JP2757032B2 - キャピタルのある柱を備えた地下躯体の逆打ち工法による構築法 - Google Patents

キャピタルのある柱を備えた地下躯体の逆打ち工法による構築法

Info

Publication number
JP2757032B2
JP2757032B2 JP1208053A JP20805389A JP2757032B2 JP 2757032 B2 JP2757032 B2 JP 2757032B2 JP 1208053 A JP1208053 A JP 1208053A JP 20805389 A JP20805389 A JP 20805389A JP 2757032 B2 JP2757032 B2 JP 2757032B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
capital
shell
floor slab
pillar
concrete
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP1208053A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0372119A (ja
Inventor
清司 藤井
善則 小檜山
友行 相模
忠男 村野
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Takenaka Komuten Co Ltd
Original Assignee
Takenaka Komuten Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Takenaka Komuten Co Ltd filed Critical Takenaka Komuten Co Ltd
Priority to JP1208053A priority Critical patent/JP2757032B2/ja
Publication of JPH0372119A publication Critical patent/JPH0372119A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2757032B2 publication Critical patent/JP2757032B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Underground Structures, Protecting, Testing And Restoring Foundations (AREA)

Description

【発明の詳細な説明】 【産業上の利用分野】
この出願の発明は、逆打ち工法による地下躯体の構築
法、特に、キャピタルのある柱を備えた地下躯体の逆打
ち工法による構築法に関する。
【従来の技術】
従来の逆打ち工法は、地下躯体の柱位置に大径の基礎
台柱を構築し、基礎台柱の真の鋼管、H形鋼等を含む柱
を建込み、その鋼管、H形鋼等を含む柱(以下構真柱と
いう)を地下躯体の柱とし、この柱にて上部の躯体の荷
重を支持させて、逆打ち工法を進めるものである。 逆打ち工法により構真柱を使って地下躯体を構築する
場合は、柱のキャピタル、床スラブ、構真柱と梁や床ス
ラブとの接合部等は、ベニア型枠、鋼製型枠、モルタル
型枠等を使用して鉄筋コンクリート造にしている。
【発明が解決しようとする課題】
従来の構築法による柱のキャピタル、床スラブ、梁や
床スラブと柱との接合部等の形成における、ベニア型枠
の使用は、大工の工数がかかりすぎ、根切りとの取合が
悪く施工日数がかかり過ぎる欠点があり、鋼製型枠の使
用は、型枠が高価で、転用がきかず、不経済である欠点
があり、モルタル型枠の使用は、施工精度が悪い欠点が
ある。 この出願の発明の解決しようとする課題は、上記の欠
点を有していない逆打ち工法による地下躯体の構築法を
提供すること、換言すると、外す必要のある型枠等を一
切使用しないキャピタルのある柱を備えた地下躯体の逆
打ち工法による構築法を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
この出願の発明は、前記課題を解決するための手段と
して、次ぎの構成を採用する。 この出願の発明の構成は、キャピタルのある柱を備え
た地下躯体の逆打ち工法による構築法において、 (i)地下躯体の柱の位置に構築した大径の基礎台柱の
上のに構真柱を建込み、構真柱の上端の周囲の地盤を根
切りして、第1の室空間の柱のキャピタルに一致する位
置および形状の凹部を形成し、該凹部にキャピタル殻体
を嵌合し、前記凹部の周囲の地盤の上面を第1の床スラ
ブの下面の形状に一致させ、キャピタル殻体の上側およ
び地盤の前記上面の上側に、床スラブ鉄筋等を配設して
から、コンクリートを打設して、第1の室空間の柱のキ
ャピタル、第1の床スラブ等を形成し、 (ii)第1の床スラブの下方の地盤を掘削して第1の室
空間を形成し、この第1の室空間の下部に対応する構真
柱の梁、床スラブ等の水平部材との連結部の周囲の地盤
を根切りして、第2の室空間の柱のキャピタルに一致す
る位置および形状の凹部を形成し、該凹部にキャピタル
殻体を嵌合し、第1の室空間の下部の地盤の上面を第2
の床スラブの下面の形状に一致させ、前記キャピタル殻
体の上側および地盤の前記上面の上側に、床スラブ鉄筋
等を配設してから、コンクリートを打設して、第2の室
空間の柱のキャピタル、第2の床スラブ等を形成し、 (iii)第2の床スラブの下方の地盤を掘削して第2の
室空間を形成し、順次下方の地下躯体を形成することを
特徴とする逆打ち工法による地下躯体の構築法にある。 キャピタル殻体を嵌合した凹部の周囲の形成しようと
する床スラブの下面の形状に一致させた地盤の上面に
は、合成樹脂等の剥離性のあるシートを敷き、このシー
トにより地盤とその上に打設するコンクリートとの縁切
りを行なう。また、地盤のみでは型としての強度が得ら
れない場合は、キャピタル殻体を嵌合した凹部の周囲の
地盤の上面に捨てコンクリートを打設して、捨てコンク
リートの上面を形成しようとする床スラブの下面の形状
に一致させ、捨てコンクリートの上に合成樹脂等の剥離
性のあるシートを敷くようにする。 なお、この明細書における「床スラブ鉄筋等」は、床
スラブ鉄筋や梁鉄筋を含み、また梁を鉄骨鉄筋コンクリ
ート造にする際には梁鉄骨をも含むものとする。 また、構真柱としては、たとえば、構真柱の地下の室
空間に対応する部分を鉄骨鉄筋コンクリート造で構成
し、その梁、床スラブ等の水平部材との連結部に対応す
る部分を鉄骨および鉄筋で構成し、その基礎台柱に埋め
込まれる部分を鉄骨で構成してつくつた構真柱を使用す
る。 構真柱の鉄骨鉄筋コンクリート造の部分の少なくとも
キャピタル殻体と接する端面は、キャピタル殻体の内周
部の底面が正確に当接できるように、構真柱の長手方向
に対して直角な平面にするとよい。 キャピタル殻体は、地下躯体の室空間の柱のキャピタ
ルの外表面部を形成するものであって、薄肉体で形成さ
れ、キャピタル部の外形と一致する外表面を有するとと
もに、キャピタル殻体が嵌合される構真柱の部分の外形
に略一致する形状の開口を有している。 具体的には、キャピタル殻体は、鉄筋コンクリート造
で薄肉に造られる。キャピタル殻体の上面の周囲に複数
の吊輪を突設しておくと移送に便利である。また、キャ
ピタル殻体の鉄筋の一部をその上面から突出させておく
と、上面に突出させた鉄筋と前記吊輪とにより、キャピ
タル殻体と後打ちされる鉄筋コンクリート造の部分との
結合を確実なものとすることができる。キャピタル殻体
の上側面はその上に後打ちされるコンクリートとの密着
性を良くするために凹凸面にするとよい。 キャピタル殻体は、類似の形状のものを多数使う場合
は金型を使って製作すると良い。
【実施例】
この発明の実施例を第1図ないし第22図を使って説明
する。説明を簡単にするため、逆打ち工法により2層の
室空間を備えた地下躯体を構築する場合を例にして説明
する。 構真柱10は、第1図および第12図に示すように、鉄骨
11、鉄筋12、13、コンクリートからなる鉄骨鉄筋コンク
リート造になっており、たとえば、H型鋼の柱鉄骨11の
周囲に柱主筋12が配設され、柱主筋12の周りに帯筋13が
配設されている。構真柱10の上部10Aは鉄骨鉄筋コンク
リート造の上方部分14から突出する柱鉄骨11および柱主
筋12のみで構成され、構真柱10の下部10Bも鉄骨鉄筋コ
ンクリート造の下方部分15から突出する柱鉄骨11、柱主
筋12および帯筋13のみで構成され、柱鉄骨11の下方への
突出長さは、柱主筋12の下方への突出長さよりも、柱鉄
骨11の基礎台柱3中へ埋め込まれる(建て込まれる)部
分の長さだけ長くしてある。鉄骨鉄筋コンクリート造の
上方部分14と鉄骨鉄筋コンクリート造の下方部分15との
間の地下躯体の梁、床スラブ等の水平部材との連結部10
Cは柱鉄骨11、柱主筋12、帯筋13のみで構成されてい
る。 構真柱10の上部10Aに嵌合するキャピタル殻体20は、
第2図ないし第4図に示すように、薄肉の鉄筋コンクリ
ート造で作られ、キャピタル殻体20は、地下躯体の室空
間の柱のキャピタルの外表面部と同じ形状、たとえば、
逆角錐台形状の基本形状を有しており、構真柱10の上部
10Aの柱主筋の配設部の形状や構真柱10の連結部10Cの鉄
筋の配設部の外形に略一致する形状の開口20Aを有して
おり、キャピタル殻体20の内周部の下側は構真柱10の鉄
骨鉄筋コンクリート造の部分14、15の上端面14A、15Aに
当接する平らな底面20Bになっている。 キャピタル殻体20は、そのコンクリート中に鉄筋20C
が埋設され、鉄筋20Cとしては、たとえば、逆角錐台形
状体の隅部に鉄棒を格子状に溶接して形成した鉄筋20C1
を配し、隅部以外の部分にワイヤーメッシュ20C2を配
し、キャピタル殻体20の上面の各辺の中央から吊環20D1
が突出するように、環体20Dをワイヤーメッシュ20C2に
取付けたものを使う。なお、ワイヤーメッシュ20C2の一
部20C2aを殻体20の上面から突出させるようにしてもよ
い。 構真柱10の連結部10Cに嵌合するキャピタル殻体21
は、薄肉の鉄筋コンクリートで作られ、第5図ないし第
7図に示すように、二つの殻体211、212に分割され、二
つの殻体211、212の底部の内側の対向する二つの辺211
A、212Aにそれぞれボルト211B、212Bの頭部が埋設さ
れ、両端にボルト孔のある連結板21Cとナット21Nとを使
って二つの殻体211、212を連結するようにしたものを使
う。 地下躯体の外側部に建て込んだ構真柱10の鉄骨鉄筋コ
ンクリート造の部分14、15の上端面14A、15A上に載置す
るキャピタル殻体22は、第8図および第9図に示すよう
に、第2図ないし第4図に示すキャピタル殻体20をその
中央で二つに分割したものの一方に相当する形状にした
ものを使う。 キャピタルと一体に梁を形成する場合には、第10図お
よび第11図に示すように、キャピタル殻体23の逆角錐形
状の壁の梁の長手方向の中央に凹部23Dを形成したキャ
ピタル殻体23を使う。 なお、地下躯体の柱のキャピタルは、柱の配設位置に
より異なる形状になることが多い。そのため、キャピタ
ル殻体の形状は柱のキャピタルの形状に合わせて変更す
る必要がある。 キャピタル殻体20ないし23は、類似の形状のものを多
数使うから、金型を使って製作するとよい。 逆打ち工法にキャピタルのある柱を備えた地下躯体の
構築方を第12図ないし第23図を使って説明する。 第12図、第13図および第15図に示すように、地盤Gの
地下躯体を構築する部分の周囲に矢板SPを打ち込み山止
め1とし、地下躯体の柱位置に大孔径の孔2をあけ、こ
の孔内に鉄筋かごを挿入し、コンクリート3Aを打設して
大径の基礎台柱3を形成し、この大径の基礎台柱3の上
に鉄骨および鉄筋からなる部分10B、10Cをカバー10E、1
0Fで覆った構真柱10を建込む。この建込みは、打設した
コンクリート3Aが固化する以前に、構真柱10の下部10B
の柱鉄骨11の下端部を打設したコンクリート16A中に差
し込み、構真柱10の鉄筋骨10Aの上部を適宜の固定手段1
7で所定位置に固定して行ない、たとえば、構真柱10の
柱鉄骨11の上端面が第1の床スラブの下方に位置し、柱
主筋12が床スラブの上面から上方に突出するようにす
る。建て込みが終了してから、構真柱10の周囲の空間4
を土砂5で埋め戻す。 つぎに、第13図ないし第15図に示すように、構真柱10
の上部10Aの周囲の地盤Gを根切りして、第1の室空間
の柱のキャピタルに一致する形状の凹部30を形成し、こ
の凹部30にキャピタル殻体20を嵌合し、殻体20の平らな
底面20Bを構真柱10の上方部分14の平らな上端面14Aの上
に載置する。また、凹所30の周りを根切りし平底凹所31
を形成する。 そして、平底凹所31の上面および平底凹所31の周囲の
地盤G1の部分32の上面に捨てコンクリート31A、32Aを薄
く打設して、第1の床スラブの下面の形状に一致するよ
うな平面33、34にする。そして、これら平面33、34の上
に合成樹脂等の剥離性のあるシート、たとえば、ポリエ
チレンシート35を敷く、ポリエチレンシート35の上側お
よびキャピタル殻体20の上方にスラブ鉄筋等36を配設す
る。スラブ鉄筋等36は、その一部が構真柱の上方部分14
から突出する柱主筋12間または柱鉄骨11と柱主筋12との
間に位置し、柱主筋12や柱鉄骨11に近づくように配設す
る。ポリエチレンシート35の上側およびキャピタル殻体
20の上側にコンクリート37を打設して、第16図に示すよ
うに、第1の室空間の柱のキャピタル38へ第1の床スラ
ブ39等を形成する。 つぎに、第1の床スラブ39の下方の地盤G1を掘削し
て、第17図に示すように、第1の室空間B1を形成する。
捨てコンクリート31A、32Aは、ポリエチレンシート35に
より第1の床スラブ39から縁切られているから、容易に
取り出すことができる。 第1の室空間B1の底面の地盤G2を根切りして、第2の
室空間の柱のキャピタルに一致する形状の凹所40と、、
その周囲の平底凹所41と、その平底凹所41の周囲の平ら
な部分42とを形成する。そして、凹所40に、第5図ない
し第7図に示すように、二つの分割した殻体211、212を
嵌合し、各殻体の底部の内側の各ボルト211B、212Bに連
結板21Cのボルト孔を嵌合し、前記ボルトにナット21Nを
ねじ込んで二つの殻体を連結し、キャピタル殻体21とす
る。キャピタル殻体21の底面21Bを構真柱10の下方部分1
5の平らな上端面15Aの上に載置する。平底凹所41および
平らな部分42の上に捨てコンクリートを薄く打設して、
その捨てコンクリートの上面を第2の床スラブの下面の
形状に一致するような平面とする。 この平面の上に、ポリエチレンシートを敷き、その上
に床スラブ鉄筋等46を配設する。床スラブ鉄等46は、そ
の一部が構真柱10の連結部10Cの柱主筋12間または柱主
筋12と柱鉄骨11の間に位置し、柱主錐状12や柱鉄骨11に
近づくように配筋す。前記ポリエチレンシートの上およ
びキャピタル殻体21の上にコンクリートを打設して、第
18図に示すように、第2の室空間B2の柱のキャピタル48
や第2の床スラブ49を形成する。 つぎに、第2の床スラブ49の下方の地盤G2を掘削し
て、第19図に示すように、第2の室空間B2を形成する。
この室空間B2の底面の地盤を根切り等して、平らな地盤
の部分G3を形成する。平らな地盤の部分G3の上に捨てコ
ンクリート50を打設して、捨てコンクリート50の上に床
スラブ鉄筋等51Aを配設して、コンクリートを打設して
底盤51を形成する。 第20図に示すように、底盤51の周囲等に梁鉄筋等を配
設し、前記梁鉄筋等の側面に型枠板を配置し、型枠板間
にコンクリートを打設して逆梁の基礎梁52、53を形成す
る。基礎梁52、53の上に第2の室空間B2の床スラブ鉄筋
等を配設し、コンクリートを打設して、第3の床スラブ
54を形成する。 地下躯体の外側壁の部分に位置する構真柱10として
は、たとえば、第19図および第20図に示すように、その
鉄骨鉄筋コンクリート造の上方部分14および下方部分15
の地下躯体の外周に面する側面部分14B、15Bにコンクリ
ートがなく、この側面部分14B、15Bに柱主筋12および帯
筋13の一部が露出しているものを使う。そして、第21図
に示すように、地下躯体の周囲の外壁鉄筋56を配設し、
その一部を前記側面部分15B、14Bの柱主筋12および帯筋
13の露出部間に通して、外壁鉄筋56の側部に型枠板を配
設し、外壁鉄筋56ならびに柱主筋12および帯筋13の露出
部の周囲にコンクリートを打設して、第21図に示すよう
に、地下躯体の外壁57を形成する。 なお、地下躯体の周囲の部分に建込んだ構真柱10から
なる柱のキャピタル38′、48′の形成は、第8図および
第9図に示すキャピタル殻体22を、構真柱10の上部10A
および連結部10Cの周囲に形成した凹部30′、40′に嵌
合して行なう。 地下躯体の外壁等の構真柱10間に架渡す梁60等を逆梁
にすると、梁の構築が容易になる。 たとえば、第22図に示すように、地下躯体の第2の床
スラブ49の外側端に梁60を設ける場合は、第2の床スラ
ブ49を形成する際に、床スラブ49の床スラブ鉄筋46の外
側端の部分46Aに梁主筋61と助筋62を配設し、前記梁主
筋61は、その一部を地下躯体の外側の構真柱10の連結部
10Cの柱鉄骨、柱主筋等のある部分に通して配筋する。
そして、スラブ鉄筋46のある部分にコンクリートを打設
して、第2の床スラブ49を形成し、その後、梁主筋61や
助筋62の側面に型枠板を当てて、この型枠板の内側の部
分にコンクリートを打設して、外周部の構真柱10間に架
渡される梁60を形成する。
【発明の作用効果】
請求項1に係る発明の構築法は、構真柱の地下躯体の
梁、床スラブ等の水平部材との連結部の周囲の地盤を根
切りして、地下躯体の室空間の柱のキャピタルに一致す
る位置および形状の凹所を形成し、該凹所にキャピタル
殻体を嵌合し、前記凹所の周囲の地盤の上面を形成しよ
うとする床スラブの下面の形状に一致させ、キャピタル
殻体の上側および地盤の前記上面の上側に、床スラブ鉄
筋等を配設してから、コンクリートを打設して、各室空
間の柱のキャピタル、床スラブ等を形成するようにした
から、外す必要のある型枠等を一切使用しないで地下躯
体の柱のキャピタル、床スラブ等を形成することがで
き、工期を短縮し、コストダウンを図ることがきる。 請求項2に係る発明の構築法は、構真柱として、その
地下の室空間に対応する部分を鉄骨鉄筋コンクリートで
構成し、その梁、床スラブ等の水平部材との連結部に対
応する部分を鉄骨および鉄筋で構成し、その基礎台柱に
埋め込まれる部分を鉄骨で構成した鉄骨鉄筋コンクリー
ト造の構真柱を使うから、構真柱の前記連結部に対応す
る部分にキャピタル殻体を容易にかつ正確に配設するこ
とができる。 また、キャピタル殻体の上側および床スラブの下面の
形状に一致させた地盤の上面の上側に、床スラブ鉄筋等
を配設しかつその一部を構真柱の前記連結部の鉄骨や鉄
筋に近づけてから、コンクリートを打設して、柱のキャ
ピタル、床スラブ等を形成するため、構真柱の鉄骨鉄筋
コンクリート造の部分と現場打ちのコンクリートを含む
床スラブ等の部分とを構真柱の露出させておいた鉄骨や
鉄筋を介して確実に結合させることができる。 そのうえ、上記鉄骨鉄筋コンクリート造の構真柱は、
柱鉄骨に対する鉄筋の配設の仕方を何ら変えることな
く、単にコンクリートの打設範囲を室空間に対応する構
真柱の主要部分のみに限定するだけ、水平部材との連結
部のある鉄骨鉄筋コンクリート造の構真柱を容易に製作
することができる。 請求項3に係る発明のように、キャピタル殻体を嵌合
した凹部の周囲の形成しようとする床スラブの下面の形
状に一致させた地盤の上面に合成樹脂等の剥離性のある
シートを敷き、キャピタル殻体および前記シートの上側
に、床スラブ鉄筋等を配設して、コンクリートを打設す
るようにすると、床スラブの下面を所望の美しい面にす
ることができる。 請求項4に係る発明のように、キャピタル殻体を嵌合
した凹所の周囲の地盤の上に捨てコンクリートを打設し
て、捨てコンクリートの上面を形成しようとする床スラ
ブの下面の形状に一致させ、上記の捨てコンクリートの
上面に合成樹脂等の剥離性のあるシートを敷き、キャピ
タル殻体および前記シートの上側に、床スラブ鉄筋等を
配設してから、コンクリートを打設して、柱のキャピタ
ル、床スラブ等を形成し、その後に前記キャピタル、床
スラブ等の下方の地盤の掘削時に前記シートおよび捨て
コンクリートを取り除くようにすると、地盤が軟弱な場
合であっても床スラブの下面を所望の美しい面にするこ
とができ、前記シートの存在により床スラブのコンクリ
ートと捨てコンクリートとを完全に縁切りすることがで
きる。そのため、下方の地盤を掘削する際に、シートお
よび捨てコンクリートを容易に除去することができる。 請求項5に係る発明のように、薄肉の鉄筋コンクリー
トで形成され、柱のキャピタルの外形と一致する外表面
を有し、かつキャピタル殻体が嵌合される構真柱の部分
の外形に略一致する形状の開口を有しているキャピタル
殻体を使うと、キャピタル殻体を構真柱に嵌合し、キャ
ピタル殻体の上側に、スラブ鉄筋等を配設してコンクリ
ートを打設するだけで、地下躯体の柱のキャピタルを容
易かつ正確に構築することができる。また、キャピタル
殻体の製作の容易になる。 請求項6に係る発明のように、キャピタル殻体を二つ
の殻体で構成し、各殻体に少なくとも一対の連結具を取
付け、二つの殻体を前記連結具を介して互いに接合する
ようにすると、構真柱の中間の梁、床スラブ等の水平部
材との連結部の周囲へのキャピタル殻体の配設作業が容
易になる。 請求項7に係る発明のように、構真柱として、そのキ
ャピタル殻体の内周部の底面が当接する地下の室空間に
対応する鉄骨鉄筋コンクリート造の部分の上側の端面が
構真柱の長手方向に対して直角な平面になっている鉄骨
鉄筋コンクリート造の構真柱を使うと、構真柱の上記平
面とキャピタル殻体の内周部の底面とを容易に密着させ
ることができ、構真柱キャピタル殻体との接合面をきれ
いに仕上げることができる。
【図面の簡単な説明】
第1図ないし第22図はこの発明の実施例を説明するもの
であり、第1図は構真柱の斜視図、第2図は第3図のキ
ャピタル殻体をそのI−I線で断面し矢印方向に見た正
面図、第3図はキャピタル殻体の平面図、第4図はキャ
ピタル殻体に埋設する鉄筋の一部を示す平面図、第5図
は第6図のキャピタル殻体をそのII−II線で断面し矢印
方向に見た正面図、第6図は他のキャピタル殻体の平面
図、第7図は第6図のIII−III線で断面したキャピタル
殻体の連結状態を示す正面図、第8図は第9図のキャピ
タル殻体をそのIV−IV線で断面した矢印方向に見た正面
図、第9図は他のキャピタル殻体の平面図、第10図は第
1I図のキャピタル殻体をそのV−V線で断面した矢印方
向に見た正面図、第1I図は他のキャピタル殻体の平面
図、第12図は基礎台柱に構真柱を建込んだ状態を示す概
略的な正面図、第13図は構真柱と地盤等との関係を示す
正面図、第14図は構真柱の上部にキャピタル殻体を嵌合
した状態等を示す正面図、第15図ないし第21図は地下躯
体の構築過程等を示す正面図、第22図は地下躯体の外周
部等の梁等の部分を示す断面図である。 図中、3は基礎台柱、10は構真柱、11は鉄骨、12は柱主
筋、13は帯筋、14および15は鉄骨鉄筋コンクリート造の
部分、10Aは構真柱の上部、10Bは構真柱の下部、10Cは
連結部、20、21、22および23はキャピタル殻体、20Aは
開口は、20Bは底面、30および40は凹部、31Aおよび32A
は捨てコンクリート、35および45はポリエチレンシー
ト、36および46はスラブ鉄筋等、38、38′、40および4
8′は柱のキャピタル、39および49は床スラブである。
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 村野 忠男 東京都中央区銀座8丁目21番1号 株式 会社竹中工務店東京本店内 (56)参考文献 特開 平2−101223(JP,A) 特開 昭61−261543(JP,A) 特開 昭62−17233(JP,A) 特開 昭62−253821(JP,A)

Claims (7)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】キャピタルのある柱を備えた地下躯体の逆
    打ち工法による構築法において、 (i)地下躯体の柱の位置に構築した大径の基礎台柱の
    上のに構真柱を建込み、構真柱の上端の周囲の地盤を根
    切りして、第1の室空間の柱のキャピタルに一致する位
    置および形状の凹部を形成し、該凹部にキャピタル殻体
    を嵌合し、前記凹部の周囲の地盤の上面を第1の床スラ
    ブの下面の形状に一致させ、キャピタル殻体の上側およ
    び地盤の前記上面の上側に、床スラブ鉄筋等を配設して
    から、コンクリートを打設して、第1の室空間の柱のキ
    ャピタル、第1の床スラブ等を形成し、 (ii)第1の床スラブの下方の地盤を掘削して第1の室
    空間を形成し、この第1の室空間の下部に対応する構真
    柱の梁、床スラブ等の水平部材との連結部の周囲の地盤
    を根切りして、第2の室空間の柱のキャピタルに一致す
    る位置および形状の凹部を形成し、該凹部にキャピタル
    殻体を嵌合し、第1の室空間の下部の地盤の上面を第2
    の床スラブの下面の形状に一致させ、前記キャピタル殻
    体の上側および地盤の前記上面の上側に、床スラブ鉄筋
    等を配設してから、コンクリートを打設して、第2の室
    空間の柱のキャピタル、第2の床スラブ等を形成し、 (iii)第2の床スラブの下方の地盤を掘削して第2の
    室空間を形成し、順次下方の地下躯体を形成することを
    特徴とする逆打ち工法による地下躯体の構築法。
  2. 【請求項2】キャピタルのある柱を備えた地下躯体の逆
    打ち工法による構築法において、 (i)構真柱として、その地下の室空間に対応する部分
    を鉄骨鉄筋コンクリート造で構成し、その梁、床スラブ
    等の水平部材との連結部に対応する部分を鉄骨および鉄
    筋で構成し、その基礎台柱に埋め込まれる部分を鉄骨で
    構成した鉄骨鉄筋コンクリート造の構真柱を使い、地下
    躯体の柱の位置に構築した大径の基礎台柱の上に上記構
    真柱を建込み、地上1階の前記水平部材との連結部に対
    応する構真柱の部分の周囲の地盤を根切りして、第1の
    室空間の柱のキャピタルに一致する位置および形状の凹
    部を形成し、該凹部にキャピタル殻体を嵌合して、キャ
    ピタル殻体の内周部の底面を構真柱の第1の室空間に対
    応する鉄骨鉄筋コンクリート造の部分の上端面に当接さ
    せ、前記凹部の周囲の地盤の上面を第1の床スラブの下
    面の形状に一致させ、キャピタル殻体の上側および地盤
    の前記上面の上側に、床スラブ鉄筋等を配設しかつ該床
    スラブ鉄筋等の一部を構真柱の前記連結部の鉄骨や鉄筋
    に近づけてから、コンクリートを打設して、第1の室空
    間の柱のキャピタル、第1の床スラブ等を形成し、 (ii)第1の床スラブの下方の地盤を掘削して第1の室
    空間を形成し、この第1の室空間の下部の構真柱の周囲
    の地盤を根切りして、第2の室空間の柱のキャピタルに
    一致する位置および形状の凹所を形成し、この凹所にキ
    ャピタル殻体を嵌合して、前記キャピタル殻体の内周部
    の底面を構真柱の第2の室空間に対応する鉄骨鉄筋コン
    クリート造の部分の上端面に当接させ、第1の室空間の
    下部の地盤の上面を第2の床スラブの下面の形状に一致
    させ、前記キャピタル殻体の上側および地盤の前記上面
    の上側に、床スラブ鉄筋等を配設しかつ該床スラブ鉄筋
    等の一部を構真柱の前記連結部の鉄骨や鉄筋に近づけて
    から、コンクリートを打設して、第2の室空間の柱のキ
    ャピタル、第2の床スラブ等を形成し、 (iii)第2の床スラブの下方の地盤を掘削して第2の
    室空間を形成し、順次下方の地下躯体を形成することを
    特徴とする逆打ち工法による地下躯体の構築法。
  3. 【請求項3】キャピタル殻体を嵌合した凹部の周囲の形
    成しようとする床スラブの下面の形状に一致させた地盤
    の上面に合成樹脂等の剥離性のあるシートを敷き、キャ
    ピタル殻体および前記シートの上側に床スラブ鉄筋等を
    配設することを特徴とする請求項1または2記載の逆打
    ち工法による地下躯体の構築法。
  4. 【請求項4】キャピタル殻体を嵌合した凹所の周囲の地
    盤の上に捨てコンクリートを打設して、該捨てコンクリ
    ートの上面を形成しようとする床スラブの下面の形状に
    一致させ、捨てコンクリートの上面に合成樹脂等の剥離
    性のあるシートを敷き、キャピタル殻体および前記シー
    トの上側に、床スラブ鉄筋等を配設してから、コンクリ
    ートを打設して、柱のキャピタル、床スラブ等を形成
    し、その後に前記キャピタル、床スラブ等の下方の地盤
    の掘削時に前記シートおよび捨てコンクリートを取り除
    くことを特徴とする請求項1または2記載の逆打ち工法
    による地下躯体の構築法。
  5. 【請求項5】柱のキャピタルの外表面部を構成するキャ
    ピタル殻体として、薄肉の鉄筋コンクリートで形成さ
    れ、柱のキャピタルの外形と一致する外表面を有し、か
    つキャピタル殻体が嵌合される構真柱の部分の外形に略
    一致する形状の開口を有しているキャピタル殻体を使う
    ことを特徴とする請求項1または2記載の逆打ち工法に
    よる地下躯体の構築法。
  6. 【請求項6】キャピタル殻体が二つの殻体で構成され、
    各殻体に少なくとも一対の連結具が取付けられ、二つの
    殻体が上記連結具を介して互いに接合されるようになっ
    ていることを特徴とする請求項5記載の逆打ち工法によ
    る地下躯体の構築法。
  7. 【請求項7】構真柱として、そのキャピタル殻体の内周
    部の底面が当接する地下の室空間に対応する鉄骨鉄筋コ
    ンクリート造の部分の上側の端面が構真柱の長手方向に
    対て直角な平面になっている鉄骨鉄筋コンクリート造の
    構真柱を使うことを特徴とする請求項2記載の逆打ち工
    法による地下躯体の構築法。
JP1208053A 1989-08-11 1989-08-11 キャピタルのある柱を備えた地下躯体の逆打ち工法による構築法 Expired - Fee Related JP2757032B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1208053A JP2757032B2 (ja) 1989-08-11 1989-08-11 キャピタルのある柱を備えた地下躯体の逆打ち工法による構築法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1208053A JP2757032B2 (ja) 1989-08-11 1989-08-11 キャピタルのある柱を備えた地下躯体の逆打ち工法による構築法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0372119A JPH0372119A (ja) 1991-03-27
JP2757032B2 true JP2757032B2 (ja) 1998-05-25

Family

ID=16549864

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1208053A Expired - Fee Related JP2757032B2 (ja) 1989-08-11 1989-08-11 キャピタルのある柱を備えた地下躯体の逆打ち工法による構築法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2757032B2 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6654428B2 (ja) * 2015-12-28 2020-02-26 株式会社竹中工務店 逆打ち工法を用いた建築方法
JP7442268B2 (ja) * 2019-03-26 2024-03-04 日本製鉄株式会社 地下躯体構造

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0372119A (ja) 1991-03-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH0412111Y2 (ja)
JP2769936B2 (ja) 地下躯体工事における梁、スラブの構築工法
JP2757032B2 (ja) キャピタルのある柱を備えた地下躯体の逆打ち工法による構築法
JPH0657710A (ja) コンクリート主塔の築造方法
JPS6312987B2 (ja)
JPH03199528A (ja) 建築物の鉄骨基礎
JP2920490B2 (ja) パネル接合式ケーソンの製造方法及びパネル接合式ケーソン
JP2725572B2 (ja) 鉄筋コンクリート造での小梁施工方法
JPH11323958A (ja) 建築物の施工方法とこれに用いるコンクリート製品
JPH09273245A (ja) ブロックジョイント及び溝切空胴ブロック並びにブロックベース
JPS5858503B2 (ja) 鉄筋コンクリ−ト合成壁の構築工法
JPH02296948A (ja) 鉄筋コンクリート造スラブの構築方法
JP2784449B2 (ja) 鉄骨鉄筋コンクリート基礎
JP2904648B2 (ja) Pc版を用いた耐震壁の構築法
JPH032435A (ja) 柱と鉄骨鉄筋コンクリート梁との接合工法
JPS62121251A (ja) 建築用ラ−メン
JP3122739B2 (ja) プレキャストのrc柱とプレキャストのrc梁とからなる架構
JPH031531Y2 (ja)
JPH10121573A (ja) ハーフプレキャストコンクリート部材、 及び、構造物の構築方法
JPH03233058A (ja) プレキャスト梁部材およびそれを用いた柱梁接合部の施工方法
JPH07197510A (ja) 調整池構築工法
JPH02229337A (ja) コンクリート柱の構築工法
JPH05339986A (ja) Pc柱の梁接合部構造
JPH04189919A (ja) プレキャスト・コンクリート基礎
JPH07207800A (ja) プレキャスト鉄筋コンクリート大梁と鉄骨小梁を使用した床工法

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees