JP3495778B2 - 長物野菜の選別箱詰装置 - Google Patents

長物野菜の選別箱詰装置

Info

Publication number
JP3495778B2
JP3495778B2 JP07846094A JP7846094A JP3495778B2 JP 3495778 B2 JP3495778 B2 JP 3495778B2 JP 07846094 A JP07846094 A JP 07846094A JP 7846094 A JP7846094 A JP 7846094A JP 3495778 B2 JP3495778 B2 JP 3495778B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
sorting
pallet
conveyor
predetermined
long vegetables
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP07846094A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH07291215A (ja
Inventor
定泰 佐藤
和男 原口
Original Assignee
株式会社マキ製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社マキ製作所 filed Critical 株式会社マキ製作所
Priority to JP07846094A priority Critical patent/JP3495778B2/ja
Publication of JPH07291215A publication Critical patent/JPH07291215A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3495778B2 publication Critical patent/JP3495778B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Attitude Control For Articles On Conveyors (AREA)
  • Packaging Of Special Articles (AREA)
  • Branching, Merging, And Special Transfer Between Conveyors (AREA)
  • Specific Conveyance Elements (AREA)

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、例えば胡瓜、人参、茄
子等の長物野菜を選別荷造りする選果場において好まし
く用いられ、長物野菜を選別して箱詰めする長物野菜の
選別箱詰装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、複数条並設された選別コンベアで
選別された長物野菜の箱詰は、選別コンベアの各階級毎
の仕分け排出位置に、該各選別コンベアを横断する方向
に引き出しコンベアを配置し、該引き出しコンベアによ
り各条の選別コンベアから排出された同一階級の長物野
菜をバラバラで合流搬出させ、それを人手によりそれぞ
れの長物野菜が交差しない向きで、サイズの大きなもの
例えば2L、L等は図13(イ)に示すような配列(一
列)で詰め、これよりサイズの小さなもの例えばM、S
等は図13(ロ)に示すような配列(二列)で詰めてい
る。又、図示しないが異なる複数列で詰めることも行わ
れている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記人
手の箱詰では、箱詰の品質(向き、配列、数量)に関し
ても確実性に欠けると共に作業者の疲労度も大きいとい
う問題を抱えていた。
【0004】また、選別コンベアで搬送される長物野菜
は、各条の選別コンベアを横断する方向に設けられた引
き出しコンベア上へランダムに排出されるため、この引
き出しコンベアの上流側で排出されてくる長物野菜と引
き出しコンベア上で衝突し長物野菜を傷めてしまうとい
う問題があった。
【0005】更に、選別コンベア上で向き(長物野菜の
基部と先部)を一側に揃えられて搬送されているにもか
かわらず、仕分け時に、長物野菜同の衝突により向き
が変化して長物野菜の基部と先部とが反転してしまうと
いう問題が発生していた。このため箱詰作業は、反転し
た長物野菜の向きを一定に揃えたのち箱詰めしなければ
ならず、手間がかかり箱詰の能率が上がらないという問
題をかかえていた。
【0006】更に、箱詰作業は、選果場における箱詰出
荷の最盛期に最も多くの人手を動員して行わなければな
らず、上記問題の他にこの時期の人手の確保が難しく箱
詰作業の省力化が強く要望されている。
【0007】この発明は、上記問題及び要望に鑑みなさ
れたものであり、長物野菜の向き(基部と先部)が一定
の方向に揃えられて選別コンベアで搬送される該長物野
菜を、仕分け時に向きを反転することなく且つ傷めるこ
となく確実に箱詰めすることができると共に、人手の作
業を省力化して箱詰の作業の能率を向上させることので
きる長物野菜の選別箱詰装置を提供することを目的とす
るものである。
【0008】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するため
に、請求項1の長物野菜の選別箱詰装置は、長物野菜が
載せられる載せ部を所定の複数有する多数のパレット
と、前記長物野菜を階級別に仕分ける選別コンベアの各
階級毎の仕分け排出位置に、前記パレットの各載せ部に
対応するように配置された所定の複数の排出装置を備
え、該所定の複数の排出装置のそれぞれを仕分信号によ
て作動する選別装置と、前記各階級毎の仕分け排出位
置の下方に前記パレットを供給すると共に前記長物野菜
が所定の複数載せられたパレットを送り出すパレット移
送装置と、前記パレット移送装置で送り出される長物野
菜入りのパレットを所定の取り上げ位置で待機させる貯
留装置と、該待機するパレット上の長物野菜を複数保持
して取り上げると共に所定の箱詰部へ移送して所定の配
列で箱内へ詰める取り上げ移送装置とを具備したもので
ある。
【0009】また、請求項2の長物野菜の選別箱詰装置
は、長物野菜が載せられる載せ部を所定の複数有する多
数のパレットと、前記長物野菜を階級別に仕分ける選別
コンベアが複数条並設されると共に該各選別コンベアの
各階級毎の仕分け排出位置に、前記パレットの各載せ部
に対応するように配置された所定の複数の排出装置を備
え、該所定の複数の排出装置のそれぞれを仕分信号によ
て作動する選別装置と、前記各選別コンベアの各階級
毎に設けられ、該各階級毎の仕分け排出位置の下方に前
記パレットを供給すると共に前記長物野菜が所定の複数
載せられたパレットを送り出すパレット移送装置と、前
記各パレット移送装置で送り出される長物野菜入りのパ
レットを各階級毎に合流搬出させて箱詰のための所定の
取り上げ位置で待機させる階級別の複数の貯留装置とを
具備したものである。
【0010】また、請求項3の長物野菜の選別箱詰装置
は、請求項2における貯留装置の所定の取り上げ位置で
待機するパレット上の長物野菜を複数保持して取り上げ
ると共に所定の箱詰部へ移送して所定の配列で箱内へ詰
める階級別の複数の取り上げ移送装置を前記各貯留装置
に対応して設けたものである。
【0011】
【作用】以上のように構成された請求項1の長物野菜の
選別箱詰装置によれば、選別コンベアにより長物野菜の
向き(長物野菜の基部と先部)がそれぞれ一側に揃えら
れて横向きに順次搬送される長物野菜は、選別コンベア
の各階級毎の仕分け排出位置に備えられた所定の複数の
排出装置のそれぞれが作動することにより、仕分け排出
位置の下方に供給されたパレットの各載せ部に横向きに
載せられる。各載せ部に長物野菜が所定数載せられたパ
レットは、パレット移送装置により貯留装置上へ送り出
されてこの貯留装置により所定の取り上げ位置で待機さ
れる。そしてパレット上の長物野菜は、取り上げ移送装
置により複数保持して取り上げられると共に所定の箱詰
部へ移送して箱内へ詰められる。
【0012】また、請求項2の長物野菜の選別箱詰装置
によれば、複数条並設された選別コンベアで搬送される
長物野菜は、各選別コンベアの各階級毎の仕分け排出位
置に備えられた所定の複数の排出装置のそれぞれが作動
することにより、仕分け排出位置の下方に供給されたパ
レットの各載せ部に横向きに載せられる。各載せ部に長
物野菜が載せられたパレットは、パレット移送装置によ
り貯留装置上へ各階級毎に合流搬出されて箱詰のための
所定の取り上げ位置で待機される。
【0013】また、請求項3の長物野菜の選別箱詰装置
によれば、請求項2の発明により、貯留装置上で待機す
るパレット上の長物野菜は、取り上げ移送装置により複
数保持して取り上げられると共に所定の箱詰部へ移送し
て箱内へ詰められる。
【0014】
【実施例】以下、本発明の第1実施例について図1〜図
9により説明する。
【0015】先ず、図1〜図3に基づき第1実施例に係
わる長物野菜の選別箱詰装置の全体構成を説明する。
尚、この実施例における長物野菜は胡瓜Sを用いる。
【0016】1は選別装置であり、胡瓜Sを所定の選別
区分に基づいて等級別階級別に仕分けする選別コンベア
10が複数条並設されている。実施例の図面では2条型
に構成されている。そしてこの選別コンベア10の各階
級毎の仕分け排出位置には所定の複数の排出装置11を
備えている。
【0017】2は胡瓜Sが所定の複数載せられるパレッ
トである。3は空のパレット2を選別コンベア10の各
仕分け排出位置の下方に供給すると共に胡瓜Sが載せら
れたパレット2を送り出すパレット移送装置である。4
は胡瓜Sが載せられたパレット2を所定の取り上げ位置
で待機させる貯留装置である。5は貯留装置4上で待機
するパレット2上から胡瓜Sを取り上げて箱内に詰める
取り上げ移送装置である。
【0018】先ず、選別装置1について詳述すると、前
記複数条に並設された選別コンベア10は、胡瓜Sを横
向きで載せるための横長のバケット12を、エンドレス
に走行回転する左右のコンベアチェン13、13間に、
パイプ、丸棒等の取付部材14により搬送方向に定間隔
で多数回動可能に取り付けられている。前記バケット1
2は、コンベアチェン13に取り付けられたキャッチ装
置(不図示)により該バケット12の側方に突出させた
ピン(不図示)と係合されて水平姿勢に保持され、且つ
係合を解放すると下方に回動するようになっている。
【0019】このバケット12の水平姿勢の保持は、所
定の仕分け排出位置に設けられたソレノイド等の排出装
置11によりキャッチ装置(不図示)の係合が解除され
たときに解かれてバケット12を下方へ回動するように
なっている。
【0020】この選別コンベア10は例えば特公平3ー
49848号公報に記載されている選別機用コンベア装
置を用いることができる。
【0021】尚、前記選別装置1は、選別コンベア10
の搬送路の上流側所定位置に、バケット12上の胡瓜S
の所定の選別項目を計測するカメラ等の計測装置(不図
示)を備えており、この計測装置(不図示)の計測デー
タに基づいて演算処理装置(不図示)により所定の仕分
け区分を判定するようになっている。そしてこの判定に
基づき仕分け制御装置(不図示)からバケット12の搬
送と同期して出力される仕分け信号により前記所定の複
数の排出装置11のそれぞれを作動させるようになって
いる。
【0022】尚、この仕分け制御装置(不図示)は、所
定の複数の排出装置11のうち最も下流側の排出装置1
1(図4における左端)を作動させたのち、該位置から
上流側に向けて一つずつ順次作動させるように仕分信
号の出力先がプログラム化されている。そしてこの仕分
信号により該当する排出装置11が作動すると対応する
バケット12が下方へ回動して各排出装置11に対応し
たパレット2の載せ部21へ当該バケット12上の胡瓜
Sを供給する。
【0023】前記パレット2は、図6によく示すよう
に、箱詰するための胡瓜Sをパレット2の長手方向に沿
って横向きに複数(図面では12個)並べられるように
その上部にU溝、V溝又は凹溝等の載せ部21が形成さ
れている。この載せ部21の数は箱詰め形態に応じて大
きな階級(2L、L)では少なく小さな階級(2S、
S)では多く設定される。この載せ部21の形状は、選
別対象物としての長物野菜の種類によって適宜に形成す
ることが好ましく、例えば、パレット本体の上面を突起
又は仕切り部材(不図示)によって区画することで複数
の載せ部21を形成することもできる。
【0024】このパレット2は、パレット2の外形(大
きさ)を階級毎の箱詰めで使用するパレット2の大きさ
の基準とし、その上部に形成される載せ部21の数のみ
を階級に応じて変えるように構成することが好ましい。
このように構成することによって階級毎の各施設の機
巾、大きさ等を共通化することができ合理的である。
又、異なる方式として最も多い載せ部21が形成された
パレット2を各階級に共通して用いることもできる。こ
の場合階級によっては胡瓜Sが全て載らない載せ部21
が存在することもあるが、パレット2を全ての階級に共
通して用いるのでパレット製作費用のコストダウン及び
管理の点で効果的である。
【0025】前記パレット移送装置3は、空のパレット
2を各仕分け排出位置の下方に供給すると共に、胡瓜S
が所定数載せられたパレット2を水平状態に維持して選
別コンベア10の側方に移送するもので、各選別コンベ
ア10の各階級毎に同じものが左右対称に設けられてい
る。したがって説明については一方の側で行う。
【0026】即ち、30は機枠である。この機枠30に
は始端スプロケット31、終端スプロケット32及び下
部スプロケット33、33が左右に所定の距離隔てて軸
架されている。この左右の各スプロケット31、32、
33、33は搬送方向に所定の長さ位置をずらして機枠
30に軸架されている。34、34はコンベアチェンで
あり、前記左右の各スプロケット31、32、33、3
3、にわたって張設されており、図示しない間歇駆動装
置が作動すると矢印方向に所定の距離移動して停止する
ようになっている。
【0027】35は前記パレット2を搭載するための平
面視方形状のパレット載台であり、コンベアチェン34
の搬送路に沿って6個を等分して取り付けられている。
このパレット載台35は、図8によく示すように前記2
条のコンベアチェン34、34に、該パレット載台35
の対角線の方向に備えられた取付部35a、35aによ
り二点で支持されている。従って、コンベアチェン3
4、34が図7中の矢印方向に連続的に走行回転しても
パレット載台35は水平状態のまま上下及び水平方向に
循環移送することができる。尚、このパレット載台35
は、その底部がパレット2が落ちない大きさで開口され
ており、コンベアチェン34が所定の距離移動して停止
すると、後述する搬出コンベア36と搬入コンベア38
が下部から上昇してパレット2の搬出及び搬入を同時に
行うようになっている。
【0028】36は後述する貯留装置4へパレット載台
35上のパレット2を搬出する搬出コンベアであり、図
8、図9によく示すように、コンベアチェン34の往路
側(上部)と貯留装置4の搬送コンベア40面とに亘っ
て設けられ、昇降装置37により昇降するようになって
いる。この搬出コンベア36は駆動式のベルトコンベ
ア、又はローラコンベア等を用いることができる。昇降
装置37は、ベース370上にピストンロッドが上向き
に伸縮するように設けられたシリンダ371と、上下ガ
イド372とを組み合わせて前記搬出コンベア36を昇
降可能に構成している。
【0029】38は搬入コンベアであり、前記搬出コン
ベア36と同様の構成でコンベアチェン34の復路側
(下部)と戻しコンベア41に亘って搬送方向を逆にし
て設けられ、戻しコンベア41上の空のパレット2をパ
レット載台35上に搬入するようになっている。この搬
入コンベア38は前記搬出コンベア36と同様の構成で
あり説明を省略する。
【0030】前記貯留装置4は、前記パレット移送装置
3から搬出コンベア36によって搬出される胡瓜Sが載
せられたパレット2を受けて所定の取り上げ位置で待機
させるもので、胡瓜Sが載せられたパレット2を搬送す
る上段の搬送コンベア40と、この搬送コンベア40の
下方所定位置に設けられた空のパレット2を搬送する戻
しコンベア41と、前記搬送コンベア40の終端部40
bに設けられたリフト装置42とから概略構成されてい
る。
【0031】前記搬送コンベア40は、図5によく示す
ように前記選別コンベア10横断して設けられている。
この搬送コンベア40は、回転駆動する多数のローラ4
3を備えたアキュームレート可能なローラコンベアで、
胡瓜Sが載せられたパレット2を図中矢印方向に搬送す
るようになっている。尚、この搬送コンベア40は、図
面のローラコンベア方式に限定するものではなく、チェ
ンコンベア、ベルトコンベア等各種の搬送手段を用いる
ことができる。
【0032】45はストッパ装置であり、前記搬出コン
ベア36によって搬送コンベア40上に送り出される胡
瓜S入りパレット2と、この搬送コンベア40の上流部
から搬送される胡瓜S入りパレット2とが衝突しないよ
うに、搬出コンベア36が作動する時に該搬出コンベア
36の上手側のパレット2を搬送コンベア40上で一時
停止するようになっている。
【0033】前記戻しコンベア41は、図5に示すよう
に前記搬送コンベア40と同様の構成で該搬送コンベア
40の下方所定位置に搬送方向を逆にして設けられ、前
記リフト装置42によって降下された空のパレット2を
前記搬入コンベア38の上方まで搬送するようになって
いる。46は前記搬出コンベア36上に設けられたもの
と同様の構成のストッパ装置であり、搬入コンベア38
の作動中に後続の空のパレット2の搬送を一時停止する
ようになっている。
【0034】前記リフト装置42は、図5によく示すよ
うに前記搬送コンベア40の終端部40bに隣接して設
けられており、搬送方向が正逆可能に構成されたコンベ
ア44がシリンダ(不図示)により昇降可能に構成され
ている。このコンベア44は、上昇した際には上段の搬
送コンベア40から胡瓜S入りパレット2を受け入れる
ために、搬送コンベア40の搬送方向と同一方向に走行
回転するようになっている。一方、このコンベア44
は、降下した際には空のパレット2を下段の戻しコンベ
ア41上へ送り出すために、搬送方向を上段とは逆に構
成している。このコンベア44の機長は、パレット2が
搬送方向に2個並んで載せられる大きさに構成されてい
る。このコンベア44の大きさ(機長)は、パレット2
の大きさ及び箱詰の方式に応じて任意な構成とすること
ができる。
【0035】前記取り上げ移送装置5は、図2によく示
すように前記リフト装置42のコンベア44上で待機す
るパレット2上の胡瓜Sを真空吸着式の吸着パッド51
により吸着して取り上げたのち、この胡瓜Sを箱支持装
置6の上方まで移送して箱支持装置6上で待機する段ボ
ール箱100内に詰めるようになっている。尚、実施例
の図面では、真空吸着式の吸着パッド51を用いて胡瓜
Sを吸着保持するように説明したが、限定するものでは
なくその他の把持手段であってもよい。
【0036】箱支持装置6は、箱詰のための空の段ボー
ル箱100を所定の高さに上昇させて待機させると共
に、箱詰めされた段ボール箱100を降下させて前記戻
しコンベア41の下方所定位置に設けられた製品搬送コ
ンベア7上に送り出すようになっている。
【0037】8は選別コンベア10と平行に配設された
製品合流コンベアであり、各製品搬送コンベア7により
各階級毎に送り出される段ボール箱100を合流させて
搬送するようになっている。
【0038】90は空の段ボール箱100を搬送する空
箱搬送コンベアであり、前記箱支持装置6の外方で上方
所定位置に前記選別コンベア10と並行に設けられてい
る。この空箱搬送コンベア90で搬送される段ボール箱
100は、該空箱搬送コンベア90の側方に設けられた
配函装置91により対応する箱支持装置6へ向けて1個
ずつ送り出すようになっている。
【0039】92は前記配函装置91に対応して設けら
れた空箱降下装置であり、配函装置91によって送り出
される段ボール箱100を垂直に降下させて箱支持装置
6上へ送り出すようになっている。この空の段ボール箱
100の供給方式は、図面に限定するものではなく種々
の方式が用いられる。
【0040】以上のように構成された第1実施例の作用
について説明する。
【0041】尚、前記胡瓜Sが載せられる空のパレット
2は、パレット移送装置3により予め各仕分け排出位置
の下方に移送されて待機している。
【0042】選別コンベア10のバケット12上につる
側(基部)又は花落ち側(先部)を一側に揃えられて横
向きに載せられた胡瓜Sは、搬送途中に計測装置(不図
示)により所定の選別項目を計測される。そしてこの計
測された結果に基づき演算処理装置(不図示)により所
定の仕分け区分が判定される。そしてこの仕分け区分に
基づき仕分け制御装置(不図示)により、所定の複数の
排出装置11のうち、最も下流側の排出装置11(図4
における左端)を作動させてバケット12上の胡瓜Sを
パレット2の載せ部21(図4における左端の載せ部2
1)に供給し該位置から上流側に向けて一つずつ排出置
をずらして作動させる
【0043】パレット2の各載せ部21に胡瓜Sが全て
載せられると、パレット移送装置3の図示しない間歇駆
動装置が作動して胡瓜Sが載せられたパレット2を次の
ステーション(搬出コンベア36上)まで送り出す。そ
してこの搬出コンベア36上に送り出された胡瓜S入り
のパレット2は、この搬出コンベア36により上段の搬
送コンベア40へ送り出される。又、この搬出コンベア
36により胡瓜S入りのパレット2の送り出しが行われ
る間には、搬入コンベア38により下段の戻しコンベア
41上から空のパレット2がパレット移送装置3のパレ
ット載せ台35上に搬入される。尚、このパレット移送
装置3は、胡瓜Sが載せられたパレット2を仕分け排出
位置の下方から次のステーション(搬出コンベア36
上)に送り出すと共に、空のパレット2を仕分け排出位
置の下方へ送り出す動作を同期して行う。
【0044】前記パレット移送装置3は、最も上流側の
排出装置11(図4中の右端)が作動して胡瓜Sをパレ
ット2の載せ部21に供給するとパレット2を移送する
ための間歇駆動装置(不図示)が作動するようになって
いる。そして次に連続して排出される予定のバケット1
2は、最も下流側の排出装置11(図4中の左端)に対
応する位置まで移送される。したがってこのバケット1
2の移送の間に前記パレット移送装置3の間歇駆動装置
(不図示)が作動して次の空のパレット2を所定の仕分
け排出位置の下方へ供給することができる。このため選
別コンベア10で搬送される胡瓜Sが連続的に同一の仕
分け排出位置に排出されるタイミングであっても、選別
コンベア12を停止することなく連続的にパレット2に
胡瓜Sを供給することができる。
【0045】前記搬出コンベア36により、上段の搬送
コンベア40上に送り出された胡瓜S入りのパレット2
は、この搬送コンベア40によって矢印方向に搬送され
てリフト装置42のコンベア44上で待機する。尚、搬
送コンベア40は、2条の選別コンベア12に対応して
設けられたパレット移送装置3から送り出される胡瓜S
入りパレット2を合流させて搬送するためにストッパ装
置45によって合流のタイミングをコントロールするこ
とができる。
【0046】前記リフト装置42のコンベア44上で待
機する胡瓜S入りのパレット2が所定数、図面では2個
並ぶとパレット2上の胡瓜Sは、取り上げ移送装置5が
作動することにより吸着パッド51により吸着保持され
る。そしてこの取り上げ移送装置5により胡瓜Sを保持
したまま箱支持装置6の上方まで移送して箱支持装置6
上で待機する段ボール箱100に詰められる。以下この
動作を繰り返して行い胡瓜Sが段ボール箱100内に所
定数段積みされると、箱支持装置6はこの段ボール箱1
00を降下させて製品搬送コンベア7上に送り出す。そ
してこの製品搬送コンベア7上より胡瓜Sが詰められた
段ボール箱100は製品合流コンベア8上へ合流されて
送り出される。
【0047】一方、胡瓜Sが吸着パッド51により取り
上げられて空になったリフト装置4上のパレット2は、
戻しコンベア41上へ降下されて送り出される。戻しコ
ンベア41上に送り出された空のパレット2は、この戻
しコンベア41により搬入コンベア38上に向けて搬送
され循環使用される。
【0048】次に、図10〜図12を参照して第2実施
例を説明する。
【0049】この実施例は第1実施例のパレット移送装
置3の他の方式を説明するもので、他の構成(パレット
移送装置3以外)については説明を省略する。
【0050】即ち、301は供給コンベアであり、選別
コンベア10の下方所定位置に選別コンベア2の搬送方
向に沿って設けられ、空のパレット2を所定の仕分け排
出位置の下方に供給するようになっている。この供給コ
ンベア301の機長は、パレット2が略2個連接して載
せられる大きさに形成されている。302は送り出しコ
ンベアであり、前記供給コンベア301の終端部に直交
する方向に搬送するように設けられている。
【0051】303は搬出コンベアであり、前記送り出
しコンベア302の下流部に設けられ、胡瓜Sが載せら
れたパレット2を該送り出しコンベア302の搬送方向
と直交する方向に搬出するようになっている。この搬出
コンベア303は、シリンダ等の昇降装置304により
送り出しコンベア302の搬送面上に出没するようにな
っている。そしてこの送り出しコンベア302の隣りに
は前記第1実施例と同様の構成で搬送コンベア40が並
設されている。
【0052】305はリターンコンベアであり、搬送コ
ンベア40の下方に設けられた戻しコンベア41と接続
され空のパレット2を搬送するようになっている。30
6はリフト装置であり、前記リターンコンベア305か
ら送り出される空のパレット2を所定高さまで上昇させ
て配函コンベア308上へ送り出すためにシリンダ30
7を組み合わせて昇降自在に構成している。
【0053】前記配函コンベア308は、選別コンベア
10横断する方向に配設され、前記リフト装置306で
送り出される空のパレット2を配函装置309により前
記供給コンベア301上へ送り出すようになっている。
【0054】以上の構成による作用について以下説明す
る。
【0055】配函コンベア308上から配函装置309
により供給コンベア301上に送り出された空のパレッ
ト2は、この供給コンベア301により各選別コンベア
10の所定の仕分け排出位置の下方に供給されて待機し
ている。そして選別コンベア10で搬送されるバケット
12上の胡瓜Sは、所定の仕分け排出位置の複数の排出
装置11のうち、最も下流側の排出装置11(図10の
左端)が作動することによりパレット2の載せ部21
(図10の左端)に供給される。そして次に排出される
予定のバケット12上の胡瓜Sは、該位置から一つ上流
側(図10右側)の排出装置11が作動することによ
り、先に載せられた載せ部21の隣の載せ部21上に供
給される。以下このバケット12の排出動作を上流側に
向けて一つずつ次に作動させることによりパレット2
の各載せ部21に胡瓜Sを供給する。
【0056】胡瓜Sが所定数載せられると供給コンベア
301は、矢印方向(図10)に選別コンベア10の搬
送速度より若干速い速さで走行回転して胡瓜Sが載せら
れたパレット2を送り出しコンベア302上に急速に送
り出すと共に、後続の空のパレット2を所定の仕分け排
出位置の下方に供給する。このパレット2の送り出しの
ときに、最も上流側の排出装置11(図10の右端)が
作動したのちこれに続いて排出予定のバケット12は、
最も下流側(図10中の左端)の排出装置11に対応す
る位置まで搬送されるので、排出の時間を遅らせること
ができ同一の仕分け排出位置に連続的に排出される状態
であっても、選別コンベア10を停止することなく連続
的にパレット2に供給することができる。
【0057】送り出しコンベア302上に載せられた胡
瓜S入りのパレット2は、搬出コンベア303により搬
送コンベア40上へ合流のタイミングをはかって送り出
される。そして搬送コンベア40で搬送されるパレット
2上の胡瓜Sは第1実施例と同様に取り上げ移送装置5
により段ボール箱100内へ詰められる。
【0058】一方、空になったパレット2は戻しコンベ
ア41によりリターンコンベア305上に送り出されて
リフト装置306により配函コンベア308上に送り出
される。そして配函コンベア308上の空のパレット2
は、前記同様に配函装置309により供給コンベア30
1上に送り出される。
【0059】尚、この配函装置309の動作は、排出装
置11が作動中に作動するように設定するか又は供給コ
ンベア301上の胡瓜Sが載せられたパレット2を送り
出すときに同期して送り出すように設定することもでき
る。
【0060】
【発明の効果】請求項1の長物野菜の選別箱詰装置によ
れば、選別コンベアから仕分け排出された長物野菜は、
バケット上に載せられたままの姿勢でパレット上に自動
的に載せられてパレットごと移送されるので、長物野菜
を傷めることなく自動的に箱詰することができる。
【0061】請求項2の長物野菜の選別箱詰装置によれ
ば、複数条並設された選別コンベアの各選別コンベアの
各階級毎の仕分け排出位置から排出される長物野菜は、
バケット上に載せられたままの姿勢(向き)でパレット
上に自動的に載せられて各階級毎に合流搬出されて所定
の取り上げ位置で待機されるので、仕分け時及び合流搬
出時における長物野菜同志の衝突がなくなり、打ち傷、
擦り傷等の傷の発生を防止することができると共に、長
物野菜の姿勢(向き)が揃えられてパレット上に載せら
れているので箱詰の作業を容易に正確に行うことができ
る。
【0062】更に、各階級毎に排出された長物野菜をパ
レット上に載せて複数条を合算して搬送するので、選別
コンベアが複数条設置されていても階級毎に一ヶ所の箱
詰エリアで箱詰することができ、箱詰のための装置を最
小限にして効率のよい箱詰を行うことができると共に、
選別施設の設置のためのスペースを削減することができ
る。
【0063】請求項3の長物野菜の選別箱詰装置によれ
ば、各選別コンベアの各階級毎に合流搬出されるパレッ
ト上の長物野菜は、取り上げ移送装置により自動的に取
り上げられて箱詰めされるので、長物野菜を傷めること
なく大量に効率よく箱詰することができ、選別から箱詰
までを自動化することができる。
【0064】更に、この自動化によって箱詰の際におけ
る長物野菜の向き配列数量等の箱詰品質に関しても信頼
性を高めることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明実施例による長物野菜の選別箱詰装置の
一部を示す平面図である。
【図2】図1の右側面図である。
【図3】長物野菜の選別箱詰装置の全体平面図である。
【図4】図1のA−Aに沿った断面図である。
【図5】図1のB−Bに沿った断面図である。
【図6】パレットの斜視図である。
【図7】パレット移送装置の正面図である。
【図8】パレット移送装置の平面図である。
【図9】搬出コンベア及び搬入コンベアの動作状態を示
す説明図である。
【図10】パレット移送装置の他の方式を示す正面図で
ある。
【図11】図10の平面図である。
【図12】図11のC−Cに沿った断面図である。
【図13】図13(イ)、(ロ)は長物野菜の箱詰めパ
ターンの説明図である。
【符号の説明】
1:選別装置 S:胡瓜 10:選別コンベア 11:排出装置 12:バケット 13:コンベアチ
ェン 14:取付部材 2:パレット 21:載せ部 3:パレット移送装置 30:機枠 31:始端スプロケット 32:終端スプロ
ケット 33:下部スプロケット 34:コンベアチ
ェン 35:パレット載台 36:搬出コンベ
ア 37:昇降装置 38:搬入コンベ
ア 370:ベース 371:シリンダ 372:上下ガイド 4:貯留装置 40:搬送コンベア 41:戻しコンベ
ア 42:リフト装置 43:ローラ 44:コンベア 45:ストッパ装置 46:ストッパ装
置 5:取り上げ移送装置 51:吸着パッド 6:箱支持装置 7:製品搬送コンベア 8:製品合流コン
ベア 90:空箱搬送コンベア 91:配函装置 92:空箱降下装置 100:段ボール箱 301:供給コンベア 302:送り出し
コンベア 303:搬出コンベア 304:昇降装置 305:リターンコンベア 306:リフト装
置 307:シリンダ 308:配函コン
ベア 309:配函装置
フロントページの続き (56)参考文献 特開 平3−256820(JP,A) 特開 平6−92319(JP,A) 特開 平1−308712(JP,A) 特開 平5−132023(JP,A) 特開 平5−139411(JP,A) 特開 昭63−33221(JP,A) 特開 平6−179414(JP,A) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) B65B 25/04 B65G 47/29 B65G 47/68 B65G 47/91

Claims (3)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 長物野菜が載せられる載せ部を所定の複
    数有する多数のパレットと、 前記長物野菜を階級別に仕分ける選別コンベアの各階級
    毎の仕分け排出位置に、前記パレットの各載せ部に対応
    するように配置された所定の複数の排出装置を備え、該
    所定の複数の排出装置のそれぞれを仕分信号によって作
    動する選別装置と、 前記各階級毎の仕分け排出位置の下方に前記パレットを
    供給すると共に前記長物野菜が所定の複数載せられたパ
    レットを送り出すパレット移送装置と、 前記パレット移送装置で送り出される長物野菜入りのパ
    レットを所定の取り上げ位置で待機させる貯留装置と、 該待機するパレット上の長物野菜を複数保持して取り上
    げると共に所定の箱詰部へ移送して所定の配列で箱内へ
    詰める取り上げ移送装置とを具備したことを特徴とする
    長物野菜の選別箱詰装置。
  2. 【請求項2】 長物野菜が載せられる載せ部を所定の複
    数有する多数のパレットと、 前記長物野菜を階級別に仕分ける選別コンベアが複数条
    並設されると共に該各選別コンベアの各階級毎の仕分け
    排出位置に、前記パレットの各載せ部に対応するように
    配置された所定の複数の排出装置を備え、該所定の複数
    の排出装置のそれぞれを仕分信号によって作動する選
    装置と、 前記各選別コンベアの各階級毎に設けられ、該各階級毎
    の仕分け排出位置の下方に前記パレットを供給すると共
    に前記長物野菜が所定の複数載せられたパレットを送り
    出すパレット移送装置と、 前記各パレット移送装置で送り出される長物野菜入りの
    パレットを各階級毎に合流搬出させて箱詰のための所定
    の取り上げ位置で待機させる階級別の複数の貯留装置と
    を具備したことを特徴とする長物野菜の選別箱詰装置。
  3. 【請求項3】前記貯留装置の所定の取り上げ位置で待機
    するパレット上の長物野菜を複数保持して取り上げると
    共に所定の箱詰部へ移送して所定の配列で箱内へ詰める
    階級別の複数の取り上げ移送装置を前記各貯留装置に対
    応して設けたことを特徴とする請求項2記載の長物野菜
    の選別箱詰装置。
JP07846094A 1994-04-18 1994-04-18 長物野菜の選別箱詰装置 Expired - Fee Related JP3495778B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP07846094A JP3495778B2 (ja) 1994-04-18 1994-04-18 長物野菜の選別箱詰装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP07846094A JP3495778B2 (ja) 1994-04-18 1994-04-18 長物野菜の選別箱詰装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH07291215A JPH07291215A (ja) 1995-11-07
JP3495778B2 true JP3495778B2 (ja) 2004-02-09

Family

ID=13662644

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP07846094A Expired - Fee Related JP3495778B2 (ja) 1994-04-18 1994-04-18 長物野菜の選別箱詰装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3495778B2 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006136871A (ja) * 2004-10-14 2006-06-01 Maki Mfg Co Ltd 農産物の選別装置
JP4521262B2 (ja) * 2004-12-21 2010-08-11 株式会社ニューギン 遊技機製造ラインの制御システム

Also Published As

Publication number Publication date
JPH07291215A (ja) 1995-11-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7047710B2 (en) Apparatus for depositing a packing unit at a desired position on a load carrier
US7097045B2 (en) Automated system and method of storing and picking articles
KR101251462B1 (ko) 농산물 선별 장치
JPH10236642A (ja) 農産物を載せた受皿の搬送合流装置
JP3495778B2 (ja) 長物野菜の選別箱詰装置
JP4155455B2 (ja) 物品の移載装置
JP4031279B2 (ja) 物品の箱詰装置
JP3628719B2 (ja) 長尺物箱詰め装置
JP3660791B2 (ja) 農産物の選別装置及びこの装置の運転方法
JP4986425B2 (ja) 搬送体分岐装置
JP3706402B2 (ja) 長物野菜の箱詰装置
JPH10278905A (ja) 農産物の選別包装装置
JPH07329906A (ja) 長物野菜のパレット詰め装置及び長物野菜の箱詰装置
JP3232978B2 (ja) 個装単位切出し装置
JP2597351Y2 (ja) 長物野菜の箱詰装置
JP3752311B2 (ja) 農産物の移載装置
JPH07257508A (ja) 長物野菜の箱詰装置
JP3619691B2 (ja) 農産物の選別箱詰装置
JPS6111318A (ja) 果実類の自動パツク詰め方法
JPH0826213A (ja) 長物野菜のパレット詰め装置及び長物野菜の箱詰装置
JP2000043823A (ja) 農産物選別装置における空箱供給装置
JPH0656108A (ja) 袋状物品の駒立て搬送装置及びその袋状物品のロジ詰め装置
JP2000062914A (ja) 荷役設備の物品搬送方法およびその装置
JP3953429B2 (ja) 易損品入容器載積装置
JP3590417B2 (ja) 長尺物箱詰め装置

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20071121

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081121

Year of fee payment: 5

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313532

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081121

Year of fee payment: 5

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313113

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081121

Year of fee payment: 5

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081121

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091121

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101121

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111121

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111121

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121121

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131121

Year of fee payment: 10

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees