JPH0820002B2 - 4輪駆動車の操作装置 - Google Patents

4輪駆動車の操作装置

Info

Publication number
JPH0820002B2
JPH0820002B2 JP62103644A JP10364487A JPH0820002B2 JP H0820002 B2 JPH0820002 B2 JP H0820002B2 JP 62103644 A JP62103644 A JP 62103644A JP 10364487 A JP10364487 A JP 10364487A JP H0820002 B2 JPH0820002 B2 JP H0820002B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
wheel drive
center differential
state
switching
operation
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP62103644A
Other languages
English (en)
Other versions
JPS63269727A (en
Inventor
正晃 厚東
博和 山崎
伸行 池元
Original Assignee
マツダ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by マツダ株式会社 filed Critical マツダ株式会社
Priority to JP62103644A priority Critical patent/JPH0820002B2/ja
Publication of JPS63269727A publication Critical patent/JPS63269727A/ja
Publication of JPH0820002B2 publication Critical patent/JPH0820002B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60KARRANGEMENT OR MOUNTING OF PROPULSION UNITS OR OF TRANSMISSIONS IN VEHICLES; ARRANGEMENT OR MOUNTING OF PLURAL DIVERSE PRIME-MOVERS IN VEHICLES; AUXILIARY DRIVES FOR VEHICLES; INSTRUMENTATION OR DASHBOARDS FOR VEHICLES; ARRANGEMENTS IN CONNECTION WITH COOLING, AIR INTAKE, GAS EXHAUST OR FUEL SUPPLY OF PROPULSION UNITS IN VEHICLES
    • B60K23/00Arrangement or mounting of control devices for vehicle transmissions, or parts thereof, not otherwise provided for
    • B60K23/08Arrangement or mounting of control devices for vehicle transmissions, or parts thereof, not otherwise provided for for changing number of driven wheels, for switching from driving one axle to driving two or more axles
    • B60K23/0808Arrangement or mounting of control devices for vehicle transmissions, or parts thereof, not otherwise provided for for changing number of driven wheels, for switching from driving one axle to driving two or more axles for varying torque distribution between driven axles, e.g. by transfer clutch
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60KARRANGEMENT OR MOUNTING OF PROPULSION UNITS OR OF TRANSMISSIONS IN VEHICLES; ARRANGEMENT OR MOUNTING OF PLURAL DIVERSE PRIME-MOVERS IN VEHICLES; AUXILIARY DRIVES FOR VEHICLES; INSTRUMENTATION OR DASHBOARDS FOR VEHICLES; ARRANGEMENTS IN CONNECTION WITH COOLING, AIR INTAKE, GAS EXHAUST OR FUEL SUPPLY OF PROPULSION UNITS IN VEHICLES
    • B60K17/00Arrangement or mounting of transmissions in vehicles
    • B60K17/34Arrangement or mounting of transmissions in vehicles for driving both front and rear wheels, e.g. four wheel drive vehicles
    • B60K17/344Arrangement or mounting of transmissions in vehicles for driving both front and rear wheels, e.g. four wheel drive vehicles having a transfer gear
    • B60K17/346Arrangement or mounting of transmissions in vehicles for driving both front and rear wheels, e.g. four wheel drive vehicles having a transfer gear the transfer gear being a differential gear
    • B60K17/3467Arrangement or mounting of transmissions in vehicles for driving both front and rear wheels, e.g. four wheel drive vehicles having a transfer gear the transfer gear being a differential gear combined with a change speed gearing, e.g. range gear

Description

【発明の詳細な説明】 (産業上の利用分野) 本発明は、車輪の駆動モードを2輪駆動モードと4輪
駆動モードとに切換可能ないわゆるパートタイム式4輪
駆動車において、その駆動モードを切換操作するための
操作装置の改良に関するものである。

(従来の技術) 従来より、この種パートタイム式の4輪駆動車におい
て、例えば実公昭61−9791号公報等に示されるように、
2輪駆動状態又は4輪駆動状態に切り換える操作部材を
駆動する流体式アクチュエータと、該アクチュエータを
作動制御するソレノイドバルブとを設け、上記ソレノイ
ドバルブに対する作動制御により、車速が高いときには
2輪駆動状態とする一方、低車速時には、エンジンの出
力回転を低速状態及び高速状態に切り換える変速機構の
切換状態を検出して、その低速状態では4輪駆動状態
に、高速状態では、運転者により操作される手動選択ス
イッチの切換状態に応じて2輪駆動状態又は4輪駆動状
態にそれぞれ切換制御するようにしたものが知られてい
る。

(発明が解決しようとする課題) ところで、2輪駆動状態と4輪駆動状態とに切り換え
るとともに、ロック状態とフリー状態とに切り換えるセ
ンタデフを有するトランスファ装置を備えたパートタイ
ム式4輪駆動車において、上記センタデフを上記従来例
の如く作動制御するように構成した場合、上記センタデ
フの切換位置に応じて2輪駆動モード、センタデフフリ
ーの4輪駆動モード及びセンタデフロックの4輪駆動モ
ードの3つの駆動モードが設定でき、それら駆動モード
同士間の切換えを容易にかつ素早く行うことができる。

しかしながら、その場合、上記3つの駆動モードのう
ち、センタデフロックの4輪駆動モードから2輪駆動モ
ードに戻したときには、遊動車輪となる車輪の駆動力が
なくなるため、トラクションの急激な低下により車両の
走行状態が急変することとなり、車両の走行安定性を高
いレベルに保持する上で改良することが望ましい。

本発明は斯かる点に鑑みてなされたもので、その目的
とするところは、上記の如き2輪駆動モード、センタデ
フフリー又はセンタデフロックの4輪駆動モード同士間
の切換パターンを予め適切に設定しておくようにするこ
とにより、センタデフロックの4輪駆動状態で走行して
いるときの駆動モードの切換えに伴う車輪駆動力の急激
な低下を回避するようにすることにある。

(課題を解決するための手段) この目的の達成のため、本発明の解決手段は、上記の
センタデフを作動制御する場合、そのセンタデフロック
の4輪駆動状態にあるときには、その状態から2輪駆動
状態への直接の移行を制限するようにしたものである。

具体的には、本発明は、上記の如く、2輪駆動状態と
4輪駆動状態とに切り換えるとともに、ロック状態とフ
リー状態とに切り換えるセンタデフを有するトランスフ
ァ装置を備えた4輪駆動車を対象とする。

そして、この4輪駆動車において、車室内に配置さ
れ、車両運転者の操作により上記センタデフの作動状態
をセンタデフロック4輪駆動状態、センタデフフリー4
輪駆動状態及び2輪駆動状態の中から選択する選択手段
と、上記センタデフの作動状態を切り換える作動切換手
段と、上記選択手段の操作に従って上記センタデフの作
動状態が切換初期状態から切換目標状態に切り換わるよ
うに上記作動切換手段の作動を制御する制御手段とを設
ける。

そして、上記制御手段は、上記センタデフの切換初期
状態がセンタデフロック4輪駆動状態にありかつ上記選
択手段で2輪駆動状態が選択されたとき、作動切換手段
がデフロック4輪駆動状態から2輪駆動状態への直接の
切換えを行わないよう該作動切換手段の作動を制限する
構成とする。

(作用) この構成により、本発明では、車両運転者による選択
手段の選択操作により、センタデフの作動状態が2輪駆
動状態、センタデフフリーの4輪駆動状態又はセンタデ
フロックの4輪駆動状態の1つに選択される。この選択
操作に伴い、制御手段により作動切換手段が作動制御さ
れて、センタデフがそれまでの作動状態を切換初期状態
とし、その初期状態から上記選択された2輪駆動状態、
センタデフフリー4輪駆動状態又はセンタデフロック4
輪駆動状態の1つにそれを切換目標状態として切り換え
られる。

しかし、上記センタデフの切換初期状態がセンタデフ
ロック4輪駆動状態にありかつ上記選択手段で2輪駆動
状態が選択されたときには、上記作動切換手段の作動が
制御手段によって制限され、該作動切換手段がデフロッ
ク4輪駆動状態から2輪駆動状態への直接の切換えを行
わないように制限される。このため、たとえ運転者の選
択操作によってセンタデフロックの4輪駆動状態から2
輪駆動状態へ切り換える選択操作が行われたとしても、
該センタデフロック4輪駆動状態から2輪駆動状態への
直接の切換えが制限されるので、センタデフロック状態
から2輪駆動状態への変化による車両の走行特性が急変
することはなく、よって4輪駆動車の走行安定性を向上
維持することができる。

(実施例) 以下、本発明の実施例を図面に基づいて説明する。

第1図は本発明の実施例に係るパートタイム式4輪駆
動車を示す。1はその車体、2は該車体1の前端部にい
わゆる縦置状態に搭載されたエンジン、3は該エンジン
2の出力回転を変速する手動変速機である。この変速機
3の後方にはトランスファ装置6が配設され、このトラ
ンスファ装置6は、2輪駆動モード時に遊動車輪となる
前輪4,4と後輪5,5とにそれぞれフロント及びリヤのデフ
ァレンシャル機構35,36を介して連結されている。

上記トランスファ装置6は、第4図に拡大詳示するよ
うに、変速機3のケース3aに連設されたトランスファケ
ース7を有し、該トランスファケース7内には、変速機
3の出力軸3bと同一軸線上に配置された入力軸8と、該
入力軸8の側方に入力軸8と平行に配置された前輪側出
力軸9と、入力軸8の後方(図で右方)に入力軸8と同
一軸線上に配置された後輪側出力軸10とがそれぞれ回転
自在に支持されている。上記入力軸8の前端部つまり変
速機3側の端部には、エンジン2から車輪4,5に伝達さ
れる動力の伝達比を高速モードから低速モードに切り換
えるためのH−L切換機構11が配設されている。このH
−L切換機構11は、入力軸8上に回転自在に支承された
サンギヤ13と、該サンギヤ13の後方の入力軸8に回転一
体にスプライン結合され、上記サンギヤ13に噛合する複
数のピニオン14,14,…を担持するピニオンキャリア15
と、上記各ピニオン14に噛合するリングギヤ16とを有す
る遊星歯車機構からなる減速機構12を備える。上記リン
グギヤ16はその外周面に形成した歯部16aがトランスフ
ァケース7内面に形成した歯部7aに噛合されていて、回
転不能にトランスファケース7に固定されている。一
方、上記サンギヤ13の前端部外周にはサンギヤ用スプラ
イン歯部13aが、ピニオンキャリア15の前端部内周には
ピニオンキャリア用スプライン歯部15aがそれぞれ形成
されている。また、入力軸8の前端部回りには前端が変
速機3の出力軸3bに回転一体にスプライン結合された円
筒部材17が配置され、該円筒部材17の後端部外周面には
上記サンギヤ用スプライン歯部13aと同径のスプライン
歯部17aが形成されている。該スプライン歯部17aには、
後端部でサンギヤ用スプライン歯部13aに噛合可能な内
周スプライン歯部18aを有するスリーブ18が摺動自在に
かつ回転一体にスプライン結合され、該スリーブ18の後
端外周面には上記ピニオンキャリア用スプライン歯部15
aに噛合可能なスプライン歯部18bが形成されている。そ
して、このスリーブ18を円筒部材17上で摺動させて、そ
の外周スプライン歯部18bをピニオンキャリア用スプラ
イン歯部15aに、又は内周スプライン歯部18aをサンギヤ
用スプライン歯部13aにそれぞれ選択的に噛合させるこ
とにより、動力伝達比を低速モード又は高速モードに切
り換え、スリーブ18を図で実線にて示すように前側の高
速位置(PH)に位置付けて、その外周スプライン歯部18
bをピニオンキャリア用の歯部15aに噛合させたときに
は、変速機3の出力軸3bをピニオンキャリア15を介して
トランスファ入力軸8に回転一体に直結して、出力軸3b
の回転を減速せずにそのまま入力軸8に伝達することに
より、動力伝達比を高速モードとする。一方、スリーブ
18を仮想線にて示すように後側の低速位置(PL)に位置
付けて、その内周スプライン歯部18aをサンギヤ用の歯
部13aに噛合させたときには、変速機出力軸3bをサンギ
ヤ13、各ピニオン14及びピニオンキャリア15を介してト
ランスファ入力軸8に伝達して、その回転を減速するこ
とにより、動力伝達比を低速モードとするように構成さ
れている。

一方、上記トランスファ入力軸8上の後端部には遊星
歯車式のセンタデフ19が配設されている。このセンタデ
フ19のサンギヤ20は入力軸8上に回転自在に支承され、
各ピニオン21を担持するピニオンキャリア22はサンギヤ
20の後側の入力軸8に回転一体にスプライン係合され、
リングギヤ23は上記後輪側出力軸10に回転一体に結合さ
れている。

また。上記センタデフ19よりも前側の入力軸8上には
駆動スプロケット24が回転自在に支承され、該スプロケ
ット24と、上記前輪側出力軸9上に回転一体に結合した
従動スプロケット25との間にはチェーン26が巻き掛けら
れており、このチェーン26により入力軸8側の回転を前
輪側出力軸9に伝達するようになされている。

さらに、上記センタデフ19のサンギヤ20及びリングギ
ヤ23はそれぞれ前方に延長され、サンギヤ20の延長部前
端には外周面にスプライン歯部27aを有するクラッチハ
ブ27が回転一体に結合されている。一方、リングギヤ23
の延長部は上記サンギヤ20の円筒部外周上に相対回転自
在に支持され、この延長部の外周には上記クラッチハブ
27外周のスプライン歯部27aと同径のスプライン歯部23a
が形成されている。さらに、上記駆動スプロケット24は
後側に延長され、その延長部の外周には上記クラッチハ
ブ27外周のスプライン歯部27aと同径のスプライン歯部2
4aが形成されている。さらに、上記クラッチハブ27、セ
ンタデフ19のリングギヤ23及び駆動スプロケット24にお
ける各スプライン歯部27a,23a,24aにはスリーブ28がそ
の内周スプライン歯部28aにて摺動自在にスプライン結
合され、このスリーブ28にはシフトロッド29に固定した
シフトフォーク30が移動一体に係止され、上記シフトロ
ッド29は電動モータ32によって移動するコントロールロ
ッド31に移動一体に連結されている。そして、モータ32
の一方向(CCR方向)の回転によりスリーブ28を前方
(図で左方)に、他方向(CR方向)の回転によりスリー
ブ28を後方(図で右方)にそれぞれ摺動させて、該スリ
ーブ28の摺動によりセンタデフ19の作動状態をフリー状
態、そのロック状態、2輪駆動状態又は4輪駆動状態に
切り換える作動切換手段としてのセンタデフ切換機構33
が構成されている。このセンタデフ切換機構33は、スリ
ーブ28を図で仮想線で示すように前端の4輪駆動/セン
タデフフリー位置(P4F)に位置付けたときには、クラ
ッチハブ27と駆動スプロケット24とを回転一体に連結し
て4輪駆動モードとするとともに、センタデフ19のリン
グギヤ23とサンギヤ20との非連結によって該センタデフ
19をフリー状態とする。また、前後中間の4輪駆動/セ
ンタデフロック位置(P4L)に位置付けたときには、上
記と同様に、クラッチハブ27と駆動スプロケット24とを
回転一体に連結して4輪駆動モードとするとともに、セ
ンタデフ19のリングギヤ23とサンギヤ20とを連結して該
センタデフ19をロック状態とする。さらに、スリーブ28
を図で実線にて示すように後端の2輪駆動位置(P2)に
位置付けたときには、センタデフ19のリングギヤ23とサ
ンギヤ20とを連結して該センタデフ19をロック状態とし
ながら、クラッチハブ27と駆動スプロケット24との連結
を解除して2輪駆動モードに切り換えるように構成され
ている。

尚、第4図中、34は上記シフトロッド29の移動位置に
基づいてセンタデフ19の切換位置を検出するセンタデフ
切換検出スイッチである。

上記トランスファ装置6の前輪側及び後輪側出力軸9,
10はそれぞれプロペラ軸(図示せず)を介して上記フロ
ント及びリヤのデファレンシャル機構35,36に連結され
ている。上記フロントデファレンシャル機構35は、第3
図に拡大詳示するようにハウジング37を備え、このハウ
ジング37内にはデファレンシャルギヤ機構38が回転自在
に支持されている。このギヤ機構38は、ハウジング37に
回転自在に支承されたデフケース39と、該デフケース39
内を左右方向(図では上下方向)に延びる左右のアクス
ル軸46,46の各内端部にスプライン結合された1対の対
向するサイドギヤ40,40と、デフケース39に回転自在の
支承されたピニオン軸41と、該ピニオン軸41上に回転一
体に固定され、上記各サイドギヤ40に噛合する1対の対
向するピニオン42,42とを備える。上記デフケース39の
外周にはベベルギヤからなるリングギヤ43が回転一体に
固定され、該リングギヤ43にはドライブピニオン44が噛
み合わされ、該ピニオン44は上記トランスファ装置6の
前輪側出力軸9に連結された入力軸45上に一体形成され
ている。

また、上記フロントデファレンシャル機構35におい
て、その出力部たる例えば右側(図で上側)のアクスル
軸46の外側延長線上には該アクスル軸46と右側の前輪4
とを連結するジョイント軸47が同心状に配置されてい
る。このジョイント軸47のアクスル軸46との対向部分に
は他の部分よりも小径の小径部47aが形成されている一
方、アクスル軸46の外端部(右端部)には他の部分より
も大径の大径部46aが形成され、該大径部46aの端面には
ジョイント軸47の小径部47a先端を相対回転自在に嵌合
せしめる嵌合凹部46bが設けられている。また、上記ア
クスル軸46の大径部46a外周にはスプライン歯部46cが形
成されている一方、ジョイント軸47の小径部47a外周に
は、上記アクスル軸46のスプライン軸46cに対応するス
プライン歯部48aを外周に有するスプライン部材48が回
転一体に固定されている。さらに、このスプライン部材
48の外周スプライン歯部48a及びアクスル軸46のスプラ
イン歯部46cにはスリーブ49が両スプライン部48a,46c間
を摺動可能にスプライン結合されている。このスリーブ
49の摺動によってスプライン部材48及びアクスル軸46の
スプライン歯部48a,46cを噛合状態又は非噛合状態に切
り換えることにより、デファレンシャル機構35と前輪4,
4とを動力伝達可能に連結し又はその動力伝達を遮断す
るようにしたクラッチ機構50が構成されている。

そして、上記スリーブ49にはフォーク51が移動一体に
係止され、該フォーク51はスリーブ49の摺動方向と同方
向(左右方向)に摺動可能なシフトロッド52の一端(左
端)に固定され、該シフトロッド52の他端(右端)はア
クチュエータとしてのダイアフラム装置53に連結されて
いる。このダイアフラム装置53は、上記シフトロッド52
に連結されたダイアフラム54と、該ダイアフラム54によ
って区画形成された第1及び第2の2つの負圧室55,56
とを備えてなり、第2図に示すように、上記各負圧室5
5,56はそれぞれ負圧通路57,58を介してエンジン2の吸
気管(図示せず)に連通されていて、その吸気負圧が導
入されるようになされている。また、上記各負圧通路5
7,58には常時閉の第1及び第2のソレノイドバルブ59,6
0がそれぞれ配設されている。これらソレノイドバルブ5
9,60の開閉制御によって上記クラッチ機構50を作動制御
し、第1のソレノイドバルブ59を開弁させたときには、
クラッチ機構50を離脱状態として、フロントデファレン
シャル機構35に連結されている右側のアクスル軸46と、
右側の前輪4に連結されているジョイント軸47との連結
を遮断し、前輪4,4(遊動車輪)が回転する際にデファ
レンシャル機構35の各サイドギヤ40及びピニオン42のみ
を回転せしめることにより、その前輪4,4の回転が上記
トランスファ装置6に伝達されるのを阻止する一方、逆
に、第2のソレノイドバルブ60を開いたときには、上記
クラッチ機構50を接続状態として、アクスル軸46とジョ
イント軸47とを回転一体に連結するようにしたフリーホ
イール装置61が構成される。

尚、第3図中、62は上記フリーホイール装置61のクラ
ッチ機構50が接続状態にあることを上記シフトロッド52
の移動位置を基に検出するクラッチ接続検出スイッチ、
63は同様にして同クラッチ機構50が離脱状態(接続の解
除状態)になったことを検出するクラッチ離脱検出スイ
ッチである。

上記センタデフ切換機構33制御用の電動モータ32、第
1及び第2のソレノイドバルブ59,60は第2図に示すよ
うにコントローラ64によって作動制御される。このコン
トローラ64には、上記3つの検出スイッチ34,62,63と、
駆動モードを運転者により切換操作されるトランスファ
切換操作装置65との各出力信号が入力されている。上記
トランスファ切換操作装置65は、車両運転者の操作によ
り上記センタデフ19の作動状態をセンタデフロック4輪
駆動状態、センタデフフリー4輪駆動状態及び2輪駆動
状態の中から選択する選択手段を構成するもので、第5
図に示すように、2/4切換スイッチ66及びセンタデフロ
ック切換スイッチ67を備える。上記2/4切換スイッチ66
は、ステアリングホイール68支持用のステアリングシャ
フト(図示せず)回りに回動操作可能に設けられた、上
記トランスファ装置6のH−L切換機構11を切換制御す
るためのコラムチェンジレバー69に取り付けられてい
る。そして、この2/4切換スイッチ66は、第6図に拡大
詳示するように、常時右側の定常位置に付勢保持される
モメンタリ式のスライドスイッチからなり、その定常位
置から左側の切換位置に最初にスライド操作したときに
2輪駆動状態から4輪駆動状態に切り換える指令信号を
出力し、その後の2回目のスライド操作により上記切換
えを解除する指令信号(4輪駆動状態から2輪駆動状態
に戻す信号)を出力するように構成されている。

一方、上記センタデフロック切換スイッチ67はインス
トルメントパネル70に取り付けられている。このセンタ
デフロック切換スイッチ67は、押しボタンスイッチから
なり、1回目に押し操作されると、押込位置に保持され
てセンタデフ19をロック状態に切換保持する指令信号を
出力し、その後に再度押し操作されると、元の状態に飛
び出してセンタデフ19をフリー状態に切換保持する指令
信号を出力するものである。

そして、上記トランスファ装置6のH−L切換機構11
が高速位置(PH)に位置付けられて高速モードにある状
態において、これら2/4切換スイッチ66及びセンタデフ
ロック切換スイッチ67の切換操作により、2輪駆動/高
速モード(2H)、4輪駆動/高速/センタデフフリーモ
ード(4HFree)及び4輪駆動/高速/センタデフロック
モード(4HLock)の3モードを切り換え、第7図に示す
ように、2輪駆動/高速モード(2H)と4輪駆動/高速
/センタデフフリーモード(4HFree)との間で切り換え
るときには、2/4切換スイッチ66のスライド操作によ
り、また2輪駆動/高速モード(2H)と4輪駆動/高速
/センタデフロックモード(4HLock)との間で切り換え
るとき、及び4輪駆動/高速/センタデフフリーモード
(4HFree)と同センタデフロックモード(4HLock)との
間で切り換えるときには、センタデフロック切換スイッ
チ67の操作によりそれぞれ切り換えるようになされてい
る。

また、上記コントローラ64には、駆動モードの切換え
を吹鳴により運転者に報知するブザー装置71と、ランプ
の点灯によって表示する点灯表示装置72とが接続されて
いる。上記点灯表示装置72は、第5図に示すように、イ
ンストルメントパネル70上に配設された4輪駆動表示ラ
ンプ73(4WDランプ)及びセンタデフ表示ランプ74(C/D
ランプ)を有している。上記4輪駆動表示ランプ73は4
輪駆動モードで点灯し、2輪駆動モードでは消灯するよ
うに、またセンタデフ表示ランプ74はセンタデフロック
モードで点灯し、そのフリーモードで消灯するようにそ
れぞれ設定されている。

上記コントローラ64は、上記センタデフ切換機構33の
作動を制御する制御手段を構成するもので、上記トラン
スファ切換操作装置65(選択手段)の2/4切換スイッチ6
6及びセンタデフロック切換スイッチ67の操作に従い、
上記センタデフ19の操作状態がセンタデフロック4輪駆
動状態、センタデフフリー4輪駆動状態及び2輪駆動状
態の中の1つである切換初期状態から他の1つである切
換目標状態に切り換わるように上記センタデフ切換機構
33の切換作動を制御する。以下、高速モードにおいて、
そのモータ32、ソレノイドバルブ59,60、ブザー装置71
及び点灯表示装置72に対する作動制御手順について第8
図〜第12図により説明する。

第8図は、2輪駆動モード(2H)からセンタデフフリ
ーの4輪駆動モード(4HFree)に切り換えるときのサブ
ルーチンのフローを示す。このフローでは、上記2/4切
換スイッチ66の切換操作に伴う指令信号の受信により、
先ず、最初のステップS1において、上記ブザー装置71を
例えば100m秒間だけ吹鳴させ、次のステップS2では、上
記点灯表示装置72における4輪駆動表示ランプ73を点滅
させる。この点滅は例えば点灯時間の比率が消灯時間よ
りも大きい点滅形態で行い、この点滅形態により、2輪
駆動モードから4輪駆動モードへの切換途中であること
を運転者に表示する。この後、ステップS3に進んで、上
記モータ32にCCR方向(センタデフ切換機構33のスリー
ブ28が前方に移動する方向)に回転するように通電し
て、センタデフ切換機構33を後側の2輪駆動位置(P2
から前後中間の4輪駆動/センタデフロック位置
(P4L)に切り換え、センタデフ19をロック状態にす
る。この後、ステップS4で、上記センタデフ切換検出ス
イッチ34の出力信号を基にセンタデフ切換機構33が実際
に上記4輪駆動センタデフロック位置(P4L)に切り換
えられて、駆動モードが4輪駆動/高速/センタデフロ
ックモードになったかどうかを判定し、この判定がYES
になるまでステップS3,S4を繰り返す。判定がYESになる
と、ステップS5において、第2のソレノイドバルブ60に
ON信号を出力して、フリーホイール装置61のクラッチ機
構50を接続させ、該フリーホイール装置61をロック状態
にする。その後、ステップS6において、上記クラッチ接
続検出スイッチ62の出力信号を基に、クラッチ機構50が
実際に接続状態に切り換えられて、フリーホイール装置
61がロック状態になったか否かを判定し、この判定がYE
SになるまでステップS5,S6を繰り返す。そして、判定が
YESになると、ステップS7で、上記モータ32に対し再
度、CCR方向に回転するように通電して、センタデフ切
換機構33を上記4輪駆動/センタデフロック位置
(P4L)から前側の4輪駆動位置/センタデフフリー位
置(P4F)に切り換え、センタデフ19をフリー状態にす
る。その後、ステップS8で、上記センタデフ切換検出ス
イッチ34の出力信号を基にセンタデフ切換機構33が実際
に上記4輪駆動センタデフフリー位置(P4F)に切り換
えられて、駆動モードが4輪駆動/高速/センタデフフ
リーモードになったかどうかを判定し、この判定がYES
になるまでステップS7,S8を繰り返し、判定がYESになる
と終了する。

第9図は、2輪駆動モード(2H)からセンタデフロッ
クの4輪駆動モード(4HLock)に切り換えるときのサブ
ルーチンのフローを示す。このフローでは、上記2/4切
換スイッチ66及びセンタデフロック切換スイッチ67の切
換操作に伴う各指令信号の受信により、先ず、最初のス
テップS11において、上記点灯表示装置72における4輪
駆動表示ランプ73及びセンタデフ表示ランプ74を上記と
同様に点滅させ、この後、上記サブルーチンにおけるス
テップS3〜S6と同様のステップS12〜S15を実行する。す
なわち、ステップS12に進んで、上記モータ32にCCR方向
に回転するように通電して、センタデフ19をロック状態
にし、次いで、ステップS13で、センタデフ切換検出ス
イッチ34の出力信号を基に、駆動モードが4輪駆動/高
速/センタデフロックモードになったかどうかを判定
し、この判定がYESになるまでステップS12,S13を繰り返
す。判定がYESになると、ステップS14において、第2の
ソレノイドバルブ60にON信号を出力して、フリーホイー
ル装置61をロック状態にした後、ステップS15におい
て、上記クラッチ接続検出スイッチ62の出力信号を基
に、フリーホイール装置61が実際にロック状態になたか
否かを判定し、この判定がYESになるまでステップS14,S
15を繰り返す一方、判定がYESになると終了する。

また、第10図は、センタデフロックの4輪駆動モード
(4HLock)からセンタデフフリーの4輪駆動モード(4H
Free)に切り換えるときのサブルーチンのフローを示
す。このフローでは、上記センタデフロック切換スイッ
チ67の切換操作に伴う指令信号の受信により、先ず、最
初のステップS21において、上記センタデフ表示ランプ7
4を点滅させ、その後、ステップS22に進んで、上記モー
タ32に上記CCR方向に回転するように通電し、センタデ
フ切換機構33を4輪駆動/センタデフロック位置
(P4L)からその前側の4輪駆動/センタデフフリー位
置(P4F)に切り換えて、センタデフ19をフリー状態に
する。そして、ステップS23で、上記駆動モードが4輪
駆動/高速/センタデフフリーモードになったかどうか
を判定し、この判定がYESになるまでステップS22,S23
繰り返し、判定がYESになると終了する。

さらに、第11図は上記とは逆に、センタデフフリーの
4輪駆動モード(4HFree)からセンタデフロックの4輪
駆動モード(4HLock)に切り換えるときのサブルーチン
のフローを示す。このフローでは、上記センタデフロッ
ク切換スイッチ67の切換操作に伴う指令信号の受信によ
り、最初のステップS31において、上記センタデフ表示
ランプ74を点滅させ、次のステップS22では、上記モー
タ32にCR方向(センタデフ切換機構33のスリーブ28が後
方に移動する方向)に回転するように通電して、センタ
デフ切換機構33を4輪駆動/センタデフフリー位置(P
4F)からその後側の4輪駆動/センタデフロック位置
(P4L)に切り換え、センタデフ19をロック状態にす
る。そして、ステップS33で、上記駆動モードが4輪駆
動/高速/センタデフロックモードになったかどうかを
判定し、この判定がYESになるまでステップS32,S33を繰
り返し、判定がYESになると終了する。

最後に、第12図は、センタデフフリーの4輪駆動モー
ド(4HFree)から2輪駆動モード(2H)に切り換えると
きサブルーチンのフローを示す。このフローでは、上記
2/4切換スイッチ66切換操作に伴う指令信号の受信によ
り、最初のステップS41において、上記ブザー装置71を
例えば100m秒間だけ吹鳴させた後、次のステップS
42で、上記点灯表示装置72における4輪駆動表示ランプ
73を点滅させる。この点滅は上記2輪駆動モードから4
輪駆動モードとは逆に、例えば消灯時間の比率が点灯時
間よりも大きい点滅形態で行い、この点滅形態により、
4輪駆動モードから2輪駆動モードへの切換途中である
ことを運転者に表示する。その後、ステップS43で、上
記モータ32にCR方向に回転するように通電して、センタ
デフ切換機構33を前端の4輪駆動/センタデフフリー位
置(P4F)から中間の4輪駆動/センタデフロック位置
(P4L)を経て後端の2輪駆動位置(P2)に切り換え、
センタデフ19を2輪駆動状態にする。そして、ステップ
S44で、上記センタデフ切換検出スイッチ34の出力信号
を基にセンタデフ切換機構33が実際に上記2輪駆動位置
(P2)に切り換えられて、駆動モードが2輪駆動/高速
モードになったかどうかを判定し、この判定がYESにな
るまで上記ステップS43,S44を繰り返す。そして、判定
がYESになると、ステップS45に移行して、第1のソレノ
イドバルブ59にON信号を出力して、フリーホイール装置
61のクラッチ機構50を離脱させ、フリーホイール装置61
をアンロック状態にした後、終了する。

すなわち、上記制御手段としてのコントローラ64にお
いては上記5つのサブルーチンが行われるようになって
おり、このことにより、コントローラ64は、第7図にも
示すように、上記センタデフ19の切換初期状態が4輪駆
動/センタデフロック位置(P4L)たるセンタデフロッ
ク4輪駆動状態にありかつトランスファ切換操作装置65
により2輪駆動状態が選択されたとき、センタデフ切換
機構33(作動切換手段)が該4輪駆動/センタデフロッ
ク位置(P4L)(デフロック4輪駆動状態)から2輪駆
動状態たる2輪駆動位置(P2)への直接の切換えを行わ
ないよう該センタデフ切換機構33の作動を制限するよう
に構成されている。

次に、上記実施例の作動について説明する。

(1) 駆動モードを2輪駆動モード(2H)から4輪駆
動/高速/センタデフフリーモード(4HFree)に切り換
えるときには、トランスファ切換操作装置65の2/4切換
スイッチ66のみをスライド操作する。このスライド操作
に伴い、先ず、トランスファ装置6におけるセンタデフ
切換機構33が2輪駆動位置(P2)から4輪駆動/センタ
デフロック位置(P4L)に位置付けられて、トランスフ
ァ装置6がセンタデフロックの4輪駆動状態に切り換え
られる。次いで、このトランスファ装置6が実際にセン
タデフロックの4輪駆動状態へ切り換えられたことがセ
ンタデフ切換検出スイッチ34の出力信号に基づいて確認
されると、第2のソレノイドバルブ60がON作動されて、
フリーホイール装置61のクラッチ機構50が接続状態に切
り換えられる。さらに、このフリーホイール装置61のク
ラッチ機構50の接続が確認された後、上記トランスファ
装置6におけるセンタデフ切換機構33が今度は上記4輪
駆動/センタデフロック位置(P4L)から最終目標たる
4輪駆動/センタデフフリー位置(P4F)に位置付けら
れて、トランスファ装置6がセンタデフフリーの4輪駆
動状態に切り換えられる。

(2) また、この4輪駆動/高速/センタデフフリー
モード(4HFree)から2輪駆動モード(2H)に戻すとき
には、上記2/4切換スイッチ66を再度スライド操作す
る。この2回目のスライド操作に伴い、トランスファ装
置6におけるセンタデフ切換機構33が4輪駆動/センタ
デフフリー位置(P4F)から2輪駆動位置(P2)に位置
付けられて、トランスファ装置6が2輪駆動状態に切り
換えられる。この切換えの確認の後、第1のソレノイド
バルブ59がON作動されて、フリーホイール装置61のクラ
ッチ機構50が離脱状態に切り換えられる。以上によって
2輪駆動モード(2H)に戻される。

(3) 一方、駆動モードを2輪駆動モード(2H)から
4輪駆動/高速/センタデフロックモード(4HLock)に
切り換えるときには、上記トランスファ切換操作装置65
のセンタデフロック切換スイッチ67を押し操作して押込
位置に保持する。この切換操作に伴い、先ず、トランス
ファ装置6におけるセンタデフ切換機構33が2輪駆動位
置(P2)から4輪駆動/センタデフロック位置(P4L
に位置付けられて、トランスファ装置6がセンタデフロ
ックの4輪駆動状態に切り換えられる。次いで、このセ
ンタデフロックの4輪駆動状態への切換えがセンタデフ
切換検出スイッチ34の出力信号に基づいて確認される
と、第2のソレノイドバルブ60がON作動されて、フリー
ホイール装置61のクラッチ機構50が接続状態に切り換え
られ、トランスファ装置6がセンタデフロックの4輪駆
動状態に切り換えられる。

(4) さらに、上記2/4切換スイッチ66の1回目のス
ライド操作により4輪駆動モードに保持されている状態
で、上記センタデフロック切換スイッチ67を押し操作し
て押込位置に保持すると、4輪駆動状態でセンタデフロ
ックモード(4HLock)に切り換えられる。すなわち、ト
ランスファ装置6におけるセンタデフ切換機構33が4輪
駆動/センタデフフリー位置(P4F)から4輪駆動/セ
ンタデフロック位置(P4L)に位置付けられて、トラン
スファ装置6がセンタデフロックの4輪駆動状態に切り
換えられる。

(5) また、この4輪駆動/高速/センタデフロック
モード(4HLock)から同センタデフフリーモード(4HFr
ee)に切り換えるときには、上記センタデフロック切換
スイッチ67を押し操作して元の位置に復帰させる。この
動きに伴い、上記センタデフ切換機構33が4輪駆動/セ
ンタデフロック位置(P4L)から4輪駆動/センタデフ
フリー位置(P4F)に位置付けられて、トランスファ装
置6がセンタデフフリーの4輪駆動状態に切り換えられ
る。

そして、この実施例の場合、トランスファ切換操作装
置65により選択されている駆動モードが最初に4輪駆動
/高速/センタデフロックモード(4HLock)にあると、
その状態から2/4切換スイッチ66の再操作によって2輪
駆動/高速モード(2H)にそれを目標のモードとして切
り換えようとしても、その切換えは強制的に制限されて
キャンセルされる。このため、センタデフロック状態か
ら2輪駆動状態への変化による前輪4,4の駆動力の消失
によりトラクションが急激に低下して車両の走行特性が
急変することはなく、よって車両の走行安定性を向上維
持することができる。

また、上記2/4切換スイッチ66はモメンタリタイプの
スライドスイッチで構成されているので、運転者がチェ
ンジレバー69の操作中に誤って該スイッチ66に触れて
も、そのことによって直ちに2輪駆動状態から4輪駆動
状態に切り換わることはなく、よって駆動モードの誤操
作を有効に防止することができる。

(発明の効果) 以上説明したように、本発明によると、2輪駆動状態
と4輪駆動状態とに切換可能なロック機構付きセンタデ
フを有するトランスファ装置を備えたパートタイム式4
輪駆動車において、車室内の選択手段により上記トラン
スファ装置におけるセンタデフの作動状態を切換制御す
るように構成するとともに、センタデフが切換前の初期
状態でセンタデフロック4輪駆動状態にあるとき、選択
手段によって2輪駆動状態を選択しても該センタデフロ
ック4輪駆動状態から2輪駆動状態へ変化するのを制限
するようにしたことにより、そのセンタデフロックの4
輪駆動状態から2輪駆動状態への切換えに伴うトラクシ
ョンの低下による車両走行特性の急激な変化を防止で
き、よってパートタイム式4輪駆動車の走行安定性を向
上維持することができるものである。

【図面の簡単な説明】

図面は本発明の実施例を示すもので、第1図は4輪駆動
車の模式側面図、第2図は操作装置の全体構成図、第3
図はフロントデファレンシャル機構及びフリーホイール
装置を示す断面図、第4図はトランスファ装置の断面
図、第5図はトランスファ切換操作系の配置状態を示す
正面図、第6図は2/4切換スイッチ取付部分の拡大図、
第7図は駆動モードの切換経路を示す説明図、第8図は
2輪駆動モードからセンタデフフリーの4輪駆動モード
への切換サブルーチンを示すフローチャート図、第9図
は2輪駆動モードからセンタデフロックの4輪駆動モー
ドへの切換サブルーチンを示すフローチャート図、第10
図はセンタデフフリーの4輪駆動モードから同センタデ
フロックモードへの切換サブルーチンを示すフローチャ
ート図、第11図はセンタデフフリーの4輪駆動モードか
ら同センタデフロックモードへの切換サブルーチンを示
すフローチャート図、第12図はセンタデフフリーの4輪
駆動モードから2輪駆動モードへの切換サブルーチンを
示すフローチャート図である。 4……前輪、5……後輪、6……トランスファ装置、19
……センタデフ、32……モータ、33……センタデフ切換
機構、35……フロントデファレンシャル機構、50……ク
ラッチ機構、53……ダイアフラム装置、59,60……ソレ
ノイドバルブ、61……フリーホイール装置、64……コン
トローラ、65……トランスファ切換操作装置、66……2/
4切換スイッチ、67……センタデフロック切換スイッ
チ。

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】2輪駆動状態と4輪駆動状態とに切り換え
    るとともに、ロック状態とフリー状態とに切り換えるセ
    ンタデフを有するトランスファ装置を備えた4輪駆動車
    において、 車室内に設けられ、車両運転者の操作により上記センタ
    デフの作動状態をセンタデフロック4輪駆動状態、セン
    タデフフリー4輪駆動状態及び2輪駆動状態の中から選
    択する選択手段と、 上記センタデフの作動状態を切り換える作動切換手段
    と、 上記選択手段の操作に従って上記センタデフの作動状態
    が切換初期状態から切換目標状態に切り換わるように上
    記作動切換手段の作動を制御する制御手段とを備え、 上記制御手段は、上記センタデフの切換初期状態がセン
    タデフロック4輪駆動状態にありかつ上記選択手段で2
    輪駆動状態が選択されたとき、作動切換手段がデフロッ
    ク4輪駆動状態から2輪駆動状態への直接の切換えを行
    なわいよう該作動切換手段の作動を制限するように構成
    されていることを特徴とする4輪駆動車の操作装置。
JP62103644A 1987-04-27 1987-04-27 4輪駆動車の操作装置 Expired - Fee Related JPH0820002B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP62103644A JPH0820002B2 (ja) 1987-04-27 1987-04-27 4輪駆動車の操作装置

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP62103644A JPH0820002B2 (ja) 1987-04-27 1987-04-27 4輪駆動車の操作装置
US07/504,029 US5057062A (en) 1987-04-27 1990-04-02 Operating apparatus for four-wheel drive vehicle

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS63269727A JPS63269727A (en) 1988-11-08
JPH0820002B2 true JPH0820002B2 (ja) 1996-03-04

Family

ID=14359480

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP62103644A Expired - Fee Related JPH0820002B2 (ja) 1987-04-27 1987-04-27 4輪駆動車の操作装置

Country Status (2)

Country Link
US (1) US5057062A (ja)
JP (1) JPH0820002B2 (ja)

Families Citing this family (30)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2950567B2 (ja) * 1990-02-27 1999-09-20 マツダ株式会社 動力伝達装置
US5327989A (en) * 1991-03-20 1994-07-12 Honda Giken Kogyo Kabushiki Kaisha Four-wheeled buggy
US5215160A (en) * 1991-07-02 1993-06-01 New Venture Gear, Inc. Part-time on-demand transfer case and method
DE69203183T2 (de) * 1991-09-02 1995-10-26 Toyota Motor Co Ltd Kraftübertragungseinrichtung für Vierradantrieb.
US5346442A (en) * 1992-08-19 1994-09-13 New Venture Gear, Inc. Range shift arrangement for four-wheel drive vehicles
US5443429A (en) * 1993-11-30 1995-08-22 Dana Corporation Automatic powershifting transfer case for a vehicle
JP3275564B2 (ja) * 1994-09-21 2002-04-15 日産自動車株式会社 車両のトランスファ装置
US5522776A (en) * 1994-12-09 1996-06-04 Ford Motor Company Electronic neutral tow engagement for an automatic four-wheel-drive vehicle
US5662543A (en) * 1995-11-13 1997-09-02 New Venture Gear, Inc. Transmission for four-wheel drive vehicles
US5651749A (en) * 1996-02-13 1997-07-29 New Venture Gear, Inc. Full-time transfer case with synchronized dual planetary gear reduction unit
US6579204B2 (en) 1999-03-09 2003-06-17 New Venture Gear, Inc. Synchronized two-speed transfer case with lockable limited slip differential
US6283887B1 (en) 1999-03-09 2001-09-04 New Venture Gear, Inc. Transfer case with synchronized range shift and adaptive clutch control
US6335599B1 (en) * 1999-06-30 2002-01-01 Aisin Seiki Kabushiki Kaisha Actuator for a drive mode shifting device
KR100309386B1 (ko) * 1999-08-04 2001-09-26 이계안 파트타임 4륜구동차량의 자동절환식 차동장치
AT373580T (de) * 2000-02-02 2007-10-15 Gkn Driveline North America Trennvorrichtung für allradantriebsachse
DE10058199A1 (de) * 2000-11-23 2002-07-11 Zahnradfabrik Friedrichshafen Vorrichtung zum Führen eines Antriebsmoments
US6540640B2 (en) 2001-02-13 2003-04-01 American Axle & Manufacturing, Inc. Power on demand differential
JP2005526647A (ja) * 2002-02-28 2005-09-08 ダイムラークライスラー・アクチェンゲゼルシャフト 車両に配置された少なくとも1つの車両安定化装置の作動モードに介入するための装置及び方法
US6962227B1 (en) * 2004-05-07 2005-11-08 Magna Drivetrain Of America, Inc. Torque vectoring drive axle assembly
DE102004053121B4 (de) * 2004-11-03 2011-12-29 Iglhaut Gmbh Kraftfahrzeug mit Vierrad-Antrieb
SE528622C2 (sv) * 2005-05-17 2006-12-27 Scania Cv Ab Differentialväxel
US7503416B2 (en) * 2005-06-28 2009-03-17 Magna Powertrain Usa, Inc. Torque distributing drive mechanism with limited slip
EP2049377A2 (en) * 2006-08-16 2009-04-22 Magna Powertrain USA, Inc. Limited slip differential with electrohydraulic clutch actuator
DE102007006025B4 (de) * 2007-02-07 2011-07-07 Audi Ag, 85057 Verteilergetriebe für zumindest an zwei Achsen angetriebene Kraftfahrzeuge
US9358883B2 (en) * 2011-05-20 2016-06-07 GM Global Technology Operations LLC Method for use with vehicle having selectable transfer case
US20120325030A1 (en) * 2011-06-23 2012-12-27 Dana Automotive Systems Group, Llc Power Transfer Unit for All-Wheel Drive Vehicles
US9440671B2 (en) * 2012-09-20 2016-09-13 Polaris Industries Inc. Vehicle
AU2013317853B2 (en) 2012-09-20 2017-04-13 Polaris Industries Inc. Utility Vehicle
EP3096037A1 (en) * 2015-05-22 2016-11-23 Goodrich Actuation Systems SAS Actuator drive disconnection system
US9784355B1 (en) 2016-08-31 2017-10-10 Dana Heavy Vehicle Systems Group, Llc Axle disconnect and differential lock combination

Family Cites Families (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5414700B2 (ja) * 1972-04-27 1979-06-08
JPS54162334A (en) * 1978-06-12 1979-12-22 Aisin Seiki Co Ltd Driving force dividing mechanism for vehicle
JPS6246376B2 (ja) * 1983-03-30 1987-10-01 Matsuda Kk
JPS619791A (en) * 1984-06-25 1986-01-17 Tokyo Electric Co Ltd Electronic cash register
US4592442A (en) * 1984-11-29 1986-06-03 International Harvester Company Control system for a vehicle with two speed rear axle and single speed front axle drive
GB2181395B (en) * 1985-10-12 1988-10-19 Kubota Ltd Wheel drive mode changeover apparatus
JPS62143733A (en) * 1985-12-19 1987-06-27 Fuji Heavy Ind Ltd 4-wheel drive device
JPS62155136A (en) * 1985-12-27 1987-07-10 Daihatsu Motor Co Ltd Transfer device for automobile
JPS62155137A (en) * 1985-12-27 1987-07-10 Daihatsu Motor Co Ltd Transfer device for automobile
DE3600873C1 (de) * 1986-01-15 1987-06-11 Daimler Benz Ag Schaltvorrichtung fuer zwei Kupplungen zum Umschalten zwischen einachsigem Standardantrieb und zweiachsigem Allradantrieb bei einem Kraftfahrzeug mit zwei antreibbaren Fahrzeugachsen
JPH0460844B2 (ja) * 1986-04-17 1992-09-29 Toyota Motor Co Ltd
JP2572064B2 (ja) * 1987-04-27 1997-01-16 マツダ株式会社 4輪駆動車の操作装置
JP2596931B2 (ja) * 1987-04-27 1997-04-02 マツダ株式会社 4輪駆動車の動力伝達装置

Also Published As

Publication number Publication date
US5057062A (en) 1991-10-15
JPS63269727A (en) 1988-11-08

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9511666B2 (en) Disconnectable driveline for all-wheel drive vehicle
US9914456B2 (en) Control system for four-wheel drive vehicle
US5275252A (en) Part-time transfer case with traction control
EP2272729B1 (en) Hybrid power apparatus
US6238317B1 (en) Full-time four-wheel drive transmission with limited slip clutch
US8996214B2 (en) Hybrid working vehicle
US20040069509A1 (en) Transfer case for four-wheel drive vehicle
EP1084890B1 (en) Synchronized range shift system for full-time four wheel drive transfer case
US8725376B2 (en) Vehicle
US5902205A (en) Full-time transfer case with integrated planetary gearset and biasing clutch
US6681650B2 (en) Driving state switching unit with synchro-mechanism
EP2796310A1 (en) Transfer device
US4779698A (en) Split axle drive mechanism for part-time four-wheel drive vehicle
US6113512A (en) Full-time transfer case with integrated planetary gear assembly and synchronized range shift mechanism
US8303448B2 (en) Speed change transmission apparatus
US6601668B2 (en) Method of controlling selective four-wheel drive transmission system for all-terrain vehicle
US5005663A (en) Four-wheel drive vehicle
EP0715098B1 (en) Shift fork actuated position sensor
EP0841205B2 (en) Synchronized range shift for two-speed transfer case
US20110160969A1 (en) Continuously variable transmission
US5033575A (en) Electric control apparatus for transfer device in part-time four-wheel drive vehicle
DE4243926A1 (ja)
US4883138A (en) Four-wheel drive vehicle operating system
US5885183A (en) Transmission for four-wheel drive vehicles
CN103260928B (zh) 多模式牵引系统

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees