JP5568068B2 - パンク修理キット - Google Patents

パンク修理キット Download PDF

Info

Publication number
JP5568068B2
JP5568068B2 JP2011204967A JP2011204967A JP5568068B2 JP 5568068 B2 JP5568068 B2 JP 5568068B2 JP 2011204967 A JP2011204967 A JP 2011204967A JP 2011204967 A JP2011204967 A JP 2011204967A JP 5568068 B2 JP5568068 B2 JP 5568068B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
portion
flow path
puncture repair
connection
inner lid
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2011204967A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2013067012A (ja
Inventor
法夫 谷口
励 河野
Original Assignee
住友ゴム工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 住友ゴム工業株式会社 filed Critical 住友ゴム工業株式会社
Priority to JP2011204967A priority Critical patent/JP5568068B2/ja
Publication of JP2013067012A publication Critical patent/JP2013067012A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5568068B2 publication Critical patent/JP5568068B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C73/00Repairing of articles made from plastics or substances in a plastic state, e.g. of articles shaped or produced by using techniques covered by this subclass or subclass B29D
    • B29C73/02Repairing of articles made from plastics or substances in a plastic state, e.g. of articles shaped or produced by using techniques covered by this subclass or subclass B29D using liquid or paste-like material
    • B29C73/025Repairing of articles made from plastics or substances in a plastic state, e.g. of articles shaped or produced by using techniques covered by this subclass or subclass B29D using liquid or paste-like material fed under pressure
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C73/00Repairing of articles made from plastics or substances in a plastic state, e.g. of articles shaped or produced by using techniques covered by this subclass or subclass B29D
    • B29C73/16Auto-repairing or self-sealing arrangements or agents
    • B29C73/166Devices or methods for introducing sealing compositions into articles
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29LINDEXING SCHEME ASSOCIATED WITH SUBCLASS B29C, RELATING TO PARTICULAR ARTICLES
    • B29L2030/00Pneumatic or solid tyres or parts thereof

Description

本発明は、コンプレッサと、パンク修理液を収容したボトル容器の口部に抽出キャップを取り付けたボトルユニットとを具え、パンクしたタイヤにパンク修理液と圧縮空気とを順次注入してパンクを応急的に修理するタイヤのパンク修理キットに関する。

例えば下記の特許文献1には、図8に示すように、ボトル容器aの口部a1に抽出キャップbを取り付けたパンク修理キット用のボトルユニットcが記載されている。

このボトルユニットcに用いられる抽出キャップbは、コンプレッサdからの圧縮空気をボトル容器a内に取り込む第1の流路eと、この圧縮空気の取り込みにより前記ボトル容器aからパンク修理液と圧縮空気とを順次取り出す第2の流路fとを具えるキャップ本体g、及び前記第1、第2の流路e、fを同時に閉じる内蓋hから構成される。

具体的には、前記キャップ本体gは、ボトル容器aの口部a1を螺着する取付け凹部g1の底面から立ち上がるボス部g2を具え、このボス部g2の上面には、前記第1、第2の流路e、fの上開口部e1、f1が開口する。又前記内蓋hは、該ボス部g2の外周面に嵌着される内蓋本体haと、前記上開口部f1に嵌着される栓軸部hbとを一体に具える。

そして前記ボトルユニットcは、使用前においては、前記内蓋hにより第1、第2の流路e、fが閉止された状態で車載保管される。又パンク修理の際には、この状態の抽出キャップbに配管を施してコンプレッサdを作動させる。これにより、圧縮空気が第1の流路eをへて内蓋本体ha内に流れ込み、その内圧上昇によって、前記内蓋hを自動的に取り外し第1、第2の流路e、fを開放させるのである。

従って前記内蓋hでは、保管時には外れず、逆にパンク修理時には圧縮空気によって容易に外れることが必要である。そのために、前記内蓋hとキャップ本体gとの間の嵌め合い寸法の精度を高め、内蓋hとキャップ本体gとの間の嵌合力を高精度で管理することが要求される。

しかし従来構造では、前記内蓋本体haと栓軸部hbとの双方を嵌着させる必要があるため、双方に嵌合バラツキが発生する。そのため嵌め合い寸法によりいっそう高い精度が要求され、歩留まり率の低下、及び製品検査工程での行程コストの上昇を招いている。

しかも前記内蓋hでは、前記内蓋本体haの嵌合、及び栓軸部hbの嵌合が同時に外れることが必要であり、例えば栓軸部hbが先に外れかかって隙間が生じた場合、内蓋本体ha内の圧縮空気がその隙間から第2の流路fに流出するため、内蓋本体haの内圧が上昇しなくなる。逆に、内蓋本体haが先に外れかかって隙間が生じた場合には、その隙間から圧縮空気がボトル容器a内に漏れ出してボトル容器a内の圧力が上昇するため、内蓋本体haの内外の圧力差が減少する。その結果、何れの場合も内蓋hがボス部g2から外れなくなる。このように、内蓋本体haと栓軸部hbとが同時に外れることが必要であり、このことも高精度が必要な要因となっている。

特開2009−23123号公報

そこで本発明は、抽出キャップをコンプレッサに連結する際の連結に伴って第2の閉止手段を解除する解除手段を設け、第1、第2の流路を別々に開放させることを基本として、内蓋の取り外しを確実化しながら、内蓋とキャップ本体との嵌め合い精度を緩和でき、抽出キャップの歩留まり率の低下、及び製品検査工程の行程コストの上昇などを抑えうるパンク修理キットを提供することを目的としている。

上記課題を解決するために、本願請求項1の発明は、圧縮空気を吐出させるコンプレッサ、パンク修理液を収容したボトル容器の口部に、抽出キャップを取り付けたボトルユニット、及び前記コンプレッサと前記ボトルユニットの抽出キャップとを互いに連結して一体固定しうる連結手段を具えるパンク修理キットであって、
前記抽出キャップは、前記コンプレッサからの圧縮空気をボトル容器内に第1の流路をへて取り込む取入れ口部と、この圧縮空気の取り込みにより前記ボトル容器からパンク修理液と圧縮空気とを第2の流路をへて順次取り出す取出し口部と、前記連結手段による連結前の状態において前記第1、第2の流路を閉じる第1、第2の閉止手段とを具えるとともに、
前記取入れ口部は、前記コンプレッサに一端が接続される圧縮空気接続ホースの他端と接続自在なホース接続部として形成され、
記抽出キャップは、前記連結手段による連結に伴い前記第2の閉止手段を解除して該第2の流路を開く解除手段を具え
前記抽出キャップは、
前記ボトル容器の口部に上端が取り付きかつボトル容器内に連なる内孔を有する筒状部分の下端を底部分で継いだ胴部と、前記底部分から立ち上がりかつ前記第1の流路をなす中心孔を有する送空気管とを一体に具えるキャップ本体、及び
前記送空気管に、上下に摺動可能に外挿保持される鞘管を含み、
前記鞘管に、前記第2の閉止手段が前記鞘管と一体移動可能に設けられていることを特徴とする。

また請求項2では、前記筒状部分に、前記取入れ口部が外向きに突設されることを特徴としている。

また請求項3では、前記解除手段は、前記鞘管の下端から、前記底部分を貫通して下方に突出してのびる解除用突出片からなり、前記連結手段による連結に伴い、前記解除用突出片がコンプレッサに当接して前記鞘管を上方に押し上げることにより、前記第2の閉止手段を解除することを特徴としている。

また請求項4では、前記第2の流路は、前記鞘管と筒状部分との間の間隙によって形成される環状の縦の流路部と、この縦の流路部に交点Pで連なりかつ該交点Pから前記取出し口部の先端開口部までのびる横の流路部とを具えるとともに、前記筒状部分は、前記内孔が大径をなす大径壁部と、この大径壁部に段差部を介して下方側に連なる小径壁部とを具え、かつ前記大径壁部は前記交点Pよりも上方位置に形成されることを特徴としている。

また請求項5では、前記第2の閉止手段は、前記鞘管に一体移動可能に設けられかつ前記小径壁部と当接することにより、前記交点Pよりも上方側、下方側で前記縦の流路を閉じる上下のシール部材を具えるとともに、前記上のシール部材は、前記鞘管の押し上げにより前記段差部をこえて上方に移動したとき、前記大径壁部との間に隙間を形成して前記第2の流路を開くことを特徴としている。

また請求項6では、前記送空気管の上端は、前記パンク修理液の液面よりも上方に位置することを特徴としている。

また請求項7では、前記第1の閉止手段は、前記送空気管の上端部に嵌着されて前記第1の流路を閉じる内蓋であり、この内蓋は、前記コンプレッサからの圧縮空気による第1の流路の内圧によって外れて第1の流路を開くことを特徴としている。

また請求項8では、前記送空気管は、その上端から控えた位置で該送空気管の外周面から小高さで突出する第1の係止突起を具え、かつ前記内蓋は、その内周面から小高さで突出して周方向にのびしかも前記第1の係止突起を乗り越え可能な環状の第2の係止突起を具え、前記連結手段による連結前の状態において、前記内蓋は、前記第2の係止突起が第1の係止突起とはその下側で係合する第1の係合状態にて前記第1の流路を閉止することを特徴としている。

また請求項9では、前記内蓋は、前記連結手段による連結に伴い、鞘管を介して前記第1の係合状態から上方に押し上げられ、前記第2の係止突起が、第1の係止突起よりも上方側で前記送空気管の外周面に狭圧されて保持される第2の係合状態にて前記第1の流路を閉止することを特徴としている。

また請求項10では、前記第1の閉止手段は、前記送空気管の上端部に嵌着されて前記第1の流路を閉じる内蓋であり、この内蓋は、前記連結手段による連結に伴い、鞘管を介して上方に押し上げられて前記上端部から外れて第1の流路を開くことを特徴としている。

また請求項11では、前記送空気管は、前記送空気管の外周面から小高さで突出する第1の係止突起を具え、かつ前記内蓋は、その内周面から小高さで突出して周方向にのびしかも前記第1の係止突起を乗り越え可能な環状の第2の係止突起を具え、
前記連結手段による連結前の状態において、前記内蓋は、前記第2の係止突起が第1の係止突起とはその下側で係合する第1の係合状態にて前記第1の流路を閉止することを特徴としている。

本発明は叙上の如く、抽出キャップをコンプレッサに連結する際の連結に伴って第2の閉止手段を解除する解除手段を別途設け、第1、第2の流路を別々に開放させている。そのため、第1の閉止手段である内蓋とキャップ本体との嵌め合い精度を緩和して、抽出キャップの歩留まり率の低下、及び製品検査工程の行程コストの上昇などを抑えながら、保管時に前記内蓋が外れて液漏れが生じるのを確実に防止しうるとともに、使用時に内蓋が外れなくなってパンク修理作業が行えなくなるのを確実に防止することが可能になる。

本発明のパンク修理キットの連結前の状態を示す断面図である。 その主要部を拡大して示す部分断面図である。 パンク修理キットの連結状態を示す断面図である。 その主要部を拡大して示す部分断面図である。 (A)は抽出キャップ側連結部分を下方から見た下面図、(B)はコンプレッサ側連結部分を上方から見た上面図である。 (A)、(B)は連結前の状態、及び連結状態における第1の閉止手段を拡大して示す部分断面図である。 (A)、(B)は連結前の状態、及び連結状態における他の実施例の第1の閉止手段を拡大して示す部分断面図である。 従来の抽出キャップを示す断面図である。

以下、本発明の実施の形態について、詳細に説明する。
図1は、本発明のパンク修理キット1の連結前の状態Y1を示す断面図であって、本実施形態のパンク修理キット1は、圧縮空気を吐出させるコンプレッサ3、パンク修理液Tを収容したボトル容器4に抽出キャップ5を取り付けたボトルユニット6、及び前記コンプレッサ3と前記ボトルユニット6の抽出キャップ5とを互いに連結して一体固定しうる連結手段7を具える。

なお前記連結手段7は、前記コンプレッサ3に形成されるコンプレッサ側連結部分7Aと、前記抽出キャップ5に形成される抽出キャップ側連結部分7Bとからなり、パンク修理の際、パンク修理現場において両者7A、7Bを連結することにより、コンプレッサ3とボトルユニット6とを一体固定する。これにより、パンク修理作業中にボトルユニット6が転倒するのを防止できる。

前記コンプレッサ3は、例えばモータ、ピストン、シリンダなどを用いた周知構造の可動部を有し、本例では、その上面3Sにコンプレッサ側連結部分7Aが形成される。

次に、前記ボトルユニット6は、ボトル容器4と抽出キャップ5とからなり、前記ボトル容器4は、パンク修理液Tを収容する容器部4Bの下端に、小径円筒状の口部4Aを突出している。

前記抽出キャップ5は、コンプレッサ3からの圧縮空気をボトル容器4内に第1の流路8をへて取り込む取入れ口部9と、この圧縮空気の取り込みにより前記ボトル容器4からパンク修理液と圧縮空気とを第2の流路10をへて順次取り出す取出し口部11と、前記連結手段7による連結前の状態Y1において前記第1、第2の流路8、10を閉じる第1、第2の閉止手段12、13とを具える。又抽出キャップ5は、前記連結手段7による連結に伴い、前記第2の閉止手段13を解除して第2の流路10を開く解除手段19を具える。

具体的には、本例の抽出キャップ5は、図2に拡大して示すように、キャップ本体14と鞘管15とを含んで構成される。前記キャップ本体14は、前記ボトル容器4の口部4Aに上端が気密に取り付く筒状部分16Aと、その下端を継ぐ底部分16Bとからなる胴部16、及び前記底部分16Bから立ち上がる送空気管17を一体に具える。なお前記筒状部分16Aの内孔16Hは、ボトル容器4内に連なる。

本例では、前記口部4Aと筒状部分16Aとが、溶着によって固定される場合が示されるが、例えば接着剤を用いて固定しても良く、又螺着によって両者を固定する等、種々な方法が採用しうる。

又前記送空気管17は、前記筒状部分16Aと同心に立ち上がり、かつその中心孔17Hが前記第1の流路8を構成する。そして前記送空気管17の上端部には、前記第1の流路8を閉じる内蓋18(図1に示す。)が嵌着される。即ち、内蓋18が前記第1の閉止手段12を構成する。この内蓋18は、本例では、前記コンプレッサ3からの圧縮空気による第1の流路8の内圧によって自動的に外れ、第1の流路8を開放させる。なお送空気管17の上端17Eは、パンク修理液Tの液面Tsよりも上方位置で終端している。

本例では、前記第1の流路8は、前記中心孔17Hがなす縦の流路部8Aと、この縦の流路部8Aに交点Qで連なりかつ該交点Qから前記取入れ口部9の先端開口部9Aまでのびる横の流路部8Bとから形成される。なお前記縦の流路部8Aの下端は、底板部21によって閉止されている。本例の底板部21は、前記底部分16Bよりも下方に位置し、連結状態Y2(図4に示す。)においてコンプレッサ3の上面3Sに着座して姿勢を安定させる機能を有する。

又前記取入れ口部9は、前記コンプレッサ3に一端が接続される圧縮空気接続ホース22(図3に示す。)の他端と接続自在なホース接続部23として、前記筒状部分16Aから外向きに突出して形成される。これにより、前記コンプレッサ3は、パンク修理用だけでなく、例えばエアマット、浮き袋などへの空気充填用途しても使用することが可能となる。

次に、前記鞘管15は、前記送空気管17に、上下に摺動可能に外挿保持されるとともに、この鞘管15には、本例では、前記第2の流路10を閉じる第2の閉止手段13と、該第2の閉止手段13を解除する前記解除手段19とが設けられる。

前記解除手段19は、前記鞘管15の下端から、前記底部分16Bを貫通して下方に突出してのびる例えば3本の解除用突出片19Aからなる。なお前記底部分16Bには、解除用突出片19Aを貫通させる貫通孔16Bhが透設される。この解除用突出片19Aは、前記連結手段7による連結に伴いコンプレッサ3の上面3Sと当接し、前記鞘管15を上方に押し上げうる。

ここで前記第2の流路10は、前記鞘管15と筒状部分16Aとの間の間隙によって形成される環状の縦の流路部10Aと、この縦の流路部10Aに交点Pで連なりかつ該交点Pから前記取出し口部11の先端開口部11Aまでのびる横の流路部10Bとを具える。なお前記取出し口部11は、タイヤ側にパンク修理液T及び圧縮空気を注入するホース40の接続部41として、前記筒状部分16Aから外向きに突出して形成される。なお前記ホース40は前記筒状部分16Aの周囲に巻き付けられて保管される。

又前記筒状部分16Aの内壁面Wは、前記内孔16Hが大径をなす大径壁部Waと、この大径壁部Waに段差部Wbを介して下方側に連なる小径壁部Wcとを具える。そして、前記大径壁部Waは、前記交点Pよりも上方位置に形成される。従って、小径壁部Wcは、前記段差部Wbと交点Pとの間の上の小径壁部WcUと、交点Pよりも下方側の下の小径壁部WcLとに区分される。

前記第2の閉止手段13は、前記鞘管15に一体移動可能に設けられかつ前記小径壁部Wcと当接することにより、前記交点Pよりも上方側および下方側で前記縦の流路部10Aを閉じる上下のリング状のシール部材20U、20Lを具える。本例のシール部材20U、20Lは、所謂Oリングであって、前記鞘管15の外周に形成される周溝によって保持される。

この第2の閉止手段13は、前記連結前の状態Y1(図2に示す。)においては、上のシール部材20Uが、上の小径壁部WcUと当接して、前記第2の流路10を閉止し、パンク修理液Tが取出し口部11側に流出するのを防止する。又、連結状態Y2(図4に示す。)においては、前記解除用突出片19Aによる前記鞘管15の押し上げにより、前記上のシール部材20Uは、前記段差部Wbをこえて上方に移動する。このとき、前記上のシール部材20Uと大径壁部Waとの間に隙間Gが形成され、これによって前記第2の流路10を開くことができる。

次に、前記連結手段7は、前述の如く、コンプレッサ側連結部分7Aと抽出キャップ側連結部分7Bとからなる。本例では、前記抽出キャップ側連結部分7Bは、図2、5に示すように、前記底部分16Bから下方に突出する筒状の突出部24を具える。この突出部24は、上下に延びるスリット28により、バネ弾性を有する複数本、本例では6本の突出片29に分割される。このうち少なくとも2本、本例では3本の突出片29は、その下端に略直角三角形状のフック部30を外向きに突設した第1の突出片29Aとして形成され、残部はフック部のない第2の突出片29Bとして形成される。

他方、前記コンプレッサ側連結部分7Aは、前記筒状の突出部が嵌入する環状の連結溝31として形成されるとともに、この連結溝31の溝底31Aには、前記フック部30と係合して抜け止めされる爪係合穴32が形成される。

ここで、第1、第2の突出片29A、29Bは、その外側面が、前記バネ弾性によって前記連結溝31の内側面と圧接でき、かつ前記第2の突出片29Bの下端が前記連結溝31の溝底31Aに保持される。又前記第1の突出片29Aはその前記フック部30が連結溝31の爪係合穴32と係合して抜け止めされる。これにより、コンプレッサ3とボトルユニット6とは強固にかつワンタッチで連結される。なお図5中の符号42Aは、突出片29に突設される位置決め用の突起であって、前記連結溝31の内側面に設ける溝42Bに挿入されることで、回転方向の位置決めが行われる。

又図6(A)、(B)に示すように、本例の送空気管17は、その上端17Eから控えた位置に、該送空気管17の外周面から小高さで突出する第1の係止突起33を具える。又前記内蓋18は、その内周面に、小高さで突出して周方向にのびるとともに前記第1の係止突起33を乗り越え可能な環状の第2の係止突起34を具える。そして連結手段7による連結前の状態Y1において、前記内蓋18は、前記第2の係止突起34が第1の係止突起33とはその下側で係合する第1の係合状態X1にて前記第1の流路8の上端を閉止する。

なお前記連結前の状態Y1においては、前記鞘管15の上端15Eは、前記第1の係合状態X1の内蓋18よりも下方に位置する。又前記送空気管17の外周には、前記位置に第3の係止突起35が形成される。これにより、前記鞘管15の上端位置が規制され、連結前の状態Y1において前記鞘管15が内蓋18と接触するのが防止される。なお送空気管17には、鞘管15との間をシールする、Oリングなどのシールリング36が装着される。

他方、前記内蓋18は、連結状態Y2においては、図6(B)に示すように、鞘管15を介して前記第1の係合状態X1から上方に押し上げられ、第2の係止突起34が、第1の係止突起33よりも上方側となる第2の係合状態X2にて前記第1の流路8の上端を閉止する。前記第1の係合状態X1から第2の係合状態X2への移動は、第2の係止突起34が第1の係止突起33を乗り越えることにより行いうる。又第2の係合状態X2では、第2の係止突起34が送空気管17の外周面を狭圧することだけで内蓋18が保持されるため、圧縮空気による第1の流路8の内圧によって容易にかつ確実に取り外すことが可能となる。これに対して前記第1の係合状態X1では、第2の係止突起34が第1の係止突起33と係合しているため強固に取り付いている。

然して、本実施形態のパンク修理キット1では、連結手段7を有するため、不安定なボトルユニット6をコンプレッサ3に一体連結して固定しうる。そのため、パンク修理作業中のボトルユニット6の転倒を防止できる。

又第2の閉止手段13を解除する解除手段19を別途設け、第1、第2の流路8、10を別々に開放させている。そのため、第1の閉止手段12である内蓋18と、送空気管17との間の嵌合バラツキのみを考慮すれば良くなる。即ち、嵌合バラツキを従来に比して半減することができ、嵌め合い精度を緩和して、抽出キャップの歩留まり率の低下、及び製品検査工程の行程コストの上昇などを抑えることが可能となる。特に本例では、第1、第2の係止突起33、34を設け、連結前の状態Y1では強固な第1の係合状態X1で内蓋18を取り付けているため、保管時での液漏れを確実に防止することができる。又連結状態Y2では、内蓋18が弱い第2の係合状態X2となるため、パンク修理時、圧縮空気の空気圧によって内蓋18を容易にかつ確実に取り外すことが可能となる。しかも第1、第2の係合状態X1、X2が、連結手段7による連結に連動して切り替わるため、確実に機能させることができる。

又第1の流路8をなす送空気管17に鞘管15を外挿保持させ、この鞘管15に第2の閉止手段13と、解除手段19とを設けている。これにより前記第1の係合状態X1から第2の係合状態X2への切り替え、および第2の閉止手段13の解除(第2の流路10の開放)を、前記連結手段7による連結に連動させて確実に動作させることができる。

又本例のように、前記送空気管17の上端17Eが、パンク修理液Tの液面Tsよりも上方に位置するのが好ましい。その理由としては、もし第2の流路10側が塞がれた状態でコンプレッサ3を作動してしまった場合、ボトル容器4内の圧力が異常に高まり、コンプレッサ3に脈動がある場合には、ボトル容器4のパンク修理液Tがコンプレッサ3側に逆流する恐れが生じる。これに対して前記上端17E を液面Tsよりも上方に位置させることで、前記トラブルを防止できる。なお第2の流路10側が塞がれた状態とは、第2の閉止手段13の不良によって第2の内蓋8Bが外れない場合、前記取出し口部11に接続されるホース40が折れて塞がった場合、或いは、前記ホース40先端がキャップで塞がっている場合などがあり得る。

図7(A)、(B)に、抽出キャップ5の他の実施例を示す。本例では、前記第1、3の係止突起33、35間の距離が短いことにより、連結前の状態Y1において、前記内蓋18下端と鞘管15上端15E とが近接している。そのため図7(B)に示すように、前記内蓋18は、連結手段7による連結時、鞘管15を介して上方に押し上げられ前記送空気管17の上端部から外れて第1の流路8を開放する。

1 パンク修理キット
3 コンプレッサ
4 ボトル容器
4A 口部
5 抽出キャップ
6 ボトルユニット
7 連結手段
8 第1の流路
9 取入れ口部
10 第2の流路
10A 縦の流路部
10B 横の流路部
11 取出し口部
11A 先端開口部
12 第1の閉止手段
13 第2の閉止手段
14 キャップ本体
15 鞘管
16 胴部
16A 筒状部分
16B 底部分
16H 内孔
17 送空気管
17H 中心孔
18 内蓋
19 解除手段
19A 解除用突出片
20U 上のシール部材
20L 下のシール部材
33 第1の係止突起
34 第2の係止突起
T パンク修理液
Ts 液面
X1 第1の係合状態
X2 第2の係合状態
Y1 連結前の状態
Y2 連結状態
Wa 大径壁部
Wb 段差部
Wc 小径壁部

Claims (11)

  1. 圧縮空気を吐出させるコンプレッサ、
    パンク修理液を収容したボトル容器の口部に、抽出キャップを取り付けたボトルユニット、
    及び前記コンプレッサと前記ボトルユニットの抽出キャップとを互いに連結して一体固定しうる連結手段を具えるパンク修理キットであって、
    前記抽出キャップは、前記コンプレッサからの圧縮空気をボトル容器内に第1の流路をへて取り込む取入れ口部と、この圧縮空気の取り込みにより前記ボトル容器からパンク修理液と圧縮空気とを第2の流路をへて順次取り出す取出し口部と、前記連結手段による連結前の状態において前記第1、第2の流路を閉じる第1、第2の閉止手段とを具えるとともに、
    前記取入れ口部は、前記コンプレッサに一端が接続される圧縮空気接続ホースの他端と接続自在なホース接続部として形成され、
    記抽出キャップは、前記連結手段による連結に伴い前記第2の閉止手段を解除して該第2の流路を開く解除手段を具え
    前記抽出キャップは、
    前記ボトル容器の口部に上端が取り付きかつボトル容器内に連なる内孔を有する筒状部分の下端を底部分で継いだ胴部と、前記底部分から立ち上がりかつ前記第1の流路をなす中心孔を有する送空気管とを一体に具えるキャップ本体、及び
    前記送空気管に、上下に摺動可能に外挿保持される鞘管を含み、
    前記鞘管に、前記第2の閉止手段が前記鞘管と一体移動可能に設けられていることを特徴とするパンク修理キット。
  2. 記筒状部分に、前記取入れ口部が外向きに突設されることを特徴とする請求項1記載のパンク修理キット。
  3. 前記解除手段は、前記鞘管の下端から、前記底部分を貫通して下方に突出してのびる解除用突出片からなり、前記連結手段による連結に伴い、前記解除用突出片がコンプレッサに当接して前記鞘管を上方に押し上げることにより、前記第2の閉止手段を解除することを特徴とする請求項2記載のパンク修理キット。
  4. 前記第2の流路は、前記鞘管と筒状部分との間の間隙によって形成される環状の縦の流路部と、この縦の流路部に交点Pで連なりかつ該交点Pから前記取出し口部の先端開口部までのびる横の流路部とを具えるとともに、
    前記筒状部分は、前記内孔が大径をなす大径壁部と、この大径壁部に段差部を介して下方側に連なる小径壁部とを具え、かつ前記大径壁部は前記交点Pよりも上方位置に形成されることを特徴とする請求項2又は3記載のパンク修理キット。
  5. 前記第2の閉止手段は、前記鞘管に一体移動可能に設けられかつ前記小径壁部と当接することにより、前記交点Pよりも上方側、下方側で前記縦の流路を閉じる上下のシール部材を具えるとともに、前記上のシール部材は、前記鞘管の押し上げにより前記段差部をこえて上方に移動したとき、前記大径壁部との間に隙間を形成して前記第2の流路を開くことを特徴とする請求項4記載のパンク修理キット。
  6. 前記送空気管の上端は、前記パンク修理液の液面よりも上方に位置することを特徴とする請求項2〜5の何れかに記載のパンク修理キット。
  7. 前記第1の閉止手段は、前記送空気管の上端部に嵌着されて前記第1の流路を閉じる内蓋であり、この内蓋は、前記コンプレッサからの圧縮空気による第1の流路の内圧によって外れて第1の流路を開くことを特徴とする請求項2〜6の何れかに記載のパンク修理キット。
  8. 前記送空気管は、その上端から控えた位置で該送空気管の外周面から小高さで突出する第1の係止突起を具え、かつ前記内蓋は、その内周面から小高さで突出して周方向にのびしかも前記第1の係止突起を乗り越え可能な環状の第2の係止突起を具え、
    前記連結手段による連結前の状態において、前記内蓋は、前記第2の係止突起が第1の係止突起とはその下側で係合する第1の係合状態にて前記第1の流路を閉止することを特徴とする請求項7に記載のパンク修理キット。
  9. 前記内蓋は、前記連結手段による連結に伴い、鞘管を介して前記第1の係合状態から上方に押し上げられ、前記第2の係止突起が、第1の係止突起よりも上方側で前記送空気管の外周面に狭圧されて保持される第2の係合状態にて前記第1の流路を閉止することを特徴とする請求項8記載のパンク修理キット。
  10. 前記第1の閉止手段は、前記送空気管の上端部に嵌着されて前記第1の流路を閉じる内蓋であり、この内蓋は、前記連結手段による連結に伴い、鞘管を介して上方に押し上げられて前記上端部から外れて第1の流路を開くことを特徴とする請求項2〜6の何れかに記載のパンク修理キット。
  11. 前記送空気管は、前記送空気管の外周面から小高さで突出する第1の係止突起を具え、かつ前記内蓋は、その内周面から小高さで突出して周方向にのびしかも前記第1の係止突起を乗り越え可能な環状の第2の係止突起を具え、
    前記連結手段による連結前の状態において、前記内蓋は、前記第2の係止突起が第1の係止突起とはその下側で係合する第1の係合状態にて前記第1の流路を閉止することを特徴とする請求項10に記載のパンク修理キット。
JP2011204967A 2011-09-20 2011-09-20 パンク修理キット Expired - Fee Related JP5568068B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011204967A JP5568068B2 (ja) 2011-09-20 2011-09-20 パンク修理キット

Applications Claiming Priority (6)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011204967A JP5568068B2 (ja) 2011-09-20 2011-09-20 パンク修理キット
EP20120832880 EP2746032A4 (en) 2011-09-20 2012-09-06 Flat tire repair kit
US14/240,247 US9156212B2 (en) 2011-09-20 2012-09-06 Tire puncture repair kit
PCT/JP2012/072719 WO2013042545A1 (ja) 2011-09-20 2012-09-06 パンク修理キット
CN201280045200.8A CN103813897B (zh) 2011-09-20 2012-09-06 漏气轮胎修复套件
KR1020147007392A KR20140069000A (ko) 2011-09-20 2012-09-06 펑크 수리 키트

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2013067012A JP2013067012A (ja) 2013-04-18
JP5568068B2 true JP5568068B2 (ja) 2014-08-06

Family

ID=47914321

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2011204967A Expired - Fee Related JP5568068B2 (ja) 2011-09-20 2011-09-20 パンク修理キット

Country Status (6)

Country Link
US (1) US9156212B2 (ja)
EP (1) EP2746032A4 (ja)
JP (1) JP5568068B2 (ja)
KR (1) KR20140069000A (ja)
CN (1) CN103813897B (ja)
WO (1) WO2013042545A1 (ja)

Families Citing this family (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103338916B (zh) * 2011-01-28 2015-06-17 住友橡胶工业株式会社 爆胎修理套件
JP5568068B2 (ja) * 2011-09-20 2014-08-06 住友ゴム工業株式会社 パンク修理キット
JP5395865B2 (ja) * 2011-09-20 2014-01-22 住友ゴム工業株式会社 パンク修理キット
JP5476352B2 (ja) * 2011-09-30 2014-04-23 住友ゴム工業株式会社 パンク修理用のキャップユニット
JP5568101B2 (ja) * 2012-02-03 2014-08-06 住友ゴム工業株式会社 一体型のパンク修理キット
US10442145B2 (en) 2013-11-06 2019-10-15 Sumitomo Rubber Industries, Ltd. Bottle unit for puncture repair
WO2015114564A1 (en) * 2014-01-29 2015-08-06 Tek Global S.R.L. Improved sealant liquid container
US9458002B2 (en) * 2014-04-11 2016-10-04 Suss Microtec Lithography Gmbh Bottle supply system and bottle cap adapter
JP5725231B1 (ja) * 2014-04-16 2015-05-27 横浜ゴム株式会社 パンク修理液収容容器

Family Cites Families (62)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE1645037U (de) * 1952-07-28 1952-10-09 Karl Scheffer Klute Inh Wilhel Schlauchlose luftpumpe.
US3515181A (en) * 1967-09-05 1970-06-02 Lawrence R Sperberg Means for transferring chemical into a pneumatic tire
US3669159A (en) * 1970-08-05 1972-06-13 Roy L Owens Jr Method and apparatus for introducing liquid into vehicle tires
DE2808345B2 (ja) * 1978-02-27 1980-01-17 Ortmann & Herbst Gmbh, 2000 Hamburg
DE4127052A1 (de) * 1991-08-16 1993-02-18 Kronseder Maschf Krones Verfahren und vorrichtung zum fuellen von behaeltern
CA2189290A1 (en) * 1996-10-31 1998-04-30 Ian Savidge Apparatus and method of introducing a free-flowing balancing material within a tire
DE29716453U1 (de) * 1997-09-12 1999-01-21 Alusuisse Bayrisches Druckgus Reparatursatz zum Reifenflicken
US5924463A (en) * 1997-12-29 1999-07-20 Hsu; Chung Yeh Portable emergency instant inflation device
DE19846451C5 (de) * 1998-10-08 2018-08-23 Sumitomo Rubber Industries Ltd. Vorrichtung zum Abdichten aufblasbarer Gegenstände, insbesondere Reifen
DE10015166A1 (de) * 2000-03-27 2001-10-04 Dunlop Gmbh Abdichtvorrichtung
JP3875523B2 (ja) * 2001-07-19 2007-01-31 住友ゴム工業株式会社 パンクシーリング剤の収容容器、及びそれを用いたパンク修理システム
US6431225B1 (en) * 2001-10-23 2002-08-13 Technical Chemical Company Methods and apparatus for repair of flat tires
US6789581B2 (en) * 2002-10-31 2004-09-14 Interdynamics, Inc. Apparatus for sealing, inflating, and repairing tires
WO2005115730A1 (ja) * 2004-05-27 2005-12-08 Bridgestone Corporation シーリング・ポンプアップ装置
JP4133945B2 (ja) * 2004-06-28 2008-08-13 住友ゴム工業株式会社 タイヤのパンクシーリング剤送給、抜取り装置
US7389800B2 (en) * 2005-03-25 2008-06-24 Accessories Marketing, Inc. Orientation-independent fluid delivery apparatus
JP4673134B2 (ja) * 2005-06-02 2011-04-20 株式会社ブリヂストン シーリング剤の保管・注入容器
MX2008003465A (es) * 2005-09-13 2008-10-03 Trydel Res Pty Ltd Mejoras en el aparato de sellado.
JP2007168418A (ja) * 2005-11-28 2007-07-05 Bridgestone Corp タイヤのシーリング・ポンプアップ装置
JP4519065B2 (ja) * 2005-11-29 2010-08-04 株式会社ブリヂストン タイヤのシーリング・ポンプアップ装置
ITTO20060166A1 (it) * 2006-03-07 2007-09-08 Tek Srl Kit automatico di riparazione e gonfiaggio per oggetti gonfiabili provvisto di una valvola selettrice
ITTO20060454A1 (it) * 2006-06-20 2007-12-21 Tek Srl Kit per la riparazione e il gonfiaggio di articoli gonfiabili
JP4871106B2 (ja) * 2006-06-20 2012-02-08 株式会社ブリヂストン シーリング・ポンプアップ装置
JP2008143099A (ja) * 2006-12-12 2008-06-26 Bridgestone Corp シーリングポンプアップ装置
JP5376754B2 (ja) 2006-12-21 2013-12-25 株式会社ブリヂストン シーリング装置
JP2008162070A (ja) * 2006-12-27 2008-07-17 Bridgestone Corp シーリングポンプアップ装置
KR20100015355A (ko) * 2007-03-02 2010-02-12 에너씨 트랜스포트 엘엘씨 압축 유체를 격납고에 유입 및 유출시키기 위한 장치 및 방법
JP4878336B2 (ja) * 2007-06-18 2012-02-15 株式会社ブリヂストン シーリング・ポンプアップ装置
JP4928374B2 (ja) 2007-07-17 2012-05-09 住友ゴム工業株式会社 タイヤパンク応急修理装置に用いるシーリング剤ユニット
ITTO20070610A1 (it) * 2007-08-28 2009-02-28 Tek Global Srl Gruppo contenitore di liquido sigillante e kit per la riparazione e il gonfiaggio di articoli gonfiabili provvisto di un tale contenitore
DE102008027024A1 (de) * 2008-06-06 2009-12-10 Sumitomo Rubber Industries Ltd., Kobe Vorrichtung zum Einbringen von Luft und/oder Abdichtmittel in einen Reifen
US8020588B2 (en) * 2008-09-11 2011-09-20 Min-Hsieng Wang Tire repair solution can
JP4766093B2 (ja) * 2008-09-22 2011-09-07 横浜ゴム株式会社 パンク補修液収容容器
JP2010089273A (ja) * 2008-10-03 2010-04-22 Bridgestone Corp ポンプアップ装置及びシーリング・ポンプアップ装置
CN102186658B (zh) * 2008-10-20 2013-11-20 横滨橡胶株式会社 爆胎密封剂收纳容器以及爆胎修理装置
JP4466777B2 (ja) * 2008-10-20 2010-05-26 横浜ゴム株式会社 パンク修理装置
US20100108185A1 (en) * 2008-11-04 2010-05-06 Wen San Chou Air compressor and tire repairing combination
MX2011007281A (es) * 2009-01-07 2011-09-01 Trydel Res Pty Ltd Aparato para reparar e inflar aticulos inflables dañados.
JP2010184354A (ja) * 2009-02-10 2010-08-26 Bridgestone Corp シーリングポンプアップ装置
JP5624026B2 (ja) * 2009-04-23 2014-11-12 株式会社ブリヂストン シーリング・ポンプアップ装置
IT1395661B1 (it) * 2009-08-21 2012-10-16 Tek Global Srl Contenitore per un liquido sigillante e kit di riparazione comprendente tale contenitore
KR101814217B1 (ko) * 2009-11-04 2018-01-02 유닉 월드 인더스트리즈 컴퍼니 리미티드 펑크 수리 킷
JP5357704B2 (ja) * 2009-11-04 2013-12-04 住友ゴム工業株式会社 パンク修理キット
EP2497628B1 (en) * 2009-11-04 2019-01-02 Sumitomo Rubber Industries, Ltd. Puncture repair kit
DE102009060272A1 (de) * 2009-12-23 2011-06-30 Sumitomo Rubber Industries Ltd., Hyogo Vorrichtung zum Einbringen von Luft und/oder Abdichtmittel in einen Reifen
DE102010010361A1 (de) * 2010-03-05 2011-09-08 Sumitomo Rubber Industries, Ltd. Vorrichtung zum Einbringen von Luft und/oder Abdichtmittel in einen Reifen
US8671995B2 (en) * 2010-07-02 2014-03-18 Wen San Chou Device for sealing and inflating inflatable object
US8297321B2 (en) * 2010-07-02 2012-10-30 Wen San Chou Device for sealing and inflating inflatable object
WO2012060296A1 (ja) * 2010-11-05 2012-05-10 住友ゴム工業株式会社 パンク修理キット
CN103338916B (zh) * 2011-01-28 2015-06-17 住友橡胶工业株式会社 爆胎修理套件
TWI482908B (zh) * 2011-03-07 2015-05-01 Wen San Chou Air compressor for vehicle
CN102896787B (zh) * 2011-07-26 2016-04-27 胎意科汽车配件(上海)有限公司 具有降压装置的可充气物件修补和充气装备
JP5395865B2 (ja) * 2011-09-20 2014-01-22 住友ゴム工業株式会社 パンク修理キット
JP5568068B2 (ja) * 2011-09-20 2014-08-06 住友ゴム工業株式会社 パンク修理キット
DE112012003923T5 (de) * 2011-09-21 2014-07-17 Top Alliance Technology Ltd. Reifenreparatur-Vorrichtung mit Reifenreparaturmittel
JP5476351B2 (ja) * 2011-09-28 2014-04-23 住友ゴム工業株式会社 パンク修理用のキャップユニット
JP5476352B2 (ja) * 2011-09-30 2014-04-23 住友ゴム工業株式会社 パンク修理用のキャップユニット
US8746293B2 (en) * 2011-10-12 2014-06-10 Wen San Chou Device for sealing and inflating inflatable object
JP5568100B2 (ja) * 2012-01-06 2014-08-06 住友ゴム工業株式会社 一体型のパンク修理キット
JP5568101B2 (ja) * 2012-02-03 2014-08-06 住友ゴム工業株式会社 一体型のパンク修理キット
US9259982B2 (en) * 2012-10-05 2016-02-16 Consumer Products International Llc. Currency operated tire inflation and repair apparatus and methods
US9227469B2 (en) * 2013-03-18 2016-01-05 Wen-San Jhou Air compressor having inflating and aerosol spraying functions for tires

Also Published As

Publication number Publication date
CN103813897A (zh) 2014-05-21
CN103813897B (zh) 2016-07-13
EP2746032A1 (en) 2014-06-25
US9156212B2 (en) 2015-10-13
US20140209208A1 (en) 2014-07-31
EP2746032A4 (en) 2015-04-29
KR20140069000A (ko) 2014-06-09
JP2013067012A (ja) 2013-04-18
WO2013042545A1 (ja) 2013-03-28

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4443013B2 (ja) 二重容器用キャップ
EP1215167B1 (de) Spenderausguss für fliessfähige Medien
ES2377820T3 (es) Grifo de dispensación de líquido, en particular para líquidos de alta densidad
CN101360663B (zh) 流体用容器
US6568427B2 (en) Connector for fluid container
US8596310B2 (en) Sealing and pump-up device
EP1621324B1 (en) Apparatus for sealing tyres
JP5376754B2 (ja) シーリング装置
KR20110102475A (ko) 휴대용 충전식 분무기
DK3023239T3 (en) Emergency repair equipment for punctured air rings
ES2438616T3 (es) Grupo de boquerel de boquerel de base y pieza superpuesta de interfaz y sistema modular de un boquerel de base y múltiples piezas superpuestas de interfaz
JP5452564B2 (ja) 車載用コンプレッサ装置
JP4972635B2 (ja) タッピングロッド
KR101453122B1 (ko) 플러그 구조
CN104428239A (zh) 具有减压阀的容器
CA2773255C (en) Tire repair device containing tire cement
US8511639B2 (en) Adaptor for use with a valve fitment
JP2013137092A (ja) 圧力容器及び圧力容器の製造方法
CN101360664A (zh) 流体容器用接头
JP5645214B2 (ja) ポンプ
US8590566B2 (en) Coupling device
EP2740586A1 (en) Cap unit for puncture repair
US8978717B2 (en) Cap unit for puncture repair
EP2927040B1 (de) Befüllkopf für einen flüssigkeitstank
JP5473018B2 (ja) 自動車燃料タンク

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20140401

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140520

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20140610

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20140620

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5568068

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees