JP2011039152A - 表示装置、及びカバー部材 - Google Patents

表示装置、及びカバー部材 Download PDF

Info

Publication number
JP2011039152A
JP2011039152A JP2009184356A JP2009184356A JP2011039152A JP 2011039152 A JP2011039152 A JP 2011039152A JP 2009184356 A JP2009184356 A JP 2009184356A JP 2009184356 A JP2009184356 A JP 2009184356A JP 2011039152 A JP2011039152 A JP 2011039152A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
display
cover
housing
transparent
display panel
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2009184356A
Other languages
English (en)
Inventor
Masaya Nakamichi
Masanaga Sakakibara
雅哉 中道
将永 榊原
Original Assignee
Sanyo Electric Co Ltd
三洋電機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sanyo Electric Co Ltd, 三洋電機株式会社 filed Critical Sanyo Electric Co Ltd
Priority to JP2009184356A priority Critical patent/JP2011039152A/ja
Publication of JP2011039152A publication Critical patent/JP2011039152A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H05ELECTRIC TECHNIQUES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • H05KPRINTED CIRCUITS; CASINGS OR CONSTRUCTIONAL DETAILS OF ELECTRIC APPARATUS; MANUFACTURE OF ASSEMBLAGES OF ELECTRICAL COMPONENTS
    • H05K7/00Constructional details common to different types of electric apparatus
    • H05K7/20Modifications to facilitate cooling, ventilating, or heating
    • H05K7/20954Modifications to facilitate cooling, ventilating, or heating for display panels
    • H05K7/20972Forced ventilation, e.g. on heat dissipaters coupled to components

Abstract

【課題】屋内使用時における表示装置の軽量化を図ると共に、屋外使用時には適切に表示部を冷却する。
【解決手段】
表示装置100は、表示パネル2と、これを収容する筐体1と、表示パネル2の表示面側に配置される透明部材5、透明部材5と表示パネル2の間に空気流を強制的に発生させるファンを有するカバー部材10を有する。カバー部材10は、透明部材5、ファン6、連結部材7等でなり、筐体1に対し着脱可能である。透明部材5は、カバー部材10を筐体1に装着したとき、ちょうど表示パネル2の表示面の前方に配置される。ファン6は、カバー部材10を筐体1に装着したとき、表示パネル2の上側、筐体1の上側に配置される。
【選択図】図2

Description

本発明は、表示部を冷却する構成を備えた表示装置、又は表示部を冷却するためのカバー部材に関する。

近年の表示装置は、表示部に液晶パネルを用いているディスプレイが主流になりつつある。

また、直射日光が照射される環境下での使用に適した表示装置の開発も盛んである。例えば特許文献1では、液晶パネルの表示面側に空気流を発生させるためのファンを備えた表示装置が開示されている。
米国特許公開公報2009/0147170

ユーザは、普段屋内で使用している表示装置を、時折、屋外や窓際など日光のあたる環境下で使用したいと考える場合がある。

そのような使用を望むユーザは、現状、空気流を発生させるためのファン等の冷却機構を内蔵した表示装置を購入せざるを得ない。しかし、屋内の常温環境で使用する場合、上記ファン等による冷却機構は不要である。それにも関わらず、このような冷却機構があると表示装置が大型化するし、重量も大きくなるので持ち運びに不便である。

本発明は、係る問題の解決を目的とする。

本発明のある態様は、表示装置に関する。この表示装置は、表示部と、表示部を収容する筐体と、表示部の表示面側に配置される透明部材、及び該透明部材と表示部の間に空気流を強制的に発生させる空気流発生手段を有するカバー部材と、を備え、前記カバー部材が、前記筐体に対し着脱可能であることを特徴とする。

本発明のある態様は、表示部を備える表示装置の筐体に対し着脱可能なカバー部材に関する。このカバー部材は、前記表示部の表示面側を覆うための透明部材と、該透明部材の表面上に空気流を強制的に発生させる空気流発生手段と、を備えることを特徴とする。

本発明では、表示部の前面に空気流を発生させるカバー部材が筐体に対し着脱可能であるから、屋内使用時における表示装置の軽量化を図ることができ、かつ屋外使用時は適切に表示部を冷却できる。

図1及び図2は、本発明の実施例である表示装置100の構成を示す図である。

図1は、後述するカバー部材10を装着しないときの表示装置100の本体部分を示す図である。同図の(a)は表示装置100を正面(表示面側)から見た図であり、(b)は側方断面図である。

表示装置100の本体部分は、表示パネル2、導光板3、光源4などを有する。またこれらを収容する筐体1からなる。

表示パネル2は、画像を表示するものであり液晶パネルで構成される。光源4は、例えばハロゲンランプ等で構成される。導光板3は、光源4からの光を表示パネル3へ導く。導光板3の形状は、光源4からの光が表示パネル2の全体でほぼ均一な輝度になるよう設計されている。

また、図示していないが、筐体1内には、表示パネル2を制御するための回路や、光源4を駆動するための回路、表示パネル2で表示すべき画像信号の信号処理を行う回路、図示しないスピーカから出力される音声信号を処理するための回路等が内蔵されている。また、後述するファン7を制御するための回路を含んでいても良い。

図2は、カバー部材10を筐体1に装着したときの表示装置100を示す図である。同図の(a)は表示装置100を正面から見た図であり、(b)は側方断面図である。

カバー部材10は、透明部材5、ファン6、連結部材7などからなる。透明部材5は、例えばガラス、或いは、透明なプラスチックで構成されている。カバー部材10を筐体1に装着したとき、透明部材5は、ちょうど表示パネル2の表示面の前方に配置されるように構成されている。透明部材5を透明としているのは、表示装置100の前方から表示パネル2の表示面を視認可能とするためである。

ファン6は、カバー部材10を筐体1に装着したとき、表示パネル2の上側、筐体1の上側に配置されるように構成されている。カバー部材10を筐体1に装着して、ファン6を駆動させると、図2(b)に示すように、透明部材5と表示パネル2の間で空気流が発生する。即ち、表示パネル2の表示面側に下から上方向の空気流が発生する。これにより、表示パネル2の表示面側を冷却させることができる。

また、透明部材5とファン6は連結部材7を介して連結されている。これにより、透明部材5とファン6は、筐体1に対して一体的に着脱することが可能となっている。

図3は、表示装置100を、図2のA-A'断面で切ったと仮定した場合において、カバー部材10を正面からみたときの図である。図3で示すように、カバー部材10を筐体1に装着すると、ファン6は、表示装置100の上側において、水平方向に複数配置されるようになる。

係る表示装置100によれば、表示パネル2の前面に空気流を発生させるカバー部材10が本体部分に対し着脱可能であるから、屋内使用時においてはカバー部材10を本体部から外して使用できる。これにより、屋内使用時は表示装置100の軽量化、小型化が図れるので、配置スペースの節減や運搬時の便宜をもたらす。また、屋外使用時、或いは屋内でも窓際など高温になる場所に設置するときは、カバー部材10を本体部に装着して使用できる。これにより、屋外使用時などにおいては、適切に表示部を冷却できる。

以上、実施例を用いて、本発明の例を説明した。なお、これらの実施例は特許請求の範囲に記載の発明を限定し、或は範囲を減縮する様に解すべきではなく、また、本発明の各部構成は上記実施例に限らず、特許請求の範囲に記載の技術的範囲内で種々の変形が可能であることは勿論である。

例えば、透明部材5は、太陽光を遮るための紫外線フィルタや、赤外線フィルタ、偏光板を含んでいても良い。

図1等で図示していないが、表示パネル2の下方にもファンを備えていても良い。このファンによって、表示パネル2の前面により強い空気流を発生させることができる。

ファン7は、カバー部材10が筐体1に装着されたことを検知したら、自動的に回転を始めるものであっても良い。あるいは、本体部から電源が供給されることで駆動を開始するものでもよい。図示しない温度センサにより所定値以上の温度であると判定された場合のみに駆動しても良い。ユーザによる手動スイッチ、又はリモコン操作を契機に駆動するものでも良い。

上記では、縦長の表示面を有する表示装置100を例に説明したが、横長の表示面を有する表示装置100に対しても本発明が適用可能なことは言うまでもない。

表示部の例として液晶表示パネルを例に説明したが、これに代えて、プラズマパネル、有機EL、電子ペーパー、CRTなどでも良い。

カバー部材10を装着しないときの表示装置100の構成を示す図である。(a)は外観正面図であり、(b)は側方断面図である。 カバー部材10を装着したときの表示装置100の構成を示す図である。(a)は外観正面図であり、(b)は側方断面図である。 表示装置100を、図2のA-A'断面で切ったと仮定した場合において、カバー部材10を正面からみたときの図である。

1 筐体
2 表示パネル
5 透明部材
6 ファン
7 連結部材
10 カバー部材

Claims (2)

  1. 表示部と、
    表示部を収容する筐体と、
    表示部の表示面側に配置される透明部材、及び該透明部材と表示部の間に空気流を強制的に発生させる空気流発生手段を有するカバー部材と、
    を備え、
    前記カバー部材が、前記筐体に対し着脱可能であることを特徴とする表示装置。
  2. 表示部を備える表示装置の筐体に対し着脱可能なカバー部材であって、
    前記表示部の表示面側を覆うための透明部材と、
    該透明部材の表面上に空気流を強制的に発生させる空気流発生手段と、
    を備えることを特徴とするカバー部材。
JP2009184356A 2009-08-07 2009-08-07 表示装置、及びカバー部材 Pending JP2011039152A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009184356A JP2011039152A (ja) 2009-08-07 2009-08-07 表示装置、及びカバー部材

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009184356A JP2011039152A (ja) 2009-08-07 2009-08-07 表示装置、及びカバー部材
US12/851,791 US20110032673A1 (en) 2009-08-07 2010-08-06 Display Apparatus

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2011039152A true JP2011039152A (ja) 2011-02-24

Family

ID=43534700

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009184356A Pending JP2011039152A (ja) 2009-08-07 2009-08-07 表示装置、及びカバー部材

Country Status (2)

Country Link
US (1) US20110032673A1 (ja)
JP (1) JP2011039152A (ja)

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0322595A (en) * 1989-06-20 1991-01-30 Nec Corp Internal heat dissipation system of outdoor display system
JP2002026554A (ja) * 2000-06-30 2002-01-25 Toshiba Corp 電子機器
JP2006119285A (ja) * 2004-10-20 2006-05-11 Casio Comput Co Ltd Projector device
JP2006208488A (ja) * 2005-01-25 2006-08-10 Seiko Epson Corp リアプロジェクタ
JP2006269575A (ja) * 2005-03-23 2006-10-05 Meidensha Corp 電子機器ユニットの冷却構造
JP2009075304A (ja) * 2007-09-20 2009-04-09 Seiko Epson Corp プロジェクタ

Family Cites Families (79)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS597731Y2 (ja) * 1979-06-07 1984-03-09
US4405949A (en) * 1982-03-22 1983-09-20 Zenith Radio Corporation Liquid cooling in projection cathode ray tubes
NL8300114A (nl) * 1983-01-13 1984-08-01 Philips Nv Beeldbuis.
DE3475140D1 (en) * 1984-06-01 1988-12-15 Philips Nv Projection cathode ray tube and image display device provided with such a tube
US4952925A (en) * 1988-01-25 1990-08-28 Bernd Haastert Projectable passive liquid-crystal flat screen information centers
US5027111A (en) * 1988-07-07 1991-06-25 Sentex Systems, Incorporated Liquid-crystal display unit for electronic directory
US5797570A (en) * 1991-02-15 1998-08-25 Optical Coating Laboratory, Inc. Portable device and method for mounting an anti-glare filter on a monitor
US5803424A (en) * 1991-07-03 1998-09-08 Optical Coating Laboratory, Inc. Adjustable hanger for mounting an anti-glare filter on a monitor
JP3234740B2 (ja) * 1994-06-09 2001-12-04 キヤノン株式会社 画像表示装置
US5808707A (en) * 1995-03-01 1998-09-15 Canon Kabushiki Kaisha Display apparatus
KR100242834B1 (ko) * 1996-12-04 2000-02-01 윤종용 Lcd 모니터
US6504713B1 (en) * 1998-01-22 2003-01-07 Iv Phoenix Group, Inc. Ultra-rugged, high-performance computer system
US6737790B2 (en) * 1998-05-19 2004-05-18 Canon Kabushiki Kaisha Image forming apparatus having a heat insulating member
TW393666B (en) * 1998-06-15 2000-06-11 Acer Display Tech Inc A plasma display device having a heated airflow guiding groove
JP3659810B2 (ja) * 1998-08-05 2005-06-15 パイオニア・ディスプレイ・プロダクツ株式会社 二次元表示装置の駆動モジュール取付構造
JP2001183987A (ja) * 1999-12-27 2001-07-06 Pioneer Electronic Corp 冷却構造およびこれを用いたディスプレイ装置
JP3886091B2 (ja) * 2000-03-21 2007-02-28 パイオニア・ディスプレイ・プロダクツ株式会社 フラットパネル型表示装置及びその製造方法
JP2001345586A (ja) * 2000-06-02 2001-12-14 Pioneer Electronic Corp プラズマディスプレイ装置
JP2002006754A (ja) * 2000-06-19 2002-01-11 Pioneer Electronic Corp プラズマディスプレイパネル装置の放熱構造
US6674642B1 (en) * 2002-06-27 2004-01-06 International Business Machines Corporation Liquid-to-air cooling system for portable electronic and computer devices
KR100542188B1 (ko) * 2003-08-26 2006-01-10 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 장치
US20050073639A1 (en) * 2003-10-06 2005-04-07 Shin-Tung Pan Heat dissipating structure of liquid crystal display
KR100647584B1 (ko) * 2003-10-09 2006-11-17 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 패널 및 이를 구비한 플라즈마디스플레이 장치
JP2005141194A (ja) * 2003-10-14 2005-06-02 Seiko Epson Corp 補強構造体、表示装置、及び電子機器
KR100627259B1 (ko) * 2003-10-23 2006-09-22 삼성에스디아이 주식회사 테이프 캐리어 패키지를 갖는 플라즈마 디스플레이 장치
KR100669700B1 (ko) * 2003-11-28 2007-01-16 삼성에스디아이 주식회사 방열 성능이 개선된 플라즈마 표시장치 조립체
TWI268526B (en) * 2003-12-05 2006-12-11 Au Optronics Corp Plasma display
KR100542520B1 (ko) * 2004-03-24 2006-01-11 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 장치
US7457120B2 (en) * 2004-04-29 2008-11-25 Samsung Sdi Co., Ltd. Plasma display apparatus
US7663607B2 (en) * 2004-05-06 2010-02-16 Apple Inc. Multipoint touchscreen
KR100637439B1 (ko) * 2004-05-19 2006-10-20 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 장치
KR20050122517A (ko) * 2004-06-24 2005-12-29 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 표시장치 조립체
KR100669729B1 (ko) * 2004-09-21 2007-01-16 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 장치
JP4117313B2 (ja) * 2004-10-11 2008-07-16 三星エスディアイ株式会社 プラズマディスプレイ装置
KR100669754B1 (ko) * 2004-11-10 2007-01-16 삼성에스디아이 주식회사 디스플레이 패널의 방열 구조 및 이를 구비한 디스플레이모듈
KR100669756B1 (ko) * 2004-11-11 2007-01-16 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 표시장치 조립체
KR100684793B1 (ko) * 2004-12-07 2007-02-20 삼성에스디아이 주식회사 릴상의 테이프 캐리어 패키지와 이를 적용한 플라즈마디스플레이 장치
KR100683732B1 (ko) * 2004-12-10 2007-02-15 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 모듈
KR100708657B1 (ko) * 2004-12-16 2007-04-17 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 모듈
KR100683748B1 (ko) * 2005-01-05 2007-02-15 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 패널의 방열구조
KR20060080721A (ko) * 2005-01-06 2006-07-11 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 모듈
KR100670273B1 (ko) * 2005-01-18 2007-01-16 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 장치용 방열 조립체 및 이를구비하는 플라즈마 디스플레이 장치
KR100759550B1 (ko) * 2005-01-20 2007-09-18 삼성에스디아이 주식회사 디스플레이 모듈
JPWO2006080335A1 (ja) * 2005-01-25 2008-06-19 松下電器産業株式会社 表示装置
KR100709244B1 (ko) * 2005-02-16 2007-04-19 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 장치
KR101095999B1 (ko) * 2005-02-22 2011-12-20 엘지디스플레이 주식회사 백라이트 유니트 및 이를 구비한 액정표시장치
KR100637492B1 (ko) * 2005-02-22 2006-10-20 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 장치
KR100717784B1 (ko) * 2005-02-24 2007-05-11 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 장치
KR100637217B1 (ko) * 2005-03-03 2006-10-23 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 장치
KR100751327B1 (ko) * 2005-03-09 2007-08-22 삼성에스디아이 주식회사 샤시 베이스 조립체와, 이를 적용한 평판 표시 장치
KR100696501B1 (ko) * 2005-03-23 2007-03-19 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 장치
KR100637222B1 (ko) * 2005-04-13 2006-10-20 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 모듈
KR20060114533A (ko) * 2005-05-02 2006-11-07 삼성에스디아이 주식회사 평판 디스플레이 모듈의 장착 구조 및 이를 구비한 평판디스플레이 모듈
KR100788578B1 (ko) * 2005-05-14 2007-12-26 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 장치
KR100751333B1 (ko) * 2005-05-21 2007-08-22 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 장치
KR100719675B1 (ko) * 2005-05-24 2007-05-17 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 장치
KR100730138B1 (ko) * 2005-06-28 2007-06-19 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 장치
KR100646563B1 (ko) * 2005-07-04 2006-11-14 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 표시장치
KR100649216B1 (ko) * 2005-07-21 2006-11-24 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 장치
KR100778995B1 (ko) * 2005-07-26 2007-11-22 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 장치
KR100731485B1 (ko) * 2005-08-17 2007-06-21 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 장치
KR100696832B1 (ko) * 2005-08-30 2007-03-19 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 모듈
US20070054524A1 (en) * 2005-09-02 2007-03-08 Hyun-Ye Lee Packing module and packing assembly comprising the same
KR100659107B1 (ko) * 2005-11-12 2006-12-19 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 모듈
KR100670364B1 (ko) * 2005-12-06 2007-01-16 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 장치
KR100730198B1 (ko) * 2006-01-27 2007-06-19 삼성에스디아이 주식회사 실리콘 보호재와, 이를 적용한 디스플레이 장치
JP4911983B2 (ja) * 2006-02-08 2012-04-04 パナソニック液晶ディスプレイ株式会社 表示装置
JP2007264628A (ja) * 2006-03-28 2007-10-11 Samsung Sdi Co Ltd フィルタ、それを備えたディスプレイ装置及びその製造方法
KR100730212B1 (ko) * 2006-03-28 2007-06-19 삼성에스디아이 주식회사 필터 조립체 및 이를 구비하는 플라즈마 디스플레이 장치
WO2007116116A1 (en) * 2006-04-11 2007-10-18 Symbicon Oy Electronic information board
KR100769065B1 (ko) * 2006-05-18 2007-10-22 엘지전자 주식회사 플라즈마 디스플레이 장치의 히트싱크
US20080030631A1 (en) * 2006-08-07 2008-02-07 Michael Gallagher Apparatus for a rotatable computer screen guard having screen protector and document holder functionality
KR101315465B1 (ko) * 2006-10-16 2013-10-04 삼성전자주식회사 냉각 팬 유닛 및 이를 갖는 디스플레이장치
JP5142586B2 (ja) * 2007-05-11 2013-02-13 三菱電機株式会社 Display device
KR101407622B1 (ko) * 2007-11-09 2014-06-13 삼성디스플레이 주식회사 표시 장치
KR101521179B1 (ko) * 2007-12-07 2015-05-20 삼성전자주식회사 액정표시장치
US7978281B2 (en) * 2008-09-16 2011-07-12 General Dynamics Land Systems Low stress mounting support for ruggedized displays
JP4766499B2 (ja) * 2009-01-19 2011-09-07 三洋電機株式会社 屋外用画像表示装置
US8248784B2 (en) * 2009-09-30 2012-08-21 Sanyo Electric Co., Ltd. Display apparatus

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0322595A (en) * 1989-06-20 1991-01-30 Nec Corp Internal heat dissipation system of outdoor display system
JP2002026554A (ja) * 2000-06-30 2002-01-25 Toshiba Corp 電子機器
JP2006119285A (ja) * 2004-10-20 2006-05-11 Casio Comput Co Ltd Projector device
JP2006208488A (ja) * 2005-01-25 2006-08-10 Seiko Epson Corp リアプロジェクタ
JP2006269575A (ja) * 2005-03-23 2006-10-05 Meidensha Corp 電子機器ユニットの冷却構造
JP2009075304A (ja) * 2007-09-20 2009-04-09 Seiko Epson Corp プロジェクタ

Also Published As

Publication number Publication date
US20110032673A1 (en) 2011-02-10

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CA2888494C (en) Back pan cooling assembly for electronic display
KR101266874B1 (ko) 영상투사장치
US7287737B2 (en) Decorative cover frame assembly for selectively concealing a flat panel or high definition television display
US8400608B2 (en) Display apparatus
JP6467739B2 (ja) Display equipment
EP1888970B1 (en) Simulated fireplace
KR101315465B1 (ko) 냉각 팬 유닛 및 이를 갖는 디스플레이장치
US20110216482A1 (en) Display Enclosure
RU2179376C2 (ru) Проекционное устройство (варианты)
US6345685B1 (en) Loudspeaker system
US20090126906A1 (en) Isolated Gas Cooling System for an Electronic Display
US8547312B2 (en) Display apparatus
EP2249678B1 (de) Sanitärraumspiegel
US20110085302A1 (en) Display Apparatus
JP2006517302A (ja) ベゼルレス電子ディスプレイ
US20090126914A1 (en) Isolated Gas Cooling System for Cooling Electrical Components of an Electronic Display
KR20060032480A (ko) 옥외용 디스플레이장치
JP2010164884A (ja) 画像表示装置
EP2777441B1 (en) Showcase including transparent display panel, and showcase system including same
EP2565711B1 (en) Projector
KR101494856B1 (ko) 방열기능이 향상된 버스쉘터용 옥외광고 디스플레이 장치의 함체기구
CN101604084A (zh) 液晶显示装置
US8493321B2 (en) Image display device having a thin display panel
US8408716B2 (en) Image projection apparatus
US7621643B2 (en) Projection apparatus, ceiling hanging hardware for projection apparatus, and method of controlling operation of projection apparatus

Legal Events

Date Code Title Description
RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Effective date: 20111117

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20111130

A621 Written request for application examination

Effective date: 20120210

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130124

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130205

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20130611