列トレイT,T上に載置された前列側の各胡瓜K… と後列側の各胡瓜K…とを前後列の各吸着パッド42…で吸着保持する吸着間隔 と、前後列の各吸着パッド42…で吸着保持した前列側の各胡瓜K…と後列側の 各胡瓜K…との対向側端部を一部重合する箱詰め間隔とに各スライダ38,38 を前後移動する。
【0031】 且つ、左側のガイドレール37上に取付けた各スライダ38,38と、同側に 配列した各可動板40,40とを固定ネジ44及び固定ナット45で連結固定し 、各可動板40…の下端部間に螺合した各調節ネジ46…及び各調節ナット47 …で各吸着パッド42…の拡縮間隔を設定すると共に、昇降枠36の右側部に配 設した各拡縮用シリンダ48,48のピストンロッドを同側の各可動板40,4 0に連結固定して、同各拡縮用シリンダ48,48の作動により、左側に位置固 定した各可動板40,40を箱詰め基準として、二つの各整列トレイT,T上に 載置された前列側の各胡瓜K…と後列側の各胡瓜K…とを前後列の各吸着パッド 42…で吸着保持する吸着間隔と、前後列の各吸着パッド42…で吸着保持した 前列側の各胡瓜K…と後列側の各胡瓜K…とを段ボール箱Bに一括収納する箱詰 め間隔とに各可動板40…を左右移動する。
【0032】 上述の各吸着パッド42…は、整列トレイTに載置された胡瓜Kの上部周面と 対応して吸着パッド42の吸着面を凹面形状に形成し、同整列トレイTに載置さ れた胡瓜Kの長手方向と平行して吸着パッド42の吸着面を楕円形状に形成して いる。且つ、各吸気管41…の下端部に固定した各取付け板49…の前後下端部 に、例えば、合成ゴム又は合成樹脂等の軟質部材で形成した各支持パッド50, 51を胡瓜Kの上部周面と対向して夫々取付けている。
【0033】 すなわち、二つの各整列トレイT,T上に載置された2群の各胡瓜K…に各吸 着パッド42…を夫々密着したとき、同各吸着パッド42…に各吸気管41…を 介して接続した吸引用ブロワ(図示省略)の負圧で18本分の各胡瓜K…を一括 して吸着保持する。この時、各吸着パッド42…で各胡瓜K…の重心より前端側 に偏心した位置を吸着保持し、同各吸着パッド42…で吸着保持した各胡瓜K… の上部周面に各支持パッド50,51を接触させて、2群の各胡瓜K…の後端部 を若干下方に傾斜した姿勢に支持する。一方、各吸着パッド42…で吸着保持し た18本分の各胡瓜K…を段ボール箱B内に収納したとき、吸引用ブロワ(図示 省略)による負圧を遮断又は停止して各胡瓜K…の吸着保持を解除する。
【0034】 且つ、図6に示すように、箱詰め位置の前後及び左右に4枚の各開放板52… を開閉自在に軸支し、同各開放板52…の軸端部に固定した傘形の各ギャ53… を互いに噛合し、下部一側に配設した開放用シリンダ54のピストンロッドを開 放板52の軸端部に連結して、同開放用シリンダ54の作動により、箱詰め位置 に供給された段ボール箱Bの各フラップBa…と対向する水平位置と、同段ボー ル箱Bの各フラップBa…を四方に開放する傾斜位置とに各開放板52…を上下 回動する。
【0035】 前述の段ボール箱Bは、図7に示すように、上面開放形態に組立てられた段ボ ール箱Bの内部に、合成樹脂製又は紙製の包装袋Bを上向きに開口して敷設する と共に、同段ボール箱Bの開放側縁部に起立した各フラップBa…に包装袋Pの 投入口Paを二つに折返して被覆している。すなわち、箱詰め位置下部の箱搬入 側に配設した箱搬入用コンベア55を介して空の段ボール箱Bを箱詰め位置下部 に搬送供給し、同箱詰め位置下部の箱搬出側に接続した箱搬出用コンベア56を 介して箱詰め済みの段ボール箱Bを次工程(例えば、袋封函工程、箱封函工程) に搬送供給する。
【0036】 上述の箱搬出用コンベア56は、同箱搬出用コンベア56上に設定した箱詰め 位置直下に箱昇降台57を昇降自在に設け、同位置の下部中央部に垂直軸受した ネジ軸58と、同箱昇降台57の下部中央部に固定したナット部59とを螺合し て、同位置側部に配設した減速機付き昇降用モータ60の駆動力により、各スプ ロケット61,62及び駆動チェーン63を介してネジ軸58を正逆回転させ、 上述の各吸着パッド42…により吸着保持された各胡瓜K…を箱詰めする箱詰め 位置に段ボール箱Bを供給する上昇位置と、箱搬出用コンベア56上に箱詰め済 みの段ボール箱Bを移載する降下位置との間で箱昇降台57を垂直昇降する。
【0037】 図示実施例は上記の如く構成するものとして、以下、等階級別に選別された各 胡瓜K…を胡瓜箱詰め装置1により箱詰めするときの動作を説明する。 先ず、図1に示すように、生産者側から持込まれる多数本の各胡瓜K…を投入 用コンベア3に順次移載し、同投入用コンベア3から供給される各胡瓜K…を各 投入用ローラ30,31で加速搬送して、周回用コンベア2の第1コンベア2a 上に載置された整列トレイTの各凹状載置部Tb…に対して各胡瓜K…の向きを 揃えて1本ずつ順次移載する。同時に、整列トレイTの長手側前端部に形成した 整列板Tcに各胡瓜K…の前端部を夫々当接して、同整列トレイTに移載される 各胡瓜K…の前端部を横一線に揃える。なお、整列トレイT上に移載される各胡 瓜K…に不揃い及び過不足が生じた場合、作業者の手で胡瓜Kの載置姿勢及び載 置本数を補正する。
【0038】 次に、第1プッシャ機構6を駆動して、第1コンベア2aの終端部に搬送され た各整列トレイT…をプッシャ板5で第2コンベア2b上に順次移載する。出没 用シリンダ22を突出作動して、第2コンベア2b上に設定した揃え位置に二つ の各整列トレイT,Tをストッパ21で一旦停止する。
【0039】 同時に、図2に示すように、整列機23の押圧用シリンダ27を降下作動して 、後列側の整列トレイTに載置された各胡瓜K…に押圧パッド29を押圧する。 後退用シリンダ25を後退作動して、整列トレイTに載置された各胡瓜K…を押 圧パッド29で一括後退させ、整列トレイTの長手側後端部に形成した整列板T cに各胡瓜K…の後端部を夫々当接して、同整列トレイT上に載置された各胡瓜 K…の後端部を横一線に揃える。
【0040】 この後、後退用シリンダ25及び押圧用シリンダ27を復帰作動して、押圧パ ッド29を初期位置に復帰させる。同時に、出没用シリンダ22を没入作動して 、第2コンベア2bの搬送面下にストッパ21を没入し、第2コンベア2b上の 整列位置に二つの各整列トレイT,Tを並列搬送する。
【0041】 次に、箱詰め機4の昇降用シリンダ35を降下作動して、昇降枠36に垂設し た各吸着パッド42…を二つの各整列トレイT,T上に載置された前列側及び後 列側の各胡瓜K…に夫々密着して吸着保持する。同時に、各吸着パッド42…で 吸着保持した各胡瓜K…の上部周面に各支持パッド50,51を夫々接触させて 、同各胡瓜K…の後端部を若干下方に傾斜した姿勢に支持する。
【0042】 この後、移動用シリンダ34及び昇降用シリンダ35を作動して、昇降枠36 に垂設した各吸着パッド42…で前後列の各胡瓜K…を吸着保持した状態のまま 整列位置から箱詰め位置に移動する。同時に、各進退用シリンダ43,43及び 各拡縮用シリンダ48,48を作動して、各吸着パッド42…で吸着保持した前 後列の各胡瓜K…を箱詰め間隔に集合させると共に、前後列の各吸着パッド42 …で吸着保持した前列側の各胡瓜K…と後列側の各胡瓜K…との対向側端部を一 部重合する。
【0043】 一方、箱搬入用コンベア55を駆動して、上面開放形態に組立てられた段ボー ル箱Bを箱詰め位置下部に搬送し、昇降用モータ60を駆動して、同位置下部に 搬送された段ボール箱Bを箱昇降台57で適宜高さに垂直上昇する。同時に、開 放用シリンダ54を作動して、箱昇降台57上に載置された段ボール箱Bの各フ ラップBa…を4枚の各開放板52…で四方に若干開放した後、箱詰め機4の昇 降用シリンダ35を降下作動して、各吸着パッド42…で吸着保持した前後列の 各胡瓜K…を段ボール箱B内の包装袋Pに一括収納して吸着解除することで、図 7に示すように、1段分の各胡瓜K…の箱詰め作業が完了する。
【0044】 上述と同様にして、移動用シリンダ34及び昇降用シリンダ35を復帰作動し て、昇降枠36に垂設した各吸着パッド42…を初期位置に復帰させ、各進退用 シリンダ43,43及び各拡縮用シリンダ48,48を復帰作動して、各吸着パ ッド42…を初期間隔に離間させた後、次の各整列トレイT,T上に載置された 各胡瓜K…を各吸着パッド42…で吸着保持し、同各吸着パッド42…で吸着保 持した2群の各胡瓜K…を箱詰め間隔に一部重合して段ボール箱B内に箱詰めす る。所定本数分の各胡瓜K…を段ボール箱B内に箱詰めした後、昇降用モータ6 0を逆転駆動して、箱昇降台57上に載置された段ボール箱Bを箱搬出用コンベ ア56に移載し、箱搬出用コンベア56を駆動して、箱詰め済みの段ボール箱B を次工程(例えば、袋封函工程、箱封函工程)に搬送する。
【0045】 一方、1段分の各胡瓜K…を箱詰めしたとき、第2プッシャ機構8を駆動して 、第2コンベア2bの終端部に搬送された二つの各整列トレイT,Tをプッシャ 板7で第3コンベア2c上に移載し、第3プッシャ機構10を駆動して、第3コ ンベア2cの終端部に搬送された二つの各整列トレイT,Tをプッシャ板9で第 4コンベア2d上に移載し、第4プッシャ機構12を駆動して、第4コンベア2 dの終端部に搬送された各整列トレイT…をプッシャ板11で第1コンベア2a 上に移載する。
【0046】 以上のように、二つの各整列トレイT,Tに載置された2群の各胡瓜K…を上 下段違いに一部重合して箱詰めするので、等階級別に選別された各胡瓜K…の長 さが不揃いであっても、段ボール箱Bに収納したときに各胡瓜K…の対向側端部 が互い違いに重なり合うため、従来例のように各胡瓜K…の間に不必要な隙間が できたりせず、所定サイズに形成された段ボール箱Bに対して2群の各胡瓜K… を整列して箱詰めすることができる。且つ、2群の各胡瓜K…を互いに密着させ て箱詰めするため、運搬時に於いて各胡瓜K…が衝突又は擦合うことがなくなり 、胡瓜Kの商品価値が損なわれるのを防止できると共に、段ボール箱Bの収納ス ペースを有効に活用した箱詰め作業が行える。
【0047】 しかも、2群の各胡瓜K…を一括保持して箱詰めするため、従来例のように多 数本の各胡瓜K…を1本ずつ手で箱詰めするような手間及び作業が省け、且つ、 樹脂製容器等に各胡瓜K…を整列収納する箱詰め方法よりも包装単価が安くなり 、箱詰め作業に要する時間及び包装コストを削減して、箱詰め作業の省力化及び 能率アップを図ることができる。
【0048】 この考案の構成と、上述の実施例との対応において、 この発明の長尺物箱詰め装置は、実施例の胡瓜箱詰め装置1に対応し、 以下同様に、 長尺青果物は、胡瓜Kに対応し、 箱体は、段ボール箱Bに対応し、 長尺物箱詰め手段は、箱詰め機4を構成するガイドレール32,37と、移動 枠33と、移動用シリンダ34と、昇降用シリンダ35と、昇降枠36と、スラ イダ38と、ガイド棒39と、可動板40と、吸気管41と、吸着パッド42と 、進退用シリンダ43と、拡縮用シリンダ48とに対応し、 長尺物重合手段は、箱詰め機4を構成するガイドレール37と、スライダ38 と、ガイド棒39と、可動板40と、吸気管41と、吸着パッド42と、進退用 シリンダ43と、調節ネジ46と、調節ナット47と、拡縮用シリンダ48とに 対応し、 保持構造は、吸気管41及び吸着パッド42と、各支持パッド68,69に対 応し、 吸着構造は、吸気管41及び吸着パッド42に対応し、 支持構造は、各支持パッド50,51,64,65,66,67に対応するも 、 この考案は、上述の実施例の構成のみに限定されるものではない。
【0049】 上述の実施例では、箱詰め機4を構成する前後列の各吸着パッド42…で吸着 保持した各胡瓜K…を箱詰めするとき、同各胡瓜K…の後端部を同一方向に傾斜 した姿勢のまま箱詰めするが、例えば、図8に示すように、前列側の各吸着パッ ド42…で吸着保持した各胡瓜K…の前後端部に後述する各支持パッド66,6 7よりも長尺寸法の各支持パッド64,65を夫々接触させて、同各胡瓜K…の 前端部を若干下方に向けて傾斜した姿勢に吸着保持し、後列側の各吸着パッド4 2…で吸着保持した各胡瓜K…の前後端部に上述の各支持パッド64,65より も短尺寸法の各支持パッド66,67を夫々接触させて、同各胡瓜K…の後端部 を若干下方に向けて傾斜した姿勢に吸着保持すると共に、前列側及び後列側の各 胡瓜K…を上下段違いに吸着保持する。この後、各吸着パッド42…で吸着保持 した前列側の各胡瓜K…と後列側の各胡瓜K…との対向側端部を一部重合して箱 詰めすることで、上述の実施例と同様に2群の各胡瓜K…を整列して箱詰めする ことができる。
【0050】 また、図9に示すように、前列側の各吸着パッド42…で吸着保持した各胡瓜 K…の前後端部に後述する各支持パッド69,69よりも長尺寸法の各支持パッ ド68,68を夫々接触させ、後列側の各吸着パッド42…で吸着保持した各胡 瓜K…の前後端部に上述の各支持パッド68,68よりも短尺寸法の各支持パッ ド69,69を夫々接触させて、前列側の各胡瓜K…と後列側の各胡瓜K…とを 水平方向に向けた姿勢に吸着保持すると共に、前列側及び後列側の各胡瓜K…を 上下段違いに吸着保持する。この後、各吸着パッド42…で吸着保持した前列側 の各胡瓜K…と後列側の各胡瓜K…との対向側端部を一部重合して箱詰めするこ とで、上述の実施例と同様に2群の各胡瓜K…を整列して箱詰めすることができ る。
【0051】 さらにまた、各吸着パッド42…で吸着保持した各胡瓜K…の前端側又は後端 側に各支持パッド50,51の何れか一方を接触させて、2群の各胡瓜K…が上 下段違いに重合される姿勢に支持するもよい。
【図面の簡単な説明】
【図1】胡瓜箱詰め装置による胡瓜の箱詰め動作を示す
全体構成図。
【図2】整列機による胡瓜の揃え動作を示す側面図。
【図3】箱詰め機による胡瓜の吸着状態を示す側面図。
【図4】箱詰め機による胡瓜の吸着状態を示す正面図。
【図5】吸着パッドの拡縮機構を示す底面図。
【図6】箱詰め機による胡瓜の箱詰め動作を示す正面
図。
【図7】段ボール箱に収納された胡瓜の箱詰め状態を示
す平面図。
【図8】箱詰め機による胡瓜の傾斜姿勢に吸着保持した
状態を示す側面図。
【図9】箱詰め機による胡瓜の水平姿勢に吸着保持した
状態を示す側面図。
【符号の説明】
B…段ボール箱 Ba…フラップ K…胡瓜 T…整列トレイ 1…胡瓜箱詰め装置 2…周回用コンベア 3…投入用コンベア 4…箱詰め機 33…移動枠 36…昇降枠 37…ガイドレール 38…スライダ 39…ガイド棒 40…可動板 41…吸気管 42…吸着パッド 34…移動用シリンダ 35…昇降用シリンダ 43…進退用シリンダ 48…拡縮用シリンダ 50,51…支持パッド 64,65,66,67…支持パッド 68,69…支持パッド

Claims (4)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】並列に整列した2群の各長尺青果物を長尺
    物箱詰め手段で長手方向に集束して箱体内部に箱詰めす
    る長尺物箱詰め装置であって、 上記長尺物箱詰め手段に、該長尺物箱詰め手段で保持し
    た2群の各長尺青果物の対向側端部を上下段違いに重合
    する長尺物重合手段を設けた長尺物箱詰め装置。
  2. 【請求項2】前記長尺物重合手段を、前記長尺物箱詰め
    手段で保持した2群の各長尺青果物が長手方向に平行し
    て上下段違いに重合される高さ位置に保持する保持構造
    で構成した請求項1記載の長尺物箱詰め装置。
  3. 【請求項3】前記長尺物重合手段を、前記長尺物箱詰め
    手段で保持した各長尺青果物の重心より一方に偏心した
    位置を吸着保持する吸着構造で構成した請求項1記載の
    長尺物箱詰め装置。
  4. 【請求項4】前記長尺物重合手段を、前記長尺物箱詰め
    手段で保持した2群の各長尺青果物が上下段違いに重合
    される適宜姿勢に支持する支持構造で構成した請求項1
    記載の長尺物箱詰め装置。
JP1993017835U 1993-03-16 1993-03-16 長尺物箱詰め装置 Expired - Fee Related JP2592514Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1993017835U JP2592514Y2 (ja) 1993-03-16 1993-03-16 長尺物箱詰め装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1993017835U JP2592514Y2 (ja) 1993-03-16 1993-03-16 長尺物箱詰め装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0671404U true JPH0671404U (ja) 1994-10-07
JP2592514Y2 JP2592514Y2 (ja) 1999-03-24

Family

ID=11954757

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1993017835U Expired - Fee Related JP2592514Y2 (ja) 1993-03-16 1993-03-16 長尺物箱詰め装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2592514Y2 (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH1059324A (ja) * 1996-08-20 1998-03-03 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 物品の移載装置
JP2015231868A (ja) * 2014-09-19 2015-12-24 株式会社イシダ 箱詰め装置
WO2018043358A1 (ja) 2016-08-30 2018-03-08 川崎重工業株式会社 食品の保持装置
KR20190055217A (ko) 2016-10-07 2019-05-22 카와사키 주코교 카부시키 카이샤 식품 지지 장치
KR20190091501A (ko) 2016-12-09 2019-08-06 카와사키 주코교 카부시키 카이샤 식품 지지 장치
KR20190091506A (ko) 2016-12-09 2019-08-06 카와사키 주코교 카부시키 카이샤 식품 지지 장치

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH1059324A (ja) * 1996-08-20 1998-03-03 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 物品の移載装置
JP2015231868A (ja) * 2014-09-19 2015-12-24 株式会社イシダ 箱詰め装置
WO2018043358A1 (ja) 2016-08-30 2018-03-08 川崎重工業株式会社 食品の保持装置
KR20190032540A (ko) 2016-08-30 2019-03-27 카와사키 주코교 카부시키 카이샤 식품의 유지 장치
KR20190055217A (ko) 2016-10-07 2019-05-22 카와사키 주코교 카부시키 카이샤 식품 지지 장치
KR20190091501A (ko) 2016-12-09 2019-08-06 카와사키 주코교 카부시키 카이샤 식품 지지 장치
KR20190091506A (ko) 2016-12-09 2019-08-06 카와사키 주코교 카부시키 카이샤 식품 지지 장치

Also Published As

Publication number Publication date
JP2592514Y2 (ja) 1999-03-24

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH0671404U (ja) 長尺物箱詰め装置
JP3672620B2 (ja) 長尺物箱詰め装置
JP3409876B2 (ja) 長尺物箱詰め装置
JP3628719B2 (ja) 長尺物箱詰め装置
JP3708166B2 (ja) 果菜物箱詰め装置
JPH10269U (ja) 青果物吸着装置
JP2598529Y2 (ja) 長尺青果物箱詰め装置
JP2592873Y2 (ja) 長尺物集出荷施設
JP2592887Y2 (ja) 長尺物吸着子
JP3017491U (ja) 長尺物箱詰め装置
JP2587625Y2 (ja) 長尺物箱詰め装置
JPH0532328U (ja) ケース分離装置
JP3404684B2 (ja) 長尺物箱詰め装置
JP3017714U (ja) 果菜物箱詰め装置
JP3538215B2 (ja) 長尺物箱詰め装置
JPH07300115A (ja) 長尺物箱詰め装置
JP3597549B2 (ja) 長尺物載置装置
JP2592874Y2 (ja) 長尺物集出荷施設
JPH08258804A (ja) Cdシングルトレイの箱詰方法及び箱詰装置
JPH07300114A (ja) 長尺物箱詰め装置
JPH07137712A (ja) 長尺物箱詰め装置
JPH0648402A (ja) 缶箱詰め装置
JP3538217B2 (ja) 長尺物箱詰め装置
JP3241135B2 (ja) ケース積下ろし装置
JP2606417Y2 (ja) 長尺青果物投入装置

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees