JPH09169489A - 移動式クレーン - Google Patents

移動式クレーン

Info

Publication number
JPH09169489A
JPH09169489A JP33515895A JP33515895A JPH09169489A JP H09169489 A JPH09169489 A JP H09169489A JP 33515895 A JP33515895 A JP 33515895A JP 33515895 A JP33515895 A JP 33515895A JP H09169489 A JPH09169489 A JP H09169489A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
boom
winch
swivel
drum
cab
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP33515895A
Other languages
English (en)
Inventor
Yukio Ikeuchi
幸雄 池内
Original Assignee
Tadano Ltd
株式会社タダノ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Tadano Ltd, 株式会社タダノ filed Critical Tadano Ltd
Priority to JP33515895A priority Critical patent/JPH09169489A/ja
Publication of JPH09169489A publication Critical patent/JPH09169489A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 ブーム格納状態時に運転室側方にブームが位
置するようになる移動式クレーンにおいて、運転室から
の視界を可及的に広くする。 【解決手段】 走行車両上に旋回自在に設けられた旋回
台と、該旋回台の旋回台ブラケット上に基部側を起伏自
在に枢支されたブームと、該ブームと上記旋回台との間
に位置して設けられ、当該ブームの格納時において略当
該ブームの下面に沿う起伏シリンダと、上記ブームの先
端から吊り下げられるフックをワイヤーロープを介して
巻き上げ又は巻き下げ駆動するウインチと、上記ブーム
の側方に位置して上記旋回台上に設けられた走行および
作業兼用の運転室とを備えてなる移動式クレーンにおい
て、上記ウインチのドラム部を上記運転室と反対側のブ
ーム側方下部の旋回台上の旋回台ブラケットと旋回台側
面間に設ける一方、ウインチの減速機およびモータをブ
ーム格納状態における起伏シリンダの下方に設けて起伏
シリンダの全体を可及的に後方に寄せ得るようにした。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本願発明は、格納状態におけ
るブームが運転室の側方に位置することになる移動式ク
レーンに関するものである。
【0002】
【従来の技術】上記のように格納状態のブームが運転室
の側方に位置する移動式クレーンでは、一般に格納状態
におけるブームの下方から側方を視認するようになって
いる。
【0003】そして、さらに該移動式クレーンでは、通
常狭所作業を可能とするために旋回後方半径を大きく取
ることができず、また車高も制限されている。したがっ
て、例えば図4に示すように、フック昇降用のウインチ
10がブーム3の後端下部に搭載されたものの場合、ブ
ーム3を起伏する起伏シリンダ8を旋回台2上のウイン
チ10の前方に寄せて設けることにより、旋回後方半径
を小さくし、また車高を小さくする構成が採用されてい
た。
【0004】そして、走行および作業兼用となっている
運転室9は、図示の如く一般に上記ブーム3を格納した
状態において、当該ブーム3側方の旋回台2上に位置し
て設けられていた(例えば公知例として実公平7−12
387号公報参照)。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】したがって、上記図4
のようなブーム3の後端下部にウインチ10を配置した
構成の移動式クレーンでは、上記運転室9の視界中、特
にそのアイポイントEP付近の側方に上記起伏シリンダ
8の上部側支点P1およびその取付ブラケットが位置す
るようになり、前側方の視界が相当に制限されていた。
【0006】このような技術的課題を解決するために、
例えば図5に示すように、ウインチドラム11a,11
b、減速機18a,18bおよび油圧式のモータ19
a,19bよりなるウインチ10a,10bを、旋回台
2上の旋回台ブラケット(ブーム支持フレーム)6の側
方に配設することによって、起伏シリンダ8を可及的に
旋回台2の後方寄りに設け得るようにし、それによって
旋回台の後方半径を小さくするとともに上記運転室9か
らの前側方視界を可能な限り広くするようにしたものも
提案されている(公知例として例えば実開平5−246
86号公報参照)。
【0007】しかし、該構成の場合、居住性向上のため
に運転室9の幅を広くしようとすると、上記ウインチ取
付スペースの幅が制約されることになる。そのため、例
えば上記ウインチ10a,10bのウインチドラム11
a,11bおよび減速機18a,18bは同軸上に接続
できたとしても、モータ19a,19bまで同軸上に配
置することはできない。従って、大型のウインチを装備
しようとすると、減速機18a,18bを図示のように
軸方向の幅が小さい歯車式のものにすることによってウ
インチドラム11a,11bおよび減速機18a,18
bのみを同軸方向に配置し、該ウインチドラム11a,
11bおよび減速機18a,18bの前後にモータ19
a,19bを並列させて配置せざるを得ないことにな
る。
【0008】ところが、大型のウインチの場合にはウイ
ンチドラム11a,11bの軸方向の幅が大きく、図5
のものよりも、さらに大型のものを採用しようとする
と、いくら歯車式のものを採用したとしても減速機18
a,18b自体の設置スペースがなくなり、上記限られ
たブーム側方スペースでは設置が困難となる。
【0009】本願発明は、以上のような事情に基いてな
されたもので、幅および径の大きいウインチのドラム部
のみを、幅方向および高さ方向に自由度がある運転室と
は反対側のブーム側方の旋回台ブラケットと旋回台の側
面との間に有効に配設する一方、径の小さい減速機およ
びモータをブーム格納状態における起伏シリンダの下方
に配設し、ウインチと起伏シリンダとの干渉をなくして
起伏シリンダを可及的に旋回台後方に移動させて配置可
能とすることによって、旋回台の後方半径を拡大させる
ことなく、可及的に運転室からの視界を広くした移動式
クレーンを提供することを目的とするものである。
【0010】
【課題を解決するための手段】本願発明は、上記の目的
を達成するために、次のような有効な課題解決手段を備
えて構成されている。
【0011】すなわち、本願発明の移動式クレーンは、
走行車両上に旋回自在に設けられた旋回台と、該旋回台
の旋回台ブラケット上に基部側を起伏自在に枢支された
ブームと、該ブームと上記旋回台との間に位置して設け
られ、当該ブームの格納時において略当該ブームの下面
に沿う起伏シリンダと、上記ブームの先端から吊り下げ
られるフックをワイヤーロープを介して巻き上げ又は巻
き下げ駆動するウインチと、上記ブームの側方に位置し
て上記旋回台上に設けられた走行および作業兼用の運転
室とを備えてなる移動式クレーンにおいて、上記ウイン
チのドラム部を上記運転室と反対側のブーム側方の旋回
台ブラケットと旋回台側面との間に設ける一方、ウイン
チの減速機およびモータをブーム格納状態における起伏
シリンダの下方に設けて構成されている。
【0012】以上のように、本願発明の移動式クレーン
の構成では、先ず幅および径の大きいウインチドラム部
のみをブーム側方の幅および高さ方向スペースに余裕の
ある旋回台ブラケットと旋回台側面との間に設ける一
方、径の小さい減速機とモータをブーム格納状態におけ
る起伏シリンダの下方に設けることによって旋回台後部
からウインチをなくし、それによって旋回台の後方半径
を小さくするとともに起伏シリンダの可及的後方へのシ
フトを可能にしていることから、ウインチに干渉されず
に起伏シリンダを旋回台の可及的に後方寄りに偏位させ
て配置することができる。その結果、運転室のアイポイ
ント部分から起伏シリンダの上部側支点およびその取付
ブラケット部分が後方に消え、斜め前方および側方視界
が広くなるように改善することができる。また、それと
ともに減速機やモータに干渉されずに、限られたブーム
側方スペースの全体を使って可及的に大型の幅の広いウ
インチドラムを配置することができるようになる。従っ
て、主巻および補巻ウインチを有する大型のクレーンの
場合にも十分に対応することができるようになる。
【0013】さらに、上記の構成ではドラム部、減速
機、モータを同軸方向に接続配置することができるよう
になることから、図5に示した従来のブーム側方設置構
造の場合のように、モータをドラムおよび減速機の前後
に並列させて配置する必要もなくなる。従って、何らか
の事情でブーム側方の前後スペースに制約があるような
場合にも、問題なく大型の主巻き・補巻きの両ウインチ
を配置することができるようになる。
【0014】
【発明の効果】以上の結果、本願発明の移動式クレーン
によると、旋回後方半径が小さくて狭所作業に適し、か
つ運転視界が広くて、走行並びに作業安全性の高い移動
式クレーンを低コストに提供することが可能となる。
【0015】また、車両の全幅、全長の縮小も可能とな
る。
【0016】
【発明の実施の形態】図1〜図3は、本願発明の実施の
形態に係る移動式クレーンの構成を示している。
【0017】本実施の形態の移動式クレーンは、例えば
図1に示すように、走行車両1のシャーシ部1a上に旋
回台2を設け、該旋回台2上の中央部に並設された旋回
台ブラケット6a,6bにヒンジ部4を介してブーム3
の基部を当該ブーム3が起伏動自在になるように枢支し
て構成されている。また、上記車両1のシャーシ部1a
前後両端には、各々アウトリガ5F,5F、5R,5R
が装備されている。
【0018】上記ブーム3は、例えば6段伸縮式の伸縮
式ブームよりなり、上記旋回台2上に旋回台ブラケット
6a,6bを介して起伏回動可能に支持された第1ブー
ム(ベースブーム)3aに対して第2ブーム3b、第3ブ
ーム3c、第4ブーム3d、第5ブーム3e、第6ブーム
(トップブーム)3fの6本の伸縮ブームを順次伸縮可
能に嵌挿させて構成されている。上記第6ブーム3fの
ブームヘッド部7には、また必要に応じてジブ等の継ぎ
足しブームが設けられる。
【0019】そして、該ブーム3は上記第1ブーム3a
と旋回台2との間に平行に設けられた2本の起伏シリン
ダ8a,8bの伸縮制御によって最小起伏角から最大起
伏角の状態又は最大起伏角から最小起伏角の状態までブ
ーム長さ、ブーム旋回角、および吊荷荷重等に応じて安
全限界モーメントを考慮しながら任意に起伏作動せしめ
られるようになっている。
【0020】また、符号9は当該移動式クレーン1の走
行および作業兼用の運転室であり、該運転室9は格納状
態におけるブーム3の側方に位置して上記旋回台2上に
設けられている。そして、本実施の形態では、後述する
ようなウインチ10A,10Bの設置形態を採用するこ
とによって、上記起伏シリンダ8a,8bを可能な限り
旋回台後方に移動させ、同ブーム3の格納状態において
上記起伏シリンダ8a,8bが上記運転室9のアイポイ
ントEPに対して図示のような可及的に視界を良好にす
る位置にくるようになっている。また上記運転室9内に
はクレーンおよび車両の各種運転操作手段が設けられて
いる。
【0021】さらに、上記旋回台2の上記運転室9と反
対側の旋回台ブラケット6a側方および下方には主巻、
補巻用の両ウインチ10A,10Bが各々車幅方向に延
びて設けられているとともに、上記第1ブーム3a基部
側の側面部および先端部側の上面にはワイヤーガイド用
のシーブ13A,13B,14,15が、さらに第6ブ
ーム3fのブームヘッド部7上下にも、それぞれシーブ
22,23が各々設けられている。そして、上記ウイン
チ10A,10Bのドラム部11A,11Bから繰り出
されたワイヤーロープが、上記シーブ13A,13B,
14,15,22,23を介して図示のように第6ブー
ム3fのブームヘッド部7より下方に垂設され、その先
端に玉掛け用のフックが設けられている(図示省略)。
【0022】ところで、上記ウインチ10A,10B
は、その幅および径の大きなドラム部11A,11Bが
上記ブーム3を挟んで、上記運転室9と反対側の旋回台
2上の旋回台ブラケット6aと旋回台2外側面との間の
側方スペースに設けられている一方、その減速機18
A,18Bおよび油圧式のモータ(以下、単にモータと
いう)19A,19Bが、それぞれ上記格納状態におけ
るブーム3および起伏シリンダ8a,8bの下方に設置
されている。減速機18A,18Bおよびモータ19
A,19Bは、同軸方向に相互に接続され、かつ減速機
18A,18Bの軸方向の相当部分は径の大きい上記ド
ラム部11A,11Bの内側に嵌装された状態でドラム
部11A,11Bを回転駆動し得るように接続されてい
る。
【0023】本実施の形態の移動式クレーンでは、以上
のように構成したことにより、上記ブーム3の後端下部
に大径のウインチがなくなるとともに上記ブーム格納状
態における起伏シリンダ8a,8bの下方に径の小さい
減速機18A,18Bおよびモータ19A,19Bのみ
が配設され、起伏シリンダ8a,8bが干渉しない有効
なスペースが形成されることから、上記2本の起伏シリ
ンダ8a,8bを十分に旋回台2の後端側に寄せて設け
ることができるようになる。
【0024】この結果、旋回台後方半径を小さくするこ
とができ、狭所作業に適したものとすることができると
ともに、またブーム3を含む車両全長も短縮できる。そ
して、例えば図1と図4とを対比すれば明らかなよう
に、上記起伏シリンダ8a,8bの上部側支点P1およ
びその取付ブラケット部分が、上記運転室9のアイポイ
ントEP部分よりも十分に後方に寄り、運転室9の斜め
前方および側方視界が従来に比べて十分に拡大される。
【0025】また、ドラム部11A,11B、減速機1
8A,18B、モータ19A,19Bを同軸方向に接続
配置していることから、従来のようにモータをドラムお
よび減速機の前後に並列配置する必要がなくなり、何ら
かの事情でブーム側方の前後スペースが限られるような
場合にも大型の主巻き・補巻きの両ウインチ10A,1
0Bを余裕をもって配置することができるようになる。
【0026】さらに、また上記構成ではドラム部11
A,11Bに比べて減速機18A,18Bが径小である
点を活用して、当該減速機18A,18Bを大径側のド
ラム部11A,11Bの内側に嵌装するようにしている
ことから、それらを組合せた全体の軸方向長さをも可及
的に短かくすることができ、旋回台2の側方幅が小さい
ような場合にも可及的に大型のウインチの設置が可能と
なり、ひいては走行車両の車幅の縮小にも寄与し得るよ
うになる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本願発明の実施の形態に係る移動式クレーンの
側面図である。
【図2】同移動式クレーンの平面図である。
【図3】同移動式クレーンの背面図である。
【図4】ブーム後端下部にウインチを配設した従来の移
動式クレーンの側面図である。
【図5】ブーム側方にウインチを配設した従来の移動式
クレーンの側面図である。
【符号の説明】
1は移動式クレーン、2は旋回台、3はブーム、8a,
8bは起伏シリンダ、9は運転室、10A,10Bはウ
インチ、11A,11Bはドラム部、18A,18Bは
減速機、19A,19Bは油圧式のモータである。
─────────────────────────────────────────────────────
【手続補正書】
【提出日】平成7年12月28日
【手続補正1】
【補正対象書類名】図面
【補正対象項目名】図5
【補正方法】変更
【補正内容】
【図5】

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 走行車両上に旋回自在に設けられた旋回
    台と、該旋回台の旋回台ブラケット上に基部側を起伏自
    在に枢支されたブームと、該ブームと上記旋回台との間
    に位置して設けられ、当該ブームの格納時において略当
    該ブームの下面に沿う起伏シリンダと、上記ブームの先
    端から吊り下げられるフックをワイヤーロープを介して
    巻き上げ又は巻き下げ駆動するウインチと、上記ブーム
    の側方に位置して上記旋回台上に設けられた走行および
    作業兼用の運転室とを備えてなる移動式クレーンにおい
    て、上記ウインチのドラム部を上記運転室と反対側のブ
    ーム側方の旋回台ブラケットと旋回台側面との間に設け
    る一方、ウインチの減速機およびモータをブーム格納状
    態における起伏シリンダの下方に設けたことを特徴とす
    る移動式クレーン。
JP33515895A 1995-12-22 1995-12-22 移動式クレーン Pending JPH09169489A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP33515895A JPH09169489A (ja) 1995-12-22 1995-12-22 移動式クレーン

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP33515895A JPH09169489A (ja) 1995-12-22 1995-12-22 移動式クレーン

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH09169489A true JPH09169489A (ja) 1997-06-30

Family

ID=18285423

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP33515895A Pending JPH09169489A (ja) 1995-12-22 1995-12-22 移動式クレーン

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH09169489A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004059183A (ja) * 2002-07-25 2004-02-26 Kobelco Contstruction Machinery Ltd クローラクレーン
CN108609499A (zh) * 2018-02-28 2018-10-02 太原重工股份有限公司 桅杆自动升降控制方法和使用这种方法的起重机

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004059183A (ja) * 2002-07-25 2004-02-26 Kobelco Contstruction Machinery Ltd クローラクレーン
CN108609499A (zh) * 2018-02-28 2018-10-02 太原重工股份有限公司 桅杆自动升降控制方法和使用这种方法的起重机

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4424141B2 (ja) クレーン
JP2006096506A5 (ja)
JP5121352B2 (ja) 移動式クレーン
JPH09169489A (ja) 移動式クレーン
JP3209342U (ja) 移動式クレーン
JP4861740B2 (ja) 移動式クレーンのジブ着脱装置
JP5121351B2 (ja) 移動式クレーン
JP2004083224A (ja) 自走式クレーン
JP2009143710A (ja) 移動式クレーンの補助ジブ
JP2009040599A (ja) 移動式クレーン
JP2823825B2 (ja) クレーンのブーム起伏装置
JP3215230U (ja) ウインチの取付構造
JP2006037433A (ja) 掘削機
JP2004210501A (ja) 移動式クレーン
JP2801840B2 (ja) ホイールクレーン
JPH0995965A (ja) バックホウ装着用の巻上げ装置
JP6554861B2 (ja) 作業車両
JP2018043835A (ja) 軌陸作業車
JP2006027854A (ja) ラフテレーンクレーン
JP2000086186A (ja) 高所作業車の旋回フレームの構造
JPH085200Y2 (ja) 移動式クレーン
JP2017088387A (ja) クレーン車
WO2016158771A1 (ja) 車両搭載型クレーン用旋回ポスト
JP2876590B2 (ja) 低空頭クレーン
JP2001220089A (ja) クレーンのフック格納制御装置