JP2008537043A - プレハブ式モジュラータワー - Google Patents

プレハブ式モジュラータワー Download PDF

Info

Publication number
JP2008537043A
JP2008537043A JP2008507101A JP2008507101A JP2008537043A JP 2008537043 A JP2008537043 A JP 2008537043A JP 2008507101 A JP2008507101 A JP 2008507101A JP 2008507101 A JP2008507101 A JP 2008507101A JP 2008537043 A JP2008537043 A JP 2008537043A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
tower
prefabricated modular
modular
prefabricated
vertical
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2008507101A
Other languages
English (en)
Other versions
JP5236459B2 (ja
Inventor
バーナット,アントニオ リカルド マリ
フラグエット,ジェサス モンテール
Original Assignee
ストラクチャル コンクリート アンド スティール,エス.エル.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to ES200500965A priority Critical patent/ES2246734B1/es
Priority to ESP200500965 priority
Application filed by ストラクチャル コンクリート アンド スティール,エス.エル. filed Critical ストラクチャル コンクリート アンド スティール,エス.エル.
Priority to PCT/ES2006/000194 priority patent/WO2006111597A1/es
Publication of JP2008537043A publication Critical patent/JP2008537043A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5236459B2 publication Critical patent/JP5236459B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F03MACHINES OR ENGINES FOR LIQUIDS; WIND, SPRING, OR WEIGHT MOTORS; PRODUCING MECHANICAL POWER OR A REACTIVE PROPULSIVE THRUST, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F03DWIND MOTORS
    • F03D13/00Assembly, mounting or commissioning of wind motors; Arrangements specially adapted for transporting wind motor components
    • F03D13/20Arrangements for mounting or supporting wind motors; Masts or towers for wind motors
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04HBUILDINGS OR LIKE STRUCTURES FOR PARTICULAR PURPOSES; SWIMMING OR SPLASH BATHS OR POOLS; MASTS; FENCING; TENTS OR CANOPIES, IN GENERAL
    • E04H12/00Towers; Masts or poles; Chimney stacks; Water-towers; Methods of erecting such structures
    • E04H12/02Structures made of specified materials
    • E04H12/12Structures made of specified materials of concrete or other stone-like material, with or without internal or external reinforcements, e.g. with metal coverings, with permanent form elements
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E04BUILDING
    • E04HBUILDINGS OR LIKE STRUCTURES FOR PARTICULAR PURPOSES; SWIMMING OR SPLASH BATHS OR POOLS; MASTS; FENCING; TENTS OR CANOPIES, IN GENERAL
    • E04H12/00Towers; Masts or poles; Chimney stacks; Water-towers; Methods of erecting such structures
    • E04H12/16Prestressed structures
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F05INDEXING SCHEMES RELATING TO ENGINES OR PUMPS IN VARIOUS SUBCLASSES OF CLASSES F01-F04
    • F05BINDEXING SCHEME RELATING TO WIND, SPRING, WEIGHT, INERTIA OR LIKE MOTORS, TO MACHINES OR ENGINES FOR LIQUIDS COVERED BY SUBCLASSES F03B, F03D AND F03G
    • F05B2240/00Components
    • F05B2240/90Mounting on supporting structures or systems
    • F05B2240/91Mounting on supporting structures or systems on a stationary structure
    • F05B2240/912Mounting on supporting structures or systems on a stationary structure on a tower
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E10/00Energy generation through renewable energy sources
    • Y02E10/70Wind energy
    • Y02E10/72Wind turbines with rotation axis in wind direction
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E10/00Energy generation through renewable energy sources
    • Y02E10/70Wind energy
    • Y02E10/728Onshore wind turbines
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02PCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN THE PRODUCTION OR PROCESSING OF GOODS
    • Y02P70/00Climate change mitigation technologies in the production process for final industrial or consumer products
    • Y02P70/50Manufacturing or production processes characterised by the final manufactured product
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10STECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10S416/00Fluid reaction surfaces, i.e. impellers
    • Y10S416/06Supports for natural fluid current motors

Abstract

本発明は、風力発電機用とともに他の用途の支持体として使用されるタイプのプレハブ式モジュラータワーに関する。本発明は、水平補剛体及び垂直補剛体を有する内部構造で強化された、好ましくは鉄筋コンクリート製の肉薄のプレハブ式要素であって、たわみ金属ケーブルによって水平方向及び垂直方向の両方に引っ張られているプレハブ式要素を使用することを特徴とする。本発明は、軽量且つ運搬しやすい少数の要素を使用しながら、製造、運搬及び設置コストを大幅に節約する超高タワーの迅速な建設に使用されることができる点で有利である。
【選択図】 図1

Description

本記載は、その名称が示すように、風力発電機用及び他の用途の支持体として使用される種類のプレハブ式モジュラータワーであって、水平補剛体及び垂直補剛体を有する内部構造で強化された、好ましくは鉄筋コンクリート製の肉薄のプレハブ式要素を使用し、当該要素にはたわみ金属ケーブルによって水平方向及び垂直方向の両方に引っ張られることを特徴とする、プレハブ式モジュラータワーに関する。
現在のところ、さまざまな種類の、風力発電機としても知られる風動力発電機(wind-powered electricity generator)がある。これらの発電機は、タワー上に支持された羽根に連結されたタービンを有する。
より一般的に使用される発電機支持タワーのほとんどが金属であって、格子構造又は円筒形若しくは中空テーパ形状を有する。これらの種類のタワーには一連の問題があり、その中でも、防錆処理又は塗装を伴う頻繁なメンテナンスの必要、(耐えなければならない風の力によって発生する一定の引張り及び圧縮サイクルによる)材料疲労によって発生する消耗のために通常は20年未満であるという、耐用寿命が短いこと、及び製造、運搬及び設置コストが高いことが挙げられるであろう。
さらなる問題は、技術的及び経済的の両方の観点から、それらは25m〜40mの高さでのみ使用できることである。応力に耐えるためのそれらの剛性、及び風力発電機の高さを大きく制限する、必要とされる材料の高コストの両方のため、50mを超える高さの金属タワーは実現不可能になり始めている。
現在の風力発電機建設の傾向は、それらの動力の増加並びにタービン及び羽根をはるかにより高く位置付けることに向かう方向に変わっている。タービンはまた、山のスクリーン効果を回避するとともに、流れがより一定であり、したがって動力発生が大幅に増大するより高層の空気を利用しようと努力して、はるかに大型の羽根を装備している。
このことは、50mを優に超え、実際に90m又は100mに近い高さの要求に応えるために、代替のタワー建設方法を見つけなければならないことを意味する。必要な剛性は、これらのタワーを金属構造体で建設することがもはや実現不可能であることを意味し、この理由から、はるかにより剛直且つ抵抗力があるとともに、はるかにより経済的である鉄筋コンクリートでそれらを建設する試みがなされてきた。
一部のタワーは、建物及び超高層ビルとまったく同様に、格子又は同様の構造体の形のケーシングを使用して現場で建設されるが、これには、作業が遅く、且つ特に必要な労働コストのために高コストであるという欠点がある。この建設技法の一例が、日本の特許である200100658「超高塔状タワー(very tall tower)」又はドイツ特許第19936603号「建設中に使用される作業用案内構造体を内部空間に設置している、たとえば風力発電所用のタワーとしての中空マスト又はコンクリート構造体用の構造工学方法(Structural engineering method for hollow mast or concrete structure as a tower, for example, for a wind farm, comprising a guide structure for work used during the construction installed in the inside space)」に見られることができる。
他の解決策を見つけることも試みられてきた。たとえば、国際公開特許第2004007955号「風力発電所タワー用のセメントセグメントの製造方法(Method for production of a cement segment for a wind farm tower)」は、プレハブ式コンクリート工場で製造されて現場へ運搬される完全積み重ね可能なテーパセグメントを使用する構造システムを提示しているが、これには、関連の法的及び実際上の制限すべてを伴う従来の道路運搬方法を使用してセグメントを運搬しようとする場合、セグメントを非常に短くしなければならないという問題があり、このことは、タワーを形成するために非常に多くの積み重ねセグメントを使用しなければならないことを意味し、それにより、高い運搬及び労働コストが発生し、これは、設置及び組み立て用にクレーンを常時使用するコストと合わせられる。この方法のさらなる欠点は、テーパタワーを建設するために、各セグメントが異なった寸法を有し、このことは、タワー内のセグメントと同数の多くの鋳型が存在しなければならないことを意味し、このため、製造作業の複雑さが増す。さらに、必要な剛性及びソリディティを達成するために、セグメント壁は相当に厚くなければならず、これは、それらのコスト及び運搬すべき重量を増加させる。
運搬すべき部品の寸法を小さくしようとする努力において、スペイン実用新案第200402304号「風力タービン用及び他の用途の改良型モジュラータワー構造(Improved modular tower structure for wind turbines and other applications)」及び国際公開特許第03/069099号「ウインドタービン(Wind Turbine)」に記載されているように、各テーパマストセグメントを別個の部材片に分割する試みがなされているが、これらはともに、構造的剛性及び耐性を達成するために、内側及び外側の両方が平滑である非常に厚い中実壁を使用するという欠点を有し、このため、物品の価格が相当に上がり、また、タワーの建設に多数の部材片が必要であり、結果的に運搬及び組み立ての両方に関する高コストが、必要な多数の製造鋳型によって発生する高い製造コスト及び必要とされる大きい構造重量以外に伴うことを意味する。
また、スペイン実用新案第20042504号「風力タービン用及び他の用途のモジュラータワーの改良構造(Perfected structure of a modular tower for wind turbines and other applications)」に記載されているようなタワーが既知であり、これらには、その他のものと共通して、セグメントを形成するために別個の部材片を使用し、その場合、構造剛性及び耐性を達成するために、内側及び外側が平滑である相当な厚みの中実壁を使用するという事実がある。部材片の重量が顕著に増加すれば、これは、運搬及び組み立ての両方の経済コストが高く、タワーを形成するために多数の部材片が必要とされる時と同じ問題を生じる。さらに、タワーの構造を強化するために、本実施形態は、垂直テンションケーブルから成る外部プリテンションシステムを用いているが、垂直テンションケーブルには、タワーの基礎に取り付けなければならず、したがって適当な固着具を装備する必要があるという問題があり、また、ケーブルは壁のフランジの貫通穴で当該壁に取り付けられるだけであって、壁との接触が部分的に過ぎず、したがって強化が非常に劣ることにつながるという問題も発生する。さらに、ケーブルのほとんどはタワーの内側で壁の外側に残されて空気にさらされ、それにより、負の景観影響とともに、ケーブルの緊張活動(stressing effort)によって引き起こされる劣化並びに大気による摩耗(atomospheric wear)、及び実用寿命を大幅に縮める腐食という追加的な問題が生じる。
本発明の主題であるプレハブ式モジュラータワーは、風力発電機用及び他の用途の超高支持タワーを建設するという現在の案件に伴う問題を解決するように設計された。それは、水平補剛体及び垂直補剛体の内部構造で強化された、好ましくは鉄筋コンクリート製の肉薄のプレハブ式要素であって、たわみ金属ケーブルによって水平方向及び垂直方向の両方に引っ張られるプレハブ式要素を使用する。
タワーは少数のテーパ部品に分割されており、その各々は、好ましくは鉄筋コンクリート製の少数の同一のプレハブ式モジュラー要素の側面結合によって形成される。好適な実施形態では、タワーは、各々の高さがほぼ30m〜35mである3つのテーパ部品に分割されて、合計したタワー高さは約100mになる。この好適な実施形態では、下側部品は、互いに隣り合わせて配置されている5つの同一のプレハブ式モジュラー要素によって形成され、中間部品は、上記のものより明らかに小径であるがやはり互いに隣り合わせて配置されているさらなる5つの同一のプレハブ式モジュラー要素によって形成され、上側部品は、先行のものと異なるが互いに同一である3つのプレハブ式モジュラー要素だけによって形成されている。この好適な実施形態は、3種類だけがあればよい13個のプレハブ式モジュラー要素だけを使用し、したがって3つの製造鋳型だけを必要として、100m高さの塔がいかに形成されるかを示す。
プレハブ式モジュラー要素の各々は、隣接配置された時にタワーのテーパ部品を形成するのに適当な形状である。それらの外壁は平滑である一方、内壁は多数の突出した水平強化補剛体及び垂直強化補剛体を有し、これらにより、モジュラー要素の主壁を限定的な厚さにすることができる一方で、依然として高い剛性及び耐性を与え、したがって、プレハブ式モジュラー要素の重量の相当な削減をもたらす。狭い幅の垂直側壁は、セメント結合ジョイント用の、好ましくは台形断面の溝を全長にわたって有する。
水平に配置されている強化補剛体の各々は、それらに沿って全長にわたって伸びる中央長手方向管を有し、好ましくは可撓性を有する鋼製のテンションケーブルがそれを貫通している。それらは、タワーの各部品を構成するプレハブ式モジュラー要素間を水平方向に結束し、これにより、全体的な剛性及び安定性の増加を助ける。この結束は好ましくは、各水平方向進路を1つだけにするのでなく、2つのケーブル部分に分割し、それにより、関連のジャッキ又は同様の工具によってケーブルをより容易に緊張させることができるようにすることによって達成されるであろう。この目的のために、プレハブ式モジュールは、水平中央管への出入り口になる適当な開口を有するであろう。
タワーの各部品を構成するプレハブ式モジュラー要素を互いに横に並べて置き、水平方向に配置されているテンションケーブルを緊張させた時、各対のモジュラー要素間の垂直結合ジョイントが、最初にジョイントを閉鎖シールによって外側及び内側から封止し、その後、隣接モジュラー要素の側溝によって形成されたギャップ内に、好ましくは液体セメントタイプのシーラントを注ぎ込むことによって閉鎖され、シーラントは、硬化時にユニットの剛性に寄与するであろう。
プレハブ式モジュラー要素は、壁上に垂直方向に配置されてそれに完全に組み込まれた複数の貫通管も有し、タワーを構成している部品を垂直方向に結束する、好ましくは可撓性のテンション鋼ケーブルがそれらを貫通できるようにしている。これらの垂直テンションケーブルは、タワーの下側部品を形成するプレハブ式モジュラー要素の下側補剛体から取り付けられて貫通管を貫通し、その後、貫通管にモルタルを充填し、それがケーブルを貫通管内に、したがって壁の内部に固定して組み込み、ケーブルは内側及び外側の両方で隠蔽されて、タワーと完全に一体化される。当該ケーブルは、各タワー部品当たり1本のケーブル(好適な本実施形態では3本のケーブル)をまとめて設置され、それにより、各組の第1のケーブルが、第1の部品及び第2の部品間のジョイントの上方で引っ張られ、各組の第2のケーブルが、第2の部品及び第3の部品間のジョイントの上方で引っ張られ、以下同様になっている。このように、それらは、タワー全体をその全長にわたって引っ張ることを助ける。その後、貫通管にモルタル又は別の同様な要素を充填する。このように、垂直ケーブルはタワー壁内に完全に組み込まれて、それの剛性に寄与するが、タワーの内側及び外側の両方で見えないように隠蔽されたままとなる。
本目的のために垂直テンションケーブルを使用するとともに、タワーを垂直方向に構成する異なった部品の結合は、橋ジョイント等のプレハブ式コンクリート製品、又は雨水が入らないように樋によって保護された液体セメント充填受け器における一般的な結合方法を使用して行われる。本発明の1つの特徴として、タワーの垂直構成部品は、2つの垂直強化補剛体を互いに分離する角距離に相当する水平回転により、互いの上に組み立てられ、それにより、各部品の、プレハブ式モジュラー要素間の垂直結合溝は垂直方向に一致せず、垂直補剛体間の完全な支持を変更することがなく、したがって、それの防水性が改善される。各プレハブ式モジュラー要素には、好ましくは2つの完全な垂直補剛体及び端部の2つの半補剛体があり、これらの半補剛体は、互いに結合された時、1つの補剛体の均等物を形成して、この回転を可能にしている。
タワーの第1の部品のベースと基礎との結合は、タワーの寸法に適合した適当な寸法の剛直バー等でのねじ下げ等の、建設で使用される従来の基礎建設技法及び固定技法によって実行される。
タワーの最後の部品は、タワーの別のプレハブ式コンクリート又は金属セクションに連結されることができ、又はそれは風力発電機囲壁及びはね支持構造体を直接的に支持することができる。
提示されたプレハブ式モジュラータワーは、現在使用可能なシステムに勝る多くの利点を有し、その中の最も重要なものは、少数の要素を使用して超高タワーを迅速に建設することができることである。好適な実施形態では、3つの異なる種類だけがあればよい13個のプレハブ式モジュラー要素だけを使用し、したがって3つの異なる製造鋳型だけを必要として、約100m高さの塔がいかに形成されるかがわかる。
別の大きな利点は、プレハブ式モジュラー要素が強化補剛体を備えているため、それらが相当に軽量化され、これにより、運搬が容易になり、したがって、製造、運搬及び設置コストが節約されることである。
好適な実施形態において、プレハブ式モジュラー要素の各々の寸法が、30m〜35mであるそれらのおよその長さに従って計算される一方、通常の道路輸送を可能にするために、各要素の最大幅が4.5mであることの疑いようのない利点を強調することが重要である。残りの寸法が一般的に約70cmであるとすると、運搬中又は現場での組み立て中に部品を支持するために、金属格子の形の仮補強を所定位置に置くことができる。
本発明の別の利点は、タワー全体が水平方向及び垂直方向の両方にケーブルによって完全に緊張させられることである。
垂直ケーブルは、タワー壁に挿入された貫通管を貫通し、その後、モルタルを充填することによって壁の内部に完全に組み込まれてそれらの剛性に寄与するが、タワーの内側及び外側の両方で隠蔽されたままとなり、これにより、外部との接触及び大気による劣化が回避されるため、ケーブルの持続時間も大幅に改善されるという重要な利点に注目する必要がある。
本発明の主題をより十分に理解するために、以上に記載したようなプレハブ式モジュラータワーの実際的な好適な実施形態を添付図面に示している。
添付図面でわかるように、本発明の主題であるプレハブ式モジュラータワー4は、基本的に少数のテーパ部品1、2、3を有し、これらのテーパ部品1、2、3の各々は、好ましくは鉄筋コンクリート製の少数の同一のプレハブ式モジュラー要素6、7、8の側面結合によって形成される。好適な実施形態では、タワー4は、3つのテーパ部品1、2、3に分割され、各部品の高さは約30m〜35mであり、合計したタワー高さは約100mになる。この好適な実施形態では、下側部品1は、互いに隣り合わせて配置されている5つの同一のプレハブ式モジュラー要素6によって形成され、中間部品2は、先行のものより小径であるが、やはり互いに隣り合わせて配置されているさらなる5つの同一のプレハブ式モジュラー要素7によって形成され、上側部品3は、互いに同一であるが先行のものと異なる3つのプレハブ式モジュラー要素8だけによって形成されている。
以上からわかるように、プレハブ式モジュラー要素6、7、8の各々は、隣接配置された時にタワーのテーパ部品を形成するのに適当な形状である。それらの外壁9は平滑である一方、内壁10は多数の突出した水平強化補剛体11及び垂直強化補剛体12を有し、これらにより、モジュラー要素6、7、8の主壁13を限定的な厚さにすることができる。狭い幅の垂直側壁は、セメント結合ジョイント15用の、好ましくは台形断面の溝14を全長にわたって有する。
水平に配置されている強化補剛体11の各々は、それらに沿って全長にわたって延びる中央長手方向管16を有し、好ましくは可撓性を有する鋼製のテンションケーブル17がそれを貫通している。それらは、タワー4の各部品を構成するプレハブ式モジュラー要素6、7、8間を水平方向に結束し、プレハブ式モジュールは、水平中央管16への適当な出入り開口18を有している。
タワー4の各部品を構成するプレハブ式モジュラー要素6、7、8を互いに横に並べて置き、水平方向に配置されているテンションケーブル17を緊張させた時、各対のモジュラー要素6、7、8間の垂直結合ジョイントは、先にジョイントを閉鎖シール19によって外側及び内側から封止し、その後、隣接モジュラー要素の側溝によって形成されたギャップ内に、好ましくは液体セメントタイプのシーラント15を注ぎ込むことにより、閉鎖されるであろう。
プレハブ式モジュラー要素6、7、8は、壁13に沿って垂直方向に配置されている多数の貫通管20も有し、タワーを構成している部品1、2、3を垂直方向に結束するテンションケーブル21がそれらを貫通している。これらの垂直テンションケーブル21は、タワー4の下側部品1を形成するプレハブ式モジュラー要素6の下側補剛体22から取り付けられ、それらを基礎まで延長する必要はなく、ケーブルは貫通管20を貫通し、その後、貫通管にモルタルを充填して、ケーブルを貫通管20内に、したがって壁13の内部に結束して組み込み、それが内側及び外側の両方で隠蔽されたままにし、好ましくは各タワー部品4当たり1本のケーブル好適な本実施形態では3本のケーブルをまとめて設置する。このように、垂直テンションケーブル21は全体的に、タワー4の全長にわたって取り付けられる。
本発明の1つの特徴として、タワーの垂直構成部品1、2、3は、2つの垂直強化補剛体12を互いに分離する角距離に相当する水平回転により、互いの上に組み立てられ、それにより、各部品の、プレハブ式モジュラー要素間の垂直結合溝15は垂直方向に一致しない。
提示されたシステムまたはその構成要素のその他の特徴については、それらがいずれの請求項にも従属しないと見なすので、それらの詳細な説明を自発的に省略する。
本発明の性質及び好適な実施形態を十分に詳細に記載しており、その記載が制限的ではないことを言うだけでよく、添付の特許請求の範囲の本質的な特徴を変更しない限り、材料及び形状又は寸法の両方に関して幾つかの変更を加えることができる。
タワーを構成する3つの部品を見ることができる、タワーの立面図及び平面図である。 内部補剛体を示す、完全には閉鎖されていないタワーの部品の1つの部分図、及び水平補剛体の内部管を示す補剛体の拡大詳細図である。 タワーを構成する5つのプレハブ式モジュラー要素を示す、タワーの第1の部品のベースの断面図、及び要素間の側面結合の閉鎖の拡大詳細図である。 タワーを構成する5つのプレハブ式モジュラー要素を示す、水平強化補剛体の1つの高さでのタワーの第1の部品の断面図、要素間の側面結合の閉鎖の拡大詳細図、及び水平ケーブルを引っ張るための出入り口のさらなる拡大詳細図である。 タワーを構成する5つのプレハブ式モジュラー要素を示す、中間高さでのタワーの第1の部品の断面図である。 タワーを構成する5つのプレハブ式モジュラー要素を示す、タワーの第2の部品のベースの断面図である。 タワーを構成する5つのプレハブ式モジュラー要素を示す、水平強化補剛体の1つの高さでのタワーの第2の部品の断面図である。 タワーを構成する5つのプレハブ式モジュラー要素を示す、中間高さでのタワーの第2の部品の断面図である。 タワーを構成する5つのプレハブ式モジュラー要素を示す、タワーの第2の部品の終端部分の断面図である。 タワーを構成する3つのプレハブ式モジュラー要素を示す、水平強化補剛体の1つの高さでのタワーの第3の部品の断面図である。 タワーを構成する3つのプレハブ式モジュラー要素を示す、中間高さでのタワーの第3の部品の断面図である。 タワーを構成する3つのプレハブ式モジュラー要素を示す、タワーの第3の部品の端部分の断面図である。 タワーの3つの部品の側壁の断面図である。 1組になった3本の垂直テンションケーブルの経路を示す側部断面図である。

Claims (6)

  1. 風力発電機用及び他の用途の支持体として使用される種類のプレハブ式モジュラータワーであって、少数のテーパ部品(1、2、3)によって形成され、該テーパ部品(1、2、3)の各々は、隣接配置された時に該タワーの前記テーパ部品を形成するのに適当な形状の、好ましくは鉄筋コンクリート製であって外壁(9)が平滑である少数の同一のプレハブ式モジュラー要素(6、7、8)の側面結合によって形成され、また、内壁(10)は、前記モジュラー要素(6、7、8)の肉薄の主壁(13)を強化する複数の突出した水平強化補剛体(11)及び垂直強化補剛体(12)を有し、垂直側壁(14)は、セメント結合ジョイント(15)用の、好ましくは台形断面の溝を全長にわたって有することを特徴とする、プレハブ式モジュラータワー。
  2. 前記プレハブ式モジュラー要素(6、7、8)の各々の内部の前記水平に配置されている強化補剛体(11)は、該強化補剛体(11)に沿って全長にわたって延びる中央長手方向管(16)を有し、それにより、前記タワー(4)の各部品を構成する前記プレハブ式モジュラー要素(6、7、8)間を水平方向に結束する、好ましくは可撓性を有する鋼製のテンションケーブル(17)を通すことができ、前記プレハブ式モジュールは、前記水平中央管(16)への適当な出入り開口(18)を有することを特徴とする、請求項1に記載のプレハブ式モジュラータワー。
  3. 前記タワー(4)の各部品を構成する前記プレハブ式モジュラー要素(6、7、8)を互いに横に並べて置き、水平方向に配置されている前記テンションケーブル(17)を緊張させた時、各対のモジュラー要素(6、7、8)間の前記垂直結合ジョイントは、先に結合部を閉鎖ジョイント(19)によって外側及び内側から封止し、その後、隣接した前記モジュラー要素の前記側溝によって形成されたギャップ内に、好ましくは液体セメントタイプのシーラント(15)を注ぎ込むことにより閉鎖されることを特徴とする、請求項1又は2に記載のプレハブ式モジュラータワー。
  4. 前記プレハブ式モジュラー要素(6、7、8)は、前記壁(13)に沿って垂直方向に配置されて全体的に該壁(13)の内部に組み込まれた複数の貫通管(20)を有し、前記タワーを構成している前記部品(1、2、3)の垂直方向結束を協働して行うテンションケーブル(21)がそれを貫通しており、該垂直テンションケーブル(21)は、前記タワー(4)の前記下側部品(1)を構成する前記プレハブ式モジュラー要素(6)の下側補剛体(22)から取り付けられて、前記貫通管(20)を貫通し、その後、前記貫通管にモルタルを充填して、前記ケーブルを前記貫通管(20)内に、したがって前記壁(13)の内部に結束して組み込み、前記ケーブルが内側及び外側の両方で隠蔽されたままにし、好ましくは各タワー部品(4)当たり1本のケーブルをまとめて設置することを特徴とする、請求項1から3のいずれか1項に記載のプレハブ式モジュラータワー。
  5. 前記タワーの前記垂直構成部品(1、2、3)は、2つの垂直強化補剛体(12)を互いに分離する角距離に相当する水平回転により、互いの上に組み立てられ、それにより、各部品の、前記プレハブ式モジュラー要素間の前記垂直結合溝(15)が垂直方向に一致しないようにしていることを特徴とする、請求項1から4のいずれか1項に記載のプレハブ式モジュラータワー。
  6. 好適な実施形態では、前記タワー(4)は、各々の高さが約30m〜35mである3つのテーパ部品(1、2、3)に分割されて、合計したタワー高さは約100mになり、前記下側部品(1)は、互いに隣り合わせて配置されている5つの同一のプレハブ式モジュラー要素(6)を有し、前記中間部品(2)は、先行のものより小径であるがやはり互いに隣り合わせて配置されているさらなる5つの同一のプレハブ式モジュラー要素(7)を有し、前記上側部品(3)は、先行のものと異なるが互いに同一である3つのプレハブ式モジュラー要素(8)のみによって形成されていることを特徴とする、請求項1から5のいずれか1項に記載のプレハブ式モジュラータワー。
JP2008507101A 2005-04-21 2006-04-20 プレハブ式モジュラータワー及びその製造方法 Active JP5236459B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
ES200500965A ES2246734B1 (es) 2005-04-21 2005-04-21 Torre modular prefabricada.
ESP200500965 2005-04-21
PCT/ES2006/000194 WO2006111597A1 (es) 2005-04-21 2006-04-20 Torre modular prefabricada

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008537043A true JP2008537043A (ja) 2008-09-11
JP5236459B2 JP5236459B2 (ja) 2013-07-17

Family

ID=35883643

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008507101A Active JP5236459B2 (ja) 2005-04-21 2006-04-20 プレハブ式モジュラータワー及びその製造方法

Country Status (20)

Country Link
US (1) US7770343B2 (ja)
EP (1) EP1876316B1 (ja)
JP (1) JP5236459B2 (ja)
KR (1) KR20080011667A (ja)
CN (1) CN100570108C (ja)
AT (1) AT434099T (ja)
AU (1) AU2006237397B2 (ja)
BR (1) BRPI0612953A2 (ja)
CA (1) CA2605249C (ja)
CY (1) CY1109360T1 (ja)
DE (1) DE602006007335D1 (ja)
DK (1) DK1876316T3 (ja)
ES (2) ES2246734B1 (ja)
MX (1) MX2007012310A (ja)
NZ (1) NZ563504A (ja)
PL (1) PL1876316T3 (ja)
PT (1) PT1876316E (ja)
SI (1) SI1876316T1 (ja)
WO (1) WO2006111597A1 (ja)
ZA (1) ZA200708246B (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2010044380A1 (ja) * 2008-10-15 2010-04-22 株式会社竹中工務店 塔状構造物、及び塔状構造物の構築方法
JP2011099299A (ja) * 2009-11-09 2011-05-19 Takenaka Komuten Co Ltd 構造物
KR101383162B1 (ko) * 2012-08-08 2014-04-09 한국해양과학기술원 다단형 프리스트레스를 통한 모듈러 풍력타워

Families Citing this family (92)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN101401254A (zh) * 2006-03-20 2009-04-01 艾利森电话股份有限公司 筒状电信塔
ES2288401B1 (es) * 2006-03-28 2009-05-01 GAMESA INNOVATION & TECHNOLOGY S.L. LIFTING EQUIPMENT FOR THE ASSEMBLY OF AN AIRBRUSHER.
ES2326010B2 (es) * 2006-08-16 2011-02-18 Inneo21, S.L. Estructura y procedimiento de montaje de torres de hormigon para turbinas eolicas.
ES2296531B1 (es) * 2006-09-13 2009-03-01 GAMESA INNOVATION & TECHNOLOGY, S.L. TOWER FOR AEROGENERATORS ASSEMBLED WITH PREFABRICATED ELEMENTS.
DE202007003842U1 (de) * 2007-03-15 2007-05-24 Mecal Applied Mechanics B.V. Mast für eine Windturbine
US20080236073A1 (en) * 2007-03-30 2008-10-02 General Electric Company Low cost rail-transportable wind turbine tower
WO2008136717A1 (en) * 2007-05-07 2008-11-13 Telefonaktiebolaget Lm Ericsson (Publ) Antenna tower structure with installation shaft
DE102007031065B4 (de) * 2007-06-28 2011-05-05 Nordex Energy Gmbh Windenergieanlagenturm
WO2009056898A1 (es) * 2007-11-02 2009-05-07 Alejandro Cortina-Cordero Torre de concreto postensado para generadores eolicos
CN101970776B (zh) * 2008-02-06 2012-12-12 安德森塔沃森有限公司 塔架元件
CN101598111B (zh) * 2008-06-05 2012-06-20 严强 大型垂直轴风力发电机结构
ES2356679B1 (es) * 2008-06-06 2011-11-28 Manuel Torres Martinez Torre para aerogenerador.
US8734705B2 (en) * 2008-06-13 2014-05-27 Tindall Corporation Method for fabrication of structures used in construction of tower base supports
CN101725475B (zh) * 2008-10-15 2012-01-04 天津万联管道工程有限公司 具有预制钢筋混凝土基柱的风力发电塔筒
CN101725474B (zh) * 2008-10-15 2012-01-04 天津万联管道工程有限公司 钢筋混凝土预制风力发电塔筒
DE102008053454B4 (de) * 2008-10-28 2012-07-19 Gisela Wendling-Lenz Hybrides Turmbauwerk
WO2010057187A2 (en) * 2008-11-17 2010-05-20 Coben Larry F Tower construct suitable for wind turbines along with methods for fabricating and erecting the same
US8555600B2 (en) * 2008-12-10 2013-10-15 Cortina Innovations, S.A. De C.V. Method for mounting in sections an annular tower for wind power generator, heliostatic power generator or chimney composed from three concrete segments or more
SE534051C2 (sv) 2009-02-27 2011-04-12 Roger Ericsson Prefabricated wall element for tower construction, as well as tower construction
KR20110128336A (ko) * 2009-03-19 2011-11-29 텔레폰악티에볼라겟엘엠에릭슨(펍) 전기통신타워 세그먼트
EP2408981A4 (en) * 2009-03-19 2016-04-06 Ericsson Telefon Ab L M Tubular telecom tower structure
DE102009014926A1 (de) * 2009-03-25 2010-09-30 Drössler GmbH Umwelttechnik Turm
US20100281818A1 (en) * 2009-05-07 2010-11-11 Southworth George L Method for building wind turbine tower
EP2631393B1 (en) 2009-05-19 2015-07-15 Pacadar S.A. A tower for a wind turbine
ES2415205T3 (es) 2009-05-21 2013-07-24 Alstom Wind Sl Conexión compuesta para una estructura de torre de un aerogenerador
ES2378199B1 (es) * 2009-06-24 2013-06-05 Acciona Windpower S.A. Sistema de unión de una góndola con la torre de hormigón de un aerogenerador.
EP2454427B1 (en) * 2009-07-13 2017-02-15 VSL International AG Telescopic tower assembly and method
US8511013B2 (en) * 2009-09-03 2013-08-20 General Electric Company Wind turbine tower and system and method for fabricating the same
WO2011031577A2 (en) 2009-09-09 2011-03-17 National Oilwell Varco, L.P. Method and apparatus for wind turbine erection
US8727690B2 (en) * 2009-09-10 2014-05-20 National Oilwell Varco, L.P. Windmill handling system and method for using same
IT1396433B1 (it) * 2009-11-16 2012-11-23 Rolic Invest Sarl Impianto eolico per la generazione di energia elettrica e metodo per realizzare un pilone del suddetto impianto eolico.
CN102834572B (zh) * 2010-02-01 2015-01-14 科耐拓有限公司 塔架结构和用于装配该塔架结构的方法
EP2354536A1 (en) * 2010-02-02 2011-08-10 Siemens Aktiengesellschaft Support structure for supporting an offshore wind turbine
ES2399863B1 (es) * 2010-03-08 2014-02-11 Acciona Windpower S.A. Torre de aerogenerador y procedimiento de montaje de la misma
EP2374966B1 (en) 2010-04-06 2016-07-20 Soletanche Freyssinet Method of building a hybrid tower for a wind generator
FI20105460A (fi) * 2010-04-27 2011-10-28 Consolis Technology Oy Ab Menetelmä tuulivoimalatornin kokoamiseksi pystytysperustalle sekä laitteisto
EP2385245B1 (en) * 2010-05-05 2017-09-13 Siemens Aktiengesellschaft Steel tower for a wind turbine
US8468776B2 (en) * 2010-06-16 2013-06-25 Cortina Innovations S.A. de C.V. Flange for wind power generators
US20110138704A1 (en) * 2010-06-30 2011-06-16 General Electric Company Tower with tensioning cables
US8572924B2 (en) * 2010-07-30 2013-11-05 Production Resource Group, Llc Truss hub and parts with variable configurations
CA2722226A1 (en) * 2010-08-24 2012-02-24 Mitsubishi Heavy Industries, Ltd. Wind turbine generator and construction method for wind turbine tower
RU2446579C1 (ru) * 2010-09-03 2012-03-27 Александр Александрович Новиков Устройство для передачи информации и система для передачи информации над водной поверхностью морей и океанов
US20110140447A1 (en) * 2010-11-10 2011-06-16 Ingo Paura Reinforcement assembly for use with a support tower of a wind turbine
US20110239564A1 (en) * 2011-04-15 2011-10-06 General Electric Company Apparatus, Composite Section, and Method for On-Site Tower Formation
US8881485B2 (en) 2011-05-23 2014-11-11 Iowa State University Research Foundation, Inc. Wind turbine tower system
US9016012B1 (en) 2011-05-23 2015-04-28 Iowa State University Research Foundation, Inc. Wind turbine tower system
DE102011077428A1 (de) 2011-06-10 2012-12-13 Aloys Wobben Windenergieanlagen-Turm
DE102011078016A1 (de) 2011-06-22 2012-12-27 Aloys Wobben Turmfertigung
CN102322172B (zh) * 2011-07-15 2013-02-27 清华大学 锥形中空夹层钢管混凝土格构式结构电力设施塔架
DE102011079314A1 (de) * 2011-07-18 2013-01-24 Rolf J. Werner Turmförmiges Tragwerk
ES2408330B1 (es) * 2011-11-15 2014-04-15 Structural Concrete & Steel,Sl Torre modular prefabricada
CN102398862B (zh) * 2011-11-21 2014-04-09 武汉船用机械有限责任公司 一种船用起重机的塔身结构
DE102011090194B4 (de) * 2011-12-30 2013-12-05 Rolf J. Werner Turmförmiges Tragwerk
WO2013149619A1 (en) 2012-04-04 2013-10-10 Forida Development A/S Wind turbine comprising a tower part of an ultra-high performance fiber reinforced composite
ES2435211B2 (es) 2012-05-18 2014-12-12 Structural Research, S.L. Self-climbing telescopic crane and assembly procedure for precast concrete towers
BR112015002426A2 (pt) 2012-08-03 2017-07-04 D Lockwood James torre de turbina de vento segmentada protendida de concreto pré-moldado
ES2438626B1 (es) * 2012-10-01 2014-09-10 Gestamp Hybrid Towers, S.L. Support structure for wind turbines and mold to obtain such structures
AT513261B1 (de) 2012-10-30 2014-03-15 Univ Wien Tech Verfahren zur Herstellung eines Turmbauwerks aus Stahlbeton
CN103161349B (zh) * 2013-03-05 2015-07-29 南京联众建设工程技术有限公司 预应力钢混组合式塔柱结构
US9032674B2 (en) 2013-03-05 2015-05-19 Siemens Aktiengesellschaft Wind turbine tower arrangement
JP6108445B2 (ja) * 2013-03-13 2017-04-05 戸田建設株式会社 浮体式洋上風力発電設備
US9574349B2 (en) * 2013-05-13 2017-02-21 Hawkeye Pedershaab Concrete Technologies, Inc. Post-tensioning concrete pipe wrap
FR3009318B1 (fr) 2013-07-30 2015-09-11 Soletanche Freyssinet METHOD OF BUILDING A WORK IN PREFABRICATED CONCRETE ELEMENTS AND ASSOCIATED WORK
PL2846040T3 (pl) * 2013-09-06 2018-09-28 youWINenergy GmbH Tower assembly for wind turbine installation
EP2857614A1 (en) * 2013-10-03 2015-04-08 Francisco Jose Saenz Saenz Concrete tower formed with precast pieces
EP2857615A1 (en) 2013-10-03 2015-04-08 Francisco Jose Saenz Saenz Mounting method and mounting device of a concrete tower formed with precast pieces
ES2538734B1 (es) * 2013-12-20 2016-05-10 Acciona Windpower, S.A. Procedimiento de montaje de torres de hormigón de sección troncocónica y torre de hormigón montada con dicho procedimiento
ES2538733B1 (es) * 2013-12-23 2016-04-14 Acciona Windpower, S.A. Dovela, aerogenerador que comprende una torre conformada por una pluralidad de dichas dovelas y método de construcción de dicho aerogenerador
CN106164396B (zh) * 2014-02-28 2018-11-27 缅因大学系统理事会 用于风力涡轮机的混合型混凝土-复合材料塔架
JP6145056B2 (ja) * 2014-02-28 2017-06-07 三菱重工業株式会社 風力発電装置用タワー及び風力発電装置
CN103883482B (zh) * 2014-03-28 2017-03-29 北京金风科创风电设备有限公司 预制混凝土筒节及其制造方法及风力发电机组塔筒
US10018187B2 (en) 2014-04-25 2018-07-10 Vestas Wind Systems A/S Tower section production process
DE102014209857A1 (de) * 2014-05-23 2015-11-26 Wobben Properties Gmbh Windenergieanlagen-Turm und Verfahren zum Errichten eines Windenergieanlagen-Turms
CN104142092B (zh) * 2014-07-17 2017-06-16 北京航天发射技术研究所 火箭发射用脐带塔
EP3212862B1 (fr) * 2014-10-31 2019-04-24 Soletanche Freyssinet Procédé de fabrication de blocs de construction en béton pour une tour d'aérogénérateur et système associé
FR3029231B1 (fr) * 2014-12-01 2016-12-30 Lafarge Sa CONCRETE SECTION
CA2973391A1 (en) * 2015-01-09 2016-07-14 Tindall Corporation Tower and method for constructing a tower
US9650840B2 (en) 2015-04-27 2017-05-16 National Oilwell Varco, L.P. Method and apparatus for erecting a drilling rig
ES2597429B1 (es) * 2015-07-17 2017-10-24 Calter Ingenieria, S.L. Torre modular
GB2541980B (en) 2015-09-02 2018-02-07 Romax Tech Limited Bearing compression strap
DE102016115042A1 (de) * 2015-09-15 2017-03-30 Max Bögl Wind AG Turm für eine Windkraftanlage aus ringsegmentförmigen Betonfertigteilen
DE102016203526A1 (de) * 2016-01-20 2017-07-20 Ventur GmbH Adaptervorrichtung für einen Turm und Verfahren zur Herstellung
CN105715462B (zh) * 2016-04-05 2019-01-01 大唐湖北新能源有限公司 一种钢混结构风机塔筒
DE102016114661A1 (de) * 2016-08-08 2018-02-08 Wobben Properties Gmbh Turmsegment, Turmabschnitt, Turm, Windenergieanlage sowie Verfahren zum Herstellen eines Turmsegments und zum Verbinden von Turmsegmenten
CN106545471B (zh) * 2016-10-08 2019-04-26 霍尔果斯新国金新能源科技有限公司 塔筒的建造施工方法
CN106829757B (zh) * 2017-02-28 2018-12-14 武汉船用机械有限责任公司 一种海工起重机的塔身结构及其焊接方法
DE102017211092A1 (de) * 2017-06-29 2019-01-03 Ventur GmbH Turm und Verfahren zur Herstellung
EP3502466A1 (en) * 2017-12-19 2019-06-26 Nordex Energy Spain, S.A.U. Wind turbine tower with reinforcing elements
US20190292803A1 (en) * 2018-03-26 2019-09-26 General Electric Company Additively manufactured tower structure and method of fabrication
KR102079713B1 (ko) * 2019-03-25 2020-02-20 이희곤 경작지용 풍력 및 태양광 하이브리드 발전장치
CN109944493B (zh) * 2019-04-08 2021-01-26 江苏健雄电气安装工程有限公司 一种组装式电杆安装用抱杆装置
CN110905271A (zh) * 2019-11-29 2020-03-24 中铁大桥局第七工程有限公司 一种装配式测量塔及其安装方法

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5021331Y1 (ja) * 1970-07-09 1975-06-27
JPS6181979A (en) * 1984-07-31 1986-04-25 Nippon Pressed Concrete Kk Precast prestressed concrete tank and execution method thereof
JPH0495404U (ja) * 1991-01-18 1992-08-19
JP2000283019A (ja) * 1999-03-31 2000-10-10 Pc Bridge Co Ltd コンクリート製風車支持タワー及びその構築方法
JP2004011210A (ja) * 2002-06-05 2004-01-15 Fuji Ps Corp 風力発電施設用主塔

Family Cites Families (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US1194305A (en) * 1916-08-08 Osmeett block fok six
US1031050A (en) * 1911-11-09 1912-07-02 Unit Construction Co Concrete reservoir.
US1050130A (en) * 1912-05-03 1913-01-14 George C Harvey Concrete structure.
US2483175A (en) * 1947-10-10 1949-09-27 Vacuum Concrete Inc Method of molding prestressed structures
US2958983A (en) * 1956-07-23 1960-11-08 Vincent J Hoover Concrete storage structure
USRE27732E (en) * 1971-02-22 1973-08-14 Reinforcement of concrete structures
IT1024029B (it) 1974-09-20 1978-06-20 Velo Dalbrenta Gianfranco Doghe in calcestruzzo precompres so per realizzare serba- toi cilin drici particolarmente per impian ti di depurazi-one
FR2352933B1 (ja) * 1976-05-26 1981-07-31 Demay Freres Ciment Arme
US5038540A (en) * 1981-11-20 1991-08-13 Krautz Alfons O Sectional smokestack
JP2001000658A (ja) 1999-06-16 2001-01-09 Sankyo Kk 弾球遊技機
DE19936603A1 (de) 1999-08-04 2001-02-08 Erwin Keller Verfahren zur Erstellung eines mast- oder turmartigen Hochbauwerkes sowie nach dem Verfahren herstellbares Hochbauwerk und bei der Verfahrensanwendung einsetzbare Innen- und/oder Außenschalung
NL1019953C2 (nl) * 2002-02-12 2002-12-19 Mecal Applied Mechanics B V Geprefabriceerde toren of mast, alsmede een methode voor het samenvoegen en/of naspannen van segmenten die één constructie moeten vormen, alsmede een werkwijze voor het opbouwen van een toren of mast bestaande uit segmenten.
ES1058539Y (es) * 2004-10-11 2005-04-01 Inneo21 S L Estructura perfeccionada de torre modular para turbinas eolicas y otras aplicaciones.
ES2326010B2 (es) * 2006-08-16 2011-02-18 Inneo21, S.L. Estructura y procedimiento de montaje de torres de hormigon para turbinas eolicas.
JP5096029B2 (ja) * 2007-03-29 2012-12-12 株式会社ピーエス三菱 コンクリート製塔状構造物及びその製造方法
WO2009056898A1 (es) * 2007-11-02 2009-05-07 Alejandro Cortina-Cordero Torre de concreto postensado para generadores eolicos

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5021331Y1 (ja) * 1970-07-09 1975-06-27
JPS6181979A (en) * 1984-07-31 1986-04-25 Nippon Pressed Concrete Kk Precast prestressed concrete tank and execution method thereof
JPH0495404U (ja) * 1991-01-18 1992-08-19
JP2000283019A (ja) * 1999-03-31 2000-10-10 Pc Bridge Co Ltd コンクリート製風車支持タワー及びその構築方法
JP2004011210A (ja) * 2002-06-05 2004-01-15 Fuji Ps Corp 風力発電施設用主塔

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2010044380A1 (ja) * 2008-10-15 2010-04-22 株式会社竹中工務店 塔状構造物、及び塔状構造物の構築方法
JPWO2010044380A1 (ja) * 2008-10-15 2012-03-15 株式会社竹中工務店 塔状構造物、及び塔状構造物の構築方法
JP2013007251A (ja) * 2008-10-15 2013-01-10 Takenaka Komuten Co Ltd 塔状構造物、及び塔状構造物の構築方法
JP2011099299A (ja) * 2009-11-09 2011-05-19 Takenaka Komuten Co Ltd 構造物
KR101383162B1 (ko) * 2012-08-08 2014-04-09 한국해양과학기술원 다단형 프리스트레스를 통한 모듈러 풍력타워

Also Published As

Publication number Publication date
JP5236459B2 (ja) 2013-07-17
NZ563504A (en) 2009-10-30
CN101163843A (zh) 2008-04-16
AU2006237397B2 (en) 2011-02-17
EP1876316A1 (en) 2008-01-09
AU2006237397A1 (en) 2006-10-26
US7770343B2 (en) 2010-08-10
DK1876316T3 (da) 2009-10-12
PL1876316T3 (pl) 2009-11-30
DE602006007335D1 (de) 2009-07-30
EP1876316B1 (en) 2009-06-17
CN100570108C (zh) 2009-12-16
MX2007012310A (es) 2008-02-11
WO2006111597A1 (es) 2006-10-26
CA2605249C (en) 2014-07-15
SI1876316T1 (sl) 2009-12-31
ES2246734B1 (es) 2007-04-16
CA2605249A1 (en) 2006-10-26
ES2246734A1 (es) 2006-02-16
PT1876316E (pt) 2009-09-24
AT434099T (de) 2009-07-15
KR20080011667A (ko) 2008-02-05
CY1109360T1 (xx) 2014-07-02
ZA200708246B (en) 2008-08-27
US20080209842A1 (en) 2008-09-04
ES2328851T3 (es) 2009-11-18
BRPI0612953A2 (pt) 2011-10-25

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US10640995B2 (en) Method of constructing a wind tower foundation with pedestal and ribs
US9937635B2 (en) Method of constructing a wind tower foundation
US9096985B1 (en) Foundation with slab, pedestal and ribs for columns and towers
US9163613B2 (en) Support structure for a wind turbine and procedure to erect the support structure
US8307593B2 (en) Tower with adapter section
US8661752B2 (en) Foundation with slab, pedestal and ribs for columns and towers
ES2343450T3 (es) Estructura perfeccionada de torre modular para turbinas eólicas y otras aplicaciones
RU2550124C2 (ru) Ветровая энергетическая установка и сегмент башни ветровой энергетической установки
ES2646046T3 (es) Procedimiento para la fabricación y para el montaje de una construcción de tipo torre tubular
DK2454427T3 (en) Telescopic tower arrangement and method
US9518564B2 (en) Floating hybrid composite wind turbine platform and tower system
DE19823650C2 (de) Verfahren und Vorrichtung zum Herstellen von hohen, hohlen, turmartigen Bauwerken von bis zu zweihundert Metern Höhe und mehr, insbesondere von Türmen für Windkraftanlagen
US8555600B2 (en) Method for mounting in sections an annular tower for wind power generator, heliostatic power generator or chimney composed from three concrete segments or more
EP2310576B1 (en) Base support for wind-driven power generators
US8051627B2 (en) Tower adapter, method of producing a tower foundation and tower foundation
ES2659523T3 (es) Método para erigir un aerogenerador
JP2018053899A (ja) 浮体式風力タービンプラットフォーム及び組立方法
CA2938727A1 (en) Method of mooring floating wind turbine platforms
KR20120002469A (ko) 장력 케이블을 구비한 타워
JP5328910B2 (ja) タワーを組み立てる方法及びタワー
JP4701047B2 (ja) 風力発電タワーの構築方法
US20050129504A1 (en) Wind turbine
JP5330048B2 (ja) 洋上風力発電設備の施工方法
US6532700B1 (en) Flange with cut for wind tower
DK2252749T3 (en) Tower element

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20090330

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110510

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110810

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120207

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20120501

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20120510

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120607

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130305

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130327

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Ref document number: 5236459

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20160405

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313113

R360 Written notification for declining of transfer of rights

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R360

R371 Transfer withdrawn

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R371

R360 Written notification for declining of transfer of rights

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R360

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313113

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250