JP2816783B2 - 回転検出装置を有するベアリングシール - Google Patents

回転検出装置を有するベアリングシール

Info

Publication number
JP2816783B2
JP2816783B2 JP4076190A JP7619092A JP2816783B2 JP 2816783 B2 JP2816783 B2 JP 2816783B2 JP 4076190 A JP4076190 A JP 4076190A JP 7619092 A JP7619092 A JP 7619092A JP 2816783 B2 JP2816783 B2 JP 2816783B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
bearing seal
bearing
elastic member
slinger
detection device
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP4076190A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH05238369A (ja
Inventor
英雄 水田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Uchiyama Manufacturing Corp
Original Assignee
Uchiyama Manufacturing Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Uchiyama Manufacturing Corp filed Critical Uchiyama Manufacturing Corp
Priority to JP4076190A priority Critical patent/JP2816783B2/ja
Publication of JPH05238369A publication Critical patent/JPH05238369A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2816783B2 publication Critical patent/JP2816783B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、相対回転する軸受部の
回転数検出装置に関し、具体的には自動車のアンチロッ
クブレーキシステムにおける前後の車輪回転数を検出す
回転数検出装置を装着したベアリングシールに関す
る。
【0002】
【従来の技術】従来、自動車のスキッドを防止するため
のアンチスキッド用回転数検出装置としては次のような
構造が多く用いられている。すなわち、前記回転検出装
置は歯付ローターと感知センサーからなっており、その
際軸受けを密封するシール装置よりそれぞれ離間させて
配置し、一つの独立した回転検出装置を構成しているも
のが一般的である。以下、図面を参照しつつ詳述する。
【0003】このような従来例を示すと、図4のように
回転軸(5)に嵌合された歯付ローター(6)をナック
ル(7)に取付られた回転数検出センサー(8)で感知
検出する構造を示している。ここで軸受(9)はその側
部に独立して設けられたシール装置(A)によって水分
あるいは異物の侵入から守られている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、このよ
うな回転数検出装置の構造は、該歯付ローター(6)及
び回転数検出センサー(8)を取り付ける専用のスペー
スを必要とし、さらにシール装置(A)の併設配置など
複雑構造にならざるを得ないものであり、また、歯付ロ
ーター(6)の圧入部の精密な研磨仕上げを要する。本
発明はこのような欠点に鑑み、装着スペースを削減せし
め感知性能を飛躍的に向上させた車輪回転検出のための
回転検出装置を有したベアリングシールを提供すること
を目的としている。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明を図面に基づいて
説明すると、図1に示すように、軸受部に装着され該軸
受部分の密封をなすスリンガー(1a)を有したベアリ
ングシール(1)に関し、該軸受の回転運動を検出する
ための回転検出装置を有するベアリングシール(1)で
あって、前記スリンガー(1a)の径方向部に磁性粉体
の混入された弾性部材(2)を加硫成型接着して周状に
設け、その後交互に磁極を配設せしめ、前記弾性部材
(2)へ磁気センサー(3)を近接配置して形成したこ
とを特徴としている。
【0006】
【作用】本発明は、上記した構造をもって下記に示す優
れた作用をなす。すなわち、図1に示すように回転する
軸に固定されたベアリングシール(1)のスリンガー
(1a)の径方向部に、磁性粉体を含む弾性材料を加硫
成型し接着して弾性部材(2)を形成し、周状に焼付け
形成された該弾性部材(2)へ交互に磁極を配設せし
め、磁気センサー(3)で該磁気的性質を有する弾性部
材(2)をパルスのかたちで検出し、その回転を正確に
検出する回転検出装置が完成される。
【0007】
【実施例】本発明を実施するに、ベアリングシール
(1)のスリンガー(1a)に配設した弾性部材(2)
その径方向部に設けるが、その成型においては、一般
的成型法でスリンガー(1a)と弾性部材(2)とを加
硫成型接着せしめる。
【0008】その弾性部材(2)の形状としては、図2
に示す如くスリンガー(1a)の平滑面へ等間隔をもっ
て周状に焼付け装着せしめるか、あるいは周状に配設
(図示せず)して交互に磁極を配設せしめるなどの構造
が造形可能となるが、前者の等間隔に配置した弾性部材
(2)で交互に磁極を配置する構造も実施可能である。
また、前記弾性部材(2)を等間隔に配設する場合、図
3に示すように該弾性部材(2)にスリット(4)を設
けて焼付け形成せしめると、スリンガー(1a)の他部
分、例えば嵌合部分にも弾性材料を配設でき、シール機
能を向上させることも、あるいは嵌合力を高めることも
できるので有利な構造となる。本発明での磁性粉体は、
焼入硬化形、析出硬化形、あるいは焼結形などの一般的
材料を用いる。
【0009】
【発明の効果】本発明によると、従来用いられていた高
精度の必要な歯付ローター(6)を、スリンガー(1)
の径方向部で代用せしめることができ、しかもこれを成
型の容易な弾性部材(2)で加硫成型接着なさしめる
のであり、得られる磁極及び精度と省スペース性におい
て極めて有用な効果をもたらす。もちろん、その取付に
おいてもベアリングシール(1)の装着完了によって正
確に配置されるから取付工程そのものを減じせしめる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施例を示す断面図である。
【図2】図1の部分平面図である。
【図3】本発明の他の実施例を示す斜視断面図である。
【図4】本発明を使用しない従来例を示す断面図であ
る。
【符号の説明】
1 ベアリングシール 1a スリンガー 2 磁性粉体を含む弾性部材 3 磁気センサー 4 スリット 5 回転軸 7 ナックル 9 軸受

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 軸受部の密封をなし、該軸受の回転運動
    を検出するための回転検出装置を備えたスリンガーを有
    するベアリングシールにおいて、 前記ベアリングシール(1)のスリンガー(1a)の径
    方向部に磁性粉体の混入された弾性部材(2)を周状に
    加硫成型接着した後、該弾性部材(2)へ交互に磁極を
    配設せしめ、 前記弾性部材(2)へ磁気センサー(3)を近接配置せ
    しめて形成したことを特徴とする回転検出装置を有する
    ベアリングシール。
JP4076190A 1992-02-26 1992-02-26 回転検出装置を有するベアリングシール Expired - Lifetime JP2816783B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4076190A JP2816783B2 (ja) 1992-02-26 1992-02-26 回転検出装置を有するベアリングシール

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4076190A JP2816783B2 (ja) 1992-02-26 1992-02-26 回転検出装置を有するベアリングシール

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH05238369A JPH05238369A (ja) 1993-09-17
JP2816783B2 true JP2816783B2 (ja) 1998-10-27

Family

ID=13598217

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4076190A Expired - Lifetime JP2816783B2 (ja) 1992-02-26 1992-02-26 回転検出装置を有するベアリングシール

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2816783B2 (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6789948B2 (en) 2001-09-25 2004-09-14 Ntn Corporation Magnetic encoder and wheel bearing assembly using the same
EP1457719A1 (en) 2003-03-11 2004-09-15 Ntn Corporation Wheel support bearing assembly with magnetic encoder
JP2008001735A (ja) * 2006-06-20 2008-01-10 Taiyo Nippon Sanso Corp シール材
US7592799B2 (en) 2004-09-10 2009-09-22 Ntn Corporation Magnetic encoder and wheel support bearing assembly using the same
EP2261677A1 (en) 2003-02-25 2010-12-15 NTN Corporation Magnetic encoder and wheel support bearing assembly using the same

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3521483B2 (ja) * 1994-06-03 2004-04-19 日本精工株式会社 ストラット用密封型スラスト軸受
JP2000289405A (ja) 1999-04-02 2000-10-17 Nsk Ltd エンコーダ付組み合わせシールリング
JP4018313B2 (ja) 2000-03-01 2007-12-05 Ntn株式会社 磁気エンコーダの製造方法
KR101638846B1 (ko) * 2010-07-02 2016-07-13 현대모비스 주식회사 브레이크용 플런저 마스터실린더

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6430863A (en) * 1987-07-25 1989-02-01 Sumitomo Electric Industries Rotor of rotation sensor
JPH0425613A (ja) * 1990-05-21 1992-01-29 Koyo Seiko Co Ltd ベアリングアッセンブリ

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6789948B2 (en) 2001-09-25 2004-09-14 Ntn Corporation Magnetic encoder and wheel bearing assembly using the same
EP2261677A1 (en) 2003-02-25 2010-12-15 NTN Corporation Magnetic encoder and wheel support bearing assembly using the same
EP1457719A1 (en) 2003-03-11 2004-09-15 Ntn Corporation Wheel support bearing assembly with magnetic encoder
US7207723B2 (en) 2003-03-11 2007-04-24 Ntn Corporation Wheel support bearing assembly with magnetic encoder
US7592799B2 (en) 2004-09-10 2009-09-22 Ntn Corporation Magnetic encoder and wheel support bearing assembly using the same
JP2008001735A (ja) * 2006-06-20 2008-01-10 Taiyo Nippon Sanso Corp シール材

Also Published As

Publication number Publication date
JPH05238369A (ja) 1993-09-17

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2752343B2 (ja) パッキン装置
EP1041387B1 (en) Combination seal ring with encoder
US6289572B1 (en) Sealing arrangement
US5184069A (en) Rotational speed sensor utilizing magnetic ink tone ring
US20070029995A1 (en) Rotor for rotation sensor
JP2816783B2 (ja) 回転検出装置を有するベアリングシール
US5850141A (en) Annular speed sensor with a tone ring having both axial and radial magnetic fields
EP3059098B1 (en) Insert molded article, manufacturing method for protective cover having sensor holder part, and manufacturing method for bearing device including the protective cover
JPH03279061A (ja) 車輪の回転速度検出装置
JPWO2003012456A1 (ja) 回転センサ用ローター
JP3453699B2 (ja) ベアリングシール
JPH0680957U (ja) パックシール
JP2001241435A (ja) 自動車用エンコーダ付転がり軸受ユニット
US6918596B2 (en) Seal with integrated sealing and rotation measuring capabilities
JP2000162223A (ja) 回転速度検出装置及びそれを備えた車輪軸受装置
JP3491053B2 (ja) 多極磁石エンコーダとシール部材の取付け構造
JP4052897B2 (ja) 転がり軸受装置
JP2004212351A (ja) 磁気エンコーダと磁気エンコーダ付軸受ユニット
JP2570938Y2 (ja) 回転検出装置付き密封装置
JP2575069Y2 (ja) ホィールベアリングシール
JPH1048230A (ja) 軸受組立体
JP2003307229A (ja) パルス生成環内蔵軸受およびハブユニット軸受
JP3484473B2 (ja) ベアリングシール
JP2559157Y2 (ja) 回転数検出機能付ホィールベアリングシール
JP2597842Y2 (ja) 回転数検出機能付ホィールベアリングシール

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20070821

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080821

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080821

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090821

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090821

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100821

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100821

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110821

Year of fee payment: 13

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120821

Year of fee payment: 14

EXPY Cancellation because of completion of term
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120821

Year of fee payment: 14