JP2017158947A - 錠剤印刷装置及び錠剤印刷方法並びに薬剤管理システム - Google Patents

錠剤印刷装置及び錠剤印刷方法並びに薬剤管理システム Download PDF

Info

Publication number
JP2017158947A
JP2017158947A JP2016048452A JP2016048452A JP2017158947A JP 2017158947 A JP2017158947 A JP 2017158947A JP 2016048452 A JP2016048452 A JP 2016048452A JP 2016048452 A JP2016048452 A JP 2016048452A JP 2017158947 A JP2017158947 A JP 2017158947A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
tablet
printing
unit
disk
transport
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2016048452A
Other languages
English (en)
Inventor
今井 聖
Kiyoshi Imai
聖 今井
蜂谷 栄一
Eiichi Hachitani
栄一 蜂谷
毛利 晃
Akira Mori
晃 毛利
村上 聡
Satoshi Murakami
聡 村上
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Freund Corp
Original Assignee
Freund Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Freund Corp filed Critical Freund Corp
Priority to JP2016048452A priority Critical patent/JP2017158947A/ja
Priority to PCT/JP2017/007471 priority patent/WO2017154637A1/ja
Priority to US16/082,161 priority patent/US20190083361A1/en
Priority to EP17762977.1A priority patent/EP3427714A4/en
Priority to TW106106852A priority patent/TW201736152A/zh
Publication of JP2017158947A publication Critical patent/JP2017158947A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61JCONTAINERS SPECIALLY ADAPTED FOR MEDICAL OR PHARMACEUTICAL PURPOSES; DEVICES OR METHODS SPECIALLY ADAPTED FOR BRINGING PHARMACEUTICAL PRODUCTS INTO PARTICULAR PHYSICAL OR ADMINISTERING FORMS; DEVICES FOR ADMINISTERING FOOD OR MEDICINES ORALLY; BABY COMFORTERS; DEVICES FOR RECEIVING SPITTLE
    • A61J3/00Devices or methods specially adapted for bringing pharmaceutical products into particular physical or administering forms
    • A61J3/007Marking tablets or the like
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61JCONTAINERS SPECIALLY ADAPTED FOR MEDICAL OR PHARMACEUTICAL PURPOSES; DEVICES OR METHODS SPECIALLY ADAPTED FOR BRINGING PHARMACEUTICAL PRODUCTS INTO PARTICULAR PHYSICAL OR ADMINISTERING FORMS; DEVICES FOR ADMINISTERING FOOD OR MEDICINES ORALLY; BABY COMFORTERS; DEVICES FOR RECEIVING SPITTLE
    • A61J3/00Devices or methods specially adapted for bringing pharmaceutical products into particular physical or administering forms
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B41PRINTING; LINING MACHINES; TYPEWRITERS; STAMPS
    • B41FPRINTING MACHINES OR PRESSES
    • B41F17/00Printing apparatus or machines of special types or for particular purposes, not otherwise provided for
    • B41F17/36Printing apparatus or machines of special types or for particular purposes, not otherwise provided for for printing on tablets, pills, or like small articles
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B41PRINTING; LINING MACHINES; TYPEWRITERS; STAMPS
    • B41JTYPEWRITERS; SELECTIVE PRINTING MECHANISMS, i.e. MECHANISMS PRINTING OTHERWISE THAN FROM A FORME; CORRECTION OF TYPOGRAPHICAL ERRORS
    • B41J11/00Devices or arrangements  of selective printing mechanisms, e.g. ink-jet printers or thermal printers, for supporting or handling copy material in sheet or web form
    • B41J11/0085Using suction for maintaining printing material flat
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B41PRINTING; LINING MACHINES; TYPEWRITERS; STAMPS
    • B41JTYPEWRITERS; SELECTIVE PRINTING MECHANISMS, i.e. MECHANISMS PRINTING OTHERWISE THAN FROM A FORME; CORRECTION OF TYPOGRAPHICAL ERRORS
    • B41J3/00Typewriters or selective printing or marking mechanisms characterised by the purpose for which they are constructed
    • B41J3/407Typewriters or selective printing or marking mechanisms characterised by the purpose for which they are constructed for marking on special material
    • B41J3/4073Printing on three-dimensional objects not being in sheet or web form, e.g. spherical or cubic objects
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65BMACHINES, APPARATUS OR DEVICES FOR, OR METHODS OF, PACKAGING ARTICLES OR MATERIALS; UNPACKING
    • B65B5/00Packaging individual articles in containers or receptacles, e.g. bags, sacks, boxes, cartons, cans, jars
    • B65B5/10Filling containers or receptacles progressively or in stages by introducing successive articles, or layers of articles
    • B65B5/101Filling containers or receptacles progressively or in stages by introducing successive articles, or layers of articles by gravity
    • B65B5/103Filling containers or receptacles progressively or in stages by introducing successive articles, or layers of articles by gravity for packaging pills or tablets
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61JCONTAINERS SPECIALLY ADAPTED FOR MEDICAL OR PHARMACEUTICAL PURPOSES; DEVICES OR METHODS SPECIALLY ADAPTED FOR BRINGING PHARMACEUTICAL PRODUCTS INTO PARTICULAR PHYSICAL OR ADMINISTERING FORMS; DEVICES FOR ADMINISTERING FOOD OR MEDICINES ORALLY; BABY COMFORTERS; DEVICES FOR RECEIVING SPITTLE
    • A61J2200/00General characteristics or adaptations
    • A61J2200/40Heating or cooling means; Combinations thereof
    • A61J2200/42Heating means
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61JCONTAINERS SPECIALLY ADAPTED FOR MEDICAL OR PHARMACEUTICAL PURPOSES; DEVICES OR METHODS SPECIALLY ADAPTED FOR BRINGING PHARMACEUTICAL PRODUCTS INTO PARTICULAR PHYSICAL OR ADMINISTERING FORMS; DEVICES FOR ADMINISTERING FOOD OR MEDICINES ORALLY; BABY COMFORTERS; DEVICES FOR RECEIVING SPITTLE
    • A61J2200/00General characteristics or adaptations
    • A61J2200/40Heating or cooling means; Combinations thereof
    • A61J2200/44Cooling means
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B41PRINTING; LINING MACHINES; TYPEWRITERS; STAMPS
    • B41JTYPEWRITERS; SELECTIVE PRINTING MECHANISMS, i.e. MECHANISMS PRINTING OTHERWISE THAN FROM A FORME; CORRECTION OF TYPOGRAPHICAL ERRORS
    • B41J2203/00Embodiments of or processes related to the control of the printing process
    • B41J2203/01Inspecting a printed medium or a medium to be printed using a sensing device

Abstract

【課題】錠剤刻印表示の視認性向上により、薬剤の鑑査精度を高め調剤過誤を削減すると共に、薬局等における管理担当者の業務負担軽減を図る。【解決手段】錠剤印刷装置は、凹溝部6aを備えた刻印表示6を有する錠剤3に対し印刷処理を行う。錠剤印刷装置は、錠剤3の側面を吸着支持しつつ錠剤3を搬送する搬送ディスクと、搬送ディスクによって搬送される錠剤3の表裏面5a,5bに対し印刷処理が可能なインクジェットヘッドを有する。インクジェットヘッドは、印刷面検査装置によって得た刻印配置データに基づいて、刻印表示6の凹溝部6aに対し印刷処理を行う。印刷処理は刻印表示6に沿って実施され、この印刷処理により刻印表示6が明確化され、その視認性が大幅に向上する。【選択図】図2

Description

本発明は、表面に品番や製品名、商標、容量等を刻印にて表示した錠剤に対する印刷処理技術に関し、特に、インクジェット方式により、刻印表示内に刻印と同じ形に印刷処理を施すことが可能な錠剤印刷装置・印刷方法に関する。
錠剤やカプセルの薬剤表面には、製品識別や誤飲防止のため、その品番や、品名、商標、容量等(以下、品番等と略記する)が表示されている。このような錠剤表面の表示は、打錠時における刻印成形や、転写方式やインクジェット方式等の印刷処理によって行われている。この場合、刻印表示は、薬効成分を含む粉末原料を圧縮成形した素錠に多く、印刷表示は、糖衣錠のようなコーティング錠に適用されることが多い。このうち、インクジェット方式による印刷処理は、非接触状態で錠剤表面に印刷が可能であり、衛生面でも優れていることから、近年、種々の装置が提案されている(例えば、特許文献1)。また、特許文献2のように、錠剤の基材に形成された凹部内に、インクジェット法によって商品名等を示す指標部を設けることも行われている。
一方、近年、病院や調剤薬局等では、個人用に多種の薬を1包化するケースが増えている。その場合、薬局や看護・介護現場など(以下、薬局等と略記する)では、パッケージ内に所定の薬が所定数含まれているかどうか、パッケージが正しく対象者に渡されているか、などを確認する必要がある。また、特許切れ成分を使用した後発医薬品(いわゆるジェネリック医薬品)では、同じ有効成分を含みながら錠剤形状が異なることも多く、服用者が異なると、同処方でありながら形状の異なる錠剤が含まれる場合も存在する。このため、薬局等では、錠剤の表示を確認して薬剤を管理し、当該薬剤の服用者に対し、間違い(誤調剤)が生じないように投薬を行っている。
特許第5281009号公報 特開2013−159582号公報
ところが、刻印にて品番等を表示すると、単一色(例えば、白色)の錠剤表面に溝状の刻印が形成される形となるため、刻印表示が目立たず、どうしても薬剤名や容量を読み取りにくくなる。錠剤において、表示の視認性の良否は、薬局側、患者等の利用者側共に、誤調剤や誤飲につながる大きな問題であり、高齢者が増大する今の時代、視認性の改善は急務である。特に、錠剤がグラシン紙等の半透明な包装材にて1包化されると、薬包外から錠剤表面の刻印表示がさらに分かりにくくなり、目視は勿論のこと、画像認識による鑑査装置を用いても、刻印にうまく照明を当てることが難しく、品番等を100%過誤なく確認することが難しくなる。このため、調剤の1包化により、薬局等における管理担当者の業務負担が増加するという問題があった。また、同有効成分の異形錠剤が存在するジェネリック医薬品のように、昨今では薬剤形状も多様化しており、管理担当者の負担増を伴うことなく、薬剤鑑査の精度を向上させることは容易ではなかった。
本発明の目的は、錠剤刻印表示の視認性向上により、薬剤の鑑査精度を高め調剤過誤を削減すると共に、薬局等における管理担当者の業務負担軽減を図ることにある。
本発明の錠剤印刷装置は、錠剤を吸着支持しつつ搬送する搬送手段と、前記搬送手段に近接して配置され、前記搬送手段によって搬送される前記錠剤に対し印刷処理が可能な印刷手段と、を有する錠剤印刷装置であって、前記錠剤は、凹溝部を備えた刻印表示を有し、前記印刷手段は、前記刻印表示の前記凹溝部に対し、該刻印表示に沿って印刷処理を行うことを特徴とする。
本発明にあっては、刻印表示への印刷処理により、刻印表示の視認性が大幅に向上する。その際、刻印表示を有する従前からの錠剤にも印刷処理を行うことができるため、従来から使用している打錠用の型を変更することなく、錠剤の視認性を改善できる。このため、管理作業性や鑑査精度が向上すると共に、調剤過誤や誤飲の防止が図られる。
前記錠剤印刷装置において、前記搬送手段として円盤状に形成された搬送ディスクを使用し、該搬送ディスクの端面に、周方向に沿って、前記錠剤を吸着する吸着部を設けて良い。この場合、前記搬送手段により、前記錠剤の側面を吸着支持しつつ該錠剤を搬送するようにしても良い。
また、当該錠剤印刷装置に、前記印刷手段の前段に配置され、前記錠剤の被印刷面の検査を行う印刷面検査装置をさらに設け、該印刷面検査装置に、前記被印刷面に対し光を照射する照明装置と、前記被印刷面内に配された前記刻印表示を撮影するカメラと、を配し、前記照明装置に、前記刻印表示に対し、略水平方向から光が照射されるように、前記カメラと前記錠剤とを結ぶ線に直交する方向に向けて配された照明素子を設けても良い。これにより、錠剤面に凹設された刻印表示に陰影が生じ、刻印表示が鮮明に浮かび上がった画像をカメラによって得ることができる。従って、従来の検査装置に比して、刻印の検出が容易となり、誤判定が生じにくく、印刷処理の高速化にも対応可能となる。
この場合、前記照明装置を前記錠剤に近接配置し、該照明装置と前記錠剤との間の距離(Lp)を、前記カメラと前記錠剤との間の距離(La)に対し、1/3以下、1/10以上(La/3≧Lp≧La/10)に設定しても良い。
一方、本発明による錠剤印刷方法は、錠剤を吸着支持しつつ搬送し、搬送される前記錠剤に対し印刷手段によって印刷処理を行う錠剤印刷方法であって、前記錠剤は、凹溝部を備えた刻印表示を有し、前記印刷手段は、前記刻印表示の前記凹溝部に対し、該刻印表示に沿って印刷処理を行うことを特徴とする。この場合、前記搬送手段により、前記錠剤の側面を吸着支持しつつ該錠剤を搬送するようにしても良い。
本発明にあっては、刻印表示への印刷処理により、刻印表示の視認性が大幅に向上する。その際、刻印表示を有する従前からの錠剤にも印刷処理を行うことができるため、従来から使用している打錠用の型を変更することなく、錠剤の視認性を改善できる。このため、管理作業性や鑑査精度が向上すると共に、調剤過誤や誤飲の防止が図られる。
また、本発明による薬剤管理システムは、調剤データに基づいて所定の錠剤を選択し供給する薬剤選択供給部と、前記薬剤選択供給部から供給された前記錠剤に対し、所定の印刷処理を行う錠剤印刷部と、印刷処理を施された前記錠剤を前記調剤データに基づいて包装する錠剤包装部と、包装された前記錠剤について、前記調剤データとの照合を行い、所定の前記錠剤が正しく包装されているか否かを判定する包装鑑査部と、を有することを特徴とする。
本発明にあっては、印刷処理済みの錠剤を錠剤包装部にて包装し、この包装された錠剤について、包装鑑査部にて調剤データとの照合を行い、所定の錠剤が正しく包装されているか否かを判定する。包装鑑査部では、印刷処理を施され視認性が向上した錠剤を鑑査するので、鑑査精度が大幅に向上し、正誤判定率が飛躍的にアップする。
前記薬剤管理システムにおいて、前記錠剤には、凹溝部を備えた刻印表示が設けられており、前記錠剤印刷部は、錠剤を吸着支持しつつ搬送する搬送手段と、前記搬送手段に近接して配置され、前記搬送手段によって搬送される前記錠剤に対し印刷処理が可能な印刷手段と、を有し、該印刷手段により、前記刻印表示の前記凹溝部に対し、該刻印表示に沿って印刷処理を行うようにしても良い。このように、刻印表示に印刷処理を行うことにより、刻印表示の視認性が大幅に向上し、従来から使用している打錠用の型を変更することなく、錠剤の視認性が改善され、管理作業性や鑑査精度が向上すると共に、調剤過誤や誤飲の防止が図られる。
本発明の錠剤印刷装置・印刷方法によれば、錠剤の刻印表示に対し印刷処理を行うので、刻印表示自体の視認性を大幅に向上させることが可能となる。その結果、錠剤の管理作業性や鑑査精度を向上させ、調剤過誤や誤飲の防止を図ることが可能となる
本発明の薬剤管理システムによれば、錠剤印刷部にて印刷処理を行った錠剤を錠剤包装部にて包装し、この包装された錠剤について、包装鑑査部にて調剤データとの照合を行い、所定の錠剤が正しく包装されているか否かを判定するので、包装鑑査部では、印刷処理を施され視認性が向上した錠剤を鑑査することが可能となる。その結果、錠剤の鑑査精度を向上させ、正誤判定率をアップさせることが可能となる。
本発明の一実施の形態である錠剤印刷装置の全体構成を示す説明図である。 図1の錠剤印刷装置によって印刷処理が為される錠剤の例を示す説明図であり、(a)は印刷処理前、(b)は印刷処理後の状態をそれぞれ示している。 印刷面検査装置の構成を示す説明図である。 印刷面検査装置によって得られる錠剤画像の説明図であり、(a)は従来の装置によって得られる画像、(b)は当該錠剤印刷装置の印刷面検査装置によって得られる画像をそれぞれ示している。 調剤形態の一例を示す説明図である。 本発明による錠剤印刷装置によって印刷処理を行った錠剤を一包化したパッケージを用いた薬剤管理システムの構成を示すブロック図である。
