JP2529452B2 - スロットマシン - Google Patents

スロットマシン

Info

Publication number
JP2529452B2
JP2529452B2 JP2236160A JP23616090A JP2529452B2 JP 2529452 B2 JP2529452 B2 JP 2529452B2 JP 2236160 A JP2236160 A JP 2236160A JP 23616090 A JP23616090 A JP 23616090A JP 2529452 B2 JP2529452 B2 JP 2529452B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
reel
reels
symbols
slot machine
stopped
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP2236160A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH04114676A (ja
Inventor
治雄 井上
Original Assignee
株式会社イーグル
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社イーグル filed Critical 株式会社イーグル
Priority to JP2236160A priority Critical patent/JP2529452B2/ja
Publication of JPH04114676A publication Critical patent/JPH04114676A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2529452B2 publication Critical patent/JP2529452B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G07CHECKING-DEVICES
    • G07FCOIN-FREED OR LIKE APPARATUS
    • G07F17/00Coin-freed apparatus for hiring articles; Coin-freed facilities or services
    • G07F17/32Coin-freed apparatus for hiring articles; Coin-freed facilities or services for games, toys, sports, or amusements
    • GPHYSICS
    • G07CHECKING-DEVICES
    • G07FCOIN-FREED OR LIKE APPARATUS
    • G07F17/00Coin-freed apparatus for hiring articles; Coin-freed facilities or services
    • G07F17/32Coin-freed apparatus for hiring articles; Coin-freed facilities or services for games, toys, sports, or amusements
    • G07F17/34Coin-freed apparatus for hiring articles; Coin-freed facilities or services for games, toys, sports, or amusements depending on the stopping of moving members in a mechanical slot machine, e.g. "fruit" machines

Description

【発明の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 本発明はリール式のスロットマシンに関し、詳しくは
外リールと内リールとを組み合わせてシンボルの表示を
行うことができるようにしたスロットマシンに関するも
のである。
〔従来の技術〕
スロットマシンには、ROMに格納されたグラフィック
データに基づいて擬似的にリールが回転する様子をCRT
に映像表示するビデオタイプのものもあるが、起動時や
停止時、あるいはシンボルの移動表示等の感覚的な相違
から、外周にシンボルを記した実際のリールを用いたリ
ール式のものが愛好されている。
このようなリール式のスロットマシンでは、スタート
レバーの操作により例えば3本のリールを一斉に回転さ
せ、リールごとに設けられたストップボタンの操作やラ
ンダムタイマーから発生されるストップ信号によってリ
ールの回転を停止させる。そして、全リールが停止した
ときにシンボル表示窓に現れているシンボルの組み合わ
せによって入賞の有無が決められ、入賞が得られている
場合には配当コインの払い出しや、ボーナスゲーム等の
遊技上での特典が与えられるようになっている。
〔発明が解決しようとする課題〕
しかしながら、従来のリール式スロットマシンでは、
リールの回転が停止された時点で即座にシンボル表示窓
中のシンボルが特定されてしまい、ゲームが単調になり
やすいという欠点がある。また、リールの外径に応じて
その外周に配列されるシンボルの個数が制限され、1リ
ールごとのシンボルの個数をあまり増やすことができな
いことから、ゲームの趣向に多様性をもたせることが困
難であった。
〔発明の目的〕
本発明の目的は、従来のスロットマシンでは1個のシ
ンボル表示窓については1個のリールだけでシンボルの
表示を行っていたために生じるゲームの単調さを解消
し、ゲームの興趣を持続させるとともに、シンボルの組
み合わせの多様化を図ることができるスロットマシンを
提供することにある。
〔課題を解決するための手段〕
本発明は上記目的を達成するために、シンボル表示窓
の奥で回転されるリールを外リールと内リールとの二重
構造にし、外リールには透明なリール体を用いて外リー
ルを通して内リールのシンボルが観察できるようにした
ものである。
〔作用〕
外リールは透明なリール体にシンボルを配列したもの
であるから、シンボルの周囲やスペース部分を通して内
リールのシンボルを視認することができ、また外リール
のシンボルと内リールのシンボルとを組み合わせて新た
なシンボルを構成することもできるようになるから、ス
ロットマシンの外形を大きくすることなく、シンボルの
種類を多様に変化させて遊技者に新たな興趣を与えるこ
とができる。そして、外リールの回転が停止した後で内
リールの回転を停止させる構成にすることによって、外
リールが停止しただけではシンボルが特定されず、内リ
ールを停止させるまでゲームの興趣を持続させることが
可能になる。
以下、図示した実施例にしたがって本発明について説
明する。
〔実施例〕
本発明を用いたスロットマシンの外観を示す第7図に
おいて、スロットマシン本体の中央には3個のシンボル
表示窓2,3,4が形成され、その奥にはそれぞれ第1リー
ル5,第2リール6,第3リール7が設けられている。第1
〜第3リール5〜7には縦方向にシンボル(ブランクシ
ンボルも含む)が配列され、全てのリール5〜7が停止
した時点では、シンボル表示窓2〜4からは1個のリー
ルごとに3個ずつ、したがって合計9個のシンボルが外
部から観察されるようになっている。入賞ライン8は各
リール5〜7が停止したときに、そのゲームについてシ
ンボルの組み合わせを決めるためのラインとなり、ゲー
ムの開始に先立ってコイン投入口9に投入したコインの
枚数によって、有効化される本数が決められる。
第1〜第3リール5〜7は、コインの投入後にスター
トレバー10を操作すると一斉に回転し、その後、所定時
間が経過するとストップ操作が有効化される。リールの
ストップ操作はストップボタン11,12,13によってリール
ごとに行うことができる。そして、リール5〜7が停止
したときに、そのゲームについて有効化されている入賞
ライン8上で入賞に該当するシンボルの組み合わせが得
られていると、その入賞役に応じた枚数のコインが受皿
14に払い出される。
第1〜第3リール5〜7は、それぞれ外リールと内リ
ールとから構成されている。第1図は第1リール5につ
いてその構造を図示したもので、外リール5aは透明な樹
脂材からなるリール体15の外周に、「1BAR」,「3BA
R」,「スター」,「7」,「チェリー」等の複数のシ
ンボルを配列して構成されている。内リール5bは従来の
リールと同様に、不透明なリール体16の外周に複数のシ
ンボルを配列してなる。
リール体15,16には取付け板15a,16aが一体に形成され
ており、それぞれステッピングモータの軸に固着され
る。第2図は、第1〜第3リール5〜7を組み付けたリ
ールアセンブリを示している。ベース基板18にはリール
保持用のブラケット19が固着され、このブラケット19に
は、リールごとに2個ずつのステッピングモータ20a,20
b,21a,21b,22a,22bと、中央に開口23a,24aが形成された
回転支持板23,24とが例えば六角ボルトにより固定され
ている。
前記ステッピングモータ20a,21a,22aの軸には、それ
ぞれ第1〜第3リールの外リール5a,6a,7aが固定され、
ステッピングモータ20b,21b,22bには第1〜第3リール
の内リール5b,6b,7bが固定されている。そして、各々の
外リール5a〜7aは回転支持板23,24の内面に摺接して回
転が案内され、内リール5b,7bは回転支持板24の内面に
摺接して回転が案内されるようになっている。
上記スロットマシンの電気的構成を示す第3図におい
て、マイクロプロセッサユニット(MPU)30は、プログ
ラムROM31に格納されているシーケンスプログラムにし
たがってゲームを実行させる。コインセンサー32はコイ
ン投入口9から投入されたコインの枚数を検出してMPU3
0に入力し、これにより入賞ライン8の有効化本数が決
定される。スタート信号発生部33はスタートレバー10の
操作を検出してスタート信号をMPU30に入力する。この
スタート信号の入力によりMPU30は第1〜第3リール5
〜7を回転させる。
第1〜第3リール5〜7の回転は、MPU30がドライバ3
5a,35b,36a,36b,37a,37bにクロックパルスを供給するこ
とによって開始される。各々のドライバ35a〜37bは、MP
U30からのクロックパルスを受け、その周波数に対応し
て各ステッピングモータ20a〜22bに駆動パルスを供給す
る。ステッピングモータ20a〜22bは、駆動パルスの供給
ごとに一定角度ずつ回転するから、駆動パルスの個数を
計数することによってその回転角を知ることができる。
このため、ドライバ35a〜37aから出力される駆動パルス
は、各々対応して設けられたカウンタ38a〜40bで計数さ
れるようになっている。なお、ステッピングモータ20a
〜22aは外リール5a〜7a駆動用、ステッピングモータ20b
〜22bは内リール5b〜7b駆動用で、ステッピングモータ2
0b〜22bの回転方向はステッピングモータ20a〜22aとは
逆になっている。
前記カウンタ38a〜40bのリセット端子には、ステッピ
ングモータ20a〜22bが回転の原点位置を通過するごとに
リセットパルスが入力され、その度に計数値は「0」に
クリアされるから、カウンタ38a〜40bの計数値はステッ
ピングモータの1回転内での回転角に対応した値となっ
ている。また、各リール5a〜7bの外周に施したシンボル
の配列順と、ステッピングモータ5a〜7bがちょうど原点
位置で停止したときにシンボル表示窓2〜4の中央に現
れるシンボルの種類は予め分かっているから、カウンタ
38a〜40bの計数値に基づき、入賞ライン8上で停止して
いるシンボルを特定することができる。
ストップ信号発生部42は、ストップボタン11〜13が押
されたときにそれぞれ外リールストップ信号をMPU30に
入力する。MPU30はこれらの外リールストップ信号を受
けて、外リール5a〜7aの回転を停止させる。例えば、第
1リール5が回転している状態でストップボタン11を押
すと、ドライバ35aへのクロックパルスの供給が断た
れ、これによりステッピングモータ20aには駆動パルス
が供給されなくなり外リール5aの回転が停止されるよう
になる。
ランダムタイマー43は、各外リール5a〜7aの回転が外
リールストップ信号で停止された後に作動し、ランダム
なタイミングで3個の内リールストップ信号を発生して
MPU30に入力する。MPU30は、これらの内リールストップ
信号を受け、前述した外リールの停止と同様の処理によ
り内リール5b〜7bの回転を停止させる。
入賞判定部44は第1〜第3リール5〜7の回転が停止
した後、有効化された入賞ライン上でのシンボルの組み
合わせが入賞に該当しているか否かを判定する。入賞ラ
イン上に停止しているシンボルの種類は、前述したよう
にカウンタ38a〜40bの計数値に対応して識別することが
できる。そして、この入賞判定の結果、入賞が得られて
いると、コイン払い出し器45がMPU30からの指令により
作動し、入賞役に応じた枚数の配当コインを払い出す。
上記のスロットマシンの作用について第4図のフロー
チャートにしたがって説明する。
例えば3枚のコインをコイン投入口9に投入すると、
5本の入賞ライン8の全てが有効化され、各入賞ライン
両端のランプが点灯表示される。スタートレバー10を押
すと、MPU30は全てのドライバ35a〜37bにクロックパル
スを供給し、これにより各ドライバ35a〜37bからステッ
ピングモータ20a〜22bに駆動パルスが供給される。
駆動パルスの供給によりステッピングモータ20a〜22b
が駆動されると、第1〜第3リール5〜7が一斉に回転
を開始する。このとき、第1〜第3リール5〜7のそれ
ぞれについて、外リール5a〜7aは第1図において反時計
方向に、内リール5b〜7bは時計方向に回転される。した
がってシンボル表示窓2〜4を通し、外リール5a〜7aに
ついてあシンボルが上から下向きに移動する状態で観察
され、内リール5b〜7bについては透明な外リール5a〜7a
を通してシンボルが下から上向きに移動する状態で観察
され、斬新なゲーム感覚を与えることができる。なお、
外リール5a〜7aの回転方向と内リール5b〜7bの回転方向
を同じにする場合には、両者の回転数を変えることによ
って同じような興趣が得られる。
任意のタイミングでストップボタン11〜13が押される
と、ストップ信号発生部32からの外リールストップ信号
によって、それぞれ外リール5a〜7aだけが回転を停止す
る。したがって、入賞ライン上には外リール5a〜7aのシ
ンボルが停止される。
従来のスロットマシンでは、この時点で入賞ライン上
でのシンボルの組み合わせが決定されてしまうが、この
スロットマシンでは内リール駆動用のステッピングモー
タ20b〜22bが駆動を継続しているため、内リール5b〜7b
は回転状態にあり、シンボルが移動している様子を透明
な外リール5a〜7aが通して観察することができる。
外リール5a〜7aの移動表示が全て終わった後、ランダ
ムタイマー43が作動して順次に3つの内リールストップ
信号をMPU30に入力する。これにより内リール5b〜7bの
回転が停止され、第5図に示したように第1〜第3リー
ル5〜7の全てが停止表示されると、外リール5a〜7aの
シンボルと、内リール5b〜7bのシンボルとが重なり合っ
た状態で各シンボル表示窓2〜4から観察される。そし
て、外リール5a〜7aだけが停止した状態では、入賞ライ
ン8b上で「チェリー」−「−」−「−」の入賞が得られ
ただけであるのに対し、内リール5b〜7bが停止した状態
では、入賞ライン8a,8b,8cの3ライン上で入賞が得られ
るようになる。特に入賞ライン8a上では、外リール5a〜
7aだけによるシンボルの組み合わせが「1BAR」−「3BA
R」−「1BAR」でハズレであるのに対し、内リール5b〜7
bが停止すると「3BAR」−「3BAR」−「3BAR」の大ヒッ
トの入賞が得られることになる。
なお、内リール5b〜7bの移動表示を停止させるための
内リールストップ信号をランダムタイマー43から得るよ
うにしているが、外リール5a〜7aが停止した後、さらに
ストップボタン11〜13を押したときに内リールストップ
信号を発生させることも可能である。また、ストップボ
タン11〜13を省略し、外リール5a〜7aの停止についても
ランダムタイマー43からのストップ信号で停止させるオ
ートストップ型にすることもできる。
その後MPU30は、全てのカウンタ38a〜40bでの計数値
を参照して入賞ライン8上で停止しているシンボルの種
類を識別し、そのシンボルの組み合わせデータに基づい
て入賞判定部44で入賞判定が行われる。そして、この場
合には入賞ライン8a,8b,8cで得られている入賞の各々に
対応した枚数の配当コインがコイン払い出し器35により
払い出され、1ゲーム終了となる。
以上のように、リール5〜7の各々を、外リール5a〜
7aと内リール5b〜7bの二重構成にすれば、外リールの
「ブランク」を通して内リールのシンボルが現れたり、
また、外リールのシンボルと内リールのシンボルとを重
ね合わせることによってシンボルの種類が変わったりす
るようになり、結果的にシンボルの種類を増やすことが
可能となる。そして、例えば第5図の第2リール6の上
段に表されているように、「スター」シンボルと「7」
シンボルとの合成シンボルが入賞ライン上に揃ったとき
には、ジャックポットを与える等、これまでのスロット
マシンにはない新たな興趣を導入することができる。
また、外リール5a〜7aあるいは内リール5b〜7bのいず
れかだけにシンボルを配列し、他方のリールについては
背景色を施しておき、入賞ライン上における背景色だけ
の組み合わせ,シンボルだけの組み合わせ、さらには背
景色とシンボルとの組み合わせで種々の入賞ランクを決
めることも可能である。
第6図は、本発明をポーカーゲーム用のスロットマシ
ンに適用する際のシンボル例を示したものである。すな
わち、第1〜第5リール50〜54を、上述した実施例と同
様に外リール50a〜54aと内リール50b〜54bとから構成
し、外リール50a〜54aにはトランプカードの「ハー
ト」,「クラブ」,「クローバ」,「スペード」の種類
を表すシンボルを表示させ、内リール50b〜54bには
「数」のシンボルを表示させるようにしてある。そし
て、リール50〜54で表示される全てのシンボルが外リー
ル50a〜54aのシンボルと、内リール50b〜54bのシンボル
との組み合わせで構成される。
従来のポーカーゲーム用のスロットマシンでは、リー
ル駆動タイプのものでは1リールに配列できるカードの
枚数がリールの外径で制限され、限られた種類のカード
しか用いることができなかったが、上記実施例を用いれ
ば、トランプカードの全てのカードを表示することがで
き、より実際に近いポーカーゲームを行うことができる
ようになる。
以上、図示した実施例をもとに本発明について説明し
てきたが、第1〜第3リールのうちの一部だけを外リー
ルと内リールとの二重構造にする他、内リールの回転を
先に停止させてから外リールの回転を停止させてもよ
い。また、外リールだけを停止させた状態で入賞判定,
配当コインの払い出しを行い、さらに内リールが停止し
た時点で再び入賞判定,配当コインの払い出しを行うよ
うにすることもできる。
〔発明の効果〕
上述したように、本発明のスロットマシンによれば、
シンボル表示窓には外リールのシンボルだけでなく、透
明な外リールを通して内リールのシンボルも表示される
ようになるから、リールの外径を大きくすることなく、
シンボルの組み合わせを多様に変化させて遊技者に新た
な興趣を与えることができる。また、外リールと内リー
ルとの両者を回転させることによって、シンボルの移動
表示にも斬新なゲーム感覚を導入することができ、従来
のスロットマシンのもつ単調さを大幅に改善することが
できる。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明を用いたスロットマシンのリールの構造
を示す分解斜視図である。 第2図は本発明を用いたスロットマシンのリールアセン
ブリの要部断面図である。 第3図は本発明のスロットマシンの電気的構成を概略的
に示した機能ブロック図である。 第4図は本発明のスロットマシンのゲーム処理の流れを
示すフローチャートである。 第5図はシンボル表示の一例を示す説明図である。 第6図はシンボル表示の他の例を示す説明図である。 第7図は本発明を用いたスロットマシンの外観正面図で
ある。 2〜4……シンボル表示窓 5〜7……第1〜第3リール 5a〜7a……外リール 5b〜7b……内リール 8……入賞ライン 20a〜22b……ステッピングモータ 38a〜40b……カウンタ。

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】シンボル表示窓の奥で複数のリールを回転
    させ、各々のリールが停止したときにシンボル表示窓に
    現れたシンボルの組み合わせによって入賞の有無が決め
    られるスロットマシンにおいて、 前記リールの少なくとも1つは、透明なリール体に複数
    のシンボルを配列した外リールと、この外リールの内側
    で回転され、その外周に設けられたシンボルが外リール
    を通して観察される内リールとから構成されていること
    を特徴とするスロットマシン。
JP2236160A 1990-09-05 1990-09-05 スロットマシン Expired - Lifetime JP2529452B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2236160A JP2529452B2 (ja) 1990-09-05 1990-09-05 スロットマシン

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2236160A JP2529452B2 (ja) 1990-09-05 1990-09-05 スロットマシン

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH04114676A JPH04114676A (ja) 1992-04-15
JP2529452B2 true JP2529452B2 (ja) 1996-08-28

Family

ID=16996659

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2236160A Expired - Lifetime JP2529452B2 (ja) 1990-09-05 1990-09-05 スロットマシン

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2529452B2 (ja)

Families Citing this family (20)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2865595B2 (ja) * 1995-09-12 1999-03-08 株式会社三共 遊戯機用シンボル表示装置及びこれを用いたスロットマシン並びにパチンコ機
JP4136010B2 (ja) * 1996-03-18 2008-08-20 株式会社三共 遊技機
US6050895A (en) * 1997-03-24 2000-04-18 International Game Technology Hybrid gaming apparatus and method
AUPP518498A0 (en) * 1998-08-10 1998-09-03 Aristocrat Leisure Industries Pty Ltd Gaming machine with transparent sprites
US6267669B1 (en) 1999-11-29 2001-07-31 International Game Technology Hybrid gaming apparatus and method
US7204753B2 (en) 2000-02-28 2007-04-17 Denso Corporation Pattern display device and game machine including the same
JP2001340511A (ja) * 2000-06-02 2001-12-11 Dragon:Kk 遊技機用シンボル表示装置
US6517433B2 (en) 2001-05-22 2003-02-11 Wms Gaming Inc. Reel spinning slot machine with superimposed video image
AUPR874201A0 (en) 2001-11-08 2001-11-29 Aristocrat Technologies Australia Pty Limited Gaming machine display
US9064372B2 (en) 2002-02-15 2015-06-23 Wms Gaming Inc. Wagering game with simulated mechanical reels having an overlying image display
JP2005065892A (ja) 2003-08-22 2005-03-17 Dragon:Kk 遊技機用シンボル表示装置
AU2008202817A1 (en) 2007-06-28 2009-01-15 Aristocrat Technologies Australia Pty Limited A display device for a gaming machine
JP2010200793A (ja) * 2009-02-27 2010-09-16 Sammy Corp 遊技機の表示装置
JP2016220974A (ja) * 2015-05-29 2016-12-28 株式会社ディ・ライト 遊技機
JP2016220970A (ja) * 2015-05-29 2016-12-28 株式会社ディ・ライト 遊技機
JP2016220975A (ja) * 2015-05-29 2016-12-28 株式会社ディ・ライト 遊技機
JP6498042B2 (ja) * 2015-05-29 2019-04-10 株式会社ディ・ライト 遊技機
JP2016220971A (ja) * 2015-05-29 2016-12-28 株式会社ディ・ライト 遊技機
JP6519351B2 (ja) * 2015-06-26 2019-05-29 オムロン株式会社 演出装置及び遊技機
JP2019107517A (ja) * 2019-03-12 2019-07-04 株式会社ディ・ライト 遊技機

Family Cites Families (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
GB8423632D0 (en) * 1984-09-19 1984-10-24 Jpm Automatic Machines Ltd Gaming/amusement with-prizes machines

Also Published As

Publication number Publication date
JPH04114676A (ja) 1992-04-15

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2529452B2 (ja) スロットマシン
JP2719121B2 (ja) スロットマシン
US5395111A (en) Slot machine with overlying concentric reels
US5611535A (en) Gaming machine having compound win line
US5152529A (en) Game machine
JPH07275432A (ja) スロットマシン
US20050043084A1 (en) Symbol display device for game machine
US20050020349A1 (en) Gaming machine
JP2004024554A (ja) 遊技機用シンボル表示装置
JP2004049392A (ja) 遊技機用シンボル表示装置
US20070060296A1 (en) Gaming machine
JP2004073712A (ja) 遊技機用シンボル表示装置
GB2157047A (en) Entertainment machines
JP2005065892A (ja) 遊技機用シンボル表示装置
JP2515368Y2 (ja) スロットマシン
JP3989071B2 (ja) 遊技機
JP4127929B2 (ja) 遊技機
JP2002078852A (ja) スロットマシン
JPH11188134A (ja) 遊技機
JP2006116351A (ja) 遊技機
JP4041246B2 (ja) 遊技機
JP3989133B2 (ja) 遊技機
JP2001087450A (ja) スロットマシン
JP2529452C (ja)
JP2006020779A (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110614

Year of fee payment: 15

EXPY Cancellation because of completion of term
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110614

Year of fee payment: 15