JP2000162223A - 回転速度検出装置及びそれを備えた車輪軸受装置 - Google Patents

回転速度検出装置及びそれを備えた車輪軸受装置

Info

Publication number
JP2000162223A
JP2000162223A JP10337041A JP33704198A JP2000162223A JP 2000162223 A JP2000162223 A JP 2000162223A JP 10337041 A JP10337041 A JP 10337041A JP 33704198 A JP33704198 A JP 33704198A JP 2000162223 A JP2000162223 A JP 2000162223A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
fixed
detected
speed detecting
wheel bearing
rotation speed
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP10337041A
Other languages
English (en)
Inventor
Keizo Kobayashi
圭三 小林
Takayuki Norimatsu
孝幸 乗松
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
NTN Corp
Original Assignee
NTN Corp
NTN Toyo Bearing Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by NTN Corp, NTN Toyo Bearing Co Ltd filed Critical NTN Corp
Priority to JP10337041A priority Critical patent/JP2000162223A/ja
Publication of JP2000162223A publication Critical patent/JP2000162223A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C33/00Parts of bearings; Special methods for making bearings or parts thereof
    • F16C33/72Sealings
    • F16C33/76Sealings of ball or roller bearings
    • F16C33/78Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members
    • F16C33/7869Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members mounted with a cylindrical portion to the inner surface of the outer race and having a radial portion extending inward
    • F16C33/7879Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members mounted with a cylindrical portion to the inner surface of the outer race and having a radial portion extending inward with a further sealing ring
    • F16C33/7883Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members mounted with a cylindrical portion to the inner surface of the outer race and having a radial portion extending inward with a further sealing ring mounted to the inner race and of generally L-shape, the two sealing rings defining a sealing with box-shaped cross-section
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C41/00Other accessories, e.g. devices integrated in the bearing not relating to the bearing function as such
    • F16C41/007Encoders, e.g. parts with a plurality of alternating magnetic poles
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C19/00Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement
    • F16C19/02Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows
    • F16C19/14Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load
    • F16C19/18Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls
    • F16C19/181Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact
    • F16C19/183Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact with two rows at opposite angles
    • F16C19/184Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact with two rows at opposite angles in O-arrangement
    • F16C19/186Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact with two rows at opposite angles in O-arrangement with three raceways provided integrally on parts other than race rings, e.g. third generation hubs
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C2326/00Articles relating to transporting
    • F16C2326/01Parts of vehicles in general
    • F16C2326/02Wheel hubs or castors

Abstract

(57)【要約】 【課題】 加工工数と組み立て工数が削減できてコスト
の低減が実現でき、しかも、パルサーリングの防錆効果
が得られる回転速度検出装置を提供する。 【解決手段】 相対回転する外方部材2と内方部材3の
間を密封する密封装置7にパルサーリング9を装着した
回転速度検出装置10であって、密封装置7が、外方部
材2と内方部材3の何れか一方に取り付けられる断面L
字状の環状のシール板13で形成され、このシール板1
3の外側面にゴム18を加硫することでパルサーリング
9を一体に固着している。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、自動車における
車輪の回転速度を検出するための回転速度検出装置と、
この回転速度検出装置を備え、懸架装置に対して車輪を
回転自在に支持するための車輪軸受装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、自動車のアンチロックブレーキシ
ステムを制御するために、車輪の回転速度を検出する回
転速度検出装置と、この回転速度検出装置を備え、懸架
装置に対して車輪を回転自在に支持するための車輪軸受
装置は、例えば、実開平5−27679号によって提案
されている。
【0003】上記した従来の回転速度検出装置は、相対
回転する内方部材と外方部材の間を密封する密封手段の
シール環を、磁性材料を用いた断面L字状の補強環と弾
性シール材によって形成し、補強環の円輪状平面部に多
数の窓孔を円周方向に並べて設け、この平面部の外面に
同様の窓孔を設けた補強板を重ねて固定した構造を有
し、補強環と補強板で厚さ寸法を大きくし、窓孔を設け
た部分がパルサーリング部分を形成している。
【0004】前記車輪軸受装置は、内周に転走面を有す
る外方部材と、上記転走面に対向する転走面を有する内
方部材と、該外方部材と内方部材の対向する転走面間に
介在する複列の転動体とを有し、上記のように密封手段
に設けられた前記回転速度検出装置を、外方部材と内方
部材との間を密封するように組み込み、補強環を車軸と
一体に回転する内方部材に嵌合固定し、上記パルサーリ
ング部分と対向するようにセンサを配置し、シール環が
回転するとセンサの出力が変化するようになっている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】ところで、上記した従
来の回転速度検出装置は、シール環の円輪状平面部と補
強板のそれぞれに窓孔を設けてパルサーリングを形成し
ているため、加工工数がかかり、その分製作コストが高
くつくと共に、平面部と補強板のそれぞれの窓孔の位相
を合わせなければならず、組み立てにも手数がかかると
いう問題がある。
【0006】また、上記した従来の回転速度検出装置に
おけるシール環は、補強環にシール用の弾性体を直接設
け、この弾性体の延長部分で補強環を覆うようにしてい
るので、弾性体の成形工程が複雑になるという問題があ
る。
【0007】そこで、この発明の課題は、加工工数と組
み立て工数を削減できて製作コストの低減が実現でき、
しかも、弾性体のない環状のシール板にパルサーリング
を取り付けてゴムでモールドすることにより、弾性体の
成形工程に何ら支障を与えることがなく、かつ、パルサ
ーリングの防錆効果が得られる回転速度検出装置と、こ
の回転速度検出装置を備えた車輪軸受装置を提供するこ
とにある。
【0008】
【課題を解決するための手段】上記のような課題を解決
するための、請求項1の発明は、何れか一方が回転する
内方部材と外方部材の回転する側の部材に被検出部材
(パルサーリング)を装着し、他方、固定する側の部材
又は固定する側の部材を取付ける静止部材に検出部材
(センサ)を装着した回転速度検出装置であって、回転
する側の部材に取付けられている円筒面を有する断面L
字状の環状鋼板を有し、被検出部材(パルサーリング)
をゴムを加硫接着することによって、前記鋼板の外側面
に一体に固着した構成を採用したものである。
【0009】請求項2の発明は、何れか一方が回転する
内方部材と外方部材の間を、回転する側の部材に固定さ
れる断面L字状の環状のシール板と、このシール板と摺
接する弾性体を有して固定する側の部材に装着される断
面L字状の基板とからなる密封装置で密封し、この密封
装置の上記シール板に被検出部材(パルサーリング)を
