JPH08290802A - 塵芥収集車の塵芥圧縮装置 - Google Patents

塵芥収集車の塵芥圧縮装置

Info

Publication number
JPH08290802A
JPH08290802A JP9548795A JP9548795A JPH08290802A JP H08290802 A JPH08290802 A JP H08290802A JP 9548795 A JP9548795 A JP 9548795A JP 9548795 A JP9548795 A JP 9548795A JP H08290802 A JPH08290802 A JP H08290802A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
dust
cylinder
discharge plate
discharge
rubbish
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP9548795A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3633995B2 (ja
Inventor
Yoshimitsu Mori
由 光 森
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Subaru Corp
Original Assignee
Fuji Heavy Industries Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fuji Heavy Industries Ltd filed Critical Fuji Heavy Industries Ltd
Priority to JP09548795A priority Critical patent/JP3633995B2/ja
Publication of JPH08290802A publication Critical patent/JPH08290802A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3633995B2 publication Critical patent/JP3633995B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 (修正有) 【目的】 油圧回路又は電気回路の構成を複雑にするこ
となく、従来の回路をそのまま用いて排出板の抵抗力を
制御でき、塵芥収容箱への積込の後半でも積込効率を低
下させない塵芥収集車の塵芥圧縮装置を提供する。 【構成】 塵芥収容箱1への塵芥の積込時に、多段油圧
式排出シリンダ11の太径段部のシリンダ11Cが収縮
を開始する位置を検知する排出板検知スイッチSW
と、この排出板検知スイッチSWからの信号に基づ
いて、設定時間の間だけ排出板10を前方に戻すように
排出シリンダ11への圧力媒体を制御する制御装置を具
備する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、塵芥収集車において、
塵芥収容箱内に塵芥を効率よく詰め込むための塵芥圧縮
装置に関する。
【0002】
【従来の技術】塵芥収集車では、塵芥収容箱内に排出シ
リンダの伸縮により前後方向に摺動可能な排出板が設け
られている。塵芥収集箱への塵芥の積込時、積み込まれ
る塵芥の圧縮力に抗して排出板が排出シリンダにより保
持されていると共に、排出シリンダに作用する圧力が所
定圧力を越えると、排出シリンダにより排出板を塵芥収
容箱の後部から前部に向かって移動させ、排出板の抵抗
力により塵芥を圧縮しつつ積み込むようになされてい
る。
【0003】この排出板を前後に摺動させる排出シリン
ダには、それぞれ径が順次大きくされた多段式油圧シリ
ンダが用いられ、この多段式の排出シリンダの加圧媒体
には、通常一定の圧力がかけられるように構成されてい
る。この一定圧力がかかっている状態においては、細い
径の段のシリンダから収縮され、次いで、中間の径の段
のシリンダが収縮され、その後、太い径の段のシリンダ
が収縮される。これにより、上記のように、排出板から
塵芥に抵抗力を与えて圧縮しながら塵芥を積み込むこと
ができる。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】このように、多段式の
排出シリンダにかけられる圧力が一定であり、細い径の
段のシリンダから順次太い径の段のシリンダが収縮され
ると、この段が切り替わり、太い径の方のシリンダにな
るたびに、排出板の抵抗力が順次強くなっていく。その
結果、この排出板の抵抗力が順次強くなるにつれて、塵
芥の積込効率が悪化していくといったことがある。
【0005】このような問題を解決するため、特開昭6
3−225002号公報に開示された塵芥圧縮装置で
は、複数の圧力制御弁が設けられ、多段式シリンダの段
が切り替わったとしても、排出板の抵抗力が略一定に維
持されるように構成され、これにより、塵芥の積込効率
の悪化が防止されている。しかし、この公報の塵芥圧縮
装置では、複数の圧力制御弁が必要であるため、油圧回
路の構成が複雑になるといったことがある。
【0006】また、特開平1−226605号公報に開
示された塵芥圧縮装置では、排出板に作用する塵芥の圧
力が塵芥積込装置への反力として検出され、この反力が
一定以上に達すると圧力スイッチが作動し、その結果、
排出シリンダの圧油の流れを阻止していた電磁切換弁が
設定時間だけ切換制御され、これにより、排出シリンダ
に封入されていた圧油が解放されて排出板はその分だけ
自動的に前進するように構成されている。これにより、
排出板の抵抗力が比較的強くなる太い径のシリンダが用
いられているとき、この太い径のシリンダの圧力が低減
されて、排出板の抵抗力が軽減されている。しかし、こ
の公報の塵芥圧縮装置では、上記圧力スイッチ、及びこ
れに関連する制御回路が必要なため、電気回路全体とし
てその回路構成が複雑になるといったことがある。
【0007】従って、これら公報に開示された塵芥圧縮
装置では、各々、排出板の抵抗力が必要時に軽減され、
塵芥の積込効率の悪化が防止されているが、反面、油圧
回路が複雑になる、または、電気回路全体の構成が複雑
になるといった問題があった。
【0008】本発明の目的は、上述したような事情に鑑
みてなされたものであって、油圧回路又は電気回路の構
成を複雑にすることなく、従来の回路をそのまま用いて
排出板の抵抗力を制御することができ、これにより、塵
芥収容箱への積込の後半でも積込効率を低下させること
のない塵芥収集車の塵芥圧縮装置を提供することにあ
る。
【0009】
【課題を解決するための手段】この目的を達成するた
め、本発明に係る塵芥収集車の塵芥圧縮装置は、塵芥収
容箱の後部開口に塵芥積込装置が連接され、多段油圧式
の排出シリンダにより塵芥収容箱内を前後方向に移動自
在であり且つ塵芥積込装置から供給された塵芥に上記排
出シリンダにより抵抗力を与えながら前方に移動して塵
芥を圧縮する排出板が設けられた塵芥収集車の塵芥圧縮
装置において、塵芥収容箱への塵芥の積込時に、上記多
段油圧式排出シリンダの太径段部のシリンダが収縮を開
始する位置を検知する排出板検知スイッチと、この排出
板検知スイッチからの信号に基づいて、設定時間の間だ
け排出板を前方に戻すように上記排出シリンダへの圧力
媒体を制御する制御装置と、を具備することを特徴とし
ている。
【0010】
【作用】本発明では、塵芥収容箱への塵芥の積込開始時
には、多段式の排出シリンダの最初(細い径)の段のシ
リンダにより排出板が移動されているため、抵抗力は比
較的弱く、従来と同様に制御される。次いで、塵芥が多
く積み込まれ、排出シリンダの太径段部のシリンダによ
り排出板が移動されるときには、積込装置の負荷が大き
くなり排出板の抵抗力も比較的強くなるが、本発明で
は、この時、太径段部のシリンダの収縮開始が検出さ
れ、設定時間だけ排出板が前方に強制的に戻されるた
め、この最終時期には、排出板の抵抗力が軽減され、塵
芥収容箱への積込の後半でも積込効率の悪化が防止され
る。従って、本発明では、排出板検知スイッチが新たに
設けられているだけであるため、油圧回路又は電気回路
の構成を複雑にすることなく、従来の回路をそのまま用
いて排出板の抵抗力を制御して、塵芥収容箱への積込の
後半でも積込効率の悪化を防止できる。
【0011】
【実施例】以下、本発明の一実施例に係る塵芥収集車の
塵芥圧縮装置を図面を参照しつつ説明する。
【0012】図1は、本発明の一実施例に係る塵芥収集
車の模式的側面図であり、図2は、図1に示す塵芥収集
車の塵芥収容箱の後部及び塵芥積込装置の断面図であ
る。本実施例では、塵芥収容箱1の後方開口部4に、塵
芥投入部2が枢軸3(図2)の回りに傾動自在に連接さ
れている。図2に示すように、塵芥投入箱2は、その前
面が解放されて塵芥収容箱1の後方開口部4に連通され
ていると共に、後部の下方には、塵芥の投入口5が形成
されている。塵芥投入箱2内には、塵芥を圧搾して収容
箱1に供給するための塵芥積込装置が装備されている。
【0013】この塵芥積込装置では、投入箱2の両側壁
に形成された案内溝6aに沿って、上下動パネル6が上
下方向に摺動自在に配設されている。さらに、この上下
動パネル6の下端には、かき込みパネル8が枢動自在に
設けられている。上下動パネル6は、上下動シリンダ7
のロッドの上端に枢着されて、この上下動シリンダ7に
より上下方向に移動されるように構成されている。一
方、かき込みパネル8は、かき込みシリンダ9の下端に
枢着されて、このかき込みシリンダ9により揺動される
ように構成され、図2に仮想線で示すように、上下動パ
ネル6の上昇・下降動作と連動して揺動されて、塵芥を
圧搾して後部開口4を介して塵芥収容箱1内に供給する
ようになっている。
【0014】塵芥収容箱1の後部には、前後方向に摺動
自在な排出板10が配設されている。この排出板10
は、塵芥収容箱1の内幅と略等しく、かつその高さが塵
芥収容箱1の底壁から頂壁までの高さと略等しくされて
いる。さらに、この排出板10の下部は、多段油圧式の
排出シリンダ11の太径のシリンダ11cの基部に連結
されており、この排出シリンダ11の伸縮作用により排
出板10が前後方向に摺動される。この排出シリンダ1
1は、図1に示すように、それぞれ径の異なる3つの細
径、中間径、及び太径のシリンダ11a,11b,11
cが組み込まれた3段式の油圧シリンダである。小径シ
リンダ11aの先端は、収容箱1の底部のブラケット1
2に連結されている。
【0015】さらに、塵芥収容箱1への塵芥の積込時
に、多段油圧式排出シリンダ11の太径のシリンダ11
cが収縮を開始する位置を検知する排出板検知スイッチ
SW2が設けられている。この排出板検知スイッチSW
2の作用については後述する。
【0016】次に、本実施例に係る塵芥圧縮装置の油圧
回路について図3を参照しつつ説明する。
【0017】この油圧回路には、油圧ポンプP、オイル
リザーバT、排出シリンダ11のための電磁制御弁V1
、かき込みシリンダ9のための電磁制御弁V2 、上下
動シリンダのための電磁制御弁V3 が設けられている。
電磁制御弁V1 は、ソレノイドSOLa,SOLbを有
しており、電磁制御弁V2 は、ソレノイドSOLc,S
OLdを有しており、電磁制御弁V3 は、ソレノイドS
OLe,SOLfを有している。圧力スイッチPS1
が、かき込みシリンダ9のピストン背圧側の油室に連通
する箇所に設けられており、同じく、圧力スイッチPS
2が、上下動シリンダ7のピストン背圧側の油室に連通
する箇所に設けられている。さらに、圧力制御弁PR1
が、排出シリンダ11のピストンの背圧側の油室の圧力
を制御できるように、この油室に連通する箇所に設けら
れている。なお、R1は、油圧ポンプPからの圧油が所
定圧以上に達すると、その圧油をオイルリザーバTに解
放する高圧リリーフ弁であり、R2は、かき込みシリン
ダ9のピストン背圧側の油室に作用する圧油が所定圧以
上に達すると、その圧油をオイルリザーバTに解放する
高圧リリーフ弁である。
【0018】次に、本実施例に係る塵芥圧縮装置の電気
回路について図4を参照しつつ説明する。
【0019】積込と排出を切り換えるメインスイッチS
W1が電源回路21に接続されており、このメインスイ
ッチSW1には、積込の始動スイッチ及び停止スイッチ
等が設けられたコントロールスイッチ類22が接続され
ている。さらに、メインスイッチSW1の積込側の端子
には、リレーCR−Xが接続されていると共に、積込回
路23が接続されている。この積込回路23は、図3に
示す上下動シリンダ7の電磁制御弁V3 のソレノイドS
OLe,SOLfおよびかき込みシリンダ9の電磁制御
弁V2 のソレノイドSOLc,SOLdを制御し、図2
に示す上下動パネル6及びかき込みパネル8を駆動し
て、塵芥の積込動作を行うためのものである。この積込
回路23には、リレーCR−Xの接点cr−xが接続さ
れ、さらに、排出板検知スイッチSW2が接続され、リ
レーCR−Yが接続されている。接点cr−xと排出板
検知スイッチSW2との間に、接点cr−yが接続さ
れ、さらに、太径のシリンダ11cの収縮開始が検知さ
れたときに、排出板10を前方に移動させる設定時間を
定めたタイマーTIM−Aが接続されている。接点cr
−yとタイマーTIM−Aとの間に、タイマーTIM−
Aの接点tim−Aが接続され、これに排出シリンダ1
1の電磁制御弁V1 のソレノイドSOLbが接続されて
いる。また、このソレノイドSOLbには、メインスイ
ッチSW1が排出側に切換えられたときに作動する排出
回路24が接続されている。
【0020】次に、本実施例に係る塵芥圧縮装置の作用
を説明する。
【0021】塵芥の積込時には、メインスイッチSW1
が積込側に切換えられ、コントロールスイッチ類21の
始動スイッチがONされる。これにより、リレーCR−
Xが励磁され、接点cr−xが閉じられると共に、積込
回路23がONされて、上下動シリンダ7の電磁制御弁
V3 のソレノイドSOLe,SOLfおよびかき込みシ
リンダ9の電磁制御弁V2 のソレノイドSOLc,SO
Ldが制御され、上下動パネル6及びかき込みパネル8
が駆動されて、塵芥の積込動作が行われ、塵芥が塵芥投
入箱2から塵芥収容箱1内に供給される。
【0022】塵芥が収容箱1内に供給される初期の段階
では、電磁制御弁V1 のソレノイドSOLaに信号が流
され、排出シリンダ11のピストンの背圧側に圧油が供
給されるように、電磁制御弁V1 が切換えられる。さら
に、排出板10は、積み込まれた塵芥の圧力により前方
に戻されており、この段階では、排出シリンダ11の細
径のシリンダ11aが戻されているが、排出シリンダの
背圧側の圧油は、圧力制御弁PR1により制御されて排
出板10の抵抗力が制御されている。このように、排出
板10の抵抗力が塵芥積込装置の積込力よりもある程度
弱くされていると、積込効率が良好に維持されながら、
塵芥が圧縮されて収容される。
【0023】次いで、塵芥収容箱1内に塵芥が略充満さ
れ出し、排出板10が前方に戻されて、排出シリンダ1
1の太径シリンダ11cが前方に戻される段階になる
と、排出板検知スイッチSW2によって、太径のシリン
ダ11cの収縮開始位置が検知されると、図4におい
て、リレーCR−Yが励磁されて、接点crーyが閉じ
られる。さらに、積込回路における、電磁制御弁のソレ
ノイドの励磁信号又はかき込みパネル8の位置検出スイ
ッチの信号のうちいずれか一つの信号(但し、本実施例
では、上下動シリンダ7の下降時の電磁制御弁V3の励
磁信号としている)が発せられる。その結果、タイマー
TIM−Aが励磁されて、このタイマーによる設定時間
だけ、接点tim−aが閉じられ、排出シリンダ11の
電磁制御弁V1 のソレノイドSOLbが励磁される。こ
れにより、排出シリンダ11のピストンの正圧側に圧油
がかけられ、排出シリンダ11の太径シリンダ11cが
タイマーによる設定時間の間だけ強制的に前方に戻され
る。これにより、この塵芥の積込最終時には、排出板1
0の抵抗力が軽減され、塵芥収容箱1への積込の後半で
あっても積込効率の悪化が防止される。なお、この太径
シリンダ11cの強制的な前方への戻しは、積込サイク
ル毎に行われる。また、接点cr−xは、積込側に電流
が流れているときのみ、リレーCR−Xが励磁されて閉
じるように構成されている。これは、排出操作時に、積
込側の電磁制御弁V2 ,V3 に信号が流されたり、かき
出し操作時に、排出板10を前方に戻させる信号が流れ
ないようにするためである。
【0024】なお、本発明では、排出シリンダ11は3
段のシリンダとしているが、4段、5段等の多段シリン
ダを用いても適用可能である。その時には、上述の排出
板検出スイッチSW2は最終段の太径シリンダの収縮開
始位置を検出する以外に、最終段の前の段等の太径段部
のシリンダの収縮開始位置を検出し、上述の実施例と同
様に作動させることもあり、上述した実施例に限定され
るものでなく、種々変形可能であることをは勿論であ
る。
【0025】
【発明の効果】以上述べたように、本発明では、塵芥が
多く積み込まれ、排出シリンダの少なくとも最終段のシ
リンダにより排出板が移動されるときには、積込装置の
負荷が大きくなり排出板の抵抗力も比較的強くなるが、
本発明では、この時、この太径段部のシリンダの収縮開
始が検出され、設定時間だけ排出板が前方に強制的に戻
されるため、この最終時期には、排出板の抵抗力が軽減
され、塵芥収容箱への積込の後半でも積込効率の悪化が
防止される。従って、本発明では、排出板検知スイッチ
が新たに設けられているだけであるため、油圧回路又は
電気回路の構成を複雑にすることなく、従来の回路をそ
のまま用いて排出板の抵抗力を制御して、塵芥収容箱へ
の積込の後半でも積込効率の悪化を防止できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施例に係る塵芥収集車の模式的側
面図。
【図2】図1に示す塵芥収集車の塵芥収容箱の後部及び
塵芥積込装置の断面図。
【図3】本発明の一実施例に係る塵芥収集車の塵芥圧縮
装置の油圧回路。
【図4】本発明の一実施例に係る塵芥収集車の塵芥圧縮
装置の電気回路。
【符号の説明】
1 塵芥収容箱 2 塵芥投入箱 10 排出板 11 排出シリンダ 11a 細径シリンダ 11b 中間径シリンダ 11c 太径シリンダ(太径段部のシリンダ) SW2 排出板検知スイッチ

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】塵芥収容箱の後部開口に塵芥積込装置が連
    接され、多段油圧式の排出シリンダにより塵芥収容箱内
    を前後方向に移動自在であり且つ塵芥積込装置から供給
    された塵芥に上記排出シリンダにより抵抗力を与えなが
    ら前方に移動して塵芥を圧縮する排出板が設けられた塵
    芥収集車の塵芥圧縮装置において、 塵芥収容箱への塵芥の積込時に、上記多段油圧式排出シ
    リンダの太径段部のシリンダが収縮を開始する位置を検
    知する排出板検知スイッチと、 この排出板検知スイッチからの信号に基づいて、設定時
    間の間だけ排出板を前方に戻すように上記排出シリンダ
    への圧力媒体を制御する制御装置と、を具備することを
    特徴とする塵芥収集車の塵芥圧縮装置。
JP09548795A 1995-04-20 1995-04-20 塵芥収集車の塵芥圧縮装置 Expired - Lifetime JP3633995B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP09548795A JP3633995B2 (ja) 1995-04-20 1995-04-20 塵芥収集車の塵芥圧縮装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP09548795A JP3633995B2 (ja) 1995-04-20 1995-04-20 塵芥収集車の塵芥圧縮装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH08290802A true JPH08290802A (ja) 1996-11-05
JP3633995B2 JP3633995B2 (ja) 2005-03-30

Family

ID=14138969

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP09548795A Expired - Lifetime JP3633995B2 (ja) 1995-04-20 1995-04-20 塵芥収集車の塵芥圧縮装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3633995B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN100384619C (zh) * 2005-12-15 2008-04-30 浙江宝成机械科技有限公司 垃圾压缩机的受圾箱装置

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN100384619C (zh) * 2005-12-15 2008-04-30 浙江宝成机械科技有限公司 垃圾压缩机的受圾箱装置

Also Published As

Publication number Publication date
JP3633995B2 (ja) 2005-03-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN107054954B (zh) 一种压缩式垃圾车上装设备节能型恒推力压缩系统及控制方法
US3410427A (en) Refuse packing system
JPH08290802A (ja) 塵芥収集車の塵芥圧縮装置
JP2009234737A (ja) 塵芥収集車の塵芥積込制御装置
JP4397552B2 (ja) 塵芥収集車の塵芥押込制御装置
JP2007046719A (ja) 油圧シリンダの往復動制御装置、並びにそれを用いた塵芥収集車の積込装置
JP4531580B2 (ja) 塵芥収集車の排出板後退制御装置
JPS62269802A (ja) 塵芥収集車の塵芥積込制御装置
JP2009234738A (ja) 塵芥収集車の塵芥積込制御装置
JP4223646B2 (ja) プレス式ごみ収集車のごみ逆流防止装置
JPH08324707A (ja) 塵芥収集車の排出板後退装置
JP2560578Y2 (ja) 塵芥収集車の塵芥詰込制御装置
JP6490566B2 (ja) 塵芥収集車
JP6570952B2 (ja) 塵芥収集車
JPH11130206A (ja) 塵芥収集車
JPS6015301A (ja) 塵芥収集車の排出制御装置
JPS63315402A (ja) 塵芥収集車の油圧制御装置
JPH02117502A (ja) 塵芥収集車の積込制御装置
JPS6323364Y2 (ja)
JP4202152B2 (ja) 塵芥収集車における塵芥積込作動装置
JP4717102B2 (ja) プレス式ごみ収集車のごみ逆流防止装置
JP2533696B2 (ja) 塵埃収集車の塵埃積込制御装置
JPS61226401A (ja) 塵芥収集車の塵芥押込制御装置
JPH01226605A (ja) 塵芥収集車の積込制御装置
JP2009234769A (ja) 塵芥収集車

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20040420

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040629

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040827

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20041130

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20041222

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090107

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090107

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100107

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110107

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110107

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120107

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120107

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130107

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130107

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140107

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140107

Year of fee payment: 9

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313113

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140107

Year of fee payment: 9

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

EXPY Cancellation because of completion of term