JPH02167960A - 薄肉ブレキヤストコンクリート型枠及びその製造方法 - Google Patents

薄肉ブレキヤストコンクリート型枠及びその製造方法

Info

Publication number
JPH02167960A
JPH02167960A JP32211288A JP32211288A JPH02167960A JP H02167960 A JPH02167960 A JP H02167960A JP 32211288 A JP32211288 A JP 32211288A JP 32211288 A JP32211288 A JP 32211288A JP H02167960 A JPH02167960 A JP H02167960A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
concrete
formwork
thin
hinge
beams
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP32211288A
Other languages
English (en)
Inventor
Satoshi Kobayakawa
敏 小早川
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Fujita Corp
Original Assignee
Fujita Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujita Corp filed Critical Fujita Corp
Priority to JP32211288A priority Critical patent/JPH02167960A/ja
Publication of JPH02167960A publication Critical patent/JPH02167960A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Forms Removed On Construction Sites Or Auxiliary Members Thereof (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 (産業上の利用分野) 本発明はコンクリート構造物の柱、梁等の施工用型枠、
及び同型枠の製造方法に係るものである。
(従来の技術) 従来、現場施工によりコンクリート構造物を施工する場
合、通常木質板や鋼板等の単材型枠を型枠下によって組
立てて、同型枠内に所要の配筋を施したのちコンクリー
トを打設し、同打設コンクリートが所定の強度を発現し
たのち、前記型枠を解体し、更に同型枠を転用、または
流用している。
しかしながらこのような方法では、コンクリート構造物
の形状に合わせて型枠下により組立、解体するという作
業があり、慢性的な建設従事者の不足により、所要の作
業員の確保が十分でなく、また作業員の未熟により品質
の確保、安全管理等に問題がある。
このため構造物躯体の柱、梁の外側部、または同外側部
の一部をコンクリート製としたプレキャストコンクリー
ト中空型枠を現場に搬入し、同型枠内に所要の配筋を施
したのちコンクリートを打設する半PC中空型枠が使用
されることがある。
(発明が解決しようとする課題) しかしながら前記従来の半pc中空型枠を使用した方法
では、少量多品種の構造部材が要求される現状において
は、型枠の種類の増加と、型替えによる作業工数が増加
し、製造コストが嵩むという問題点があった。
本発明は前記従来技術の問題点に鑑みて提案されたもの
で、その目的とする処は、少量多品種の構造部材の施T
に対応でき、省力化を図り施工性を向ヒしうる薄肉プレ
キャストコンクリート型枠及びその製造方法を提供する
点にある。
(課題を解決するための手段) 前記の目的を達成するため、本発明に係る薄肉プレキャ
ストコンクリート型枠は、柱梁の各外側面と同一平面形
状で、且つ側部接合面が組立時に互いに衝合する傾斜面
に形成された複数の薄肉PC板を、前記側部接合面間に
装着された蝶番状金物を介して回動自在に連結して構成
されている。
また本発明に係る薄肉プレキャストコンクリート型枠の
製造方法は、定盤上に、柱梁の各側面と同一平面形状で
、側部接合面が組立時に互いに衝合する傾斜面に形成さ
れた複数の薄肉平板のコンクリートを、相隣る同薄肉平
板コンクリートの中間に蝶番状金物が介在するように打
設し、同打設コンクリートの硬化後脱型して、薄肉プレ
キャストコンクリート型枠を製造するものである。
(作用) 本発明に係る型枠は前記したように構成されているので
、コンクリート構造物の柱、梁の外側面と同一平面形状
に底型された複数の薄肉PC板を、相隣る同pc板の側
部接合面に介装された蝶番状金物を介して回動するとと
もに、相隣る同PC板の側部接合面を衝合せしめること
によって、前記各薄肉PC板によって、所要の柱梁の型
枠を組立て、同型枠の中空部内に所要の配筋を施してコ
ンクリートを打設することによって、前記各薄肉PC板
が型枠を兼用したコンクリート柱、梁を構築するもので
ある。
また請求項2の発明は両側接合面が傾斜面に形成された
夫々柱梁の各外側面と同一平面形状の複数の薄肉平板の
コンクリートを、定盤上に蝶番状金物が中間に介在する
ように連続的に平面状に打設し、打設コンクリートの硬
化後脱型して薄肉プレキャストコンクリート型枠を簡単
に製造するようにしたもので、前記各薄肉PC板を順次
連続して組立て、所要の柱、梁の立体的な型枠を組立て
るものである。
(実施例) 以下本発明を図示の実施例について説明する。
第1図乃至第4図は、本発明を第5図に示す如きコンク
リーモ た実施例を示す。
定lto上に前記柱内の各外側面(a)(b)(C)(
d)に相当する高さに等しい間隔を存して、左右一双の
側板(図示せず)をセットし、同両側板間に同側板と直
交する長辺方向の接合部が定盤0に対して45゜の傾斜
角を有する傾斜面(ロ)に形成されるよう、前記各側面
(a)01)(C)(d)と同一平面形状の薄肉平板コ
ンクリート(la) (lb) (lc) (Id)を
打設するとともに、同各平板コンクリート(la) (
lb) (Ic) (ld)の各接合部傾斜面(p)に
蝶番状金物(2)を定着する。
第3図において(3)は同蝶番金物(2)に溶着された
アンカーである。
なお図示の実施例におけるように、前記柱内の外側面(
a) (b)(c)(d)のL端欠截部(e)がある場
合、同郡(e)の成型用の型を前記側枠に予めセットし
ておくものである。
なお図示の実施例はタイルを先付けした場合を示し、定
1)hにセットされたタイル<4) 、hに、前記各薄
肉平板コンクリート(la) (Ib) (Ic) (
ld)を打設する。
また同各薄肉平板コンクリート(Ia) (Ib) (
lc)(ld)の内側面には、後打ちコンクリートとの
付着を良好ならしめるため、コツクー(5)が底型され
る。
而して前記のように定lfQ上に打設された薄肉平板コ
ンクリ−L (Ia) (lb) (lc) (ld)
が硬化したのち脱型することによって、各薄肉PC板が
蝶番状金物(2)で連結された柱型枠が製造される。
前記のように製造された柱型枠の各薄肉平板コンクリー
ト(Ia) (Ib) (lc) (ld)部を、蝶番
状金物(2)を中心として相隣る同各平板コンクリート
部の傾斜面(P)が互いに衝合するように回動して柱型
枠を組立て、(第3図参照)、同柱型枠の中空部内に所
要の配筋を施してコンクリートを打設し、同打設コンク
リートと前記各平板コンクリート(la)(Ib) (
Ic) (ld)とが一体化されたコンクリート柱を施
工するものである。
第6図乃至第8図は第9図に示す如きコンクリート梁(
[31の型枠の製造、組立に本発明を適用した実施例を
示し、梁(Blの外側面(e) (f) (g)と同一
平面形を有し、且つ側部接合面が傾斜面(p)に形成さ
れた薄肉平板コンクリ−t−(le) (If) <1
g)を側部接合面間に蝶番状金物(2)が介在するよう
に、定盤(Ω上にセットされた左右両側枠間に打設する
もので、図中前記実施例と均等部分には同一符号が付さ
れている。
(発明の効果) 本発明に係る薄肉プレキャストコンクリート型枠は前記
したように、柱梁の各外側面と同一平面形状で且つ側部
接合面が組立時に互いに衝合する傾斜面に形成された複
数の薄肉PC板を、前記側部接合面に定着された蝶番状
金物を介して回動自在に連結して構成されているので、
前記各薄肉PC仮を蝶番状金物を介して回動することに
よって所要の柱、梁の型枠を組型てることができ、従来
のような一体型の鋼製型枠が不要となり、型枠の組立が
簡単に行なわれ、また前記各薄肉PC板の寸法、形状を
調整することによって、各種の寸法形状を有する柱梁の
型枠を構成することができる。
従って本発明によれば型持による作業T敗を低減でき、
省力化を図ることができるものであって少量多品種の柱
梁型枠製作に対応でき、慢性的な建設作業者の不足によ
る作業性の低下を防止し、品質の確保、安全管理が容易
に行なわれるものである。
請求項2の発明は、定盤ヒに、柱梁の各側面と同一平面
形状で、側部接合面が組立時に互いに衝合するIIJ!
斜面に形成された薄肉平板コンクリートを、相隣る同平
板コンクリートの中間に蝶番状金物が介在するように打
設し、同打設コンクリートの硬化後脱型することによっ
て、定盤上に簡単な側枠を設置するだけで容易に前記型
枠を製造することができる。またこのように平板状の定
盤上に薄肉平板コンクリートを打設するようにしたので
作業性が著しく向りされ、精度の高い薄肉プレキャスト
コンクリート型枠を製造することができ、更にまた先付
タイルを前記平板コンクリートに簡単に打込むことがで
きる。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明をコンクリート柱の型枠の製造組立に適
用した実施例を示し、本発明に係る薄肉プレキャストコ
ンクリート型枠の製造状態を示す)filtJi側面図
、第2図は同型枠の斜視図、第3図は同型枠の組立状態
を示す横断平面図、第4図は前記型枠における珂肉PC
板の接合部を示す斜視図、第5図は前記型枠によって施
工されるコンクリート柱の斜視図、第6図乃至第8図は
本発明をコンクリート梁の製造、組立に適用した実施例
を示し、第6図は本発明に係る薄肉プレキャストコンク
リート型枠の製造状態を示す縦断側面図、第7図は同型
枠の斜視図、第8図は同型枠の組立状態を示す縦断面図
、第9図は前記型枠によって施工されるコンクリート梁
の斜視図である。 (Ia) (lb) (Ic) (ld) (Ie) 
(if) (Ig)−薄肉平板コンクリート、 (2)−蝶番状金物、   (p)−傾斜面、(4) 
コンクリート柱、 +81−コンクリート梁。 代理人 弁理士 岡 本 重 文 外2名 第1図 第2圓 第4図

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. (1)柱梁の各外側面と同一平面形状で、且つ側部接合
    面が組立時に互いに衝合する傾斜面に形成された複数の
    薄肉PC板を、前記側部接合面間に装着された蝶番状金
    物を介して回動自在に連結してなることを特徴とするプ
    レキャストコンクリート型枠。
  2. (2)定盤上に、柱梁の各側面と同一平面形状で、側部
    接合面が組立時に互いに衝合する傾斜面に形成された複
    数の薄肉平板のコンクリートを、相隣る同薄肉平板コン
    クリートの中間に蝶番状金物が介在するように打設し、
    同打設コンクリートの硬化後脱型することを特徴とする
    薄肉プレキャストコンクリート型枠及びその製造方法。
JP32211288A 1988-12-22 1988-12-22 薄肉ブレキヤストコンクリート型枠及びその製造方法 Pending JPH02167960A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP32211288A JPH02167960A (ja) 1988-12-22 1988-12-22 薄肉ブレキヤストコンクリート型枠及びその製造方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP32211288A JPH02167960A (ja) 1988-12-22 1988-12-22 薄肉ブレキヤストコンクリート型枠及びその製造方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH02167960A true JPH02167960A (ja) 1990-06-28

Family

ID=18140052

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP32211288A Pending JPH02167960A (ja) 1988-12-22 1988-12-22 薄肉ブレキヤストコンクリート型枠及びその製造方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH02167960A (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH04116505U (ja) * 1991-03-29 1992-10-19 株式会社クラレ Pc型枠
JPH059974A (ja) * 1991-07-01 1993-01-19 Fujita Corp 型枠ユニツト工法
JPH0533416A (ja) * 1991-07-31 1993-02-09 Fujita Corp 合成床板
JPH0642171A (ja) * 1992-07-27 1994-02-15 Ohbayashi Corp 折曲げ式半pc梁型枠
JP2018109313A (ja) * 2017-01-05 2018-07-12 鹿島建設株式会社 プレハブ構造の架設方法、プレハブ構造

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS62133215A (ja) * 1985-12-05 1987-06-16 Nisshoku Corp 型枠材を使用した注入法枠工法

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS62133215A (ja) * 1985-12-05 1987-06-16 Nisshoku Corp 型枠材を使用した注入法枠工法

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH04116505U (ja) * 1991-03-29 1992-10-19 株式会社クラレ Pc型枠
JPH059974A (ja) * 1991-07-01 1993-01-19 Fujita Corp 型枠ユニツト工法
JPH0533416A (ja) * 1991-07-31 1993-02-09 Fujita Corp 合成床板
JPH0642171A (ja) * 1992-07-27 1994-02-15 Ohbayashi Corp 折曲げ式半pc梁型枠
JP2018109313A (ja) * 2017-01-05 2018-07-12 鹿島建設株式会社 プレハブ構造の架設方法、プレハブ構造

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH02167960A (ja) 薄肉ブレキヤストコンクリート型枠及びその製造方法
JP3701078B2 (ja) 道路床版工法
JPH0637794B2 (ja) 建築物の壁構造及びその構築工法
JP2959325B2 (ja) 鉄骨鉄筋コンクリート造躯体の構築方法
JP2910860B2 (ja) 部分ハーフPCa板
JP2884440B2 (ja) コンクリート角柱構築用の型枠およびそれを使用する柱の構築工法
JPH0380946B2 (ja)
JP7406283B1 (ja) べた基礎用型枠及び小規模住宅用べた基礎の施工方法
JPH0334967Y2 (ja)
JP2811139B2 (ja) ダム堤体用型枠及びこの型枠によるダム堤体の構築方法
JP7330426B1 (ja) べた基礎用型枠及び断熱基礎梁の施工方法
JPH05209433A (ja) 大梁一体型柱構造物を用いた建物の施工方法
JP3531681B2 (ja) 建物基礎の構築法
JP2003082993A (ja) 竹割型坑門用外型枠
JPS6195136A (ja) プレキヤスト鉄筋コンクリ−トユニツトによる多層建築物骨組の構築方法
JPH06341167A (ja) コンクリート構造体の施工方法
JPH0316321Y2 (ja)
JPH084203A (ja) 鉄骨鉄筋梁およびその施工方法
JPH0124251Y2 (ja)
JPS6198870A (ja) プレキヤスト鉄筋コンクリ−ト耐震壁の施工法
JPS59114313A (ja) 道路橋等におけるプレストレストコンクリ−ト床版の架設工法
JPS6366968B2 (ja)
JPH02261145A (ja) プレキャストコンクリート大梁を用いたジョイストスラブの架構工法
JPS5940515Y2 (ja) コンクリ−ト型枠結合金具
JPH0347351A (ja) Pc版による壁構築方法