JP2001107499A - 中空スラブ及びその構築方法 - Google Patents

中空スラブ及びその構築方法

Info

Publication number
JP2001107499A
JP2001107499A JP2000096600A JP2000096600A JP2001107499A JP 2001107499 A JP2001107499 A JP 2001107499A JP 2000096600 A JP2000096600 A JP 2000096600A JP 2000096600 A JP2000096600 A JP 2000096600A JP 2001107499 A JP2001107499 A JP 2001107499A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
void
steel
steel pipe
steel plate
slab
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000096600A
Other languages
English (en)
Inventor
Keiichi Saito
啓一 斉藤
Fuyuki Arima
冬樹 有馬
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Daiwa House Industry Co Ltd
Original Assignee
Daiwa House Industry Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Daiwa House Industry Co Ltd filed Critical Daiwa House Industry Co Ltd
Priority to JP2000096600A priority Critical patent/JP2001107499A/ja
Publication of JP2001107499A publication Critical patent/JP2001107499A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Reinforcement Elements For Buildings (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【課題】 仮設材の削減、鉄筋量の削減を実現すること
ができる中空スラブ及びその構築方法等を提供。 【解決手段】 ボイド材が鋼管材3からなり、このボイ
ド鋼管3が、鋼板2の平面方向に管軸線方向を向け、鋼
板2から上方に離間され、ラチス材4を介して鋼板2と
溶接Wにより接合一体化された構造の構造物6を用い
る。この構造物6を現場に設置し、鋼板2上にコンクリ
ート5を打設し、ボイド鋼管3をこのコンクリート5に
埋込み状態にする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、中空スラブ及びそ
の構築方法等に関する。
【0002】
【従来の技術】中空スラブの構築方法として、従来よ
り、トラス筋等の組立鉄筋を半埋込み状態にして上方に
突出させた薄肉PCa版を用い、この薄肉PCa版上の
組立鉄筋間に発泡スチロール製のボイド材を固定し、上
端筋設置後、コンクリートを打設し、PCa版を含むコ
ンクリートにボイドを埋込み状態にするという方法があ
る。
【0003】また、捨型枠となる薄肉鋼板上に、トラス
筋等の組立鉄筋と発泡スチロール製の円柱ボイドとを組
み合わせたものを、スペーサーを介して、鋼板から浮上
状態に設置し、鋼板上にコンクリートを打設して円柱ボ
イドをコンクリートに埋込み状態にするという方法もあ
る。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかし、前者のPCa
版を用いる構築方法では、PCa版そのものの重量がか
なり大きいため、工場から現場へのPCa版の輸送コス
トや、現場でのPCa版の揚重コストが高くつくという
問題がある。更に、輸送時にPCa版にひび割れや欠損
を生じることがあって輸送時の品質監理が難しく、荷造
りや受入れ検査に要する時間やコストが高くつくという
ような厄介な問題もある。
【0005】また、後者の薄肉鋼板を用いる構築方法で
は、薄肉鋼板が型枠としてしか機能しないため、現場で
は薄肉鋼板を支えるための支保工などの仮設材を多く使
用する必要があり、施工が厄介であると共にコストも高
くつくという問題がある。
【0006】更に、いずれの構築方法も、スラブの耐
力、剛性を組立鉄筋のみで確保しようとするものである
ため、多くの鉄筋を使用しなければならないという問題
があった。
【0007】本発明は、上記のような従来の技術背景の
もとで、PCa版を使用する場合のような問題がなく、
しかも、仮設材の削減、鉄筋量の削減を実現することが
できる中空スラブ及びその構築方法等を提供することを
課題とする。
【0008】
【課題を解決するための手段】上記の課題は、ボイド材
が鋼管材からなり、このボイド鋼管は、鋼板の平面方向
に管軸線方向を向け、鋼板から上方に離間され、連結材
を介して鋼板と接合一体化され、鋼板上に打設されたコ
ンクリートに埋込み状態にされていることを特徴とする
中空スラブによって解決される。
【0009】また、ボイド材が鋼管材からなり、このボ
イド鋼管が、鋼板の平面方向に管軸線方向を向け、鋼板
から上方に離間され、連結材を介して鋼板と接合一体化
された構造の構造物を用い、この構造物を現場に設置
し、鋼板上にコンクリートを打設し、ボイド鋼管をこの
コンクリートに埋込み状態にすることを特徴とする中空
スラブの構築方法によって解決される。
【0010】また、ボイド材が鋼管材からなり、このボ
イド鋼管が、鋼板の平面方向に管軸線方向を向け、鋼板
から上方に離間され、連結材を介して鋼板と接合一体化
