JP5582865B2 - 灯具 - Google Patents

灯具 Download PDF

Info

Publication number
JP5582865B2
JP5582865B2 JP2010110037A JP2010110037A JP5582865B2 JP 5582865 B2 JP5582865 B2 JP 5582865B2 JP 2010110037 A JP2010110037 A JP 2010110037A JP 2010110037 A JP2010110037 A JP 2010110037A JP 5582865 B2 JP5582865 B2 JP 5582865B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
light
distribution pattern
reflector
light distribution
hot zone
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2010110037A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2011238511A (ja
Inventor
直樹 内田
Original Assignee
株式会社小糸製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社小糸製作所 filed Critical 株式会社小糸製作所
Priority to JP2010110037A priority Critical patent/JP5582865B2/ja
Publication of JP2011238511A publication Critical patent/JP2011238511A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5582865B2 publication Critical patent/JP5582865B2/ja
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F21LIGHTING
    • F21SNON-PORTABLE LIGHTING DEVICES; SYSTEMS THEREOF; VEHICLE LIGHTING DEVICES SPECIALLY ADAPTED FOR VEHICLE EXTERIORS
    • F21S41/00Illuminating devices specially adapted for vehicle exteriors, e.g. headlamps
    • F21S41/30Illuminating devices specially adapted for vehicle exteriors, e.g. headlamps characterised by reflectors
    • F21S41/32Optical layout thereof
    • F21S41/36Combinations of two or more separate reflectors
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F21LIGHTING
    • F21SNON-PORTABLE LIGHTING DEVICES; SYSTEMS THEREOF; VEHICLE LIGHTING DEVICES SPECIALLY ADAPTED FOR VEHICLE EXTERIORS
    • F21S41/00Illuminating devices specially adapted for vehicle exteriors, e.g. headlamps
    • F21S41/10Illuminating devices specially adapted for vehicle exteriors, e.g. headlamps characterised by the light source
    • F21S41/14Illuminating devices specially adapted for vehicle exteriors, e.g. headlamps characterised by the light source characterised by the type of light source
    • F21S41/141Light emitting diodes [LED]
    • F21S41/143Light emitting diodes [LED] the main emission direction of the LED being parallel to the optical axis of the illuminating device
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F21LIGHTING
    • F21SNON-PORTABLE LIGHTING DEVICES; SYSTEMS THEREOF; VEHICLE LIGHTING DEVICES SPECIALLY ADAPTED FOR VEHICLE EXTERIORS
    • F21S41/00Illuminating devices specially adapted for vehicle exteriors, e.g. headlamps
    • F21S41/10Illuminating devices specially adapted for vehicle exteriors, e.g. headlamps characterised by the light source
    • F21S41/14Illuminating devices specially adapted for vehicle exteriors, e.g. headlamps characterised by the light source characterised by the type of light source
    • F21S41/141Light emitting diodes [LED]
    • F21S41/147Light emitting diodes [LED] the main emission direction of the LED being angled to the optical axis of the illuminating device
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F21LIGHTING
    • F21SNON-PORTABLE LIGHTING DEVICES; SYSTEMS THEREOF; VEHICLE LIGHTING DEVICES SPECIALLY ADAPTED FOR VEHICLE EXTERIORS
    • F21S41/00Illuminating devices specially adapted for vehicle exteriors, e.g. headlamps
    • F21S41/10Illuminating devices specially adapted for vehicle exteriors, e.g. headlamps characterised by the light source
    • F21S41/14Illuminating devices specially adapted for vehicle exteriors, e.g. headlamps characterised by the light source characterised by the type of light source
    • F21S41/141Light emitting diodes [LED]
    • F21S41/155Surface emitters, e.g. organic light emitting diodes [OLED]
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F21LIGHTING
    • F21SNON-PORTABLE LIGHTING DEVICES; SYSTEMS THEREOF; VEHICLE LIGHTING DEVICES SPECIALLY ADAPTED FOR VEHICLE EXTERIORS
    • F21S41/00Illuminating devices specially adapted for vehicle exteriors, e.g. headlamps
    • F21S41/30Illuminating devices specially adapted for vehicle exteriors, e.g. headlamps characterised by reflectors
    • F21S41/32Optical layout thereof
    • F21S41/321Optical layout thereof the reflector being a surface of revolution or a planar surface, e.g. truncated
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F21LIGHTING
    • F21SNON-PORTABLE LIGHTING DEVICES; SYSTEMS THEREOF; VEHICLE LIGHTING DEVICES SPECIALLY ADAPTED FOR VEHICLE EXTERIORS
    • F21S41/00Illuminating devices specially adapted for vehicle exteriors, e.g. headlamps
    • F21S41/30Illuminating devices specially adapted for vehicle exteriors, e.g. headlamps characterised by reflectors
    • F21S41/32Optical layout thereof
    • F21S41/33Multi-surface reflectors, e.g. reflectors with facets or reflectors with portions of different curvature
    • F21S41/334Multi-surface reflectors, e.g. reflectors with facets or reflectors with portions of different curvature the reflector consisting of patch like sectors
    • F21S41/335Multi-surface reflectors, e.g. reflectors with facets or reflectors with portions of different curvature the reflector consisting of patch like sectors with continuity at the junction between adjacent areas
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F21LIGHTING
    • F21SNON-PORTABLE LIGHTING DEVICES; SYSTEMS THEREOF; VEHICLE LIGHTING DEVICES SPECIALLY ADAPTED FOR VEHICLE EXTERIORS
    • F21S41/00Illuminating devices specially adapted for vehicle exteriors, e.g. headlamps
    • F21S41/30Illuminating devices specially adapted for vehicle exteriors, e.g. headlamps characterised by reflectors
    • F21S41/32Optical layout thereof
    • F21S41/33Multi-surface reflectors, e.g. reflectors with facets or reflectors with portions of different curvature
    • F21S41/334Multi-surface reflectors, e.g. reflectors with facets or reflectors with portions of different curvature the reflector consisting of patch like sectors
    • F21S41/336Multi-surface reflectors, e.g. reflectors with facets or reflectors with portions of different curvature the reflector consisting of patch like sectors with discontinuity at the junction between adjacent areas
    • F21S48/325
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F21LIGHTING
    • F21SNON-PORTABLE LIGHTING DEVICES; SYSTEMS THEREOF; VEHICLE LIGHTING DEVICES SPECIALLY ADAPTED FOR VEHICLE EXTERIORS
    • F21S45/00Arrangements within vehicle lighting devices specially adapted for vehicle exteriors, for purposes other than emission or distribution of light
    • F21S45/40Cooling of lighting devices
    • F21S45/42Forced cooling
    • F21S45/43Forced cooling using gas
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F21LIGHTING
    • F21VFUNCTIONAL FEATURES OR DETAILS OF LIGHTING DEVICES OR SYSTEMS THEREOF; STRUCTURAL COMBINATIONS OF LIGHTING DEVICES WITH OTHER ARTICLES, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F21V29/00Protecting lighting devices from thermal damage; Cooling or heating arrangements specially adapted for lighting devices or systems
    • F21V29/50Cooling arrangements
    • F21V29/60Cooling arrangements characterised by the use of a forced flow of gas, e.g. air
    • F21V29/67Cooling arrangements characterised by the use of a forced flow of gas, e.g. air characterised by the arrangement of fans
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F21LIGHTING
    • F21WINDEXING SCHEME ASSOCIATED WITH SUBCLASSES F21K, F21L, F21S and F21V, RELATING TO USES OR APPLICATIONS OF LIGHTING DEVICES OR SYSTEMS
    • F21W2102/00Exterior vehicle lighting devices for illuminating purposes
    • F21W2102/10Arrangement or contour of the emitted light
    • F21W2102/17Arrangement or contour of the emitted light for regions other than high beam or low beam
    • F21W2102/18Arrangement or contour of the emitted light for regions other than high beam or low beam for overhead signs
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F21LIGHTING
    • F21WINDEXING SCHEME ASSOCIATED WITH SUBCLASSES F21K, F21L, F21S and F21V, RELATING TO USES OR APPLICATIONS OF LIGHTING DEVICES OR SYSTEMS
    • F21W2107/00Use or application of lighting devices on or in particular types of vehicles
    • F21W2107/10Use or application of lighting devices on or in particular types of vehicles for land vehicles

Description

本発明は、灯具に関し、特に、光源が発した光を反射するリフレクタを備える灯具に関する。

近年、LED(Light Emitting Diode)などの半導体発光素子を用いた車両用灯具の開発が進められている。ここで、複数のLEDの各々が発する光をリフレクタで反射して、ホットゾーン用の配光パターンおよび拡散領域用の配光パターンの各々を形成する車両用灯具が提案されている(例えば、特許文献1または2参照)。

特開2008−226706号公報 特開2008−226707号公報

ロービーム用配光パターンのうち、上方のカットオフライン近傍の照度を高めてカットオフラインを明確にすることは、遠方視認性を高めるために重要である。しかしながら、ロービーム用配光パターンは、水平方向に延びるカットオフラインと、中央から斜め上方に延びるカットオフラインの双方を有する場合がある。このため、LEDなどの光源を用いて、このように互いに角度をもって延在するカットオフラインを適切に形成する技術の開発が求められている。

そこで、本発明は上述した課題を解決するためになされたものであり、その目的は、互いに角度をもって延在するカットオフラインを簡易且つ適切に形成することにある。

上記課題を解決するために、本発明のある態様の灯具は、縁を持つ発光面を有する光源が発した光を反射して、互いに角度を持つ第1カットオフラインおよび第2カットオフラインを有する配光パターンを形成するリフレクタを備える。リフレクタは、第1カットオフラインおよび第2カットオフラインを発光面の同じ所定の縁の反射像で形成する。

この態様によれば、発光面の同じ縁部を利用して、互いに角度を持つ2つのカットオフラインを形成することができる。このため、例えば2つの光源を用いて2つのカットオフラインの各々を形成する場合に比べ、光源に要するコストを削減することができる。また、発光面の異なる2つの縁部の反射像によって2つのカットオフラインの各々を形成する場合に比べ、光源またはリフレクタの構成を簡易にすることができる。

リフレクタは、所定の縁の反射像で第1カットオフラインを形成する第1セグメントと、所定の縁の反射像で第2カットオフラインを形成する第2セグメントを有してもよい。第1セグメントと第2セグメントとは、隣り合って配置されてもよい。

この態様によれば、第1セグメントと第2セグメントとを隣接させることで、第1セグメントと第2セグメントとを離間させた場合に比べ、リフレクタの大きさを抑制することができる。

リフレクタは、前記配光パターンとして車両前方に形成すべきロービーム用配光パターンを形成するよう設けられ、光源が発した光を反射して第1カットオフラインおよび第2カットオフラインを含むホットゾーン用配光パターンを形成するホットゾーン形成部と、ホットゾーン用配光パターンよりも水平方向に長い拡散配光パターンを形成する拡散領域形成部と、を有してもよい。ホットゾーン形成部は、光源までの平均距離が拡散領域形成部よりも短くなるよう配置されてもよい。この態様によれば、高い照度のホットゾーンをより簡易に実現することができる。

リフレクタは、前記配光パターンとして車両前方に形成すべきロービーム用配光パターンを形成するよう設けられ、光源が発した光を反射して第1カットオフラインおよび第2カットオフラインを含むホットゾーン用配光パターンを形成するホットゾーン形成部と、ホットゾーン用配光パターンよりも水平方向に長い拡散配光パターンを形成する一対の拡散領域形成部と、を有してもよい。ホットゾーン形成部は、一対の拡散領域形成部の間に配置されてもよい。

この態様によれば、ロービーム用配光パターンに含まれるホットゾーンと拡散領域の双方を同じ光源を利用して形成することができる。また、ホットゾーン形成部を一対の拡散領域形成部の間に配置することで、リフレクタを簡素に構成することができる。

光源の近傍に配置され、第1カットオフラインまたは第2カットオフラインの上方への光を遮光するシェードをさらに備えてもよい。この態様によれば、これらのカットオフラインをより明確に表示することができる。

光源が発した光のうちリフレクタの外部に向かう光を、リフレクタによる反射光の進行方向より上方に反射する付加反射部材をさらに備えてもよい。この態様によれば、光源が発する光をより有効的に利用することができる。

本発明によれば、互いに角度をもって延在するカットオフラインを簡易且つ適切に形成することができる。

(a)は、第1の実施形態に係る車両用前照灯の正面図であり、(b)は、(a)のP−P断面図である。 図1の視点Rから見た発光モジュールの図である。 (a)〜(d)は、リフレクタの形状を示す図である。 灯具ユニットによって仮想鉛直スクリーン上に形成されるロービーム用配光パターンPLを示す図である。 (a)は、ホットゾーン形成部に含まれる各セグメントを模式的に示す図であり、(b)は、ホットゾーン形成部によって仮想鉛直スクリーン上に形成されるホットゾーン用配光パターンPAを示す図である。 (a)は、拡散領域形成部に含まれる各セグメントを模式的に示す図であり、(b)は、拡散領域形成部によって仮想鉛直スクリーン上に形成される第1拡散配光パターンPBを示す図である。 (a)は、拡散領域形成部に含まれる各セグメントを模式的に示す図であり、(b)は、拡散領域形成部によって仮想鉛直スクリーン上に形成される第2拡散配光パターンPB2を示す図である。 第2の実施形態に係る車両用前照灯の、図1(a)におけるP−P断面図である。

以下、図面を参照して本発明の実施の形態(以下、実施形態という)について詳細に説明する。

(第1の実施形態)
図1(a)は、第1の実施形態に係る車両用前照灯10の正面図であり、図1(b)は、図1(a)のP−P断面図である。車両用前照灯10は、ハウジング12、アウターカバー14、および灯具ユニット16を有する。以下、図1(b)において矢印Xが向く方向を灯具前方として説明する。また、灯具前方にみて右側を灯具右側、左側を灯具左側という。なお、車両用前照灯10は、車両左前部および右前部にそれぞれに1つずつ設けられる。図1(a)および図1(b)は、左右いずれかの車両用前照灯10の構成を示している。

ハウジング12は開口を有する箱状に形成される。アウターカバー14は透光性を有する樹脂またはガラスによって椀状に形成される。アウターカバー14は、縁部がハウジング12の開口部に取り付けられる。こうして、ハウジング12とアウターカバー14とによって覆われる領域に灯室が形成される。

灯室内には、灯具ユニット16が設けられる。灯具ユニット16は、灯具前方に光を照射するよう灯室内に配置される。灯具ユニット16は、支持プレート18、支持部材20、発光モジュール22、リフレクタ24、シェード26、ヒートシンク28、および冷却ファン30を有する。灯具ユニット16は、車両前方に照射すべきロービーム用配光パターンを形成するロービーム用光源として用いられる。灯具ユニット16の灯具前方には、リフレクタ24によって反射された光が灯具前方に進むための開口部を有するエクステンションリフレクタ34が設けられる。

支持プレート18は、コーナー部のうち3個所がエイミングスクリュー32によってハウジング12に固定される。支持部材20は、厚みのある矩形の板状に形成され、一側面が支持プレート18の前面に固定される。光源である発光モジュール22は、主光軸がやや灯具後方に向くよう支持部材20の下面に取り付けられる。支持部材20は、発光モジュール22が発する熱を効率よく回収できるよう、アルミニウムなど熱伝導率が高い材料によって形成される。支持部材20の上面にはヒートシンク28を介して冷却ファン30が取り付けられている。こうして発光モジュール22は、支持部材20およびヒートシンク28を介して冷却ファン30によって冷却され、温度の上昇が抑制されている。

リフレクタ24は、支持部材20の下方に位置するよう支持プレート18の前面に取り付けられる。リフレクタ24は、発光モジュール22が発した光を灯具前方に向けて集光する光学部材として機能する。具体的には、リフレクタ24は、発光モジュール22が発する光を灯具前方に反射してロービーム用配光パターンを形成する。

シェード26は、板状に形成され、発光モジュール22の近傍に略垂直に配置される。シェード26は、リフレクタ24によって灯具前方に反射される光のうち、エクステンションリフレクタ34を反射してロービーム用配光パターンより上方に向かう光を遮光する。これにより、非有効反射面であるエクステンションリフレクタ34を反射して車両前方に存在する者へ与えるグレアを抑制することができる。なおシェード26は、垂直に配置されていなくてもよく、水平、または水平方向に対して傾斜して配置されてもよい。また、シェード26は、発光モジュール22からリフレクタ24に直接向かう光を遮らない位置に配置される。

図2は、図1の視点Rから見た発光モジュール22の図である。発光モジュール22は、複数の発光素子50によって構成される発光素子列52と、基板54とを有する。第1の実施形態では、発光素子50は4つ設けられており、この4つの発光素子50が基板54に実装されている。なお、発光素子50の数が4つに限定されないことは勿論であり、1つ、または他の数の複数の発光素子50が設けられてもよい。

発光素子50は、半導体発光素子(図示せず)および蛍光体(図示せず)を有する。第1の実施形態では、発光素子50は、白色光を発するよう設けられている。具体的には、半導体発光素子には、主として青色光を発する青色LEDが採用されている。また、蛍光体は、青色光を黄色光に波長変換するものが採用されている。半導体発光素子が発光すると、半導体発光素子が発する青色光と、蛍光体によって波長変換された黄色光とが加法混色され、発光素子50の発光面から白色光が発せられる。このように半導体発光素子および蛍光体は公知であるため、詳細についての説明は省略する。

なお、発光素子50が白色光を発するものに限定されないことは勿論であり、薄い黄色光や薄い青色光など他の色を発するものであってもよい。また、半導体発光素子は、例えば紫外光など青色以外の他の波長の光を主として発するものであってもよい。

第1の実施形態では、複数の発光素子50の各々は正方形に形成されている。なお、発光素子50の各々は、正方形以外の矩形に形成されていてもよい。複数の発光素子50の各々は、一端縁が隣の発光素子50の一端縁に接した状態で一列に並ぶよう配置され、発光素子列52を構成する。したがって発光素子列52は、細長い矩形の発光面52aを有する一体的な面光源として機能する。なお、発光素子列52に代えて、細長い矩形の発光素子が単一で用いられてもよい。また、発光素子列52の発光面52aは、矩形以外の他の形状に形成されてもよい。また、発光面52aは、平らな面でなくてもよく、後述するように第1カットオフラインCL1および第2カットオフラインCL2を形成するための縁を有していればよい。

発光面52aは細長い矩形に形成されるため、発光面52aは長い2つの直線状の縁と短い2つの直線状の縁の計4つの縁を有する。この4つの縁のうち長い縁である上端縁52bが、ロービーム用配光パターンのカットオフラインの形成に利用される。

図3(a)〜図3(d)は、リフレクタ24の形状を示す図である。具体的には、図3(a)、図3(b)、図3(c)は、それぞれリフレクタ24の斜視図、正面図、上面図である。図3(d)は、図3(c)におけるQ−Q断面図である。

リフレクタ24は、反射面24aおよび凹部24bを有する。凹部24bは、支持部材20の下方の外形と略同一形状に形成されており、凹部24bが支持部材20の下部に嵌め込まれてリフレクタ24が支持部材20に対し位置決めされる。

反射面24aは、ホットゾーン形成部24A、拡散領域形成部24B、24Cを有する。ホットゾーン形成部24Aは、拡散領域形成部24B、24Cの間に配置される。拡散領域形成部24Bは、リフレクタ24を正面に見て、すなわち灯具後方に向かってホットゾーン形成部24Aの右側に配置され、拡散領域形成部24Cは、灯具後方に向かってホットゾーン形成部24Aの左側に配置される。ホットゾーン形成部24Aは、発光モジュール22が発する光を灯具前方に反射して、後述するホットゾーン用配光パターンを形成する。拡散領域形成部24B、24Cは、発光モジュール22が発する光を灯具前方に反射して、後述する拡散配光パターンを形成する。

ホットゾーン形成部24Aは、発光モジュール22までの平均距離が拡散領域形成部24B、24Cよりも短くなるよう配置されている。この平均距離は、ホットゾーン形成部24A、拡散領域形成部24B、24Cの各々の表面と発光モジュール22の中心と距離の平均値であり、積分によって算出してもよい。これにより、照度の高いホットゾーンを簡易に形成することができる。

ホットゾーン形成部24A、拡散領域形成部24B、24Cの各々は、複数のセグメントを有する。複数のセグメントの各々は滑らかな曲面として形成され、互いに縁で接する隣のセグメントとは段差または折り目を介して接続されている。

図4は、灯具ユニット16によって仮想鉛直スクリーン上に形成されるロービーム用配光パターンPLを示す図である。ロービーム用配光パターンPLは、非平行に延在することにより互いに角度を持って交わる第1カットオフラインCL1および第2カットオフラインCL2を有する。第1カットオフラインCL1は、消点から上下方向に伸びる鉛直線(V−V線)よりも右側において、水平線(H−H線)よりもわずかに(0.9度)下方に水平方向に延在する。第2カットオフラインCL2は、第1カットオフラインCL1とV−V線との交点から左に進むほど高くなるよう傾斜して延在する。上述のシェード26は、これら第1カットオフラインおよび第2カットオフラインより上方への光を遮光するよう設けられている。

灯具ユニット16は、ロービーム用配光パターンPLを形成する。具体的には、ホットゾーン形成部24Aは、発光モジュール22が発した光を反射して第1カットオフラインおよび第2カットオフラインを含むホットゾーン用配光パターンPAを形成する。拡散領域形成部24B、24Cは、ホットゾーン用配光パターンPAよりも水平方向に長い拡散配光パターンPBを形成する。上述のように、ホットゾーン形成部24Aは、拡散領域形成部24B、24Cの間に配置される。このように光を拡散させる拡散領域形成部24B、24Cを、ホットゾーン形成部24Aの外側に配置することにより、リフレクタ24の形状の複雑化を回避することができる。

ロービーム用配光パターンPLは、ホットゾーン用配光パターンPAと拡散配光パターンPBとが重ね合わされて形成される。拡散配光パターンPBは、水平方向に延在するよう形成され、ロービーム用配光パターンPLと同じ水平方向の長さを有する。拡散配光パターンPBは、V−V線より右側の上端縁によって第1カットオフラインCL1を形成する。

ホットゾーン用配光パターンPAは、ロービーム用配光パターンPLのうち、照度を高くすべきホットゾーンを含むよう形成される。ホットゾーン用配光パターンPAは、互いに角度を持って交わる第1カットオフラインCL1および第2カットオフラインCL2を含む。ホットゾーン用配光パターンPAは、水平方向および鉛直方向の双方の長さが拡散配光パターンPBよりも小さく形成される。

図5(a)は、ホットゾーン形成部24Aに含まれる各セグメントを模式的に示す図であり、図5(b)は、ホットゾーン形成部24Aによって仮想鉛直スクリーン上に形成されるホットゾーン用配光パターンPAを示す図である。図5(a)は、リフレクタ24を正面に見た図、すなわちリフレクタ24を灯具後方に向かって見た図を示している。図5(b)は、ホットゾーン形成部24Aによって仮想鉛直スクリーンに形成されるホットゾーン用配光パターンPAを灯具前方に向かって見た図を示している。

ホットゾーン形成部24Aは、上下方向3列、左右方向2列に分割されることによって形成されたセグメントA1〜A6の6つのセグメントを有する。セグメントA1〜A6の各々は矩形に形成されている。セグメントA1〜A3は、灯具後方に向かって右の列に含まれ、上から下に向かってセグメントA1、A2、A3の順に配置されている。セグメントA1〜A3は、灯具後方に向かって左の列に含まれ、上から下に向かってA4、A5、A6の順に配置されている。

ホットゾーン用配光パターンPAは、投影像PA1〜PA6が重畳されることによって形成される。投影像PA1〜PA6の各々は、セグメントA1〜A6の各々による反射光によって形成される。

セグメントA1〜A3の各々は、発光面52aが細長い矩形に形成されていることを利用して、水平方向に延在する投影像PA1〜PA3を形成する。具体的には、投影像PA1は、ホットゾーン用配光パターンPAと略同一の水平方向の長さを有する。投影像PA1は、上端縁が第1カットオフラインCL1と重なるよう形成される。また、投影像PA1は、水平方向における中央部がV−V線より右側に位置するよう形成される。

投影像PA2は、投影像PA1よりも短い水平方向の長さを有する。投影像PA2もまた、上端縁が第1カットオフラインCL1と重なるよう、且つ水平方向における中央部がV−V線よりわずかに右側に位置するよう形成される。投影像PA3は、投影像PA2よりも短い水平方向の長さを有する。投影像PA3は、上端縁が第1カットオフラインCL1と重なるよう、且つ水平方向における中央部がV−V線よりわずかに右側に位置するよう形成される。

このように、セグメントA1〜A3は、投影像PA1〜PA3を重畳した配光パターンを形成することにより、上端縁が第1カットオフラインCL1に重なるよう水平方向に延在すると共に、消点に近づくにしたがって照度が増加する配光パターンを形成する。

セグメントA4〜A6の各々は、発光面52aが細長い矩形に形成されていることを利用して、第2カットオフラインCL2と略平行に延在する投影像PA4〜PA6を形成する。具体的には、投影像PA4は、上端縁が第2カットオフラインCL2の全長と重なるよう斜めに延在して形成される。このため、投影像PA4は、ホットゾーン用配光パターンPAの約半分の長さを有する。また、投影像PA4は、右端部がV−V線よりわずかに右に位置し、左端部がホットゾーン用配光パターンPAの左端部に位置するよう形成される。

投影像PA5は、第2カットオフラインCL2と平行な方向および垂直な方向の双方の長さが投影像PA4よりも短く形成される。投影像PA5もまた、上端縁が第2カットオフラインCL2と重なるよう斜めに延在して形成される。また、投影像PA5は、右端部が消点と投影像PA4の右端部との間に位置し、左端部が投影像PA4の左端部よりも消点寄りに位置するよう形成される。

投影像PA6は、第2カットオフラインCL2と平行な方向および垂直な方向の双方の長さが投影像PA5よりも短く形成される。投影像PA6もまた、上端縁が第2カットオフラインCL2と重なるよう斜めに延在して形成される。また、投影像PA6は、右端部が消点と投影像PA5の右端部との間に位置し、左端部が投影像PA5の左端部よりも消点寄りに位置するよう形成される。

このように、セグメントA4〜A6は、投影像PA4〜PA6を重畳した配光パターンを形成することにより、上端縁が第2カットオフラインCL2に重なるよう斜めに延在すると共に、消点に近づくにしたがって照度が増加する配光パターンを形成する。

ここで、ホットゾーン形成部24Aは、第1カットオフラインCL1および第2カットオフラインCL2を、発光面52aの同じ上端縁52bの反射像で形成する。近年、LED光源など、平面上の発光面を持つ面発光源の開発が急激に進められている。このような面発光源は縁を有する。このような面発光源の縁を利用してカットオフラインを形成することで、明確なカットオフラインを簡易に形成することが可能となる。

さらに、第1の実施形態では、細長い矩形の発光面52aを有する発光素子列52を光源として利用している。このため、細長い配光パターンを形成するために発光面が発する光を過度に拡散して反射することを回避でき、明確なカットオフラインの形成をより容易なものとしている。

さらに、セグメントA1〜A3は、発光面52aにおける上端縁52bの反射像で第1カットオフラインCL1を形成する。セグメントA4〜A6は、発光面52aにおける上端縁52bの反射像で第2カットオフラインを形成する。このように発光面52aの同じ上端縁52bの反射像で、互いに角度を持って延在する第1カットオフラインCL1および第2カットオフラインCL2を形成することにより、例えば互いに角度をもって延在する2列の発光素子列52の反射像で第1カットオフラインCL1および第2カットオフラインCL2を形成する場合などに比べ、発光素子に要するコストを抑制することができる。

また、第1カットオフラインCL1を形成するセグメントA1〜A3と、第2カットオフラインCL2を形成するセグメントA4〜A6とは、隣り合って配置される。これにより、例えばセグメントA1〜A3とセグメントA4〜A6とを離間させた場合に比べ、ホットゾーン形成部24Aの大きさを抑制することができる。

なお、セグメントA1〜A3のいずれかが第1カットオフラインCL1を形成し、残りは第1カットオフラインCL1を形成しなくてもよい。また、セグメントA4〜A6のいずれかが第2カットオフラインCL2を形成し、残りは第2カットオフラインCL2を形成しなくてもよい。

図6(a)は、拡散領域形成部24Bに含まれる各セグメントを模式的に示す図であり、図6(b)は、拡散領域形成部24Bによって仮想鉛直スクリーン上に形成される第1拡散配光パターンPB1を示す図である。図6(a)は、リフレクタ24を正面に見た図、すなわちリフレクタ24を灯具後方に向かって見た図を示している。図6(b)は、拡散領域形成部24Bの反射光によって仮想鉛直スクリーンに形成される第1拡散配光パターンPB1を灯具前方に向かって見た図を示している。

拡散領域形成部24Bは、上下方向2列に分割される。このうち上の列は左右方向に並ぶ2つのセグメントに分割され、下の列は左右方向に並ぶ3つのセグメントに分割される。この結果、拡散領域形成部24Bは5つのセグメントB1〜B5に分割される。セグメントB1、B2の各々は矩形に形成されている。拡散領域形成部24Bの下端縁は円弧状となっているため、セグメントB3〜B5の各々は、矩形の下部が斜めに切り取られた台形状に形成されている。セグメントB1、B2は、拡散領域形成部24Bの上の列に、灯具後方に向かって左から右にセグメントB1、B2の順に配置されている。セグメントB3〜B5は、拡散領域形成部24Bの下の列に、灯具後方に向かって左から右にセグメントB3〜B5の順に配置されている。

第1拡散配光パターンPB1は、投影像PB11〜PB15が重畳されることによって形成される。投影像PB11〜PB15の各々は、セグメントB1〜B5の各々による反射光によって形成される。

セグメントB1〜B5の各々は、発光面52aが細長い矩形に形成されていることを利用して、水平方向に延在する投影像PB11〜PB15を形成する。具体的には、投影像PB11は、拡散配光パターンPBよりも短い長さで水平方向に延在するよう形成される。このとき投影像PB11は、灯具前方に向かって右端部が拡散配光パターンPBの右端部に位置し、左端部が拡散配光パターンPBの左端部よりもV−V線寄りに位置するよう形成される。また、投影像PB11は、上端縁が第1カットオフラインCL1と重なるよう形成される。

投影像PB12は、投影像PB11よりも短い長さで水平方向に延在するよう形成される。このとき投影像PB12は、灯具前方に向かって右端部が拡散配光パターンPBの右端部に位置し、左端部が投影像PB11の左端部よりもV−V線寄りに位置するよう形成され、さらに上端縁が第1カットオフラインCL1と重なるよう形成される。

投影像PB13は、投影像PB12よりも短い長さで水平方向に延在するよう形成される。このとき投影像PB13は、水平方向の中央部がV−V線付近に位置し、左端部が投影像PB12の左端部よりもV−V線寄りに位置するよう形成され、さらに上端縁が第1カットオフラインCL1と重なるよう形成される。

投影像PB14は、投影像PB13よりも短い長さで水平方向に延在するよう形成される。このとき投影像PB14は、水平方向の中央部がV−V線付近に位置し、左右の端部が投影像PB13の左右の端部よりもV−V線寄りに位置するよう形成され、さらに上端縁が第1カットオフラインCL1と重なるよう形成される。

投影像PB15は、投影像PB14よりも短い長さで水平方向に延在するよう形成される。このとき投影像PB15は、水平方向の中央部がV−V線付近に位置し、左右の端部が投影像PB14の左右の端部よりもV−V線寄りに位置するよう形成され、さらに上端縁が第1カットオフラインCL1と重なるよう形成される。

図7(a)は、拡散領域形成部24Cに含まれる各セグメントを模式的に示す図であり、図7(b)は、拡散領域形成部24Cによって仮想鉛直スクリーン上に形成される第2拡散配光パターンPB2を示す図である。図7(a)は、リフレクタ24を正面に見た図、すなわちリフレクタ24を灯具後方に向かって見た図を示している。図7(b)は、拡散領域形成部24Cの反射光によって仮想鉛直スクリーンに形成される第2拡散配光パターンPB2を灯具前方に向かって見た図を示している。

拡散領域形成部24Cは、上下方向2列に分割される。このうち上の列は左右方向に並ぶ2つのセグメントに分割され、下の列は左右方向に並ぶ3つのセグメントに分割される。この結果、拡散領域形成部24Cは5つのセグメントC1〜C5に分割される。セグメントC1、C2の各々は矩形に形成されている。拡散領域形成部24Cの下端縁は円弧状となっているため、セグメントC3〜C5の各々は、矩形の下部が斜めに切り取られた台形状に形成されている。セグメントC1、C2は、拡散領域形成部24Cの上の列に、灯具後方に向かって右から左にセグメントC1、C2の順に配置されている。セグメントC3〜C5は、拡散領域形成部24Cの下の列に、灯具後方に向かって右から左にセグメントC3〜C5の順に配置されている。

第2拡散配光パターンPB2は、投影像PB21〜PB25が重畳されることによって形成される。投影像PB21〜PB25の各々は、セグメントC1〜C5の各々による反射光によって形成される。

セグメントC1〜C5の各々は、発光面52aが細長い矩形に形成されていることを利用して、水平方向に延在する投影像PB21〜PB25を形成する。具体的には、投影像PB21は、拡散配光パターンPBよりも短い長さで水平方向に延在するよう形成される。このとき投影像PB21は、灯具前方に向かって左端部が拡散配光パターンPBの左端部に位置し、右端部が拡散配光パターンPBの右端部よりもV−V線寄りに位置するよう形成される。また、投影像PB21は、上端縁が第1カットオフラインCL1と重なるよう形成される。

投影像PB22は、投影像PB21よりも短い長さで水平方向に延在するよう形成される。このとき投影像PB22は、灯具前方に向かって左端部が拡散配光パターンPBの左端部に位置し、右端部が投影像PB21の右端部よりもV−V線寄りに位置するよう形成され、さらに上端縁が第1カットオフラインCL1と重なるよう形成される。

投影像PB23は、投影像PB22よりも短い長さで水平方向に延在するよう形成される。このとき投影像PB23は、水平方向の中央部がV−V線付近に位置し、右端部が投影像PB22の右端部よりもV−V線寄りに位置するよう形成され、さらに上端縁が第1カットオフラインCL1と重なるよう形成される。

投影像PB24は、投影像PB23よりも短い長さで水平方向に延在するよう形成される。このとき投影像PB24は、水平方向の中央部がV−V線付近に位置し、左右の端部が投影像PB23の左右の端部よりもV−V線寄りに位置するよう形成され、さらに上端縁が第1カットオフラインCL1と重なるよう形成される。

投影像PB25は、投影像PB24よりも短い長さで水平方向に延在するよう形成される。このとき投影像PB25は、水平方向の中央部がV−V線付近に位置し、左右の端部が投影像PB24の左右の端部よりもV−V線寄りに位置するよう形成され、さらに上端縁が第1カットオフラインCL1と重なるよう形成される。

このように、拡散領域形成部24Bは、セグメントB1〜B5により、投影像PB11〜PB15を重畳した第1拡散配光パターンPB1を形成する。また、拡散領域形成部24Cは、セグメントC1〜C5により、投影像PB21〜PB25を重畳した第2拡散配光パターンPB2を形成する。したがって、拡散領域形成部24B、24Cは、第1拡散配光パターンPB1と第2拡散配光パターンPB2とを重畳させて、上端縁が第1カットオフラインCL1に重なるよう水平方向に延在すると共に、消点に近づくにしたがって照度が増加する拡散配光パターンPBを形成する。

(第2の実施形態)
図8は、第2の実施形態に係る車両用前照灯80の、図1(a)におけるP−P断面図である。車両用前照灯80は、特に言及しない限り第1の実施形態に係る車両用前照灯10と同様に構成される。以下、第1の実施形態と同様の個所は同一の符号を付して説明を省略する。

車両用前照灯80は、灯具ユニット16に代えて灯具ユニット82が設けられる以外は、第1の実施形態に係る車両用前照灯10と同様である。灯具ユニット82は、シェード26に代えて付加反射部材84が設けられた以外は第1の実施形態に係る灯具ユニット16と同様に構成される。

付加反射部材84は、発光モジュール22の近傍に配置され、支持部材20に固定される。付加反射部材84は、発光モジュール22が発した光のうちリフレクタ24の外部に向かう光を、OHS(オーバーヘッドサイン)領域に向けて、リフレクタ24による反射光の進行方向よりわずかに上方に反射する。また、付加反射部材84は、発光モジュール22からリフレクタ24に直接向かう光を遮らないが、エクステンションリフレクタ34へ向かう光を遮光する位置に配置される。このように付加反射部材84は、OHS用反射面としての機能と、エクステンションリフレクタ34への光を遮光するシェードとしての機能とを併有する。

本発明は上述の各実施形態に限定されるものではなく、各実施形態の各要素を適宜組み合わせたものも、本発明の実施形態として有効である。また、当業者の知識に基づいて各種の設計変更等の変形を各実施形態に対して加えることも可能であり、そのような変形が加えられた実施形態も本発明の範囲に含まれうる。以下、そのような例をあげる。

ある変形例では、リフレクタ24は、発光モジュール22が発する光を灯具前方に反射して、ロービーム用配光パターンPLに代えて、いわゆるハイビーム用配光パターンの少なくとも一部を形成するよう設けられる。この場合も、リフレクタ24は、互いに角度を持つ第1カットオフラインおよび第2カットオフラインを有するハイビーム用配光パターンの少なくとも一部を形成する。また、リフレクタ24は、第1カットオフラインおよび第2カットオフラインを発光面52aの同じ所定の縁の反射像で形成する。

例えば灯具ユニットが、分割されたハイビーム用配光パターンの一部を形成するとき、複数のカットオフラインを形成する必要が生じ得る。このうち2つのカットオフラインが互いに角度を持つ場合においても、この例によれば、リフレクタ24の形状が複雑化することを回避しつつ、カットオフラインを適切に形成することができる。

ある別の変形例では、灯具ユニットは、車両用以外の用途に用いられる。例えば、一般照明用や、装飾照明用として用いられてもよい。この場合も、リフレクタ24は、互いに角度を持つ第1カットオフラインおよび第2カットオフラインを有する配光パターンの少なくとも一部を形成する。また、リフレクタ24は、第1カットオフラインおよび第2カットオフラインを発光面52aの同じ所定の縁の反射像で形成する。このような用途においても、互いに角度をもつ2つのカットオフラインを形成する場合、リフレクタ24の形状の複雑化を回避することができる。

10 車両用前照灯、 16 灯具ユニット、 22 発光モジュール、 24 リフレクタ、 24a 反射面、 24A ホットゾーン形成部、 24B,24C 拡散領域形成部、 26 シェード、 50 発光素子、 52 発光素子列、 52a 発光面、 52b 上端縁、 82 灯具ユニット、 84 付加反射部材。

Claims (5)

  1. 矩形の発光面を有する複数の発光素子が並んで配置されることによって構成される細長い矩形の発光面を有する光源であって、縁を持つ発光面を有する光源が発した光を反射して、互いに角度を持つ第1カットオフラインおよび第2カットオフラインを有する配光パターンを形成するリフレクタと、
    前記リフレクタにより反射された光が前方に進むための開口部が開けられたエクステンション部材と、
    前記リフレクタにより反射される光のうち、前記エクステンション部材へ向かう光を遮光するシェードと、を備え、
    前記リフレクタは、第1カットオフラインおよび第2カットオフラインを前記発光面の同じ所定の縁の反射像で形成することを特徴とする灯具。
  2. 前記リフレクタは、前記所定の縁の反射像で第1カットオフラインを形成する第1セグメントと、前記所定の縁の反射像で第2カットオフラインを形成する第2セグメントを有し、
    第1セグメントと第2セグメントとは、隣り合って配置されることを特徴とする請求項1に記載の灯具。
  3. 前記リフレクタは、前記配光パターンとして車両前方に形成すべきロービーム用配光パターンを形成するよう設けられ、前記光源が発した光を反射して第1カットオフラインおよび第2カットオフラインを含むホットゾーン用配光パターンを形成するホットゾーン形成部と、前記ホットゾーン用配光パターンよりも水平方向に長い拡散配光パターンを形成する拡散領域形成部と、を有し、
    前記ホットゾーン形成部は、前記光源までの平均距離が前記拡散領域形成部よりも短くなるよう配置されることを特徴とする請求項1または2に記載の灯具。
  4. 前記リフレクタは、前記配光パターンとして車両前方に形成すべきロービーム用配光パターンを形成するよう設けられ、前記光源が発した光を反射して第1カットオフラインおよび第2カットオフラインを含むホットゾーン用配光パターンを形成するホットゾーン形成部と、前記ホットゾーン用配光パターンよりも水平方向に長い拡散配光パターンを形成する一対の拡散領域形成部と、を有し、
    ホットゾーン形成部は、一対の拡散領域形成部の間に配置されることを特徴とする請求項1または2に記載の灯具。
  5. 前記光源が発した光のうち前記リフレクタの外部に向かう光を、前記リフレクタによる反射光の進行方向より上方に反射する付加反射部材をさらに備えることを特徴とする請求項1から4のいずれかに記載の灯具。
JP2010110037A 2010-05-12 2010-05-12 灯具 Active JP5582865B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010110037A JP5582865B2 (ja) 2010-05-12 2010-05-12 灯具

Applications Claiming Priority (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010110037A JP5582865B2 (ja) 2010-05-12 2010-05-12 灯具
US13/099,467 US8721130B2 (en) 2010-05-12 2011-05-03 Vehicle headlamp with cut-off line forming reflector
EP11165774.8A EP2386795B1 (en) 2010-05-12 2011-05-12 Lighting apparatus
CN 201110122061 CN102278686B (zh) 2010-05-12 2011-05-12 灯具

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2011238511A JP2011238511A (ja) 2011-11-24
JP5582865B2 true JP5582865B2 (ja) 2014-09-03

Family

ID=44475182

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010110037A Active JP5582865B2 (ja) 2010-05-12 2010-05-12 灯具

Country Status (4)

Country Link
US (1) US8721130B2 (ja)
EP (1) EP2386795B1 (ja)
JP (1) JP5582865B2 (ja)
CN (1) CN102278686B (ja)

Families Citing this family (23)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CA2806160C (en) 2010-07-20 2018-08-28 Magna International Inc. Hybrid projector led low beam headlamp
JP5643630B2 (ja) 2010-12-14 2014-12-17 株式会社小糸製作所 車両用照明灯具
CN103402861B (zh) * 2011-03-04 2016-07-06 本田技研工业株式会社 用于车辆的照明装置以及用于该装置的安装结构
WO2012138962A1 (en) * 2011-04-07 2012-10-11 Magna International Inc. Hybrid optics led headlamp
US8851723B2 (en) * 2011-05-19 2014-10-07 Dialight Corporation LED reflector optic for an automotive headlight
JP2013004167A (ja) * 2011-06-10 2013-01-07 Koito Mfg Co Ltd 車両用前照灯
US9097400B2 (en) * 2011-10-31 2015-08-04 Sl Corporation Automotive headlamp
KR20130106305A (ko) * 2012-03-19 2013-09-27 이치코 고교가부시키가이샤 차량용 전조등
JP6019644B2 (ja) * 2012-03-19 2016-11-02 市光工業株式会社 車両用前照灯
JP6171163B2 (ja) * 2012-03-19 2017-08-02 市光工業株式会社 車両用前照灯
JP6019769B2 (ja) * 2012-05-31 2016-11-02 市光工業株式会社 車両用前照灯
JP6111596B2 (ja) * 2012-10-18 2017-04-12 市光工業株式会社 車両用前照灯
JP6070105B2 (ja) * 2012-11-22 2017-02-01 市光工業株式会社 車両用前照灯
JP2014175149A (ja) * 2013-03-08 2014-09-22 Ichikoh Ind Ltd 車両用前照灯
JP6104675B2 (ja) 2013-03-29 2017-03-29 本田技研工業株式会社 自動二輪車のヘッドライト装置
JP6190611B2 (ja) * 2013-03-29 2017-08-30 本田技研工業株式会社 自動二輪車のヘッドライト装置
WO2015026730A1 (en) 2013-08-19 2015-02-26 Magna International Inc. Dual beam headlamp
DE102013220192B4 (de) * 2013-10-07 2015-04-30 Automotive Lighting Reutlingen Gmbh LED-Modul eines Kraftfahrzeugscheinwerfers
JP6277687B2 (ja) * 2013-11-19 2018-02-14 市光工業株式会社 車両用前照灯
JP6434214B2 (ja) * 2014-02-06 2018-12-05 株式会社小糸製作所 車両用灯具
FR3022010A1 (fr) 2014-03-21 2015-12-11 Valeo Iluminacion Sa Module lumineux d'un vehicule automobile
WO2016024489A1 (ja) * 2014-08-11 2016-02-18 株式会社小糸製作所 車両用前照灯
CA2962588A1 (en) 2014-09-24 2016-03-31 Truck-Lite Co., Llc Headlamp with lens reflector subassembly

Family Cites Families (26)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
GB2000266B (en) * 1977-06-17 1982-01-27 Lucas Industries Ltd Lamp reflector for a motor vehicle
FR2460442B1 (ja) * 1979-06-29 1982-06-11 Cibie Projecteurs
FR2600024B1 (fr) * 1986-06-17 1988-10-21 Cibie Projecteurs Projecteur additionnel a un projecteur de croisement pour vehicule automobile
FR2639888B1 (fr) * 1988-12-07 1993-08-13 Valeo Vision Projecteur de vehicule automobile, comportant un reflecteur a surface complexe a zones intermediaires modifiees
JP2517485B2 (ja) * 1991-01-23 1996-07-24 株式会社小糸製作所 車輌用前照灯の反射鏡
JP3145927B2 (ja) * 1996-07-25 2001-03-12 株式会社小糸製作所 車輌用前照灯
JP3986759B2 (ja) * 2001-01-16 2007-10-03 株式会社小糸製作所 車両用前照灯
JP4089866B2 (ja) * 2001-10-12 2008-05-28 スタンレー電気株式会社 投光ユニットおよび該投光ユニットを具備するled車両用照明灯具
US6821004B2 (en) * 2001-12-03 2004-11-23 Koito Manufacturing Co., Ltd. Headlamp for vehicle
JP2003272413A (ja) * 2002-03-14 2003-09-26 Koito Mfg Co Ltd 車両用前照灯
JP2004311101A (ja) 2003-04-03 2004-11-04 Koito Mfg Co Ltd 車両用前照灯及び半導体発光素子
JP4251941B2 (ja) 2003-08-08 2009-04-08 三菱電機株式会社 ヘッドランプ
JP4605789B2 (ja) * 2006-05-29 2011-01-05 株式会社小糸製作所 発光モジュール及び車輌用灯具
JP4556942B2 (ja) * 2006-11-27 2010-10-06 市光工業株式会社 車両用前照灯
JP2008171743A (ja) * 2007-01-15 2008-07-24 Koito Mfg Co Ltd 車両用前照灯
JP4745272B2 (ja) * 2007-03-14 2011-08-10 株式会社小糸製作所 車両用灯具
JP2008226707A (ja) 2007-03-14 2008-09-25 Koito Mfg Co Ltd 車両用灯具
JP2008243476A (ja) * 2007-03-26 2008-10-09 Koito Mfg Co Ltd 車両用灯具
JP2009117279A (ja) * 2007-11-09 2009-05-28 Koito Mfg Co Ltd 車両用前照灯
JP5070653B2 (ja) 2008-03-28 2012-11-14 スタンレー電気株式会社 半導体光源を用いた車両用反射型ヘッドランプユニット
JP5238381B2 (ja) * 2008-07-07 2013-07-17 スタンレー電気株式会社 照明用車両用灯具
JP5169665B2 (ja) * 2008-09-17 2013-03-27 市光工業株式会社 車両用前照灯
WO2010045763A1 (zh) 2008-10-23 2010-04-29 深圳市中电开拓实业有限公司 光准直装置
JP5195296B2 (ja) 2008-10-30 2013-05-08 市光工業株式会社 車両用前照灯
JP5460225B2 (ja) 2009-10-09 2014-04-02 株式会社小糸製作所 車両用前照灯装置
DE202010003058U1 (de) 2010-03-03 2010-05-20 Automotive Lighting Reutlingen Gmbh Kraftfahrzeugscheinwerfer mit einer Lichtquelle und wenigstens zwei Licht verteilenden optischen Elementen

Also Published As

Publication number Publication date
US20110280028A1 (en) 2011-11-17
US8721130B2 (en) 2014-05-13
CN102278686A (zh) 2011-12-14
JP2011238511A (ja) 2011-11-24
EP2386795A1 (en) 2011-11-16
CN102278686B (zh) 2015-03-11
EP2386795B1 (en) 2016-12-21

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7387416B2 (en) Vehicular illumination lamp with primary and secondary light sources
CN1256534C (zh) 车辆用前照灯
JP4094446B2 (ja) 車両用前照灯及び発光モジュール
US7201506B2 (en) Vehicular headlamp with semiconductor light emitting elements and electric discharge bulb
CN100366976C (zh) 车辆用前照灯
CN101457889B (zh) 车辆用照明灯具
CN100441940C (zh) 光源设备
KR100570481B1 (ko) 차량용 전조등
JP4115921B2 (ja) 車両用前照灯
JP4391870B2 (ja) 車両用照明灯具
US7648262B2 (en) Lamp unit of vehicle headlamp
JP4068387B2 (ja) 光源ユニット
KR100570480B1 (ko) 차량용 전조등
JP5652996B2 (ja) 車両用灯具
CN100540981C (zh) 车辆用前照灯
US20050162857A1 (en) Lamp unit for vehicle and illumination lamp for vehicle
CN101435545B (zh) 车辆用前照灯的灯具组件及车辆用前照灯
JP3926948B2 (ja) 車両用前照灯
CN100394101C (zh) 车辆用前照灯
CN100489381C (zh) 车辆用灯具单元
JP4970136B2 (ja) 車両用前照灯の灯具ユニット
US7670038B2 (en) LED collimator element with an asymmetrical collimator
JP2007109493A (ja) 車両用前照灯の灯具ユニット
CN101029720B (zh) 车辆用照明灯具
JP5537989B2 (ja) 前照灯及び複焦点レンズ

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20130405

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20131212

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20131217

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140213

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20140325

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140526

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20140708

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20140715

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5582865

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150