JPH0439304Y2 - - Google Patents

Info

Publication number
JPH0439304Y2
JPH0439304Y2 JP12585687U JP12585687U JPH0439304Y2 JP H0439304 Y2 JPH0439304 Y2 JP H0439304Y2 JP 12585687 U JP12585687 U JP 12585687U JP 12585687 U JP12585687 U JP 12585687U JP H0439304 Y2 JPH0439304 Y2 JP H0439304Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
ground
foundation
foundation slab
improved
slab
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired
Application number
JP12585687U
Other languages
English (en)
Other versions
JPS6431139U (ja
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed filed Critical
Priority to JP12585687U priority Critical patent/JPH0439304Y2/ja
Publication of JPS6431139U publication Critical patent/JPS6431139U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPH0439304Y2 publication Critical patent/JPH0439304Y2/ja
Expired legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】 「産業上の利用分野」 本考案は、埋立地など、地盤沈下の大きい所に
適する橋梁用基礎に係るものである。
「従来の技術」 地盤沈下の大きい埋立地で、例えば、モノレー
ル、リニヤモータカーのレールを敷設するため
に、高架橋等を建設する場合、従来は、杭基礎が
採用され、第5図に示すように、埋立地盤aに支
持地盤bまで達する杭c……を打ち込み、該杭の
上に基礎スラブd……を設け、該基礎スラブの上
に柱e……を立て、該柱に桁f……を架設して、
杭c……に上部架構の荷重を支持させ、沈下を防
止している。
「考案が解決しようとする問題点」 しかし、この杭基礎によると、次の問題点があ
る。
支持地盤bが深いと杭c……のコストが嵩
む。
埋立地盤aで全体の沈下量が大きいとき、杭
c……に支持された基礎スラブd……は、沈下
量が小さく、周辺地盤との間にレベル差を生
じ、また、杭には、ネガテイブフリクシヨンが
生じて、その対策も必要となる。
本考案は、独特のPC(プレストレストコンクリ
ート)基礎スラブを採用して、斯る従来の問題点
を解決しようとするものである。
「問題点を解決するための手段」 本考案は、表層地盤を縦行方向に地盤改良して
帯状の改良地盤を設け、該改良地盤上にPC基礎
スラブを設け、該PC基礎スラブには、PC鋼線を
水平面内にて波形に装入してプレストレストを導
入して成る。
「作用」 如上の構成であるから、地盤の表層部に強靱な
直接基礎を設けることができ、地盤の全体的な沈
下に対しては、基礎全体としてこれに追随し、ま
た、部分的に生ずる不等沈下に対しては、PC基
礎スラブの強靱な力学的耐力を以てこれに耐え
る。この不等沈下の際には、PC基礎スラブの下
に部分的に空間が生ずることとなるが、この空間
は、グラウトの注入等によりその都度適宜に補修
すればよい。
而して、PC基礎スラブにおいて波形に装入さ
れたPC鋼線は、実質的に前後・左右両方向のプ
レストレスト導入をもたらし、施工の簡素化を可
能にする。
「実施例」 第1図乃至第4図は、本考案の実施例を示して
いる。
この場合は、埋立地の表層地盤1に、桁行方向
に所定幅で、かつ比較的浅く、即硬性グラウトの
混煉による地盤改良を施して、帯状の改良地盤2
を設け、該改良地盤上にポリエチレン樹脂シート
3を敷き、該シートの上に同じ帯状のPC基礎ス
ラブ4を重ねている。
而して、そのPC基礎スラブ4には、PC鋼線た
る複数のアンポンドケーブル5……を、水平面内
にて波形に装入してプレストレストを導入してお
り、アンポンドケーブル5……は、例えば、第4
図に示すように、一側から同側へ2つ山を形成す
るように屈曲させて装入し、これを両側から順次
に配して、第2図に示すように、全体として網目
状となるようにしている。また、各アンボンドケ
ーブル5……の端部は、スラブに付設した定着体
に支持させている。
なお、各々の寸法としては、例えば、 改良地盤2の厚さ 15cm PC基礎スラブ4の厚さ 30cm これらの幅 5m アンボンドケーブル5の直径 15.2mm にするとよい。
斯様に構築したPC基礎スラブ4上には、PC,
PCa(プレキヤストコンクリート)等による所要
数の柱6……を、所定間隔毎に配して、それぞれ
脚部7……にて高さおよび傾きの調整可能に設置
し、柱頭部相互に桁8……を架設する。
「考案の効果」 本考案によれば、地盤が全体的に沈下する場合
には、基礎全体がこれに追随して、周辺地盤との
レベル差を生ずることがなく、また、地盤が不等
沈下する場合には、PC基礎スラブがこれを問題
とすることなく所定の状態を維持し、そして、沈
下部分の補修が簡単に行え、したがつて、地盤沈
下が避けられない条件の下でも杭を用いる必要が
なく、基礎工事費を低減でき、レベル差解消の対
策も、ネガテイブフリクシヨンの対策も不要であ
る。
【図面の簡単な説明】
第1図乃至第4図は、本考案の実施例で、第1
図は、截断側面図、第2図は、截断平面図、第3
図は、截断正面図、第4図は、要部の説明図、第
5図は、従来例の説明図である。 1……表層地盤、2……改良地盤、3……ポリ
エチレン樹脂シート、4……PC基礎スラブ、5
……アンボンドケーブル、6……柱、7……脚
部、8……桁、a……埋立地盤、b……支持地
盤、c……杭、d……基礎スラブ、e……柱、f
……桁。

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 表層地盤を縦行方向に地盤改良して帯状の改良
    地盤を設け、該改良地盤上にPC基礎スラブを設
    け、該PC基礎スラブには、PC鋼線を水平面内に
    て波形に装入してプレストレスを導入したことを
    特徴とする橋梁用基礎。
JP12585687U 1987-08-19 1987-08-19 Expired JPH0439304Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP12585687U JPH0439304Y2 (ja) 1987-08-19 1987-08-19

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP12585687U JPH0439304Y2 (ja) 1987-08-19 1987-08-19

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS6431139U JPS6431139U (ja) 1989-02-27
JPH0439304Y2 true JPH0439304Y2 (ja) 1992-09-14

Family

ID=31376830

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP12585687U Expired JPH0439304Y2 (ja) 1987-08-19 1987-08-19

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0439304Y2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3758871B2 (ja) * 1998-12-28 2006-03-22 日立造船株式会社 高架橋の基礎構造

Also Published As

Publication number Publication date
JPS6431139U (ja) 1989-02-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN214614154U (zh) 一种用于建造地下污水池的装配式沉井
JPH0439304Y2 (ja)
US5123777A (en) Construction elements
JPH1136331A (ja) エンジン発電機用可搬形コンクリートファンデーション
CN210216498U (zh) 预制装配式的l型道路挡土墙结构
JP2771317B2 (ja) ポストテンションコンクリート基礎底板
JP2002339383A (ja) 継手部材および構造体
JP3132876U (ja) 建築物の補強基礎構造
KR20210000098A (ko) 보도인접 방음벽 기초 구조물
JP2006283317A (ja) プレキャストコンクリート版を使用したプレストレストコンクリート床板及びその構築方法
GB2062079A (en) Precast Wall Unit for Silage Pit or Tank
CN115059188B (zh) 一种用于结构井拐角处的钢柱结构、建筑物及施工方法
JP2000314133A (ja) 水平耐力杭及びその配列方法
JPH0751811B2 (ja) 床構造
JP3758871B2 (ja) 高架橋の基礎構造
JPH0452274Y2 (ja)
JPH0510012Y2 (ja)
JPS59154228A (ja) 地下室の構築方法
SU981512A1 (ru) Сейсмостойкий фундамент здани ,сооружени ,оборудовани
SU922236A2 (ru) Свайный фундамент
JP2512254B2 (ja) 人工地盤の構造及び住居の構造
JPH0213550Y2 (ja)
JPH033728Y2 (ja)
JPS62133248A (ja) 床下地構築方法及びその構築材
JPS6367327A (ja) プレストレストコンクリ−ト基礎スラブ構法