以下、本発明の実施の形態について説明する。図1は、本発明の一実施の形態である錠剤印刷装置1の全体構成を示す説明図、図2は、錠剤印刷装置1によって印刷処理が施される錠剤の例を示す説明図である。図1の錠剤印刷装置1では、ホッパ2から供給された錠剤3を、円盤状に形成された3つの搬送ディスクA,B,Cによって1個ずつ吸着搬送し、インクジェットヘッド4により、錠剤3の表面5aと裏面5bにそれぞれ印刷処理を行う。錠剤3には、その表・裏面5a,5bに、品番等を示す文字、図形、記号、若しくはこれらの結合が刻印6によって表示されており、インクジェットヘッド4は、刻印6の凹溝部6a内に刻印表示に沿ってインク9を塗布する。
図2に示すように、錠剤3の表・裏面5a,5bには、品番等として、錠剤識別コード(記号)「FR」と容量「25」(25mg)が刻印6によって表示されている。刻印6は、錠剤3の打錠時に、図示しない成形型(臼・杵)によって形成され、表・裏面5a,5bに凹溝状に設けられる。錠剤印刷装置1では、この刻印6の凹溝部6a内に、インクジェットヘッド4によって印刷処理が施される。すなわち、インクジェットヘッド4を用いて、刻印6をなぞるようにインク9を塗布する。図2(a)に示すように、印刷処理前には、刻印6が錠剤表面の他の部位と区別がつきにくいのに対し、印刷処理後は、刻印6が周囲とは異なる色にて表示され、錠剤表面の記号や数字がはっきりと浮き上がって見えるようになる。
錠剤印刷装置1では、錠剤受け渡し部8aにて搬送ディスクA(錠剤供給ディスク)から搬送ディスクB(第1搬送ディスク)へ、錠剤受け渡し部8bにて搬送ディスクBから搬送ディスクC(第2搬送ディスク)へと錠剤3が移送される。搬送ディスクA,Cでは、各ディスクの端面(錠剤保持部)Xa,Xcに錠剤3の側面7が吸着支持され、搬送ディスクBでは、ディスクの端面(錠剤保持部)Xbに錠剤3の表・裏面5a,5bが吸着支持される。錠剤3は、側面7を上下方向に向けた立設状態(立設姿勢)でインクジェットヘッド4に搬送される。そして、インクジェットヘッド4にて錠剤3の表面5aと裏面5bが同時に印刷され、良品のみが良品排出部38から装置外へ排出される。
図1に示すように、錠剤印刷装置1には、錠剤供給手段10として、錠剤3を貯留、供給するホッパ2と、ホッパ2から供給される錠剤3を搬送ディスクAに供給する回転フィーダ(錠剤フィーダ)11と、回転フィーダ11から錠剤受け渡し部8aに錠剤3を吸着搬送する搬送ディスクAが設けられている。回転フィーダ11は、いわゆる無振動タイプの回転式パーツフィーダであり、円筒状の筐体12内に回転円盤13と環状回転板14を同軸状に設けた構成となっている。環状回転板14は、筐体12のすぐ内側に配されており、その内側には、回転円盤13が傾斜した状態で配置されている。回転円盤13は、外周の一部が環状回転板14と同じ高さとなっており、回転円盤13と環状回転板14の連絡部15となっている。連絡部15には、回転円盤13上の錠剤を環状回転板14側に案内するガイド板16が設けられている。
筐体12は、その一部が切り欠かれており、そこに搬送ディスクAの周回部が臨む形で配置され錠剤取得部17を形成している。搬送ディスクAの端面Xaは、その幅Wが錠剤3の最大径Dtよりも狭くなっており、周方向に沿って円形の吸着孔(吸着部)18が複数個等間隔に設けられている。吸着孔18は、真空ポンプ等の吸引装置(図示せず)と接続されている。また、端面Xaの各吸着孔18近傍には、錠剤3が導入される凹部19が形成されている。搬送ディスクAは、ディスク面Yaが略水平となった状態で配置されており、垂直方向に延びる回転軸21を中心に、図示しない駆動源によって矢示方向に回転する。図1に示すように、搬送ディスクAの後段に配された搬送ディスクB,Cは、それぞれのディスク面Yb,Ycが垂直方向に立った状態となっているのに対し、搬送ディスクAは、ターンテーブル状にディスク面Yaが水平方向に寝た状態となっている。錠剤3は、錠剤取得部17にて、その側面7が搬送ディスクAの吸着孔18に吸着され、水平姿勢(表面5a,裏面5bを垂直方向上下に向けた状態)で搬送ディスクB側へと搬送される。
回転フィーダ11では、ホッパ2から供給された錠剤3は、錠剤投入部22から、回転する回転円盤13上に供給される。回転円盤13上の錠剤3は、回転円盤13の回転に伴って周方向に移動し、ガイド板16により、回転円盤13と同速度で回転する環状回転板14側に移動する。環状回転板14上の錠剤3は、環状回転板14の回転に伴って周方向に移動し、錠剤取得部17に送られる。錠剤取得部17に送られた錠剤3は、回転する搬送ディスクAの端面Xaと対向し、吸着孔18に姿勢とタイミングが合致した錠剤3は、凹部19に嵌まりつつ吸着孔18に吸着される。すなわち、正しい姿勢で吸着された錠剤3は、搬送ディスクAによって、搬送ディスクBとの接点である錠剤供給部23に運ばれる。一方、姿勢とタイミングが合わず、吸着孔18に吸着されなかった錠剤3は、回転する回転円盤13上にそのまま戻る。これに対し、吸着姿勢が整わないものは、回転フィーダ11内に戻され、再び錠剤取得部17に向かって自動的に搬送される(自動リターン・自動リトライ)。
このように、錠剤印刷装置1では、搬送ディスクAを用いて、回転フィーダ11から錠剤供給部23に錠剤3を吸着搬送する。これにより、ガイドレスにて錠剤3をピックアップし、搬送ディスクBに供給することが可能となる。近年、ジェネリック医薬品など、薬効成分が同じでありながら、錠剤のサイズや形状が異なる薬品が多く出回っている。また、同じ薬でも処方量の異なる大小の錠剤が種々存在する場合も少なくない。ところが、錠剤のフィーダと錠剤供給部23との間に、錠剤サイズに合わせたガイド部材を配し、ガイド部材によって錠剤3を整列させて錠剤供給部23に導くようにすると、錠剤サイズが変わるとガイド部材を交換する必要が生じる。このため、ジェネリック医薬品のような同成分の錠剤であっても、サイズが変われば部品交換が必要となり、そのたびに装置を停止させて交換・清掃作業を行わなければならず、手間がかかる上に処理時間も増大する。
これに対し、当該錠剤印刷装置1は、ガイド部材を用いることなく、搬送ディスクAによって錠剤3を錠剤供給部23に供給する。このため、ディスクに吸着可能でありさえすれば、錠剤の大小に関わらず、錠剤を正しい姿勢で後段に供給することができ、種々のサイズの錠剤に柔軟に対応可能である。従って、同成分の錠剤を大小ミックスさせた状態で搬送供給でき、処理効率を大きく改善させることが可能となる。また、錠剤印刷装置1は、後段の搬送ディスクB,Cも吸着搬送を行いつつ印刷処理を行うため、錠剤サイズに関わらす所望の印刷が可能であり、搬送ディスクAの使用により、当該装置の特性を最大限に発揮した効率の良い印刷処理が可能となる。さらに、錠剤印刷装置1には搬送ガイドが存在しないため、その交換や清掃の手間もかからず、装置メンテナンスの工数も削減される。加えて、また、吸着孔18のピッチは予め決まっているため、錠剤供給部23に対し、処理能力以上の錠剤を供給してしまうこともなく、錠剤滞留による問題も生じない。
搬送ディスクAの回転に伴い、水平姿勢のまま錠剤供給部23に搬送された錠剤3は、錠剤受け渡し部8aにて搬送ディスクAから搬送ディスクBに移送される。錠剤供給部23では、搬送ディスクAの端面Xaは、搬送ディスクBの端面Xbと直交状態に隣接、対向しており、搬送ディスクAと搬送ディスクBとの間に錠剤受け渡し部8aが形成される。搬送ディスクA,B,Cは、錠剤3の受け渡しを考慮し、錠剤3の搬送速度が同じになるよう同期駆動されている。搬送ディスクBは、回転軸24を中心に、図示しない駆動源(例えば、電動モータ)によって矢示方向に回転する。搬送ディスクBの端面Xbは、突起のない平坦面となっており、周方向に沿って、円形の吸着孔(吸着部)25が複数個等間隔に設けられている。吸着孔25は、吸着孔18と同様、真空ポンプ等の吸引装置(図示せず)と接続されている。錠剤供給部23に送給された錠剤3は、吸着孔25によって搬送ディスクBの端面Xbに吸着される。このとき、錠剤3は、表・裏面5a,5bのどちらか一方が吸着された状態で端面Xbに保持される。
搬送ディスクBの近傍には、側面検査装置26が配置されている。側面検査装置26では、搬送ディスクBに吸引支持された錠剤3の側面7の状態(割れ、欠けの有無など)が検査される(側面検査)。錠剤印刷装置1では、錠剤外観や印刷状態の検査装置としてカメラが用いられており、検査装置にて撮影された映像は図示しない制御装置に送られ、良・不良の判別が行われる。側面検査装置26に使用されるカメラの撮影範囲には、ライトと、錠剤側面と対向するよう配置された1対のプリズムが設けられており、カメラは、ライトによって照らされた錠剤側面の様子を180°ずつ2個のプリズムを介して撮影する。側面検査装置26では、錠剤3の外観のみならず、錠剤3の厚さも測定可能であり、寸法不良の判別も行うことができる。ここで異常が検出された錠剤3は不良品として認識され、印刷処理は行わず、搬送ディスクCの後段に設けられた不良品排出部35から排出される。
