JPH06134626A - 車両用アンダボディ組付装置 - Google Patents

車両用アンダボディ組付装置

Info

Publication number
JPH06134626A
JPH06134626A JP30791892A JP30791892A JPH06134626A JP H06134626 A JPH06134626 A JP H06134626A JP 30791892 A JP30791892 A JP 30791892A JP 30791892 A JP30791892 A JP 30791892A JP H06134626 A JPH06134626 A JP H06134626A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
jig
underbody
general
guide
plate
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP30791892A
Other languages
English (en)
Inventor
Toshinobu Suzuki
敏伸 鈴木
Kenji Iwasaki
健次 岩▲崎▼
Makoto Osanai
誠 小山内
Original Assignee
Kanto Auto Works Ltd
関東自動車工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kanto Auto Works Ltd, 関東自動車工業株式会社 filed Critical Kanto Auto Works Ltd
Priority to JP30791892A priority Critical patent/JPH06134626A/ja
Publication of JPH06134626A publication Critical patent/JPH06134626A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 組付精度,作業性等を向上させることができ
る車両用アンダボディ組付装置を提供する。 【構成】 所定位置に固定したパレット11と、パレッ
ト11上に敷設したスライドガイド12と、スライドガ
イド12上に横架し且つスライドガイド12に沿って移
動可能に支持したサブベース13と、サブベース13を
スライドガイド12に固定する位置決め手段14と、サ
ブベース13上に立設した複数のセットポスト15と、
から成る汎用治具20と、汎用治具20上にロックガイ
ドセットプレート21を介して連結されていて、その上
にアンダボディ部材を支持し得るようにした上治具26
とを備え、セットポスト15に内蔵したシリンダ16に
よって作動する着脱装置により、上治具26が着脱され
るようにした。汎用治具20と上治具26は、面接合に
より連結される。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】この発明は、乗用車等の車両の特
にアンダボディの組付けのために使用する車両用アンダ
ボディ組付装置に関する。
【0002】
【従来の技術】図4は従来のアンダボディ組付装置の構
成例を示している。このアンダボディ組付装置は、図6
に示したようなアンダボディを構成するリヤフロアP1
とフロアサイドメンバP2 とを組み付ける場合等に使用
される。図4において、1はサブベースで、これは図示
しない組付定盤上に固定されている。2はサブベース1
上に立設するセットポール、3は後述する上治具のため
の着脱装置であり、これらにより汎用治具4が構成され
る。
【0003】5はセットポール2上の所定位置に連結・
固定されたセットポール、6はセットポール5の上端に
固着する上治具プレート、7は受駒、8は位置決めピ
ン、9は廻止用の連結バーであり、これらにより上治具
10が構成される。上治具10は着脱装置3によってセ
ットポール2上に固定されるが、この場合図5に示した
ように、セットポール2の嵌合ピン2aをセットポール
5と嵌合させて、クランプハンドル3aによって締め付
けることにより行われる。
【0004】このようなアンダボディ組付装置を使用し
て、前記リヤフロアP1 及びフロアサイドメンバP2
組付けを行う場合、図6及び図7に示されるように、上
治具10の受駒7によってフロアサイドメンバP2 を受
け、また位置決めピン8によってその位置決めを行う。
そして、フロアサイドメンバP2 上にリヤフロアP1
セットし、例えば両者の溶接等が行われる。なお、図4
の図示例では4個の上治具10によって、アンダボディ
を支持するようになっているが、車種等に応じて6点支
持等で行う場合もある。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従
来のアンダボディ組付装置において、以下の諸点が問題
になっていた。即ち、汎用治具4及び上治具10の着脱
部において、両者の接合面が小さいため、上治具10が
ガタつき易く、所定の組付精度を確保することができな
い場合がある。セットポール2及びセットポール5の剛
性が不足する場合があり、組付精度を確保することが困
難になる。着脱装置3における嵌合ピン2aがストレー
トな形状であるため、上治具10を着脱し難く、またク
ランプハンドル3aによる締付操作力が重い。
【0006】また、車種に応じてアンダボディの支持位
置を設定する場合、上治具10のセッティング調整のみ
で車種切替を行うためには、図8に示したように、上治
具プレート6上で位置決めピン8を適宜移動させて設置
し、その配置変更を行う。ところが、位置決めピン8の
オーバハング量Lが大きくなり、剛性不足のために組付
精度を確保することができなくなる場合がある。また、
汎用治具4はサブベース1を介して前記組付定盤に直付
けで固定されているため、特に新規車種に対応すべく、
組付定盤上でサブベース1の移設工事をするが(図4、
矢印B参照)、そのための多大な時間と工数が必要にな
る。
【0007】さらに、上述のように上治具10をオーバ
ハング状態でセッティングした場合、着脱装置3のアン
クランプ時に、図9に示されるように上治具10(セッ
トポール5の基部)がオーバハング方向に傾倒して(図
9、矢印C参照)、作業性及び安全性に支障を来すので
問題となる。各サブベース1上の一対の上治具10を、
廻止用の連結バー9によって連結して固定する構造にな
っているため、装置重量が増大すると共に、作業性及び
安全性等が問題となる。
【0008】この発明は上記の点に鑑み、従来装置の問
題を確実に解消すると共に、組付精度,作業性等を向上
させることができる車両用アンダボディ組付装置を提供
することを目的とする。
【0009】
【課題を解決するための手段】この発明の車両用アンダ
ボディ組付装置は、所定位置に固定されたパレットとパ
レット上に敷設されたスライドガイドとスライドガイド
上に横架され且つこのスライドガイドに沿って移動可能
に支持されたサブベースとサブベースを上記スライドガ
イドに固定する位置決め手段とサブベース上に立設され
た複数のセットポストとから成る汎用治具と、この汎用
治具上にロックガイドセットプレートを介して連結され
ていて、その上にアンダボディ部材を支持し得るように
した上治具とを備えている。そして、上記セットポスト
に内蔵したシリンダによって作動する着脱装置により、
上記上治具が着脱されるようにしたものである。特に、
上記汎用治具と上記上治具は、面接合により連結され
る。
【0010】
【作用】本案アンダボディ組付装置では、シリンダ作動
式の着脱装置によって、上治具を汎用治具上の所定位置
に容易且つ確実に固定し、又はそこから取り外すことが
できる。特に、汎用治具のセットポスト等はその剛性が
強化されていると共に、汎用治具及び上治具を、面接合
により連結することにより、高剛性,高精度を確保し、
これにより組付精度を向上させることができる。また、
サブベースをスライドガイドに沿って移動させ、所望位
置に固定することができ、上治具等を車種等に応じた最
適な位置にしかも容易にセッティングすることができ
る。
【0011】
【実施例】以下、図1乃至図3に基づき、従来例と同一
部材には同一符号を用いてこの発明の車両用アンダボデ
ィ組付装置の一実施例を説明する。図1は本案アンダボ
ディ組付装置の全体構成を示している。図において、1
1は組付定盤上に固定されたパレット、12はパレット
11上に敷設されたスライドガイドであり、このスライ
ドガイド12は、その長手方向に沿って往復動するスラ
イダ12aを有していると共に、複数の位置決め孔12
bが所定ピッチ間隔(例えば50mm程度)で列設形成
されている。
【0012】13は、上記スライダ12aを介してスラ
イドガイド12上に横架され且つこのスライドガイド1
2に沿って移動可能に支持されたサブベース、14はサ
ブベース13に固定されていて、その位置決めピン14
aを上記位置決め孔12bと嵌合させることにより、サ
ブベース13をスライドガイド12の所定位置に位置決
めする位置決め装置、15はサブベース13上に立設さ
れたセットポストである。
【0013】ここで、上記セットポスト15には、図2
に示したようにシリンダ16が内蔵されており、このシ
リンダ16の出力ロッド先端に固着したロックピン17
が、ロックピンガイドプレート18によってガイドされ
て、所定ストロークだけ上下動し得るようになってい
る。また、ロックピンガイドプレート18上には、後述
する上治具のための廻り止め19が設けられているが、
上記各部材により汎用治具20が構成される。
【0014】さらに、21はロックピンガイドプレート
18上に面接合するロックガイドセットプレート、22
はこのロックガイドセットプレート21上に立設された
セットポール、23は上治具プレート、24は受駒、2
5は位置決めピンであり、これらの部材により上治具2
6が構成される。上記ロックガイドセットプレート21
は図2に示したように、上記ロックピン17と係合し得
るガイド溝21aを有している。
【0015】この発明の車両用アンダボディ組付装置は
上記のように構成されており、次にその作用を説明す
る。上治具26を汎用治具20にセットする場合、図3
に示されるように、汎用治具20のロックピン17をロ
ックガイドセットプレート21のガイド溝21aに挿入
するように、所定の上治具26を汎用治具20上に移動
させてセットし(矢印D参照)、次にシリンダ16の作
動によってロックピン17を下降させて、ガイド溝21
aと係合させることにより、上治具26を汎用治具20
上の所定位置に簡単且つ確実に固定することができる。
【0016】アンダボディの組付けを行う場合、かかる
上治具26の受駒24及び位置決めピン25によってリ
ヤフロアP1 及びフロアサイドメンバP2 (図6参照)
を受けて、それらの位置決めを行い、本実施例では4個
の上治具26によって、アンダボディが支持される。な
お、上治具26を汎用治具20から取り外す場合には、
上記とは逆の動作により行われる。
【0017】このように、セットポスト15に内蔵した
シリンダ16によって作動する着脱装置により、上治具
26を容易に着脱することができるが、汎用治具20及
び上治具26は、ロックピンガイドプレート18及びロ
ックガイドセットプレート21を介して、大きな接合面
により連結することにより、高い面精度を確保し、従っ
て組付精度を向上させることができる。また、特にセッ
トポスト15等は図示のように、角型形状で且つ大型に
構成されているため、装置の高剛性化を図り、この点で
も組付精度を向上する。
【0018】なお、上治具26の着脱に際し、ロックピ
ン17を上昇させた場合、このロックピン17はその構
造上、ロックガイドセットプレート21のガイド溝21
aと半ロック状態にあるため、上治具26が不用意に傾
倒するのを防止することができる。
【0019】また、車種に応じてアンダボディの支持位
置を設定する場合などにおいて、サブベース13をスラ
イドガイド12に沿って移動させ、所望位置に固定する
ことができ、上治具26等を車種等に応じた最適な位置
にしかも容易にセッティングすることができる。即ち、
位置決め装置14を解除することにより、サブベース1
3が移動可能になり(図1、矢印E参照)、上治具26
を所望位置に移動,固定することができる。そして、こ
れにより上治具26のオーバハング量L(図8参照)を
最小にすることができる。
【0020】ロックピンガイドプレート18上に接合さ
れたロックガイドセットプレート21は、廻り止め19
によってその回動が規制され、これにより一対の上治具
26はそれぞれ単独でセッティング可能になる。
【0021】
【発明の効果】上述のようにこの発明によれば、汎用治
具及び上治具の接合面精度やそれらの剛性を高め、組付
精度を向上させることができる。また、着脱装置により
上治具の着脱を容易化し、更に作業性の向上を図ること
ができると共に、車種切替のための装置のセッティング
に際して、そのための作業時間を短縮して迅速に対応す
ることができる等の利点を有している。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の車両用アンダボディ組付装置の一実施
例による全体斜視図である。
【図2】上記アンダボディ組付装置に係る汎用治具及び
上治具の連結関係を示す正面図である。
【図3】図2の汎用治具及び上治具の分解斜視図であ
る。
【図4】従来のアンダボディ組付装置の全体斜視図であ
る。
【図5】従来のアンダボディ組付装置に係る着脱装置を
示す図4のA−A線に沿う断面図である。
【図6】従来のアンダボディ組付装置が適用されるアン
ダボディの斜視図である。
【図7】従来のアンダボディ組付装置におけるアンダボ
ディの上治具による支持状態を示す部分斜視図である。
【図8】従来のアンダボディ組付装置に係る上記汎用治
具及び上治具の連結関係を示す正面図である。
【図9】従来のアンダボディ組付装置における上治具の
傾倒状態を示す部分縦断面図である。
【符号の説明】
11 パレット 12 スライドガイド 13 サブベース 14 位置決め装置 15 セットポスト 16 シリンダ 17 ロックピン17 18 ロックピンガイドプレート 19 廻り止め 20 汎用治具 21 ロックガイドセットプレート 22 セットポール 23 上治具プレート 24 受駒 25 位置決めピン 26 上治具

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 所定位置に固定されたパレットと、パレ
    ット上に敷設されたスライドガイドと、スライドガイド
    上に横架され且つ該スライドガイドに沿って移動可能に
    支持されたサブベースと、サブベースを上記スライドガ
    イドに固定する位置決め手段と、サブベース上に立設さ
    れた複数のセットポストと、から成る汎用治具と、 この汎用治具上にロックガイドセットプレートを介して
    連結されていて、その上にアンダボディ部材を支持し得
    るようにした上治具とを備え、 セットポストに内蔵したシリンダによって作動する着脱
    装置により、上治具が着脱されるようにしたことを特徴
    とする、車両用アンダボディ組付装置。
  2. 【請求項2】 前記汎用治具と前記上治具は、面接合に
    より連結されることを特徴とする、請求項1に記載の車
    両用アンダボディ組付装置。
JP30791892A 1992-10-23 1992-10-23 車両用アンダボディ組付装置 Pending JPH06134626A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP30791892A JPH06134626A (ja) 1992-10-23 1992-10-23 車両用アンダボディ組付装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP30791892A JPH06134626A (ja) 1992-10-23 1992-10-23 車両用アンダボディ組付装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH06134626A true JPH06134626A (ja) 1994-05-17

Family

ID=17974737

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP30791892A Pending JPH06134626A (ja) 1992-10-23 1992-10-23 車両用アンダボディ組付装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH06134626A (ja)

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN100421871C (zh) * 2006-05-12 2008-10-01 成都飞机工业(集团)有限责任公司 活动式特长异型材定位装置装配型架
JP2009291896A (ja) * 2008-06-06 2009-12-17 Nissan Motor Co Ltd ワーク位置決め装置
KR100974754B1 (ko) * 2008-04-22 2010-08-06 현대자동차주식회사 차체 판넬 셋팅 장치
FR2961467A1 (fr) * 2010-06-21 2011-12-23 Renault Sa Organe de support destine a etre fixe sur une structure de support d'une caisse de vehicule automobile
CN103586664A (zh) * 2013-11-14 2014-02-19 梅州鸿荣重工有限公司 一种组合式挖斗拼装台
WO2014103479A1 (ja) * 2012-12-26 2014-07-03 本田技研工業株式会社 汎用受け治具
CN104551664A (zh) * 2015-02-06 2015-04-29 苏州鸿普精密模具有限公司 车用冷凝器铁套装配机的左定位机构
CN106378610A (zh) * 2015-12-31 2017-02-08 太仓中集冷藏物流装备有限公司 一种组装装置及组装方法
KR20210026107A (ko) * 2019-08-29 2021-03-10 쌍용자동차 주식회사 자동차의 루프레일과 용접지그의 오조립 방지 구조

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN100421871C (zh) * 2006-05-12 2008-10-01 成都飞机工业(集团)有限责任公司 活动式特长异型材定位装置装配型架
KR100974754B1 (ko) * 2008-04-22 2010-08-06 현대자동차주식회사 차체 판넬 셋팅 장치
JP2009291896A (ja) * 2008-06-06 2009-12-17 Nissan Motor Co Ltd ワーク位置決め装置
FR2961467A1 (fr) * 2010-06-21 2011-12-23 Renault Sa Organe de support destine a etre fixe sur une structure de support d'une caisse de vehicule automobile
WO2014103479A1 (ja) * 2012-12-26 2014-07-03 本田技研工業株式会社 汎用受け治具
CN103586664A (zh) * 2013-11-14 2014-02-19 梅州鸿荣重工有限公司 一种组合式挖斗拼装台
CN104551664A (zh) * 2015-02-06 2015-04-29 苏州鸿普精密模具有限公司 车用冷凝器铁套装配机的左定位机构
CN106378610A (zh) * 2015-12-31 2017-02-08 太仓中集冷藏物流装备有限公司 一种组装装置及组装方法
KR20210026107A (ko) * 2019-08-29 2021-03-10 쌍용자동차 주식회사 자동차의 루프레일과 용접지그의 오조립 방지 구조

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH06134626A (ja) 車両用アンダボディ組付装置
JP3661463B2 (ja) 位置決め治具
CN108945165B (zh) 车身装配工装
CN212634812U (zh) 车架反面总体拼装的高精度工艺机器人焊接装置
CN111215814A (zh) 一种汽车横梁的焊接夹具系统
CN213945438U (zh) 一种天窗加强板焊接工装
JPH0647367B2 (ja) 車体保持装置
CN212398616U (zh) 一种用于固定前轮罩的焊接定位机构
CN210232050U (zh) 一种板材金属件自动焊接装置
CN210967615U (zh) 一种汽车配件的夹具体
CN212330128U (zh) 手动螺柱焊夹具
CN212217604U (zh) 车架二次正面总体拼装的机器人焊接装置
JPH11350743A (ja) スタンションポールの取付装置及びその取付方法
CN210912678U (zh) 一种汽车发动机舱盖夹具
JP3853154B2 (ja) 絶縁ブームヘッド構造
CN111215815A (zh) 一种汽车横梁的端位焊接夹具
KR100501345B1 (ko) 밀러탈취시험용밀러고정지그
JP2628880B2 (ja) ラジエータ組付装置
JP2545057Y2 (ja) 車両の補機部材の取付装置
JP2508258Y2 (ja) 部品締結装置
JP2000061647A (ja) 箱形ワークの組立方法
JPH0725414Y2 (ja) 自動車用ドアのアウトサイドハンドルの取付け構造
KR100249304B1 (ko) 자동차 도아의 탈장착이 용이하게한 지그
CN110842450A (zh) 一种汽车b柱夹具总成
JPH07187036A (ja) 車両用シートとその組付け方法