JP2004059183A - クローラクレーン - Google Patents

クローラクレーン Download PDF

Info

Publication number
JP2004059183A
JP2004059183A JP2002217091A JP2002217091A JP2004059183A JP 2004059183 A JP2004059183 A JP 2004059183A JP 2002217091 A JP2002217091 A JP 2002217091A JP 2002217091 A JP2002217091 A JP 2002217091A JP 2004059183 A JP2004059183 A JP 2004059183A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
boom
crane
crawler crane
adapter
crawler
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2002217091A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4019841B2 (ja
Inventor
Isao Fukazawa
深澤  功
Kengo Nakamura
中村 健悟
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Kobelco Construction Machinery Co Ltd
Original Assignee
Kobelco Construction Machinery Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kobelco Construction Machinery Co Ltd filed Critical Kobelco Construction Machinery Co Ltd
Priority to JP2002217091A priority Critical patent/JP4019841B2/ja
Publication of JP2004059183A publication Critical patent/JP2004059183A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4019841B2 publication Critical patent/JP4019841B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Landscapes

  • Jib Cranes (AREA)

Abstract

【課題】油圧ショベル用の走行台車と上部旋回体とを活用するにもかかわらず、クレーン専用のブーム支持ブラケットを有する上部旋回体を用いたクローラクレーンと同等の車体安定性を確保できるクローラクレーンを提供する。
【解決手段】履帯式の走行装置を備えた走行台車2の上に、上部旋回体4が垂直軸心回りに旋回自在に搭載され、この上部旋回体4にブームフットピンPを介して箱型多段伸縮式のクレーンブーム8が起伏自在に支持されてなるクローラクレーン1において、前記ブームフットピンPを、アダプタ7を介してエンジン6の上方位置で支持し、前記クレーンブーム8の基端面を、上部旋回体4の後端部を形成するカウンターウェイト4cの後端面の上方に位置させる。
【選択図】    図1

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、クローラクレーンに係り、より詳しくは、油圧ショベル用の走行台車と上部旋回体とを活用するにもかかわらず、クレーン専用のブーム支持ブラケットを有する上部旋回体を用いたクローラクレーンと同等の吊上げ能力を得ることを可能ならしめるようにしたクローラクレーンに関する。
【0002】
【従来の技術】
多段伸縮式のクレーンブームを備えたクローラクレーンには、2種類の形態があることが知られている。その一つの形態は、クレーンブームを支持するブーム支持ブラケットを有するクレーン専用の上部旋回体を走行台車に搭載したものであり、また他の一つの形態は、油圧ショベル用の走行台車と上部旋回体とを活用するようにしたものである。後者のクロ−ラクレーンとしては、例えば実開昭56−64460号公報に開示されてなるものが公知である。以下、この従来例に係るクローラクレーンの概要を、その上部旋回体の一部断面示主要部構成説明図の図4を参照しながら説明する。
【0003】
図4に示す符号51は、油圧ショベル用の上部旋回体のブーム支持ブラケットである。このブーム支持ブラケット51の油圧ショベルのブームを支持するブームフットピン52と、油圧ショベルのブームシリンダを支持するシリンダ連結ピン53とにより後述するクレーンブーム枢支ブラケット54が固着されている。このクレーンブーム枢支ブラケット54は、くの字状に形成されており、このクレーンブーム枢支ブラケット54の後端部にブームフットピン56を介してクレーンブーム(多段伸縮ブーム)55が支持されている。そして、このクレーンブーム55は、前記シリンダ連結ピン53によりボトム側が支持されてなる俯仰シリンダ57により俯仰されるように構成されている。なお、油圧ショベルのブームを支持するブームフットピン52はクローラクレーンの旋回中心より前方に位置し、クレーンブーム55を支持するブームフットピン56はクローラクレーンの旋回中心より後方に位置している。
【0004】
この従来例に係るクローラクレーンによれば、油圧ショベル用の上部旋回体を使用しているにもかかわらず、クレーンブーム55を支持するブームフットピン56はクレーンブーム枢支ブラケット54により、ブーム支持ブラケット51の旋回中心より後方のブームフットピン56により支持されている。従って、クローラクレーンの車体の重心が後方側に移動するため、クレーン作業時における車体安定性が向上し、クレーン専用のブーム支持ブラケットを有する上部旋回体を用いた場合に近い車体安定性が得られる。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】
油圧ショベル用の走行台車と上部旋回体とを活用した上記従来例に係るクローラクレーンによれば、クレーン専用のブーム支持ブラケットを有する上部旋回体を用いた場合に近い車体安定性を得ることができるから、それなりに優れていて有用であると考えられる。そして、油圧ショベルは、クローラクレーンに比較して、より大量生産されていて量産効果があるために、油圧ショベル用の走行台車と上部旋回体とを活用したクローラクレーンはコスト的に安価であり、経済性に優れているという利点がある。
【0006】
しかしながら、クローラクレーンの側面図の図5に示すように、クレーンブーム55の後端部に、このクレーンブーム55の先端に垂設されたフック55aを昇降させるロープ59を巻取り、巻戻すウインチ58が取り付けられている。
クローラクレーン50では、このウインチ58の後端を、上部旋回体50aの後方旋回半径以内に収める必要があるため、クレーンブーム55の基端部は、少なくともウインチ58分だけ前方に移動させなければならない。従って、ブーム
の基端部の位置が前方となり、その分長いブームを搭載することができない。
また、クレーン専用のブーム支持ブラケットを有する上部旋回体を用いたクローラクレーンの場合に比較して、車体の重心が前方になるため、クレーン作業における吊荷の吊上げ能力が劣るという問題があった。
【0007】
従って、本発明の目的は、油圧ショベル用の走行台車と上部旋回体とを活用するにもかかわらず、クレーン専用のブーム支持ブラケットを有する上部旋回体を用いたクローラクレーンと同等の吊上げ能力を確保することができるクローラクレーンを提供することである。
【0008】
【課題を解決するための手段】
本発明は、上記実情に鑑みてなされたものであって、従って上記課題を解決するために、本発明の請求項1に係るクローラクレーンが採用した手段は、   履帯式の走行装置を備えた走行台車の上に、上部旋回体が垂直軸心回りに旋回自在に搭載され、この上部旋回体にブームフットピンを介して多段伸縮式のクレーンブームが起伏自在に支持されてなるクローラクレーンにおいて、前記上部旋回体の後部にエンジンが搭載されると共に、前記ブームフットピンが前記エンジンの上方で、かつ上部旋回体後端位置で支持されてなることを特徴とする。
【0009】
本発明の請求項2に係るクロ−ラクレーンが採用した手段は、請求項1に記載のクローラクレーンにおいて、前記走行台車、および前記上部旋回体は、何れも油圧ショベル用であって、前記ブームフットピンは、前記上部旋回体の油圧ショベルのブームが枢着されるブーム支持ブラケットに固定ピンを介して固定されてなるブラケット状のアダプタにより支持されてなることを特徴とする。
【0010】
本発明の請求項3に係るクローラクレーンが採用した手段は、請求項2に記載のクローラクレーンにおいて、前記アダプタにブームフットピンを介して支持されてなるクレーンブームの基端面は、前記上部旋回体の後端部を形成するカウンターウェイトの後端面の上方に位置してなることを特徴とする。
【0011】
上記請求項1に係るクローラクレーンによると、多段伸縮式のクレーンブームを支持するブームフットピンがエンジンの上方の上部旋回体後端側の位置で支持されている。また、上記請求項2に係るクローラクレーンによると、ブームフットピンは、上部旋回体の油圧ショベルのブームが枢着されるブーム支持ブラケットに固定ピンを介して固定されてなるブラケット状のアダプタにより支持されている。そして、上記請求項3に係るクローラクレーンによると、アダプタにブームフットピンを介して支持されてなるクレーンブームの基端面は、上部旋回体の後端部を形成するカウンターウェイトの後端面の上方に位置している。
従って、本発明の請求項1乃至3に係る構成のクローラクレーンによれば、より長いブームを搭載することができ、しかもブームの重心がより上部旋回体の後方になり、クローラクレーン本体の重心がより後方になるから、吊上げ能力を向上させることができる。
【0012】
本発明の請求項4に係るクローラクレーンが採用した手段は、請求項2または3のうちの何れか一つの項に記載のクローラクレーンにおいて、前記アダプタの後端部は、前記カウンターウェイトにより支えられてなることを特徴とする。
上記請求項4に係るクローラクレーンによると、アダプタの後端部は、前記カウンターウェイトにより支えられている。従って、片持ち支持する場合に比較してアダプタを軽量にすることができ、クローラクレーンの重心が下がるから、クローラクレーンの安定性の向上に寄与することができる。
【0013】
本発明の請求項5に係るクローラクレーンが採用した手段は、請求項2乃至4のうちの何れか一つの項に記載のクローラクレーンにおいて、前記アダプタに、前記クレーンブームを俯仰させる俯仰シリンダのボトム側を支持するブームボトムピンが支持されてなることを特徴とする。
上記請求項5に係るクローラクレーンによると、アダプタに、クレーンブームを俯仰させる俯仰シリンダのボトム側を支持する俯仰シリンダ連結ピンが支持されている。従って、アダプタに予め俯仰シリンダを組立てておくことができ、油圧ショベルからクローラクレーンへ、逆にクローラクレーンから油圧ショベルへ迅速に変更することができる。
【0014】
本発明の請求項6に係るクローラクレーンが採用した手段は、請求項2乃至5のうちの何れか一つの項に記載のクローラクレーンにおいて、前記上部旋回体の前部に、前記クレーンブームを伸縮させる伸縮シリンダに作動油を給排する油圧ホースを巻取り、巻戻すホースリールが支持されてなることを特徴とする。
上記請求項6に係るクローラクレーンによると、上部旋回体の前部にホースリールが支持されていて、ホースリールをクレーンブームの基端部付近の下側に取り付ける必要がないから、クレーンブームの支持位置を下げることができ、クローラクレーン本体の重心が下がり、クレーン作業時におけるクローラクレーン本体の安定性を向上させることができる。さらに、クローラクレーン本体の全高を低くすることができる。
【0015】
本発明の請求項7に係るクローラクレーンが採用した手段は、請求項1乃至6のうちの何れか一つの項に記載のクローラクレーンにおいて、前記クレーンブームの先端に垂設されてなるフックを昇降させるロープを巻取り巻戻すウインチは、前記アダプタ後部の一側の側面に配設されてなることを特徴とする。
上記請求項7に係るクローラクレーンによると、クレーンブームの先端に垂設されたフックを昇降させるロープを巻取り巻戻すウインチは、アダプタ後部の一側の側面に配設されているから、クレーンブーム基端部をより後方に位置させることができ、クレーン作業時における車体の安定性を向上させることができる。
【0016】
本発明の請求項8に係るクローラクレーンが採用した手段は、請求項1乃至7のうちの何れか一つの項に記載のクローラクレーンにおいて、前記アダプタ後部の他側の側面に、クレーンブームのオフセット量を考慮した重量のバランスウェイトが配設されてなることを特徴とする。
上記請求項8に係るクローラクレーンによると、アダプタ後部の他側の側面にクレーンブームのオフセット量を考慮した重量のバランスウェイトが配設されている。従って、クローラクレーンの左右の重量バランスが改善されるから、クレーン作業時におけるクローラクレーンの車体安定性の向上に寄与することができる。さらに、クレーン能力をより向上させることができる。
【0017】
本発明の請求項9に係るクローラクレーンが採用した手段は、請求項1乃至8のうちの何れか一つの項に記載のクローラクレーンにおいて、前記上部旋回体の後端半径が前記走行台車の後端より突出しないように構成されてなることを特徴とする。
上記請求項9に係るクローラクレーンによると、上部旋回体が後方へ突出していないので、上部旋回体の旋回時に項端部が周囲のものと干渉することがなく、さらに車体の転倒支点が移動式クレーンとしての法的必須条件となる所定の安定度をほぼ必然的に確保することが可能な状態になり、クレーン作業時の安全性を向上させることができる。
【0018】
【発明の実施の形態】
本発明の実施の形態1に係るクローラクレーンを、添付図面を参照しながら説明する。図1(a)はクローラクレーンの一部断面示側面図であり、図1(b)は、クローラクレーンの平面図である。
【0019】
図1(a)に示す符号1は、本実施の形態1に係るクローラクレーンである。このクローラクレーン1は履帯式の一対の走行装置2aを有する走行台車2を備えており、この走行台車2の上に旋回ベアリング3を介して上部旋回体4が垂直線回りに旋回自在に搭載されている。前記上部旋回体4は、油圧ショベル用のブーム支持ブラケット5を備えており、このブーム支持ブラケット5の1側に運転室4aが搭載されている。また、前記上部旋回体4の旋回中心CLよりも後方側(図1(a)における右側)に設けられたエンジンルーム4b内に、エンジン6が横向きに搭載されると共に、このエンジンルーム4bの後部側面にカウンターウェイト4cが取り付けられている。
【0020】
前記ブーム支持ブラケット5には、油圧ショベルのブームシリンダのボトム側を連結するシリンダ連結ピンが嵌合されるシリンダ連結ピン穴5aと、油圧ショベルのブームの基端部を連結するブームフットピンが嵌合されるブームフットピン穴5bが設けられている。前記シリンダ連結ピン穴5aは、前記上部旋回体2の旋回中心CLよりも前方側(図1(a)における左側である)の下部位置に設けられている。また、前記ブームフットピン穴5bは前記上部旋回体2の旋回中心CLよりも若干前方側であって、かつ前記ブームボトムピン穴5aより上位位置に設けられている。そして、このブーム支持ブラケット5の前記シリンダ連結ピン穴5aにピンPが、また前記ブームフットピン穴5bにピンPが嵌合されることにより、くの字状に形成されたブラケット状の、後述する構成になるアダプタ(従来例に係るクローラクレーンのクレーンブーム枢支ブラケットに相当する)7が取り付けられている。
【0021】
前記アダプタ7は前記ピンP,Pが嵌挿されるピン穴を備えており、エンジンルーム4bに覆いかぶさるように上部旋回体4の旋回中心CLより後方に延びている。このアダプタ7の後端部で、かつ運転室4aの上端部とほぼ同一高さの位置に配置されたブームフットピンPを介して多段伸縮式のクレーンブーム8が俯仰可能に支持されている。このクレーンブーム8の基端面は、前記上部旋回体4の後端部を形成するカウンターウェイト4cの後端面の上方に位置している。そして、このクレーンブーム8は、俯仰シリンダ連結ピンPを介してボトム側が前記アダプタ7に連結されてなる俯仰シリンダ9のロッド伸縮によって俯仰されるように構成されている。
【0022】
そして、前記アダプタ7の前側の下部であって、かつシリンダ連結ピン穴5aの近傍に、前方斜め上方向きにリール取付ブラケット7aが突設されており、 このリール取付ブラケット7aに、前記クレーンブーム8を伸縮作動させる図示しないブーム伸縮シリンダに作動油を給排する、図示しないホースを巻取り、巻戻すためのホースリール11が支持されている。このホースリール11は、図1(a)から良く理解されるように、クレーンブーム8を完全に倒伏させた走行姿勢において、このクレーンブーム8の下方に位置するよう配置され、上部旋回体4の前部の位置にホースリール11を配設しながら他の機器との干渉防止は勿論のこと、ホースを巻取り巻戻す際に、ホースに負荷がかかり難いように配慮されている。
【0023】
前記アダプタ7の後部の1側側面、つまりクローラクレーン1を後部側から見て右側側面に、前記クレーンブーム8の先端に垂設され、吊荷を吊持するフック8aを昇降させる図示しないロープを巻取り、巻戻すウインチ10が装着されている。さらに、前記アダプタ7の後部の左側側面に、クレーンブーム8の上部旋回体4の旋回中心CLから幅方向へのオフセット量を考慮した重量のバランスウェイト12が装着されている。
【0024】
以下、本実施の形態1に係るクローラクレーン1の作用態様を説明する。
即ち、アダプタ7の後部の1側面にウインチ10が装着され、そしてクレーンブーム8の基端面が、上部旋回体4の後端部を形成するカウンターウェイト4cの後端面の上方に位置するように、アダプタ7の後部にブームフットピンPを介して俯仰可能に連結されている。つまり、アダプタ7の後部のブームフットピンPの支持位置は、クレーン専用の上部旋回体のブーム支持ブラケットによるブームフットピン支持位置と同等である。
【0025】
従って、より長いブーム8を搭載することができ、しかもブーム8の重心がより上部旋回体4の後方になり、クローラクレーン本体の重心がより後方になる。そのため、本実施の形態1に係るクローラクレーン1によれば、クレーン作業において、クレーン専用の上部旋回体にクレーンブームを装着したクローラクレーンの場合と同等の安定性を得ることができ、クレーン専用の上部旋回体を用いたクローラクレーンと同等の吊上げ能力を発揮することができる。
【0026】
また、本実施の形態1に係るクローラクレーン1によれば、下記の通りの種々の効果を得ることができる。即ち、前記アダプタ7にはクレーンブーム8以外に、俯仰シリンダ9、ウインチ10、ホースリール11、およびバランスウェイト12が取り付けられている。従って、予めアセンブリとして組立てておくことができるので、油圧ショベルからクローラクレーンに、逆にクローラクレーンから油圧ショベルに容易に変更することができる。また、ホースリール11は、クレーンブーム8を完全に倒伏させた走行姿勢において、このクレーンブーム8の下方に位置するようにアダプタ7に取り付けられている。従って、クレーンブーム8の基端部の下面にホースリール11を取り付ける必要がなく、クレーンブーム8を下方に下げることができるから、ブーム重心位置を下げ、クローラクレーン1の車体安定性の向上に寄与することができる。また、ブーム起伏支点をブーム8の上面側のアダプタ7の上端部付近で、かつ運転室4aの上端とほぼ同一高さとなる、車体の最大高さとなる高い位置に配置することで、クレーン作業の揚程を最大限確保しながら、輸送時の全高を低くすることができる。
【0027】
また、アダプタ7後部の反ウインチ10側の側面に、クレーンブーム8のオフセット量を考慮した重量のバランスウェイト12が配設されていて、クローラクレーン1の上部旋回体4の幅方向の重量バランスが改善されるから、クレーン作業における車体安定性のさらなる向上に寄与することができる。なお、クレーンブーム8を上部旋回体4の幅方向にオフセットさせたのは、このクローラクレーン1が小型であるからである。つまり、クローラクレーン1が小型であるからといって運転室を小型にすることができず、小型、大型の如何を問わず同等の大きさの運転室を搭載しなければならないからである。なお、上述の実施の形態1では、ホースリール11をアダプタ7の前側にブラケットを介して取り付けたが、上部旋回体4の前部であれば良く、例えばブーム支持ブラケット5の前側に取り付けても良いので、アダプタ7の前側に限らないものである。
【0028】
本発明の実施の形態2に係るクローラクレーンを、添付図面を参照しながら説明する。但し、本実施の形態2が上記実施の形態1と相違するところは、アダプタの後端部をカウンターウェイトで支える構成にした点にあるから、主としてその相違する点について説明する。図2は上記実施の形態1と同一のもの、並びに同一機能を有するものに同一符号を付して示す、実施の形態2に係るクローラクレーンの一部断面示側面図である。
【0029】
アダプタ7の側面に突出してボス部が設けられており、またカウンターウェイト4cに切欠き部が設けられている。前記ボス部と切欠き部とに正面視H型の連結部材を嵌合させて、それぞれピンにより固定されている。そして、後端部のカウンターウェイト4cとブーム支持用のアダプタ7とを後端部にて連結部材を介して連結されている。より詳しくは、アダプタ後部支え部材13の上側がアダプタ7の後部下部に上部アダプタ固定ピンPにより連結されている。また、このアダプタ後部支え部材13の下側が、下部アダプタ固定ピンPによりカウンターウェイト4cに連結されている。そして、この実施の形態2に係るクローラクレーン1のアダプタ7は、上記実施の形態1に係るクローラクレーンのアダプタの場合と同様に、ピンP,Pによって油圧ショベル用のブーム支持ブラケット5に取り付けられている。なお、アダプタ7の後端を支持しているので、組立性を考慮して、アダプタ7の前側支持は、ピンPまたはピンPのみにすることも可能である。
【0030】
本実施の形態2に係るクローラクレーン1は、アダプタ7の後端部が前記アダプタ後部支え部材13で支えられている点が上記実施の形態1と相違するだけで、これ以外は全く同構成である。従って、本実施の形態2に係るクローラクレーン1によれば、上記実施の形態1に係るクローラクレーンと同等の効果を得ることができる。さらに、本実施の形態2に係るクローラクレーン1によれば、この効果に加えて、アダプタ7の強度を低強度にすることができる。従って、アダプタ7の軽量化が可能になり、クローラクレーン1の重心を低くすることができるから、クレーン作業におけるクローラクレーン1の車体安定性の向上により一層寄与することができる。
【0031】
