JP3733589B2 - 輪転型製袋機における把手付き角底紙袋の製造方法 - Google Patents

輪転型製袋機における把手付き角底紙袋の製造方法 Download PDF

Info

Publication number
JP3733589B2
JP3733589B2 JP2002055262A JP2002055262A JP3733589B2 JP 3733589 B2 JP3733589 B2 JP 3733589B2 JP 2002055262 A JP2002055262 A JP 2002055262A JP 2002055262 A JP2002055262 A JP 2002055262A JP 3733589 B2 JP3733589 B2 JP 3733589B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
paper
handle
base paper
bag
folding
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2002055262A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2003251716A (ja
Inventor
達也 居城
正樹 藤代
Original Assignee
株式会社ニューポート
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社ニューポート filed Critical 株式会社ニューポート
Priority to JP2002055262A priority Critical patent/JP3733589B2/ja
Publication of JP2003251716A publication Critical patent/JP2003251716A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3733589B2 publication Critical patent/JP3733589B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B31MAKING ARTICLES OF PAPER, CARDBOARD OR MATERIAL WORKED IN A MANNER ANALOGOUS TO PAPER; WORKING PAPER, CARDBOARD OR MATERIAL WORKED IN A MANNER ANALOGOUS TO PAPER
    • B31BMAKING CONTAINERS OF PAPER, CARDBOARD OR MATERIAL WORKED IN A MANNER ANALOGOUS TO PAPER
    • B31B70/00Making flexible containers, e.g. envelopes or bags
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B31MAKING ARTICLES OF PAPER, CARDBOARD OR MATERIAL WORKED IN A MANNER ANALOGOUS TO PAPER; WORKING PAPER, CARDBOARD OR MATERIAL WORKED IN A MANNER ANALOGOUS TO PAPER
    • B31BMAKING CONTAINERS OF PAPER, CARDBOARD OR MATERIAL WORKED IN A MANNER ANALOGOUS TO PAPER
    • B31B2150/00Flexible containers made from sheets or blanks, e.g. from flattened tubes
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B31MAKING ARTICLES OF PAPER, CARDBOARD OR MATERIAL WORKED IN A MANNER ANALOGOUS TO PAPER; WORKING PAPER, CARDBOARD OR MATERIAL WORKED IN A MANNER ANALOGOUS TO PAPER
    • B31BMAKING CONTAINERS OF PAPER, CARDBOARD OR MATERIAL WORKED IN A MANNER ANALOGOUS TO PAPER
    • B31B2160/00Shape of flexible containers
    • B31B2160/10Shape of flexible containers rectangular and flat, i.e. without structural provision for thickness of contents
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B31MAKING ARTICLES OF PAPER, CARDBOARD OR MATERIAL WORKED IN A MANNER ANALOGOUS TO PAPER; WORKING PAPER, CARDBOARD OR MATERIAL WORKED IN A MANNER ANALOGOUS TO PAPER
    • B31BMAKING CONTAINERS OF PAPER, CARDBOARD OR MATERIAL WORKED IN A MANNER ANALOGOUS TO PAPER
    • B31B2160/00Shape of flexible containers
    • B31B2160/20Shape of flexible containers with structural provision for thickness of contents
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B31MAKING ARTICLES OF PAPER, CARDBOARD OR MATERIAL WORKED IN A MANNER ANALOGOUS TO PAPER; WORKING PAPER, CARDBOARD OR MATERIAL WORKED IN A MANNER ANALOGOUS TO PAPER
    • B31BMAKING CONTAINERS OF PAPER, CARDBOARD OR MATERIAL WORKED IN A MANNER ANALOGOUS TO PAPER
    • B31B70/00Making flexible containers, e.g. envelopes or bags
    • B31B70/74Auxiliary operations
    • B31B70/86Forming integral handles or mounting separate handles
    • B31B70/864Mounting separate handles on bags, sheets or webs
    • B31B70/866Applying handles on a moving web followed by longitudinal folding

Description

【0001】
【産業上の利用分野】
本発明は、原紙を連続的に送り出してショッピングバック等の把手を備えた角底紙袋を形成する輪転型製袋機における把手付き角底紙袋の製造方法に関する。
【0002】
【発明が解決しようとする課題】
従来、ショッピングバック等の把手を備えた角底紙袋を形成する製袋機として、ロール状に巻き取った原紙をほぼ連続的に供給して把手付き角底紙袋を成形する輪転型製袋機と、予め所定サイズに裁断した原紙を供給して把手付き角底紙袋を成形する枚葉型製袋機の2種類の製袋機が知られている。
【0003】
輪転型製袋機としては、例えば特開昭50−122375号公報などで開示され、図6に示すように、ロール状に巻き取った原紙Rを送り出しながら原紙Rに把手Tを貼着した後、原紙Rを二つ折りに折りこみながら原紙Rを貼り合わせて連続した紙筒Pを成形し、これを図6において矢印Aで示す把手の貼着部分で紙筒Pを切断することによって、口部に把手Tを備えた把手付き紙筒Sを形成する。そして、その把手付き紙筒Sを底折りすることによって把手付きの角底紙袋を成形するようにしている。
【0004】
このような輪転型製袋機は、ロール状に巻き取った原紙Rをほぼ連続的に送り出して把手付きの角底紙袋を効率的に製造することができ、その生産コストを安価に抑えられるという利点を有する反面、原紙Rに把手Tを貼着し、これを筒状に貼り合わせてから、把手Tの貼着部分で紙筒Pを切断することから、把手Tを貼着した把手付き紙筒Sの袋口を内側に折り込むことができない。このため、その袋口の切断端部がそのまま残るばかりでなく、把手Tを取り付けるクラフト紙などの補強紙T1が袋口から直接、視認されることから、体裁が悪く、高級感のある角底紙袋を成形することが困難な面がある。また、物を入れる際、補強紙に引っ掛かるばかりでなく、重たい物を入れた際、把手が抜けやすい。
【0005】
この点、枚葉型製袋機は、図7に示すように、予め所定サイズに裁断したシート状の原紙Rを一枚ずつ供給し、これに把手Tを貼着することから、シート状の原紙Rに把手Tを貼着した後、その袋口を内側に折り込んで、把手Tの補強紙T1を口折部R1で包み隠した状態で平面的に展開した原紙Rを貼り合わせて把手付き紙筒Sを形成することができる。したがって、角底紙袋の袋口が内側に折り込まれ、その袋口を整えることができるとともに、把手Tの補強紙T1が口折部R1で覆われることから、意匠性に優れた高級感のある把手付き角底紙袋を成形することができる。しかし、枚葉型製袋機は、原紙Rを連続的に供給して角底紙袋に連続的に形成可能な輪転型製袋機に比べ、紙袋の製造速度が遅く、生産性に劣る面があり、角底紙袋の生産コストが高くなるという課題を有していた。
【0006】
この発明は、このような問題を解決して輪転型製袋機において、把手を貼着した袋口を内側に折り込んで意匠性に優れるとともに耐荷重が高く、かつ、物を入れやすい把手付き角底紙袋を形成することができる輪転型製袋機を提供することを目的とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】
上記課題を解決するため、本発明は、ロール状に巻取られた原紙を送り出し、この原紙に把手を貼着した後、その原紙を折り込んで把手付き角底紙袋を連続に成形する輪転型製袋機において、供給される原紙に横スリットとその横スリットと連続するJ字状の切目を形成する切込み工程と、前記横スリットと反対側で前記J字状の切目に近接して前記原紙に把手糊付部を形成する把手糊付け工程と、前記把手糊付部に、補強紙と紐を一体とした把手の該補強紙を貼着する補強紙貼着工程と、前記横スリットと連続する切込み部を形成して前記原紙を横方向に切断する原紙切断工程と、この切断縁部を糊付けして内側に折り返す口折り工程と、前記補強紙を貼着した原紙をほぼ二つ折りして紙筒を形成する紙筒成形工程と、この紙筒の底部を折る底折工程を経て把手付き角底紙袋を連続的に成形するように構成したものである。
【0008】
上記構成により、ロール状に巻き取られた原紙を連続的に供給し、把手の補強紙を貼着する前工程で、把手の紐に対応する位置に横スリットと、この横スリットと連設するJ字状の切目とを形成する。そして、横スリットに把手の紐がかかるように、把手取り付け用の補強紙を原紙に貼着する。このようにして補強紙を貼着した後、原紙切断工程において横スリット部分と連続するように、切込み部を形成することによって把手を取り付けた原紙を切り離す。これによって、把手付き原紙は、それ以降平面的に展開した状態で供給されることになる。そして、補強紙には把手の補強紙を貼着する前に横スリットと連設するJ字状の切目が形成され、このJ字状の切目が把手の紐と対応した位置に形成されるから、原紙切断工程で切断した端部を内側に折り込む際、J字状の切目から把手の紐がすり抜け、原紙の切断端部を内側に折り込むことが可能となる。こうして把手の補強紙を包み隠した状態で、その後の紙筒成形工程と底折工程を経て把手付き角底紙袋を成形されることになる。これにより、口折部によって把手の補強紙が覆われ、外観的にも優れるとともに耐荷重が高く、かつ、物を入れやすい把手付き角底紙袋を連続的に成形することが可能となる。
【0009】
【発明の実施形態】
以下、本発明の実施例について図1〜図5を参照して説明する。図1ないし図5において、Rは原紙、Tは把手、Sは把手付き紙筒、Bは把手付き角底紙袋、1は製袋機、2は製袋機1と並設する把手形成装置である。
【0010】
製袋機1は、原紙Rの給紙装置3、原紙Rにスリットを形成する切込装置4、把手貼着装置5、原紙Rの切断装置6、口部折込装置8、胴部筋付装置9、胴部糊付装置10、紙筒成形装置11、底折装置45などを備えている。
【0011】
給紙装置3はロール状に巻き取った原紙Rを連続的に送り出し、まず、切込装置4に供給する。切込装置4は図示しない切り込み刃を有する回転ローラ12と受けローラ13とを備え、これらローラ12,13との間に原紙Rを供給して把手Tの紐T2と対応する位置にそれぞれ横スリット15を形成するともに、このスリット15と直交して各スリット15の中央部に連設するようにJ字状の切目16を形成する。こうして、横スリット15とJ字状の切目16とを形成した原紙Rは糊付ローラ18を備えた把手部糊付装置19へと搬送され、糊付ローラ18によってJ字状の切目16と隣接する位置に糊付部19が形成される。
【0012】
把手形成装置2は、図2に示したように、例えばクラフト紙などからなる補強紙T1と紐T2を一体として把手Tを形成し、この把手Tを前記糊付部19上に供給する。
【0013】
把手貼着装置5は上下に対を成すローラ5Aから成り、上下のローラ5Aの間に把手Tを有する原紙Rを供給することによって原紙Rに把手Tを貼着している。
【0014】
切断装置6は切断刃20を備えた上部回転軸21と、切断刃20の受け部22を備えた下部回転軸23とで構成されている。前記切断刃20は、図4(e)に示すように、前記把手Tの紐T2と対応する位置、すなわち、横スリット15と対応して切欠部20Aを形成している。
【0015】
口部折込装置8は、原紙Rの口部に糊付けする口部糊付装置7と、回転ドラム25と、口折りに際して原紙Rの口部を前記回転ドラム25の周面軸方向に形成した開口溝28に押し込む口折刃29を有する口折りドラム27などで構成している。口部糊付装置7は糊付けローラ26を備え、この糊付けローラ26と口折りドラム27が回転ドラム25に接触して回転している。
【0016】
胴部筋付装置9には図示しない筋付刃を有する複数の回転ローラ30と受けローラ31とを備え、筋付刃によって紙袋の両側にM字状の折込部S1を形成するための折込線L1と折返線L2と折畳線L3となる筋を略平行に刻設する。
【0017】
胴部糊付装置10は前記口部糊付装置7と同様、糊付ローラ35を備え、把手付き原紙R1の外縁部に糊付部36を形成する。
【0018】
紙筒成形装置11では胴部筋付装置9により刻設された折込線L1と折返線L2と折畳線L3とに沿って把手付き原紙R1を二つ折りに折り畳みかつ胴部糊付装置10によって糊付けした糊付部36によって貼り合わせる。そして、紙筒成形装置11の終端側に設けたプレスローラ36によってプレスする。
【0019】
底折装置45は、この種の製袋装置において周知の装置、例えば特開平05-345374号公報などを底折装置を用いる。すなわち、角底紙袋Bの角底部分となる袋底寄りに底折返線L4と底折込線L5の折目を付ける底折筋付け装置40と、前記紙筒Tを回転移送する底折ドラム41と、紙筒Tの袋底を開く底開き装置と、底折返線L4から折り返して表裏各折込フラップF1,F2を底折ドラム41に沿わせて平面的に展開させるフラップ折返装置と、表裏各折込フラップF1,F2に糊付けする糊付装置と、前記表裏各折込フラップF1,F2を起立させるフラップ立ち上げ装置と、その表裏各折込フラップF1,F2を折り込んで貼着する袋底折込装置とを具備している。
【0020】
以上のように構成される製袋機1における紙袋の製造について説明する。
【0021】
まず、図4(a)に示したように、ロール状に巻き取られた原紙Rを給紙装置3により連続的に供給して切込装置4に送り込み、切込装置4において、回転ローラ12と受けローラ13を相互に逆方向に回転させて、原紙Rの搬送方向後側に、切り込み刃と刃受け部を当接させて、図4(b)に示したように、横スリット15とJ字状の切目16とを形成する。なお、横スリット15は、把手Tの紐T2と対応した位置に形成される。こうして横スリット15とJ字状の切目16とを形成した原紙Rは給紙装置3によって把手部糊付装置19へと搬送される。ここで糊付ローラ18を原紙Rに沿わせて回転させることによって、J字状の切目16と隣接して把手Tの糊付部19を形成する。この糊付部19に、把手形成装置2で形成された把手Tを原紙Rに供給して、図4(d)に示すように把手Tの補強紙T1を貼り付ける。このようにして原紙Rに順次、把手Tを所定間隔毎に貼着する。そして、把手Tを貼着した原紙Rは切断装置6に供給され、上部回転軸21と下部回転軸23とを相互に逆回転させ、切断刃20と受け部22とを当接させる。この時、図4(d)に示すように切断刃20は原紙Rの横スリット15部分と連続するように、上部回転軸21と下部回転軸23の回転と、原紙Rの搬送速度とが同期するように上部回転軸21を制御している。また、原紙Rに貼着した把手Tの紐T2は切断刃20の切欠部20Aと対応しており、予め切込装置4によって形成した横スリット15と切断刃20による切込み部24とが繋がる。これにより、切断刃20によって紐T2を切断することなく、原紙Rが横方向に切断され、図4(e)で示すように、所定サイズに切断した把手付き原紙R1が形成される。
【0022】
この把手付き原紙R1は口部折込装置8に搬送され、口部糊付装置7の糊付けローラ26によって把手付き原紙R1の糊付けと略同時に、口折刃29を有する口折りドラム27で把手付き原紙R1の口部を折り込む。この時、J字状の切目16から把手Tの紐T2がすり抜けて把手付き原紙R1の口部が内側に折り込まれる。すなわち、口折部S2によって把手Tの補強紙T1が覆われることなる。
【0023】
このようにして把手Tを取り付ける口部を内側に折り込まれた把手付き原紙R1は胴部筋付装置9に搬送され、胴部筋付装置9において、回転ローラ30と受けローラ31を相互に逆方向に回転させて、原紙R1の搬送に沿って折込線L1と折返線L2と折畳線L3となる筋を略平行に刻設する。この後、胴部糊付装置10の糊付ローラ35によって把手付き原紙R1の外縁部に糊付部36を形成する。こうして糊付けされた把手付き原紙R1は紙筒成形装置11により折込線L1と折返線L2と折畳線L3とに沿って把手付き原紙R1を二つ折りに折り畳んで紙筒成形装置11の終端側に設けたプレスローラ36によって貼り合わせる。これによって両側にM字状の折込部S1を有する把手付き紙筒Pを形成する。
【0024】
この把手付き紙筒Pは底折装置45に搬送され、ここで底折筋付け装置40により、図5(a)に示すように、把手付き原紙R1の底縁寄りに底折返線L4と底折込線L5とを刻設し、底折ドラム41と、この底折ドラム41に付帯するフラップ折返装置により底折返線L4より先の袋底を開いて糊付装置により表裏各折込フラップF1,F2に糊付した後、その表裏各折込フラップF1,F2を底折込線L5からそれぞれ内側に折り込んで貼着している。そして、この底折ドラム41の搬送途中において、プレスローラにより折り込まれた表裏各折込フラップF1,F2をプレスして把手付き紙筒Pの角底部B1が成形される。これにより、把手付き角底紙袋Bが完成する。
【0025】
以上のように、本実施例においては、ロール状に巻き取られた原紙Rを連続的に供給し、把手Tを貼着する前工程で、把手Tの紐T2に対応する位置に横スリット15と、この横スリット15と連設するJ字状の切目16とを形成し、その横スリット15に把手Tの紐T2がかかるように、把手Tの補強紙T1を原紙Rに貼着した後、切断装置6の切断刃20によって横スリット15部分と連続するように、切込み部24を形成することによって把手Tの取り付けた原紙Rを切り離す。すなわち、切断装置6の切断刃20は横スリット15、すなわち、把手Tの紐T2と対応する位置に切欠部20Aが形成されているため、切断刃20によって紐T2を切断することなく、原紙Rを横方向に切断することが可能となる。したがって、平面的に展開した把手付き原紙R1は、把手Tの取り付け側の切断端部を内側に折り込むことが可能となる。そして、内側に折り込んだ口折部S2によって把手Tの補強紙T1を包み隠した状態で、その後の紙筒成形工程と底折工程を経て把手付き角底紙袋Bを成形することができる。このように、ロール状に巻き取られた原紙Rを連続的に供給しながら把手付き角底紙袋Bを製造する輪転型製袋機において、完成した角底紙袋Bは、その袋口が内側に折り込まれた口折部S2によって整えられるともに、口折部S2によって把手Tの補強紙T1が覆われることから、外観的にも優れ、高級感を与える把手付き角底紙袋Bとなる。しかも、ロール状に巻き取られた原紙Rを連続的に供給しながら把手付き角底紙袋Bを製造する輪転型製袋機であるから、生産性にも優れ、把手付き角底紙袋Bの製造コストも削減することができる。
【0026】
以上、本実施例について詳述したが、本発明は前記実施例に限定されるものでは無く、本発明の要旨の範囲内で種々の変形実施が可能である
【0027】
また、製袋機1の基本的構成なども前記実施例に限定されるものではなく、適宜選定すれば良い。
【0028】
【発明の効果】
本発明の製袋機によれば、ロール状に巻取られた原紙を送り出し、この原紙に把手を貼着した後、その原紙を折り込んで把手付き角底紙袋を連続に成形する輪転型製袋機において、供給される原紙に横スリットとその横スリットと連続するJ字状の切目を形成する切込み工程と、前記横スリットと反対側で前記J字状の切目に近接して前記原紙に把手糊付部を形成する把手糊付け工程と、前記把手糊付部に、補強紙と紐を一体とした把手の該補強紙を貼着する補強紙貼着工程と、前記横スリットと連続する切込み部を形成して前記原紙を横方向に切断する原紙切断工程と、この切断縁部を糊付けして内側に折り返す口折り工程と、前記補強紙を貼着した原紙をほぼ二つ折りして紙筒を形成する紙筒成形工程と、この紙筒の底部を折る底折工程を経て把手付き角底紙袋を連続的に成形するように構成したものであるから、角底紙袋の袋口が内側に折り込まれて袋口を体裁よく整えることができるともに、把手の補強紙が覆われて外観的にも優れ、高級感を与える把手付き角底紙袋を形成することができる。しかも、ロール状に巻き取られた原紙を連続的に供給しながら把手付き角底紙袋を製造する輪転型製袋機であるから、生産性にも優れ、把手付き角底紙袋の製造コストも削減することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施例を示す製袋機の正面図である。
【図2】同上製袋機の平面図である。
【図3】同上製袋機の把手貼合機構付近を拡大した正面図である。
【図4】同上製袋工程の流れを示す説明図であり、図4(a)は原紙の供給状態、図4(b)は切込み工程、図4R>4(c)は糊付け工程、図4(d)は補強紙貼着工程、図4(e)は原紙切断工程、図4(f)は口部糊付工程、図4(g)は口部折込工程を示している。
【図5】同上製袋工程の流れを示す説明図であり、図5(a)は折目形成工程、図5(b)は紙筒成形工程、図5(c)は底折工程、図5(d)は完成した把手付き角底紙袋を示している。
【図6】従来の輪転型製袋機の製袋工程を示す説明図である。
【図7】従来の枚葉型製袋機の製袋工程を示す説明図である。
【符号の説明】
1 製袋機
2 把手形成装置
3 給紙装置
4 切込装置
B 把手付き角底紙袋
P 把手付き紙筒
R 原
R1 把手付き原紙
T 把手
T1 補強紙
T2 紐

Claims (1)

  1. ロール状に巻取られた原紙を送り出し、この原紙に把手を貼着した後、その原紙を折り込んで把手付き角底紙袋を連続に成形する輪転型製袋機において、供給される原紙に横スリットとその横スリットと連続するJ字状の切目を形成する切込み工程と、前記横スリットと反対側で前記J字状の切目に近接して前記原紙に把手糊付部を形成する把手糊付け工程と、前記把手糊付部に、補強紙と紐を一体とした把手の該補強紙を貼着する補強紙貼着工程と、前記横スリットと連続する切込み部を形成して前記原紙を横方向に切断する原紙切断工程と、この切断縁部を糊付けして内側に折り返す口折り工程と、前記補強紙を貼着した原紙をほぼ二つ折りして紙筒を形成する紙筒成形工程と、この紙筒の底部を折る底折工程を経て把手付き角底紙袋を連続的に成形するように構成したことを特徴とする輪転型製袋機における把手付き角底紙袋の製造方法。
JP2002055262A 2002-03-01 2002-03-01 輪転型製袋機における把手付き角底紙袋の製造方法 Active JP3733589B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002055262A JP3733589B2 (ja) 2002-03-01 2002-03-01 輪転型製袋機における把手付き角底紙袋の製造方法

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002055262A JP3733589B2 (ja) 2002-03-01 2002-03-01 輪転型製袋機における把手付き角底紙袋の製造方法
DE60231597T DE60231597D1 (de) 2002-03-01 2002-11-08 Verfahren zur Herstellung von Papiersäcken mit viereckigem Boden und Tragegriff aus einer Bahn
EP02292803A EP1359003B1 (en) 2002-03-01 2002-11-08 Method for manufacturing square bottom paper bag with handle from a web

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2003251716A JP2003251716A (ja) 2003-09-09
JP3733589B2 true JP3733589B2 (ja) 2006-01-11

Family

ID=28666142

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002055262A Active JP3733589B2 (ja) 2002-03-01 2002-03-01 輪転型製袋機における把手付き角底紙袋の製造方法

Country Status (3)

Country Link
EP (1) EP1359003B1 (ja)
JP (1) JP3733589B2 (ja)
DE (1) DE60231597D1 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4844937B1 (ja) * 2011-06-20 2011-12-28 正明 杉本 ハンドル付きガゼット袋及びその連続製造方法
CN104786555A (zh) * 2015-04-08 2015-07-22 温州正博印刷机械有限公司 手提袋机及其自动贴头卡装置
CN106393792A (zh) * 2016-08-31 2017-02-15 侯全虎 一种在线安装提拉带的机器设备

Families Citing this family (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011517974A (ja) * 2008-04-01 2011-06-23 ジェイ.ダブリュ.ティー.エスエヌシー ディ ギアコメッティ ステファノ アンド ザノン ウォルター 新規な紙の買い物袋またはバッグ、および、その生産のシステム
CN102225632B (zh) * 2011-05-31 2013-07-31 柴长银 环保纸袋贴挽机
CN102602048B (zh) * 2012-03-20 2013-07-10 江苏方邦机械有限公司 一种四连杆纸袋手把成型装置
CN102642332B (zh) * 2012-04-25 2013-11-06 西安理工大学 一种全自动双层果袋制袋自动线设备及其制袋方法
CN103072307B (zh) * 2013-01-16 2014-12-03 温州市鑫光机械有限公司 方底纸袋勾底机
CN103042726B (zh) * 2013-01-28 2015-12-09 于颢明 纸箱提手穿带机用传动装置
CN104097351B (zh) * 2013-04-12 2017-11-17 杭州南博机械科技有限公司 手挽涂胶机
CN103753857B (zh) * 2014-02-21 2016-09-07 南通捷诺塑胶科技有限公司 一种复合膜纺织品折帮立体袋的冲孔方法
CN109795160A (zh) * 2019-02-22 2019-05-24 深圳市同颖纸袋有限公司 一种牛皮纸袋预印刷加强条自动喂料系统

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2346710A (en) * 1940-06-10 1944-04-18 Interstate Bag Co Method of making handled bags
JPS4963574A (ja) * 1972-10-20 1974-06-20
DE4238655C2 (de) * 1992-11-16 2002-10-24 Windmoeller & Hoelscher Verfahren zur Herstellung von Beuteln aus Papier
JPH11320716A (ja) * 1998-05-13 1999-11-24 Tanaka Sangyo:Kk 手提げ袋の製袋方法及びその装置

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4844937B1 (ja) * 2011-06-20 2011-12-28 正明 杉本 ハンドル付きガゼット袋及びその連続製造方法
CN104786555A (zh) * 2015-04-08 2015-07-22 温州正博印刷机械有限公司 手提袋机及其自动贴头卡装置
CN106393792A (zh) * 2016-08-31 2017-02-15 侯全虎 一种在线安装提拉带的机器设备
CN106393792B (zh) * 2016-08-31 2018-11-20 廊坊大鹏自动化科技有限公司 一种在线安装提拉带的机器设备

Also Published As

Publication number Publication date
JP2003251716A (ja) 2003-09-09
EP1359003B1 (en) 2009-03-18
EP1359003A1 (en) 2003-11-05
DE60231597D1 (de) 2009-04-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5966866A (en) Plant flat-collapsible-container
US6098336A (en) Plant flat-collapsible-container
EP1250999B1 (en) Method of manufacturing a gusset bag
US10011085B2 (en) Method for making tri-fold side seamed plastic produce bag
US6405869B1 (en) Shrink wrap gift bag and method of manufacturing the same
US3878771A (en) Manufacture of paperboard cartons with liquid-proof liners
JP4435683B2 (ja) 容器、特に食品用の容器の成形機械
US4515273A (en) Bag with tab and method of forming
JP2977437B2 (ja) 郵便用封筒の自動形成方法とその装置
US6019713A (en) Tubing machine with rotating former section for quick change-over
US20090095801A1 (en) Methods and Apparatus for Manufacture of a Reclosable Plastic Carton
US2648263A (en) Method of making bags
US3984005A (en) Decorative neckband label for a bottle
US3069982A (en) Manufacture of quick-opening envelopes or bags
JP2004010055A (ja) プラスチック袋およびその製袋機
CA1062208A (en) Packaging bag of thermoplastic synthetic plastic film and a method of fabrication
JP2010036585A (ja) 製袋機
US20180050511A1 (en) Method and System for Manufacturing Bags
EP1106339A3 (en) Plastic bag making apparatus
US7090114B1 (en) Inline manufactured crossfold package and method
US4189895A (en) Method and apparatus for making envelope assemblies
US3923577A (en) Method for making a multi-component article
US8137254B2 (en) Method of making bag with interrupted side gussets
US1944794A (en) Method for the continuous production of envelopes, etc.
US2213602A (en) Method of making a package

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20050623

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050711

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050902

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20050926

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20051009

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 3733589

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091028

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091028

Year of fee payment: 4

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101028

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101028

Year of fee payment: 5

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313113

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101028

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101028

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111028

Year of fee payment: 6

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121028

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121028

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131028

Year of fee payment: 8

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313113

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250