装着し、他方、内方部材と外方部材の固定する側の部材
又は固定する側の部材を取付ける静止部材に検出部材
(センサ)を装着した回転速度検出装置であって、被検
出部材(パルサーリング)をゴムを加硫接着することに
よって、前記シール板の外側面に一体に固着した構成を
採用したものである。
【0010】請求項3の発明は、請求項1又は2の発明
において、被検出部材(パルサーリング)が、多極着磁
したもので形成されている構成を採用したものである。
【0011】請求項4の発明は、請求項1又は2の発明
において、被検出部材(パルサーリング)が、磁性材料
で形成され、周方向に一定の間隔で窓孔が設けられてい
る構成を採用したものである。
【0012】請求項5の発明は、請求項1乃至4の発明
において、被検出部材(パルサーリング)を、ゴムで完
全にモールドした構成を採用したものである。
【0013】請求項6の発明は、内周に複数の転走面を
有する外方部材と、前記転走面の各々に対向する転走面
を有する内方部材と、前記外方部材と内方部材の対向す
る転走面間に介在する複列の転動体とを有し、前記外方
部材又は内方部材のうち回転する側の部材に被検出部材
(パルサーリング)を装着し、他方、固定する側の部材
又は固定する側の部材が取付けられる静止部材に検出部
材(センサ)を装着した回転速度検出装置を備えた車輪
軸受装置であって、回転する側の部材に取付けるための
取付部材に、被検出部材(パルサーリング)をゴムを加
硫接着することによって一体に固着した構成を採用した
ものである。
【0014】請求項7の発明は、内周に複数の転走面を
有する外方部材と、前記転走面の各々に対向する転走面
を有する内方部材と、前記外方部材と内方部材の対向す
る転走面間に介在する複列の転動体と、前記外方部材と
内方部材との間を、回転する側の部材に固定される断面
L字状の環状のシール板及び、このシール板と摺接する
弾性体を有して固定する側の部材に装着される断面L字
状の基板とで密封する密封装置とを有し、この密封装置
の上記シール板に被検出部材(パルサーリング)を装着
し、他方、内方部材と外方部材の固定する側の部材又は
固定する側の部材を取付ける静止部材に検出部材(セン
サ)を装着した回転速度検出装置を備えた車輪軸受装置
であって、被検出部材(パルサーリング)をゴムを加硫
接着することによって、前記シール板の外側面に一体に
固着した構成を採用したものである。
【0015】請求項8の発明は、請求項6又は7の発明
において、被検出部材(パルサーリング)が、多極着磁
したもので形成されている構成を採用したものである。
【0016】請求項9の発明は、請求項6又は7の発明
において、被検出部材(パルサーリング)が、磁性材料
で形成され、周方向に一定の間隔で窓孔が設けられてい
る構成を採用したものである。
【0017】請求項10の発明は、請求項6乃至9の発
明において、被検出部材(パルサーリング)を、ゴムで
完全にモールドした構成を採用したものである。
【0018】
【発明の実施の形態】以下、この発明の実施の形態を図
示例とともに説明する。
【0019】図1は、第1の実施の形態の回転速度検出
装置を備えた車輪軸受装置を示している。
【0020】第1の実施の形態の車輪軸受装置1は、駆
動ホイル用を示し、内周に複数の転走面を有する外方部
材2と、前記転走面の各々に対向する転走面と別体の内
輪3aを有する内方部材3と、前記外方部材2と内方部
材3の対向する転走面間に介在し、保持器で保持された
複列の転動体4とを有し、外方部材2と内方部材3が相
対回転可能となり、前記内方部材3が自動車の駆動車軸
に外嵌結合され、この内方部材3のアウター側端部に設
けた車輪取付けフランジ5にスタッドボルト6で車輪が
固定され、外方部材2が車体側の懸架装置に固定される
構造になっている。
【0021】上記車輪軸受装置1の外方部材2と内方部
材3の対向面間で両側の端部に、該外方部材2と内方部
材3との間を密封する弾性シールである密封装置7、8
が組み込まれ、図1の右側に位置するインナー側端部の
密封装置7にパルサーリング9(被検出部材)を装着
し、このパルサーリング9と対向するよう配置したセン
サ(検出部材)Aとで回転速度検出装置10が形成され
ている。
【0022】図2と図3は、密封装置7に前記パルサー
リング9を装着した回転速度検出装置の被検出部材を示
し、図2(A)は断面図である。この図2(A)を用い
て説明すると、該密封装置7は、筒状部11の一端側外
周に環状の平面部12が折り曲げ連成され、内方部材3
に圧入固定される断面L字状の環状のシール板13と、
筒状部14の一端側内周に環状部15が折り曲げ連成さ
れ、外方部材2の内周面に固定されて該シール板13と
互いに対向し、筒状部14から環状部15の内面にわた
って弾性体16が取り付けられた断面L字状の基板17
との組み合わせで形成され、前記シール板13の平面部
12の外側面にパルサーリング9を固着した構造になっ
ている。
【0023】上記基板17の弾性体16は、環状部15
の先端部分で三方に突出し、シール板13の筒状部11
と平面部12の内面側に当接するシールリップ16aを
備えている。
【0024】図2(B)は、図2(A)で示した回転速
度検出装置の被検出部材の側面図である。また、図2
(A)、(B)のパルサーリング9は第1の例を示し、
該パルサーリング9は、シール板13の平面部12に納
まる環状板にN極とS極を周方向に一定の間隔で多極着
磁した圧延磁石や焼結磁石で形成され、このパルサーリ
ング9を平面部12の外面に同軸心状の配置で重ね、平
面部12の外面にゴム18を加硫することで、パルサー
リング9を一体に固着している。従って、パルサーリン
グ9はゴム18で完全にモールドされ、外部に露出する
部分がなく、パルサーリング9の発錆防止効果が得られ
る。
【0025】図3(A)、(B)は、回転速度検出装置
の被検出部材の第2の例を示し、該パルサーリング9
は、平面部に納まる環状の磁性材板に多数の窓孔19を
周方向に一定の間隔で設けて形成され、図2(A)、
(B)の第1の例と同様、このパルサーリング9を平面
部12の外面に同軸心状の配置で重ね、平面部12の外
面にゴム18を加硫することで、パルサーリング9を一
体に固着している。従って、この第2の例でも、パルサ
ーリング9はゴム18で完全にモールドされ、外部に露
出する部分がないので発錆防止効果が得られる。
【0026】第1の実施の形態の車輪軸受装置は、上記
のような構成であり、図1に示すように、外方部材2と
内方部材3の対向面間を密封する密封装置7のパルサー
リング9と対向する位置にセンサAを配置し、自動車の
走行時におけるパルサーリング9の回転でセンサAの出
力が変化し、このセンサAの出力周波数は車輪の回転数
に比例して変化するので、図示省略したが、制御手段で
回転速度を求め、アンチロックブレーキシステムを制御
するものである。
【0027】この第1の実施の形態におけるパルサーリ
ング9の取り付け構造においては、シール板13の平面
部12の外面にパルサーリング9を固定したことによ
り、弾性体16を固定した基板17側及びシール板13
自体にパルサーリング9の取り付けのための別途加工を
施す必要はなく、弾性体16を固定した基板17の製作
が従来通り行えると共に、シール板13の平面部12に
窓孔を設ける必要がないので、このシール板13の内面
側に摺接する弾性体16のシール効果を低下させるよう
なことがない。
【0028】しかも、上述したように、パルサーリング
9をゴム18で完全にモールドすることにより、パルサ
ーリング9に外部から水分が付着するのを防止でき、防
錆効果が得られる。
【0029】この発明の車輪軸受装置1は、図1に示し
た車輪軸受装置の構造に限らず、中央の部分で分割して
突き合わせた別体の2つの内輪から構成するものであっ
てもよいし、内方部材3を等速自在継手の外輪と一体に
設けたものでもよい。また、図1に示した車輪軸受装置
1は、駆動する内方部材3に車輪取付フランジが形成さ
れた駆動側の車輪軸受装置であるが、これに限らず、外
輪に車輪取付フランジが形成された非駆動側の車輪軸受
装置であってもよい。
【0030】図4は第2の実施の形態の車輪軸受装置1
aを示し、FF車のリアホイール用である。この車輪軸
受装置1aは、内周に複数の転走面を有する外方部材2
2と、前記転走面の各々に対向する転走面と別体の内輪
23aを有する内方部材23と、前記外方部材22と内
方部材23の対向する転走面間に介在し、保持器で保持
された複列の転動体24とを有し、外方部材22と内方
部材23が相対回転可能となり、前記内方部材23のア
ウター側端部に設けた車輪取付け用フランジ25にスタ
ッドボルト26で車輪が固定され、外方部材22が車体
側の懸架装置に固定される構造になっている。また、内
方部材23の端部に設けたねじ部23bにナット27を
締め付け、転動体24に予圧を与えている。
【0031】上記車輪軸受装置1aの外方部材22と内
方部材23の対向面間でアウター側の端部が弾性シール
を用いた密封装置28で閉鎖され、インナー側は外方部
材22の端部に固定したハブキャップ29で密封されて
いる。
【0032】この車輪軸受装置1aに設ける回転速度検
出装置10は、図4(A)と(B)に示すように、内方
部材23の内輪23aに圧入固定したL字状環30にパ
ルサーリング9を装着し、このパルサーリング9のパル
サー部と対向するようハブキャップ29に取り付けたセ
ンサAとで形成されている。
【0033】上記L字状環30は、図5(A)と(B)
に示すように、鋼板を用いてプレス成形することによ
り、筒状部31の一端側外周に環状の平面部32を折り
曲げ連成した断面形状に形成され、筒状部31を内輪2
3aに圧入固定して取付けられる。
【0034】このL字状環30の平面部32の外面にパ
ルサーリング9が固定され、図5(A)の例は、図2
(A)、(B)と同様であり、該パルサーリング9は多
極着磁した圧延磁石や焼結磁石で形成され、このパルサ
ーリング9を平面部32の外面に同軸心状の配置で重
ね、平面部32の外面にゴム18を加硫することで、パ
ルサーリング9を一体に固着している。
【0035】図5(B)の例は、図3(A)、(B)と
同様であり、該パルサーリング9は環状の磁性材板に多
数の窓孔19を周方向に一定の間隔で設けて形成され、
平面部32の外面にゴム18を加硫することで、パルサ
ーリング9を一体に固着している。
【0036】この第2の実施の形態における車輪軸受装
置1aは、内輪23aにL字状環30を外嵌固定し、パ
ルサーリング9に対向して配置したセンサAで車輪の回
転速度を検出するものである。
【0037】また、L字状環30は、図4(B)に示す
ように、平面部32の外周と外方部材22の内周面の間
にラビリンス隙間Hを形成でき、外方部材22と内方部
材23の間に封入したグリースがハブキャップ29側に
漏れるのを防止できる。
【0038】
【発明の効果】以上のように、この発明によると、密封
装置を形成する断面L字状の環状シール板の外側面にゴ
ムを加硫することで被検出部材を一体に固着したので、
弾性体を固定した基板側及びシール板自体に被検出部材
の取り付けのための別途加工を施す必要はなく、弾性体
を固定した基板の製作が従来通り行えると共に、シール
板の平面部に窓孔を設ける必要がないので、このシール
板の内面側に摺接する弾性体のシール効果を低下させる
ようなことがない。
【0039】また、この発明の車輪軸受装置は、密封装
置の環状シール板及び車輪軸受装置の内輪に固定するL
字状環に取り付けた被検出部材をゴムで完全にモールド
したので、被検出部材が外部に露出する部分がなく、被
検出部材の発錆防止効果が得られ、長期に安定して回転
速度を検出できる車輪軸受装置を達成できる。
【0040】さらに、この発明の車輪軸受装置は、構造
的に簡単な回転速度検出装置の採用により、コスト的に
安価な装置の提供が実現できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】車輪軸受装置の第1の実施の形態を示す縦断面
【図2】(A)は回転速度検出装置の第1の実施の形態
を示す拡大断面図、(B)は同縦断正面図
【図3】(A)は回転速度検出装置の第1の実施の形態
の他の例を示す拡大断面図、(B)は同拡大断面図
【図4】(A)は車輪軸受装置の第2の実施の形態を示
す縦断面図、(B)は同上要部の拡大断面図
【図5】(A)は回転速度検出装置の第2の実施の形態
を示す拡大断面図、(B)は同の他の例を示す拡大断面
【符号の説明】
1 車輪軸受装置 1a 車輪軸受装置 2、22 外方部材 3、23 内方部材 3a、23a 内輪 4、24 転動体 5,25 フランジ 6,26 スタッドボルト 7 密封装置 8 密封装置 9 パルサーリング 10 回転速度検出装置 11 筒状部 12 平面部 13 シール板 14 筒状部 15 環状部 16 弾性体 17 基板 18 ゴム 29 ハブキャップ 30 L字状環 31 筒状部 32 平面部
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.7 識別記号 FI テーマコート゛(参考) G01P 3/488 G01P 3/488 L Z

Claims (10)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 何れか一方が回転する内方部材と外方部
    材の回転する側の部材に被検出部材を装着し、他方、固
    定する側の部材又は固定する側の部材を取付ける静止部
    材に検出部材を装着した回転速度検出装置であって、回
    転する側の部材に取付けられている円筒面を有する断面
    L字状の環状鋼板を有し、被検出部材をゴムを加硫接着
    することによって、前記鋼板の外側面に一体に固着した
    ことを特徴とする回転速度検出装置。
  2. 【請求項2】 何れか一方が回転する内方部材と外方部
    材の間を、回転する側の部材に固定される断面L字状の
    環状のシール板と、このシール板と摺接する弾性体を有
    して固定する側の部材に装着される断面L字状の基板と
    からなる密封装置で密封し、この密封装置の上記シール
    板に被検出部材を装着し、他方、内方部材と外方部材の
    固定する側の部材又は固定する側の部材を取付ける静止
    部材に検出部材を装着した回転速度検出装置であって、
    被検出部材をゴムを加硫接着することによって、前記シ
    ール板の外側面に一体に固着したことを特徴とする回転
    速度検出装置。
  3. 【請求項3】 前記被検出部材が、多極着磁したもので
    形成されていることを特徴とする請求項1又は2の何れ
    かに記載の回転速度検出装置。
  4. 【請求項4】 前記被検出部材が、磁性材料で形成さ
    れ、周方向に一定の間隔で窓孔が設けられていることを
    特徴とする請求項1又は2に記載の回転速度検出装置。
  5. 【請求項5】 前記被検出部材を、ゴムで完全にモール
    ドしたことを特徴とする請求項1乃至4の何れかに記載
    の回転速度検出装置。
  6. 【請求項6】 内周に複列の転走面を有する外方部材
    と、前記転走面の各々に対向する転走面を有する内方部
    材と、前記外方部材と内方部材の対向する転走面間に介
    在する複列の転動体とを有し、前記外方部材又は内方部
    材のうち回転する側の部材に被検出部材を装着し、他
    方、固定する側の部材又は固定する側の部材が取付けら
    れる静止部材に検出部材を装着した回転速度検出装置を
    備えた車輪軸受装置であって、回転する側の部材に取付
    けるための取付部材に、被検出部材をゴムを加硫接着す
    ることによって一体に固着したことを特徴とする回転速
    度検出装置を備えた車輪軸受装置。
  7. 【請求項7】 内周に複列の転走面を有する外方部材
    と、前記転走面の各々に対向する転走面を有する内方部
    材と、前記外方部材と内方部材の対向する転走面間に介
    在する複列の転動体と、前記外方部材と内方部材との間
    を、回転する側の部材に固定される断面L字状の環状の
    シール板及び、このシール板と摺接する弾性体を有して
    固定する側の部材に装着される断面L字状の基板とで密
    封する密封装置とを有し、この密封装置の上記シール板
    に被検出部材を装着し、他方、内方部材と外方部材の固
    定する側の部材又は固定する側の部材を取付ける静止部
    材に検出部材を装着した回転速度検出装置を備えた車輪
    軸受装置であって、被検出部材をゴムを加硫接着するこ
    とによって、前記シール板の外側面に一体に固着したこ
    とを特徴とする回転速度検出装置を備えた車輪軸受装
    置。
  8. 【請求項8】 前記被検出部材が、多極着磁したもので
    形成されていることを特徴とする請求項6又は7に記載
    の回転速度検出装置を備えた車輪軸受装置。
  9. 【請求項9】 前記被検出部材が、磁性材料で形成さ
    れ、周方向に一定の間隔で窓孔が設けられていることを
    特徴とする請求項6又は7に記載の回転速度検出装置を
    備えた車輪軸受装置。
  10. 【請求項10】 前記被検出部材を、ゴムで完全にモー
    ルドしたことを特徴とする請求項6乃至9の何れかに記
    載の回転速度検出装置を備えた車輪軸受装置。
JP10337041A 1998-11-27 1998-11-27 回転速度検出装置及びそれを備えた車輪軸受装置 Pending JP2000162223A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10337041A JP2000162223A (ja) 1998-11-27 1998-11-27 回転速度検出装置及びそれを備えた車輪軸受装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10337041A JP2000162223A (ja) 1998-11-27 1998-11-27 回転速度検出装置及びそれを備えた車輪軸受装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000162223A true JP2000162223A (ja) 2000-06-16

Family

ID=18304878

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10337041A Pending JP2000162223A (ja) 1998-11-27 1998-11-27 回転速度検出装置及びそれを備えた車輪軸受装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000162223A (ja)

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002048247A (ja) * 2000-08-01 2002-02-15 Nok Corp 回転検出可能な密封装置
JP2003120697A (ja) * 2001-10-17 2003-04-23 Uchiyama Mfg Corp ベアリングシール
JP2006194807A (ja) * 2005-01-17 2006-07-27 Uchiyama Mfg Corp トーンホイール
JP2006329750A (ja) * 2005-05-25 2006-12-07 Jtekt Corp 磁気エンコーダ及びこれを用いた転がり軸受装置
JP2006330004A (ja) * 2006-09-01 2006-12-07 Ntn Corp 磁気エンコーダおよびそれを備えた車輪用軸受
JP2006329749A (ja) * 2005-05-25 2006-12-07 Jtekt Corp 磁気エンコーダ及びこれを用いた転がり軸受装置
JP2006330005A (ja) * 2006-09-01 2006-12-07 Ntn Corp 磁気エンコーダおよびそれを備えた車輪用軸受
US7281424B2 (en) 2001-10-16 2007-10-16 Nsk Ltd. Rotation-support apparatus with rotation sensor device for drive-wheel
JP2008083066A (ja) * 2007-12-05 2008-04-10 Ntn Corp 車輪用軸受

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002048247A (ja) * 2000-08-01 2002-02-15 Nok Corp 回転検出可能な密封装置
US7281424B2 (en) 2001-10-16 2007-10-16 Nsk Ltd. Rotation-support apparatus with rotation sensor device for drive-wheel
JP2003120697A (ja) * 2001-10-17 2003-04-23 Uchiyama Mfg Corp ベアリングシール
JP2006194807A (ja) * 2005-01-17 2006-07-27 Uchiyama Mfg Corp トーンホイール
JP4590273B2 (ja) * 2005-01-17 2010-12-01 内山工業株式会社 トーンホイール
JP2006329750A (ja) * 2005-05-25 2006-12-07 Jtekt Corp 磁気エンコーダ及びこれを用いた転がり軸受装置
JP2006329749A (ja) * 2005-05-25 2006-12-07 Jtekt Corp 磁気エンコーダ及びこれを用いた転がり軸受装置
JP2006330004A (ja) * 2006-09-01 2006-12-07 Ntn Corp 磁気エンコーダおよびそれを備えた車輪用軸受
JP2006330005A (ja) * 2006-09-01 2006-12-07 Ntn Corp 磁気エンコーダおよびそれを備えた車輪用軸受
JP4498330B2 (ja) * 2006-09-01 2010-07-07 Ntn株式会社 磁気エンコーダおよびそれを備えた車輪用軸受
JP2008083066A (ja) * 2007-12-05 2008-04-10 Ntn Corp 車輪用軸受

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2752343B2 (ja) パッキン装置
EP1041387B1 (en) Combination seal ring with encoder
JP3968857B2 (ja) 回転速度検出部のシール構造
US4778286A (en) Bearing assembly
JP2001082979A (ja) 回転速度検出装置及びこれを搭載した車輪軸受装置
JP5334287B2 (ja) ベアリングシール
KR100533404B1 (ko) 인코더 부착 차륜용 회전 지지 장치
EP1436152B1 (en) Rotation-support apparatus with rotation sensor device for drive-wheel
JP2000162223A (ja) 回転速度検出装置及びそれを備えた車輪軸受装置
JP2002333033A (ja) 車輪用軸受
JP4221944B2 (ja) 密封装置
JP2004345370A (ja) 車輪駆動用転がり軸受ユニット
JP4604421B2 (ja) 回転速度検出装置付車輪用回転支持装置及びその組立方法
JP2816783B2 (ja) 回転検出装置を有するベアリングシール
JP2002206557A (ja) 軸受装置
JP4239669B2 (ja) 車輪支持用転がり軸受ユニット
JP3491395B2 (ja) 回転速度検出装置付転がり軸受ユニット
JP2001301590A (ja) 駆動車輪用軸受装置
JP2002081452A (ja) 従動側車輪用軸受装置
KR20050098290A (ko) 센서 조립체, 시일 장치 및 차량용 구름 베어링 장치
JPH1048230A (ja) 軸受組立体
JP4952035B2 (ja) エンコーダ付シールリングの製造方法とエンコーダ付転がり軸受ユニット
JP2002206547A (ja) シールリング及びシールリング付車輪用軸受ユニット
JP2003130069A (ja) エンコーダ付駆動輪用転がり軸受ユニット
JP4218275B2 (ja) 車軸用転がり軸受の製造方法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20040312

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20050425

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050510

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050704

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20051108