本発明の実施の形態3に係るクローラクレーンを、添付図面を参照しながら説明する。但し、本実施の形態3が上記実施の形態1と相違するところは、アダプタの後端部をカウンターウェイトで支える構成にした点にあるから、主としてその相違する点について説明する。図3は上記実施の形態1と同一のもの、並びに同一機能を有するものに同一符号を付して示す、実施の形態3に係るクローラクレーンの側面図である。
【0032】
即ち、本発明の実施の形態3に係るクローラクレーン1では、アダプタ7の後部下部に下方に突出する上部支えブラケット14が突設され、カウンターウェイト4cの上部に上方に突出する下部支えブラケット15が突設されている。これら上部支えブラケット14と下部支えブラケット15とに設けたピン穴にアダプタ固定ピンP7が嵌合されることにより、アダプタ7の後部側がカウンターウェイト4cにより支えられている。アダプタ7の前側はブーム支持ブラケット5の油圧ショベルのブームシリンダを連結するシリンダ連結ピン穴5aにピンPが嵌合されることにより固定されている。アダプタ7の開口側の端部の外側には、ピンPとピンPとを結ぶよう補強用のリブが設けられている。
【0033】
さらに、ブーム支持ブラケット5の油圧ショベルのブームを連結するブームフットピン穴5bにピンPが嵌合されることにより俯仰シリンダ9のボトム側がアダプタ7に連結されている。勿論、アダプタ7を、シリンダ連結ピン穴5aに嵌合されるピンPと、ブームフットピン穴5bに嵌合されるピンPとによって固定しても良い。なお、この実施の形態3の場合には、ホースリール11は、クレーンブーム8と俯仰シリンダ9との間に配設される。
【0034】
本実施の形態3に係るクローラクレーン1によれば、上記実施の形態2に係るクローラクレーンと同様に、アダプタ7の後端部がカウンターウェイト4cによって支えられているから、上記実施の形態2に係るクローラクレーンと同等の効果を期待することができる。さらに、本実施の形態3に係るクローラクレーン1によれば、この効果に加えて、アダプタ7は、ブーム支持ブラケット5のシリンダ連結ピン穴5aにピンPを嵌合するだけで、ブーム支持ブラケット5に連結されるから、本実施の形態3は上記実施の形態2の場合よりも容易にアダプタ7を着脱することができるという効果がある。
【0035】
【発明の効果】
以上述べたように、本発明の請求項1乃至3に係るクローラクレーンによれば、クレーンブームを支持するブームフットピンがアダプタによりエンジンの上方で、かつ上部旋回体後端位置で支持され、そしてクレーンブームの基端面は上部旋回体の後端部を形成するカウンターウェイトの後端面の上方に位置している。従って、より長いブームを搭載することができ、しかもブームの重心がより上部旋回体の後方になり、クローラクレーン本体の重心がより後方になるから、クローラクレーン本体の安定性が向上し、クレーン作業において、クレーン専用の上部旋回体にクレーンブームを装着したクローラクレーンの場合と同等の安定性を得ることができ、クレーン専用の上部旋回体を用いたクローラクレーンと同等の吊上げ能力を発揮することができる。
【0036】
本発明の請求項4に係るクローラクレーンによれば、アダプタの後端部は、前記カウンターウェイトにより支えられている。従って、片持ち支持する場合に比較してアダプタを軽量にすることができ、クローラクレーンの重心が下がるから、クローラクレーンの安定性の向上に寄与することができる。
【0037】
本発明の請求項5に係るクローラクレーンによれば、アダプタに、クレーンブームを俯仰させる俯仰シリンダのボトム側を支持する俯仰シリンダ連結ピンが支持されている。従って、アダプタに予め俯仰シリンダを組立てておくことができ、油圧ショベルからクローラクレーンへ、逆にクローラクレーンから油圧ショベルへ迅速に変更することができる。
【0038】
本発明の請求項6に係るクローラクレーンによれば、上部旋回体の前部にホースリールが支持されていて、ホースリールをクレーンブームの基端部付近の下側に取り付ける必要がないから、クレーンブームの支持位置を下げることができ、クローラクレーンの車体安定性に寄与することができる。また、車体の全高を低くすることができるので、輸送性が向上する。
【0039】
本発明の請求項7に係るクローラクレーンによれば、クレーンブームの先端に垂設されてなるフックを昇降させるロープを巻取り、巻戻すウインチは、アダプタ後部の1側の側面に配設されているから、クレーンブーム基端部をより後方に位置させることができ、クレーン作業時におけるクローラクレーン本体の安定性を向上させることができる。
【0040】
本発明の請求項8に係るクローラクレーンによれば、アダプタ後部の反ウインチ取り付け側の他側の側面に、クレーンブームのオフセット量を考慮した重量のバランスウェイトが配設されている。従って、クローラクレーンの上部旋回体の幅方向の重量バランスが改善されるから、クレーン作業におけるクローラクレーンの車体安定性の向上に寄与することができる。さらに、クレーン能力を向上させることができる。
【0041】
本発明の請求項9に係るクローラクレーンによれば、上部旋回体が後方へ突出していないので、上部旋回体の旋回時に項端部が周囲のものと干渉することがなく、さらに車体の転倒支点が移動式クレーンとしての法的必須条件となる所定の安定度をほぼ必然的に確保することが可能な状態になり、クレーン作業時の安全性を向上させることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施の形態1に係り、図1(a)はクローラクレーンの一部断面示側面図であり、図1(b)はクローラクレーンの平面図である。
【図2】実施の形態1と同一のもの、並びに同一機能を有するものに同一符号を付して示す、実施の形態2に係るクローラクレーンの一部断面示側面図である。
【図3】実施の形態1と同一のもの、並びに同一機能を有するものに同一符号を付して示す、実施の形態3に係るクローラクレーンの側面図である。
【図4】従来例に係るクローラクレーンの上部旋回体の一部断面示主要部構成説明図である。
【図5】従来例に係るクローラクレーンの側面図である。
【符号の説明】
1…クローラクレーン、2…走行台車、2a…走行装置、3…旋回ベアリング、4…上部旋回体、4a…運転室、4b…エンジンルーム、4c…カウンターウェイト、5…ブーム支持ブラケット、5a…シリンダ連結ピン穴、5b…ブームフットピン穴、6…エンジン、7…アダプタ、7a…リール取付ブラケット、8…クレーンブーム、8a…フック、9…俯仰シリンダ、10…ウインチ、11…ホースリール、12…バランスウェイト、13…アダプタ後部支え部材、14…上部支えブラケット、15…下部支えブラケット、CL…旋回中心、P,P…ピン、P…ブームフットピン、P…シリンダ連結ピン、P…上部アダプタ固定ピン、P…下部アダプタ固定ピン、P…アダプタ固定ピン。

Claims (9)

  1. 履帯式の走行装置を備えた走行台車の上に、上部旋回体が垂直軸心回りに旋回自在に搭載され、この上部旋回体にブームフットピンを介して多段伸縮式のクレーンブームが起伏自在に支持されてなるクローラクレーンにおいて、前記上部旋回体の後部にエンジンが搭載されると共に、前記ブームフットピンが前記エンジンの上方で、かつ上部旋回体後端位置で支持されてなることを特徴とするクローラクレーン。
  2. 前記走行台車、および前記上部旋回体は、何れも油圧ショベル用であって、前記ブームフットピンは、前記上部旋回体の油圧ショベルのブームが枢着されるブーム支持ブラケットに固定ピンを介して固定されてなるブラケット状のアダプタにより支持されてなることを特徴とする請求項1に記載のクローラクレーン。
  3. 前記アダプタにブームフットピンを介して支持されてなるクレーンブームの基端面は、前記上部旋回体の後端部を形成するカウンターウェイトの後端面の上方に位置してなることを特徴とする請求項2に記載のクローラクレーン。
  4. 前記アダプタの後端部は、前記カウンターウェイトにより支えられてなることを特徴とする請求項2または3のうちの何れか一つの項に記載のクローラクレーン。
  5. 前記アダプタに、前記クレーンブームを俯仰させる俯仰シリンダのボトム側を支持する俯仰シリンダ連結ピンが支持されてなることを特徴とする請求項2乃至4のうちの何れか一つの項に記載のクローラクレーン。
  6. 前記上部旋回体の前部に、前記クレーンブームを伸縮させる伸縮シリンダに作動油を給排する油圧ホースを巻取り、巻戻すホースリールが支持されてなることを特徴とする請求項2乃至5のうちの何れか一つの項に記載のクローラクレーン。
  7. 前記クレーンブームの先端に垂設されてなるフックを昇降させるロープを巻取り巻戻すウインチは、前記アダプタ後部の一側の側面に配設されてなることを特徴とする請求項1乃至6のうちの何れか一つの項に記載のクローラクレーン。
  8. 前記アダプタ後部の他側の側面に、クレーンブームのオフセット量を考慮した重量のバランスウェイトが配設されてなることを特徴とする請求項1乃至7のうちの何れか一つの項に記載のクローラクレーン。
  9. 前記上部旋回体の後端半径が前記走行台車の後端より突出しないように構成されてなることを特徴とする請求項1乃至8のうちの何れか一つの項に記載のクローラクレーン。
JP2002217091A 2002-07-25 2002-07-25 クローラクレーン Expired - Fee Related JP4019841B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002217091A JP4019841B2 (ja) 2002-07-25 2002-07-25 クローラクレーン

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002217091A JP4019841B2 (ja) 2002-07-25 2002-07-25 クローラクレーン

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2004059183A true JP2004059183A (ja) 2004-02-26
JP4019841B2 JP4019841B2 (ja) 2007-12-12

Family

ID=31938668

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002217091A Expired - Fee Related JP4019841B2 (ja) 2002-07-25 2002-07-25 クローラクレーン

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4019841B2 (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006137558A (ja) * 2004-11-12 2006-06-01 Kobelco Cranes Co Ltd 移動式クレーン
JP2006298524A (ja) * 2005-04-18 2006-11-02 Nippon Sharyo Seizo Kaisha Ltd 伸縮ブーム式クローラクレーン
CN101993008A (zh) * 2009-08-12 2011-03-30 中国船舶重工集团公司第七一三研究所 一种确定起重机吊钩位置的测量方法及其系统
CN104261277A (zh) * 2014-10-10 2015-01-07 西安航空学院 一种起重机
CN105819350A (zh) * 2016-06-12 2016-08-03 刘旭玲 一种港口吊机
CN110510510A (zh) * 2019-09-09 2019-11-29 中国三冶集团有限公司 一种履带式起重机的安全保护装置
CN111112982A (zh) * 2020-01-13 2020-05-08 中机中联工程有限公司 一种挖掘机履带自动化装配设备及其装配方法

Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5664460U (ja) * 1979-10-23 1981-05-30
JPH01164337U (ja) * 1988-04-28 1989-11-16
JPH04317994A (ja) * 1991-04-18 1992-11-09 Kobe Steel Ltd 自走式作業機械
JPH06144784A (ja) * 1992-11-06 1994-05-24 Kobe Steel Ltd クレーンのブーム及びその組付方法
JPH08151191A (ja) * 1994-11-28 1996-06-11 Komatsu Ltd 移動式クレーンのブーム伸縮シリンダの送油装置
JPH09169489A (ja) * 1995-12-22 1997-06-30 Tadano Ltd 移動式クレーン
JPH10140613A (ja) * 1996-11-14 1998-05-26 Yutani Heavy Ind Ltd 建設機械

Patent Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5664460U (ja) * 1979-10-23 1981-05-30
JPH01164337U (ja) * 1988-04-28 1989-11-16
JPH04317994A (ja) * 1991-04-18 1992-11-09 Kobe Steel Ltd 自走式作業機械
JPH06144784A (ja) * 1992-11-06 1994-05-24 Kobe Steel Ltd クレーンのブーム及びその組付方法
JPH08151191A (ja) * 1994-11-28 1996-06-11 Komatsu Ltd 移動式クレーンのブーム伸縮シリンダの送油装置
JPH09169489A (ja) * 1995-12-22 1997-06-30 Tadano Ltd 移動式クレーン
JPH10140613A (ja) * 1996-11-14 1998-05-26 Yutani Heavy Ind Ltd 建設機械

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006137558A (ja) * 2004-11-12 2006-06-01 Kobelco Cranes Co Ltd 移動式クレーン
JP4670319B2 (ja) * 2004-11-12 2011-04-13 コベルコクレーン株式会社 移動式クレーン
JP2006298524A (ja) * 2005-04-18 2006-11-02 Nippon Sharyo Seizo Kaisha Ltd 伸縮ブーム式クローラクレーン
CN101993008A (zh) * 2009-08-12 2011-03-30 中国船舶重工集团公司第七一三研究所 一种确定起重机吊钩位置的测量方法及其系统
CN104261277A (zh) * 2014-10-10 2015-01-07 西安航空学院 一种起重机
CN105819350A (zh) * 2016-06-12 2016-08-03 刘旭玲 一种港口吊机
CN110510510A (zh) * 2019-09-09 2019-11-29 中国三冶集团有限公司 一种履带式起重机的安全保护装置
CN111112982A (zh) * 2020-01-13 2020-05-08 中机中联工程有限公司 一种挖掘机履带自动化装配设备及其装配方法
CN111112982B (zh) * 2020-01-13 2024-05-14 中机中联工程有限公司 一种挖掘机履带自动化装配设备及其装配方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP4019841B2 (ja) 2007-12-12

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2004059183A (ja) クローラクレーン
JP5121352B2 (ja) 移動式クレーン
JP5121351B2 (ja) 移動式クレーン
JP6460132B2 (ja) 建設機械
JP2019099349A (ja) フロート
JP3540806B2 (ja) 運転室付き建設機械
JP2000143162A (ja) ホイールクレーン
JP6220187B2 (ja) クローラクレーン
JP6727545B2 (ja) 移動式クレーンのフックブロック格納装置
JP4000975B2 (ja) 自走式作業機械
JP2570196Y2 (ja) 作業車
JPS6026068Y2 (ja) 車両形クレ−ン
US20230065923A1 (en) Crane
JPS6111193Y2 (ja)
JP4101941B2 (ja) トラック搭載型クレーン
JP7452399B2 (ja) クレーン
JP7379887B2 (ja) 作業車
JP6658205B2 (ja) クレーン
JP2593113Y2 (ja) ジブ取付け可能型クレーン車
JP2002225687A (ja) 作業車のジャッキ装置
JP4098875B2 (ja) 自走式クレーン
JP2003081579A (ja) 建設機械
JPH0411476B2 (ja)
JPH0741756Y2 (ja) 高所作業車
JPS6121304Y2 (ja)

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20040921

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A712

Effective date: 20040918

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20041203

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20070125

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070130

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070402

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20070416

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20070416

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070605

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070802

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20070904

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20070917

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101005

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101005

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111005

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121005

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121005

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131005

Year of fee payment: 6

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees