JP2003328369A - プレキャストコンクリート部材、これを用いたケーソンの構築方法及びトンネルの構築方法 - Google Patents

プレキャストコンクリート部材、これを用いたケーソンの構築方法及びトンネルの構築方法

Info

Publication number
JP2003328369A
JP2003328369A JP2002133823A JP2002133823A JP2003328369A JP 2003328369 A JP2003328369 A JP 2003328369A JP 2002133823 A JP2002133823 A JP 2002133823A JP 2002133823 A JP2002133823 A JP 2002133823A JP 2003328369 A JP2003328369 A JP 2003328369A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
plate
shaped
concrete
caisson
precast concrete
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2002133823A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3943435B2 (ja
Inventor
Hitoshi Yamaji
斉 山地
Toshihiro Kurokawa
敏広 黒川
Yoshiaki Okada
善明 岡田
Seiichi Oka
誠一 岡
Hiroshi Mikami
博 三上
Original Assignee
Sumitomo Mitsui Construction Co Ltd
三井住友建設株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sumitomo Mitsui Construction Co Ltd, 三井住友建設株式会社 filed Critical Sumitomo Mitsui Construction Co Ltd
Priority to JP2002133823A priority Critical patent/JP3943435B2/ja
Publication of JP2003328369A publication Critical patent/JP2003328369A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3943435B2 publication Critical patent/JP3943435B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Active legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 プレキャストコンクリート部材を用いてケ
ーソンを効率良く構築する。 【解決手段】 プレキャストコンクリート部材10
は、ケーソンの躯体部の周面の一部を形成するものであ
り、外周面を形成する外側板状部11と、内周面を形成
する内側板状部12と、これらを連結する鉛直壁部13
とを有し、これらで囲まれた空間内に現場でコンクリー
トが打設される。このため、外側板状部11と内側板状
部12との間隔が正確に維持され、躯体部の外周面と内
周面とを形成する型枠の間隔の調整が不要となる。ま
た、クレーン等で吊り上げて容易に所定位置に据え付け
ることができる。外側板状部11及び内側板状部12内
には水平方向に複数の帯鉄筋15が設けられており、対
向する帯鉄筋15はあらかじめ中間帯鉄筋17によって
連結されている。このため、現場で中間帯鉄筋17を配
置する作業を簡略化できる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本願に係る発明は、大型のケ
ーソンの躯体を構築するために用いるプレキャストコン
クリート部材、このプレキャストコンクリート部材を用
いたケーソンの構築方法及び上記プレキャストコンクリ
ート部材を用いたケーソンを利用してトンネルを構築す
る方法に関する。
【0002】
【従来の技術】ケーソンは一般に橋梁等の基礎やトンネ
ルを構築する際のシールドの発進・到達立坑、地下河川
立坑として用いられる。ケーソンを構築する工法として
は、地盤上に刃口部を形成した後、刃口部上にケーソン
躯体の型枠を組立て、型枠内にコンクリートを現場打設
する工法の他、工場等においてケーソン躯体となるプレ
キャストコンクリート部材を製作し、このプレキャスト
コンクリート部材を現場で組立てる工法がある。プレキ
ャストコンクリート部材を用いる工法では、該プレキャ
ストコンクリート部材は工場等の条件が良好なところで
製作されるため、施工現場での作業工程を大幅に削減し
て工期を短縮するとともに、作業の省力化を図ることが
できる。
【0003】一方、大型のケーソンを構築する場合に
は、強度及び剛性を確保するためにケーソン躯体を十分
に厚くする必要がある。ケーソン躯体をプレキャストコ
ンクリート部材のみで形成すると、プレキャストコンク
リート部材が大型化、重量化し、工場で製作した後の取
り扱いや搬入据付が困難となる。
【0004】そこで、プレキャストコンクリート部材
を、ケーソン躯体の外周面及び内周面となる位置に対向
するように配置し、型枠として用いる工法が知られてい
る。この工法では、プレキャストコンクリート部材によ
って囲まれた範囲内にコンクリートを現場で打設し、プ
レキャストコンクリート部材と現場打設されたコンクリ
ートとを一体としてケーソン躯体を形成する。また、プ
レキャストコンクリート部材内には、構造物に必要な鉄
筋の一部である帯鉄筋をあらかじめ配置しておくことも
できる。このため、構築現場における型枠工事及び鉄筋
の組立て工事等の作業を低減し、工期を短縮することが
できる。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記の
ようなプレキャストコンクリート部材を型枠として用い
る工法では、次のような問題点がある。ケーソン躯体の
外周面を形成するプレキャストコンクリート部材と内周
面を形成するプレキャストコンクリート部材とを、それ
ぞれ正確な位置に配置するのに多くの作業を要する。ま
た、プレキャストコンクリート部材は、硬化したコンク
リート上に不安定な状態で鉛直方向に配置される。この
ため、プレキャストコンクリート部材が転倒しないよう
に、また、内側へコンクリートを打設するときに変位が
生じないようにしっかりと支持しなければならず、作業
効率が悪くなる。
【0006】一方、ケーソン躯体の外周面及び内周面を
形成するプレキャストコンクリート部材のそれぞれの内
面付近には、鉛直方向に多数の主鉄筋が配置されてい
る。この主鉄筋は、地震時の荷重のような水平方向の力
によって大きな曲げモーメントが生じたときの引張応力
に抵抗し、ケーソン躯体の破壊を防止するように作用す
るものである。また、プレキャストコンクリート部材内
には、水平方向に複数の帯鉄筋が配置されており、この
帯鉄筋によって主鉄筋の引張応力度が降伏点を超えた後
でも、主鉄筋が外側に脹らみ出すように変形するのが拘
束され、破壊に至るまでの剛性が維持される。ケーソン
躯体の外側と内側との帯鉄筋の間隔を拘束するように、
水平方向に中間帯鉄筋を配置することによって、帯鉄筋
が互いに離間する方向へ変位するのを拘束し、帯鉄筋の
内側にある主鉄筋の変位を有効に拘束できる。
【0007】ところが、上記中間帯鉄筋を現場で配置す
る作業は、以下に説明するように効率の悪いものとな
る。中間帯鉄筋は、該中間帯鉄筋の端部を対向する外側
と内側との帯鉄筋に係止する。一対の帯鉄筋はそれぞれ
主鉄筋の外側に配置されており、さらに主鉄筋及び帯鉄
筋の径が大きく剛性が高いため、帯鉄筋は人力程度では
ほとんど変形しない。このため、現場において、既に所
定位置に配置された一方の帯鉄筋に中間帯鉄筋の一端を
係止してから他方の帯鉄筋に係止するのは困難である。
このため、帯鉄筋を仮支持し、中間帯鉄筋を配置してか
ら、主鉄筋の配置及び帯鉄筋を所定位置に支持する等、
多くの工程を要することになる。
【0008】本願に係る発明は、上記のような事情に鑑
みてなされたものであり、その目的は、プレキャストコ
ンクリート部材を用いたケーソンを効率良く構築するこ
とである。
【0009】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するため
に、請求項1に記載の発明は、 現場打設されるコンク
リートの型枠として機能し、現場打設されたコンクリー
トと一体となってケーソン躯体の外周面及び内周面を形
成するプレキャストコンクリート部材であって、 所定
の高さを有し、ケーソンの外周面を周方向に複数に分割
した部分を構成する外側板状部と、 該外側板状部と同
じ高さを有し、ケーソン躯体の厚さと対応した間隔で該
外側板状部と対向する内側板状部と、 前記外側板状部
及び内側板状部と同じ高さを有し、該外側板状部と内側
板状部とを連結する複数の鉛直壁部とを有することを特
徴とするプレキャストコンクリート部材を提供するもの
である。
【0010】上記プレキャストコンクリート部材は、外
側板状部と内側板状部とが複数の鉛直壁部によって連結
されているため、外側板状部と内側板状部との間隔を正
確に維持することができ、間隔の調整が不要となる。そ
して、該プレキャストコンクリート部材を配置すること
によって、ケーソン躯体の外周面となる外側板状部及び
内周面となる内側板状部を同時に、正確な位置に設置す
ることができる。このプレキャストコンクリート部材は
安定した状態で所定位置に設置されるため、外側板状部
と内側板状部との間にコンクリートを現場打設するとき
に、型枠とするプレキャストコンクリート部材が変形し
たり、転倒するおそれがなく、プレキャストコンクリー
ト部材の位置を固定する作業等を簡略化することができ
る。このため、工期を短縮し、省力化を図ることが可能
となる。また、コンクリートの鉛直壁部によって外側板
状部と内側板状部とが連結され、プレキャストコンクリ
ート部材が充分な強度と剛性とを有するため、現場に運
搬したり、クレーン等によって吊り込む時に安全かつ確
実に作業を行うことができる。
【0011】請求項2に係る発明は、 請求項1に記載
のプレキャストコンクリート部材において、前記外側板
状部及び内側板状部には、水平方向に複数の帯鉄筋が配
置され、 前記鉛直壁部には、前記外側板状部に配置さ
れた帯鉄筋と、内側板状部に配置された帯鉄筋との間隔
を拘束する中間帯鉄筋が配置されているものとする。
【0012】上記プレキャストコンクリート部材では、
外側板状部及び内側板状部の帯鉄筋の間隔を拘束する中
間帯鉄筋は、外側板状部及び内側板状部の内側に主鉄筋
が配置される前に、あらかじめ工場等で容易に配置する
ことができる。そして、現場において、主鉄筋を組立て
た後、又は主鉄筋を組立てる前に、プレキャストコンク
リート部材を配置することによって帯鉄筋及び中間帯鉄
筋を同時に所定の位置に配置し、中間帯鉄筋を配置する
作業を簡略化することができる。そして、このプレキャ
ストコンクリート部材の外側板状部、内側板状部及び鉛
直壁部とで囲まれた空間内にコンクリートを打設し、プ
レキャストコンクリート部材を現場打ちされたコンクリ
ートと一体化することによって、ケーソン躯体に作用す
る応力が確実に主鉄筋等に伝達され、ケーソン躯体の強
度及び剛性が維持される。また、中間帯鉄筋によって、
外側板状部に配置された帯鉄筋と、内側板状部に配置さ
れた帯鉄筋との間隔が維持され、互いに離間する方向へ
変位するのを拘束できる。そして、これにともない帯鉄
筋の内側にある主鉄筋の変位が拘束され、ケーソン躯体
の厚さが大きい場合にも、有効に主鉄筋の膨らみ出しを
拘束できる。
【0013】請求項3に係る発明は、 所定の高さを有
し、ケーソンの外周面を周方向に複数に分割した部分を
構成する外側板状部と、 該外側板状部と同じ高さを有
し、ケーソン躯体の厚さと対応した間隔で該外側板状部
と対向する内側板状部と、前記外側板状部及び内側板状
部と同じ高さを有し、該外側板状部と内側板状部とを連
結する複数の鉛直壁部とを有するプレキャストコンクリ
ート部材を製作し、既に打設され硬化したケーソン躯体
のコンクリート上に、前記プレキャストコンクリート部
材を周方向に複数配列し、 前記外側板状部、内側板状
部及び鉛直壁部とによって囲まれた空間内にコンクリー
トを打設する工程を含むことを特徴とするケーソンの構
築方法を提供するものである。
【0014】上記ケーソンの構築方法では、プレキャス
トコンクリート部材を工場等であらかじめ製作しておく
ことによって、現場での省力化を図ることができる。つ
まり、鉛直壁部によって、外側板状部と内側板状部との
間隔が維持されているので、外側板状部及び内側板状部
を同時に、正確な位置に設置することができる。また、
このプレキャストコンクリート部材は安定した形状であ
るため、所定位置に設置したとき、位置の固定を簡略化
することができる。従って、作業効率が向上し、工期を
短縮することができる。さらに、プレキャストコンクリ
ート部材は外側板状部と内側板状部とがコンクリート製
の鉛直壁部で結合され、十分な強度と剛性とを有するた
め、クレーン等による運搬や配置を安全に行うことがで
きる。
【0015】請求項4に係る発明は、 請求項3に記載
のケーソンの構築方法において、前記空間内にコンクリ
ートを打設する工程は、該空間の位置によって配合の異
なるコンクリートを打設するものとする。
【0016】上記ケーソンの構築方法では、プレキャス
トコンクリート部材には、外側板状部、内側板状部及び
鉛直壁部とで囲まれた複数の空間が形成されている。そ
して、構築現場において下から順にコンクリートを打設
するときに、この空間ごとに配合の異なるコンクリート
を打設し、適当な強度のコンクリートを形成することに
よって、ケーソン躯体の任意の位置を所望の強度に設定
することができる。したがって、ケーソン躯体の構築後
に開口部を設ける必要がある場合等には、その部分のコ
ンクリート強度を低いものとしておくことができ、開口
部を設ける作業が容易となる。
【0017】請求項5に係る発明は、 立坑を形成し、
該立坑の側面からほぼ水平方向に横坑を掘進するトンネ
ルの構築方法であって、 請求項4に記載の方法によっ
て構築したケーソンを立坑とし、 前記プレキャストコ
ンクリート部材の、外側板状部、内側板状部及び鉛直壁
部とによって囲まれる空間内に打設するコンクリート
は、前記横坑と接合される位置については、他の位置よ
り低強度のコンクリートとし、 前記立坑の完成後、前
記低強度コンクリートを打設した部分を削孔し、この部
分から横坑を掘進することを特徴とするトンネルの構築
方法を提供するものである。
【0018】上記トンネルの構築方法では、横坑と接合
される位置に配置されたプレキャストコンクリート部材
の空間内にのみ、他の位置より低強度のコンクリートを
打設し、低強度のコンクリートを形成することができ
る。そして、その他の位置には通常の強度のコンクリー
トを形成することができる。このため、立坑の完成後、
ケーソン躯体の剛性及び強度を維持しながら、立坑と横
坑との接合位置を容易に削孔して横穴を掘進することが
でき、作業を効率化することができる。
【0019】
【発明の実施の形態】以下、本願に係る発明の実施の形
態を図に基づいて説明する。図1は、請求項1又は請求
項2に記載の発明の一実施形態であるプレキャストコン
クリート部材を用いて構築されるケーソンの概略側面図
及び立断面図である。また、図2は、図1に示すケーソ
ンの平断面図である。このケーソンは、先端部に鋼製の
刃先1aを有する刃口部1と、該刃口部1上に立ち上げ
られたコンクリートからなる円筒状の躯体部2と、躯体
部2及び刃口部1と一体となるように形成された厚い円
板状の底版コンクリート3とによって主要部が構成され
ている。上記躯体部2は、外周面及び内周面となる位置
にプレキャストコンクリート部材10を設置し、これら
の間にコンクリート20を現場打設して形成されたもの
である。
【0020】上記ケーソンは、次のようにして構築され
る。なお、このケーソンの構築方法は請求項3又は請求
項4に記載の発明の一実施形態である。ケーソンを設置
する位置の地盤上に刃先1aを載置し、この上に場所打
ちコンクリートで刃口部1を形成する。該刃口部1の上
に鉛直方向に複数の主鉄筋を配置し、重ね継手又は圧接
継手等によって、刃口部内に埋め込んで定着された鉄筋
と接続する。次に、あらかじめ工場等で製作したプレキ
ャストコンクリート部材10であって、躯体部2の外周
面を形成する部分及び内周面を形成する部分を備えた部
材をクレーン等で吊り上げて、刃口部1上に設置する。
プレキャストコンクリート部材10は周方向に複数配列
し、隣合うプレキャストコンクリート部材を接続して、
外周面及び内周面が全周にわたって連続するように配置
する。
【0021】これらの作業を繰り返し、プレキャストコ
ンクリート部材10を数段重ね合わせて1ロット分の外
周面及び内周面の型枠を形成し、型枠内にコンクリート
20を打設する。現場打設されたコンクリート20とプ
レキャストコンクリート部材10及び主鉄筋等とは一体
となって躯体部2を形成する。その後、刃口部1及び躯
体部2で囲まれた内側の底部で地盤を掘削し、自重又は
負荷を与えることによって刃口部1の先端部に設けられ
た鋼製の刃先1aに負荷が作用し、一体となった刃口部
1及び躯体部2が沈下する。そして、再び、既存の躯体
部上にプレキャストコンクリート部材10を積み重ね、
躯体部2を構築し、その後底部を掘削して刃口部1及び
躯体部2を沈下させる。このような工程を繰り返し、所
定の深さまでケーソンを沈設し、その後底版コンクリー
ト3を打設する。
【0022】上記ケーソンの構築に用いられるプレキャ
ストコンクリート部材10は、図3に概略斜視図を、図
4に図3の概略平面図及び立断面図を示すとおりのもの
である。このプレキャストコンクリート部材10は、躯
体部2の周面の一部を形成するものであり、躯体部2の
外周面を形成する円弧状の板状部材である外側板状部1
1と、内周面を形成する内側板状部12とが、躯体部2
の厚さと対応した間隔で対向するように鉛直方向に配置
されている。そして、外側板状部と内側板状部とを連結
するように、外側板状部11及び内側板状部12と同じ
高さの複数の鉛直壁部13が設けられており、外側板状
部11、内側板状部12及び鉛直壁部13によって鉛直
方向に貫通した空間部14が形成されている。そして、
外側板状部11及び内側板状部12の水平方向の両端部
は、鉛直壁部13との接合部分から張出し、部材中心側
で厚さが縮小されている。
【0023】上記外側板状部11及び内側板状部12内
には、複数の帯鉄筋15が所定間隔で水平方向に配置さ
れており、帯鉄筋15の端部は、上記部材厚が縮小され
た張出し部16の部材中心側で露出し、一方には機械継
手15aが設けられ、他方には重ね継手とするためのフ
ック15bが設けられている。
【0024】また、上記外側板状部11と内側板状部1
2との間には、外側板状部11及び内側板状部12内に
配置された帯鉄筋15を互いに連結するように、複数の
中間帯鉄筋17が水平方向に配置されており、一部の中
間帯鉄筋17aは鉛直壁部13内に配置されている。ま
た、一部の中間帯鉄筋17bは空間部14内に露出して
帯鉄筋15を連結している。中間帯鉄筋17は、地震時
のせん断耐力を維持するため、及び大きな曲げモーメン
トが繰り返し作用したときに帯鉄筋15が外側へ脹らみ
出すのを拘束するために配置されるものである。
【0025】上記鉛直壁部13の周方向の間隔は中間帯
鉄筋17の配置間隔によって決定され、プレキャストコ
ンクリート部材10が十分な強度及び剛性を確保できる
程度に配置する。また、鉛直壁部13の配置間隔は、外
側板状部11と内側板状部12とによって形成される空
間の周方向の長さも考慮して設定するのが望ましい。こ
の鉛直壁部13によって外側板状部11と内側板状部1
2とが一体に連結され、プレキャストコンクリート部材
10の運搬やつり込みを安全かつ確実に行なうことがで
きる。
【0026】次に、上記プレキャストコンクリート部材
10の接続方法について説明する。図5に示すように、
躯体部2の硬化したコンクリート18上に主鉄筋19を
配置した後、隣合うプレキャストコンクリート部材10
の張出し部16が、小さな間隔をおいて突き合わされる
ように、周方向に複数のプレキャストコンクリート部材
10を配置する。次に、図6に示すように、プレキャス
トコンクリート部材10の帯鉄筋15の一端に機械継手
15aによって短い鉄筋15cを接続し、この鉄筋の他
端にはフック15dを設けておき、隣合うプレキャスト
コンクリート部材から突き出した帯鉄筋15eと重ね合
わせる。機械継手には、ねじ式機械継手やモルタル充填
式継手等の工法があるが、状況に応じて種々の工法を採
用することができる。本実施例では、ねじ式機械継手が
用いられている。
【0027】そして、プレキャストコンクリート部材1
0の空間部14及び隣合うプレキャストコンクリート部
材10の張出し部16に囲まれた範囲にコンクリート2
0を打設する。これにより、図7に示すように、現場打
ちのコンクリート20とプレキャストコンクリート部材
10及び鉄筋が一体となる。なお、プレキャストコンク
リート部材の高さや、周方向の分割数は、ケーソンの規
模に応じて設定し、現場への運搬や吊り込み作業が可能
なものとする。
【0028】また、上記張出し部16が帯鉄筋15の接
続作業に支障をきたす場合、例えば、躯体厚が薄く帯鉄
筋15の接続作業が張出し部16の内側からできない場
合等には、張出し部16を設けず、躯体部の外側から作
業を行うこともできる。この場合、現場打ちコンクリー
ト打設時には、ブロック間で型枠を組立てる作業が生じ
る。
【0029】図8は、躯体部の円周方向にプレストレス
を導入する場合の、緊張材の配置を示す平断面図であ
る。躯体部は、一般的には鉄筋コンクリートで構成さ
れ、プレストレスは導入されていないが、ケーソンに大
きな内圧が作用したり、地震等の場合に、躯体部の周方
向に作用する引張応力に抵抗し、躯体部の破壊を防止す
ることができる。
【0030】上記プレストレスを導入する場合にも、同
様に型枠として機能するプレキャストコンクリート部材
を周方向の所定位置に配置する。そして、外側板状部1
1と内側板状部12との間に周方向の緊張材21を配置
する。緊張材21は鉛直壁部13にあらかじめ設けられ
た貫通孔に挿通し、円周方向の全周にわたって配置す
る。緊張材21の端部は、プレキャストコンクリート部
材の張出し部16に設けられた開口部から外側に引き出
しておき、この開口部に緊張ジャッキを装着するための
切り欠き部22を設ける。これは、開口部の内側に切り
欠き用の型枠を取り付けてから、外側板状部11と内側
板状部12との間にコンクリートを打設することによっ
て形成される。現場で打設したコンクリートが硬化した
後、上記切り欠き部22に緊張ジャッキを装着し、緊張
材21に張力を導入する。
【0031】なお、緊張材21は、上下方向に所定の間
隔をあけて複数本を配置するものであり、緊張材21の
径や配置間隔は必要なプレストレス量に応じて適宜に決
定することができる。また、緊張材21としてPC鋼
材、PC鋼より線又はアラミド繊維を合成樹脂で固めた
ロッド等を使用することができる。これらの緊張材はシ
ースで被覆した状態で所定位置に配置する。また、柔軟
な樹脂で被覆された緊張材を用いてもよい。
【0032】図9は、図1に示すケーソンを、トンネル
を構築する際のシールド発進立坑又は到達立坑とし、こ
の立坑31の側面に横坑32が接合されているトンネル
を示す概略構成図である。次に、上記立坑31の構築方
法及びトンネルの構築方法を説明する。なお、このトン
ネルの構築方法は請求項5に記載の発明の一実施形態で
ある。
【0033】図1に示すケーソンと同様に、プレキャス
トコンクリート部材を周方向に複数配列して接続し、1
ロット分の型枠を形成し、プレキャストコンクリート部
材の空間部にコンクリートを打設する。この際、図10
に示すように、立坑と横坑との接合位置33に該当する
プレキャストコンクリート部材の空間部35には、他の
位置にある空間部34より低強度のコンクリートを打設
し、その他の空間部34には通常の強度を有するコンク
リートを打設する。そして、立坑31の完成後、横坑3
2との接合位置33を削孔し、この部分から横坑32を
掘進する。この方法では、立坑31と横坑32との接合
位置33が低強度のコンクリートとなっているため、容
易に削孔することができる。
【0034】図11は、請求項3又は請求項4に記載の
発明に係るケーソンの構築方法によって構築され、橋梁
等の基礎として用いられるケーソンの概略側面図及び立
断面図である。このケーソンは、鋼からなる刃先を備え
た刃口部41と、この上に立ち上げられた躯体部42
と、躯体部42及び刃口部41と一体となるように形成
された底版コンクリート43と、躯体部42の上部をふ
さぐように形成された頂版コンクリート44とで主要部
が構成されている。
【0035】上記刃口部41、躯体部42及び底版コン
クリート43は、図1及び図2に示すケーソンと同様に
形成することができる。ただし、上部に頂版コンクリー
ト44を支持するために、躯体部42の上部に増厚部4
2aと、その上に減厚部42bとが設けられている。こ
の部分は、外周面及び内周面を形成するプレキャストコ
ンクリート部材を外側板状部と内側板状部との間隔を変
化させて形成する。これにより増厚部42aと減厚部4
2bとを形成することができ、躯体部が形成された後、
頂版コンクリート44を打設する。
【0036】
【発明の効果】以上説明したように、本願に係る発明の
プレキャストコンクリート部材は、外側板状部と内側板
状部とが複数の鉛直壁部によって連結されているため、
外側板状部と内側板状部との間隔を正確に維持すること
ができ、ケーソン躯体の外周面と内周面とを形成するた
めの型枠又はプレキャストコンクリート板の間隔の調整
が不要となる。また、コンクリートの鉛直壁部によっ
て、プレキャストコンクリート部材が充分な強度及び剛
性を有し、クレーン等で吊り上げて容易に所定位置に据
え付けることができる。さらに、このプレキャストコン
クリート部材では、外側板状部及び内側板状部の帯鉄筋
の間隔を拘束する中間帯鉄筋をあらかじめ工場等で容易
に配置することができ、作業効率が向上する。
【図面の簡単な説明】
【図1】請求項1又は請求項2に記載の発明の一実施形
態であるプレキャストコンクリート部材を用いて構築さ
れるケーソンの概略側面図及び立断面図である。
【図2】図1に示すケーソンの平断面図である。
【図3】図1に示すケーソンの構築に用いられるプレキ
ャストコンクリート部材の概略斜視図である。
【図4】図3に示すプレキャストコンクリート部材の概
略平面図及び立断面図である。
【図5】プレキャストコンクリート部材の接続方法を説
明する立断面図である。
【図6】プレキャストコンクリート部材の接続方法を説
明する平面図である。
【図7】現場打ちのコンクリートと一体となったプレキ
ャストコンクリート部材の平面図である。
【図8】躯体部の円周方向にプレストレスを導入する場
合の、緊張材の配置を示す平断面図である。
【図9】請求項5に記載の発明の一実施形態であるトン
ネルの構築方法によって構築された立坑及び横坑を示す
概略構成図である。
【図10】図9に示すトンネルの構築方法を説明する説
明図である。
【図11】請求項3又は請求項4に記載の発明に係るケ
ーソンの構築方法によって構築され、橋梁等の基礎とし
て用いられるケーソンの概略側面図及び立断面図であ
る。
【符号の説明】
1、41 刃口部 2、42 躯体部 3、43 底版コンクリート 10 プレキャストコンクリート部材 11 外側板状部 12 内側板状部 13 鉛直壁部 14 空間部 15 帯鉄筋 16 張出し部 17 中間帯鉄筋 19 主鉄筋 20 現場打ちコンクリート 21 緊張材 22 切り欠き部 31 立坑 32 横坑 44 頂版コンクリート
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 岡田 善明 東京都新宿区荒木町13番地の4 住友建設 株式会社内 (72)発明者 岡 誠一 東京都新宿区荒木町13番地の4 住友建設 株式会社内 (72)発明者 三上 博 東京都新宿区荒木町13番地の4 住友建設 株式会社内 Fターム(参考) 2D054 AA07 EA07

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 現場打設されるコンクリートの型枠と
    して機能し、現場打設されたコンクリートと一体となっ
    てケーソン躯体の外周面及び内周面を形成するプレキャ
    ストコンクリート部材であって、 所定の高さを有し、ケーソンの外周面を周方向に複数に
    分割した部分を構成する外側板状部と、 該外側板状部と同じ高さを有し、ケーソン躯体の厚さと
    対応した間隔で該外側板状部と対向する内側板状部と、 前記外側板状部及び内側板状部と同じ高さを有し、該外
    側板状部と内側板状部とを連結する複数の鉛直壁部とを
    有することを特徴とするプレキャストコンクリート部
    材。
  2. 【請求項2】 前記外側板状部及び内側板状部には、
    水平方向に複数の帯鉄筋が配置され、 前記鉛直壁部には、前記外側板状部に配置された帯鉄筋
    と、内側板状部に配置された帯鉄筋との間隔を拘束する
    中間帯鉄筋が配置されていることを特徴とする請求項1
    に記載のプレキャストコンクリート部材。
  3. 【請求項3】 所定の高さを有し、ケーソンの外周面
    を周方向に複数に分割した部分を構成する外側板状部
    と、 該外側板状部と同じ高さを有し、ケーソン躯体の
    厚さと対応した間隔で該外側板状部と対向する内側板状
    部と、 前記外側板状部及び内側板状部と同じ高さを有
    し、該外側板状部と内側板状部とを連結する複数の鉛直
    壁部とを有するプレキャストコンクリート部材を製作
    し、 既に打設され硬化したケーソン躯体のコンクリート上
    に、前記プレキャストコンクリート部材を周方向に複数
    配列し、 前記外側板状部、内側板状部及び鉛直壁部とによって囲
    まれた空間内にコンクリートを打設する工程を含むこと
    を特徴とするケーソンの構築方法。
  4. 【請求項4】 前記空間内にコンクリートを打設する
    工程は、該空間の位置によって配合の異なるコンクリー
    トを打設することを特徴とする請求項3に記載のケーソ
    ンの構築方法。
  5. 【請求項5】 立坑を形成し、該立坑の側面からほぼ
    水平方向に横坑を掘進するトンネルの構築方法であっ
    て、 請求項4に記載の方法によって構築したケーソンを立坑
    とし、 前記プレキャストコンクリート部材の、外側板状部、内
    側板状部及び鉛直壁部とによって囲まれる空間内に打設
    するコンクリートは、前記横坑と接合される位置につい
    ては、他の位置より低強度のコンクリートとし、 前記立坑の完成後、前記低強度コンクリートを打設した
    部分を削孔し、 この部分から横坑を掘進することを特徴とするトンネル
    の構築方法。
JP2002133823A 2002-05-09 2002-05-09 プレキャストコンクリート部材、これを用いたケーソンの構築方法及びトンネルの構築方法 Active JP3943435B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002133823A JP3943435B2 (ja) 2002-05-09 2002-05-09 プレキャストコンクリート部材、これを用いたケーソンの構築方法及びトンネルの構築方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002133823A JP3943435B2 (ja) 2002-05-09 2002-05-09 プレキャストコンクリート部材、これを用いたケーソンの構築方法及びトンネルの構築方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2003328369A true JP2003328369A (ja) 2003-11-19
JP3943435B2 JP3943435B2 (ja) 2007-07-11

Family

ID=29696665

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002133823A Active JP3943435B2 (ja) 2002-05-09 2002-05-09 プレキャストコンクリート部材、これを用いたケーソンの構築方法及びトンネルの構築方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3943435B2 (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006183343A (ja) * 2004-12-28 2006-07-13 Ps Mitsubishi Construction Co Ltd ケーソン及びその施工方法
JP2008019663A (ja) * 2006-07-14 2008-01-31 Maeda Corp トンネル構築方法
JP6043454B1 (ja) * 2016-06-27 2016-12-14 鹿島建設株式会社 地下構造物の構築方法、及び地下構造物
WO2017018071A1 (ja) * 2015-07-27 2017-02-02 Jfe建材株式会社 セグメント
JP2017101493A (ja) * 2015-12-03 2017-06-08 株式会社加藤建設 合成セグメント及びリング
JP2018071044A (ja) * 2016-10-24 2018-05-10 Jfe建材株式会社 合成セグメント及びリング体
CN111042173A (zh) * 2019-12-30 2020-04-21 常州市市政工程设计研究院有限公司 一种流沙层沉井施工方法

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006183343A (ja) * 2004-12-28 2006-07-13 Ps Mitsubishi Construction Co Ltd ケーソン及びその施工方法
JP4664065B2 (ja) * 2004-12-28 2011-04-06 株式会社ピーエス三菱 ケーソン及びその施工方法
JP2008019663A (ja) * 2006-07-14 2008-01-31 Maeda Corp トンネル構築方法
WO2017018071A1 (ja) * 2015-07-27 2017-02-02 Jfe建材株式会社 セグメント
JP2017025645A (ja) * 2015-07-27 2017-02-02 Jfe建材株式会社 セグメント
JP2017101493A (ja) * 2015-12-03 2017-06-08 株式会社加藤建設 合成セグメント及びリング
JP6043454B1 (ja) * 2016-06-27 2016-12-14 鹿島建設株式会社 地下構造物の構築方法、及び地下構造物
JP2018071044A (ja) * 2016-10-24 2018-05-10 Jfe建材株式会社 合成セグメント及びリング体
CN111042173A (zh) * 2019-12-30 2020-04-21 常州市市政工程设计研究院有限公司 一种流沙层沉井施工方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP3943435B2 (ja) 2007-07-11

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2003328369A (ja) プレキャストコンクリート部材、これを用いたケーソンの構築方法及びトンネルの構築方法
JP2001295298A (ja) 柱状構造物用基礎とその施工方法
KR20040034555A (ko) 합성말뚝과 강널말뚝을 이용한 교량의 교대, 교각과 그의시공방법
JPH11241311A (ja) コンクリート橋脚の施工方法
KR101482523B1 (ko) 안전휀스 설치 구성을 가지는 조립식 노듈러 거더, 이를 이용한 교량 및 그 시공방법
JP3760304B2 (ja) 建物の基礎施工方法
JP2000129696A (ja) 杭基礎工法及びこの工法で構築された杭基礎
JP2012031678A (ja) 構造物用基礎およびその構築方法
JP2000034733A (ja) 基礎の構造
KR100562686B1 (ko) 강널말뚝과 현장타설 콘크리트를 이용한 지하 구조체 및그의 시공방법
JPH10299003A (ja) プレキャストコンクリート部材を用いた基礎工法
JPH1096210A (ja) 橋脚張り出し部の施工方法
JP2006169890A (ja) 立坑の構築方法
JP2579944Y2 (ja) 耐力壁組立構造物
JPH08100432A (ja) フーチング装置
JPH08296231A (ja) 斜面の安定化工法及び斜面における拡張工法
JP2020026620A (ja) 杭基礎構造
JP2643760B2 (ja) 基礎梁の構築方法
JPH116162A (ja) 鉄筋コンクリート地下外壁の施工方法
JP2004197400A (ja) 耐震壁の施工方法
JP2020101045A (ja) 免震基礎構造の施工方法、プレキャストコンクリート製の基礎ブロック、プレキャストコンクリート用型枠、及び基礎ブロックの製造方法
JP3232487B2 (ja) 柱脚基礎の構築方法及び柱脚基礎構造
JPH05112949A (ja) 基礎の施工方法
JPH0949236A (ja) 鉄筋コンクリート造構築物の基礎構築工法
JPH07150554A (ja) 鋼管ぐい及び鋼管ぐい設置方法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20041025

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20061115

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20061128

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070126

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20070403

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20070405

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 3943435

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130413

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130413

Year of fee payment: 6

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20160413

Year of fee payment: 9

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250