JP6515376B2 - 均質化鍛造品を製造する構築成形方法 - Google Patents

均質化鍛造品を製造する構築成形方法 Download PDF

Info

Publication number
JP6515376B2
JP6515376B2 JP2017550198A JP2017550198A JP6515376B2 JP 6515376 B2 JP6515376 B2 JP 6515376B2 JP 2017550198 A JP2017550198 A JP 2017550198A JP 2017550198 A JP2017550198 A JP 2017550198A JP 6515376 B2 JP6515376 B2 JP 6515376B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
forging
welding
height
forged
width
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2017550198A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2018512281A (ja
Inventor
明月 孫
明月 孫
斌 徐
斌 徐
殿中 李
殿中 李
依依 李
依依 李
Original Assignee
中国科学院金属研究所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Family has litigation
Priority to CN201510134094.6 priority Critical
Priority to CN201510134094 priority
Application filed by 中国科学院金属研究所 filed Critical 中国科学院金属研究所
Priority to PCT/CN2015/083018 priority patent/WO2016150024A1/zh
Publication of JP2018512281A publication Critical patent/JP2018512281A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6515376B2 publication Critical patent/JP6515376B2/ja
First worldwide family litigation filed litigation Critical https://patents.darts-ip.com/?family=55707974&utm_source=google_patent&utm_medium=platform_link&utm_campaign=public_patent_search&patent=JP6515376(B2) "Global patent litigation dataset” by Darts-ip is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21CMANUFACTURE OF METAL SHEETS, WIRE, RODS, TUBES OR PROFILES, OTHERWISE THAN BY ROLLING; AUXILIARY OPERATIONS USED IN CONNECTION WITH METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL
    • B21C37/00Manufacture of metal sheets, bars, wire, tubes or like semi-manufactured products, not otherwise provided for; Manufacture of tubes of special shape
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21JFORGING; HAMMERING; PRESSING METAL; RIVETING; FORGE FURNACES
    • B21J5/00Methods for forging, hammering, or pressing; Special equipment or accessories therefor
    • B21J5/002Hybrid process, e.g. forging following casting
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23KSOLDERING OR UNSOLDERING; WELDING; CLADDING OR PLATING BY SOLDERING OR WELDING; CUTTING BY APPLYING HEAT LOCALLY, e.g. FLAME CUTTING; WORKING BY LASER BEAM
    • B23K20/00Non-electric welding by applying impact or other pressure, with or without the application of heat, e.g. cladding or plating
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23KSOLDERING OR UNSOLDERING; WELDING; CLADDING OR PLATING BY SOLDERING OR WELDING; CUTTING BY APPLYING HEAT LOCALLY, e.g. FLAME CUTTING; WORKING BY LASER BEAM
    • B23K31/00Processes relevant to this subclass, specially adapted for particular articles or purposes, but not covered by only one of the preceding main groups
    • B23K31/02Processes relevant to this subclass, specially adapted for particular articles or purposes, but not covered by only one of the preceding main groups relating to soldering or welding
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23KSOLDERING OR UNSOLDERING; WELDING; CLADDING OR PLATING BY SOLDERING OR WELDING; CUTTING BY APPLYING HEAT LOCALLY, e.g. FLAME CUTTING; WORKING BY LASER BEAM
    • B23K37/00Auxiliary devices or processes, not specially adapted to a procedure covered by only one of the preceding main groups
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21JFORGING; HAMMERING; PRESSING METAL; RIVETING; FORGE FURNACES
    • B21J5/00Methods for forging, hammering, or pressing; Special equipment or accessories therefor
    • B21J5/06Methods for forging, hammering, or pressing; Special equipment or accessories therefor for performing particular operations
    • B21J5/12Forming profiles on internal or external surfaces
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B08CLEANING
    • B08BCLEANING IN GENERAL; PREVENTION OF FOULING IN GENERAL
    • B08B1/00Cleaning by methods involving the use of tools, brushes, or analogous members
    • B08B1/001Cleaning by methods involving the use of tools, brushes, or analogous members characterised by the type of cleaning tool
    • B08B1/006Wipes
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B08CLEANING
    • B08BCLEANING IN GENERAL; PREVENTION OF FOULING IN GENERAL
    • B08B1/00Cleaning by methods involving the use of tools, brushes, or analogous members
    • B08B1/02Cleaning travelling work, e.g. a web, articles on a conveyor
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B08CLEANING
    • B08BCLEANING IN GENERAL; PREVENTION OF FOULING IN GENERAL
    • B08B3/00Cleaning by methods involving the use or presence of liquid or steam
    • B08B3/02Cleaning by the force of jets or sprays
    • B08B3/022Cleaning travelling work
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B08CLEANING
    • B08BCLEANING IN GENERAL; PREVENTION OF FOULING IN GENERAL
    • B08B7/00Cleaning by methods not provided for in a single other subclass or a single group in this subclass
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B08CLEANING
    • B08BCLEANING IN GENERAL; PREVENTION OF FOULING IN GENERAL
    • B08B7/00Cleaning by methods not provided for in a single other subclass or a single group in this subclass
    • B08B7/0035Cleaning by methods not provided for in a single other subclass or a single group in this subclass by radiant energy, e.g. UV, laser, light beam or the like
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21DWORKING OR PROCESSING OF SHEET METAL OR METAL TUBES, RODS OR PROFILES WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21D39/00Application of procedures in order to connect objects or parts, e.g. coating with sheet metal otherwise than by plating; Tube expanders
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21JFORGING; HAMMERING; PRESSING METAL; RIVETING; FORGE FURNACES
    • B21J1/00Preparing metal stock or similar ancillary operations prior, during or post forging, e.g. heating or cooling
    • B21J1/02Preliminary treatment of metal stock without particular shaping, e.g. salvaging segregated zones, forging or pressing in the rough
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21JFORGING; HAMMERING; PRESSING METAL; RIVETING; FORGE FURNACES
    • B21J1/00Preparing metal stock or similar ancillary operations prior, during or post forging, e.g. heating or cooling
    • B21J1/04Shaping in the rough solely by forging or pressing
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21JFORGING; HAMMERING; PRESSING METAL; RIVETING; FORGE FURNACES
    • B21J1/00Preparing metal stock or similar ancillary operations prior, during or post forging, e.g. heating or cooling
    • B21J1/06Heating or cooling methods or arrangements specially adapted for performing forging or pressing operations
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21JFORGING; HAMMERING; PRESSING METAL; RIVETING; FORGE FURNACES
    • B21J5/00Methods for forging, hammering, or pressing; Special equipment or accessories therefor
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21JFORGING; HAMMERING; PRESSING METAL; RIVETING; FORGE FURNACES
    • B21J5/00Methods for forging, hammering, or pressing; Special equipment or accessories therefor
    • B21J5/06Methods for forging, hammering, or pressing; Special equipment or accessories therefor for performing particular operations
    • B21J5/08Upsetting
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23KSOLDERING OR UNSOLDERING; WELDING; CLADDING OR PLATING BY SOLDERING OR WELDING; CUTTING BY APPLYING HEAT LOCALLY, e.g. FLAME CUTTING; WORKING BY LASER BEAM
    • B23K15/00Electron-beam welding or cutting
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23KSOLDERING OR UNSOLDERING; WELDING; CLADDING OR PLATING BY SOLDERING OR WELDING; CUTTING BY APPLYING HEAT LOCALLY, e.g. FLAME CUTTING; WORKING BY LASER BEAM
    • B23K15/00Electron-beam welding or cutting
    • B23K15/06Electron-beam welding or cutting within a vacuum chamber
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23KSOLDERING OR UNSOLDERING; WELDING; CLADDING OR PLATING BY SOLDERING OR WELDING; CUTTING BY APPLYING HEAT LOCALLY, e.g. FLAME CUTTING; WORKING BY LASER BEAM
    • B23K20/00Non-electric welding by applying impact or other pressure, with or without the application of heat, e.g. cladding or plating
    • B23K20/14Preventing or minimising gas access, or using protective gases or vacuum during welding
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23PMETAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; COMBINED OPERATIONS; UNIVERSAL MACHINE TOOLS
    • B23P13/00Making metal objects by operations essentially involving machining but not covered by a single other subclass
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23PMETAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; COMBINED OPERATIONS; UNIVERSAL MACHINE TOOLS
    • B23P15/00Making specific metal objects by operations not covered by a single other subclass or a group in this subclass
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23PMETAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; COMBINED OPERATIONS; UNIVERSAL MACHINE TOOLS
    • B23P23/00Machines or arrangements of machines for performing specified combinations of different metal-working operations not covered by a single other subclass
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65GTRANSPORT OR STORAGE DEVICES, e.g. CONVEYORS FOR LOADING OR TIPPING, SHOP CONVEYOR SYSTEMS OR PNEUMATIC TUBE CONVEYORS
    • B65G47/00Article or material-handling devices associated with conveyors; Methods employing such devices
    • B65G47/74Feeding, transfer, or discharging devices of particular kinds or types
    • B65G47/90Devices for picking-up and depositing articles or materials
    • B65G47/92Devices for picking-up and depositing articles or materials incorporating electrostatic or magnetic grippers
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65GTRANSPORT OR STORAGE DEVICES, e.g. CONVEYORS FOR LOADING OR TIPPING, SHOP CONVEYOR SYSTEMS OR PNEUMATIC TUBE CONVEYORS
    • B65G57/00Stacking of articles
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65GTRANSPORT OR STORAGE DEVICES, e.g. CONVEYORS FOR LOADING OR TIPPING, SHOP CONVEYOR SYSTEMS OR PNEUMATIC TUBE CONVEYORS
    • B65G61/00Use of pick-up or transfer devices or of manipulators for stacking or de-stacking articles not otherwise provided for
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23KSOLDERING OR UNSOLDERING; WELDING; CLADDING OR PLATING BY SOLDERING OR WELDING; CUTTING BY APPLYING HEAT LOCALLY, e.g. FLAME CUTTING; WORKING BY LASER BEAM
    • B23K15/00Electron-beam welding or cutting
    • B23K15/0046Welding
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23KSOLDERING OR UNSOLDERING; WELDING; CLADDING OR PLATING BY SOLDERING OR WELDING; CUTTING BY APPLYING HEAT LOCALLY, e.g. FLAME CUTTING; WORKING BY LASER BEAM
    • B23K20/00Non-electric welding by applying impact or other pressure, with or without the application of heat, e.g. cladding or plating
    • B23K20/26Auxiliary equipment
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B23KSOLDERING OR UNSOLDERING; WELDING; CLADDING OR PLATING BY SOLDERING OR WELDING; CUTTING BY APPLYING HEAT LOCALLY, e.g. FLAME CUTTING; WORKING BY LASER BEAM
    • B23K37/00Auxiliary devices or processes, not specially adapted to a procedure covered by only one of the preceding main groups
    • B23K37/006Safety devices
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T29/00Metal working
    • Y10T29/49Method of mechanical manufacture
    • Y10T29/49826Assembling or joining
    • Y10T29/49947Assembling or joining by applying separate fastener
    • Y10T29/49966Assembling or joining by applying separate fastener with supplemental joining
    • Y10T29/49968Metal fusion joining
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T29/00Metal working
    • Y10T29/49Method of mechanical manufacture
    • Y10T29/49972Method of mechanical manufacture with separating, localizing, or eliminating of as-cast defects from a metal casting [e.g., anti-pipe]
    • Y10T29/49973Compressing ingot while still partially molten
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T29/00Metal working
    • Y10T29/49Method of mechanical manufacture
    • Y10T29/49972Method of mechanical manufacture with separating, localizing, or eliminating of as-cast defects from a metal casting [e.g., anti-pipe]
    • Y10T29/49975Removing defects

Description

本発明は、鍛造品鍛造の分野に関し、具体的には、均質化鍛造品の連続鋳造素材積層鍛造成形に適する、均質化鍛造品を製造する構築成形方法に関する。
鍛造品は、冶金機械、石油化工、交通輸送、エネルギ電力等の分野における大型セット設備の重要なパーツとして、国民経済建設、国防設備及び大型科学研究装置において極めて重要な作用を発揮し、その生産能力と品質水準は国の自主能力及び国力を評価するのに重要である。したがって、鍛造品の内在品質を向上し、そのランニング過程における安全性と信頼性を保証することは重要な意義を有する。
鍛造品は一般にインゴットを鍛造してなるものであり、インゴット内部において、金属の凝固収縮によって大量の微小収縮孔及びルーズ欠陥が不可避的に発生し、これらホール型欠陥はインゴット中心部に分散され、材料の連続性を破壊し、鍛造品の機械的性質に影響を与える。同時に、凝固過程における溶質再分配により、大断面インゴットは凝固末期において、合金濃度が高いだけではなく、多くの場合に低融点物質及び不純物元素が集中してマクロ偏析を形成し、インゴットの首尾間の機械的性質を大きく異ならせ、鍛造品性能の均一性及び使用の安全性に影響を与える。このようなマイナス的作用を軽減するために、現在産業上、インゴットの首尾を切り捨てる方法が汎用され、切除率は30%以上にもなり、材料利用率を大幅に低下させ、製品の経済性が悪い。
連続鋳造板状素材は、現在、鉄鋼工業大量生産における最も安定で熟成した製品の1つである。連続鋳造素材の特徴は、製造コストが低く、生産効率が高く、且つ断面サイズが所定規格(一般には、板状素材が300mm、丸状素材が600mm)以下であり、その内部組織が緻密であり、マクロ偏析度合が低いことである。しかしながら、迅速凝固及びライザー補償なしの特徴に制約され、連続鋳造素材の断面サイズが上記規格以上になると、鋳造素材中心に貫通収縮孔が発生しやすく、切断後に酸化しやすく、後続の圧延及び鍛造によって癒合させることができないため、その応用範囲は制約されている。したがって、現在、高品質の鍛造品は未だに連続鋳造素材を用いて製造されることができず,依然としてコストの高い鋳造インゴットを母材として用いる。
近年、ハイパワー電子ビーム発生器の開発に成功したことにつれて、格別厚肉板の製造分野では真空複合圧延方法が出現している(非特許文献1)。このような方法は、通常厚さの板状素材を積層し、真空電子ビームによって界面周囲をシール溶接した後、加熱及び圧延を行い、格別厚肉板を得る方法である。このような方法は真空電子ビーム溶接を利用し、界面における重度汚染及び高温酸化を防止し、圧延中金属の高温拡散溶接原理に基づいて複数の板状素材を接続するため、製鋼所で格別厚肉板状素材を生産できない問題を解決した。しかしながら、拡散溶接過程における三要素は温度、圧力及び時間である。圧延は高温高圧下で行われるが、圧延速度が速く、圧力は複合界面に瞬間的に加えられ、界面を完全に溶合させて基体に一致させるのが難しい。同時に、鍛造に比べて、圧延過程の特徴は、変形方向が単一、変形量が小さく、ひずみが主に素材表面に分布され、中心のひずみ量が小さいことであり、これは中心位置にある界面溶合に不利である。非特許文献2では、異なる圧延圧下率の界面溶合効果への影響を研究し、圧下比が70%に達して初めて、界面におけるZ方向延伸強度が基体に一致する度合いに達することを見出した。これで分かるように、小さい圧下率では界面溶合が不十分であり、微小ルーズ及び酸化膜が依然として存在し、材料の機械的性質にひどい影響を与え、特に交代荷重下で働く部品には不向きである。したがって、現在、真空複合圧延方法で製造された格別厚肉板は、非過酷荷重環境での使用に限られる。
それに比べて、鍛造は数千年も続いてきた金属圧力加工手段として、効率が圧延ほど高くないが、変形方式が自由であり、素材の一次大幅変形及び多方向変形を実現することができる。現代産業革命までは、刀・剣などの高品質の金属製品は鍛造方法によって生産される。当時の製錬レベルに制約されて、鍛造品の母材はスポンジ鉄であり、大幅変形を繰り返すことにより、金属内部の夾雑物を破砕することができ、表面積拡張及び酸化により脱炭素を実現することができ、数百回の折り畳み・ハンマ打ちにより材料のじん性と均一性を向上することができる。このような鍛造方式で生産された高硬度と高じん性を兼ねるツールは、現在から見ても素晴らしい工芸レベル及び性能を有する。残念ながらも、当時の工芸レベル条件では、折り畳み・ハンマ打ちは界面の汚染と酸化を避けることができず、複数回の大幅変形によって界面における酸化膜を十分に破壊、分散して溶合を実現するしかない。
近年、表面クリーニング分野ではプラズマ洗浄技術が発展しており、このような技術はRF電源が発生した高圧交番電界を利用し、酸素、アルゴン、水素などのプロセスガスを振動させて高反応活性又は高エネルギを有するイオンとした後、有機汚染物及び微粒子汚染物に反応又は衝突させて揮発性物質を形成し、作動ガス流及び真空ポンプによってこれら揮発性物質を除去することにより、表面クリーニング活性化の目的を達し、洗浄方法における最も徹底的な剥離式洗浄である。この技術の特徴は、素材表面の微細孔及び凹みの内部に入り洗浄を完成し、表面油汚染を効果的に除去するとともに、その表面活性を向上し、溶合効果を向上することができる。かつ、有害溶媒の使用を避け、洗浄後に有害汚染物を発生せずにクリーンである。
Development of new heavy gauge steel plate using cladding technology. JFE Technical Report, 2004, 5(8):65 謝広明等,圧延プロセスの真空圧延複合鋼板組織・性能への影響,鉄鋼研究学報,2011,23(12)27−30
刀・剣の積層鍛造成形思想及びプラズマ洗浄、真空電子ビーム溶接等の技術に基づき、本発明の目的は、低コストの連続鋳造素材を原料とし、表面加工とクリーニングの後、真空電子ビームによって複数の板状素材をシール溶接し、そして大幅変形保圧と多方向鍛造を特徴とする鍛造溶接プロセスを施し、界面を十分に溶合して分散させ、最終的に界面における成分、組織及び夾雑物レベルを基体に一致させることを実現する均質化鍛造品を製造する構築成形方法を提供することにある。
本発明の技術案は以下の通りである。
均質化鍛造品を製造する構築成形方法は、まず、複数の連続鋳造板状素材を所定のサイズで投入し、溶合待ち表面をフライス盤で平らに加工し、真空プラズマ洗浄を行い、素材を積層した後に真空室内において溶合待ち面周囲に対して電子ビームシール溶接を行うことにより、素材を製造し、その後、溶接後の素材を所定温度に加熱して炉から出し、油圧プレス機で鍛造し、初回の据込み過程では鍛造中保圧、鍛造間保温の措置を施し、界面を十分に溶合させ、後続の据込み・引き延ばし過程では三方向鍛造方法を用い、溶合界面を分散させて界面における成分、組織、夾雑物を基体に一致するレベルにすることにより、素材の鍛造溶接及び均一化を実現し、最後に、素材を最終規格サイズに鍛造することにより、成形を行い、具体的なステップは以下の通りである。
第1のステップ:所定の規格に従って連続鋳造素材を切断する;
第2のステップ:溶接待ち表面を加工、洗浄する;
第3のステップ:素材に対して真空電子ビーム溶接を行う;
第4のステップ:素材に対して鍛造前加熱を施す;
第5のステップ:素材に対して据込みと保圧鍛造溶接を施す;
第6のステップ:素材に対して高温拡散接続を施す;
第7のステップ:Y方向に沿って引き延ばし鍛造を施す;
第8のステップ:X方向に沿って引き延ばし鍛造を施す;
第9のステップ:Z方向に沿って引き延ばし鍛造を施す;
第10のステップ:最終鍛造品サイズとなるように素材を鍛造成形する。
前記均質化鍛造品を製造する構築成形方法は、第1のステップにおいて、長さと幅との比が2:3となるように連続鋳造素材を切断し、積層後の総高さと幅との比が2:1となるように、即ち積層後に幅(X):長さ(Y):高さ(Z)=2:3:4となるように切断後の連続鋳造素材を所定の数用意し、三方向鍛造の実施を容易にする。
前記均質化鍛造品を製造する構築成形方法は、第2のステップにおいて、ガントリーフライス盤を用いて溶合待ち表面を加工し、そして真空室中に投入し、プラズマによって溶合待ち表面を洗浄し、表面の高度清浄を保障し、フレッシュな金属を露出させる。
前記均質化鍛造品を製造する構築成形方法は、第3のステップにおいて、素材を真空室に投入して積層し、溶合待ち面周囲に対して真空電子ビーム溶接を行い、溶接深さが10〜50mmである。
前記均質化鍛造品を製造する構築成形方法は、第4のステップにおいて、溶接済みの素材を加熱炉に送入して加熱し、加熱温度が0.85T(T:材料の融点,単位:℃)である。
前記均質化鍛造品を製造する構築成形方法は、第5のステップにおいて、加熱後の素材を鍛造プレス機の操作台に配置し、高さ方向を垂直方向に一致させ、据込み板を用いて高さZ方向に沿って素材に対して据込みを行い、据込みは二段階に分けて行われ、まず、素材総高さの10%を圧下し、圧力を素材に5min作用させ、そして、素材高さが原高さの50%になるまで据込みを引き続き行い、圧力を素材に10min作用させる。
前記均質化鍛造品を製造する構築成形方法は、第6のステップにおいて、据込み後の素材を加熱炉に戻して加熱し、加熱温度が0.85T(T:材料の融点,単位:℃)であり、素材温度が均一になった後の保温時間は20T(T:素材据込み後の高さ,単位:m)時間である。
前記均質化鍛造品を製造する構築成形方法は、第7のステップにおいて、フラットアンビルを用い、幅(X):長さ(Y):高さ(Z)=3:4:2の直方体となるようにインゴットを長さY方向に沿って引き延ばす。
前記均質化鍛造品を製造する構築成形方法は、第8のステップにおいて、フラットアンビルを用い、素材を長さY方向に沿って50%据込み、指定サイズに変形させた後、幅(X):長さ(Y):高さ(Z)=4:2:3の直方体となるように素材を幅X方向に沿って引き延ばす。
前記均質化鍛造品を製造する構築成形方法は、第9のステップにおいて、フラットアンビルを用い、素材を幅X方向に沿って50%据込み、指定サイズに変形させた後、幅(X):長さ(Y):高さ(Z)=2:3:4の直方体となるように素材を高さZ方向に沿って引き延ばす。
本発明は以下のメリット及び有益な効果を有する。
1、大断面鍛造品の均質化製造を実現する。複数の連続鋳造素材の積層鍛造を採用すると、その成分均一性は鋳造インゴットより遥かに優れ、特に鍛造素材は成形後、両端の化学的成分が基本的に一致するのに対して、鋳造インゴットから製造された鍛造品は両端の化学的成分が大きく異なる。
2、大断面鍛造品の緻密化製造を実現する。用いる連続鋳造素材組織は緻密であり、中心ルーズは存在しない。溶合界面は保温、保圧及び多方向鍛造を経た後、鋳造インゴットから製造された鍛造品よりも致密性が高い。
3、大断面鍛造品の清浄化製造を実現する。製鋼所は連続鋳造素材を生産するとき、通常、RH炉を用いて脱気するが、機械工場で鋳造インゴットを生産するとき、通常、VD炉を用いて脱気する。RH炉はサイクル作用を有するため、VD炉よりもその脱気効果が遥かに優れる。したがって、連続鋳造素材における全酸素含有量は鋳造インゴットより低く、さらに夾雑物含有量も割りに低い。連続鋳造素材積層鍛造方法により鍛造品を製造すると、夾雑物の全体含有量は、鋳造インゴットから製造された鍛造品より低い。
4、大断面鍛造品の低コスト製造を実現する。連続鋳造素材を鍛造品母材とすると、投入重量を正確に計算することができるが、鋳造インゴットを鍛造品母材とすると、ライザー・ゲート切除き、及びインゴット規格に制約されて20〜30%の材料ロスが発生する。同時に、連続鋳造素材は大規模生産のメリットを有し、単位コストは鋳造インゴットのコストの70%しかない。連続鋳造素材積層鍛造方法は鍛造品製造コストを低減しながら、連続鋳造素材の応用範囲を広げ、製品の付加価値を向上する。
5、大断面鍛造品の清浄化、安定化製造を実現する。鋳造インゴットは生産種類が多く、ロットが小さく、注湯前に鋳型、ランナー、保温材料を用意する必要があり、準備作業が複雑でありながら、注湯後のライザー発熱剤及び被覆剤は環境を汚染する。連続鋳造素材、真空電子ビーム溶接と積層鍛造を採用すると、生産過程の完全自動化を実現でき、作業環境を改善できるだけではなく、人為的要素の影響を減少でき、製品品質はより安定的になる。
界面欠陥癒合メカニズムを示す図である。(a)は変形開始段階を示し、(b)はホールの巨視的閉鎖を示し、(c)はクラック欠陥が不安定になり分解することを示し、(d)は冶金結合を示す。 本発明の実施例における積層してシール溶接された後の連続鋳造素材の写真である。 本発明の実施例における鍛造過程中の素材の写真である。 本発明のプロセスのフローチャートである。(a)において、連続鋳造板状素材を切断して投入する;(b)において、溶接待ち表面をフライスして平らにし、フレッシュな金属を露出させ、プラズマ洗浄を行う;(c)において、真空室内において界面周囲に対して電子ビームシール溶接を行う;(d)において、高温炉に投入して加熱する;(e)において、油圧プレス機で据込み板を用い、溶合待ち面に垂直である方向に沿って据込む;(f)において、据込み変形が適切になった後、圧力を素材に作用させたまま欠陥を十分に溶合させる;(g)において、素材を据込んだ後、炉に戻して高温拡散させる;(h)〜(i)において、素材に対して三方向鍛造を施し、各方向における大幅変形を保障する;(j)において、最終パーツ形状及びサイズとなるように素材を鍛造する。 本発明実施例における鍛造終了後の原溶接界面位置に対応する金相組織である。 比較例1における伝統的インゴット鍛造によって得られた鍛造素材中心位置組織である。 比較例2における、伝統的積層圧延方式による変形終了後の原溶接界面位置に対応する金相組織である。そのうち、(a)は素材中心領域を示し、(b)は素材縁部領域を示す。
本発明の物理冶金学と力学の分析は以下の通りである。
連続鋳造素材を積層して縁部をシール溶接した後、巨視的に界面両側の板は接触するが、実際に、板状素材表面が一定の粗さを有するため、微視的に2つの板は多点接触し、接触点の間に空隙が大量に存在し、このような空隙をホールと見なすことができる。
1つのホールを例として、素材の据込み鍛造過程におけるその変化経歴を分析する。図1に示すように、(a)変形開始段階において、ホールは押し潰され、結晶粒は歪む;(b)ホールは巨視的に閉鎖し、クラック状欠陥を形成し、基体は再結晶する;(c)クラック状欠陥は不安定になり、円柱体又は球状微細孔を形成する。(d)粒界が遷移し、結晶粒が成長し、微細孔が原子拡散作用で徐々になくなり、2つの板状素材間は冶金結合を実現する。
ホール型欠陥の癒合過程はホールの閉鎖と閉鎖表面の溶合とを含む。閉鎖とは、ホール表面が応力変形の作用で物理的接触を実現することであり、溶合とは、閉鎖表面が一定の温度、接触圧力及び保温時間の条件下で拡散、再結晶等の方式によって冶金結合を実現することである。閉鎖は溶合を実現する前提であり、鍛造方式を用いて積層溶接後の素材を加工すると、素材中心のひずみ量は圧延方法を用いる場合より遥かに大きい。溶合は欠陥の完全な癒合には重要である。発明者は大量の実験研究を重ねて、一部のマイクロ的な欠陥が閉鎖したが溶合しておらず、外力の作用で再度開きやすいことを見出した。同時に、溶合したばかりの界面成分、組織は基体のと大きく異なり、「結合帯」を形成し、このような「傷跡」組織を完全になくすには、変形後の長期間の高温高熱処理を必要とする。
上記考慮から、本発明は「鍛造中保圧」、「鍛造間保温」及び「多方向鍛造」の方法により、界面の癒合、及び成分・組織の均一化を実現する。
「鍛造中保圧」は2つの表面の溶合を最大限に実現することを保障でき、溶合したばかりの界面が外力で再度開くことを避ける。
「鍛造間保温」は高温拡散によって、変形時に微視的に微小なホールを完全に癒合させることを保障することができる。
「多方向鍛造」は、溶合界面が多数の方向において大幅変形し、界面に残留する酸化膜をできるだけ基体に分散させ、その機械的性質への悪影響を低減することができる。
上述方法を組合わせて使用すれば、界面と基体との一致性を最大限に実現することができる。
本発明は、大断面鍛造品が鋳造インゴットのみを母材とし得る伝統的手段を突破し、連続鋳造素材積層鍛造の方法により、冶金業界と機械業界との長所を結合し、製造コストを低減し、製品品質を向上しながら、大量の鋳造インゴットの生産を減少し、省エネ・排出減少に寄与することができる。
図4に示すように、本発明による均質化鍛造品を製造する連続鋳造素材積層鍛造方法のプロセスフローは以下の通りである。
(a)連続鋳造板状素材を切断して投入する→(b)溶接待ち表面をフライスして平らにし、フレッシュな金属を露出させ、プラズマ洗浄を行う→(c)真空室内において界面周囲に対して電子ビームシール溶接を行う→(d)高温炉に投入して加熱する→(e)油圧プレス機で据込み板を用い、溶合待ち面に垂直である方向に沿って据込む→(f)据込み変形が適切になった後、圧力を素材に作用させたまま欠陥を十分に溶合させる→(g)素材を据込んだ後、炉に戻して高温拡散させる→(h)〜(i)素材に対して三方向鍛造を施し、各方向における大幅変形を保障する→(j)通常の据込み、引き延ばし、球体化、打ち抜き、リーミング、コアバーストレッチ等の自由鍛造手段によって、最終パーツ形状及びサイズとなるように素材を鍛造する。
以下、実施例、比較例及び実験例を通じて本発明をさらに詳しく説明する。
(実施例1)
連続鋳造方式を用い、幅1200mm、厚さ200mmの連続鋳造板状素材を製造し、その鋼種は25CrNiMoVであり、化学成分は表1に列記される。この鋼種はよく見かける圧力容器用鋼である。適当規格の素材を切り取り、加工、洗浄した後に真空室内でシール溶接し、そして鍛造を行う。具体的なステップは以下の通りである。
第1のステップ:所定の規格に従って連続鋳造素材を切断する。規格が200×450×300mmである連続鋳造素材を3つ切取り、幅=300mm、長さ=450mm、高さ=600mmとなるように積層させ、三方向鍛造の実施を容易にする。
第2のステップ:溶接待ち表面を加工、洗浄する。ガントリーフライス盤を用いて溶合待ち表面を加工し、そして真空室中に投入し、プラズマによって溶合待ち表面を洗浄し、表面の高度清浄を保障し、フレッシュな金属を露出させる。
第3のステップ:素材に対して真空電子ビーム溶接を行う。素材を真空室に投入して積層し、溶合待ち面周囲に対して真空電子ビーム溶接を行い、溶接深さが50mmである(図2)。
第4のステップ:素材に対して鍛造前加熱を施す。溶接済みの素材を加熱炉に送入して加熱し、加熱温度は1250℃である。
第5のステップ:素材に対して据込みと保圧鍛造溶接を施す。加熱後の素材を鍛造プレス機の操作台に配置し、高さ方向を垂直方向に一致させる。据込み板を用いて高さZ方向に沿って素材に対して据込みを行う。据込みは二段階に分けて行われる。まず、素材総高さの10%を圧下し、圧力を素材に5min作用させる。そして、素材高さが原高さの50%になるまで据込みを引き続き行い、圧力を素材に10min作用させる(図3)。
第6のステップ:素材に対して高温拡散接続を施す。据込み後の素材を加熱炉に戻して加熱し、加熱温度は1250℃であり、素材温度が均一になった後の保温時間は6時間である。
第7のステップ:Y方向に沿って引き延ばし鍛造を施し、幅=450mm、長さ=600mm、高さ=300mmとなるように素材を変形させる。
第8のステップ:X方向に沿って引き延ばし鍛造を施す。幅=600mm,長さ=300mm,高さ=450mmとなるように素材を変形させる。
第9のステップ:Z方向に沿って引き延ばし鍛造を施す。幅=300mm,長さ=450mm,高さ=600mmとなるように素材を変形させる。
第10のステップ:厚さが180mm、長さが1000mm、幅が1000mmである最終鍛造品サイズとなるように素材を鍛造成形する。
(比較例1)
比較例1で用いた材料化学成分と最終ワークサイズはいずれも実施例1と一致しており、比較例1は通常の鋳造インゴット、鍛造プロセスを用いる。具体的なステップは以下の通りである。
第1のステップ:インゴット鋳型、シャーシ、ライザーボックス、注入管を製造する。ねずみ鋳鉄を用いて2トンのインゴットのインゴット鋳型、シャーシ、ライザーボックス、注入管を製造し、かつライザー保温板、保護スラグ、炭化籾殻、発熱剤などの補助材を用意する。
第2のステップ:インゴット鋳型を組み立てる。シャーシに鋼製レンガを積み上げ、ランナーを作製する。インゴット鋳型と注入管をシャーシに着座させ、ライザーをインゴット鋳型に取付け、保護スラグをインゴット鋳型内に配置する。
第3のステップ:製錬注湯する。2トンの溶融鋼を製錬して注湯し、注湯終了後、炭化籾殻をライザー上部にして配置して保温する。
第4のステップ:離型する。インゴット注湯終了5時間後、離型し、サイズがΦ280×1000mmであるインゴットを取得する。
第5のステップ:投入する。インゴットライザー、ゲートを切除き、素材を取得する。
第6のステップ:加熱する。素材を加熱炉内に配置し、加熱温度が1250℃であり、素材温度が均一になった後の保温時間は6時間である。
第7のステップ:Y方向に沿って引き延ばし鍛造を施し、幅=450mm、長さ=600mm、高さ=300mmとなるように素材を変形させる。
第8のステップ:X方向に沿って引き延ばし鍛造を施す。幅=600mm,長さ=300mm,高さ=450mmとなるように素材を変形させる。
第9のステップ:Z方向に沿って引き延ばし鍛造を施す。幅=300mm,長さ=450mm,高さ=600mmとなるように素材を変形させる。
第10のステップ:厚さが180mm、長さが1000mm、幅が1000mmである最終鍛造品サイズとなるように素材を鍛造成形する。
(比較例2)
比較例2で用いた材料化学成分と最終ワークサイズはいずれも実施例1と一致しており、比較例2は通常の複合圧延プロセスを用いる。具体的なステップは以下の通りである。
第1のステップ:所定の規格に従って連続鋳造素材を切断する。規格が200×450×300mmである連続鋳造素材を3つ切取り、幅=300mm、長さ=450mm、高さ=600mmとなるように積層させる。
第2のステップ:溶接待ち表面を加工、洗浄する。ガントリーフライス盤を用いて溶合待ち表面を加工してから、アルコール、アセトンによって溶接待ち表面を洗浄する。
第3のステップ:素材に対して真空電子ビーム溶接を行う。素材を真空室に投入して積層し、溶合待ち面周囲に対して真空電子ビーム溶接を行い、溶接深さが50mmである。
第4のステップ:素材に対して圧延前加熱を施す。溶接済みの素材を加熱炉に送入して加熱し、加熱温度は1250℃である。
第5のステップ:素材に対して圧延を施す。加熱後の素材をワイド厚肉板圧延機に配置して圧延し、一回の圧下量は平均で30mmであり、横圧延、縦圧延を組合わせる方式を用い、14パス圧延し、厚さが180mm,長さが1000mm,幅が1000mmとなるように素材を圧延する。
(実験例1)
実施例1及び比較例1、比較例2における鍛造品を中部から切開し、溶合界面位置から試験片を取り、硝酸アルコールで腐食させる。低倍率組織は具体的に図5、図6及び図7に示す。
図示の通り、本発明の連続鋳造素材積層鍛造方法と通常の方法とで鍛造する場合、顕微組織は基本的に一致しており、原界面位置で組織異常が発見されていないが、本発明の連続鋳造素材積層鍛造方法は通常の鍛造方法に比べて材料利用率を30%向上している。連続鋳造素材積層圧延方式で生産された厚肉板は、中心位置には、圧延結合が不完全な界面が存在しており(図7a)、縁部位置では、マルチパス圧延のため、最初の数パスの圧延過程において、積層された複合面にはせん断応力が発生し、電子ビーム溶接位置が破裂し、溶合待ち表面が酸化し、変形終了後、図7bに示すように、非常に鮮明な界面組織を形成した。
実施例の結果から明らかであるように、本発明は通常の鋳造インゴットを用いる鍛造品製造方法を越えた技術であり、連続鋳造素材に対して真空洗浄、電子ビーム溶接を行い、鍛造中保圧、鍛造間保温の措置を施すことにより、界面を十分に溶合させ、後続の据込み・引き延ばし過程では三方向鍛造方法を用い、溶合界面を分散させて界面における成分、組織、夾雑物を基体に一致するレベルにする。
本発明は製造コストを大幅に低減し、材料利用率を向上し、通常インゴットで克服しにくい偏析、粗結晶、夾雑及びホールルーズ等の問題を解決し、均質化鍛造品の熱間製造を実現することができる。
また、本発明は異質金属接続に用いることもできる。

Claims (10)

  1. 均質化鍛造品を製造する構築成形方法であって、
    まず、複数の連続鋳造板状素材を所定のサイズで投入し、溶合待ち表面をフライス盤で平らに加工し、真空プラズマ洗浄を行い、素材を積層した後に真空室内において溶合待ち面周囲に対して電子ビームシール溶接を行うことにより、素材を製造し、
    その後、溶接後の素材を所定温度に加熱して炉から出し、油圧プレス機で鍛造し、初回の据込み過程では鍛造中保圧を施した後、鍛造間保温を行い、界面を十分に溶合させ、後続の据込み・引き延ばし過程では三方向鍛造方法を用い、溶合界面を分散させて界面における成分、組織、夾雑物を基体に一致するレベルにすることにより、素材の鍛造溶接及び均一化を実現し、
    最後に、素材を最終規格サイズに鍛造することにより、成形を行い、
    具体的なステップは以下の通りである、ことを特徴とする均質化鍛造品を製造する構築成形方法。
    第1のステップ:所定の規格に従って連続鋳造素材を切断する;
    第2のステップ:溶接待ち表面を加工、洗浄する;
    第3のステップ:素材に対して真空電子ビーム溶接を行う;
    第4のステップ:素材に対して鍛造前加熱を施す;
    第5のステップ:素材に対して据込みを施し、据込み過程では、素材に対して保圧鍛造溶合を施す;
    第6のステップ:素材に対して高温拡散接続を施す;
    第7のステップ:Y方向に沿って引き延ばし鍛造を施す;
    第8のステップ:X方向に沿って引き延ばし鍛造を施す;
    第9のステップ:Z方向に沿って引き延ばし鍛造を施す;
    第10のステップ:最終鍛造品サイズとなるように素材を鍛造成形する。
  2. 第1のステップにおいて、長さと幅との比が3:2となるように連続鋳造素材を切断し、積層後の総高さと幅との比が2:1となるように、即ち積層後に幅(X):長さ(Y):高さ(Z)=2:3:4となるように切断後の連続鋳造素材を所定の数用意し、三方向鍛造の実施を容易にする、ことを特徴とする請求項1に記載の均質化鍛造品を製造する構築成形方法。
  3. 第2のステップにおいて、ガントリーフライス盤を用いて溶合待ち表面を加工し、そして真空室中に投入し、プラズマによって溶合待ち表面を洗浄し、表面の高度清浄を保障し、フレッシュな金属を露出させる、ことを特徴とする請求項1に記載の均質化鍛造品を製造する構築成形方法。
  4. 第3のステップにおいて、素材を真空室に投入して積層し、溶合待ち面周囲に対して真空電子ビーム溶接を行い、溶接深さが10〜50mmである、ことを特徴とする請求項1に記載の均質化鍛造品を製造する構築成形方法。
  5. 第4のステップにおいて、溶接済みの素材を加熱炉に送入して加熱し、加熱温度が0.85T(T:材料の融点,単位:℃)である、ことを特徴とする請求項1に記載の均質化鍛造品を製造する構築成形方法。
  6. 第5のステップにおいて、加熱後の素材を鍛造プレス機の操作台に配置し、高さ方向を垂直方向に一致させ、据込み板を用いて高さZ方向に沿って素材に対して据込みを行い、据込みは二段階に分けて行われ、まず、素材総高さの10%を圧下し、圧力を素材に5min作用させ、そして、素材高さが原高さの50%になるまで据込みを引き続き行い、圧力を素材に10min作用させる、ことを特徴とする請求項1に記載の均質化鍛造品を製造する構築成形方法。
  7. 第6のステップにおいて、据込み後の素材を加熱炉に戻して加熱し、加熱温度が0.85T(T:材料の融点,単位:℃)であり、素材温度が均一になった後の保温時間は20T(T:素材据込み後の高さ,単位:m)時間である、ことを特徴とする請求項1に記載の均質化鍛造品を製造する構築成形方法。
  8. 第7のステップにおいて、フラットアンビルを用い、幅(X):長さ(Y):高さ(Z)=3:4:2の直方体となるようにインゴットを長さY方向に沿って引き延ばす、ことを特徴とする請求項1に記載の均質化鍛造品を製造する構築成形方法。
  9. 第8のステップにおいて、フラットアンビルを用い、素材を長さY方向に沿って50%据込み、指定サイズに変形させた後、幅(X):長さ(Y):高さ(Z)=4:2:3の直方体となるように素材を幅X方向に沿って引き延ばす、ことを特徴とする請求項1に記載の均質化鍛造品を製造する構築成形方法。
  10. 第9のステップにおいて、フラットアンビルを用い、素材を幅X方向に沿って50%据込み、指定サイズに変形させた後、幅(X):長さ(Y):高さ(Z)=2:3:4の直方体となるように素材を高さZ方向に沿って引き延ばす、ことを特徴とする請求項1に記載の均質化鍛造品を製造する構築成形方法。
JP2017550198A 2015-03-26 2015-07-01 均質化鍛造品を製造する構築成形方法 Active JP6515376B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
CN201510134094.6 2015-03-26
CN201510134094 2015-03-26
PCT/CN2015/083018 WO2016150024A1 (zh) 2015-03-26 2015-07-01 一种制备均质化锻件的构筑成形方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2018512281A JP2018512281A (ja) 2018-05-17
JP6515376B2 true JP6515376B2 (ja) 2019-05-22

Family

ID=55707974

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2017550198A Active JP6515376B2 (ja) 2015-03-26 2015-07-01 均質化鍛造品を製造する構築成形方法

Country Status (8)

Country Link
US (2) US10413964B2 (ja)
EP (2) EP3275585B1 (ja)
JP (1) JP6515376B2 (ja)
KR (1) KR102006372B1 (ja)
CN (10) CN105598327B (ja)
ES (1) ES2768771T3 (ja)
PL (1) PL3275585T3 (ja)
WO (1) WO2016150024A1 (ja)

Families Citing this family (23)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE102015102961A1 (de) * 2015-03-02 2016-09-08 Thyssenkrupp Ag Verfahren zum Herstellen eines Werkstoffverbunds und provisorischer Verbund
PL3275585T3 (pl) * 2015-03-26 2020-05-18 Institute Of Metal Research Chinese Academy Of Sciences Sposób konstruowania i kucia dla wytwarzania homogenizowanych kutych elementów
CN106077387B (zh) * 2016-06-27 2018-08-14 泰尔重工股份有限公司 一种ld钢圆盘刀片的锻造方法
CN106140767A (zh) * 2016-08-23 2016-11-23 无锡市湖昌机械制造有限公司 清洗设备进料预处理装置
CN107755878B (zh) * 2016-08-23 2021-09-03 张颖 一种制备金属层叠材料的方法
CN106312454B (zh) * 2016-08-29 2018-11-13 辽宁北祥重工机械制造有限公司 多单元同质金属叠锻生产主轴锻件的方法
CN106271482B (zh) * 2016-08-29 2018-11-13 辽宁北祥重工机械制造有限公司 多单元同质金属叠锻生产模具钢模块的方法
CN108220564A (zh) * 2017-02-16 2018-06-29 中国科学院金属研究所 一种9Ni大锻件构筑成型的设计方法
CN107671216B (zh) * 2017-09-08 2020-05-05 中国科学院金属研究所 沙漏形金属构筑成形方法
CN107520584B (zh) * 2017-09-15 2020-03-24 中国原子能科学研究院 异形金属构筑成形方法
CN107717341A (zh) * 2017-09-15 2018-02-23 中国原子能科学研究院 模块式金属构筑成形方法
CN107626880B (zh) * 2017-09-15 2020-10-09 中国原子能科学研究院 一种大型环形锻件的制造工艺
CN107876674B (zh) * 2017-10-19 2020-05-05 中国科学院金属研究所 金属分级构筑成形方法
CN107626868B (zh) * 2017-11-02 2020-05-05 中国科学院金属研究所 沙漏形金属分级构筑成形方法
CN108188659A (zh) * 2017-12-21 2018-06-22 中国原子能科学研究院 一种钢坯的制造工艺
CN109264392A (zh) * 2018-09-28 2019-01-25 宁波北新建材有限公司 一种石膏板高速生产线整垛输送过程中的自动上垫板系统
CN109604926B (zh) * 2018-11-14 2021-10-15 中国原子能科学研究院 钢坯料构筑界面愈合方法
CN109648252A (zh) * 2018-12-11 2019-04-19 陕西宏远航空锻造有限责任公司 一种大型钛合金框类锻件加工变形防治方法及装置
CN109290749B (zh) * 2018-12-12 2020-09-08 孙庆广 一种炉管局部高温锻造焊接方法
CN110405413A (zh) * 2019-06-28 2019-11-05 伊莱特能源装备股份有限公司 多层板坯真空封焊方法
CN110773957A (zh) * 2019-10-24 2020-02-11 太原科技大学 一种大型铸锻件铸-连-锻近净形成形工艺
CN112722739B (zh) * 2021-01-05 2021-11-09 中国第一重型机械股份公司 一种金属固固复合增材制坯处理系统及处理方法
CN112893313A (zh) * 2021-01-22 2021-06-04 大连理工大学 一种用于构筑成形的基材清洗方法

Family Cites Families (63)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5213459A (en) * 1975-07-24 1977-02-01 Nippon Steel Corp Method of manufacture of titaniummclad steel
DE2929015C2 (ja) * 1979-07-18 1988-02-04 Karl Marbach Gmbh & Co, 7100 Heilbronn, De
US4881430A (en) * 1988-09-06 1989-11-21 Hubbard Arthur J Method of making heterogeneous blade-like metallic cutter member
US5273202A (en) * 1991-10-29 1993-12-28 Rolls-Royce Plc Method of manufacturing an article, a method of diffusion bonding and a vacuum chamber
US5803342A (en) * 1996-12-26 1998-09-08 Johnson Matthey Electronics, Inc. Method of making high purity copper sputtering targets
JPH1141871A (ja) * 1997-07-18 1999-02-12 Kuroda Precision Ind Ltd 積層体の製造方法
CN1073892C (zh) * 1998-05-22 2001-10-31 陈忠林 金属复合板的制造方法
JP2000202560A (ja) * 1999-01-19 2000-07-25 Sanyo Special Steel Co Ltd 熱間クラッド金型の製造方法
JP2001240949A (ja) * 2000-02-29 2001-09-04 Mitsubishi Materials Corp 微細な結晶粒を有する高純度銅加工品素材の製造方法
CN1338372A (zh) * 2000-08-10 2002-03-06 陈德荣 不锈钢包铝片的制造工艺
FR2823767B1 (fr) * 2001-04-24 2004-02-06 Pechiney Rhenalu Blocs metalliques de forte epaisseur destines a l'usinage
US6857558B2 (en) * 2002-02-27 2005-02-22 Ferry, Iii Robert Thomas Metal lamination method and structure
CN1425558A (zh) * 2003-01-07 2003-06-25 南海冠益不锈钢制品有限公司 多层复合金属板材及其制造工艺
EP1468765A1 (en) * 2003-04-16 2004-10-20 Corus Technology BV Preform for foamed sheet product and foamed product manufactured therefrom
CN1319658C (zh) * 2003-09-09 2007-06-06 株式会社岛津制作所 等离子清洗装置
TWI242633B (en) * 2004-06-15 2005-11-01 Ind Tech Res Inst Method for manufacturing aluminum copper cladding radiator
US7673773B1 (en) * 2005-05-04 2010-03-09 Kennik Innovations, Llc Beverage lid dispenser including easy loading lid packaging
WO2007032439A1 (ja) * 2005-09-15 2007-03-22 Sumitomo Metal Industries, Ltd. 三層ステンレスクラッド鋼板用素材、厚板および固体高分子型燃料電池セパレータ用鋼板の製造方法、ならびに固体高分子型燃料電池セパレータ
JP2007100195A (ja) * 2005-10-07 2007-04-19 Daido Steel Co Ltd 冷間工具鋼の製造方法
EE05493B1 (et) * 2006-03-07 2011-12-15 Cabot Corporation Meetod l?pliku paksusega metallesemete valmistamiseks, saadud metallplaat ja selle valmistamiseks kasutatav BCC- metall
CN100462191C (zh) * 2007-04-13 2009-02-18 辽宁新华阳刃具复合材料有限公司 一种刃具用三层复合钢板的制造方法
CN100462192C (zh) * 2007-04-13 2009-02-18 辽宁新华阳刃具复合材料有限公司 双复合刀刃的刃具钢板的制造方法
CN201061796Y (zh) * 2007-07-18 2008-05-21 马峰然 冷轧钢板快速清洗机
CN101121974B (zh) * 2007-09-19 2014-04-30 洛阳理工学院 一种高强高导弥散强化铜合金及其制备方法
DE102007055379A1 (de) * 2007-11-19 2009-05-20 Alstom Technology Ltd. Herstellungsprozess für einen Rotor
CN101214745A (zh) * 2008-01-07 2008-07-09 吉欣(英德)热轧不锈复合钢有限公司 双层不锈钢复合薄板及其加工方法
CN101439348A (zh) 2008-12-29 2009-05-27 济南钢铁股份有限公司 一种生产特厚板的工艺方法
CN101590596B (zh) * 2009-06-25 2010-12-29 莱芜钢铁集团有限公司 一种累积叠轧焊工艺制造特厚板坯的方法
DE102010018010A1 (de) * 2010-04-23 2011-10-27 Anton Jäger Reinigungsvorrichtung
CN102000960B (zh) * 2010-09-13 2012-07-25 大连重矿设备制造有限公司 基于冷变形再结晶过程生产金属复合材料的工艺方法
CN102009332A (zh) * 2010-09-15 2011-04-13 北京科技大学 一种叠轧焊工艺生产特厚板的方法
CH704406A1 (de) * 2011-01-31 2012-07-31 Kringlan Composites Ag Verfahren zur Herstellung von Vorformen.
CN102514287A (zh) * 2011-12-07 2012-06-27 常熟市东涛金属复合材料有限公司 多层复合金属板材
CN103159064B (zh) * 2011-12-13 2016-08-03 北方工业大学 一种电磁移动堆垛方法及其装置
ITTO20111198A1 (it) * 2011-12-23 2013-06-24 Fiat Group Automobiles Spa Pedana pallettizzabile, a riconfigurazione rapida, per il trasporto in sicurezza di pile di tranciati di lamiera metallica
CN102581554A (zh) * 2012-01-28 2012-07-18 孟庆连 热轧钎焊法生产金属复合板卷的方法
CN202576595U (zh) * 2012-03-15 2012-12-05 河南中孚实业股份有限公司 铝电解槽阳极钢爪清理机
EP2641690A1 (en) * 2012-03-24 2013-09-25 Alstom Technology Ltd. Method for manufacturing a rotor
KR101983355B1 (ko) * 2012-06-22 2019-05-28 주식회사 탑 엔지니어링 기판세정장치
CN102730469B (zh) * 2012-07-16 2015-09-30 建科机械(天津)股份有限公司 焊接网片的无极调整对齐装置
CN102764960B (zh) * 2012-07-27 2014-10-22 济钢集团有限公司 一种加氢反应釜筒体用复合钢板的制造方法
CN102764961B (zh) * 2012-07-27 2014-12-03 济钢集团有限公司 一种利用连铸板坯制造150-400mm厚碳素结构钢板的工艺
CN102837160B (zh) 2012-08-23 2014-11-19 沈阳黎明航空发动机(集团)有限责任公司 电子束焊接结构整体叶盘中单体叶片的装配精度控制方法
CN103662845A (zh) * 2012-09-03 2014-03-26 扬州市力神吊装设备制造有限公司 液压打正台
FR2997875B1 (fr) * 2012-11-09 2016-02-05 Mediterranee Const Ind Dispositif permettant de nettoyer les surfaces reflechissantes de miroirs d'une installation solaire
CN102941435B (zh) * 2012-11-12 2014-11-26 赵冰 一种不规则形状钢部件的成形方法
CN102922816B (zh) * 2012-11-12 2014-09-03 刘鸿彦 一种钛、钢、不锈钢复合板及其制造方法
KR101467086B1 (ko) * 2013-03-28 2014-12-02 현대제철 주식회사 소재 이송 장치
CN203265952U (zh) * 2013-04-19 2013-11-06 杭州凯尔达机器人科技有限公司 臂架生产线的顶升小车
CN103480593B (zh) * 2013-07-02 2015-11-18 吉林省艾斯克机电股份有限公司 禽笼清洗消毒机
CN203401223U (zh) * 2013-07-17 2014-01-22 中国国际海运集装箱(集团)股份有限公司 集装箱的壁板加工系统
CN203541900U (zh) * 2013-09-30 2014-04-16 西安麦特沃金液控技术有限公司 一种车箱体焊装生产线
CN103521468A (zh) * 2013-10-25 2014-01-22 蔡钱玉 一种综框清洗装置
CN103639203B (zh) * 2013-11-10 2016-05-18 中国第一重型机械股份公司 对称热轧制造不锈钢复合板的真空封装方法
CN103611710B (zh) * 2013-11-29 2015-10-21 云南名泽烟草机械有限公司 育苗盘清洗消毒机
CN103625705B (zh) * 2013-12-15 2016-04-13 佛山市鼎吉包装技术有限公司 一种瓷砖垛理直机构
CN103706587B (zh) * 2013-12-24 2017-01-25 愉悦家纺有限公司 多网版清洗装置
CN203725412U (zh) * 2014-01-15 2014-07-23 东莞市佳的自动化设备科技有限公司 一种全自动电池极片刷粉机
CN203711411U (zh) * 2014-02-20 2014-07-16 东莞市启天自动化设备有限公司 在线式真空等离子清洗机
CN203728288U (zh) * 2014-02-25 2014-07-23 浙江德生木业有限公司 一种薄板自动对齐堆放机
CN103817426A (zh) * 2014-03-13 2014-05-28 沈阳和世泰通用钛业有限公司 钛钢钛复合板扩散焊的生产方法
CN104259772A (zh) * 2014-09-03 2015-01-07 钢铁研究总院 一种制造钛-钢复合板的方法
PL3275585T3 (pl) * 2015-03-26 2020-05-18 Institute Of Metal Research Chinese Academy Of Sciences Sposób konstruowania i kucia dla wytwarzania homogenizowanych kutych elementów

Also Published As

Publication number Publication date
EP3533554A1 (en) 2019-09-04
US20190366420A1 (en) 2019-12-05
CN105728927B (zh) 2018-05-08
KR102006372B1 (ko) 2019-08-01
EP3275585A1 (en) 2018-01-31
CN105522349B (zh) 2019-03-15
CN105563034B (zh) 2019-03-19
CN105537749B (zh) 2019-09-24
CN105598599A (zh) 2016-05-25
US20180078995A1 (en) 2018-03-22
EP3275585B1 (en) 2019-12-25
CN105522349A (zh) 2016-04-27
CN105834574B (zh) 2018-10-09
CN105834617A (zh) 2016-08-10
CN105834574A (zh) 2016-08-10
CN105537749A (zh) 2016-05-04
CN105834617B (zh) 2018-01-09
CN105598327A (zh) 2016-05-25
US10413964B2 (en) 2019-09-17
CN105499459B (zh) 2019-01-04
CN105728927A (zh) 2016-07-06
JP2018512281A (ja) 2018-05-17
KR20170137791A (ko) 2017-12-13
CN105499459A (zh) 2016-04-20
ES2768771T3 (es) 2020-06-23
EP3275585A4 (en) 2018-10-17
CN105598599B (zh) 2019-05-24
CN105598327B (zh) 2019-01-01
PL3275585T3 (pl) 2020-05-18
CN105618506B (zh) 2019-05-07
CN105563034A (zh) 2016-05-11
US10953486B2 (en) 2021-03-23
CN105618506A (zh) 2016-06-01
WO2016150024A1 (zh) 2016-09-29

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6515376B2 (ja) 均質化鍛造品を製造する構築成形方法
Jamaati et al. High-strength and highly-uniform composite produced by anodizing and accumulative roll bonding processes
CN104561696B (zh) 高铁用5083铝合金板材及其生产方法
CN104388777A (zh) 一种高强度铝合金厚板及其制造方法
RU2555267C2 (ru) Способ изготовления тонких листов из двухфазного титанового сплава и изделие из этих листов
JP2008163361A (ja) 均一微細な結晶粒を有するマグネシウム合金薄板の製造方法
CN107671216A (zh) 沙漏形金属构筑成形方法
JP2010280002A (ja) γチタン−アルミニウム−母合金から鍛造片を製造する方法
CN104588997A (zh) 一种近等温模锻制备TiAl合金构件的方法
CN108787750A (zh) 一种β凝固TiAl合金板材的一步大变形轧制方法
CN111036812A (zh) 一种金属复合产品结合界面氧化物控制方法
JP2011099140A (ja) マグネシウム合金、およびその製造方法
Song et al. Fabrication, microstructure and shear properties of Al foam sandwich
CN103008978A (zh) 一种钛板坯的制备方法
JP2505999B2 (ja) 超高温熱間鍛造方法
CN103447433A (zh) 一种大尺寸镁合金锻饼的制备方法
CN109487102B (zh) 一种超塑成形用铝镁钪合金板材的制备方法
Zhang et al. A solid state bonding technology for metal plate by shear-extrusion and the analysis of microstructure and bonding strength
Zhang et al. Processing and microstructure control of (α2+ B2+ O) alloy sheet in Ti–Al–Nb system
Li et al. Investigation on electrically-assisted diffusion bonding of Ti2AlNb alloy sheet by microstructural observation, mechanical tests and heat treatment
Gupta et al. Effect of variants of thermomechanical working and annealing treatment on titanium alloy Ti6Al4V closed die forgings
CN111020284A (zh) 一种高强耐磨铜合金管材的制备方法
WO2019026251A1 (ja) チタン塊およびその製造方法、ならびに、チタンスラブ
CN105880527A (zh) 一种大型薄壁蒙皮筋板钛铸件的成型方法
CN112643300B (zh) 一种金属固固复合增材制坯用热力耦合方法

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20181011

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20181211

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20190305

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20190319

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20190322

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6515376

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150