搬送ディスクBの端面Xbに吸着された錠剤3は、搬送ディスクBの回転に伴い、水平姿勢から垂直姿勢(側面7を垂直方向上下に向けた状態)となり、側面検査装置26にて検査処理が行われた後、錠剤受け渡し部8bに至る。錠剤受け渡し部8bには、円盤状の搬送ディスクCが配されている。搬送ディスクCは、回転軸27を中心に、図示しない駆動源によって矢示方向に回転する。搬送ディスクB,Cは互いの回転軸24,27が直交する形で配設されており、両者は錠剤の搬送速度が同じになるよう同期駆動される。搬送ディスクCの端面Xcも、搬送ディスクBと同様に突起のない平坦面となっており、その幅Wも錠剤3の最大径Dtよりも狭くなっている。また、搬送ディスクCの端面Xcにも、周方向に沿って、円形の吸着孔(吸着部)28が複数個等間隔で設けられている。搬送ディスクB,Cの端面Xb,Xcは、錠剤受け渡し部8bにて直交状態に隣接、対向している。
錠剤3は、錠剤供給部23の錠剤受け渡し部8aにて搬送ディスクBの端面Xbに吸着され、搬送ディスクBの回転に伴い、錠剤受け渡し部8bまで搬送される。錠剤受け渡し部8bに搬送されてきた錠剤3は、錠剤受け渡し部8bにて搬送ディスクCの端面Xcに吸着され、搬送ディスクC側に移送される。この場合、搬送ディスクB側では、錠剤受け渡し部8bにて両ディスクB,Cが最接近する位置まで吸着孔25に吸着力が付与される。錠剤3は、ディスク最接近位置にて吸着力を失った吸着孔25から、対向する搬送ディスクCの吸着孔28に吸着され、搬送ディスクC側に載せ替えられる。
錠剤3は、その表・裏面5a,5bが搬送ディスクBに吸着されているため、錠剤受け渡し部8bでは、搬送ディスクCの端面Xcに対してその側面7が対向する。従って、搬送ディスクC側では、錠剤3の側面7が吸着される形となり、錠剤3は立った状態で端面Xcに保持される。なお、錠剤受け渡し部8a,8bにおける搬送ディスクA,B,C間のクリアランスは、錠剤3のサイズにより適宜変更可能であり、錠剤サイズを制御パネルから入力することにより自動的に調整される。
錠剤受け渡し部8bの後段には、搬送ディスクCに近接して印刷面検査装置29が配置されている。印刷面検査装置29では、搬送ディスクCに吸引支持された錠剤3の被印刷面である表・裏面5a,5bの状態が検査される(印刷面検査)。その際、刻印6を有する錠剤3では、印刷面検査装置29により、刻印6の位置や配置の検出も行われる。なお、印刷面検査装置29により、割線位置の検出を行うことが可能である。側面検査装置26の場合と同様に、ここで外観不良が検出された錠剤3は不良品として認識され、印刷処理は行わず、不良品排出部35から排出される。
図3は、印刷面検査装置29の構成を示す説明図である。印刷面検査装置29は、錠剤3の表・裏面5a,5bに対し光を照射する照明装置51と、表・裏面5a,5bを撮影するカメラ52とから構成されている。照明装置51には高輝度のLED(照明素子)53を用いたリング照明が使用されており、LED53は、図3に示すように、カメラ52と錠剤3を結ぶ線(中心線O)に直交する方向(図3のP方向:ここでは、錠剤表・裏面5a,5bと平行方向)に沿って、円周中心に向かって実装されている。
また、錠剤印刷装置1では、従来の印刷面検査装置に比して、照明装置51が錠剤3に近接して配置されている。図3に破線にて示したように、従来の検査装置では、照明装置51’が、カメラ52と錠剤3の中間位置か、それよりもカメラ寄りに配置されている。一方、当該印刷面検査装置29では、照明装置51と錠剤3との間の距離Lpが、カメラ52と錠剤3の距離Laに対し、1/3以下、1/10以上程度の距離に配置されている(La/3≧Lp≧La/10)。
従来の検査装置では、錠剤面を明るく照らすべく、均一な光線が正面から錠剤に照射されるよう、錠剤面に向かってLED等が配置されると共に、図3の破線位置に照明装置51’が配されている。しかしながら、その位置で錠剤3の照明を行うと、光線は均一化されるものの、ライティングが平板化し、得られた画像は、図4(a)に示すように、割線や刻印が不鮮明となってしまう。このため、割線や刻印を判別できず、誤判定が生じ易くなるという問題があった。
これに対し、当該印刷面検査装置29では、錠剤3が搬送ディスクCに吸引搬送されることもあり、照明装置51を錠剤3に非常に近く配置でき、LED53から発せられた水平光に近い状態で錠剤3の表・裏面5a,5bが照射される。つまり、照明装置51から発せられる角度の浅い傾斜光(表・裏面5a,5bの頂点の接線Tに対しθ=10°〜30°程度)が表・裏面5a,5bに照射される。このため、錠剤面に凹設された割線や刻印に陰影が生じ、それらが鮮明に浮かび上がった画像がカメラ52によって得られる(図4(b))。従って、従来の検査装置に比して、割線や刻印の検出が容易となり、誤判定が生じにくく、印刷処理の高速化にも対応可能となる。
印刷面検査装置29の後段にはインクジェットヘッド4が配されているが、錠剤印刷装置1では、インクジェットヘッド4の前に粉取り装置31が設けられている。粉取り装置31は、錠剤3に対しノズル32から圧縮空気を吹き付け、錠剤表面に付着した粉末を印刷直前に除去する。錠剤表面から吹き飛ばされた粉は、吸引管33から回収される。打錠機にて成型された錠剤の表面や刻印6内に薬剤等の粉末が付着しており、それを取り除かずに刻印6内に印刷処理を行うと、粉と共に刻印6内の印刷表示が消えてしまう可能性がある。これに対し、当該錠剤印刷装置1では、インクジェットヘッド4の直前に粉取り装置31を配することにより、刻印6内の粉が除去され、しかも、新たな粉が発生する前に印刷処理を行うことができる。従って、刻印6内に付着した粉により、刻印6内に施した印刷が消えてしまうことがなく、鮮明で高品質な印刷処理が可能となる。
粉取り装置31による表面清浄化の後、インクジェットヘッド4により、錠剤3の表・裏面5a,5bに印刷処理が施され、刻印6の凹溝部6a内にインク9が塗布される。錠剤印刷装置1では、前段の印刷面検査装置29にて刻印6の位置が正確に把握されており、インクジェットヘッド4は、その検出結果(刻印配置データ)に基づいての凹溝部6a内を印刷する。その際、錠剤3は、搬送ディスクCに吸引された状態で搬送されているため、ベルト搬送の場合とは異なり、印刷面検査装置29とインクジェットヘッド4との間で錠剤3に位置ズレが生じることがない。つまり、錠剤3は、正確に位置決めされた状態でインクジェットヘッド4まで搬送される。このため、インクジェットヘッド4では、確実に刻印6内に印刷処理が行われ、ズレのない鮮明な印字が実行される。
また、インクジェットヘッド4による印刷処理の際、錠剤3は、側面7が吸着された形で支持されており、表・裏面5a,5bが全面的に露出した状態にある。このため、錠剤印刷装置1では、錠剤3の表・裏面5a,5b全面に余すことなく印刷処理が可能であり、錠剤周囲に印刷不能な領域も生じない。さらに、各インクジェットヘッド4は、表面用4aと裏面用4bが同位置に対向配置されており、錠剤3の表・裏面5a,5bに対し、各ヘッドにて同時に印刷処理を行うことが可能である。この場合、表面用インクジェットヘッド4aと裏面用インクジェットヘッド4bはそれぞれ同位置に対向配置されているが、両者をずらして配置しても良い。また、多色印刷や多層印刷、側面印刷への対応のため、ヘッドをさらに配置することも可能である。
このように、錠剤3は、インクジェットヘッド4により、刻印6に沿ってインク9が塗布され、図2(b)のような状態に印刷処理される。なお、図2には表面5aのみを記載したが、裏面5bにも同様の印刷処理が行われる。ここでは、錠剤3の表・裏面5a,5bには、記号「FR」と容量「25」が刻印6によって表示されており、印刷処理により、刻印6の表示が明確化される(図2(b))。この印刷処理は、刻印表示を有する従前からの錠剤にも行うことができ、これにより、従来から使用している打錠用の型(臼・杵)を変更することなく、刻印表示の視認性を大幅に向上させることが可能となる。また、管理担当者や錠剤利用者も、錠剤3の種類や容量を目視にて容易に確認でき、管理作業性の向上や、調剤過誤や誤飲の防止を図ることが可能となる。
さらに、錠剤3では、刻印6内にインク9が塗布されているため、容易に印刷表示が消えてしまうことがない。例えば、口腔内崩壊錠(OD錠)やコーティングされていない素錠では、表面に印刷処理を行っても、錠剤同士が擦れ合うと、印刷表示がインクごと摩損してしまったり、他の錠剤に転写してしまったりするおそれがある。これに対し、当該錠剤3は、インク9が凹溝部6a内に存在するので、錠剤同士が擦れ合っても、インク9が脱落することがなく、印刷表示の摩損や転写を防止することができ、視認性を長期間確保することが可能となる。
インクジェットヘッド4の後段には、印字検査装置34が配されている。印字検査装置34は、インクジェットヘッド4による印刷結果を確認するために設けられており、印刷不良が検出された場合は、次段の不良品排出部35から不良品として排出される。不良品排出部35には、圧縮空気を噴射するジェットノズル36が配されており、外観不良や印刷不良と判断された錠剤3は、ジェットノズル36からの噴射エアによって搬送ディスクCから吹き飛ばされ、排除される。
不良品排出部35の後段には、乾燥・冷却装置37が設けられている。錠剤3は、印刷部分が未乾燥のまま良品排出部38に送られると、搬出路39にインク9が付着したり、印刷がかすれたりするおそれがある。そこで、錠剤印刷装置1では、良品排出部38の前に乾燥・冷却装置37を配し、印刷部分の乾燥とインク9の固化を図っている。乾燥・冷却装置37には、加温ノズル41と冷却ノズル42が設けられており、加温ノズル41からの温風によってインク9の溶媒を気化させた後、冷却ノズル42からの冷風によりインク9を融点以下に冷却し固化させる。そして、印刷を錠剤表面に定着させた後、良品の錠剤3のみを良品排出部38から排出する。これにより、搬出路39に付着したインク9により良品の錠剤が汚れてしまうことがなく、また、搬出路39上を流れ落ちる際に印刷面が擦れてかすれてしまうことも防止でき、製品品質や歩留まりの向上が図られる。
このように、錠剤印刷装置1にあっては、錠剤3の側面7を吸着支持しつつ印刷処理を行うので、錠剤3の表・裏面5a,5bの全体が錠剤支持用のガイド等によって覆われることがない。このため、錠剤3は、被印刷面が露出した状態にて、検査や印刷処理が可能であり、錠剤表裏面の周囲に検査や印刷が不能となる領域が生じない。また、錠剤3の表裏を反転させることなく、表裏両面を印刷することができるので、錠剤反転に伴うインク転写や印刷のかすれ等のリスクを排除することが可能となる。
従って、当該錠剤印刷装置1によれば、表・裏全面に所望の印刷を効率良く行うことができ、印刷時間の短縮や装置の小型化も図られる。また、当該錠剤印刷装置1においては、マガジンなどの搬送治具を使用せず、搬送ディスクCに吸引支持した状態で、錠剤3をインクジェットヘッド4の位置に搬送する。このため、インクジェットヘッド4では、ヘッドノズルの直近を錠剤3が通過する形となり、ヘッドと錠剤との間の距離を極限まで短くすることが可能となる。従って、表裏面共に印刷精度の向上を図ることができ、より高品質な錠剤印刷が可能となる。
さらに、錠剤印刷装置1のインクジェットヘッド4は、表・裏面5a,5bの形状に応じてインクの吐出量が調整されており、被印刷面が曲面の場合でも、刻印6からはみ出すことのないように印刷が行える。例えば、表・裏面が球面状になっている錠剤の場合、中央と周辺部とではヘッドノズルと錠剤表面との間の距離に差があり、同条件で印刷を行うと、周辺域では印刷に歪みが生じ、刻印6からインク9がはみ出してしまうおそれがある。そこで、錠剤印刷装置1では、錠剤の形状情報に基づき、ヘッドノズルの吐出量を調整し、刻印6からのインク9のはみ出しを防止している。この場合、錠剤の形状情報は、装置の制御パネルからも入力できるが、側面検査装置26にて測定した錠剤3の厚さや外径のデータ等を使用することも可能である。
一方、前述のように、近年では、錠剤の誤飲や紛失を防止するため調剤の一包化が進んでいる。図5は、調剤形態の一例を示す説明図である。ここでは、例えば、Aさんへの処方が薬剤P×2,Q×2,Rであり、それが図5に示すように1包化されて投薬されるとする(パッケージ54)。この場合、全5錠のパッケージ54を1日3回×14日分(43包)目視で鑑査するのはかなり大変な作業であり、チェックミスも生じ易い。特に、刻印のみの錠剤では、刻印自体が見にくいため、チェック作業も容易ではなく、検査漏れも起こり易い。そこで、近年では、調剤過誤防止のため、投薬の際に、目視によるチェックと共に、検査装置による鑑査が行われることも多い。
その際、錠剤印刷装置1にて印刷処理を行った錠剤3は、刻印6が鮮明に見えるため、目視によるチェック作業が大幅に容易になり、検査装置による鑑査の正判定率も向上する。特に、半透明の包装材を用いた場合の視認性は大きく改善され、チェック作業や鑑査の精度が大幅に向上する。そこで、次に、本発明による錠剤印刷装置1を組み込むことにより、正判定率の向上を図った薬剤管理システムについて説明する。図6は、本発明による錠剤印刷装置を用いた薬剤管理システムの構成を示すブロック図である。
図6に示すように、当該薬剤管理システムは、薬剤選択供給部62と、錠剤印刷部63、錠剤包装部64、包装鑑査部65を備えている。薬剤選択供給部62は、データ入力部61を介して入力された処方箋(調剤データ)に基づいて所定の薬剤を選択し、PTP包装(Press Through Package)から該当錠剤を取り出してそれを後段の錠剤印刷部63に供給する。錠剤印刷部63は、本発明による錠剤印刷装置1を有しており、供給されてきた錠剤3の刻印6に前述のような印刷処理を施す。錠剤包装部64は、印刷処理を行った錠剤3を、処方箋に沿って一包化しパッケージ54を形成する。
包装鑑査部65は、パッケージ54の中身を検査し、それを調剤データと照合する。この際、錠剤3の刻印6には印刷処理が施されているため、鑑査精度が良く、正判定率も高い。包装鑑査部65では、実際の検査データと調合データが一致した場合は「適(OK)」と判定し、両者のデータが相違した場合は、「不適(NG)」と判定する。包装鑑査部65における判定結果は、結果表示部66にて管理担当者に画像や音声にて通知される。
このように、本発明の錠剤印刷装置1を用いることにより、錠剤上に形成された刻印表示の視認性が大幅に向上する。このため、刻印のみの錠剤に比して、鑑査精度が大幅に向上し、正誤判定率を飛躍的にアップさせることが可能となる。従って、調剤過誤を大幅に削減できると共に、管理担当者の業務負担も軽減され、特に、多数の錠剤が1包化されている場合には、鑑査精度も業務負担も大きく改善される。また、鑑査データを確実に保存できるため、トレーサビリティの確保も可能となる。さらに、ジェネリック医薬品のように同有効成分の異形錠剤が存在したり、錠剤形状が多様化したりしても、管理担当者の負担増を伴うことなく、薬剤鑑査の精度を向上させることが可能となる。
本発明は前記実施形態に限定されるものではなく、その要旨を逸脱しない範囲で種々変更可能であることは言うまでもない。
例えば、前述の実施形態では、印刷対象を円形の錠剤としたが、本発明による印刷装置は、円形錠剤以外にも、オブロング錠やキャブレット錠、多角形錠剤など種々の錠剤に対応可能である。従って、本発明における錠剤は、所謂円形の錠剤のみならず、各種形状の錠剤を含む概念である。
また、前述の実施形態の搬送ディスクに形成された吸着孔の形状は円形には限定されず、楕円や多角形であっても良い。また、吸着孔と共に、錠剤外形形状に合わせた内周面を持つ曲面状の吸着溝を設けても良い。その際、吸着溝の形状も、V字状やU字状、四角状など種々の形状を採用することが可能である。例えば、搬送ディスクに略V字状の溝を形成し、三角錠等の異形錠に対応しても良い。この場合、最も一般的な錠剤は円盤状であるため、錠剤の大きさが多少異なっていてもフィットする曲面状が望ましい。なお、搬送ディスクB,Cの端面Xb,Xcにも搬送ディスクAと同様の凹部を設けても良く、また、端面Xaを搬送ディスクB,Cと同様に突起のない平坦面としても良い。
さらに、必要に応じて、表面5a・裏面5bの一方の印刷処理を省いたり、インクジェットヘッドを追加し、錠剤3の側面7に印刷処理をさらに行ったりしても良い。例えば、表面5a・裏面5bの一方のみに印刷処理を行う場合は、ディスクBの近傍にインクジェットヘッドを配し、ディスクCを省いても良い。本実施形態の錠剤印刷装置における印刷面検査装置では、略水平方向から光が照射される照明装置とカメラを使用したが、レーザなどを用いた3D認識装置を利用して刻印を検出しても良い。
本発明は、医薬品錠剤の印刷以外にも、錠剤状に作られた菓子等の食品にも適用可能である。
1 錠剤印刷装置
2 ホッパ
3 錠剤
4 インクジェットヘッド
4a 表面用インクジェットヘッド
4b 裏面用インクジェットヘッド
5a 錠剤表面
5b 錠剤裏面
6 刻印
6a 凹溝部
7 側面
8a 錠剤受け渡し部
8b 錠剤受け渡し部
9 インク
10 錠剤供給手段
11 回転フィーダ
12 筐体
13 回転円盤
14 環状回転板
15 連絡部
16 ガイド板
17 錠剤取得部
18 吸着孔
19 凹部
21 回転軸
22 錠剤投入部
23 錠剤供給部
24 回転軸
25 吸着孔
26 側面検査装置
27 回転軸
28 吸着孔
29 印刷面検査装置
31 粉取り装置
32 ノズル
33 吸引管
34 印字検査装置
35 不良品排出部
36 ジェットノズル
37 冷却装置
38 良品排出部
39 搬出路
41 加温ノズル
42 冷却ノズル
51 照明装置
51’ 照明装置
52 カメラ
53 LED
54 パッケージ
61 データ入力部
61 薬剤選択供給部
63 錠剤印刷部
64 錠剤包装部
65 包装鑑査部
66 結果表示部
A 搬送ディスク
B 搬送ディスク
C 搬送ディスク
Dt 錠剤最大径
La 距離
Lp 距離
O 中心線
T 接線
Xa ディスク端面
Xb ディスク端面
Xc ディスク端面
Ya ディスク面
Yb ディスク面
Yc ディスク面

Claims (9)

  1. 錠剤を吸着支持しつつ搬送する搬送手段と、
    前記搬送手段に近接して配置され、前記搬送手段によって搬送される前記錠剤に対し印刷処理が可能な印刷手段と、を有する錠剤印刷装置であって、
    前記錠剤は、凹溝部を備えた刻印表示を有し、
    前記印刷手段は、前記刻印表示の前記凹溝部に対し、該刻印表示に沿って印刷処理を行うことを特徴とする錠剤印刷装置。
  2. 請求項1記載の錠剤印刷装置において、
    前記搬送手段は、円盤状に形成された搬送ディスクであり、
    該搬送ディスクは、その端面に周方向に沿って設けられ、前記錠剤を吸着する吸着部を有することを特徴とする錠剤印刷装置。
  3. 請求項1又は2記載の錠剤印刷装置において、
    前記搬送手段は、前記錠剤の側面を吸着支持しつつ該錠剤を搬送することを特徴とする錠剤印刷装置。
  4. 請求項1〜3の何れか1項に記載の錠剤印刷装置において、
    該錠剤印刷装置はさらに、
    前記印刷手段の前段に配置され、前記錠剤の被印刷面の検査を行う印刷面検査装置を有し、
    該印刷面検査装置は、前記被印刷面に対し光を照射する照明装置と、前記被印刷面内に配された前記刻印表示を撮影するカメラと、を有し、
    前記照明装置は、前記刻印表示に対し、略水平方向から光が照射されるように、前記カメラと前記錠剤とを結ぶ線に直交する方向に向けて配された照明素子を有することを特徴とする錠剤印刷装置。
  5. 請求項4記載の錠剤印刷装置において、
    前記照明装置は、該照明装置と前記錠剤との間の距離(Lp)が、前記カメラと前記錠剤との間の距離(La)に対し、1/3以下、1/10以上である(La/3≧Lp≧La/10)ことを特徴とする錠剤印刷装置。
  6. 錠剤を吸着支持しつつ搬送し、搬送される前記錠剤に対し印刷手段によって印刷処理を行う錠剤印刷方法であって、
    前記錠剤は、凹溝部を備えた刻印表示を有し、
    前記印刷手段は、前記刻印表示の前記凹溝部に対し、該刻印表示に沿って印刷処理を行うことを特徴とする錠剤印刷方法。
  7. 請求項6記載の錠剤印刷方法において、
    前記錠剤の側面を吸着支持しつつ該錠剤を搬送することを特徴とする錠剤印刷方法。
  8. 調剤データに基づいて所定の錠剤を選択し供給する薬剤選択供給部と、
    前記薬剤選択供給部から供給された前記錠剤に対し、所定の印刷処理を行う錠剤印刷部と、
    印刷処理を施された前記錠剤を前記調剤データに基づいて包装する錠剤包装部と、
    包装された前記錠剤について、前記調剤データとの照合を行い、所定の前記錠剤が正しく包装されているか否かを判定する包装鑑査部と、を有することを特徴とする薬剤管理システム。
  9. 請求項8記載の薬剤管理システムにおいて、
    前記錠剤は、凹溝部を備えた刻印表示を有し、
    前記錠剤印刷部は、錠剤を吸着支持しつつ搬送する搬送手段と、前記搬送手段に近接して配置され、前記搬送手段によって搬送される前記錠剤に対し印刷処理が可能な印刷手段と、を有し、該印刷手段は、前記刻印表示の前記凹溝部に対し、該刻印表示に沿って印刷処理を行うことを特徴とする薬剤管理システム。
JP2016048452A 2016-03-11 2016-03-11 錠剤印刷装置及び錠剤印刷方法並びに薬剤管理システム Pending JP2017158947A (ja)

Priority Applications (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2016048452A JP2017158947A (ja) 2016-03-11 2016-03-11 錠剤印刷装置及び錠剤印刷方法並びに薬剤管理システム
PCT/JP2017/007471 WO2017154637A1 (ja) 2016-03-11 2017-02-27 錠剤印刷装置及び錠剤印刷方法並びに薬剤管理システム
US16/082,161 US20190083361A1 (en) 2016-03-11 2017-02-27 Tablet printing device, tablet printing method, and drug management system
EP17762977.1A EP3427714A4 (en) 2016-03-11 2017-02-27 TABLET PRINTING DEVICE, TABLET PRINTING METHOD AND ACTIVE SUBSTANCE MANAGEMENT SYSTEM
TW106106852A TW201736152A (zh) 2016-03-11 2017-03-02 錠劑印刷裝置及錠劑印刷方法、以及藥劑管理系統

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2016048452A JP2017158947A (ja) 2016-03-11 2016-03-11 錠剤印刷装置及び錠剤印刷方法並びに薬剤管理システム

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2017158947A true JP2017158947A (ja) 2017-09-14

Family

ID=59789271

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2016048452A Pending JP2017158947A (ja) 2016-03-11 2016-03-11 錠剤印刷装置及び錠剤印刷方法並びに薬剤管理システム

Country Status (5)

Country Link
US (1) US20190083361A1 (ja)
EP (1) EP3427714A4 (ja)
JP (1) JP2017158947A (ja)
TW (1) TW201736152A (ja)
WO (1) WO2017154637A1 (ja)

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN110615132A (zh) * 2018-06-19 2019-12-27 Ckd株式会社 片剂填充装置、ptp包装机和ptp片的制造方法
JP2020014694A (ja) * 2018-07-25 2020-01-30 Ckd株式会社 Ptpシートの製造方法及びptpシート
JP2020015524A (ja) * 2018-07-25 2020-01-30 Ckd株式会社 Ptpシートの製造方法
CN110884736A (zh) * 2018-09-10 2020-03-17 Ckd株式会社 Ptp片和ptp包装机
JP2020174902A (ja) * 2019-04-18 2020-10-29 クオリカプス株式会社 割線情報取得装置および錠剤印刷装置
JP2021191691A (ja) * 2020-06-05 2021-12-16 株式会社トーショー 汎用錠剤放出装置、汎用錠剤放出装置を有する薬剤分包機
WO2022097363A1 (ja) * 2020-11-09 2022-05-12 クオリカプス株式会社 印刷された可食体の製造方法および製造装置
US20230055174A1 (en) * 2021-08-17 2023-02-23 Samsung Display Co., Ltd. Panel tray and method of packaging panel
JP7322665B2 (ja) 2019-11-05 2023-08-08 ニプロ株式会社 分包シートの検査装置

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2020005823A (ja) * 2018-07-06 2020-01-16 フロイント産業株式会社 錠剤コーティング装置、及び錠剤コーティング方法
JP7142521B2 (ja) * 2018-09-03 2022-09-27 Ckd株式会社 Ptp包装機
US11305908B2 (en) * 2019-09-20 2022-04-19 Aylward Enterprises, Llc Tablet counter and packaging module and associated method
JP7412188B2 (ja) * 2020-01-10 2024-01-12 株式会社Screenホールディングス 搬送処理装置
WO2021167768A1 (en) * 2020-02-21 2021-08-26 Applied Materials, Inc. Method and system for inspection of products

Citations (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000097865A (ja) * 1998-09-28 2000-04-07 Shionogi Qualicaps Kk 錠剤の外観検査装置
JP2010260691A (ja) * 2009-05-08 2010-11-18 Taisho Pharmaceutical Co Ltd 錠剤の作業用搬送装置
WO2011117983A1 (ja) * 2010-03-24 2011-09-29 日本たばこ産業株式会社 粒状物の供給方法および装置
JP2013087400A (ja) * 2011-10-21 2013-05-13 Itoki Corp 印刷付きレザー製品及びその製造方法並びに印刷付きレザー製品を使用した椅子
JP2013121432A (ja) * 2011-12-09 2013-06-20 Kyoto Seisakusho Co Ltd 錠剤印刷装置
JP2013144101A (ja) * 2011-04-28 2013-07-25 Yuyama Manufacturing Co Ltd 薬剤鑑査装置、及び薬剤分包装置
JP2013159582A (ja) * 2012-02-07 2013-08-19 Seiko Epson Corp 錠剤の製造方法および錠剤
JP3193228U (ja) * 2014-05-20 2014-09-25 紀州技研工業株式会社 印字入り錠剤
JP3193943U (ja) * 2014-07-31 2014-10-30 フロイント産業株式会社 粉末圧縮成型品の粉取り装置
JP2015068765A (ja) * 2013-09-30 2015-04-13 富士フイルム株式会社 薬剤認識装置及び方法
JP2015204943A (ja) * 2014-04-18 2015-11-19 フロイント産業株式会社 錠剤印刷装置
JP2016010437A (ja) * 2014-06-27 2016-01-21 株式会社Screenホールディングス 錠剤印刷装置および錠剤印刷方法

Family Cites Families (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3125490A (en) * 1964-03-17 Tablet with contrasting indicia and method
JPS6076345A (ja) * 1983-10-03 1985-04-30 Matsuoka Kikai Kosakusho:Kk 錠剤印刷装置
JPH03231144A (ja) * 1990-02-06 1991-10-15 Mitsubishi Rayon Co Ltd 包装物の欠陥検査装置
JP2921922B2 (ja) * 1990-05-22 1999-07-19 東芝エンジニアリング株式会社 錠剤検査装置
KR20150037841A (ko) * 2012-07-19 2015-04-08 가부시키가이샤 오카베 기카이 고교 인쇄기 및 정제
JP6245754B2 (ja) * 2014-03-27 2017-12-13 クオリカプス株式会社 インクジェットマーキング装置および方法

Patent Citations (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000097865A (ja) * 1998-09-28 2000-04-07 Shionogi Qualicaps Kk 錠剤の外観検査装置
JP2010260691A (ja) * 2009-05-08 2010-11-18 Taisho Pharmaceutical Co Ltd 錠剤の作業用搬送装置
WO2011117983A1 (ja) * 2010-03-24 2011-09-29 日本たばこ産業株式会社 粒状物の供給方法および装置
JP2013144101A (ja) * 2011-04-28 2013-07-25 Yuyama Manufacturing Co Ltd 薬剤鑑査装置、及び薬剤分包装置
JP2013087400A (ja) * 2011-10-21 2013-05-13 Itoki Corp 印刷付きレザー製品及びその製造方法並びに印刷付きレザー製品を使用した椅子
JP2013121432A (ja) * 2011-12-09 2013-06-20 Kyoto Seisakusho Co Ltd 錠剤印刷装置
JP2013159582A (ja) * 2012-02-07 2013-08-19 Seiko Epson Corp 錠剤の製造方法および錠剤
JP2015068765A (ja) * 2013-09-30 2015-04-13 富士フイルム株式会社 薬剤認識装置及び方法
JP2015204943A (ja) * 2014-04-18 2015-11-19 フロイント産業株式会社 錠剤印刷装置
JP3193228U (ja) * 2014-05-20 2014-09-25 紀州技研工業株式会社 印字入り錠剤
JP2016010437A (ja) * 2014-06-27 2016-01-21 株式会社Screenホールディングス 錠剤印刷装置および錠剤印刷方法
JP3193943U (ja) * 2014-07-31 2014-10-30 フロイント産業株式会社 粉末圧縮成型品の粉取り装置

Cited By (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN110615132A (zh) * 2018-06-19 2019-12-27 Ckd株式会社 片剂填充装置、ptp包装机和ptp片的制造方法
CN110615132B (zh) * 2018-06-19 2021-12-28 Ckd株式会社 片剂填充装置、ptp包装机和ptp片的制造方法
CN110775322A (zh) * 2018-07-25 2020-02-11 Ckd株式会社 Ptp片的制造方法
JP2020015524A (ja) * 2018-07-25 2020-01-30 Ckd株式会社 Ptpシートの製造方法
CN110775321A (zh) * 2018-07-25 2020-02-11 Ckd株式会社 Ptp片的制造方法和ptp片
CN110775322B (zh) * 2018-07-25 2021-12-10 Ckd株式会社 Ptp片的制造方法
JP2020014694A (ja) * 2018-07-25 2020-01-30 Ckd株式会社 Ptpシートの製造方法及びptpシート
JP7083719B2 (ja) 2018-07-25 2022-06-13 Ckd株式会社 Ptpシートの製造方法
CN110884736A (zh) * 2018-09-10 2020-03-17 Ckd株式会社 Ptp片和ptp包装机
JP2020174902A (ja) * 2019-04-18 2020-10-29 クオリカプス株式会社 割線情報取得装置および錠剤印刷装置
JP7322665B2 (ja) 2019-11-05 2023-08-08 ニプロ株式会社 分包シートの検査装置
JP2021191691A (ja) * 2020-06-05 2021-12-16 株式会社トーショー 汎用錠剤放出装置、汎用錠剤放出装置を有する薬剤分包機
WO2022097363A1 (ja) * 2020-11-09 2022-05-12 クオリカプス株式会社 印刷された可食体の製造方法および製造装置
US20230055174A1 (en) * 2021-08-17 2023-02-23 Samsung Display Co., Ltd. Panel tray and method of packaging panel

Also Published As

Publication number Publication date
EP3427714A1 (en) 2019-01-16
WO2017154637A1 (ja) 2017-09-14
TW201736152A (zh) 2017-10-16
EP3427714A4 (en) 2020-01-22
US20190083361A1 (en) 2019-03-21

Similar Documents

Publication Publication Date Title
WO2017154637A1 (ja) 錠剤印刷装置及び錠剤印刷方法並びに薬剤管理システム
JP6712876B2 (ja) 錠剤並びに錠剤印刷装置及び錠剤印刷方法
US10525699B2 (en) Tablet printing device
JP7255722B2 (ja) 薬剤鑑査支援装置
JP5752081B2 (ja) 錠剤印刷装置および錠剤印刷方法
CN109475469B (zh) 配药监查装置以及方法
KR100451994B1 (ko) 약제감사장치
KR20190083729A (ko) 의약품용 레이저마킹장치
TW201811294A (zh) 藥錠印刷裝置、藥錠及藥錠製造方法
US20190091102A1 (en) Tablet printing device and tablet printing method
JP6927466B2 (ja) 錠剤製造装置及び錠剤製造方法
WO2018135157A1 (ja) 錠剤印刷包装装置及び錠剤印刷包装方法
JP2019180705A (ja) 固形製剤印刷機、及び固形製剤印刷方法
WO2017029974A1 (ja) 錠剤印刷装置
JP7283644B1 (ja) 薬剤仕分装置
KR20070018763A (ko) 일련의 약품을 검사하는 장치 및 방법
JP2024000962A (ja) 薬剤仕分装置および種類判別装置
JP2019217123A (ja) 錠剤および錠剤印刷装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20190111

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20191008

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20191125

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20191210

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20200131

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20200313

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20200526

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20201208