されていることを特徴とする中空スラブ構築用の構造物
によって解決される。
【0011】即ち、本発明では、ボイド材が鋼管材から
なり、このボイド鋼管が連結材を介して鋼板と接合一体
化されているから、ボイド鋼管は、スラブを中空にして
これを軽量化するという機能を奏するのみならず、施工
荷重を負担し、構造材としても機能し、鋼板を強度的に
補強し、その剛性を高くする機能を奏する。これによ
り、揚重作業時の鋼板の撓みを小さく抑えることができ
ると共に、鋼板を支える支保工等の仮設材を削減するこ
とができる。
【0012】しかも、このように、鋼板がボイド鋼管と
連結材を介して接合一体化されているから、鋼板は、捨
型枠としてだけではなく、構造耐力、即ちスラブの剛性
向上にも寄与し、下端筋を省略ないしは削減することが
できる。また、ボイド鋼管は、トラス筋等における上弦
材としての機能を奏し得て、上弦材を省略ないしは削減
することができる。従って、スラブ鉄筋量を減少するこ
とができて、スラブ配筋の工程を短縮することが可能と
なる。
【0013】ボイド材として、ボイド鋼管のほか、軽量
ボイド材が備えられ、この軽量ボイド材も、鋼板上に打
設されたコンクリートに埋込み状態にされて備えられて
いる場合は、これらボイド鋼管と軽量ボイド材とでスラ
ブを中空にして軽量化することができるのはもちろん、
ボイド鋼管の使用によって、鋼板を補強し、スラブの耐
力を高めることができながら、軽量ボイド材の使用によ
ってボイド鋼管の使用量を減しスラブの更なる軽量化を
図ることができる。即ち、ボイド鋼管の使用の目的は、
上記のように、スラブを中空にしてこれを軽量化するこ
とのほか、鋼板を補強し、スラブの耐力を高めることに
ある。鋼板を補強し、スラブの耐力を高めるのに最低限
必要なボイド鋼管の使用量が、スラブを中空にしてこれ
を軽量化するには不十分であるというような場合に、ボ
イド鋼管を多用してスラブを中空にするのではなく、ボ
イド鋼管の使用量は抑え、軽量ボイド材を使用してスラ
ブを中空にしていく方が、より効果的にスラブを軽量化
することができる。このような発想に基づいて、ボイド
鋼管のほか、軽量ボイド材をもボイド材として用いてい
るものである。
【0014】鋼板の平面方向にボイド鋼管と直交して延
びる鋼板補強手段を備えている場合は、鋼板の剛性を平
面二方向において高いものにすることができる。特に、
ボイド鋼管のほか軽量ボイド材も使用されボイド鋼管の
使用量が抑えられている構造の場合、例えば、並列させ
たボイド鋼管同士の間隔寸法が軽量ボイド材の使用によ
って大きくなっている構造の場合などにおいては、鋼板
を、平面二方向において、ボイド鋼管とこの鋼板補強手
段とによって補強し、鋼板の面外変形を効果的に防ぐこ
とができる。
【0015】
【発明の実施の形態】次に、本発明の実施形態を図面に
基づいて説明する。
【0016】実施形態の中空床スラブ1を示す図1にお
いて、2は鋼板、3はボイド鋼管、4は連結材としての
ラチス材、5はコンクリートである。
【0017】ラチス材4は、図2及び図3に示すよう
に、例えば、鉄筋を屈曲加工して製作したものからな
り、千鳥配置の上下の水平材部4a…,4b…と、これ
ら上下の水平材部4a.4bを連接する斜材部4c…と
を有する。
【0018】このラチス材4は、その各下水平材部4b
…が、鋼板2の上面に溶接Wされて、鋼板2と接合一体
化されている。また、ボイド鋼管3は、複数本備えら
れ、鋼板2の平面一方向に管軸線方向を向けて並列さ
れ、その側面において、ラチス材4の各上水平材部4a
…が溶接Wにより接合一体化され、ラチス材4と接合一
体化されている。こうして、鋼板2とボイド鋼管3と
が、ラチス材4を介して溶接Wにより接合一体化されて
いる。この接合構造物6において、各ボイド鋼管3は、
鋼板2から上方に離間されており、ボイド鋼管3の下方
部にコンクリート5が回り込んで充填されるようになさ
れている。
【0019】中空床スラブ1は、この鋼板2、ラチス材
4及びボイド鋼管3からなる構造物6を予め工場にて製
作し、これを工場から現場に輸送し、現場で構築され
る。即ち、現場では、まず、この構造物6を重機で吊り
上げ、この構造物6を、中空スラブを形成すべき所定の
設置箇所に設置する。この揚重作業において、鋼板2は
ボイド鋼管3と接合一体化されているから、剛性が大き
く、そのため、この構造物6の平面サイズが比較的大き
なものであっても、大きな撓みを生じることはない。従
って、大スパン、大サイズの構造物6を用いて能率良く
揚重作業を遂行していくことができる。
【0020】こうして設置した構造物6は、上記のよう
に、鋼板2とボイド鋼管3とを接合一体化したものであ
り、全体の剛性が大きいものであるから、構造物6を下
から支える支保工などの仮設材は、不要であるか、ある
いは必要であるとしても少なくてよい。
【0021】構造物6の設置後、図1に示すように、必
要に応じて、上端筋7等をボイド鋼管3の上に設置し、
そして、鋼板2上にコンクリート5を打設し、ボイド鋼
管3をコンクリート5内に埋込み状態にする。以上のよ
うにして中空床スラブ1が構築される。
【0022】上記の中空床スラブ1では、ボイド鋼管3
が床スラブ1を中空にして床スラブが軽量化される。の
みならず、ボイド鋼管3は、施工荷重を負担し、構造材
として機能し、鋼板2を強度的に補強し、その剛性を高
くする。そのため、上記のように、揚重作業時の鋼板2
の撓みは小さく抑えられ、また、鋼板2を支える支保工
等の仮設材は削減される。
【0023】しかも、鋼板2は、コンクリート5の型枠
として機能するのみならず、ボイド鋼管3と接合一体化
されていることによって、構造耐力、即ちスラブの剛性
向上に寄与し、下端筋を省略ないしは削減することがで
きる。また、ボイド鋼管3は、トラス筋等における上弦
材としての機能を奏し、上弦材を省略ないしは削減でき
る。従って、スラブ鉄筋量を減少でき、スラブ配筋の工
程の短縮を実現できる。
【0024】また、ボイド材として、内部中空の鋼管3
を用いるものであるから、内部に配線等を通すこともで
きるし、コンクリート打設前の作業においてボイド3は
人の踏圧に耐えるし、発泡スチロール製ボイド材の場合
には問題となる耐薬品性、耐候性の問題もないし、溶接
の火花によって孔があくというような心配もない。
【0025】図4(イ)は、ボイド鋼管の変更例を示す
もので、外周面に外方に突出する環状ないしは螺旋状の
リブ8が列設されている。ボイド鋼管3が、このような
リブ8付き鋼管によるものである場合は、管壁の肉厚が
薄くても、施工時の作業者による踏圧にしっかりと耐え
ることができる。しかも、コンクリート5へのボイド鋼
管3の付着力を大きくすることができ、ボイド鋼管3を
中空床スラブ1の耐力向上により一層有効的に役立たせ
ることができる。加えて、床スラブの亀裂幅の抑制にも
寄与しうる。従って、スラブ亀裂防止用鉄筋を削減する
ことができる。
【0026】なお、このリブ8は、鋼管3に対し溶接等
で取り付けられたものであってもよいし、鋼管3の管壁
を外方に隆起させたものであってもよい。隆起のさせ方
についても、管壁の内面側がリブ8の隆起に追従するよ
うにくぼませられているものであってもよいし、また、
管壁の内面側は、リブに関係なくくぼみのない単なる円
弧面であるものであってもよい。
【0027】図4(ロ)は、鋼板2として、上方に隆起
するリブ9を有するものを用いた場合のものである。構
造物6の剛性を上昇させることができるのみならず、鋼
板2とコンクリート5との定着をより一層しっかりとし
たものにすることができる。
【0028】図5(イ)は、ボイド鋼管3の上面部に、
上端天鉄筋7を支えるサポート部材11を取り付けたも
のを示す。また、12は、天井吊り木受けであり、これ
を鋼板2のリブ9の背面凹所に係合させて取り付けるよ
うにしたものである。
【0029】図5(ロ)は、ラチス材4の斜材部4c…
に下端鉄筋13を溶接Wにより接合一体化したものを示
す。この場合、配力筋を不要とすることができる。
【0030】図6及び図7に示す実施形態は、ボイド材
として、ボイド鋼管3…のほかに発泡スチロール、合成
樹脂などによる軽量ボイド材20…を用いたものであ
る。ボイド鋼管3…が、複数本備えられ、管軸方向を鋼
板2の平面一方向に向け、ラチス材4を介して鋼板2と
接合一体化されている点などについては上記の実施形態
と概ね同様であるが、ボイド鋼管3…間の間隔寸法は、
上記の実施形態の場合よりも大きく設定されていて、こ
れらボイド鋼管3…間に軽量ボイド材20が配置され、
ボイド鋼管3…及び軽量ボイド材20…がコンクリート
5中に埋込み状態にされて中空スラブ1を構成してい
る。即ち、ボイド鋼管3…によって鋼板2を補強してス
ラブ1の耐力を高め、ボイド鋼管3…と軽量ボイド材2
0…とでスラブ1を中空にしてスラブ1を効果的に軽量
化しようというものである。なお、軽量ボイド材20…
は、現場で鋼板2上にセットするようにしてもよいし、
工場で予めセットされていてもよい。
【0031】図8及び図9に示す実施形態は、図6及び
図7の実施形態のものにおいて、鋼板補強手段としての
補強材21をボイド鋼管3…の管軸方向と直交する平面
方向に向けて備えさせたものである。補強材21は、図
示するように縦向きにした平鋼であってもよいし、その
他、鋼管であってもよいし、H形鋼であってもよい。補
強材として鋼管を用いる場合は、この鋼管もボイド鋼管
として機能させ、スラブ1を中空にするのに役立たせる
ことができる。鋼板2は、図面に示すように、隣り合う
ボイド鋼管3…同士を補強材21…で連結することで補
強することができる。連結は、補強材21を直接ボイド
鋼管3に溶接することで行われてもよいし、あるいは、
ボイド鋼管3に突設した継ぎ手に補強材をボルトで接合
するというようにして行われてもよいし、連結方法に特
段の制限はない。なお、図示しないが、鋼板として、図
4(ロ)や図5(イ)に示すような、リブ条を有する鋼
板を用い、このリブ条を鋼板補強手段とし、ボイド鋼管
をこのリブ条と直交する方向に向けて備えさせた構造と
してもよい。
【0032】以上に、本発明の実施形態を示したが、本
発明はこれに限られるものではなく、発明思想を逸脱し
ない範囲で、各種の変更が可能である。例えば、上記の
実施形態では、連結材として、特定構造のラチス材4を
使用した場合について説明したが、これに限られるもの
ではなく、要は、ボイド鋼管3が鋼板2から上方に離間
されるよう保持し、しかも、ボイド鋼管3と鋼板2とを
接合一体化させうるようなものであればよい。また、鋼
板2についても、図1乃至図3に示す平坦な鋼板や、図
4(ロ)等に示すリブ付きの鋼板のほか、各種鋼板が用
いられてよいことはいうまでもない。ボイド鋼管3につ
いても、角形鋼管等、各種横断面形状の鋼管が用いられ
てよい。
【0033】
【発明の効果】上述の次第で、本発明は、上記のような
構成を有するものであるから、PCa版を使用する場合
のような問題がなく、しかも、仮設材の削減、鉄筋量の
削減を実現することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】実施形態の中空床スラブの横断面図である。
【図2】この中空床スラブ構築のための構造物を示すも
ので、図(イ)は断面図、図(ロ)は断面側面図であ
る。
【図3】同じく構築用構造物を示す分解斜視図である。
【図4】図(イ)はボイド鋼管の変更例を示す側面図、
図(ロ)は中空床スラブの変更例を示す横断面図であ
る。
【図5】図(イ)は更に他の変更例を示す中空床スラブ
の横断面図、図(ロ)は構築要構造物の変更例を示す断
面側面図である。
【図6】他の実施形態を示すもので、中空スラブの横断
面図である。
【図7】図6の中空スラブを構築のための構造物を示す
斜視図である。
【図8】更に他の実施形態を示すもので、中空スラブの
横断面図である。
【図9】図8の中空スラブを構築のための構造物を示す
斜視図である。
【符号の説明】
1…中空床スラブ(中空スラブ) 2…鋼板 3…ボイド鋼管 4…ラチス材(連結材) 5…コンクリート 6…スラブ構築用構造物

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ボイド材が鋼管材からなり、このボイド
    鋼管は、鋼板の平面方向に管軸線方向を向け、鋼板から
    上方に離間され、連結材を介して鋼板と接合一体化さ
    れ、鋼板上に打設されたコンクリートに埋込み状態にさ
    れていることを特徴とする中空スラブ。
  2. 【請求項2】 ボイド材として、ボイド鋼管のほか、軽
    量ボイド材が備えられ、この軽量ボイド材も、鋼板上に
    打設されたコンクリートに埋込み状態にされて備えられ
    ている請求項1に記載の中空スラブ。
  3. 【請求項3】 鋼板の平面方向にボイド鋼管と直交して
    延びる鋼板補強手段を備えている請求項1又は2に記載
    の中空スラブ。
  4. 【請求項4】 ボイド材が鋼管材からなり、このボイド
    鋼管が、鋼板の平面方向に管軸線方向を向け、鋼板から
    上方に離間され、連結材を介して鋼板と接合一体化され
    た構造の構造物を用い、 この構造物を現場に設置し、鋼板上にコンクリートを打
    設し、ボイド鋼管をこのコンクリートに埋込み状態にす
    ることを特徴とする中空スラブの構築方法。
  5. 【請求項5】 ボイド材が鋼管材からなり、このボイド
    鋼管が、鋼板の平面方向に管軸線方向を向け、鋼板から
    上方に離間され、連結材を介して鋼板と接合一体化され
    ていることを特徴とする中空スラブ構築用の構造物。
JP2000096600A 1999-08-03 2000-03-31 中空スラブ及びその構築方法 Pending JP2001107499A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000096600A JP2001107499A (ja) 1999-08-03 2000-03-31 中空スラブ及びその構築方法

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11-220578 1999-08-03
JP22057899 1999-08-03
JP2000096600A JP2001107499A (ja) 1999-08-03 2000-03-31 中空スラブ及びその構築方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001107499A true JP2001107499A (ja) 2001-04-17

Family

ID=26523785

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000096600A Pending JP2001107499A (ja) 1999-08-03 2000-03-31 中空スラブ及びその構築方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2001107499A (ja)

Cited By (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20040034291A (ko) * 2002-10-19 2004-04-28 곽양진 조립식 건축의 라면판넬
KR100508532B1 (ko) * 2002-10-23 2005-08-17 주식회사 용마엔지니어링 속빈 슬래브교의 구조
KR100726387B1 (ko) * 2005-11-04 2007-06-11 비비엠코리아(주) 콘크리트충전강관을 이용한 합성데크플레이트
KR101024369B1 (ko) 2008-04-11 2011-03-23 주식회사 아이비엘이앤씨 중공 슬래브교의 시공방법
CN104372888A (zh) * 2014-10-11 2015-02-25 成都聚智工业设计有限公司 桁架结构
CN104695604A (zh) * 2015-02-16 2015-06-10 中建城市建设发展有限公司 空心楼板高强薄壁空心管抗浮限位装置及其制备工具
CN104929294A (zh) * 2015-06-04 2015-09-23 扬州大学 内置十字交叉空心方钢管的混凝土组合板
CN105625619A (zh) * 2015-12-31 2016-06-01 扬州大学 内置空心方钢管的压型钢板混凝土双向组合楼板
CN104372888B (zh) * 2014-10-11 2017-01-04 成都聚智工业设计有限公司 桁架结构
KR20180067911A (ko) * 2016-12-13 2018-06-21 주식회사 포스코 바닥구조체 및 이의 시공방법
CN108638316A (zh) * 2018-05-16 2018-10-12 江南大学 一种预制装配式轻质楼板及制造方法
CN113530049A (zh) * 2021-07-26 2021-10-22 广东华坤建设集团有限公司 一种空心楼板结构
KR20220108458A (ko) * 2021-01-27 2022-08-03 (주)코스틸 중공 슬래브용 데크플레이트 시스템
CN115012571A (zh) * 2022-06-22 2022-09-06 方圆建设集团有限公司 一种装配式钢板混凝土空心楼板及其制造方法

Cited By (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20040034291A (ko) * 2002-10-19 2004-04-28 곽양진 조립식 건축의 라면판넬
KR100508532B1 (ko) * 2002-10-23 2005-08-17 주식회사 용마엔지니어링 속빈 슬래브교의 구조
KR100726387B1 (ko) * 2005-11-04 2007-06-11 비비엠코리아(주) 콘크리트충전강관을 이용한 합성데크플레이트
KR101024369B1 (ko) 2008-04-11 2011-03-23 주식회사 아이비엘이앤씨 중공 슬래브교의 시공방법
CN104372888B (zh) * 2014-10-11 2017-01-04 成都聚智工业设计有限公司 桁架结构
CN104372888A (zh) * 2014-10-11 2015-02-25 成都聚智工业设计有限公司 桁架结构
CN104695604A (zh) * 2015-02-16 2015-06-10 中建城市建设发展有限公司 空心楼板高强薄壁空心管抗浮限位装置及其制备工具
CN104929294A (zh) * 2015-06-04 2015-09-23 扬州大学 内置十字交叉空心方钢管的混凝土组合板
CN105625619A (zh) * 2015-12-31 2016-06-01 扬州大学 内置空心方钢管的压型钢板混凝土双向组合楼板
KR20180067911A (ko) * 2016-12-13 2018-06-21 주식회사 포스코 바닥구조체 및 이의 시공방법
KR101908796B1 (ko) * 2016-12-13 2018-10-16 주식회사 포스코 바닥구조체 및 이의 시공방법
CN108638316A (zh) * 2018-05-16 2018-10-12 江南大学 一种预制装配式轻质楼板及制造方法
KR20220108458A (ko) * 2021-01-27 2022-08-03 (주)코스틸 중공 슬래브용 데크플레이트 시스템
KR102557793B1 (ko) * 2021-01-27 2023-07-21 (주)코스틸 중공 슬래브용 데크플레이트 시스템
CN113530049A (zh) * 2021-07-26 2021-10-22 广东华坤建设集团有限公司 一种空心楼板结构
CN115012571A (zh) * 2022-06-22 2022-09-06 方圆建设集团有限公司 一种装配式钢板混凝土空心楼板及其制造方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4785593A (en) Structural building system
MXPA04009388A (es) Forma de panel de pared de concreto de construccion horizontal y metodo para fabricarla.
KR101809687B1 (ko) 철골콘크리트 기둥과 철골보의 접합부재 및 그 시공방법
JP2001107499A (ja) 中空スラブ及びその構築方法
KR102214779B1 (ko) 프리캐스트 수직코아구조물 및 그 시공방법
JP2001123534A (ja) プレキャスト合成梁の構造
JPH05311747A (ja) 柱・梁構造
JPH0434161A (ja) Pc柱及びpc柱構法
CN210288825U (zh) 一种装配式、现浇组合梁板结构
JP2001081904A (ja) コンクリート梁の開口構造及び開口方法
JP2003206569A (ja) 複合構造建築物の仕口構造
KR101412678B1 (ko) 탄소섬유 보강 중공피씨기둥 및 이의 제작방법
JPH09256645A (ja) 多層階建物における既設柱の補強工法
CN211548014U (zh) 叠合空调板的连接节点
CN216239270U (zh) 装配式矩形洞口构件及其与叠合梁板的连接节点
JP2561132Y2 (ja) 柱・梁の混合構造
JP3608086B2 (ja) 柱・梁の接合構造
JPH0598653A (ja) 地下逆打工法における鋼管コンクリート柱
JP2643641B2 (ja) Pc製部材を使用した躯体構築方法
JPH10237886A (ja) 地下タンクの施工方法
JPH06306931A (ja) 鉄骨鉄筋コンクリート造躯体の構築方法
JP2000160686A (ja) 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の混合構造およびその施工方法
JPH0777596A (ja) 原子力施設における大型スラブ及びその構築方法
JPH08239807A (ja) 複合柱脚構造物
JP2000266244A (ja) 用途管構造体及び用途管の施工方法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070302

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20090401

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20091110

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20100309