JP6536733B1 - アーモンド風味油脂の製造法 - Google Patents

アーモンド風味油脂の製造法 Download PDF

Info

Publication number
JP6536733B1
JP6536733B1 JP2018202440A JP2018202440A JP6536733B1 JP 6536733 B1 JP6536733 B1 JP 6536733B1 JP 2018202440 A JP2018202440 A JP 2018202440A JP 2018202440 A JP2018202440 A JP 2018202440A JP 6536733 B1 JP6536733 B1 JP 6536733B1
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
almond
oil
flavor
oils
fats
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2018202440A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2020068657A (ja
Inventor
鈴木 雄太
雄太 鈴木
智明 熊谷
智明 熊谷
拓真 植月
拓真 植月
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Fuji Oil Co Ltd
Original Assignee
Fuji Oil Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fuji Oil Co Ltd filed Critical Fuji Oil Co Ltd
Priority to JP2018202440A priority Critical patent/JP6536733B1/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6536733B1 publication Critical patent/JP6536733B1/ja
Publication of JP2020068657A publication Critical patent/JP2020068657A/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; TREATMENT THEREOF, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23DEDIBLE OILS OR FATS, e.g. MARGARINES, SHORTENINGS, COOKING OILS
    • A23D9/00Other edible oils or fats, e.g. shortenings, cooking oils
    • A23D9/02Other edible oils or fats, e.g. shortenings, cooking oils characterised by the production or working-up
    • A23D9/04Working-up
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A21BAKING; EDIBLE DOUGHS
    • A21DTREATMENT, e.g. PRESERVATION, OF FLOUR OR DOUGH, e.g. BY ADDITION OF MATERIALS; BAKING; BAKERY PRODUCTS; PRESERVATION THEREOF
    • A21D13/00Finished or partly finished bakery products
    • A21D13/80Pastry not otherwise provided for elsewhere, e.g. cakes, biscuits or cookies
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A21BAKING; EDIBLE DOUGHS
    • A21DTREATMENT, e.g. PRESERVATION, OF FLOUR OR DOUGH, e.g. BY ADDITION OF MATERIALS; BAKING; BAKERY PRODUCTS; PRESERVATION THEREOF
    • A21D2/00Treatment of flour or dough by adding materials thereto before or during baking
    • A21D2/08Treatment of flour or dough by adding materials thereto before or during baking by adding organic substances
    • A21D2/14Organic oxygen compounds
    • A21D2/16Fatty acid esters
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A21BAKING; EDIBLE DOUGHS
    • A21DTREATMENT, e.g. PRESERVATION, OF FLOUR OR DOUGH, e.g. BY ADDITION OF MATERIALS; BAKING; BAKERY PRODUCTS; PRESERVATION THEREOF
    • A21D2/00Treatment of flour or dough by adding materials thereto before or during baking
    • A21D2/08Treatment of flour or dough by adding materials thereto before or during baking by adding organic substances
    • A21D2/36Vegetable material
    • A21D2/364Nuts, e.g. cocoa
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; TREATMENT THEREOF, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23DEDIBLE OILS OR FATS, e.g. MARGARINES, SHORTENINGS, COOKING OILS
    • A23D9/00Other edible oils or fats, e.g. shortenings, cooking oils
    • A23D9/007Other edible oils or fats, e.g. shortenings, cooking oils characterised by ingredients other than fatty acid triglycerides
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; TREATMENT THEREOF, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23DEDIBLE OILS OR FATS, e.g. MARGARINES, SHORTENINGS, COOKING OILS
    • A23D9/00Other edible oils or fats, e.g. shortenings, cooking oils
    • A23D9/02Other edible oils or fats, e.g. shortenings, cooking oils characterised by the production or working-up
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; TREATMENT THEREOF, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23GCOCOA; COCOA PRODUCTS, e.g. CHOCOLATE; SUBSTITUTES FOR COCOA OR COCOA PRODUCTS; CONFECTIONERY; CHEWING GUM; ICE-CREAM; PREPARATION THEREOF
    • A23G3/00Sweetmeats; Confectionery; Marzipan; Coated or filled products
    • A23G3/34Sweetmeats, confectionery or marzipan; Processes for the preparation thereof
    • A23G3/36Sweetmeats, confectionery or marzipan; Processes for the preparation thereof characterised by the composition containing organic or inorganic compounds
    • A23G3/40Sweetmeats, confectionery or marzipan; Processes for the preparation thereof characterised by the composition containing organic or inorganic compounds characterised by the fats used
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; TREATMENT THEREOF, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23LFOODS, FOODSTUFFS, OR NON-ALCOHOLIC BEVERAGES, NOT COVERED BY SUBCLASSES A21D OR A23B-A23J; THEIR PREPARATION OR TREATMENT, e.g. COOKING, MODIFICATION OF NUTRITIVE QUALITIES, PHYSICAL TREATMENT; PRESERVATION OF FOODS OR FOODSTUFFS, IN GENERAL
    • A23L19/00Products from fruits or vegetables; Preparation or treatment thereof
    • A23L19/03Products from fruits or vegetables; Preparation or treatment thereof consisting of whole pieces or fragments without mashing the original pieces
    • A23L19/07Fruit waste products, e.g. from citrus peel or seeds
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; TREATMENT THEREOF, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23LFOODS, FOODSTUFFS, OR NON-ALCOHOLIC BEVERAGES, NOT COVERED BY SUBCLASSES A21D OR A23B-A23J; THEIR PREPARATION OR TREATMENT, e.g. COOKING, MODIFICATION OF NUTRITIVE QUALITIES, PHYSICAL TREATMENT; PRESERVATION OF FOODS OR FOODSTUFFS, IN GENERAL
    • A23L25/00Food consisting mainly of nutmeat or seeds; Preparation or treatment thereof
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; TREATMENT THEREOF, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23LFOODS, FOODSTUFFS, OR NON-ALCOHOLIC BEVERAGES, NOT COVERED BY SUBCLASSES A21D OR A23B-A23J; THEIR PREPARATION OR TREATMENT, e.g. COOKING, MODIFICATION OF NUTRITIVE QUALITIES, PHYSICAL TREATMENT; PRESERVATION OF FOODS OR FOODSTUFFS, IN GENERAL
    • A23L25/00Food consisting mainly of nutmeat or seeds; Preparation or treatment thereof
    • A23L25/30Mashed or comminuted products, e.g. pulp, pastes, meal, powders; Products made therefrom, e.g. blocks, flakes, snacks; Liquid or semi-liquid products
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; TREATMENT THEREOF, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23LFOODS, FOODSTUFFS, OR NON-ALCOHOLIC BEVERAGES, NOT COVERED BY SUBCLASSES A21D OR A23B-A23J; THEIR PREPARATION OR TREATMENT, e.g. COOKING, MODIFICATION OF NUTRITIVE QUALITIES, PHYSICAL TREATMENT; PRESERVATION OF FOODS OR FOODSTUFFS, IN GENERAL
    • A23L27/00Spices; Flavouring agents or condiments; Artificial sweetening agents; Table salts; Dietetic salt substitutes; Preparation or treatment thereof
    • A23L27/10Natural spices, flavouring agents or condiments; Extracts thereof
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; TREATMENT THEREOF, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23LFOODS, FOODSTUFFS, OR NON-ALCOHOLIC BEVERAGES, NOT COVERED BY SUBCLASSES A21D OR A23B-A23J; THEIR PREPARATION OR TREATMENT, e.g. COOKING, MODIFICATION OF NUTRITIVE QUALITIES, PHYSICAL TREATMENT; PRESERVATION OF FOODS OR FOODSTUFFS, IN GENERAL
    • A23L29/00Foods or foodstuffs containing additives; Preparation or treatment thereof
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; TREATMENT THEREOF, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23LFOODS, FOODSTUFFS, OR NON-ALCOHOLIC BEVERAGES, NOT COVERED BY SUBCLASSES A21D OR A23B-A23J; THEIR PREPARATION OR TREATMENT, e.g. COOKING, MODIFICATION OF NUTRITIVE QUALITIES, PHYSICAL TREATMENT; PRESERVATION OF FOODS OR FOODSTUFFS, IN GENERAL
    • A23L29/00Foods or foodstuffs containing additives; Preparation or treatment thereof
    • A23L29/03Organic compounds
    • A23L29/035Organic compounds containing oxygen as heteroatom
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; TREATMENT THEREOF, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23LFOODS, FOODSTUFFS, OR NON-ALCOHOLIC BEVERAGES, NOT COVERED BY SUBCLASSES A21D OR A23B-A23J; THEIR PREPARATION OR TREATMENT, e.g. COOKING, MODIFICATION OF NUTRITIVE QUALITIES, PHYSICAL TREATMENT; PRESERVATION OF FOODS OR FOODSTUFFS, IN GENERAL
    • A23L29/00Foods or foodstuffs containing additives; Preparation or treatment thereof
    • A23L29/03Organic compounds
    • A23L29/035Organic compounds containing oxygen as heteroatom
    • A23L29/04Fatty acids or derivatives
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C11ANIMAL OR VEGETABLE OILS, FATS, FATTY SUBSTANCES OR WAXES; FATTY ACIDS THEREFROM; DETERGENTS; CANDLES
    • C11BPRODUCING, e.g. BY PRESSING RAW MATERIALS OR BY EXTRACTION FROM WASTE MATERIALS, REFINING OR PRESERVING FATS, FATTY SUBSTANCES, e.g. LANOLIN, FATTY OILS OR WAXES; ESSENTIAL OILS; PERFUMES
    • C11B3/00Refining fats or fatty oils
    • C11B3/008Refining fats or fatty oils by filtration, e.g. including ultra filtration, dialysis
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C11ANIMAL OR VEGETABLE OILS, FATS, FATTY SUBSTANCES OR WAXES; FATTY ACIDS THEREFROM; DETERGENTS; CANDLES
    • C11BPRODUCING, e.g. BY PRESSING RAW MATERIALS OR BY EXTRACTION FROM WASTE MATERIALS, REFINING OR PRESERVING FATS, FATTY SUBSTANCES, e.g. LANOLIN, FATTY OILS OR WAXES; ESSENTIAL OILS; PERFUMES
    • C11B3/00Refining fats or fatty oils
    • C11B3/16Refining fats or fatty oils by mechanical means

Abstract

【課題】本発明の課題は、洋菓子を作成する際のアーモンドプードル使用量を減らすことができる風味油脂の製造法を提供することを課題とした。【解決手段】油脂をアーモンド由来原料が対油0.6〜20質量%の存在下で加熱することにより、良好なローストアーモンド風味を有する油脂が得られる製造法を見いだすことができた。特に、皮無アーモンドプードルを用い、反応系内を不活性ガスで置換して加熱した場合に、その風味は強く、良好であった。【選択図】なし

Description

本発明は良好なローストアーモンド風味を有する油脂の製造法及びその風味油を使用した食品に関する。
風味油脂の製造法としては、特許文献1がある。ここでは、油脂に米糠を加え、加熱する方法が開示されている。
特開平1−218549号公報
マドレーヌやフィナンシェ、マカロンといった洋菓子は原材料にバターやアーモンドプードルといった、比較的高価な原料を用いることで、洋菓子らしい華やかでコクのある風味を実現している。しかし、これらの原材料は世界中での人口増加に伴う需要に対して、供給が間に合っていないなどの理由により高価である。また、サステナブルの観点からも、風味が変わらない範囲での代替原料の使用や使用量減を達成する方法が模索されている。そこで、本発明の課題は、洋菓子を作成する際のアーモンドプードル使用量を減らすことができる風味油脂の製造法を提供することとした。
本発明者は、課題の解決に向け鋭意検討を行った。
特許文献1は、米油に由来するこく味を有する油脂を目的とするものであったが、更に新しい風味が求められていた。 本発明者はさらに検討を行ったところ、油脂をアーモンド由来原料の存在下で加熱し反応させることにより、良好なローストアーモンド風味を有する油脂が得られる製造法を見いだし、本発明を完成させた。
すなわち、本発明は、
(1)油脂を、アーモンド由来原料が対油0.6〜20質量%以上の存在下、80〜210℃、0.2〜4時間反応後、固形分を除去することを特徴とする、風味油脂の製造法、
(2)アーモンド由来原料がアーモンドプードルである、(1)記載の製造法、
(3)減圧状態で反応させる、(1)又は(2)に記載の製造法、
(4)不活性ガス雰囲気下で反応させる、(1)又は(2)に記載の製造法、
(5)不活性ガス雰囲気下で加熱し昇温する、(4)に記載の製造法、
(6)(1)〜(5)いずれか1つに記載の製造法により製造される風味油脂を使用した食品、
(7)(1)〜(5)いずれか1つに記載の製造法により製造される風味油脂を使用した洋菓子、
に関するものである。
本発明によれば、洋菓子用として良好なローストアーモンド風味を有する油脂を提供することができる。
本発明は、良好なローストアーモンド風味を有する油脂の製造法に関するものである。特に、洋菓子中のアーモンドプードル使用量を減らしても、おいしさを保ちつつ、さらに高い風味持続性を有する風味油脂の製造を目的としたものである。洋菓子とは、代表的には小麦粉、バター、アーモンドプードルを原料とする製品であり、より具体的には、マドレーヌやフィナンシェの他、クレームダマンドやマカロン、ダックワーズなどを挙げることができる。最も好ましいのは、マドレーヌやフィナンシェなど、小麦粉を主体とした生地にアーモンドプードルを配合することで生地を調製し、焼成して製品とするものである。このような製品へ本発明に係る油脂を使用することで、おいしさを保ったまま、洋菓子中のアーモンドプードル使用量を減らすことができ、さらに高い風味持続性を持たせるという効果が期待される。なお、本発明では「洋菓子用」との表現を用いているが、これは、既にアーモンドプードルを配合するレシピが古くから確立されているもの以外にも、今後本油脂を用いることで簡便にアーモンド風味を付与できたことによって生み出される菓子も範疇に入る。
本発明に係る油脂の製造法においては、各種の油脂を使用することができる。具体的には、大豆油、綿実油、コーン油、サフラワー油、オリーブ油、パーム油、菜種油、米ぬか油、ゴマ油、カポック油、ヤシ油、パーム核油、カカオ脂、ラード、魚油、鯨油等の各種の動植物油脂及びそれらの硬化油、分別油、エステル交換油等が例示できる。無論、これらのうちから2種以上を混合した油脂も使用することができる。
より好ましくはパーム油、パーム分別油、菜種油であり、さらに好ましくはパーム油、またはパーム分別油を使用することにより、油脂に良好なローストアーモンド風味を付与することができる。
本発明に係る油脂の製造法においては、油脂に風味付けをする目的でアーモンド由来原料を使用する。本発明においてアーモンド由来原料とは、アーモンドペーストやスライスアーモンド、粉砕アーモンド、アーモンドプードル等があげられ、単独又は併用して使用する事ができる。なかでも、細かく粉砕されていることで油脂との接触効率が上がり風味成分を抽出しやすく、かつろ別しやすいためアーモンドプードルが最も好ましい。ここで、アーモンドプードルとは、アーモンドを粉末状に加工したものであり、アーモンドパウダーと呼ばれることもある。大別すると、皮なしアーモンドプードル、皮ありアーモンドプードル、焙煎アーモンドプードルがある。特に、皮なしアーモンドプードルを使用するのがより好ましく、本発明に係る方法により、油脂に良好なローストアーモンド風味を付与することができる。
本発明に係る油脂の製造法において、アーモンド由来原料の合計量が0.6〜20質量%存在下に加熱することが必要である。ここで、対油0.6質量%以上とは、たとえば、油脂100kgに対し、アーモンド由来原料を0.6kg以上上乗せで添加することである。油脂にアーモンド由来原料を添加する量は、より好ましくは1〜15質量%であり、さらに好ましくは1.5〜13質量%のアーモンド由来原料を用いることで、良好なローストアーモンド風味油脂を得ることができる。
次に、本発明に係る製造法のプロセスを説明する。
本発明に係る油脂の製造法においては、アーモンド由来原料を規定量添加して、80〜210℃で加熱する。より好ましくは110〜200℃、さらに好ましくは130〜185℃の加熱により、良好なローストアーモンド風味油脂を得ることができる。
本発明に係る油脂の製造法においては、アーモンド由来原料を規定量添加して、規定の温度で0.2〜4時間反応させる。より好ましくは0.3〜3時間であり、さらに好ましくは0.5〜2時間反応させることにより、良好なローストアーモンド風味油脂を得ることができる。
本発明に係る油脂の製造法においては、アーモンド由来原料を規定量添加して、規定の加熱温度及び時間を、反応系内を真空度が60mmHg以下である減圧状態で反応させることが好ましい。減圧条件として、より好ましくは55mmHg以下であり、さらに好ましくは50mmHg以下である。反応系内を減圧にすることにより、油脂の熱劣化を抑えることができる。
また、本発明に係る油脂の製造法においては、反応系内の酸素濃度が5.0体積%以下である不活性ガス雰囲気下で反応させることが好ましい。さらに、不活性ガス雰囲気下で加熱し昇温することも、本発明に係る油脂の製造法の一態様である。反応系内の酸素濃度は、より好ましくは1.0体積%以下、さらに好ましくは0.5体積%以下である。この方法で加熱攪拌する事により、油脂の熱劣化を抑えつつ、風味に寄与する揮発性の香気成分を油中に残存させることができるため、さらに好ましい。ここで、反応系内の酸素濃度を下げるための不活性ガスとしては、窒素や二酸化炭素等を例示することができる。
本発明においては、規定の油脂に、規定量のアーモンド由来原料を添加する。その後、攪拌しながら、規定の加熱温度及び時間、反応させる。反応は、加熱温度として設定した温度に油脂温度が到達した時点から時間計測を開始し、設定温度プラスマイナス5℃の範囲で、設定時間維持することで行う。ここで、設定温度までの昇温は出来る限り速やかに行ない、加熱温度及び時間を故意に変動させるような段階的な温度変化は行わないことが望ましい。
本発明においては、所定の反応後、添加したアーモンド由来原料を含む固形分を除去する。当該除去は、濾紙による濾過で行うこともできるが、大規模に製造する場合は、フィルタープレスや遠心分離機を使用することもできる。このようにして、目的とするローストアーモンド風味を有する油脂を調製することができる。したがって、たとえばアーモンド以外のナッツ類、穀物、たとえば小麦や大豆、コーンやその他豆類であっても、同様の風味付与効果が期待される。
推測ではあるが、本発明に係る方法で得られた油脂は、Furfural, Ethanone, 2-Furanmethanol, 5-methyl-Butyrolactone, 2,5-Dimethyl-4-hydroxy-3(2H)-furanone等の加熱したアーモンド由来原料に含まれている成分が風味付与の有効成分ではないかと考えている。
本発明によって得られるアーモンド風味を有する風味油は、マーガリン用、ショートニング用、練り込み用、クリーム用、洋菓子等各種食品の用途に適した油脂として使用し得るものである。なかでも、洋菓子用途として使用することにより、アーモンドプードルの使用量を低減しても、好ましいアーモンド風味を得ることができる。
以下に本発明の実施例を示し、本発明をより詳細に説明するが、本発明の精神は以下の実施例に限定されるものではない。なお、例中、%及び部は重量基準を意味する。
検討1 風味油の調製
表1 配合
1L容の三ツ口フラスコに精製パーム油(不二製油株式会社製)500gに皮無アーモンドプードル(「皮なしアーモンドパウダー」株式会社富澤商店販売)40gを上乗せ添加して、50mmHgの減圧下で攪拌(350rpm)しながら150℃で1時間の反応後、60℃まで冷却し、油脂と固形分を濾紙(アドバンテック東洋No.5C)でろ別して実施例1のローストアーモンド風味油を得た。
皮無アーモンドプードルを皮ありアーモンドプードル(「皮付アーモンドプードル」株式会社富澤商店販売)に代えた以外は、実施例1と同様にして、実施例2のローストアーモンド風味油を得た。
皮無アーモンドプードルを焙煎アーモンドプードル(「アーモンドローストパウダー」株式会社富澤商店販売)に代えた以外は、実施例1と同様にして、実施例3のローストアーモンド風味油を得た。
皮無アーモンドプードルをスライスアーモンド(「生スライスアーモンド」株式会社富澤商店販売)に代えた以外は、実施例1と同様にして、実施例4のローストアーモンド風味油を得た。
皮無アーモンドプードルの添加量を8.0%から4.0%に代えた以外は、実施例1と同様にして、実施例5のローストアーモンド風味油を得た。
皮無アーモンドプードルの添加量を8.0%から16.0%に代えた以外は、実施例1と同様にして、実施例6のローストアーモンド風味油を得た。
加熱温度を150℃から130℃に代えた以外は、実施例1と同様にして、実施例7のローストアーモンド風味油を得た。
加熱温度を150℃から170℃に代えた以外は、実施例1と同様にして、実施例8のローストアーモンド風味油を得た。
反応系内に不活性ガスである窒素を充填して酸素濃度を0.1体積%以下にして、減圧せずに反応させた以外は実施例1と同様に、1L容の三ツ口フラスコに精製パーム油500gに皮無アーモンドプードル40gを上乗せ添加して、攪拌(350rpm)しながら150℃で1時間の反応後、60℃まで冷却し、油脂と固形分を濾紙でろ別して、実施例9のローストアーモンド風味油を得た。
加熱温度を150℃から50℃に代え、反応時間を6時間に代え、反応後にろ別する以外は、実施例1と同様にして、比較例1のローストアーモンド風味油を得た。
加熱温度を150℃から230℃に代え、反応時間を0.5時間に代えた以外は、実施例1と同様にして、比較例2のローストアーモンド風味油を得た。
「風味油脂の評価法」
表1の配合で調製した風味油は、洋菓子素材の開発に従事し、日々、試作された洋菓子の官能評価を行っているパネラー5名により、ローストアーモンド風味をイメージしながら1〜5の評点を合議にて上記サンプルの官能評価を行った。風味評価の結果として、3点以上を合格とした。
検討1で得られた風味油(実施例1―9、比較例1−2)について、上述の「風味油脂の評価法」に従って評価を行い、結果を下表2に示した。この際、市販のスイートアーモンドオイル(株式会社ease社製)を参考例1として、同基準での評価を行ったが、アーモンドオイル自体にはローストアーモンド特有の風味が認められなかったため、評価は1点とした。
表2 風味油の風味評価結果
検討2 マドレーヌの調製
表3 マドレーヌの配合
薄力粉125部、皮無アーモンドプードル(皮なしアーモンドプードル)125部、グラニュー糖250部、バター250部、水飴25部、ベーキングパウダー2.5部の割合でミキサーを使用して攪拌しながら、この中に25℃前後に温めた卵白250部を徐々に加えてマドレーヌ生地を調製した。
この練り上げた生地をマドレーヌ型に8分目程度流し込み、230℃、15分間の条件でオーブン焼成することにより、参考例2のマドレーヌを調製した。
アーモンドプードルを62.5部(参考例2の半量)として、薄力粉を187.5部に増量した以外は参考例と同様にして、比較例3のマドレーヌを調製した。
アーモンドプードルをアーモンド香料入り油脂とした以外は比較例3と同様にして、比較例4のマドレーヌを調製した。なお、アーモンド香料入り油脂とは、0.2重量%の焼成耐性のあるアーモンド香料を添加した精製パーム油であり、50℃前後で融解して卵白液を添加後に徐々に加えた。
アーモンドプードルを実施例1のローストアーモンド風味油脂とした以外は比較例3と同様にして、実施例10のマドレーヌを調製した。
ローストアーモンド風味油脂を実施例1から実施例2にした以外は実施例10と同様にして、実施例11のマドレーヌを調製した。
ローストアーモンド風味油脂を実施例1から実施例3にした以外は実施例10と同様にして、実施例12のマドレーヌを調製した。
ローストアーモンド風味油脂を実施例1から実施例8にした以外は実施例10と同様にして、実施例13のマドレーヌを調製した。
ローストアーモンド風味油脂を実施例1から実施例9にした以外は実施例10と同様にして、実施例14のマドレーヌを調製した。
「マドレーヌの風味評価法」
上述の「風味油脂の評価法」のパネラーと同じ5名により、表3の配合で調製したマドレーヌサンプルを1日後、及び4日後に官能評価を行い、初期風味とその持続性について、風味評価を行った。なお
まず、(アーモンドプードルを100%使用した)参考例2の1日後の風味を3点(基準)とした。この風味と比較として、より強いアーモンド風味の付与が認められ、かつマドレーヌにとって好ましいかどうかという観点で1〜5の評点を合議にて決定した。風味評価の結果として、3点以上を合格とした。
表4 マドレーヌの風味評価結果
なお、表中のアーモンドプードル使用量は、参考例に使用したアーモンドプードル量を100%として、それぞれの比較例、実施例に使用したアーモンドプードル使用量を算出した。

検討3 ガレット生地の調製
表5 ガレットの配合
粉砂糖306部、食塩6部、バター400部をミキサーによって擦りあわせ、十分にペースト状になった後、卵黄72部を攪拌しながら徐々に流し入れる。最後に、あらかじめ薄力粉400部、皮無アーモンドプードル(皮なしアーモンドプードル)100部、ベーキングパウダー3.6部の割合で混合した粉体を徐々に加えてガレット生地を調製した。この生地を5.5cmに抜き、6.0cmのセルクルに入れ、上火155℃、下火135℃、28分間の条件でオーブン焼成することにより、参考例3のガレットを調製した。
アーモンドプードルを50部(参考例3の半量)として、薄力粉を425部、バターを425部に増量した以外は参考例3と同様にして、比較例5のガレットを調製した。
アーモンドプードルを実施例1のローストアーモンド風味油脂とし、薄力粉を450部、バターを400部にした以外は参考例3と同様にして、実施例15のガレットを調製した。
ローストアーモンド風味油脂を実施例1から実施例9とした以外は実施例15と同様にして、実施例16のガレットを調製した。
「ガレットの風味評価法」
上述の「風味油脂の評価法」のパネラーと同じ5名により、表3の配合で調製したガレットサンプルを1日後、及び4日後に官能評価を行い、初期風味とその持続性について、風味評価を行った。なお
まず、(アーモンドプードルを100%使用した)参考例3の1日後の風味を3点(基準)とした。この風味と比較として、より強いアーモンド風味の付与が認められ、かつガレットにとって好ましいかどうかという観点で1〜5の評点を合議にて決定した。風味評価の結果として、3点以上を合格とした。
表6 ガレットの風味評価結果
考察
油脂にアーモンド由来原料を添加し、加熱することで、おいしさを保ったまま、洋菓子中のアーモンドプードル使用量を減らすことができ、さらに高い風味持続性を持ったローストアーモンド風味油脂の製造ができることが示された。
また、皮無アーモンドプードルを用い、かつ反応系内を不活性ガスで置換して調製された風味油脂は、アーモンドプードルそのものとも相違する、従来にない好ましい風味を示すものであり、特に洋菓子に使用した場合には、その風味を引き立たせることが確認された。

Claims (4)

  1. 油脂を、皮なしアーモンドプードルが対油0.6〜20質量%の存在下、130〜185℃、0.2〜4時間反応後、固形分を除去することを特徴とする、洋菓子用ローストアーモンド風味油脂の製造法。但し、可食性天然源材料と可食性油脂類とを、前記可食性天然源材料もしくは該材料様香味賦与乃至変調能を有する調合香料組成物の添加存在下に加熱変性処理し、得られた加熱変性処理物から生成した加熱変性ずみ香味成分含有油脂分を分離採取する加熱調理油性フレーバーの製法を除く
  2. 反応系内を真空度が60mmHg以下である減圧状態で反応させる、請求項記載の製造法。
  3. 不活性ガス雰囲気下で反応させる、請求項記載の製造法。
  4. 不活性ガス雰囲気下で加熱し昇温する、請求項に記載の製造法。
JP2018202440A 2018-10-29 2018-10-29 アーモンド風味油脂の製造法 Active JP6536733B1 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2018202440A JP6536733B1 (ja) 2018-10-29 2018-10-29 アーモンド風味油脂の製造法

Applications Claiming Priority (8)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2018202440A JP6536733B1 (ja) 2018-10-29 2018-10-29 アーモンド風味油脂の製造法
SG11202103908QA SG11202103908QA (en) 2018-10-29 2019-08-22 Method for producing almond-flavored oil/fat
US17/289,720 US20220000137A1 (en) 2018-10-29 2019-08-22 Method for producing almond-flavored oil and fat
KR1020217012363A KR20210080395A (ko) 2018-10-29 2019-08-22 아몬드 풍미 유지의 제조법
PCT/JP2019/032795 WO2020090194A1 (ja) 2018-10-29 2019-08-22 アーモンド風味油脂の製造法
CN201980069775.5A CN112911939A (zh) 2018-10-29 2019-08-22 杏仁风味油脂的制造法
EP19878114.8A EP3874960A4 (en) 2018-10-29 2019-08-22 Method for producing almond-flavored oil/fat
BR112021007789-8A BR112021007789A2 (pt) 2018-10-29 2019-08-22 método de produção de um óleo e uma gordura aromatizados, produto alimentício e confeitaria de estilo ocidental

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP6536733B1 true JP6536733B1 (ja) 2019-07-03
JP2020068657A JP2020068657A (ja) 2020-05-07

Family

ID=67144667

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2018202440A Active JP6536733B1 (ja) 2018-10-29 2018-10-29 アーモンド風味油脂の製造法

Country Status (8)

Country Link
US (1) US20220000137A1 (ja)
EP (1) EP3874960A4 (ja)
JP (1) JP6536733B1 (ja)
KR (1) KR20210080395A (ja)
CN (1) CN112911939A (ja)
BR (1) BR112021007789A2 (ja)
SG (1) SG11202103908QA (ja)
WO (1) WO2020090194A1 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2020090194A1 (ja) * 2018-10-29 2020-05-07 不二製油グループ本社株式会社 アーモンド風味油脂の製造法

Family Cites Families (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS642345B2 (ja) * 1981-09-01 1989-01-17 Hasegawa T Co Ltd
JPS6019449A (en) * 1983-07-15 1985-01-31 Shuzo Nakazono Preparation of oil for seasoning
JPH0728660B2 (ja) * 1988-02-25 1995-04-05 不二製油株式会社 風味油の製造法
JP4977606B2 (ja) * 2005-07-06 2012-07-18 高砂香料工業株式会社 加熱調理油性フレーバー及びその製造方法
BR112018006896A2 (pt) * 2015-10-07 2018-10-16 Ajinomoto Kk método para produção de um óleo flavorizante.
JP6536733B1 (ja) * 2018-10-29 2019-07-03 不二製油株式会社 アーモンド風味油脂の製造法

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2020090194A1 (ja) * 2018-10-29 2020-05-07 不二製油グループ本社株式会社 アーモンド風味油脂の製造法

Also Published As

Publication number Publication date
SG11202103908QA (en) 2021-05-28
KR20210080395A (ko) 2021-06-30
BR112021007789A2 (pt) 2021-07-27
CN112911939A (zh) 2021-06-04
US20220000137A1 (en) 2022-01-06
JP2020068657A (ja) 2020-05-07
EP3874960A1 (en) 2021-09-08
EP3874960A4 (en) 2021-12-29
WO2020090194A1 (ja) 2020-05-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5792080B2 (ja) 生地練り込み用油脂組成物
JP5101823B2 (ja) 食品素材
RU2683636C1 (ru) Кекс
TW202027609A (zh) 棕櫚系油脂的氧化處理物、氧化處理物的製造方法、食品的甜味增強方法及食品的甜味增強用組成物
KR20090026853A (ko) 두부가 함유된 기능성 식품의 반죽조성물
JP6536733B1 (ja) アーモンド風味油脂の製造法
WO2018037926A1 (ja) 甘味及び/または塩味の増強剤
RU2617336C1 (ru) Сдобное печенье функционального назначения
JP6785542B2 (ja) パン類の製造方法
JP6075731B2 (ja) 焼き菓子
KR100763281B1 (ko) 찰보리를 이용한 제과류의 제조방법 및 그 방법에 의하여얻어지는 제과류
JP2017216894A (ja) 焼菓子練り込み用油脂組成物
KR20040074479A (ko) 호도과자용 반죽 및 그 제조방법
JP2004049041A (ja) 可塑性糖/たん白組成物及びそれを使用した食品の製造法
JP6472971B2 (ja) ルウ用油脂組成物
JP2000106816A (ja) パンの製造方法
JP6841680B2 (ja) 風味増強油脂の製造方法
KR101910138B1 (ko) 기능성 피자 도우 및 이의 제조 방법
JP7041573B2 (ja) 焼チョコレート様菓子およびその製造方法
JP2015128406A (ja) バター代替油脂
JP2005328804A (ja) 焼き菓子及び焼き菓子の卵風味改善方法
WO2020148963A1 (ja) 焦がしチーズ風味を有する風味油の製造法
KR101426816B1 (ko) 콩앙금 및 그의 제조방법
JP2020162592A (ja) タルト用油脂組成物
JP2014236672A (ja) 硬化風味油脂

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20190208

A871 Explanation of circumstances concerning accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A871

Effective date: 20190208

A975 Report on accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971005

Effective date: 20190219

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20190319

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20190409

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20190507

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20190520

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6536733

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150