JP2004155162A - 射出成形機における計量方法及び制御装置 - Google Patents

射出成形機における計量方法及び制御装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2004155162A
JP2004155162A JP2002325435A JP2002325435A JP2004155162A JP 2004155162 A JP2004155162 A JP 2004155162A JP 2002325435 A JP2002325435 A JP 2002325435A JP 2002325435 A JP2002325435 A JP 2002325435A JP 2004155162 A JP2004155162 A JP 2004155162A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
screw
rotation
amount
injection molding
molding machine
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2002325435A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3652681B2 (ja
Inventor
Wataru Shiraishi
亘 白石
Satoshi Takatsugi
聡 高次
Toshio Ishiguro
俊夫 石黒
Hiroyasu Asaoka
裕泰 浅岡
Original Assignee
Fanuc Ltd
ファナック株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fanuc Ltd, ファナック株式会社 filed Critical Fanuc Ltd
Priority to JP2002325435A priority Critical patent/JP3652681B2/ja
Publication of JP2004155162A publication Critical patent/JP2004155162A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3652681B2 publication Critical patent/JP3652681B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C45/00Injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould; Apparatus therefor
    • B29C45/17Component parts, details or accessories; Auxiliary operations
    • B29C45/76Measuring, controlling or regulating
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C2945/00Indexing scheme relating to injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould
    • B29C2945/76Measuring, controlling or regulating
    • B29C2945/76003Measured parameter
    • B29C2945/76066Time
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C2945/00Indexing scheme relating to injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould
    • B29C2945/76Measuring, controlling or regulating
    • B29C2945/76003Measured parameter
    • B29C2945/76083Position
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C2945/00Indexing scheme relating to injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould
    • B29C2945/76Measuring, controlling or regulating
    • B29C2945/76003Measured parameter
    • B29C2945/7611Velocity
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C2945/00Indexing scheme relating to injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould
    • B29C2945/76Measuring, controlling or regulating
    • B29C2945/76003Measured parameter
    • B29C2945/7611Velocity
    • B29C2945/7612Velocity rotational movement
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C2945/00Indexing scheme relating to injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould
    • B29C2945/76Measuring, controlling or regulating
    • B29C2945/76494Controlled parameter
    • B29C2945/76498Pressure
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C2945/00Indexing scheme relating to injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould
    • B29C2945/76Measuring, controlling or regulating
    • B29C2945/76494Controlled parameter
    • B29C2945/76525Electric current or voltage
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C2945/00Indexing scheme relating to injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould
    • B29C2945/76Measuring, controlling or regulating
    • B29C2945/76494Controlled parameter
    • B29C2945/76568Position
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C2945/00Indexing scheme relating to injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould
    • B29C2945/76Measuring, controlling or regulating
    • B29C2945/76494Controlled parameter
    • B29C2945/76595Velocity
    • B29C2945/76605Velocity rotational movement
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C2945/00Indexing scheme relating to injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould
    • B29C2945/76Measuring, controlling or regulating
    • B29C2945/76655Location of control
    • B29C2945/76658Injection unit
    • B29C2945/76665Injection unit screw
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C2945/00Indexing scheme relating to injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould
    • B29C2945/76Measuring, controlling or regulating
    • B29C2945/76929Controlling method
    • B29C2945/76936The operating conditions are corrected in the next phase or cycle
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B29WORKING OF PLASTICS; WORKING OF SUBSTANCES IN A PLASTIC STATE IN GENERAL
    • B29CSHAPING OR JOINING OF PLASTICS; SHAPING OF MATERIAL IN A PLASTIC STATE, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; AFTER-TREATMENT OF THE SHAPED PRODUCTS, e.g. REPAIRING
    • B29C45/00Injection moulding, i.e. forcing the required volume of moulding material through a nozzle into a closed mould; Apparatus therefor
    • B29C45/17Component parts, details or accessories; Auxiliary operations
    • B29C45/76Measuring, controlling or regulating
    • B29C45/766Measuring, controlling or regulating the setting or resetting of moulding conditions, e.g. before starting a cycle

Abstract

【課題】スクリュのオーバーランに起因して変動する計量樹脂量を修正し、正確で均一な計量樹脂量を得る。
【解決手段】計量工程が開始され、スクリュは、設定回転速度で回転し、かつ、樹脂圧力を設定圧力に保持する背圧制御を行い後退する。スクリュが設定計量完了位置近傍Ssで、設定計量完了位置への位置決め制御に切り替えられ、スクリュ回転停止指令が出される。スクリュは回転停止しようとするが、モータ、スクリュ駆動機構等のイナーシャにより、スクリュの後退が設定計量完了位置Sbに停止後、Aaだけオーバーランしてスクリュ回転は停止する。このオーバーランAaに対応する回転量Abだけスクリュを逆回転させることで、オーバーラン分の樹脂量を修正し設定計量樹脂量を得るようにする。これにより、均一な計量樹脂量が得られ、成形品の重量を均一とする。
【選択図】 図3

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、射出成形機に関する。特に、樹脂の計量をより正確に達成できる計量方法及び射出成形機の制御装置に関する。
【0002】
【従来の技術】
インラインスクリュ式射出成形機では、加熱シリンダ内のスクリュを回転させ樹脂材料を溶融混練し、加熱シリンダの先端部に溶融樹脂を圧送し,これに伴って圧力制御を行いながらスクリュを後退させて、スクリュが設定計量点に到達すると、スクリュの回転を止め、かつスクリュの後退も停止させて樹脂の計量を行っている。又、プリプラ式射出成形機も同様で、可塑化回転させてシリンダの先端部に溶融樹脂を供給し、シリンダの先端部に供給された樹脂の圧力でプランジャを後退させて、プランジャが設定位置に達することによって、溶融樹脂の計量を行っている。そして、この計量後にスクリュ又はプランジャを前進させて金型内に溶融樹脂を射出し充填させている。
【0003】
成形品の品質を上げるには、金型内に充填される溶融樹脂の充填量のばらつきを少なくする必要がある。
スクリュ又はプランジャが計量点位置まで後退し、その後、射出を行うとき、計量した溶融樹脂がそのまま射出され金型内に充填されれば、正確な充填量が得られ、成形品の重量のばらつきはなく、成形品の品質を均一に保つことができる。しかし、計量完了から射出工程に移行する際に、計量樹脂量が変化し、正確な溶融樹脂量を射出できないという問題があり、この点を改善するための技術が各種提案されている。
【0004】
計量工程時には、スクリュの回転に伴って発生した溶融樹脂をシリンダ先端部に供給し、射出工程時には、スクリュ先端部の溶融樹脂が後方に逆流せず、金型内に射出されるようにするために、スクリュの先端には、逆止弁、チェックリング等の弁が設けられており、この弁を介して計量完了から射出開始時において、溶融樹脂がスクリュ先端部と後端部間で移動することから計量樹脂量が変化することを防止し、正確に計量樹脂量を射出するようにした技術が提案されている。
【0005】
プリプラ式射出成形機において、計量完了後にプランジャを後退させスクリュ先端部の溶融樹脂の圧力を「0」にした後、プランジャを前進させて逆止弁を後退させてシリンダの後端部から先端部への樹脂通路を閉鎖して溶融樹脂の逆流を防止して計量樹脂量のばらつきをなくすようにしたもの(特許文献1参照)、インライン式射出成形機において、スクリュが計量点まで後退するとスクリュ回転を停止し、スクリュ後退を停止した後,スクリュを逆回転させてシリンダの後端部の樹脂圧力を低下させて逆止弁を後退させて樹脂通路を閉鎖し,サックバックした後射出を開始することにより計量の樹脂量のバラツキをなくしたもの(特許文献2参照)、同様に、計量完了後スクリュを逆転させ又はスクリュの逆転と同時にサックバックを行い、逆止リングで樹脂通路を閉鎖し、その後射出を開始するもの(特許文献3参照)、さらに、計量完了後,サックバックした後にスクリュを逆回転させて、リングバルブで樹脂通路を閉鎖し,その後射出を行うもの等が公知である(特許文献4参照)。
上述した従来の技術では、射出時にシリンダ先端部の溶融樹脂の逆流等が発生して計量樹脂量が変動することを防止するものである。
【0006】
また、正確な計量樹脂量を得るように制御するものとしては、背圧指令とスクリュ回転数指令の組を複数設け、この組み合わせの背圧とスクリュ回転数を連動して制御して、計量行程の終了時にはスクリュ回転数及びスクリュ後退速度を「0」にするように制御することにより、計量を均一にする方法も知られている(例えば、特許文献5参照)。又、計量停止前のスクリュ回転速度をスクリュ後退位置を基準に順次小さい回転数として、安定した計量樹脂量を得るようにしたものも知られている(例えば、特許文献6参照)。
【0007】
【特許文献1】
特開平2−147312号公報(図1)
【特許文献2】
特開平11−240052号公報(段落「0031」)
【特許文献3】
特開平10−16016号公報(段落「0028」、「0029」)
【特許文献4】
特開平9−29794号公報(段落「0015」、「0016」、「0017」)
【特許文献5】
特公平1−26857号公報(第6欄末行〜第7欄21行)
【特許文献6】
特公昭64−6931号公報(特許請求の範囲、第2図)
【0008】
【発明が解決しようとする課題】
スクリュを回転させるモータ、スクリュ、モータの回転力をスクリュに伝動する伝動機構部には、イナーシャがあり、スクリュが計量点位置に達してスクリュ回転用のモータを停止させ、スクリュの回転を停止させようとしても、このイナーシャの影響により、スクリュの回転を瞬時に停止させることはできない。そのため、このイナーシャに伴ってスクリュ、スクリュ回転機構のオーバーランが発生し、この分樹脂量が変化し、計量樹脂量が設定値と同じものとはならなくなる。しかも、このオーバーラン等を伴って発生する計量樹脂量は制御されていないものであるから、見かけ上安定しているだけで、実際は変動するものである。その結果、成形された実際の成形品重量がばらつくなど成形不良の原因となる。
【0009】
又、例えば、設定計量完了位置が同じ条件であっても、スクリュ回転数が大きい場合には、スクリュが停止するまでに時間がかかるため、オーバーランによる余分な樹脂量が計量樹脂量に包含され、計量樹脂量が増加する傾向にあり、成型条件によって、この計量樹脂量が変動することを意味する。そのため、成型条件を決める際には、設定計量完了位置を微調整するなどのよけいでかつ困難な作業を必要とする。又、上述した計量完了位置に近付くとスクリュ回転数を順次小さくして減速する方法は、時間を要し、計量工程に時間がかかりすぎるという問題がある。
【0010】
そこで本発明は、スクリュ回転のオーバーランに起因して変動する計量樹脂量を修正し、より正確で均一な計量樹脂量を得る計量方法及び射出成形機の制御装置を得ることにある。
【0011】
【課題を解決するための手段】
請求項1から請求項3に係わる発明は、射出成形機における計量方法であって、請求項1に係わる発明は、スクリュ又はプランジャ後退位置が設定計量完了位置に達した後のスクリュ回転量を求め、スクリュ回転停止後に求めた回転量だけスクリュを逆回転させることにより正確な設定計量樹脂量を得る計量方法である。又、請求項2に係わる発明は、スクリュ又はプランジャ後退位置が設定計量完了位置に達し停止したときスクリュ回転駆動手段にスクリュ回転停止指令を出力し、その後のスクリュ回転量を計測し、スクリュ回転停止後に計測した回転量だけスクリュを逆回転させることにより、正確な設定計量樹脂量を得る計量方法である。さらに、請求項3に係わる発明は、スクリュ又はプランジャ後退位置が設定計量完了位置に達し停止したときスクリュ回転駆動手段にスクリュ回転停止指令を出力し、その後のスクリュ回転量を計測し設定記憶しておき、以後の計量工程においては、スクリュ又はプランジャ後退位置が設定計量完了位置に達し停止したときスクリュ回転駆動手段にスクリュ回転停止指令を出力し、スクリュ回転停止後に設定記憶された前記回転量だけスクリュを逆回転させるようにした計量方法である。
【0012】
又、請求項4に係わる発明は、スクリュを前後進させるためのスクリュ前後進用モータと、スクリュを回転させるためのスクリュ回転用モータとを備え、計量中にはスクリュ回転用モータを所定方向に回転させながら、スクリュ前後進用モータを駆動しスクリュを設定計量完了位置まで後退させるインライン式射出成形機における制御装置において、スクリュが設定計量完了位置に到達した時点からスクリュ回転が減速停止するまでの間に前記スクリュがオーバーランした回転量を求める手段と、スクリュ回転用モータを駆動し前記回転量に基づいて計量中とは逆の方向にスクリュを回転させる手段とを備えることにより、正確な設定計量樹脂量を得るようにしたものである。又、請求項5に係わる発明は、スクリュが設定計量完了位置に到達した時点からスクリュ回転が減速停止するまでのスクリュのオーバーラン分の回転量を予め設定記憶する手段と、計量完了におけるスクリュ回転停止後、スクリュ回転用モータを前記記憶する回転量だけ計量中とは逆の方向にスクリュを回転させる手段を備えるようにしたものである。請求項6に係わる発明は、スクリュ回転が停止した直後に計量中とは逆に回転させるようにしたものである。さらに、請求項7に係わる発明は、スクリュ回転用モータを計量時とは逆にスクリュを回転させるときは、予め設定した回転速度で回転させることとしたものである。
【0013】
又、請求項8に係わる発明は、プランジャ式射出成形機に本発明を適用したものであり、上述した請求項4から請求項7に係わる発明において、スクリュを前後進させるためのスクリュ前後進用モータの代わりに、プランジャを前後進させるためのプランジャ前後進用モータを設け、スクリュを前後進させる代わりに該プランジャ前後進用モータでプランジャを前後進させるようにしたものである。
【0014】
【発明の実施の形態】
図1は、本発明の制御装置が適用されるインライン式射出成形機の一例の射出機構部の概要図である。図において、1は金型、2はシリンダ、3はスクリュ、4はシリンダ内に樹脂のペレットを供給するホッパ、5は射出機構を構成するフロントプレート、6はリアプレート、前記フロントプレート5とリアプレート6間にはガイドバー7が複数設けられ、該ガイドバー7にガイドされてプッシャープレート8が前後進方向(図において左右方向)に移動自在に配置されている。該プッシャープレート8にスクリュ3の基部が回動自在に取り付けられていると共に、該基部にはプーリ12が取り付けられ、スクリュ回転用サーボモータM1によって、駆動プーリ14、タイミングベルト13、従動プーリ12を介してスクリュ3は回転駆動される。なお、スクリュ回転用サーボモータM1は、図では省略しているが、プッシャープレート8に取り付けられ該プッシャープレート8と共に前後進するものである。又、プッシャープレート8には、圧力センサ(ロードセル)9を介してボールナット10が取り付けられ、該ボールナット10にはボールネジ11が螺合し、該ボールネジ11はスクリュ前後進用サーボモータM2によって、駆動プーリ15、タイミングベルト16、従動プーリ17を介して回転駆動される。これにより、プッシャープレート8を介してスクリュ3は軸方向(図において左右方向)に駆動されることになる。
図2は、この射出成形機を制御する制御装置の要部ブロック図で、本発明の制御装置はこのブロック図の制御装置によって構成されている。
【0015】
図2において、符号26は、この射出成形機全体を制御するプロセッサであり、バス29を介して、アナログ信号をデジタル信号に変換するA/D変換器20、サーボインターフェース21、22、入出力インターフェース25、ROM、RAM、不揮発性RAM等で構成されたメモリ27が接続されている。A/D変換器20には、圧力センサ(ロードセル)9が接続され、サーボインターフェース21、22には、それぞれサーボアンプ23、24が接続されている。
【0016】
サーボアンプ23にはサーボモータM1、パルスエンコーダ等の位置・速度検出器P1が接続されている。該位置・速度検出器P1によって、サーボモータM1の位置、回転速度を検出することにより、スクリュ3の回転量、回転速度を検出している。サーボアンプ23は、計量時にはプロセッサ26から指令される移動指令を、サーボインターフェース21を介して受け取り、位置・速度検出器P1によって検出され、フィードバックされるサーボモータM1の実速度(スクリュの回転速度)により、速度のフィードバック制御を行い、更には電流(トルク)のフィードバック制御をも行ってサーボモータM1を駆動制御する。又、本発明の特徴とする構成として、プロセッサ26から指令される計量時とは逆方向の所定回転量の移動指令により回転量の制御(位置の制御)がなされる。
【0017】
又、サーボアンプ24には、サーボモータM2、パルスエンコーダ等の位置・速度検出器P2が接続されている。該位置・速度検出器P2によって、サーボモータM2の回転位置、回転速度を検出することにより、スクリュ3の前後進位置及び前後進速度を検出している。サーボアンプ24は、プロセッサ26から指令される位置指令若しくは速度指令を、サーボインターフェース22を介して受け取り、位置・速度検出器P2によって検出され、フィードバックされるサーボモータM2の回転位置及び/又は実速度(スクリュの速度)により、位置及び/又は速度のフィードバック制御を行い、更には電流(トルク)のフィードバック制御をも行ってサーボモータM2を駆動制御する。なお、サーボアンプ23,24は、電気回路等のハードウエアのみで構成してもよいが、この実施形態では、プロセッサ、ROM、RAM等で構成し、サーボモータの位置、速度、トルク等の制御をソフトウエアで制御する、いわゆるデジタルサーボアンプで構成している。
【0018】
入出力インターフェース25には、液晶やCRTで構成された表示手段を備えるデータ入出力装置28が接続され、該入出力装置28によって各種指令、各種パラメータの設定等が可能で、かつ、表示手段には、各種設定値や後述するスクリュ回転数、スクリュ後退位置、スクリュ回転トルク等を表示できるようになっている。
【0019】
上述した構成は、従来の射出成形機の制御装置における構成と同一であるが、後述する計量樹脂量を正確で均一にするためのスクリュを逆回転制御する機能手段を備えている点が従来の射出成形機の制御装置とは異なるものである。
【0020】
図3は、本発明の原理説明図である。横軸は時間であり、図3(a)の縦軸はスクリュ後退速度を表し、図3(b)の縦軸はスクリュ回転速度を表す。計量工程に入ると、スクリュは設定回転速度まで加速され該設定回転速度を維持する。又、溶融樹脂に対して背圧制御がなされ設定背圧に保持され、その結果、スクリュは、ほぼ一定速度で後退する。
【0021】
設定計量完了位置Sbまでの残移動量(位置偏差量)が、設定位置偏差量Ssに達したとき、設定計量完了位置Sbへの位置決め制御に切り替えられ、かつスクリュ回転停止指令が出力される。スクリュ後退速度は減速され、設定計量完了位置Sbに位置決めされスクリュ後退は停止する。なお、この計量行程を複数の段階に分け、スクリュ回転速度、スクリュ後退速度(背圧)を変えて制御する場合もある。
【0022】
一方、スクリュ回転停止指令量により、スクリュが回転停止する際、モータ、スクリュ、スクリュ回転駆動機構等のイナーシャにより、直ちに停止することができず、図3(b)に示すように、スクリュ後退の停止と共に停止せず、オーバーランしてスクリュ回転は停止する。このオーバーラン分の回転量Aaだけ余分に樹脂を計量したことになり、これを射出すれば、設定計量樹脂量より多めの樹脂量が射出されることになる。しかも、このオーバーランの回転量Aaは、制御されたものではないから、毎計量工程毎変動するおそれがあり、成形品の重量にバラツキが発生する原因となる。
【0023】
そこで、本発明は、このオーバラン分の回転量Aaを計測し、この回転量Aaに対応する量Abだけスクリュを逆回転させる。その結果、射出シリンダのスクリュ先端部に蓄積され、圧縮されている溶融樹脂は、逆回転分Ab、すなわち、オーバーランの回転量Aa分スクリュ側に逆流させられる。そして、射出を開始すれば、オーバーランによる余分な樹脂量は上述した逆回転によって補正され、設定計量樹脂量が射出されることになり、成形品のバラツキを減少させることができる。
【0024】
図4は、上述した本発明の原理に基づいて、本実施形態における制御装置のプロセッサ26が実行する計量工程の動作処理フローチャートである。
計量工程に入るとプロセッサ26は、スクリュ前後進用サーボモータM2に対しては、設定計量完了位置Sbまでスクリュを後退させる移動量を、サーボインターフェース22を介してサーボアンプ24に出力する(ステップT1)。この移動量は、サーボアンプ24内の位置ループ制御のために設けられたエラーレジスタに格納される。また、A/D変換器20を介して圧力センサ(ロードセル)9で検出した樹脂圧力Paを読みとり、設定された樹脂圧力Paと該検出した樹脂圧力との圧力偏差に基づいてスクリュ後退移動指令を求め、サーボインターフェース22を介してサーボアンプ24に出力する(ステップT2)。最初は、サーボアンプ24内のエラーレジスタには、計量完了位置Sbまでの移動量が格納されるが、このエラーレジスタに記憶された位置偏差に基づく位置ループ制御は行われず、圧力偏差に基づく移動指令に基づいて、スクリュ前後進用サーボモータM2は駆動制御される。
【0025】
また、設定されているスクリュ回転速度でスクリュを回転させる指令を、サーボインターフェース21を介してサーボアンプ23に出力する(ステップT3)。
サーボアンプ24は圧力偏差に基づく後退移動動指令を受けると、該後退移動指令と速度検出器P2からフィードバックされる速度情報に基づいて速度のフィードバック制御を行い、スクリュ前後進用サーボモータM2を移動させる。これにより樹脂圧力のフィードバック制御による背圧制御がなされる。又、サーボアンプ23は、スクリュ回転指令を受けて、この指令された設定回転速度と位置・速度検出器P1からフィードバックされる速度情報に基づいて、速度のフィードバック制御を行い、スクリュ回転用サーボモータM1を設定速度で回転させる。こうして、図3(a),(b)に示すように、スクリュは圧力制御を行いながら後退すると共に設定回転速度で回転を開始し、樹脂の溶融混練りを行う。
【0026】
次にプロセッサ26は、位置・速度検出器P2からフィードバックされてくる位置情報を減算し、現時点の位置偏差量を記憶するエラーレジスタの値Sdを読み出し(ステップT4)、回転速度調整点及び圧力制御から位置決め制御への切り替え点として設定された位置偏差Ssと比較する(ステップT5)。
【0027】
読み取った現在の位置偏差Sdが設定位置偏差Ssより大きければステップT2に戻り、位置偏差Sdが設定位置偏差Ss以下となるまでステップT2〜ステップT5の処理を繰り返し実行し、図3(a)に示すようにスクリュ3は圧力偏差に基づく後退速度で後退し、スクリュ3は図3(b)に示すように設定速度の回転を持続する。
【0028】
位置偏差Sdが設定位置偏差Ss以下となると、圧力偏差による移動指令を停止し(圧力フィードバック制御を停止し)、エラーレジスタに記憶する位置偏差(設定計量完了位置Sbでの残移動量)に基づく位置ループ制御に切り替え位置決め制御を開始する(ステップT6,T7)。又スクリュ回転用サーボモータM1のサーボアンプ23には回転停止指令(速度指令の停止)を出力する(ステップT8)。設定位置偏差Ssは、予めスクリュ後退速度を測定しておき、該スクリュ後退速度とスクリュ前後進用サーボモータM2の加減速時定数に基づいて停止のために減速開始してから停止するまでの移動量に相当する量を予め求め位置偏差Ssとして設定しておく。又は、実際のスクリュ後退速度を検出して、この検出後退速度と加減速時定数より、減速停止に要する移動量を求めこの量を位置偏差Ssとして自動設定するようにしてもよい。その結果、図3(a),(b)に示すように、スクリュ後退速度もスクリュ回転速度も減速されることになる。
【0029】
スクリュ後退は設定計量完了位置Sbへの位置決め指令であることから、設定計量完了位置Sbへ減速して位置決めされる。そこで、スクリュ3の現在位置Saが設定計量完了位置Sbに達したことが検出されると(ステップT9)、プロセッサ26は、位置・速度検出器P1からフィードバックされてくる位置情報に基づいて得られるスクリュ3の現在回転位置Raを、サーボインターフェース21を介して読み取り計量終了時のスクリュ回転量Rbとして記憶する(ステップT10)。
【0030】
しかし、図3に示すように、回転停止指令が入力され、スクリュ回転用サーボモータM1の駆動が停止されても、モータM1、スクリュ3、スクリュ駆動機構等のイナーシャにより、スクリュ3は直ちに停止できず、オーバーランして停止する。プロセッサ26は、スクリュ3のこの回転停止を検出すると(ステップT11)、スクリュ3の現在回転位置Raを検出し、スクリュ3が回転停止したときのスクリュ回転量Rsとして記憶する(ステップT12)。
【0031】
こうして求めた、スクリュ3が回転停止したときのスクリュ回転量Rsと計量終了時のスクリュ回転量Rbとの差だけ、今までとは逆(計量工程におけるスクリュ回転方向とは逆)の回転方向に、設定回転速度、もしくは、計量時の回転速度と同じ速度でスクリュ3を回転させる回転指令をサーボアンプ23に出力し、スクリュ回転用サーボモータM1を駆動し(ステップT13)、計量工程の処理を終了する。
【0032】
その結果、図3に示すように、計量完了後、スクリュ3がオーバーランして回転した量Aaに相当する量Abだけ逆回転させられることにより、計量樹脂量はスクリュ3のオーバーラン回転よる余分な量が修正され、設定計量樹脂量を得ることができる。
【0033】
上述した実施形態では、サーボモータに接続された位置・速度検出器によってスクリュ回転量を検出したが、スクリュの回転量を直接検出する検出器によってスクリュ回転量を検出してもよい。
【0034】
又、上述した実施形態では、ステップT10で計量完了点でスクリュ回転位置Rbを求めステップT12でスクリュ回転停止時のスクリュ回転位置Rsを求めてその差よりオーバーラン分の回転量を求めたが、位置・速度検出器P1がパルスエンコーダのようなパルス出力のような場合には、該パルスを計数するカウンタを設け、ステップT10で該カウンタをリセットし、ステップT12でこのカウンタを読み出し、このカウンタ値よりオーバーラン分の回転移動量を求めるようにしてもよい。さらには、計量完了点からスクリュ回転の回転が停止するまでの時間を測定し、該時間とスクリュ回転速度からオーバーラン量を算出し、この算出量を逆回転量としてもよい。この場合、図4に示す処理において、ステップT10でタイマーをスタートさせ、ステップT12でタイマーをストップさせて、減速停止までの時間を測定し、ステップT13で、この測定時間と設定回転速度より逆回転量を求め出力するようにすればよい。
【0035】
又、予めオーバーラン量Aaに繰り返し安定性があるような場合には、このオーバーラン量Aaを逆回転量Abとして設定しておき、スクリュ回転減速停止直後にこの設定量Abだけ逆方向に回転させるようにしてもよい。この場合、図4に示す動作処理において、ステップT10,T12の処理は必要がなく、ステップT13の処理が、設定回転量Abだけ逆回転させる処理となる。なお、この場合も、逆回転の指令速度は、計量時の回転速度を自動的に逆回転時の速度指令値としても、又は、逆回転時の指令速度を設定しておいてもよい。
【0036】
又上述した各実施形態では、インライン式射出成形機に本発明を適用した例を述べたが、プランジャ式射出成形機にも本発明は適用できるものである。この場合には、スクリュ前後進用サーボモータM2がプランジャ前後進用モータとなり、該プランジャ前後進用モータでプランジャが前後進させられるものとなる。そして、スクリュは単にスクリュ回転用サーボモータM1で回転駆動されるのみとなる。計量工程時の動作制御は、スクリュ前後進用サーボモータM2の代わりに、プランジャ前後進用モータがスクリュ前後進用サーボモータM2と同様に駆動制御されるだけで他は変わりはない。又、上述した各実施形態では電動式射出成形機の例で説明したが、油圧式射出成形機においても本発明は適用できるものである。
【0037】
【発明の効果】
スクリュや該スクリュ回転駆動機構等のイナーシャにより、計量完了後にスクリュが回転するオーバーランによる余分な計量樹脂量を修正し、より正確な設定計量樹脂量を得ることができ、その結果、成形品の重量等を均一にし、安定した成形を得ることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の各実施形態が適用される射出成形機の射出機構部の概要図である。
【図2】同射出成形機を制御する制御装置であって本発明の制御装置を構成する一実施形態の要部ブロック図である。
【図3】本発明の動作原理の説明図である。
【図4】本発明の一実施形態の動作処理フローチャートである。
【符号の説明】
3 スクリュ
M1 スクリュ回転用サーボモータ
M2 スクリュ前後進用サーボモータ

Claims (8)

  1. 射出成形機における計量方法であって、スクリュ又はプランジャ後退位置が設定計量完了位置に達した後のスクリュ回転量を求め、スクリュ回転停止後に前記求めた回転量だけスクリュを逆回転させることを特徴とする射出成形機における計量方法。
  2. 射出成形機における計量方法であって、スクリュ又はプランジャ後退位置が設定計量完了位置に達し停止したときスクリュ回転駆動手段にスクリュ回転停止指令を出力し、その後のスクリュ回転量を計測し、スクリュ回転停止後に前記計測した回転量だけスクリュを逆回転させることを特徴とする射出成形機における計量方法。
  3. 射出成形機における計量方法であって、スクリュ又はプランジャ後退位置が設定計量完了位置に達し停止したときスクリュ回転駆動手段にスクリュ回転停止指令を出力し、その後のスクリュ回転量を計測し設定記憶しておき、以後の計量工程においては、スクリュ又はプランジャ後退位置が設定計量完了位置に達し停止したときスクリュ回転駆動手段にスクリュ回転停止指令を出力し、スクリュ回転停止後に前記設定記憶された回転量だけスクリュを逆回転させることを特徴とする射出成形機における計量方法。
  4. スクリュを前後進させるためのスクリュ前後進用モータと、スクリュを回転させるためのスクリュ回転用モータとを備え、計量中にはスクリュ回転用モータを所定方向に回転させながら、スクリュ前後進用モータを駆動しスクリュを設定計量完了位置まで後退させるインライン式射出成形機における制御装置において、
    スクリュが設定計量完了位置に到達した時点からスクリュ回転が減速停止するまでの間に前記スクリュがオーバーランした回転量を求める手段と、
    スクリュ回転用モータを駆動し前記回転量に基づいて計量中とは逆の方向にスクリュを回転させる手段とを備えたことを特徴とする射出成形機における制御装置。
  5. スクリュを前後進させるためのスクリュ前後進用モータと、スクリュを回転させるためのスクリュ回転用モータとを備え、計量中にはスクリュ回転用モータを所定方向に回転させながら、スクリュ前後進用モータを駆動しスクリュを設定計量完了位置まで後退させるインライン式射出成形機における制御装置において、
    スクリュが設定計量完了位置に到達した時点からスクリュ回転が減速停止するまでのスクリュのオーバーラン分の回転量を予め設定記憶する手段と、計量完了におけるスクリュ回転停止後、スクリュ回転用モータを前記記憶する回転量だけ計量中とは逆の方向にスクリュを回転させる手段を備えたことを特徴とする射出成形機における制御装置。
  6. 前記計量中とは逆の方向にスクリュを回転させる手段は、スクリュ回転が停止した直後に計量中とは逆に回転させる請求項4又は請求項5に記載の射出成形機における制御装置。
  7. 前記計量中とは逆の方向にスクリュを回転させる手段は、予め設定した回転速度でスクリュ回転用モータを計量時とは逆にスクリュを回転させることを特徴とする請求項4乃至6の内いずれか1項に記載の射出成形機における制御装置。
  8. 前記射出成形機はインライン式射出成形機の代わりにプランジャ式射出成形機であって、スクリュを前後進させるためのスクリュ前後進用モータの代わりに、プランジャを前後進させるためのプランジャ前後進用モータを設け、スクリュを前後進させる代わりに該プランジャ前後進用モータでプランジャを前後進させる請求項4乃至7の内いずれか1項に記載の射出成形機における制御装置。
JP2002325435A 2002-11-08 2002-11-08 射出成形機における計量方法及び制御装置 Expired - Fee Related JP3652681B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002325435A JP3652681B2 (ja) 2002-11-08 2002-11-08 射出成形機における計量方法及び制御装置

Applications Claiming Priority (8)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002325435A JP3652681B2 (ja) 2002-11-08 2002-11-08 射出成形機における計量方法及び制御装置
TW092129729A TWI225003B (en) 2002-11-08 2003-10-27 Measuring method and controlling device for injection molding machine
CNB2003101132048A CN1287970C (zh) 2002-11-08 2003-11-05 注射成形机的计量方法及控制装置
CNB2006100076222A CN100431823C (zh) 2002-11-08 2003-11-05 注射成形机的计量方法及控制装置
US10/702,519 US7235198B2 (en) 2002-11-08 2003-11-07 Metering method and control apparatus for injection molding machine
DE60325542T DE60325542D1 (de) 2002-11-08 2003-11-07 Dosierungsverfahren und Steuerungsvorrichtung für eine Spritzgiessmaschine
EP03257052A EP1418039B1 (en) 2002-11-08 2003-11-07 Metering method and control apparatus for injection molding machine
US11/412,954 US7435070B2 (en) 2002-11-08 2006-04-28 Control apparatus for injection molding machine

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2004155162A true JP2004155162A (ja) 2004-06-03
JP3652681B2 JP3652681B2 (ja) 2005-05-25

Family

ID=32105502

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002325435A Expired - Fee Related JP3652681B2 (ja) 2002-11-08 2002-11-08 射出成形機における計量方法及び制御装置

Country Status (6)

Country Link
US (2) US7235198B2 (ja)
EP (1) EP1418039B1 (ja)
JP (1) JP3652681B2 (ja)
CN (2) CN100431823C (ja)
DE (1) DE60325542D1 (ja)
TW (1) TWI225003B (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005014573A (ja) * 2003-06-30 2005-01-20 Japan Steel Works Ltd:The スクリュプリプラ式射出成形方法及び装置
CN110039706A (zh) * 2019-04-18 2019-07-23 东华机械有限公司 一种全电动注塑机及其熔胶控制方法

Families Citing this family (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4264427B2 (ja) * 2005-05-30 2009-05-20 日精樹脂工業株式会社 射出成形機の計量方法
JP4376827B2 (ja) * 2005-06-13 2009-12-02 日精樹脂工業株式会社 射出成形機の計量制御方法
JP4038226B2 (ja) 2006-02-22 2008-01-23 ファナック株式会社 射出成形機の計量方法及び制御装置
JP4231517B2 (ja) * 2006-09-12 2009-03-04 日精樹脂工業株式会社 射出成形機の計量制御方法
DE102007020274B4 (de) * 2007-04-30 2009-04-02 Siemens Ag Messsystem zum Erfassen einer Dreh-Linear-Bewegung und entsprechender Drehlinearantrieb
JP4199286B1 (ja) * 2007-06-11 2008-12-17 ファナック株式会社 射出成形機
EP2017061B1 (en) * 2007-07-17 2010-04-28 Fanuc Ltd Injection molding machine with check ring closure determining means
JP4410816B2 (ja) * 2007-10-02 2010-02-03 日精樹脂工業株式会社 射出成形機の制御装置
DE102009012482B4 (de) * 2009-03-12 2013-10-17 Karl Hehl Spritzgießeinheit für eine Spritzgießmaschine zur Verarbeitung von Kunststoffen
CN102275282B (zh) * 2011-08-15 2013-06-26 富强鑫(宁波)机器制造有限公司 多组份塑胶射出成型的塑胶控制机构及其控制模式
JP5507519B2 (ja) 2011-10-14 2014-05-28 ファナック株式会社 射出成形機の計量制御装置
TWI577527B (zh) * 2011-10-28 2017-04-11 賜福科技股份有限公司 成型射出機構
JP6177712B2 (ja) * 2014-02-28 2017-08-09 住友重機械工業株式会社 射出成形機

Family Cites Families (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3317962A (en) * 1965-03-17 1967-05-09 Injection Molders Supply Co In Injection machine positive stop
JPH0126857B2 (ja) 1984-06-25 1989-05-25 Toshiba Machine Co Ltd
JPH0458371B2 (ja) * 1985-04-08 1992-09-17 Fanuc Ltd
JPH046535B2 (ja) * 1985-11-20 1992-02-06 Fanuc Ltd
DE3672983D1 (de) * 1985-12-17 1990-08-30 Japan Steel Works Ltd Spritzgiessmaschine und verfahren zu deren kontrolle.
JPH0575093B2 (ja) 1987-06-29 1993-10-19 Sharp Kk
JPS646931U (ja) 1987-07-02 1989-01-17
US4879077A (en) * 1988-02-29 1989-11-07 Nissei Jushi Kogyo Kabushiki Kaisha Control method of injection molding machine
JPH0298421A (en) * 1988-10-04 1990-04-10 Toyo Mach & Metal Co Ltd Method of controlling injection of injection molding machine
JP2615948B2 (ja) 1988-11-30 1997-06-04 松下電器産業株式会社 プリプラ射出成形機の射出制御方法
JP2866019B2 (ja) * 1995-01-27 1999-03-08 住友重機械工業株式会社 電動射出成形機の射出装置
JP2814212B2 (ja) * 1995-07-19 1998-10-22 日精樹脂工業株式会社 射出装置における射出方法
JP3118188B2 (ja) 1996-07-03 2000-12-18 住友重機械工業株式会社 射出成形方法
JP3877190B2 (ja) * 1997-07-18 2007-02-07 住友重機械工業株式会社 逆流防止装置
JPH11240052A (ja) 1998-02-24 1999-09-07 Toyo Mach & Metal Co Ltd 射出成形機の運転方法
JP3250180B2 (ja) 1998-06-17 2002-01-28 住友重機械工業株式会社 電動射出成形機の可塑化/計量工程における除圧方法
DE19834086C1 (de) * 1998-07-29 2000-01-05 Battenfeld Gmbh Verfahren zum Spritzgießen von Kunststoff-Formteilen
JP3056215B1 (ja) 1999-05-25 2000-06-26 ファナック株式会社 射出成形機の計量制御装置
JP3549101B2 (ja) * 2000-06-16 2004-08-04 日精樹脂工業株式会社 逆流防止弁を備えた射出装置

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005014573A (ja) * 2003-06-30 2005-01-20 Japan Steel Works Ltd:The スクリュプリプラ式射出成形方法及び装置
CN110039706A (zh) * 2019-04-18 2019-07-23 东华机械有限公司 一种全电动注塑机及其熔胶控制方法

Also Published As

Publication number Publication date
EP1418039A2 (en) 2004-05-12
US7235198B2 (en) 2007-06-26
EP1418039B1 (en) 2008-12-31
CN1287970C (zh) 2006-12-06
CN100431823C (zh) 2008-11-12
EP1418039A3 (en) 2006-05-03
CN1498742A (zh) 2004-05-26
US20060193943A1 (en) 2006-08-31
US7435070B2 (en) 2008-10-14
CN1827345A (zh) 2006-09-06
US20040096534A1 (en) 2004-05-20
TW200408526A (en) 2004-06-01
JP3652681B2 (ja) 2005-05-25
DE60325542D1 (de) 2009-02-12
TWI225003B (en) 2004-12-11

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7128854B2 (en) Control system for an injection molding machine and a method for controlling the injection molding machine
US7125232B2 (en) Controller of injection molding machine
JP2004155162A (ja) 射出成形機における計量方法及び制御装置
US7021917B2 (en) Injection molding machine metering and control device
JP2006327127A (ja) 射出成形機の計量方法
JP4038226B2 (ja) 射出成形機の計量方法及び制御装置
JPH0929794A (ja) 射出装置における射出方法
JP5351307B1 (ja) 射出成形機の圧力制御装置
JP2005035132A (ja) 射出成形機の計量制御方法
KR102277106B1 (ko) 사출성형기의 제어장치 및 방법
JP2627047B2 (ja) 射出成形機の成形条件設定方法
US9162386B2 (en) Controller for an injection molding machine
JP4571163B2 (ja) サックバック量設定方法及び射出成形機
JPH11207792A (ja) インラインスクリュー式の射出成形機の制御方法
JP4040989B2 (ja) 射出成形機およびその制御方法ならびに制御プログラム
JP2003334847A (ja) 射出成形機の計量制御方法および装置
JP4109294B2 (ja) 射出成形機の射出制御方法およびその装置
JP2005014225A (ja) 計量工程およびサックバック工程の最適化制御方法
JP3737716B2 (ja) 射出成形機の射出制御方法
JPH09295328A (ja) 射出成形機の計量方法
JP2006192818A (ja) 射出成形機の射出制御方法およびその射出装置
JP2003053810A (ja) 射出成形機の射出制御方法およびその装置
JP2001353762A (ja) 射出装置

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20050127

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20050208

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20050223

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080304

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090304

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100304

Year of fee payment: 5

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees