JPH11189391A - コイル搬送用吊具及びその使用方法 - Google Patents

コイル搬送用吊具及びその使用方法

Info

Publication number
JPH11189391A
JPH11189391A JP35774697A JP35774697A JPH11189391A JP H11189391 A JPH11189391 A JP H11189391A JP 35774697 A JP35774697 A JP 35774697A JP 35774697 A JP35774697 A JP 35774697A JP H11189391 A JPH11189391 A JP H11189391A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
coil
hanging
hanger
arm
hanging arm
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP35774697A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3788001B2 (ja
Inventor
Hideshi Uchida
秀史 内田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
JFE Steel Corp
Original Assignee
Kawasaki Steel Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kawasaki Steel Corp filed Critical Kawasaki Steel Corp
Priority to JP35774697A priority Critical patent/JP3788001B2/ja
Publication of JPH11189391A publication Critical patent/JPH11189391A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3788001B2 publication Critical patent/JP3788001B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】薄板コイルの搬送用吊具において、コイルの巻
き不良部(特にテレスコープ状不良)をはさみこんで発
生する耳折れや、板エッジの割れを防止する。 【解決手段】薄板コイルの搬送用吊具は、吊り腕10
a、10bを移動させる駆動装置とは独立に吊り腕10
a、10bの爪8a、8bを移動させる駆動装置を備
え、吊り腕10a、10bがコイル11の側面に接した
とき吊り腕10a、10bの移動を止め爪8a、8bを
移動させてコイルを吊上げる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明はコイル搬送用吊具に
関し、さらに詳しくは、薄板鋼板コイルの巻き不良部、
特にテレスコープ状不良を吊具によって挟み込んで発生
する鋼板の耳折れや板エッジの割れを防止し、巻不良コ
イルを品質悪化させないコイルハンドリング装置に関す
るものである。
【0002】
【従来の技術】薄板鋼板コイルを搬送する場合に上部フ
レームから吊り腕を吊下しコイルの内径の孔に吊り腕下
端の爪を挿入してコイルを吊上げて搬送する吊具があ
る。薄板鋼板コイルは、巻取り時にいわゆる竹の子とな
ったり、その他巻き形状不整となってコイル側面に凹凸
が生ずることがある。このような薄板鋼板コイルを吊具
で吊上げる場合、薄板の側面を損傷するおそれがある。
このような損傷を防止するために、一般的には、吊り腕
内面に緩衝材を貼りつけたり、特開平1−181693
号公報に開示されているように、吊具の吊り腕をいった
ん閉じて、また、少し開いて吊り上げるようにした技術
がある。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】吊具の吊り腕の内側に
緩衝材を貼ったり、吊り腕を一旦閉じてまた開くように
した技術では、コイルの側面に突出した部分が折れてし
まうことを回避することができず、結局次工程にて不良
部を切り捨ててしまう必要性があった。本発明はこのよ
うな問題を解決し、薄板鋼板コイルのコイルの巻き不良
部、特にテレスコープ状不良になっているコイルを、吊
具で挟み込むことにより発生する耳折れや板エッジの割
れなどを防止した搬送用吊具を用いるコイルハンドリン
グ技術を提供することを目的とする。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明は、前記課題を解
決するためになされたもので、薄板鋼板コイルの搬送用
吊具において、吊り腕を水平駆動する駆動装置とは別個
に吊り腕の爪を水平駆動する駆動装置を備えたことを特
徴とするコイル搬送用吊具である。このコイル搬送用吊
具は吊り腕の内側にタッチセンサを設け、このタッチセ
ンサがコイルの側面に接触した時その位置を確認するよ
うにすると好適である。
【0005】本発明のコイル搬送用吊具の使用方法とし
ては、吊り腕を水平駆動する駆動装置と爪を水平駆動す
る駆動装置とタッチセンサとを設けたコイル搬送用吊具
を用い、吊り腕を移動してコイルの側面の最突出部をタ
ッチセンサで検知し、この検知に基づき吊り腕の移動を
停止し、ついで吊り腕の爪を移動させて爪でコイル内径
を支持し、コイルを吊上げ搬送することを特徴とする。
【0006】本発明の薄板鋼板コイルの搬送用吊具は、
吊り腕を水平駆動する駆動装置とは別個に吊り腕の爪を
水平駆動する駆動装置を備える。そして、吊り腕の内側
にタッチセンサを設け、吊り腕を移動してコイルの側面
の最突出部をタッチセンサで検知し、この検知に基づき
吊り腕の移動を停止し、吊り腕の爪を移動させて爪でコ
イル内径を支持するようにする。従って、コイルの巻き
不良によるコイル側面の突出部、特にテレスコープ状不
良部を吊り腕が挟み込んで耳折れや板エッジ割れを発生
することを防止することができる。
【0007】
【発明の実施の形態】以下図面を参照して本発明の実施
の形態を説明する。図1は実施例の吊具の全体を示す側
面図、図2はその作動を説明する説明図である。この実
施例は、上部フレーム1から2本の吊り腕10a、10
bを垂下し、この吊り腕10a、10bは薄板鋼板コイ
ル11を挟むように横移動する。2本の吊り腕10a、
10bのそれぞれの内側にコイル端検出用アタッチメン
ト5a、5bとコイル検出用レバースイッチ6a、6b
とからなるタッチセンサ7a、7bを備えている。
【0008】それぞれの吊り腕10a、10bには、そ
の下部に吊上用爪8a、8bをそれぞれ、吊り腕10
a、10bに対して相対横移動自在に取付けてある。図
1では、それぞれ、爪駆動用モータ2a、2b、1次側
爪駆動ギア3a、3b、爪駆動用ベルト9a、9b、2
次側爪駆動用ギア4a、4bを介して移動するようにな
っている。すなわち、まず、上部フレーム1上に据えら
れた駆動用モータ2a、2bにて1次側爪駆動用ギア3
a、3bを回し、ベルト9a、9bを介して2次側爪駆
動用ギア4a、4bを回し、その回転力をラックピニオ
ン方式で直線運動に変換し、コイル吊上げ用爪8a、8
bを水平方向に動かすようにしている。
【0009】図2は実施例の作動状態を示す説明図であ
る。コイル11を吊上げ搬送する前に、吊具をコイル1
1上に移動させ、2本の吊り腕10a、10bをコイル
11を挟む方向に横移動する。コイル11の巻き不良に
より生じた突出部12がコイル検出用アタッチメント5
aに接触すると、コイル検出用レバースイッチ6aのレ
バーを押し、レバースイッチ6aが作動して接触を検知
する。この検知信号により、吊り腕10aの横移動を停
止させる。非検出側の吊り腕10bも同様に薄板鋼板コ
イル11の側面を検出するまで移動させ、コイル検出用
アタッチメント5bが薄板鋼板コイル11の側面又はそ
の突出部に接触しコイル検出用レバースイッチ6bがこ
れをを検出した時、吊り腕10bの横移動を停止させ
る。
【0010】図3は、薄板コイル11の側面の突出部1
2を検出する他の手段の例の説明図で吊具の左半分を示
したものである。腕10aに、下向にレーザ光15を放
射するレーザセンサ14を設けておき、薄板鋼板コイル
11の側面の突出部12を検出するようにしたものであ
る。それぞれの吊り腕10a、10bの横移動停止後、
吊り腕10a、10b間の距離を吊り腕10a、10b
内に取り付けた吊り腕間距離センサ13a、13bにて
測定する。この値をammとする。また、上位コンピュ
ータ等から、対象コイル11の幅を伝送させる。この値
をcmmとする。
【0011】爪駆動用モータ2a、2bを駆動し、それ
ぞれの吊り腕10a、10bの下部に取付けられている
吊上用爪8a、8bをそれぞれ(a−c)mm、閉方向
に移動させる。このようにして吊上用爪8a、8b間の
距離がある一定値になった時点で、吊上用爪8a、8b
の移動を完了する。この吊上用爪8a、8b間の距離は
爪8a又は8bのいずれかの先端に設けたレーザ距離計
によって検出するとよい。
【0012】ついで、コイルの吊り上げ作業に移る。こ
れによりコイル巻き状態が不整になっている薄板鋼板コ
イルの側面の薄板鋼板の突出部を折り曲げることなくコ
イルを吊上げることができ、正常なハンドリング作業が
できるようになる。
【0013】
【発明の効果】本発明は巻き不良によって薄板鋼板コイ
ルの端面の一部が突出している場合にも、突出部を吊具
で押し込むことなく、コイル内径に吊上用爪が当たるよ
うにしたので、コイル耳折れ等を発生することなく、不
良削減可能となった。また、タッチセンサで検出して吊
具を操作するので、人による認知が不要であり、自動ク
レーンにも適用することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施例の全体を示す側面図である。
【図2】本発明の実施例の作動説明図である。
【図3】突起部検出の別の手段の説明図である。
【符号の説明】
1 上部フレーム 2a、2b 爪駆動用モータ 3a、3b 1次側爪駆動用ギア 4a、4b 2次側爪駆動用ギア 5a、5b コイル端検出用アタッチメント 6a、6b コイル端検出用レバースイッチ 7a、7b タッチセンサ 8a、8b 吊上用爪 9a、9b 爪駆動用ベルト 10a、10b 吊り腕 11 薄板鋼板コイル 12 突出部 13a、13b 吊り腕間距離センサ 14 レーザセンサ 15 レーザ光

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 薄板鋼板コイルの搬送用吊具において、
    吊り腕を水平駆動する駆動装置とは別個に吊り腕の爪を
    水平駆動する駆動装置を備えたことを特徴とするコイル
    搬送用吊具。
  2. 【請求項2】 吊り腕の内側にタッチセンサを設けたこ
    とを特徴とする請求項1記載のコイル搬送用吊具。
  3. 【請求項3】 請求項2記載のコイル搬送用吊具を用
    い、吊り腕を移動してコイルの側面の最突出部を検知
    し、該検知に基づき吊り腕の移動を停止し、ついで吊り
    腕の爪を移動させて該爪でコイル内径を支持し、コイル
    を吊上げ搬送することを特徴とするコイル搬送用吊具の
    使用方法。
JP35774697A 1997-12-25 1997-12-25 コイル搬送用吊具及びその使用方法 Expired - Fee Related JP3788001B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP35774697A JP3788001B2 (ja) 1997-12-25 1997-12-25 コイル搬送用吊具及びその使用方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP35774697A JP3788001B2 (ja) 1997-12-25 1997-12-25 コイル搬送用吊具及びその使用方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH11189391A true JPH11189391A (ja) 1999-07-13
JP3788001B2 JP3788001B2 (ja) 2006-06-21

Family

ID=18455716

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP35774697A Expired - Fee Related JP3788001B2 (ja) 1997-12-25 1997-12-25 コイル搬送用吊具及びその使用方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3788001B2 (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100558052B1 (ko) * 2000-12-26 2006-03-07 주식회사 포스코 선회가능한 코일걸이를 갖는 크레인 리프터
KR100971967B1 (ko) 2003-07-19 2010-07-23 주식회사 포스코 크레인 리프트의 후크 압출장치
JP2012086968A (ja) * 2010-10-21 2012-05-10 Jfe Steel Corp コイルリフタ
KR101328220B1 (ko) * 2012-02-28 2013-11-20 주식회사 포스코 크레인 리프트
WO2016014001A1 (en) * 2014-07-21 2016-01-28 Borçeli̇k Çeli̇k Sanayi Ti̇caret Anoni̇m Şi̇rketi̇ A crane attachment comprising a laser pointer
JP2016040199A (ja) * 2014-08-13 2016-03-24 Jfeスチール株式会社 コイル巻ずれ更正作業要否判断方法
CN110823914A (zh) * 2019-11-02 2020-02-21 宜春市龙腾机械电气有限公司 铠装超导导体焊缝着色检查装备及其检查方法

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100558052B1 (ko) * 2000-12-26 2006-03-07 주식회사 포스코 선회가능한 코일걸이를 갖는 크레인 리프터
KR100971967B1 (ko) 2003-07-19 2010-07-23 주식회사 포스코 크레인 리프트의 후크 압출장치
JP2012086968A (ja) * 2010-10-21 2012-05-10 Jfe Steel Corp コイルリフタ
KR101328220B1 (ko) * 2012-02-28 2013-11-20 주식회사 포스코 크레인 리프트
WO2016014001A1 (en) * 2014-07-21 2016-01-28 Borçeli̇k Çeli̇k Sanayi Ti̇caret Anoni̇m Şi̇rketi̇ A crane attachment comprising a laser pointer
JP2016040199A (ja) * 2014-08-13 2016-03-24 Jfeスチール株式会社 コイル巻ずれ更正作業要否判断方法
CN110823914A (zh) * 2019-11-02 2020-02-21 宜春市龙腾机械电气有限公司 铠装超导导体焊缝着色检查装备及其检查方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP3788001B2 (ja) 2006-06-21

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9090421B2 (en) Optical disk retrieval device and method
US20100148978A1 (en) System and method for introducing a substrate into a process chamber
JP6545519B2 (ja) 基板搬送ロボットおよび基板検出方法
JPS6382269A (ja) 段ボ−ル製造機における原紙の装填方法
JPH11189391A (ja) コイル搬送用吊具及びその使用方法
WO2018186021A1 (ja) 天井搬送車システム及びティーチングユニット
JP5426905B2 (ja) ワークピックアップシステム
EP0956944B1 (en) Box sheet bending apparatus and method
JP2006176232A (ja) 合紙把持装置、及び搬送装置
JPH11885A (ja) ロボットハンド及びこれを用いたワーク把持方法
CN211945280U (zh) 一种可自检的盒胚输送系统
JP2007099378A (ja) 箱体の封函装置
JP3468569B2 (ja) 給紙機
KR200204413Y1 (ko) 코일형 제품 이송장치
JPH11116059A (ja) 荷役装置のコンテナ載置状態検出方法
JP3409247B2 (ja) 荷重検知装置及びクレーン吊り具
JP2568584Y2 (ja) 油圧リフタ
JPH08294888A (ja) 二種物品兼用のロボットハンド装置
US20230134312A1 (en) Gripper device, conveyance vehicle, and conveyance method
JP2882067B2 (ja) プレス用ロボット
EP1300352A2 (en) Method and device for picking up superimposed sheets of glass
JP2010099744A (ja) 物品保持装置
JPH04223999A (ja) 無人搬送車のテーブル昇降装置
JPH1199496A (ja) 板状部材の搬送装置および同搬送方法
JP2003267661A (ja) ロールハンドリング装置

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20050413

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050419

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050620

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20051122

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060118

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20060307

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20060320

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100407

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100407

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110407

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110407

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120407

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130407

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130407

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140407

Year of fee payment: 8

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees