JPH06269869A - ワークのプレス装置 - Google Patents

ワークのプレス装置

Info

Publication number
JPH06269869A
JPH06269869A JP5090672A JP9067293A JPH06269869A JP H06269869 A JPH06269869 A JP H06269869A JP 5090672 A JP5090672 A JP 5090672A JP 9067293 A JP9067293 A JP 9067293A JP H06269869 A JPH06269869 A JP H06269869A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
upper die
plate
shaped material
die
elastic member
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP5090672A
Other languages
English (en)
Inventor
Tadatoshi Kinoshita
忠俊 木下
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Hino Motors Ltd
Original Assignee
Hino Motors Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hino Motors Ltd filed Critical Hino Motors Ltd
Priority to JP5090672A priority Critical patent/JPH06269869A/ja
Publication of JPH06269869A publication Critical patent/JPH06269869A/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 1つの型によるプレスの1行程のみで板状素
材に絞り加工、端切り加工及び穴あけ加工を連続して同
時に行うことができるようにして、加工に要するプレス
型の数及びプレス機械を半減させると共に、生産効率を
大幅に向上させて設備費を低減させ、かつ製造コストを
低減させる。 【構成】 スライドパンチと穴抜パンチとが設けられた
上型を、非常に大きなばね定数を持つ弾性部材を介して
上型保持体に配設し、該上型保持体を下型に接近させ、
まず下型と上型とによって板状素材を弾性部材の力より
も小さな力で挟圧して絞り加工を行い、引き続いて弾性
部材を変形させながら上型保持体を更に下型に接近させ
てスライドパンチを駆動して端切り加工を行い、更に穴
抜パンチにより穴あけ加工を行わせるようにした構成を
特徴とする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、ワークのプレス装置に
係り、特に上型を非常に大きなばね定数を持つ弾性部材
を介して上型保持体に配設し、該上型保持体を下型に接
近させることにより、弾性部材の弾性力よりも小さな力
で板状素材に絞り加工を施し、引き続いて弾性部材を変
形させながら更に上型保持体を下型に接近させ、絞り加
工された板状素材の側面部の端切り加工及び上面部への
穴あけ加工を可能とすることにより、1工程のプレス作
業により絞り加工と端切り加工と穴あけ加工とを連続し
て行うことができるようにして加工に要するプレス型の
数を半減させると共に、生産効率を大幅に向上させるこ
とができるようにしたワークのプレス装置に関する。
【0002】
【従来の技術】板状素材の加工法としては、プレスによ
る加工が一般的であり、図1から図3に示すような絞り
加工と穴あけ加工を要する製品1の加工は、従来板状素
材を第1の型に積載して箱形に変形させる絞り加工を行
い、次いで第2の型に投入し直して上面部1eの穴あけ
加工及び側面部1aから上面部1aから上面部1bにか
けての縦壁部1cの端切り加工を行っていた。
【0003】穴1e及び縦壁部1cが端切り加工された
製品1を更に第3の型に投入し直して製品1としては不
要である張出部1fの外形抜き加工を行い、同様にして
第4の型に投入して側面部1aの側面穴1dの穴あけ加
工を行っていた。
【0004】特に絞り加工と穴あけ加工とが混在する製
品にあっては、絞り加工時には板状素材を型中に引き込
みながら加工が行われるため、絞り加工と穴あけ加工と
を同時に行うことはできず、絞り加工終了後に別の専用
型によって穴あけ加工を行う必要があった。
【0005】また上記した従来のプレス加工によると、
各々の加工に専用の4つの型が必要となり、型の製作に
莫大なコストがかかるという欠点があった。
【0006】また各型に順次板状素材を搬送しながら加
工するので、多くの加工工数を要するばかりでなく、自
動搬送を行う場合には、大型の自動搬送装置を設置する
必要があり、高額の設備投資が必要となる欠点があっ
た。
【0007】更には型の数と同数のプレス装置を必要と
し、高価なプレス装置を多数準備しなければならないと
いう欠点があった。
【0008】
【発明が解決しようとする課題】本発明は,上記した従
来技術の欠点を除くためになされたものであって、その
目的とするところは、側面スライドパンチが設けられた
上型を、非常に大きなばね定数を持った弾性部材を介し
て上型保持体に配設し、該上型保持体を下型に接近させ
る方向に移動させることにより、まず弾性部材が圧縮変
形するよりも小さな力で上型を押圧して下型と上型とに
よって板状素材に対して絞り加工を行った後、引き続い
て弾性部材が圧縮変形するような大きな力で上型を押圧
して上型保持体を下型に接近させる方向に移動させて側
面スライドパンチを駆動し、縦壁部の端切り加工ができ
るようにすること及び穴あけ加工も行うことができるよ
うにすることであり、またこれによって1つの型を用
い、1工程で絞り加工と端切り加工と穴あけ加工とを連
続して行うことができるようにすることである。
【0009】また他の目的は、上記構成により、加工に
要する型の数を半減できるようにすることであり、また
これによって製品のコストを大幅に低減できるようにす
ることである。
【0010】更に他の目的は、上記構成により、必要プ
レス機械の数を減少させると共に、加工工数を著しく減
少させて製造コストを低減させることである。
【0011】
【課題を解決するための手段】要するに本発明(請求項
1)は、プレス機械のテーブルに固定された下型と該下
型に接近及び離脱する方向に摺動自在に構成された上型
との間で板状素材を挟圧することにより該板状素材を加
工するように構成したワークのプレス装置において、前
記下型に接近又は離脱する方向に移動可能に構成された
上型保持体と、該上型保持体に非常に大きなばね定数を
持つ弾性部材を介して配設された上型と、該上型の運動
方向に対して傾斜した方向に摺動自在に前記上型に配設
され前記下型と前記上型とが前記板状素材を挟圧して該
板状素材に絞り加工を施した後、前記弾性部材を変形さ
せながら更に前記上型保持体を前記下型に接近させるこ
とにより駆動されて前記上型に斜め上方から接近して絞
り加工された前記板状素材の側面部の端切り加工を行う
側面スライドパンチとを備えたことを特徴とするもので
ある。
【0012】また本発明(請求項2)は、プレス機械の
テーブルに固定された下型と該下型に接近及び離脱する
方向に摺動自在に構成された上型との間で板状素材を挟
圧することにより該板状素材を加工するように構成した
ワークのプレス装置において、前記下型に接近又は離脱
する方向に移動可能に構成された上型保持体と、該上型
保持体に非常に大きなばね定数を持つ弾性部材を介して
配設された上型と、該上型に摺動自在に配設され前記下
型と前記上型とが前記板状素材を挟圧して該板状素材に
絞り加工を施した後、前記弾性部材を変形させながら更
に前記上型保持体を前記下型に接近させることにより該
上型保持体に押圧されて絞り加工された前記板状素材の
上面部に穴あけ加工を行う上面穴抜パンチとを備えたこ
とを特徴とするものである。
【0013】また本発明(請求項3)は、プレス機械の
テーブルに固定された下型と該下型に接近及び離脱する
方向に摺動自在に構成された上型との間で板状素材を挟
圧することにより該板状素材を加工するように構成した
ワークのプレス装置において、前記下型に接近又は離脱
する方向に移動可能に構成された上型保持体と、該上型
保持体に非常に大きなばね定数を持つ弾性部材を介して
配設された上型と、該上型の運動方向に対して傾斜した
方向に摺動自在に前記上型に配設され前記下型と前記上
型とが前記板状素材を挟圧して該板状素材に絞り加工を
施した後、前記弾性部材を変形させながら更に前記上型
保持体を前記下型に接近させることにより駆動されて前
記上型に斜め上方から接近させて絞り加工された前記板
状素材の側面部の端切り加工を行う側面スライドパンチ
と、前記弾性部材を変形させながら更に前記上型保持体
を前記下型に接近させることにより該上型保持体によっ
て押圧されて絞り加工された前記板状素材の上面部に穴
あけ加工を行う前記上型に配設された上面穴抜パンチと
を備えたことを特徴とするものである。
【0014】
【実施例】以下本発明を図面に示す実施例に基いて説明
する。図4及び図5において、本発明に係るワークのプ
レス装置10は、上型保持体11と、上型12と、側面
スライドパンチ13と、上面穴抜パンチ14とを備えて
いる。
【0015】ワークのプレス装置10は、板状素材15
に絞り加工、縦壁部端切り加工及び穴あけ加工を施して
製品1の形状に加工するためのものであって、プレス機
械(図示せず)のテーブル上に下型16を固定しプレス
機械の(図示せず)ラムに保持体11を取り付け、下型
16と上型12の間に板状素材15を挿入した状態でラ
ムを下降させて下型16と上型12とで挟圧することに
より板状素材15を塑性変形させて絞り加工、縦壁部1
cの端切り加工及び穴あけ加工するようになっている。
【0016】下型16の上部には、製品1の形状に加工
されたポンチ部16aが形成され、プレス機械のテーブ
ル上に固定されている。
【0017】ワークホルダ18は、板状素材15の張出
部1fを挟持して安定した加工を行うことができるよう
にするためのものであって、上面に板状素材15を保持
するための凹部18aが形成され、また中央部に形成さ
れた穴18bには、摺動自在にポンチ部16aが嵌合し
て上方に突出している。
【0018】下型16とワークホルダ18との間には、
フローティングばね19が配設されており、ワークホル
ダ18を常に上方に付勢し、上型12を介して上方から
力が加えられるとフローティングばね19が圧縮されて
ワークホルダ18を下方に移動させるようになってい
る。
【0019】上型保持体11は、上型12を保持するた
めのものであって、プレス機械のラムに固定され、該ラ
ムと共に上下方向に移動自在となっている。
【0020】上型保持体11に固定された複数のガイド
ピン20は下型16のガイド穴16bに摺動自在に嵌合
して上型保持体11と下型16との相対的位置がずれな
いようになっている。
【0021】上型12は、下型16との間で板状素材1
5を挟圧して加工するためのものであって、上型保持体
11の嵌合凹部11aに上下方向に摺動自在に嵌合する
と共にポンチ部16aに対向して製品1の形状の彫込み
部12aが形成されている。
【0022】上型12は、非常に大きなばね定数を持つ
弾性部材21を介して上型保持体11から約8mm離間
して上型保持体11に取り付けられており、弾性部材2
1のばね力よりも大きな力(弾性部材21が圧縮変形す
る以上の力)が上型保持体11に上方から作用したと
き、弾性部材21が変形して上型保持体11が下型16
に接近するように構成されている。
【0023】上型12の彫込み部12aの周囲には、ワ
ークホルダ18の凹部18aに対向して凸部12cが形
成されたワーク押さえ部12dが設けられ、ワークホル
ダ18の凹部18aと凸部12cとでしっかりと板状素
材15を挟持するようになっている。
【0024】弾性部材21は、板状素材15を絞り加工
するよりも大きな力が上型保持体11に矢印A方向に作
用したとき矢印B及びC方向に圧縮される弾性体であれ
ば何でもよく、図示の実施例においては、多数の皿ばね
(図示せず)が互いに重ね合わされて筒中に収納された
ものとして構成されている。
【0025】側面スライドパンチ13は、図4におい
て、製品1の側面部1aから上面部1bにかけて縦壁部
1cの端切り加工を行うためのものであって、上方から
斜め下方(矢印F方向)に摺動自在に保持体11に配設
され、矢印F方向に移動したときポンチ部16aに形成
された端切り加工用切刃16bが進入して板状素材15
に端切り加工するようになっている。
【0026】側面スライドパンチホルダ22は、左右方
向に摺動自在に上型保持体11に配設され、上型保持体
11と側面スライドパンチホルダ22との間には戻しば
ね23が設けられて側面スライドパンチホルダ22を図
中常に右方向に付勢している。
【0027】側面スライドパンチホルダ22の下面に
は、水平面に対して45°に形成されたスライドカム面
22aが設けられており、スライドブロック24を介し
て下型16に固定されたカム体25の斜面25aと接触
する状態で組み立てられている。
【0028】上面穴抜パンチ14は、図5において上型
12に形成された穴12eを通過して、上型保持体11
によって矢印G方向に押圧されて上下方向に移動できる
ように構成されている。
【0029】下型16の上面穴抜パンチ14に対向する
位置には、穴抜きダイス26及びプレス屑排出穴16c
が設けられており、穴抜きダイス26と上面穴抜パンチ
14とで板状素材15に上面穴1eの加工を行い、プレ
ス屑28をプレス屑排出穴16cから矢印H方向に排出
するようになっている。
【0030】本発明は、上記のように構成されており、
以下その作用について説明する。図1から図5におい
て、下型16と上型12との間に板状素材15を挿入し
プレス機械(図示せず)のスタートボタンを押す。
【0031】プレス機械のラムが下降し、これに伴なっ
てラムに固定されている上型保持体11及び上型12が
矢印A方向に下降し、やがてワークホルダ18の凹部1
8aが上型12の凸部12cとが協同して板状素材15
を挟持した状態で上型12と下型16とが板状素材15
を挟圧して板状素材15を変形させて絞り加工が行われ
る。
【0032】上記した絞り加工時には、絞り加工に要す
る力よりも弾性部材21のばね力の方が大きくなるよう
に弾性部材21のばね定数が設定されているので、弾性
部材21はほとんど変形しない。
【0033】図4において、絞り加工が終了後もなおラ
ムが矢印A方向に下降するが、上型12は板状素材15
を介して下型16に当接してこれ以上下降できない状態
となっているので、ラムが上型保持体11を押す力は次
第に大きくなり、弾性部材21には矢印B及びC方向の
圧縮力が作用する。
【0034】そしてラムが上型保持体11を押す力が弾
性部材21のばね力よりも大きくなると、該弾性部材2
1が矢印B及びC方向に圧縮されて変形し、上型保持体
11のみが矢印A方向に移動する。
【0035】これに伴なって側面スライドパンチホルダ
22も矢印D方向に下降しようとするが、スライドカム
面22aがカム体25の斜面25aに接触しているの
で、側面スライドパンチホルダ22は、斜面25aによ
り案内されて矢印F方向に移動し、戻しばね23を矢印
E方向に圧縮する。
【0036】側面スライドパンチホルダ22に固定され
た側面スライドパンチ13は、斜め上方から矢印F方向
に下型16に接近し、やがてポンチ部16aに形成され
た端切り加工用切刃16bが進入し、絞り加工が終了し
た板状素材15の縦壁部1cの端切り加工を行う。
【0037】図5において、上述した縦壁部1cの端切
り加工と同時に上型保持体11の突起部11bは、上面
穴抜パンチ14に当接して矢印G方向に押圧するので、
上面穴抜パンチ14は穴12e中を矢印G方向に移動
し、穴抜きダイス26と協同して板状素材15に上面穴
1eの穴あけ加工を行なう。
【0038】なお、上記絞り加工、端切り加工及び穴あ
け加工時の上型保持体11の移動量は、約8mm程度と
なっている。
【0039】該穴あけ加工により生じたプレス屑28
は、プレス屑排出穴16c中を矢印H方向に落下して排
出される。
【0040】上述した如くラムの下降工程で板状素材1
5の絞り加工、端切り加工及び穴あけ加工が終了する
と、プレス機械のラムは上昇に転じ、上型保持体11が
上方に引き上げられ、これに伴なって弾性部材21も全
長が伸長して圧縮されていない元の状態に復帰する。
【0041】また側面スライドパンチホルダ22は、戻
しばね23の作用によって図4において右方向に移動し
ようとするので、カム体25の斜面25aにより案内さ
れて元の位置に復帰し、また上面穴抜パンチ14も同様
にして図示しないばねの作用によって元の位置に復帰し
て次のプレス作業の準備が完了する。
【0042】
【発明の効果】本発明は、上記のように側面スライドパ
ンチ及び上面穴抜パンチが設けられた上型を、非常に大
きなばね定数を持った弾性部材を介して上型保持体に配
設し、該上型保持体を下型に接近させる方向に移動させ
るようにしたので、まず弾性部材が圧縮変形するよりも
小さな力で上型を押圧して下型と上型とによって板状素
材に対して絞り加工を行った後、引き続いて弾性部材が
圧縮変形するような大きな力で上型を押圧して上型保持
体を下型に接近させる方向に移動させて側面スライドパ
ンチを駆動し、縦壁部の端切り加工できるという効果が
あり、また上面部に穴あけ加工ができるという効果があ
る。この結果1つの型を用い、1工程で絞り加工と端切
り加工と穴あけ加工とを連続して行うことができるとい
う効果がある。
【0043】また上記構成により、加工に要する型の数
を半減でき、またこの結果製品のコストを大幅に低減で
きる効果がある。
【0044】更には、上記構成により、必要プレス機械
の数を減少させることができると共に、加工工数を著し
く減少させて製造コストを低減させることができる効果
がある。
【図面の簡単な説明】
【図1】プレス加工された製品の平面図である。
【図2】プレス加工された製品の正面図である。
【図3】プレス加工された製品の斜視図である。
【図4】図1の製品のIV−IV矢視部分の加工を行う
ためのワークのプレス装置の縦断面図である。
【図5】図1の製品のV−V矢視部分の加工を行うため
のワークのプレス装置の縦断面図である。
【符号の説明】
1 製品 1a 側面部 1b 上面部 10 ワークのプレス装置 11 上型保持体 12 上型 13 側面スライドパンチ 14 上面穴抜パンチ 15 板状素材 16 下型 21 弾性部材

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 プレス機械のテーブルに固定された下型
    と該下型に接近及び離脱する方向に摺動自在に構成され
    た上型との間で板状素材を挟圧することにより該板状素
    材を加工するように構成したワークのプレス装置におい
    て、前記下型に接近又は離脱する方向に移動可能に構成
    された上型保持体と、該上型保持体に非常に大きなばね
    定数を持つ弾性部材を介して配設された上型と、該上型
    の運動方向に対して傾斜した方向に摺動自在に前記上型
    に配設され前記下型と前記上型とが前記板状素材を挟圧
    して該板状素材に絞り加工を施した後、前記弾性部材を
    変形させながら更に前記上型保持体を前記下型に接近さ
    せることにより駆動されて前記上型に斜め上方から接近
    して絞り加工された前記板状素材の側面部の端切り加工
    を行う側面スライドパンチとを備えたことを特徴とする
    ワークのプレス装置。
  2. 【請求項2】 プレス機械のテーブルに固定された下型
    と該下型に接近及び離脱する方向に摺動自在に構成され
    た上型との間で板状素材を挟圧することにより該板状素
    材を加工するように構成したワークのプレス装置におい
    て、前記下型に接近又は離脱する方向に移動可能に構成
    された上型保持体と、該上型保持体に非常に大きなばね
    定数を持つ弾性部材を介して配設された上型と、該上型
    に摺動自在に配設され前記下型と前記上型とが前記板状
    素材を挟圧して該板状素材に絞り加工を施した後、前記
    弾性部材を変形させながら更に前記上型保持体を前記下
    型に接近させることにより該上型保持体に押圧されて絞
    り加工された前記板状素材の上面部に穴あけ加工を行う
    上面穴抜パンチとを備えたことを特徴とするワークのプ
    レス装置。
  3. 【請求項3】 プレス機械のテーブルに固定された下型
    と該下型に接近及び離脱する方向に摺動自在に構成され
    た上型との間で板状素材を挟圧することにより該板状素
    材を加工するように構成したワークのプレス装置におい
    て、前記下型に接近又は離脱する方向に移動可能に構成
    された上型保持体と、該上型保持体に非常に大きなばね
    定数を持つ弾性部材を介して配設された上型と、該上型
    の運動方向に対して傾斜した方向に摺動自在に前記上型
    に配設され前記下型と前記上型とが前記板状素材を挟圧
    して該板状素材に絞り加工を施した後、前記弾性部材を
    変形させながら更に前記上型保持体を前記下型に接近さ
    せることにより駆動されて前記上型に斜め上方から接近
    させて絞り加工された前記板状素材の側面部の端切り加
    工を行う側面スライドパンチと、前記弾性部材を変形さ
    せながら更に前記上型保持体を前記下型に接近させるこ
    とにより該上型保持体によって押圧されて絞り加工され
    た前記板状素材の上面部に穴あけ加工を行う前記上型に
    配設された上面穴抜パンチとを備えたことを特徴とする
    ワークのプレス装置。
JP5090672A 1993-03-24 1993-03-24 ワークのプレス装置 Granted JPH06269869A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5090672A JPH06269869A (ja) 1993-03-24 1993-03-24 ワークのプレス装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5090672A JPH06269869A (ja) 1993-03-24 1993-03-24 ワークのプレス装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH06269869A true JPH06269869A (ja) 1994-09-27

Family

ID=14005037

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5090672A Granted JPH06269869A (ja) 1993-03-24 1993-03-24 ワークのプレス装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH06269869A (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002102978A (ja) * 2000-09-28 2002-04-09 Honda Motor Co Ltd 車体パネルの製造方法
JP2002263751A (ja) * 2001-03-09 2002-09-17 Komatsu Ltd 板材の成形加工方法およびその加工型
US7127929B2 (en) 2002-08-23 2006-10-31 Seiko Epson Corporation Forging work method
CN102139321A (zh) * 2010-11-20 2011-08-03 无锡曙光模具有限公司 加工汽车排气管的组合结构拉伸模具
CN112355152A (zh) * 2020-10-10 2021-02-12 康帅冷链设备科技江苏有限公司 一种冷风机冲折加工装置
CN112828146A (zh) * 2020-12-31 2021-05-25 广州敏实汽车零部件有限公司 一种用于侧翻边的连续模生产机构

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002102978A (ja) * 2000-09-28 2002-04-09 Honda Motor Co Ltd 車体パネルの製造方法
JP2002263751A (ja) * 2001-03-09 2002-09-17 Komatsu Ltd 板材の成形加工方法およびその加工型
JP4651210B2 (ja) * 2001-03-09 2011-03-16 株式会社小松製作所 板材の成形加工方法およびその加工型
US7127929B2 (en) 2002-08-23 2006-10-31 Seiko Epson Corporation Forging work method
CN102139321A (zh) * 2010-11-20 2011-08-03 无锡曙光模具有限公司 加工汽车排气管的组合结构拉伸模具
CN112355152A (zh) * 2020-10-10 2021-02-12 康帅冷链设备科技江苏有限公司 一种冷风机冲折加工装置
CN112828146A (zh) * 2020-12-31 2021-05-25 广州敏实汽车零部件有限公司 一种用于侧翻边的连续模生产机构

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2009241082A (ja) プレス加工装置及びプレス加工方法
JP2001058295A (ja) 成形用プレス装置
JPH079045A (ja) プレス加工装置
JPH06269869A (ja) ワークのプレス装置
JP2000233234A (ja) エアークッション連動式金型装置
JP4390374B2 (ja) 複合プレス加工装置
CN213826723U (zh) 一种用于生产电机铁芯冲压床的固定装置
JP4129621B2 (ja) プレス金型
JP3099035B2 (ja) プレス成形機
JPH0910860A (ja) プレス打抜装置
JP2807952B2 (ja) ワークのプレス装置
SU1074626A1 (ru) Штамп дл вырубки
CN211135191U (zh) 一种钣金加工用冲压成型装置
CN216226686U (zh) 变压器剪脚及铜箔折弯成型装置
CN216369806U (zh) 带活动刀口的上模、下模及具有整形功能的冲切模
CN213530434U (zh) 一种快卸锁零部件上盖片的自动成型冲压模具
CN212443573U (zh) 一种工件的局部变薄模具
CN210358841U (zh) 举升臂钢件左右件及其模具
CN214977042U (zh) 一种全光亮带产品的冲切模具结构
CN213288308U (zh) 一种基于冲压模具的部件固定装置
JP3773691B2 (ja) ワークの打ち抜き成形方法及びその装置
CN216297669U (zh) 一种汽车门槛内板件的加工模具
CN214977125U (zh) 一种成型冲孔复合模具
CN211027763U (zh) 一种侧冲模具
CN217748924U (zh) 一种分体式成型的五金精密模具