JP2551484Y2 - 高所作業車の作業台構造 - Google Patents

高所作業車の作業台構造

Info

Publication number
JP2551484Y2
JP2551484Y2 JP1992023539U JP2353992U JP2551484Y2 JP 2551484 Y2 JP2551484 Y2 JP 2551484Y2 JP 1992023539 U JP1992023539 U JP 1992023539U JP 2353992 U JP2353992 U JP 2353992U JP 2551484 Y2 JP2551484 Y2 JP 2551484Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
work
long object
vehicle
aerial
work table
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP1992023539U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0575286U (ja
Inventor
房 利 明 竹
根 敏 彦 山
Original Assignee
セイレイ工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by セイレイ工業株式会社 filed Critical セイレイ工業株式会社
Priority to JP1992023539U priority Critical patent/JP2551484Y2/ja
Publication of JPH0575286U publication Critical patent/JPH0575286U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2551484Y2 publication Critical patent/JP2551484Y2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本考案は、車輪走行する台車上に
昇降機構を介して作業台を装備して構成される高所作業
車の作業台構造に関するものである。
【0002】
【従来の技術】上記の高所作業車は、高所への配管工事
等の作業に利用されることが多い。そこで、昇降する作
業台にパイプや板材等の長尺物を載置するために、作業
台に長尺物積載部を設けることが従来から行われている
(例えば、特開昭55−52900号公報、実開平3−
122090号公報参照)。
【0003】
【考案が解決しようとする課題】従来の技術で述べたも
のの前者においては、作業台の周囲柵の上縁枠を略全面
的に利用し、その上縁枠に長尺物を直接に載置保持して
いたから、積載長尺物の重量が上縁枠に負荷されて周囲
柵の強度安全性が損なわれ易く、また、長尺物の積込に
より作業台上の空間が極端に狭められるので、作業台上
での高所作業性がわるくなるという問題があった。
【0004】その点、従来の技術で述べたものの後者
は、作業台の一側寄り部位に一対の長尺物支持具を設
け、これに長尺物を渡架状に載置するようになっている
ので、長尺物の積込により作業台上の作業空間が極端に
狭められることはないが、後者においても、前記一対の
長尺物支持具が周囲柵の上縁枠に着脱自在に取付けられ
ていたから、前者同様に、積載長尺物の重量が上縁枠に
負荷されて周囲柵の強度安全性が損なわれ易く、さら
に、積載長尺物の重量が作業台の一側寄りに偏って負荷
されるので、作業台全体としての安定性もよくないとい
う問題があった。
【0005】
【課題を解決するための手段】本考案は、従来技術の上
記問題点を解消するために、車輪(1a)(1b)を備
えた走行台車(A)上に昇降機構(B)を介して作業台
(C)を装備し、その作業台(C)の前後方向一側寄り
部位に、同作業台(C)の周囲柵(4)を補強する左右
一対の縦部材(5)(5)を立設して各々の上端部に左
右一対の長尺物載置部(E)(E)を設けるとともに、
長尺物載置部(E)(E)に近い走行台車(A)の前側
又は後側に、キャスター輪(3)(3)を備えたアウト
リガー(D)を設けた高所作業車の作業台構造にしてい
る。
【0006】
【考案の作用及び効果】本考案は、上記のように構成さ
れているので、長尺物の積込によって作業台上の作業空
間が極端に狭められることがない。そして、作業台の周
囲柵が左右一対の縦部材で補強されながらその縦部材で
積込長尺物の重量が支えられて周囲柵の安全性が損なわ
れることがなく、載置長尺物の重量が一側に偏寄して負
荷されるに拘らず、作業台は長尺物載置側において走行
台車に設けられるキャスター輪付アウトリガーによって
安定よく支えられる。
【0008】
【実施例】つぎに、本考案の実施例について図面を参照
して説明するが、先ず、図11〜図13において、高所
作業車の全体的な構成から説明する。高所作業車は、走
行台車(A)と昇降機構(B)であるシザースリンク機
構と、昇降機構(B)の上端部に装着される作業台
(C)などによって従来のものと略同様な全体配置で組
成されている。
【0009】そして、走行台車(A)は、車体の下方の
対角位置に配置される駆動車輪(1a)(1a)と遊動
輪(1b)(1b)とによって支えられ、駆動車輪(1
a)(1a)を車体に搭載されたバッテリ駆動の電動モ
ータ(図示省略)で強制駆動して走行移動できるように
構成されている。
【0010】また、走行台車(A)には、同台車(A)
を作業実施場所に維持する為のアウトリガー(D)が設
けられる。このアウトリガー(D)は、走行台車(A)
の前後方向の一側において車体幅方向に設けられる支持
筒(6)(6)に、左右の支持腕体(7)(7)を支持
筒に沿って摺動移動かつ任意の摺動移動位置で固定でき
るように設け、支持腕体(7)(7)の左右端部に、設
置部であるキャスター輪(3)(3)をそれぞれ垂設装
備して構成されている。
【0011】しかして、各キャスター輪(3)(3)
は、走行台車(A)を移動させるための車輪(1a)
(1b)が平坦地(2)に接地した状態において、その
平坦地(2)から僅かに浮き上がる程度の隙間を有する
状態となる高さで設けられ、走行台車(A)に設定値を
越える重量が負荷されると接地し、車輪(1a)(1
b)と共働して作業台(A)を支えるようになってい
る。
【0012】また、昇降機構(B)であるシザースリン
ク機構は、上下方向に屈伸自在な左右二組のクロスリン
クを複数本の横枠で結合して組成され、そのクロスリン
クの下方一端部を走行台車(A)の所定位置に軸着する
と共に、下方の他端部に軸着するローラー(8)を、走
行台車(A)に敷設したレール(9)に転動自在に係合
させて走行台車(A)に装設される。
【0013】そして、シザースリンク機構の上端がわに
作業台(C)が取付けられるが、該作業台(C)とシザ
ースリンク機構の結合は、前述したシザースリンク機構
の下端部と走行台車(A)との結合と略同様の構成で行
われる。つまり、シザースリンク機構の上方一端部が作
業台の定位置に軸着されるとともに、上方の他端がロー
ラー(8)とレール(9)の係合によって連係されるの
である。
【0014】なお、シザースリンク機構における上下の
ローラー(8)がレール(9)に沿って転動移行するに
障害となるような異物(例えば、モルタル吹き付け工事
によって発生する散乱物など)がレール(9)の案内部
に入り込んで付着することがないように、図7及び図8
に示す如く、ローラー(9)の外方を覆いながら、レー
ルの内方に入り込む異物をレール外に向けて排出する誘
導面(10a)を備え、且つ、レールのローラー転動面
に付着せんとする異物を掻き落すスクレーパ部(10
b)を備えたカバー(10)が設けられている。
【0015】このカバー(10)は、可撓部材からなる
スカート(11)でもってレール(9)の開口部を覆う
もの(図9および図10参照)に代替可能であり、その
ように変形構成しても図7および図8に示したものと略
同様の役目を果たす。
【0016】シザースリンク機構(昇降機構B)の上端
部に装備される作業台(C)は、開閉扉(12)を備え
る出入口が一部に設けられた周囲柵(4)を、ステージ
(13)の周囲に立設し、周囲柵(4)によって囲繞さ
れるステージ上に運転コラム(14)等の必要装置を設
けて構成される。そして、この作業台(C)には、パイ
プ等の長尺物(15)を横たえ状に載せるための長尺物
載置部(E)が付設されるのであるが、該長尺物載置部
(E)が、本考案にあっては次のような構造で設けられ
ている。
【0017】図1〜図2および図11〜図12にみられ
るように、アウトリガー(D)が設けられる側に近い部
位において、周囲柵(4)の左右部分に、周囲柵(4)
を補強する縦部材(5)(5)が相対応して一対に設け
られ、各縦部材(5)の上端にそれぞれ長尺物載置部
(E)が固装されて、これらの長尺物載置部(E)
(E)間に長尺物(15)を渡架状に載置支持するよう
に構成されている。
【0018】そして、図11〜図13に示す実施例で
は、長尺物載置部(E)の載せ面(E1)を側面視V字
状に形成し、その載せ面(E1)の最低部が周囲柵
(4)の上端縁よりも上方に位置するか、或いは周囲柵
(4)の上端縁と略面一に位置するように形成している
のであるが、この長尺物載置部(E)は、図1〜図6に
示す実施例のように構成すると、より好適なものとな
る。
【0019】つまり、各々の縦部材(5)の上端に装設
する長尺物載置部(E)の載せ面(E1)を、周囲柵
(4)の上端縁と略面一か或いはそれよりも上方に位置
する平坦面に形成し、また、その平坦な載せ面(E1)
の両側端部に、載せ面(E1)上に載置する長尺物(1
5)との間に適当な隙間ができるようにして上向きに突
出する転落阻止部(E2)を連設したものに構成するこ
とができる。また、図1と図6にみられるように、ゴム
等の伸縮可撓部材で形成する長尺物抱持具(E3)と、
その端部を掛止する掛止具(E4)を設けて、長尺物の
脱落防止をより確実ならしめることもできる。
【0020】なお、図14〜図16に示した実施例は、
図11〜図13および図1〜図3の実施例に対比して、
走行台車(A)の車輪(1a)を駆動する構造が異なっ
ている。すなわち、ステージ(13)に立設する運転コ
ラム(14)の内部からシザースリンク機構のリンク内
部にかけて収容構成される伝動チエン(16)を、運転
コラム(14)に設ける駆動ハンドル(17)で稼働さ
せ、その動力を走行伝動部(18)から車輪軸に伝達し
て前記車輪(1a)を駆動するように構成されている。
【0021】そして、伝動チエン(16)は、タイトナ
ー(19)で緊張されるのであり、そのタイトナー(1
9)は、図15と図16にみられるように、複数個所
(実施例図では3個所になっている)が複数のチエンロ
ーラーに同時に当接する摺らし案内面(20)を備え、
枢軸(21)を中心にして揺動し得るものに構成され、
この構成によってチエンのおどりを抑止するようになっ
ている。
【図面の簡単な説明】
【図1】本考案の作業台構造が適用された高所作業車の
全体平面図である。
【図2】本考案構造が適用された高所作業車の全体側面
図である。
【図3】本考案の作業台構造が適用された高所作業車の
全体正面図である。
【図4】図2のイ部を拡大した部分図である。
【図5】図2のイ部の平面部分図である。
【図6】図2のロ部を拡大した部分図である。
【図7】高所作業車の昇降機構におけるレール部の一部
破断平面図である。
【図8】高所作業車の昇降機構におけるレール部の側面
図である。
【図9】昇降機構におけるレール部の変形例を示す一部
破断側面図である。
【図10】図9のハ−ハ断面図である。
【図11】本考案における高所作業車の全体平面図であ
る。
【図12】本考案における高所作業車の全体側面図であ
る。
【図13】本考案における高所作業車の全体正面図であ
る。
【図14】高所作業車の他の実施例を示す全体側面図で
ある。
【図15】図14のニ部を拡大した部分図である。
【図16】図15のホ−ホ断面図である。
【符号の説明】
A 走行台車 B 昇降機構 C 作業台 D アウトリガー E 長尺物載置部 1a 車輪 1b 車輪 3 キャスター輪 5 縦部材

Claims (1)

    (57)【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】 車輪(1a)(1b)を備えた走行台車
    (A)上に昇降機構(B)を介して作業台(C)を装備
    し、その作業台(C)の前後方向一側寄り部位に、同作
    業台(C)の周囲柵(4)を補強する左右一対の縦部材
    (5)(5)を立設して各々の上端部に左右一対の長尺
    物載置部(E)(E)を設けるとともに、長尺物載置部
    (E)(E)に近い走行台車(A)の一側端部に、キャ
    スター輪(3)(3)を備えたアウトリガー(D)を設
    けてあることを特徴とする高所作業車の作業台構造。
JP1992023539U 1992-03-19 1992-03-19 高所作業車の作業台構造 Expired - Lifetime JP2551484Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1992023539U JP2551484Y2 (ja) 1992-03-19 1992-03-19 高所作業車の作業台構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1992023539U JP2551484Y2 (ja) 1992-03-19 1992-03-19 高所作業車の作業台構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0575286U JPH0575286U (ja) 1993-10-15
JP2551484Y2 true JP2551484Y2 (ja) 1997-10-22

Family

ID=12113277

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1992023539U Expired - Lifetime JP2551484Y2 (ja) 1992-03-19 1992-03-19 高所作業車の作業台構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2551484Y2 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101007963B1 (ko) * 2010-07-09 2011-01-14 (주)에이원렌탈 자재 거치수단이 구비된 고소 작업대
KR102039183B1 (ko) * 2017-09-15 2019-11-01 손순임 농업용 고소작업대의 보조핸들 장치

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4236861A (en) * 1978-09-25 1980-12-02 Jlg Industries, Inc. Scissors lift with pipe handler
JPH0443648U (ja) * 1990-08-15 1992-04-14
JP3122090U (ja) * 2006-03-20 2006-06-01 光明 彭 防火扉・防火壁の防火断熱構造

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0575286U (ja) 1993-10-15

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6345677B1 (en) Industrial truck with a battery block
JP2551484Y2 (ja) 高所作業車の作業台構造
JP2576008Y2 (ja) 救出ロボットの救出台
JP2733738B2 (ja) 作業車両
JP2521762Y2 (ja) 歩行型電動運搬車
JP2581617Y2 (ja) 自走式荷役運搬機
JP2556475Y2 (ja) モノレールの軌道点検用作業車
JP3620808B2 (ja) 低床式電動台車
JP3528273B2 (ja) 輸送台車
JP2524437Y2 (ja) 高所作業用安全装置
JP3538533B2 (ja) 走行型昇降自在足場
JP3279510B2 (ja) エレベータ乗場出入口ユニットの運搬装置
JP3304600B2 (ja) エスカレーターの踏段運搬装置
JP2566618Y2 (ja) 移動式クレ−ンにおける乗降装置
JPH0718706Y2 (ja) パネル搬送用台車
JP4238332B2 (ja) 建設用リフト
SU1146274A1 (ru) Гусенична ходова тележка крана
JP2548143Y2 (ja) 加振装置を収容したピット
JP3001691U (ja) トラックに装備する荷重積揚げ、積降し装置
JPH0873187A (ja) 2軸旋回型移動式クレーン
JP3100189U (ja) 軌道用カート
JP3020900B2 (ja) 可搬式の道路標識
JPH06316221A (ja) 電動台車のモーター取付構造
JPH09188258A (ja) 車 両
JPH0512494U (ja) 分割式高所作業車