JP2763144B2 - 抜型装置 - Google Patents

抜型装置

Info

Publication number
JP2763144B2
JP2763144B2 JP1191831A JP19183189A JP2763144B2 JP 2763144 B2 JP2763144 B2 JP 2763144B2 JP 1191831 A JP1191831 A JP 1191831A JP 19183189 A JP19183189 A JP 19183189A JP 2763144 B2 JP2763144 B2 JP 2763144B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
die
knockout
plate
hole
punching
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP1191831A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0357524A (en
Inventor
孝雄 田久保
征一 駒井
Original Assignee
株式会社東芝
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社東芝 filed Critical 株式会社東芝
Priority to JP1191831A priority Critical patent/JP2763144B2/ja
Publication of JPH0357524A publication Critical patent/JPH0357524A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2763144B2 publication Critical patent/JP2763144B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】 〔発明の目的〕 (産業上の利用分野) 本発明はプレスに用いるコンパウンド型の抜型装置に
関する。

(従来の技術) プレスによる打抜き加工に用いる抜型装置にはコンパ
ウンド型式のものがある。このコンパウンド型の抜型装
置は製品の内外周を1工程で打抜いて製品を形成する型
で、製品の孔と外周との位置関係を正確にできるので、
寸法精度の厳しい場合に用いる。

従来、このコンパウンド型抜型装置には、第5図ない
し第7図に示す構成のものがある。

図中1は下型パンチ、2は上型ダイであり、下型パン
チ1は台3に設けられ、上型ダイ2はダイホルダ4に設
けられている。ダイホルダ4はプレスにおけるラム5に
取付けられ、且つ台3に直立された複数本の案内棒6に
より上下移動自在に支持されている。下型パンチ1を囲
んでストリッパ−プレート7が配置され、このストリッ
パ−プレート7は台3に直立して設けた圧縮コイルばね
8等の弾性体により下側から上下移動可能に支えられて
いるとともに案内棒8Aにより位置決めされている。な
お、ストリッパ−プレート7の上端面は常時は下型パン
チ1の上端面と同一位置に押上げられている。上型ダイ
2の中央には孔2aおよびこの孔2aの上部に大径孔2bが形
成してあり、これら孔2aおよび大径孔2bにはノックアウ
ト部材9が挿通されている。ノックアウト部材9は側面
が孔2aの側面に摺接して上下動するようになっている。
ノックアウト部材9の上端にはフランジ9aが形成され、
このフランジ9aが大径孔2bと孔2aとの境界に係合してノ
ックアウト部材9の孔2aからの脱落を防止している。こ
の状態でノックアウト部材9は孔2aから所定量下方に突
出している。ダイホルダ4に上下方向に形成した孔4aに
はノックアウトバー10が挿通してあり、このノックアウ
トバー10の下端はノックアウト部材9と連結している。
ダイホルダ4の上端にはストッパ11が図示しない部材に
取付けて設けてあり、このストッパ11はダイホルダ4が
上昇した時にノックアウトバー10の上端が衝突するよう
になっている。

次に打抜装置の動作について説明する。

打抜きを行なわない時には、第5図に示すようにプレ
スのラム5によりダイホルダ4を最大上昇点まで引上げ
てあり、ダイホルダ4とともに上型ダイ2およびノック
アウト部材9が上昇している。ポンチ1とストリッパ−
プレート7とは同一水平面を構成しており、この水平面
上に加工すべき板材12を載せる。第6図に示すようにプ
レスのラム5がダイホルダ2を下降して上型ダイ2とノ
ックアウト部材9を下降すると、まず上型ダイ2から下
方に突出するノックアウト部材9の下端面が下型パンチ
1上に位置する板材12の中央部12aに当接してノックア
ウト部材9の移動が停止する。次いで、上型ダイ2がノ
ックアウト部材9と摺接しながら下降してストリッパ−
プレート7上に位置する板材12の外周部12bに当接し、
さらに上型ダイス2はコイルばね8のばね力に抗してス
トリッパ−プレート7を押下げながら下型パンチ1の上
端面より最大下降点まで下降する。このため、板材12に
せん断力が作用し、板材12は下型パンチ1上でノックア
ウト部材9により押えられる中央部12aと、ストリッパ
−プレート7上で上型ダイス2により押し下げられる外
周部12bとがせん断され打抜きが行なわれる。打抜かれ
た板材12は上型ダイ2の孔2a内に押込まれる。

打抜きが終ると、第7図に示すようにプレスのラム5
によりタイホルダ4を上昇して上型ダイ2およびノック
アウト部材9を上昇する。上型ダイ2の孔2aに押込まれ
た板材12の中央部12aがノックアウト部材9およびノッ
クアウトバー10を支えている。ダイホルダ4が上昇する
途中でノックアウトバー10がストッパ11に衝突してノッ
クアウト部材9の上昇を停止する。これにより上型ダイ
2がノックアウト部材9と摺接しながら上昇し、ダイホ
ルダ4が最大上昇位置まで上昇すると、ノックアウト部
材9の下端が上型ダイ2の孔2aから下方に突出して孔2a
内に入っていた板材12の中央部12aを下方へ押出す。上
型ダイ2から押出されて落下する板材12の中央部12a
は、ラム5の上昇に同期してノズルから圧縮空気を吹出
して飛ばしたり、あるは揺動腕をダイ2と下型パンチ1
との間に挿入して受取るなどの方法によれ装置外部へ自
動的に取出す。

(発明が解決しようとする課題) しかしながら、このような従来の抜型装置には次に述
べる問題がある。

打抜き時にはノックアウト部材9が下型パンチ1上に
位置する板材12の中央部12aを押え、上型ダイ2がスト
リッパ−プレート7上に位置する板材12の外周部12bを
押えて下降するが、この時ノックアウト部材9およびノ
ックアウトバー10の重量だけでは板押えの効果が小さ
く、下降する上型ダイ2に対して板材12の中央部12aを
確実に押えることができずに中央部12aの周縁部が変形
することがある。この現象は特に板厚0.3mm以下の薄肉
の板材に多い。

また、打抜き後に上型ダイ2の孔2a内に押込まれた板
材12の中央部12aは、孔2aの内面との摩擦力によりノッ
クアウト部材9およびノックアウトバー10の重量を支え
ながらダイホルダ4が最大上昇点に上昇するまで孔2a内
に留まる。しかし、板材12の中央部12aの板厚が薄い場
合や抜き形状が単純な場合には、ダイ2との摩擦力が小
さいために、板材12の中央部12aかノックアウト部材9
およびノックアウトバー10の重量を支えきれずに、下型
パンチ1上に中央部12aが残ったり、ダイホルダ2が最
大上昇点に達する前に上型ダイ2の孔2aから押出されて
落下してしまい、板材12の中央部12aを前記したように
自動的に取外すことができないことがある。

本発明は前記事情に基づいてなされたもので、確実且
つ生産性良く打抜き加工を行なうことができるコンパウ
ンド型の抜型装置を提供することを目的とする。

〔発明の構成〕

(課題を解決するための手段) 前記目的を達成するために本発明の抜型装置は、下型
パンチと、上型ダイと、下型パンチの外側に設けられ弾
性体により上下動自在に支持されたストリッパ−プレー
トと、上型ダイの内側に該ダイと摺接して上下動可能に
設けられたノックアウト部材と、上型ダイに設けられノ
ックアウト部材の側面を上型ダイの移動方向に対して交
差する方向から力を加えて押圧する機構とを具備するこ
とを特徴とするものである。

(作用) ノックアウト部材は上型ダイに設けた押圧する機構と
の間で大きな摩擦抵抗を与えられている。このため、打
抜き時にはノックアウト部材が下型パンチ上に位置する
板材を確実に押えるので、板材の打抜き部の周縁部が変
形することなく確実に打抜き加工することができる。ま
た、打抜き後には上型ダイの孔に押込まれたノックアウ
ト部材は押圧する機構との間の摩擦力により自身および
ノックアウトバーの重量を支えるので、ダイホルダが最
大上昇点まで上昇するまで板材の打抜き部がダイの孔内
に押込まれた状態を維持できる。

(実施例) 以下、本発明の一実施例を第1図ないし第4図を参照
して説明する。

この実施例は第5図ないし第7図に示す従来例にノッ
クアウトの側面を押圧する機構を設けたもので、第1図
ないし第4図において第5図ないし第7図と同じ部分は
同じ符号を付している。

すなわち、1は下型パンチ、2は上型ダイ、3は台、
4はダイホルダ、5はラム、6は案内棒、7はストリッ
パ−プレート、8はコイルばね、9はノックアウト部
材、10はノックアウトバー、11はストッパである。

上型ダイ2には第4図に示すように孔2aを挟んで両方
の側部に夫々ノックアウト部材9を押圧する機構13が一
対づつ並べて設けてある。この押圧する機構13は以下に
述べるように構成されている。図中14は上型ダイ2にそ
の外側面から孔2aまで孔2aに対し直角方向(上型ダイの
移動方向に対して交差する方向)に形成した孔で、この
孔14におけるダイ側面側端面にはねじ部が形成され、孔
側面側端部には小径部が形成されている。15は孔14に軸
方向に移動自在に設けられたピンで、このピン15は一部
が小径となって孔14の小径部に挿通され、先端が上型ダ
イ2の孔2aに設けたノックアウト部材9の側面に当接し
ている。16は孔14に設けられた弾性体、例えばゴムであ
り、この弾性体16はピン15に対してその先端がノックア
ウト部材9の側面に当接するように弾性力を加えるもの
である。17は孔14のねじ部に螺合したねじで、このねじ
17は弾性体16に当接して保持している。すなわち、この
ノックアウト部材9を押圧する機構13は、ねじ17で弾性
体16を圧縮して弾性体16に弾性力を蓄積し、弾性体16が
ピン15に力を伝えてピン15がノックアウト部材9の側面
を押圧するものである。

このように構成した抜型装置の動作について述べる。

まず、打抜きを行なう前は第1図に示すようにダイホ
ルダ4が最大上昇点にある。この時、ノックアウト部材
9は下端が上型ダイ2の孔2aから下方に突出した位置に
ある。板材12を下型パンチ1とストッパープレート7の
上に載せる。

次いで、打抜きを行なうために第2図に示すようにプ
レスのラム5によりダイホルダ4を下降し、はじめにノ
ックアウト部材9の下端面で下型パンチ1上に位置する
板材12の中央部12aを押える。その後、上型ダイ2がノ
ックアウト部材9と摺接しながら下降してストリッパ−
プレート7上にある板材12の外周部12aを押えてストリ
ッパ−プレート7を押下げることにより、板材12の中央
部12aを板材12から打抜く。ここで、上型ダイ2に設け
た4組の機構13のピンが夫々ノックアウト部材9の両方
の側面を上型ダイの移動方向に対して交差する方向から
力を加えて押圧することにより、ノックアウト部材の側
面を強固に押圧しているので、ノックアウト部材9は下
型パンチ1上に位置する板材12の中央部12aに接触した
時に、ノックアウト部材9と各機構13のピン15との間の
強い摩擦力により、板材12の中央部12aを下型パンチ1
の上端面に強く押圧して板押えとして機能する。このた
め、上型ダイ2の下降によりノックアウト部材9が浮上
って板材12の中央部12aの周縁が変形することを防止で
きる。特に板材12が0.3mm以下の薄板の場合でも、中央
部12の周縁の変形を防止できる。

打抜き後は第3図に示すように打抜きされた板材12の
中央部12aおよびノックアウト部材9が上型ダイ2の孔2
aに押込まれる。そして、この状態でダイホルダ4がラ
ム5により最大上昇点まで上昇される。ここで、ノック
アウト部材9は各機構13のピン15との間で強い摩擦力に
より部材自身およびノックアウトバーの各重量を受止め
る。このため、上型ダイ2の孔2aに押込まれた板材12の
中央部12aは、ノックアウト部材9およびノックアウト
バー10の重量を支える必要がなくなり、ダイホルダ4が
最大上昇点まで上昇するまでその位置を維持して落下す
ることがない。特に板材12が薄板の場合や単純形状の場
合でも孔2aから脱落することがない。

ダイホルダ1が最大上昇点まで上昇すると、ストッパ
11に衝突したノックアウトバー10がノックアウト部材9
を上型ダイ2の孔2aから下方へ押出すので、板材12の中
央部12aも同時に孔2aから押出される。押出された板材1
2の中央部12aは従来と同様な手段により抜型装置から外
部に自動的に取り出される。

なお、機構13の数および弾性体16の強さは、板材12の
寸法、材質などの条件に応じてノックアウト部材9を確
実に押圧できるように調整する。

また、ノックアウト部材9を押圧する機構の構成は実
施例に示したものに限定されるものではない。

〔発明の効果〕

以上説明したように本発明の抜型装置によれば、上型
ダイの移動方向に対して交差する方向から力を加えてノ
ックアウト部材の側面を押圧して打抜き時にノックアウ
ト部材に確実に板材押え効果をもたせて板材の打抜かれ
た部分の変形を防止でき、ま打抜き後はノックアウト部
材をそれ自身で上型ダイの内部に保持して上型ダイの内
部に押込まれた板材の打抜き部分をその板厚や形状にか
かわらずその位置を保持でき、従って良好な打抜き動作
を行なうことができる。

【図面の簡単な説明】

第1図ないし第4図は本発明の一実施例を示し、第1図
ないし第3図は抜型装置を示す断面図、第4図は上型ダ
イを示す図、第5図ないし第7図は従来の抜型装置の一
例を示す断面図である。 1…下型パンチ、2…上型ダイ、9…ノックアウト部
材、12…板材、13…ノックアウト部材を押圧する機構。

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (58)調査した分野(Int.Cl.6,DB名) B21D 45/04 B21D 28/02 B26F 1/14

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】下型パンチと、上型ダイスと、下型パンチ
    の外側に設けられ弾性体により上下動自在に支持された
    ストリッパ−プレートと、上型ダイの内側に設けられた
    ノックアウト部材と、上型ダイに設けられ前記ノックア
    ウト部材の側面を上型ダイの移動方向に対して交差する
    方向から力を加えて押圧する機構とを具備することを特
    徴とする抜型装置。
JP1191831A 1989-07-25 1989-07-25 抜型装置 Expired - Fee Related JP2763144B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1191831A JP2763144B2 (ja) 1989-07-25 1989-07-25 抜型装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1191831A JP2763144B2 (ja) 1989-07-25 1989-07-25 抜型装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0357524A JPH0357524A (en) 1991-03-12
JP2763144B2 true JP2763144B2 (ja) 1998-06-11

Family

ID=16281246

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1191831A Expired - Fee Related JP2763144B2 (ja) 1989-07-25 1989-07-25 抜型装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2763144B2 (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN101557889B (zh) * 2006-11-15 2011-10-05 丰田纺织株式会社 冲切模组件
CN106311893A (zh) * 2015-06-25 2017-01-11 杭州斯莱特泵业有限公司 T形件复合模

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5423302B2 (ja) 2009-10-02 2014-02-19 トヨタ紡織株式会社 ワークの製造装置及び製造方法
CN104923688A (zh) * 2015-06-09 2015-09-23 苏州市职业大学 一种冲压推出装置

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6462244A (en) * 1987-09-03 1989-03-08 Nissan Motor Production of constant velocity joint outer ring and its device
JPH01166836A (en) * 1987-12-23 1989-06-30 Honda Motor Co Ltd Work holding structure for die
JPH0511735B2 (ja) * 1988-01-04 1993-02-16 Nissei Plastics Ind Co

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN101557889B (zh) * 2006-11-15 2011-10-05 丰田纺织株式会社 冲切模组件
CN106311893A (zh) * 2015-06-25 2017-01-11 杭州斯莱特泵业有限公司 T形件复合模

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0357524A (en) 1991-03-12

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CA2586049C (en) Draw forming method and device
US6370931B2 (en) Stamping die for producing smooth-edged metal parts having complex perimeter shapes
EP1621268B1 (en) Punch for thin-plate metal and punch device for thin-plate metal with the punch
KR100624652B1 (ko) 성형 제품의 가공 방법 및 그 방법에 사용되는 상부 금형
US3496818A (en) Guide bushing for die sets
US20020095968A1 (en) Press die
JP3072095B1 (ja) プレス装置
US20030070518A1 (en) Method and apparatus for manufacturing a press-formed object
EP0102429A1 (en) Compound die assembly
US4510789A (en) Press brake
JPH03165935A (en) Manufacture of workpiece by blanking and manufacturing device therefor
JP6141105B2 (ja) 工作機械及びワークピース部分を押し出す方法
CN205147079U (zh) 一种电极板落料冲孔复合模
JP3435709B2 (ja) プレス加工装置
US4103413A (en) Method and arrangement for fastening and centering punching tools
US4104941A (en) Assembly for enabling close tolerance punching with a reusable system
US5492001A (en) Method and apparatus for working burred portion of workpiece
JP2799959B2 (ja) プレス加工装置
JP4313142B2 (ja) かしめ装置
US3217574A (en) Apparatus for shearing an elastomeric cellular material
WO2012042326A1 (en) An improved mechanism for upward lancing in a progressive die assembly
US4150936A (en) Apparatus for press forming shadow masks
JPH084860B2 (ja) 容器を形成する方法および装置
CN104259298A (zh) 一种高精度防跳废料冲压模具
CN104325006A (zh) 孔组加工装置

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees