JPH06238033A - スロットマシン - Google Patents

スロットマシン

Info

Publication number
JPH06238033A
JPH06238033A JP5028110A JP2811093A JPH06238033A JP H06238033 A JPH06238033 A JP H06238033A JP 5028110 A JP5028110 A JP 5028110A JP 2811093 A JP2811093 A JP 2811093A JP H06238033 A JPH06238033 A JP H06238033A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
reel
symbol
symbols
stopped
reels
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP5028110A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3424032B2 (ja
Inventor
Haruo Inoue
治雄 井上
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
EAGLE KK
Original Assignee
EAGLE KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by EAGLE KK filed Critical EAGLE KK
Priority to JP02811093A priority Critical patent/JP3424032B2/ja
Publication of JPH06238033A publication Critical patent/JPH06238033A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3424032B2 publication Critical patent/JP3424032B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 シンボルの組み合わせの多様化を図る。 【構成】 シンボル表示窓の奥で、水平方向に沿って回
転自在な垂直回転リール3〜5のシンボル列と、水平回
転リール6〜8のシンボル列とを互いに直交する方向に
向けて移動表示し、移動表示が停止したときには重なり
合ったシンボル列の組み合わせによって入賞の有無を決
める。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明はスロットマシンに関し、
更に詳しくは、シンボルの表示形態に工夫を施したスロ
ットマシンに関するものである。
【0002】
【従来の技術】スロットマシンには、種々のシンボルを
外周に配列した複数のリールを実際に回転させるリール
駆動タイプのものと、ROMに格納されたグラフィック
データに基づいて擬似的にリールの回転をCRTに表示
してシンボルの移動する様子を映像表示するビデオタイ
プのものとがある。そして、いずれのタイプのもので
も、シンボルの移動表示が停止したときに入賞ライン上
で停止しているシンボルの組み合わせによって入賞の有
無の表示が行われる。
【0003】上述したようなスロットマシンでは、遊技
者がストップボタンを操作したときに発生されるストッ
プ信号や、スロットマシンに内蔵されたランダムタイマ
ーから自動的に発生されるストップ信号によって実際の
リールの回転を停止させたり、あるいは擬似リールの回
転表示を停止させて入賞ライン上にシンボルを停止表示
する。そして、入賞が得られたときには配当コインの払
い出しや、ボーナスゲーム等の遊技上での特典を与える
ようにしている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、従来の
スロットマシンでは、リールの回転が停止された時点で
即座にシンボル表示窓中のシンボルが特定されてしま
い、ゲームが単調になりやすいという欠点がある。ま
た、リールの外径に応じてその外周に配列されるシンボ
ルの個数が制限され、1リールごとのシンボルの個数を
あまり増やすことができないことから、ゲームの趣向に
多様性をもたせることが困難であった。
【0005】本発明の目的は、従来のスロットマシンで
は1個のシンボル表示窓については1個のリールだけで
シンボルの表示を行っていたために生じるゲームの単調
さを解消し、ゲームの興趣を持続させるとともに、シン
ボルの組み合わせの多様化を図ることができるスロット
マシンを提供することにある。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に請求項1記載の発明では、前記シンボル列を互いに直
交する方向に向けて移動表示させ、移動表示が停止した
ときには重なり合ったシンボル列の相互により入賞ライ
ン上でのシンボルが構成されるようにしたものである。
【0007】また、請求項2記載の発明では、シンボル
表示窓に複数のシンボル列を順次に移動表示し、シンボ
ル列の移動表示が停止したときに入賞ラインで停止して
いるシンボルの組み合わせによって入賞の有無を表示す
るスロットマシンにおいて、前記シンボル列をグラフィ
ックデータで記憶した複数のメモリ部と、複数のメモリ
部から読み出したシンボルデータを合成する合成手段
と、前記シンボル列が互いに直交方向に移動するよう
に、前記合成手段で合成後の合成シンボルデータを表示
部に表示する移動表示手段とを備えたことを特徴とする
スロットマシン。
【0008】さらに、請求項3記載の発明では、一部分
又は全体が透明なリール体の外周に複数のシンボルを配
列し、水平方向に沿って回転自在な水平回転リールと、
リール体の外周に複数のシンボルを配列し、前記水平回
転リールの内側又は外側で垂直方向に沿って回転自在な
垂直回転リールとを備え、外側に配置されたリール体の
一部あるいは全部を透明にしておき、シンボル表示窓の
奥で前記各々のリールを回転させ、各々のリールが停止
したときにシンボル表示窓に表れた外側の回転リール配
列されたシンボルとこれの透明部分を通して観察される
内側の回転リールのシンボルとの組み合わせによって入
賞の有無を決めるようにしたものである。
【0009】
【作用】請求項1記載の発明では、シンボル列を互いに
直交する向きに移動表示させたから、重なり合ったシン
ボル列の相互により新たなシンボルが構成されるように
なる。また、請求項2記載の発明では、ビデオタイプの
スロットマシンにおいて、前記シンボル列が互いに直交
方向に移動するように、移動表示手段が合成手段で合成
後の合成シンボルデータを表示部に表示するから、重な
り合ったシンボル列の相互により新たなシンボルが構成
されるようになる。さらに、請求項3記載の発明では、
リール駆動タイプのスロットマシンにおいて、水平回転
リールは一部分又は全体が透明なリール体の外周にシン
ボルを配列したものであるから、シンボルの周囲やスペ
ース部分を通して内側の垂直回転リールのシンボルを視
認することができ、また水平回転リールのシンボルと垂
直回転リールのシンボルとを組み合わせて新たなシンボ
ルを構成することもできるようになるから、シンボルの
種類を多様に変化させて遊技者に新たな興趣を与えるこ
とができる。そして、例えば水平回転リールの回転が停
止した後で垂直回転リールの回転を停止させる構成にす
ることによって、水平回転リールが停止しただけではシ
ンボルが特定されず、垂直回転リールを停止させるまで
ゲームの興趣を持続させることが可能になる。
【0010】
【実施例】本発明を用いたビデオタイプのスロットマシ
ンの外観を示す図2において、スロットマシン本体の中
央には、CRT2が嵌め込まれ、これがシンボル表示窓
として用いられる。CRT2には、グラフィックデータ
に基づいて映像化された擬似の垂直回転リール3,4,
5、水平回転リール6,7,8、さらに縦横3本,斜め
2本の入賞ライン9が表示されている。
【0011】垂直回転リール3〜5には、縦方向にシン
ボル(ブランクシンボルも含む)が配列され、これによ
り各リール3〜5ごとにシンボル列が構成されており、
また水平回転リール6〜8には、横方向にシンボルが配
列され、これにより各リール6〜8ごとにシンボル列が
構成されている。CRT2には、各リールについて3個
ずつ、合計9個のシンボルが表示される。入賞ライン9
は各リール3〜8が停止したときに、シンボルの組み合
わせを決めるためのラインとなり、ゲームの開始に先立
ってコイン投入口10に投入したコインの枚数によっ
て、有効化される本数が決められる。
【0012】1〜8枚のコインを投入した後、スタート
ボタン11を押すと、各リール3〜8が一斉に回転す
る。各々のリール3〜8には、図1に示したように、
「ブランク(空白)」,「スター」,「7」,「1BA
R」,「2BAR」,「3BAR」,「チェリー」等の
シンボルが配列されている。そして、スタートボタン1
1を押したときには垂直回転リール3〜5は上から下向
きに垂直移動で表示され、水平回転リール6〜8は右か
ら左向きに水平移動で表示される。これらの移動表示を
行うにあたっては、垂直回転3〜5を表示するためのグ
ラフィックデータと、水平回転リール6〜8を表示する
ためのグラフィックデータとを合成し、この合成データ
に基づいてCRT2を駆動すればよい。
【0013】ストップボタン12〜17は、各リール3
〜8に対応して設けられており、これを押すことによっ
て各リール3〜8の移動表示を停止させることができ
る。各リール3〜8の停止表示は、ストップボタン12
〜17を順に押したタイミングで垂直回転リール3〜5
を停止表示させた後、水平回転リール6〜8が順次に停
止表示されるようになっている。そして、水平回転リー
ル6〜8が停止すると、図1の右側に示したように、垂
直回転リール3〜5のシンボルと、水平回転リール6〜
8のシンボルとが各入賞ライン上に合成して停止表示さ
れる。こうして全てのリール3〜8が停止表示され、コ
インの投入枚数に応じて有効化された入賞ライン9上に
位置しているシンボルの組み合わせが入賞に該当したも
のであるときには、その入賞役に対応した枚数の配当コ
インが受皿18に払い出されて一回のゲームが終了す
る。
【0014】上記スロットマシンのリール3〜8の移動
並びに停止表示、入賞判定、配当コインの払い出し等の
各処理は、マイクロコンピュータによって制御されてお
り、図3はその機能ブロックを概略的に示している。マ
イクロプロセッサユニット(MPU)19は、プログラ
ムROM20に格納されているシーケンスプログラムに
したがって上述した各処理を実行する。各リール3〜8
をCRT2にグラフィック表示するために、各リール3
〜8ごとにシンボルデータメモリ21〜26が設けられ
ている。シンボルデータメモリ21〜26には各リール
3〜8のシンボルの配列順に対応したアドレス順に、シ
ンボル表示用のグラフィックデータが格納されている。
【0015】シンボルデータメモリ21〜26から読み
出されたシンボルデータは、合成部27に供給される。
合成部27は、シンボルデータを合成し、合成シンボル
データをMPU19に供給する。映像信号処理部28
は、MPU19から供給されてくる合成シンボルデータ
を受け、これに基づいてCRT2にシンボルの移動並び
に停止の画像表示を行う。
【0016】コインセンサー30は、コイン投入口10
から投入されたコインの枚数データをMPU19に入力
し、MPU19はこの枚数データによって入賞ライン9
のうちで有効化される本数を決定する。なお、入賞ライ
ン9のうちで有効化されたものはCRT2に表示され
る。
【0017】スタート信号発生部31は、スタートボタ
ン11を押したときにスタート信号をMPU19に入力
し、これによりMPU19はリール3〜8の移動表示を
開始させる。ストップボタン12〜17を押したときに
は、この操作に応じてストップ信号発生部32からMP
U19にリールごとのストップ信号が供給され、リール
3〜8の移動表示が停止される。
【0018】入賞判定部34はリール3〜8の移動表示
が停止した後、有効化された入賞ライン9上で停止表示
されているシンボルの組み合わせが入賞に該当している
か否かを判定する。入賞ライン9上に停止しているシン
ボルの種類は、シンボルデータメモリ内のアドレスデー
タに基づいてMPU19で識別することができるから、
そのアドレスデータの組み合わせによりシンボルの組み
合わせを特定することができる。コイン払い出し器35
は、入賞判定の結果、入賞が得られているときにMPU
19からの指令により作動し、入賞役に応じた枚数の配
当コインを払い出して停止する。
【0019】上記ビデオタイプのスロットマシンの作用
について簡単に説明する。例えば8枚のコインをコイン
投入口10に投入すると、8本の入賞ライン9の全てが
有効化されたことがCRT2に表示される。スタートボ
タン11を押すと、MPU19は垂直回転リールシンボ
ルデータ21〜23,水平回転リールシンボルデータ2
4〜26に対し、これらのシンボルデータが互いに直交
する方向に移動表示されるように、シンボルごとの先頭
番地を順次にスキャンしてゆくアドレススキャン信号を
供給する。合成部27は、垂直回転リールシンボルデー
タ21〜23から読み出した各シンボルデータと、水平
回転リールシンボルデータ24〜26から読み出した各
シンボルデータとを合成する。この合成シンボルデータ
は、順次にMPU19に送られ、画像信号処理部28を
介してCRT2に表示される。したがってCRT2上で
は、垂直回転リール3〜5についてはシンボルが上から
下向きに移動してゆくように表示され、水平回転リール
6〜8にはシンボルが右から左向きに移動してゆくよう
に表示され、斬新なゲーム感覚が与えられるようにな
る。また、各リール6〜8の移動速度を異ならせておけ
ば、同様の興趣が得られる。
【0020】任意のタイミングでストップボタン12〜
17が押されると、ストップ信号発生部32からのリー
ルストップ信号によって、各リールシンボルデータ21
〜26に対するアドレススキャンがストップボタン12
〜17の押圧順に停止し、リールストップ信号が入力さ
れた時点でのアドレスデータだけがリールシンボルデー
タ21〜26に入力されたままとなる。図1に示したよ
うに、リール3〜8の全てが停止表示されると、垂直回
転リール3〜5のシンボルと、水平回転リール6〜8の
シンボルとが重なり合った状態でCRT2に表示され
る。そして、垂直回転リール20〜22だけが停止した
状態では、入賞ライン8b,8c上で「チェリー」−
「─」−「─」,「─」−「1BAR」−「チェリー」
との入賞が得られただけであるのに対し、水平回転リー
ル23〜25が停止した状態では、入賞ライン8a,8
b,8c,8d,8eの5ライン上で入賞が得られるよ
うになる。特に入賞ライン8a上では、垂直回転リール
20〜22だけによるシンボルの組み合わせが「1BA
R」−「3BAR」−「1BAR」でハズレであるのに
対し、水平回転リール23〜25が停止すると「3BA
R」−「3BAR」−「3BAR」の大ヒットの入賞が
得られることになる。
【0021】その後、MPU19から垂直回転リールシ
ンボルデータ21〜23,水平回転リールシンボルデー
タ24〜26に供給されているシンボルデータ読出し用
のアドレスデータをもとに入賞判定部34で入賞判定が
行われる。そして、この場合には入賞ライン8a,8
b,8c,8d,8eで得られている入賞の各々に対応
した枚数の配当コインがコイン払い出し器35により払
い出され、1ゲーム終了となる。
【0022】なお、各リール3〜8を停止させる方法と
しては、3つのストップボタンだけを用意しておき、こ
れらのストップボタンで水平回転リール3〜5を手動停
止させ、垂直回転リール6〜8の全てを任意のタイミン
グで自動停止させるようにしてもよい。この場合には、
垂直回転リール6〜8を停止させるためのリールストッ
プ信号を得るために、ランダムタイマーを新たに設ける
必要がある。このランダムタイマーは、水平回転リール
3〜5の移動表示が全て停止した後に作動し、ランダム
な時間経過後に3つの垂直回転リール6〜8のリールス
トップ信号をMPU19に順次に入力する。このように
すると前述したスロットマシンでは、ストップボタン1
2〜17の操作により全リール3〜8が停止した時点で
入賞ライン9上でのシンボルの組み合わせが決定されて
しまうが、この場合には垂直回転リールシンボルデータ
21〜23には引続きMPU19からアドレススキャン
信号が供給され続けているから、垂直回転リール3〜5
の移動表示は継続されたままとなっており、シンボルが
移動している様子をCRT2で観察することができる。
【0023】また、全てのストップボタンを省略し、垂
直回転リール3〜6の停止についてもランダムタイマー
からのストップ信号で停止させるオートストップ型にす
ることもできる。
【0024】以上のように、リール3〜8の各々を、垂
直回転リール3〜5と水平回転リール6〜8との二重合
成画像で表示すれば、垂直回転リールのシンボルと水平
回転リールのシンボルとを重ね合わせることによってシ
ンボルの種類が変わったりするようになり、結果的にシ
ンボルの種類を増やすことが可能となる。そして、例え
ば図1の垂直回転リール4の上段に表されているよう
に、「スター」シンボルと「7」シンボルとの合成シン
ボルが入賞ライン上に揃ったときには、ジャックポット
を与える等、これまでのスロットマシンにはない新たな
興趣を導入することができる。
【0025】なお、CRT2に表示する擬似の垂直回転
リール3〜5あるいは水平回転リール6〜8のいずれか
一方だけにシンボルを配列し、他方のリールについては
背景色を施しておき、入賞ライン9上における背景色だ
けの組み合わせ,シンボルだけの組み合わせ、さらには
背景色とシンボルとの組み合わせで種々の入賞ランクを
決めることも可能である。また、ポーカーゲーム用のス
ロットマシンに適用する際のシンボルとしては、垂直回
転リール3〜5あるいは水平回転リール6〜8のいずれ
か一方のリールに施したトランプカードの「ハート」,
「クラブ」,「クローバ」,「スペード」の種類を表す
シンボルと、他方のリールに施した「数」のシンボルと
してもよい。これによれば、従来のポーカーゲーム用の
スロットマシンでは、リール駆動タイプのものでは1リ
ールに配列できるカードの枚数に限りがあり、またビデ
オタイプのものでも全種類のカードについてグラフィッ
クデータをメモリに用意することが煩雑なため、限られ
た種類のカードしか用いることができなかったが、上記
実施例を用いれば、トランプカードの全てのカードをC
RT2上に簡単に表示することができ、より実際に近い
ポーカーゲームを行うことができるようになる。
【0026】さらに、本発明はリール駆動タイプのスロ
ットマシンにも用いることができる。図4及び図5に、
リール駆動タイプのスロットマシンの実施例を示す。ス
ロットマシン本体の中央には3個のシンボル表示窓4
0,41,42が形成されており、このシンボル表示窓
40,41,42の奥には、6個のリール44〜49が
内蔵されたリールユニット43が設けられている。
【0027】リールユニット43は、3列に並置された
垂直回転リール44,45,46と、3段に並置された
水平回転リール47,48,49とから構成されてお
り、シンボル表示窓40〜42から水平回転リール47
〜49のシンボルとこれを通して観察される垂直回転リ
ール44〜46のシンボルとが重ね合わせて観察できる
ようになっている。垂直回転リール44〜46は、不透
明なリール体50〜52とこの外周に貼着された透明な
帯体53〜55とから構成されている。帯体53〜55
には、例えば「1BAR」,「3BAR」,「スタ
ー」,「7」,「チェリー」等の複数のシンボルが整列
して表示されている。
【0028】リール体50〜52にはこれらの回転中心
50a,51a,52aにステッピングモータ56〜5
8がこれらの軸を水平に向けた状態でそれぞれ固定され
ている。ベース基板59にはリール保持用のブラケット
60〜62が固着され、ブラケット60〜62には各ス
テッピングモータ56〜58が、例えば六角ボルト等に
より固定されている。
【0029】水平回転リール47〜49は、垂直回転リ
ール44〜46を取り囲むように配置されており、これ
らは全体が透明なリール体63〜65と、この外周に貼
着された透明な帯体66〜68とから構成されている。
帯体66〜68には、複数のシンボルが整列して表示さ
れている。
【0030】リール体63〜65は、3段重ねの構造と
なっている。リール体64は、その上下端が断面L字型
に折り曲げ形成されており、この上下の折り曲げ部がリ
ール体63,65の一端で支持された状態で水平方向に
回転する。またリール体63,65は、これの他端が上
蓋69及びベース基板59の折り曲げ部69a,59a
で支持された状態で水平方向に回転する。
【0031】各リール体63〜65の内側には、環状に
形成されたギヤ70〜72がそれぞれ固定されている。
これらのギヤ70〜72には、ステッピングモータ74
〜76の駆動が伝達される。これらのステッピングモー
タ74〜76は、これらの回転軸が垂直方向に向いた状
態でステー73及びベース基板59に取り付けられてい
る。なお、リール体63〜65を3段重ねする構造は、
前述した構造以外に各リール体63〜65の一端にU字
溝を形成し、これらのU字溝にリール体63〜65の他
端を嵌め込んで3段重ねした構造でもよい。さらに、こ
れらのリール体63〜65の摺動部には、ベアリングを
組み込むのが好適である。
【0032】上記スロットマシンの電気的構成を示す図
6において、マイクロプロセッサユニット(MPU)8
0は、プログラムROM81に格納されているシーケン
スプログラムにしたがってゲームを実行させる。コイン
センサ82はコイン投入口10から投入されたコインの
枚数を検出してMPU80に入力し、これにより入賞ラ
イン9上の有効化本数が決定される。スタート信号発生
部83は、スタートレバー11の操作を検出してスター
ト信号をMPU80に入力する。このスタート信号の入
力によりMPU80は、垂直水及び平回転リール44〜
49を回転させる。
【0033】垂直及び水平回転リール44〜49の回転
は、MPU80がドライバ84〜89にクロックパルス
を供給することによって開始される。各々のドライバ8
4〜89は、MPU80からのクロックパルスを受け、
その周波数に対応して各ステッピングモータ56〜5
8,74〜76に駆動パルスを供給する。ステッピング
モータ56〜58,74〜76は、駆動パルスの供給ご
とに一定角度ずつ回転するから、駆動パルスの個数を計
数することによってその回転角を知ることができる。こ
のため、ドライバ84〜89から出力される駆動パルス
は、各々対応して設けられたカウンタ90〜95で計数
されるようになっている。なお、ステッピングモータ5
6〜58は垂直回転リール駆動用、ステッピングモータ
74〜76は水平回転リール駆動用である。
【0034】前記カウンタ90〜95のリセット(R)
端子には、ステッピングモータ56〜58,74〜76
が回転の原点位置を通過するごとにリセットパルスが入
力され、その度に計数値は「0」にクリアされるため、
カウンタ90〜95の計数値はステッピングモータ56
〜58,74〜76の1回転内での回転角に対応した値
となる。また、各リール44〜49のシンボルの配列順
と、ステッピングモータ56〜58,74〜76がちょ
うど原点位置で停止したときにシンボル表示窓44〜4
6の中央に現れるシンボルの種類とは予め分かっている
ため、カウンタ90〜95の計数値に基づき、入賞ライ
ン9上で停止しているシンボルを特定することができ
る。
【0035】ストップ信号発生部96は、ストップボタ
ン12〜17が押されたときにそれぞれリールストップ
信号をMPU80に入力する。MPU80はこれらのリ
ールストップ信号を受けて、各リール44〜49の回転
を停止させる。例えば、垂直回転リール44〜46が回
転している状態でストップボタン12〜14を押すと、
ドライバ84〜86へのクロックパルスの供給が断た
れ、これによりステッピングモータ56〜58には駆動
パルスが供給されなくなり垂直回転リール56〜58の
回転が停止されるようになる。
【0036】入賞判定部97は、各リール44〜49の
回転が停止した後、有効化された入賞ライン9上でのシ
ンボルの組み合わせが入賞に該当しているか否かを判定
する。入賞ライン9上に停止しているシンボルの種類
は、前述したようにカウンタ90〜95の計数値に対応
して識別することができる。そして、この入賞判定の結
果、入賞が得られていると、コイン払い出し器98がM
PU80からの指令により作動し、入賞役に応じた枚数
の配当コインを払い出す。
【0037】上記スロットマシンの作用について説明す
る。スタートレバー11を押すと、MPU80は全ての
ドライバ84〜89にクロックパルスを供給し、これに
より各ドライバ84〜89からステッピングモータ56
〜58,74〜76に駆動パルスが供給される。駆動パ
ルスの供給によりステッピングモータ56〜58,74
〜76が駆動されると、各リール44〜49が一斉に回
転を開始する。このとき、シンボル表示窓44〜46か
ら観察すると垂直回転リール44〜46については透明
な水平回転リール23〜25を通してシンボルが上から
下向きに移動する状態で、水平回転リール47〜49に
ついてはシンボルが右から左向きに移動する状態で観察
される。
【0038】任意のタイミングでストップボタン12〜
17が押されると、ストップ信号発生部96からのリー
ルストップ信号によって、全リール44〜49の回転が
ストップボタン12〜17の押圧順に停止する。したが
って、入賞ライン9上には各リール44〜49のシンボ
ルが停止される。このようにリール44〜49の全てが
停止表示されると、水平回転リール47〜49のシンボ
ルと、垂直回転リール44〜46のシンボルとが重なり
合った状態で各シンボル表示窓44〜46から観察され
る。
【0039】その後MPU80は、全てのカウンタ90
〜95での計数値を参照して入賞ライン9上で停止して
いるシンボルの種類を識別し、そのシンボルの組み合わ
せデータに基づいて入賞判定部97で入賞判定を行う。
この入賞判定によりMPU80は、入賞ライン9上で得
られている入賞の各々に対応した枚数の配当コインをコ
イン払出し器98を制御して払い出し、1ゲーム終了と
する。
【0040】前述した実施例では、水平回転リール23
〜25の全てを透明としているが、表示されたシンボル
のうち一部分のシンボルが表示された部分だけを透明と
しもよい。また、垂直回転リール44〜46の外側に水
平回転リール47〜49を配置した構造としているが、
図1を90°回転させて見ることにより、垂直方向に回
転する回転リール47〜49の内側に水平方向に回転す
る回転リール44〜46を配置させた構造にすることが
できるのはいうまでもない。
【0041】上記実施例では、垂直回転リール44〜4
6と水平回転リール47〜49とを3個ずつ組み合わせ
た構造としているが、これらのリールの個数は本発明で
はこれに限らずいくつでもよい。また、前述した実施例
では、1人用のスロットマシンについて説明してきた
が、8人が同時に行えるスロットマシンの実施例を図7
及び図8に示す。この例では、8人が腰掛ける各椅子1
00の前方に、縦横3列ずつ9個のシンボルが表示され
るシンボル表示窓が各々配置されている。これらのシン
ボル表示窓の奥には、3列の垂直回転リール101a〜
101cから構成される垂直回転リールユニット101
が円周方向に所定ピッチで8個ずつ配置されており、こ
れらの垂直回転リールユニット101を取り囲むように
大きな3段の水平回転リール102a〜102cから構
成される水平回転リールユニット102が水平方向に向
けて回動自在に設けられている。
【0042】この実施例では、垂直回転リールユニット
101の数に応じて椅子100に腰掛けた前方にコイン
投入口がそれぞれ設けられており、これらのコイン投入
口のうちのいずれかにコインが投入されると、一義的に
使用する台が決定されるため、決定された垂直回転リー
ルユニット101と水平回転リールリールユニット10
2とが一定時間経過後に自動的に回転する。ストップボ
タンも垂直回転リールユニット101の数に応じて椅子
100に腰掛けた前方に3個ずつ設けられており、これ
らの操作を行うことにより垂直回転リールユニット10
1の各リール101a〜101cの回転が停止する。水
平回転リール102a〜102cは、ランダムタイマに
よって垂直回転リール101a〜101cの全てが停止
した後に自動的に停止する。なお、ストップボタンの操
作が一定時間行われない場合には、ランダムタイマによ
って自動的に停止させる。入賞判定は、入賞判定部がコ
イン投入された台でのシンボル表示窓に並んだシンボル
の入賞判定を行う。
【0043】
【発明の効果】上述したように、本発明によれば、シン
ボル列を互いに直交する向きに移動表示させたから、重
なり合ったシンボル列の相互により新たなシンボルが構
成されるようになり、シンボルの種類を多様に変化させ
て遊技者に新たな興趣を与えることができる。また、水
平方向に回転するリールと垂直方向に回転するリールと
の両者を重なり合うように回転させることによって、シ
ンボルの移動表示にも斬新なゲーム感覚を導入すること
ができ、従来のスロットマシンのもつ単調さを大幅に改
善することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明を用いたスロットマシンのシンボル列を
示す概念図である。
【図2】スロットマシンの外観を示す正面図である。
【図3】スロットマシンの構成を概略的に示す機能ブロ
ック図である。
【図4】リール駆動タイプのスロットマシンのリールユ
ニットの正面図である。
【図5】リールユニットの構造を示す断面図である。
【図6】スロットマシンの電気的構成を概略的に示した
機能ブロック図である。
【図7】スロットマシンの他の例を正面から見た概略説
明図である。
【図8】図7に示したスロットマシンを平面から見た概
略説明図である。
【符号の説明】
2 CRT 9 入賞ライン 3〜5,44〜46 垂直回転リール 6〜8,47〜49 水平回転リール 50〜52,63〜65 リール体 53〜55,66〜68 帯体 56〜58,74〜76 ステッピングモータ

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 シンボル表示窓に複数のシンボル列を順
    次に移動表示し、シンボル列の移動表示が停止したとき
    に入賞ラインで停止しているシンボルの組み合わせによ
    って入賞の有無を表示するスロットマシンにおいて、 前記シンボル列を互いに直交する方向に向けて移動表示
    させ、移動表示が停止したときには重なり合ったシンボ
    ル列の相互により入賞ライン上でのシンボルが構成され
    ることを特徴とするスロットマシン。
  2. 【請求項2】 シンボル表示窓に複数のシンボル列を順
    次に移動表示し、シンボル列の移動表示が停止したとき
    に入賞ラインで停止しているシンボルの組み合わせによ
    って入賞の有無を表示するスロットマシンにおいて、前
    記シンボル列をグラフィックデータで記憶した複数のメ
    モリ部と、複数のメモリ部から読み出したシンボルデー
    タを合成する合成手段と、前記シンボル列が互いに直交
    方向に移動するように、前記合成手段で合成後の合成シ
    ンボルデータを表示部に表示する移動表示手段とを備え
    たことを特徴とするスロットマシン。
  3. 【請求項3】 リール体の外周に複数のシンボルを配列
    し、水平方向に沿って回転自在な水平回転リールと、リ
    ール体の外周に複数のシンボルを配列し、垂直方向に沿
    って回転自在な垂直回転リールとを備え、水平又は垂直
    回転リールのうちいずれか一方のリールを外側に、他方
    のリールを内側に配置して外側のリールのリール体の一
    部分あるいは全部を透明にしておき、シンボル表示窓の
    奥で前記各々のリールを回転させ、各々のリールが停止
    したときにシンボル表示窓に表れた外側の回転リールに
    配列されたシンボルとこれの透明部分を通して観察され
    る内側の回転リールのシンボルとの組み合わせによって
    入賞の有無を決めることを特徴とするスロットマシン。
JP02811093A 1993-02-17 1993-02-17 スロットマシン Expired - Fee Related JP3424032B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP02811093A JP3424032B2 (ja) 1993-02-17 1993-02-17 スロットマシン

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP02811093A JP3424032B2 (ja) 1993-02-17 1993-02-17 スロットマシン

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06238033A true JPH06238033A (ja) 1994-08-30
JP3424032B2 JP3424032B2 (ja) 2003-07-07

Family

ID=12239677

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP02811093A Expired - Fee Related JP3424032B2 (ja) 1993-02-17 1993-02-17 スロットマシン

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3424032B2 (ja)

Cited By (22)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH09253289A (ja) * 1996-03-18 1997-09-30 Sankyo Kk 遊技機
JPH09266979A (ja) * 1996-04-01 1997-10-14 Sankyo Kk 弾球遊技機
JP2001025539A (ja) * 2000-01-01 2001-01-30 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2001120764A (ja) * 1999-10-26 2001-05-08 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2003033508A (ja) * 2001-07-25 2003-02-04 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2003225350A (ja) * 2002-02-01 2003-08-12 Konami Co Ltd ゲーム装置
JP2003225341A (ja) * 2002-02-01 2003-08-12 Konami Co Ltd マルチステーションゲーム機
JP2004008811A (ja) * 2003-10-03 2004-01-15 Heiwa Corp 遊技機
JP2004154492A (ja) * 2002-11-08 2004-06-03 Denso Corp 遊技機
JP2004261460A (ja) * 2003-03-03 2004-09-24 Kpe Inc 遊技装置
US6875106B2 (en) * 2001-01-10 2005-04-05 Aristocrat Technologies, Inc. Gaming device and method
US6880826B2 (en) * 2002-08-07 2005-04-19 Dragon Co., Ltd. Symbol display apparatus for game machine
JP2007061465A (ja) * 2005-09-01 2007-03-15 Olympia:Kk 回胴式遊技機
JP2007319470A (ja) * 2006-06-01 2007-12-13 Konami Gaming Inc スロットマシン
JP2010075726A (ja) * 2009-11-30 2010-04-08 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
AU2008207401B2 (en) * 2007-08-29 2012-01-12 Aristocrat Technologies Australia Pty Limited A gaming system and a method of gaming
US8216046B2 (en) 2002-02-01 2012-07-10 Konami Gaming, Inc. Multi-station game machine
US8951116B1 (en) 2009-07-29 2015-02-10 Nicholas Koenig Slot machine game with intersecting wheels
US9666033B2 (en) * 2006-10-14 2017-05-30 Kenneth Lathrop Electronic slot machine
US10733832B2 (en) 2017-09-04 2020-08-04 Aristocrat Technologies Australia Pty Limited Method of gaming, a gaming system and a game controller
US10902695B2 (en) 2017-03-22 2021-01-26 Aristocrat Technologies Australia Pty Limited Spinning reel game with a synchronized spinning prize reel
USD918243S1 (en) 2017-09-01 2021-05-04 Aristocrat Technologies Australia Pty Limited Display screen or portion thereof with transitional graphical user interface

Cited By (26)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH09253289A (ja) * 1996-03-18 1997-09-30 Sankyo Kk 遊技機
JPH09266979A (ja) * 1996-04-01 1997-10-14 Sankyo Kk 弾球遊技機
JP2001120764A (ja) * 1999-10-26 2001-05-08 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2001025539A (ja) * 2000-01-01 2001-01-30 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
US6875106B2 (en) * 2001-01-10 2005-04-05 Aristocrat Technologies, Inc. Gaming device and method
JP2003033508A (ja) * 2001-07-25 2003-02-04 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
US8845410B2 (en) 2002-02-01 2014-09-30 Konami Gaming, Inc. Multi-station game machine
JP2003225341A (ja) * 2002-02-01 2003-08-12 Konami Co Ltd マルチステーションゲーム機
US7465226B2 (en) 2002-02-01 2008-12-16 Konami Gaming Incorporated Multi-station game machine
US8216046B2 (en) 2002-02-01 2012-07-10 Konami Gaming, Inc. Multi-station game machine
JP2003225350A (ja) * 2002-02-01 2003-08-12 Konami Co Ltd ゲーム装置
US6880826B2 (en) * 2002-08-07 2005-04-19 Dragon Co., Ltd. Symbol display apparatus for game machine
JP2004154492A (ja) * 2002-11-08 2004-06-03 Denso Corp 遊技機
JP2004261460A (ja) * 2003-03-03 2004-09-24 Kpe Inc 遊技装置
JP2004008811A (ja) * 2003-10-03 2004-01-15 Heiwa Corp 遊技機
JP2007061465A (ja) * 2005-09-01 2007-03-15 Olympia:Kk 回胴式遊技機
JP2007319470A (ja) * 2006-06-01 2007-12-13 Konami Gaming Inc スロットマシン
US9666033B2 (en) * 2006-10-14 2017-05-30 Kenneth Lathrop Electronic slot machine
AU2008207401B2 (en) * 2007-08-29 2012-01-12 Aristocrat Technologies Australia Pty Limited A gaming system and a method of gaming
US8951116B1 (en) 2009-07-29 2015-02-10 Nicholas Koenig Slot machine game with intersecting wheels
JP2010075726A (ja) * 2009-11-30 2010-04-08 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
US10902695B2 (en) 2017-03-22 2021-01-26 Aristocrat Technologies Australia Pty Limited Spinning reel game with a synchronized spinning prize reel
US11881079B2 (en) 2017-03-22 2024-01-23 Aristocrat Technologies Australia Pty Limited Spinning reel game with a synchronized spinning prize reel
USD918243S1 (en) 2017-09-01 2021-05-04 Aristocrat Technologies Australia Pty Limited Display screen or portion thereof with transitional graphical user interface
US10733832B2 (en) 2017-09-04 2020-08-04 Aristocrat Technologies Australia Pty Limited Method of gaming, a gaming system and a game controller
US11532200B2 (en) 2017-09-04 2022-12-20 Aristocrat Technologies Australia Pty Limited Method of gaming, a gaming system and a game controller

Also Published As

Publication number Publication date
JP3424032B2 (ja) 2003-07-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH06238033A (ja) スロットマシン
US5395111A (en) Slot machine with overlying concentric reels
JPH0519098Y2 (ja)
US5611535A (en) Gaming machine having compound win line
US5609524A (en) Slot machine
US5630753A (en) Gaming machine
JP2719121B2 (ja) スロットマシン
US6880826B2 (en) Symbol display apparatus for game machine
JPH07275432A (ja) スロットマシン
JP2529452B2 (ja) スロットマシン
JP2007068850A (ja) 遊技機
JP4127929B2 (ja) 遊技機
JP2003205067A (ja) スロットマシン
JP3970511B2 (ja) 遊技機
JP4554143B2 (ja) 遊技機
JP2898358B2 (ja) シンボル表示式遊技機
JP3408170B2 (ja) スロットマシンおよびスロットマシンにおけるシンボル列の表示制御方法
JPH08294566A (ja) パチンコ機
JPH07112052A (ja) スロットマシン
JP3087119U (ja) スロットマシン
JP2002119640A (ja) 遊技機
JP2007159831A (ja) スロットマシン
JP3537412B2 (ja) 遊技機
JP4607168B2 (ja) 遊技機
JPH0324879B2 (ja)

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20030304

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120502

Year of fee payment: 9

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees