JP2000064249A - 緑化護岸材 - Google Patents

緑化護岸材

Info

Publication number
JP2000064249A
JP2000064249A JP10234219A JP23421998A JP2000064249A JP 2000064249 A JP2000064249 A JP 2000064249A JP 10234219 A JP10234219 A JP 10234219A JP 23421998 A JP23421998 A JP 23421998A JP 2000064249 A JP2000064249 A JP 2000064249A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
water
bag
vegetation
revetment
base material
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP10234219A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3332349B2 (ja
Inventor
Hiroyuki Komabashiri
裕之 駒走
Osamu Takazawa
修 高澤
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Nisshoku Corp
Original Assignee
Nisshoku Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nisshoku Corp filed Critical Nisshoku Corp
Priority to JP23421998A priority Critical patent/JP3332349B2/ja
Publication of JP2000064249A publication Critical patent/JP2000064249A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3332349B2 publication Critical patent/JP3332349B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Pit Excavations, Shoring, Fill Or Stabilisation Of Slopes (AREA)
  • Revetment (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【課題】 河川,湖沼,池等の岸辺の法面を被覆保護す
るとともに、植生基材が充分に生育できる水分を容易に
確保し、岸辺の法面の積極的な緑化を行って、水生動植
物の棲息環境の創出や水質の浄化を図る。 【解決手段】 護岸を緑化保護する植生基体9の下面
に、高分子吸水体を素材の一部もしくは全部とする保水
シート2を配置する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、河川,湖沼,池等
の岸辺の法面を護岸する緑化護岸材に関する。
【0002】
【従来の技術】河川や湖沼等の堤体法覆工や護岸工とし
ては、従来より、石張り工法,コンクリートの張りブロ
ック工法,法枠工法,ブロックマット工法,布製型枠モ
ルタル注入工法等々、多くの工法が用いられている。し
かしながら、これらの工法は、洪水に対する安全度や維
持管理の容易性を過度に重視しているため、三面張り水
路に代表されるように、河川,湖沼等が本来有していた
動植物の生育環境や自然景観を損なうという結果になっ
ている。このため、近年では、前記法面を被覆保護する
とともに、植生による水際の積極的な緑化を行って、水
生動植物の棲息環境の創出や水質の浄化機能を持たせた
自然型水路・護岸の構築が種々、試みられている。
【0003】その代表的な護岸工法として、例えば、特
開平8−199528号公報等に示すように、二重のシ
ートで形成した植生基体の複数個の収納室に、植生基材
と,植物種子,苗,球根等の混合物を充填し、この植生
基体を前記法面に敷設する工法がある。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】従来の前記護岸工法の
いずれの場合も、雨水だけでは植生基体の植生基材が充
分に生育できず、緑化については期待どおりの成果が得
られないことがあった。一方、前記植生基体の下面に保
水効果を得るために不織布を敷設する例があった。とこ
ろが、不織布が河川水等を吸い上げるのは、毛細管現象
によるものであるが、その毛細管現象の作用だけでは、
水を吸い上げることができる高さに限界があるため、水
分を行き渡らせることができるのは法面のほんの下部の
みであった。また、前記植生基体にポンプ等を用いて定
期的に水分を供給しようとすると、設備が大掛かりにな
り、コスト高になるという問題がある。
【0005】本発明は、前記の点に留意してなされたも
のであり、河川,湖沼,池等の岸辺の法面を被覆保護す
るとともに、植生基材が充分に生育できる水分を容易に
確保し、岸辺の法面の積極的な緑化を行って、水生動植
物の棲息環境の創出や水質の浄化を図ることができる緑
化護岸材を提供することを目的とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】前記課題を解決するため
に、請求項1記載の緑化護岸材は、護岸を緑化保護する
植生基体と、その下面に配置した,高分子吸水体を素材
の一部もしくは全部とする保水シートとからなるもので
ある。
【0007】護岸を緑化保護する植生基体とは、軽量な
ものはシートに種子を担持させた所謂張り芝や、袋体に
有機客土を充填した植生マットから、重量物では針金製
のかごに土砂や砕石を充填したかごマットというよう
に、周辺植生や導入植物を生育させることにより、流水
による法面の洗掘・崩壊の防止を図るものである。該植
生基体の下面に配置される保水シートは、その中に存在
する高分子吸水体が、河川,湖沼,池等の水を自らの吸
水力で吸い上げるため、保水シートの隅々まで水分を行
き渡らせることができ、ポンプ等を備えた大掛かりな設
備を用いることなく、水分を安価で、かつ、容易に確保
することができる。また、植生基体に保持された植物種
子は、保水シートより供給される河川,湖沼,池等の水
や雨水,および植生基材に含まれる養分等を吸収するこ
とによって発芽・発根し、これらの植物の成長により、
河川,湖沼,池等の法面の緑化および保護を実現すると
ともに、水生動植物の棲息環境の創出や水質の浄化を図
ることができる。
【0008】また、請求項2記載の緑化護岸材は、前記
高分子吸水体として繊維状のものを使用し、前記保水シ
ートを不織布状に構成したものである。
【0009】したがって、保水シートを容易に、かつ、
安価に構成することができる。そして、保水シート中に
ある殆どの繊維状の高分子吸水体は連続することとな
り、吸い上げた河川水等を、短時間にシート全体へ行き
渡らせることができる。
【0010】なお、保水シート中の高分子吸水体として
は、市場に出回っている種々のものが使用できるが、水
分放出後の再吸収性が良好であることが肝要であり、そ
のためには、アクリル酸ソーダ塩による組成を持つもの
が好ましい。
【0011】保水シートは、高分子吸水体そのもので形
成されたものを使用してもよいが、高分子吸水体が不織
布や布帛等に混入されたものを使用してもよい。
【0012】また、保水シートの下端は、増水時のみな
らず、常時水中に浸かるように敷設するのが好ましい。
【0013】
【発明の実施の形態】実施の形態につき、図1ないし図
5を参照して説明する。 (形態1)まず、形態1を示した図1ないし図3におい
て、1は河川,湖沼,池等の岸辺の法面、2は法面1上
に敷設された保水シートであり、繊維状の高分子吸水体
(例えば、ベルオアシス:カネボウ繊維株式会社製を使
用する)からなり、保水シート2の下端は常時水面に浸
漬されている。3は保水シート2上に敷設された植生基
体であり、網体4と複数個の土のう5とから構成され、
前記網体4は、網状基材4aと,網状基材4aの上面に
等間隔に,かつ,平行に形成された複数個の突条の袋状
部4bとからなる。前記土のう5は、人力で持ち運べる
大きさであり、耐久性に劣る植物性繊維で構成され、例
えばヤシネット(ヤシ果実の繊維で編まれたネット),
シュロ縄で編まれたネット,ヤシマット,不織布(生分
解性のあるものが望ましい。)等が用いられ、土のう5
の内部に混合物、すなわち植物種子6aと植生基材6b
が充填され、土のう5は、網体4の各袋状部4bに複数
個(図示の例では3個)ずつ収容されている。7は保水
シート2と植生基体3とからなる緑化護岸材である。
【0014】また、前記袋状部4bは、土のう5が腐
蝕,溶解等によって強度を失った後も、土のう5の収納
物(特に、後述する石)の保持、網体4の吊り込み等の
施工時に作用する荷重、水制等に必要な強度を負担する
ものであって、例えば金網であってもよいが、この形態
1では、高張力プラスチック線材を格子状に織編したプ
ラスチック製の網を使用しており、線材幅は3mm〜10
mm、目合いは5cm〜10cm程度に設定してある。また、
網状基材4aも前記袋状部4bと同様の線材により構成
されている。
【0015】土のう5に充填される混合物は、例えば粒
径50mm〜70mm程度の石(砕石を使用しているが、砂
利でもよい。)と、バーク堆肥,ピートモス等の人工客
土,焼却灰を原料にした園芸用土,現場発生土等や、そ
れらに肥料や活性炭等の水質浄化材を混合したものから
任意に選択して使用される植生基材6bと、植物種子6
a,茎葉部,根株等(植物種子6a,茎葉部,根株の三
種類でもよく、それらのうち、任意の一種類または二種
類でもよいという意味である。植物種子6aとしては、
例えば、ケンタッキー31フェスク,バミューダグラ
ス,リードキャナリー等、植物種子6aのうち、木本種
子としてはイタチハギ等が使用され、萌芽性茎葉あるい
は根株としては、セリ,ヨシ,イタチハギ,ヤナギ等が
使用される。)とを混ぜたものを用いる。
【0016】土のう5は、充填中に破断しない程度の引
張強度とした耐久性に劣る繊維で構成した布帛(例え
ば、補強のためのナイロン等のフィラメント長繊維、耐
候性強化および土壌流出防止のためのケバのあるアクリ
ル繊維等の紡績糸、目ずれ促進のために易劣化性のセル
ロース,スフ繊維、目合い拡大のためのポリビニールア
ルコール等水溶性繊維を混織して製作した布帛)からな
り、初期の布帛目合いは、植物生育用土壌や植物種子,
茎葉部,根株等の流出を阻止できる大きさ(具体的に
は、0.1mm〜2mm)に設定されている。そして、水分
に接した状態においては、時間の経過につれて、上記の
目合いが、繊維の腐蝕や溶解、目ずれ等により植物の生
育の妨げとならない大きさに拡大するようになってい
る。
【0017】網体4の寸法は任意に設定できるが、図3
に示すように、例えば網状基材4aの横幅L1 が120
0mm、縦幅L2 が10000mmに設定されている。袋状
部4bの長さL3 は1000mmに設定され、袋状部4b
の一端からはみ出した幅200mmの網状基材4aの部分
が網体4どうしの重ね代となっている。袋状部4bの網
状基材4aからの突出高さTは130mm〜150mm、太
さHは200mm〜230mmに設定され、袋状部4bのピ
ッチ(中心間の距離)は400mmに設定されている。土
のう5は袋状部4bに収まる太さと、袋状部4bの中に
3個を直列させて収容できる長さ(330mm程度)に設
定されている。
【0018】土のう5に、植物種子6aおよび植生基材
6b等の混合物を充填する場合、例えば、30数センチ
メートルの塩化ビニルパイプを複数本並設し、各塩化ビ
ニルパイプの上端部に、土のう5の開口部を引っかけ、
バックフォーやスコップの使用等の人為作業により混合
物を投入する。そして、混合物の投入後、土のう5の開
口部を接着,縫着,ステープル止め等の手段により閉塞
し、網体4の袋状部4bの開口部から、各塩化ビニルパ
イプから取り出した土のう5を複数個ずつ挿入した後、
袋状部4bの開口部を閉塞している。
【0019】つぎに施工手順について説明する。法面1
に緑化護岸材7の保水シート2を敷設し、保水シート2
の上面に、網体4の袋状部4bが等高線に沿うように植
生基体3を敷設し、図2に示すように、緑化護岸材7の
所定の複数個の箇所にアンカーボルト8を打ち込んで法
面1に固定する。アンカーボルト8としては、例えば、
直径16mm、長さ400mmの鉄筋が使用され、100平
方メートルあたり390本程度使用される。
【0020】そして、所定の期間が経過すると、保水シ
ート2中の連続した繊維状の高分子吸水体が河川,湖
沼,池等の水を自らの吸水力で吸い上げるため、保水シ
ート2の隅々まで短時間に水分が行き渡り、水分を容易
に確保することができ、各袋状部4bに充填されている
植物種子6a,茎葉部,根株等は、保水シート2より供
給される河川,湖沼,池等の水や雨水,および植生基材
6bに含まれる養分等を吸収することによって発芽・発
根し、これらの植物の成長により、河川,湖沼,池等の
法面の緑化が図られる。
【0021】また、植生基体3の各袋状部4bに長尺の
袋体を収容するのではなく、人力で持ち運べる大きさに
設定された複数個の土のう5を収容しているため、植物
種子6aおよび植生基材6b等の混合物の充填に際し、
その作業を人力で行うことができ、簡易に施工すること
ができる。
【0022】さらに、法面1には、保水シート2および
植生基体3からなる緑化護岸材7を敷設しているため、
植生基体3の各袋状部4b間に位置する法面1の表面が
保水シート2で保護され、雨水や流水による前記表面の
洗掘・崩壊を防止することができる。
【0023】その上、植生基体3の袋状部4bを、網状
基材4aの上面に突状に形成しているため、袋状部4b
に土のう5を収容した状態において、袋状部4bおよび
各袋状部4bの間に位置する網状基材4aを法面1に密
着させることができ、植生基材6の骨材となる石の重量
によって法面1への押さえを確実に行うことができる。
【0024】また、植生基体3の袋状部4bの網目から
所々の土のう5の上面を切り開き、挿し木や圃場で十分
に成長させた植物,河川等の水際で採取したキショウ
ブ,セキショウ,ヨシ等を植栽することも可能である。
【0025】なお、前記形態1の場合、袋状部4bに複
数個の土のう5を収容した植生基体3を保水シート2上
に敷設しているが、植生基体3を保水シート2上に敷設
した後、土のう5を植生基体3の袋状部4bに収容する
ようにしてもよい。この場合、機械力による大重量物の
持ち上げが不要になるため、充填から植生基体3の敷設
完了での全工程を人力のみによって行うことができる。
【0026】(形態2)つぎに、形態2を示した図4お
よび図5において、図1と同一符号は同一もしくは相当
するものを示し、異なる点はつぎのとおりである。9は
保水シート2上に敷設された植生基体であり、複数個の
袋状部9aが形成され、底部に水分は通すが根の貫通を
防止する根阻止面Sが形成され、各袋状部9aに、植物
種子6aおよび植生基材6b等の混合物が充填されてい
る。10は保水シート2と植生基体9とからなる緑化護
岸材であり、緑化護岸材10に複数本のアンカーボルト
8が打ち込まれて法面1に固定されている。
【0027】そして、植生基体9は、例えば500〜1
000デニールの耐腐食性の糸を格子状に織り込み、こ
れに重ね合わせて、500〜1000デニールの耐腐食
性の糸により格子枠状の補強帯を形成して網状の布帛A
を形成し、この布帛Aを二層に配置し、その下面に、耐
腐食性の糸で、植物の根が貫通しないような細かな目合
いに織編された布帛(図示せず)を配して三層とし、こ
れら三層の布帛A,A,布帛を、前記補強帯同士が一重
になるように縫着する。これにより、例えば、縦幅が約
70cm、横幅が約1.6mの複数個の袋状部9aが形
成され、これらの袋状部9aが縦幅方向に複数個連結さ
れ、各袋状部9aに混合物が充填され、植生基体9が構
成されている。そして、植物種子6aおよび植生基材6
bの充填の際、袋状部9aの一端に設けられた開口部か
ら乾式吹付け機のノズルによって、混合物を充填する。
【0028】この混合物は、リードキャナリーやバミュ
ーダグラスやイタチハギなどの種子や、ピートモスやバ
ーク堆肥を中心として、適宜の肥料や保水材を適宜の割
合で混ぜたものが好ましく、さらには、活性炭やゼオラ
イトあるいはヤシガラ炭などの水質浄化剤を混合して用
いてもよい。
【0029】なお、前記補強帯は、施工時の植生基体9
の強度を確保し、植物種子6aおよび植生基材6bを圧
入充填する際の袋状部9aの耐破裂性を維持するととも
に、耐腐食性の糸が腐食して消失した後も、植生基体9
の強度および植生基体9の形態を長期にわたって確保
し、袋状部9a内に充填された植物種子6aおよび植生
基材6bの流失を防止する役目を果たす。
【0030】前記植生基体9の形成に用いる耐腐蝕性の
糸としては、長期にわたって水による吸出しを防ぐた
め、耐環境性に優れたポリエステル,ポリアミド,ポリ
エチレン,ナイロン,ビニロンなどの化学繊維が適して
いる。しかし、補強帯を形成する糸以外の糸は、その全
部又は一部を腐蝕性の糸とすることにより、早期に腐蝕
させ、植物の成長につれて目合いが拡大するように構成
することも可能である。
【0031】そして、法面1に多少の凹凸があっても、
植生基体9に複数個の袋状部9aが形成されているた
め、各袋状部9a同士の間で自在に屈曲することによ
り、法面1の凹凸に良くなじむことになる。
【0032】また、植生基体9の各袋状部9a内には、
例えば、リードキャナリーやバミューダグラスやイタチ
ハギなどの植物種子6aの他、例えば、ピートモスやバ
ーク堆肥など、植物の生育を助ける肥料や保水材等の植
生基材6bが充填されているので、発芽した植物種子
は、これらを吸収して生育し、植生基体9の生育基盤と
して成長し、法面1の修景緑化が行われることになる。
【0033】また、植生基体9の上面の所々に例えば十
字状の切目を入れて、適宜の開口を形成し、これらの開
口を介してセリ、クレソン、ガマ、ヨシ、ヤナギ等の水
生植物を植栽してもよい。この水生植物は、幼苗であっ
ても、ある程度生育したものであってもよく、両者を同
時に植栽してもよい。この場合、袋状部9a内に収容さ
れた植物種子6aが発芽し生育するまでの間において、
水生植物による法面1の修景緑化が行われることにな
る。
【0034】なお、前記形態1,2の保水シートとし
て、繊維状の高分子吸水体が不織布や布帛等に混入され
たものを用いてもよい。また、高分子吸水体としては、
水分放出後の再吸収性が良好であることが肝要であり、
アクリル酸ソーダ塩による組成を持つものが好ましい。
【0035】さらに、保水シート上に植生基体を敷設し
た緑化護岸材を用いたが、保水シート上に植生基体を接
着した緑化護岸材を用いてもよい。
【0036】
【発明の効果】以上説明したように、請求項1に記載の
緑化護岸材は、護岸を緑化保護する植生基体の下面に、
高分子吸水体を素材の一部もしくは全部とする保水シー
トを配置したため、保水シートの中に存在する高分子吸
水体により河川,湖沼,池等の水を自らの吸水力で吸い
上げ、保水シートの隅々まで水分を行き渡らせることが
でき、水分を容易に確保することができる。しかも、高
分子吸水体の吸水力により水分を吸い上げるため、ポン
プ等を備えた大掛かりな設備が必要なく、コストを低減
できる。
【0037】また、前記植生基体とは、例えば、軽量の
植生基体として、シートに種子を担持させた所謂張り芝
や、袋体に有機客土を充填した植生マットがあり、重量
物の植生基体として、針金製のかごに土砂や砕石を充填
したかごマットがあり、これらの植生基体を用いること
により、周辺植生や導入植物を生育することができ、流
水による法面の洗掘・崩壊の防止を図ることができる。
【0038】さらに、植生基体に保持された植物種子
は、保水シートより供給される河川,湖沼,池等の水や
雨水,および植生基材に含まれる養分等を吸収すること
によって発芽・発根し、これらの植物の成長により、河
川,湖沼,池等の法面の緑化および保護を実現するとと
もに、水生動植物の棲息環境の創出や水質の浄化を図る
ことができる。
【0039】また、請求項2記載の緑化護岸材は、保水
シートを、繊維状の高分子吸水体を使用して不織布状に
構成したため、保水シートを容易に、かつ、安価に構成
することができる。そして、保水シート中にある殆どの
繊維状の高分子吸水体は連続することとなり、吸い上げ
た河川水等を、短時間にシート全体へ行き渡らせること
ができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施の形態1の斜視図および一部の拡
大斜視図である。
【図2】図1の側面断面図および一部の側面断面図であ
る。
【図3】図1の施工手順を示した説明図である。
【図4】本発明の実施の形態2の斜視図および一部の拡
大斜視図である。
【図5】図4の側面断面図および一部の側面断面図であ
る。
【符号の説明】
2…保水シート、3…植生基体、4b…袋状部、6a…
植物種子、6b…植生基材、7…緑化護岸材、9…植生
基体、9a…袋状部、10…緑化護岸材。
─────────────────────────────────────────────────────
【手続補正書】
【提出日】平成11年11月12日(1999.11.
12)
【手続補正1】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】全文
【補正方法】変更
【補正内容】
【書類名】 明細書
【発明の名称】 緑化護岸材
【特許請求の範囲】
【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、河川,湖沼,池等
の岸辺の法面を護岸する緑化護岸材に関する。
【0002】
【従来の技術】河川や湖沼等の堤体法覆工や護岸工とし
ては、従来より、石張り工法,コンクリートの張りブロ
ック工法,法枠工法,ブロックマット工法,布製型枠モ
ルタル注入工法等々、多くの工法が用いられている。し
かしながら、これらの工法は、洪水に対する安全度や維
持管理の容易性を過度に重視しているため、三面張り水
路に代表されるように、河川,湖沼等が本来有していた
動植物の生育環境や自然景観を損なうという結果になっ
ている。このため、近年では、前記法面を被覆保護する
とともに、植生による水際の積極的な緑化を行って、水
生動植物の棲息環境の創出や水質の浄化機能を持たせた
自然型水路・護岸の構築が種々、試みられている。
【0003】その代表的な護岸工法として、例えば、特
開平8−199528号公報等に示すように、二重のシ
ートで形成した植生基体の複数個の収納室に、植生基材
と,植物種子,苗,球根等の混合物を充填し、この植生
基体を前記法面に敷設する工法がある。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】従来の前記護岸工法の
いずれの場合も、雨水だけでは植生基体の植生基材が充
分に生育できず、緑化については期待どおりの成果が得
られないことがあった。一方、前記植生基体の下面に保
水効果を得るために不織布を敷設する例があった。とこ
ろが、不織布が河川水等を吸い上げるのは、毛細管現象
によるものであるが、その毛細管現象の作用だけでは、
水を吸い上げることができる高さに限界があるため、水
分を行き渡らせることができるのは法面のほんの下部の
みであった。また、前記植生基体にポンプ等を用いて定
期的に水分を供給しようとすると、設備が大掛かりにな
り、コスト高になるという問題がある。
【0005】本発明は、前記の点に留意してなされたも
のであり、河川,湖沼,池等の岸辺の法面を被覆保護す
るとともに、植生基材が充分に生育できる水分を容易に
確保し、岸辺の法面の積極的な緑化を行って、水生動植
物の棲息環境の創出や水質の浄化を図ることができる緑
化護岸材を提供することを目的とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】前記課題を解決するため
に、請求項1記載の緑化護岸材は、護岸を緑化保護する
植生基体と、その下面に配置した,高分子吸水体を素材
の一部もしくは全部とする保水シートとからなるもので
ある。
【0007】護岸を緑化保護する植生基体として、軽量
なものはシートに種子を担持させた所謂張り芝(請求項
4)や、袋体に有機客土を充填した植生マット(請求項
3)、また、重量物では針金製のかごに土砂や砕石を充
填したかごマット(請求項5)、あるいは、網体と複数
個の土のうとから構成され、前記網体は、網状基材と,
網状基材の上面に等間隔に,かつ,平行に形成された複
数個の突条の袋状部とからなるもの(請求項2)を挙げ
ることができこれらは、周辺植生や導入植物を生育さ
せることにより、流水による法面の洗掘・崩壊の防止を
図るものである。該植生基体の下面に配置される保水シ
ートは、その中に存在する高分子吸水体が、河川,湖
沼,池等の水を自らの吸水力で吸い上げるため、保水シ
ートの隅々まで水分を行き渡らせることができ、ポンプ
等を備えた大掛かりな設備を用いることなく、水分を安
価で、かつ、容易に確保することができる。また、植生
基体に保持された植物種子は、保水シートより供給され
る河川,湖沼,池等の水や雨水,および植生基材に含ま
れる養分等を吸収することによって発芽・発根し、これ
らの植物の成長により、河川,湖沼,池等の法面の緑化
および保護を実現するとともに、水生動植物の棲息環境
の創出や水質の浄化を図ることができる。
【0008】また、請求項記載の緑化護岸材は、前記
高分子吸水体として繊維状のものを使用し、前記保水シ
ートを不織布状に構成したものである。
【0009】したがって、保水シートを容易に、かつ、
安価に構成することができる。そして、保水シート中に
ある殆どの繊維状の高分子吸水体は連続することとな
り、吸い上げた河川水等を、短時間にシート全体へ行き
渡らせることができる。
【0010】なお、保水シート中の高分子吸水体として
は、市場に出回っている種々のものが使用できるが、水
分放出後の再吸収性が良好であることが肝要であり、そ
のためには、アクリル酸ソーダ塩による組成を持つもの
が好ましい。
【0011】保水シートは、高分子吸水体そのもので形
成されたものを使用してもよいが、高分子吸水体が不織
布や布帛等に混入されたものを使用してもよい。
【0012】また、保水シートの下端は、増水時のみな
らず、常時水中に浸かるように敷設するのが好ましい。
【0013】
【発明の実施の形態】実施の形態につき、図1ないし図
5を参照して説明する。 (形態1)まず、形態1を示した図1ないし図3におい
て、1は河川,湖沼,池等の岸辺の法面、2は法面1上
に敷設された保水シートであり、繊維状の高分子吸水体
(例えば、ベルオアシス:カネボウ繊維株式会社製を使
用する)からなり、保水シート2の下端は常時水面に浸
漬されている。3は保水シート2上に敷設された植生基
体であり、網体4と複数個の土のう5とから構成され、
前記網体4は、網状基材4aと,網状基材4aの上面に
等間隔に,かつ,平行に形成された複数個の突条の袋状
部4bとからなる。前記土のう5は、人力で持ち運べる
大きさであり、耐久性に劣る植物性繊維で構成され、例
えばヤシネット(ヤシ果実の繊維で編まれたネット),
シュロ縄で編まれたネット,ヤシマット,不織布(生分
解性のあるものが望ましい。)等が用いられ、土のう5
の内部に混合物、すなわち植物種子6aと植生基材6b
が充填され、土のう5は、網体4の各袋状部4bに複数
個(図示の例では3個)ずつ収容されている。7は保水
シート2と植生基体3とからなる緑化護岸材である。
【0014】また、前記袋状部4bは、土のう5が腐
蝕,溶解等によって強度を失った後も、土のう5の収納
物(特に、後述する石)の保持、網体4の吊り込み等の
施工時に作用する荷重、水制等に必要な強度を負担する
ものであって、例えば金網であってもよいが、この形態
1では、高張力プラスチック線材を格子状に織編したプ
ラスチック製の網を使用しており、線材幅は3mm〜10
mm、目合いは5cm〜10cm程度に設定してある。また、
網状基材4aも前記袋状部4bと同様の線材により構成
されている。
【0015】土のう5に充填される混合物は、例えば粒
径50mm〜70mm程度の石(砕石を使用しているが、砂
利でもよい。)と、バーク堆肥,ピートモス等の人工客
土,焼却灰を原料にした園芸用土,現場発生土等や、そ
れらに肥料や活性炭等の水質浄化材を混合したものから
任意に選択して使用される植生基材6bと、植物種子6
a,茎葉部,根株等(植物種子6a,茎葉部,根株の三
種類でもよく、それらのうち、任意の一種類または二種
類でもよいという意味である。植物種子6aとしては、
例えば、ケンタッキー31フェスク,バミューダグラ
ス,リードキャナリー等、植物種子6aのうち、木本種
子としてはイタチハギ等が使用され、萌芽性茎葉あるい
は根株としては、セリ,ヨシ,イタチハギ,ヤナギ等が
使用される。)とを混ぜたものを用いる。
【0016】土のう5は、充填中に破断しない程度の引
張強度とした耐久性に劣る繊維で構成した布帛(例え
ば、補強のためのナイロン等のフィラメント長繊維、耐
候性強化および土壌流出防止のためのケバのあるアクリ
ル繊維等の紡績糸、目ずれ促進のために易劣化性のセル
ロース,スフ繊維、目合い拡大のためのポリビニールア
ルコール等水溶性繊維を混織して製作した布帛)からな
り、初期の布帛目合いは、植物生育用土壌や植物種子,
茎葉部,根株等の流出を阻止できる大きさ(具体的に
は、0.1mm〜2mm)に設定されている。そして、水分
に接した状態においては、時間の経過につれて、上記の
目合いが、繊維の腐蝕や溶解、目ずれ等により植物の生
育の妨げとならない大きさに拡大するようになってい
る。
【0017】網体4の寸法は任意に設定できるが、図3
に示すように、例えば網状基材4aの横幅L1 が120
0mm、縦幅L2 が10000mmに設定されている。袋状
部4bの長さL3 は1000mmに設定され、袋状部4b
の一端からはみ出した幅200mmの網状基材4aの部分
が網体4どうしの重ね代となっている。袋状部4bの網
状基材4aからの突出高さTは130mm〜150mm、太
さHは200mm〜230mmに設定され、袋状部4bのピ
ッチ(中心間の距離)は400mmに設定されている。土
のう5は袋状部4bに収まる太さと、袋状部4bの中に
3個を直列させて収容できる長さ(330mm程度)に設
定されている。
【0018】土のう5に、植物種子6aおよび植生基材
6b等の混合物を充填する場合、例えば、30数センチ
メートルの塩化ビニルパイプを複数本並設し、各塩化ビ
ニルパイプの上端部に、土のう5の開口部を引っかけ、
バックフォーやスコップの使用等の人為作業により混合
物を投入する。そして、混合物の投入後、土のう5の開
口部を接着,縫着,ステープル止め等の手段により閉塞
し、網体4の袋状部4bの開口部から、各塩化ビニルパ
イプから取り出した土のう5を複数個ずつ挿入した後、
袋状部4bの開口部を閉塞している。
【0019】つぎに施工手順について説明する。法面1
に緑化護岸材7の保水シート2を敷設し、保水シート2
の上面に、網体4の袋状部4bが等高線に沿うように植
生基体3を敷設し、図2に示すように、緑化護岸材7の
所定の複数個の箇所にアンカーボルト8を打ち込んで法
面1に固定する。アンカーボルト8としては、例えば、
直径16mm、長さ400mmの鉄筋が使用され、100平
方メートルあたり390本程度使用される。
【0020】そして、所定の期間が経過すると、保水シ
ート2中の連続した繊維状の高分子吸水体が河川,湖
沼,池等の水を自らの吸水力で吸い上げるため、保水シ
ート2の隅々まで短時間に水分が行き渡り、水分を容易
に確保することができ、各袋状部4bに充填されている
植物種子6a,茎葉部,根株等は、保水シート2より供
給される河川,湖沼,池等の水や雨水,および植生基材
6bに含まれる養分等を吸収することによって発芽・発
根し、これらの植物の成長により、河川,湖沼,池等の
法面の緑化が図られる。
【0021】また、植生基体3の各袋状部4bに長尺の
袋体を収容するのではなく、人力で持ち運べる大きさに
設定された複数個の土のう5を収容しているため、植物
種子6aおよび植生基材6b等の混合物の充填に際し、
その作業を人力で行うことができ、簡易に施工すること
ができる。
【0022】さらに、法面1には、保水シート2および
植生基体3からなる緑化護岸材7を敷設しているため、
植生基体3の各袋状部4b間に位置する法面1の表面が
保水シート2で保護され、雨水や流水による前記表面の
洗掘・崩壊を防止することができる。
【0023】その上、植生基体3の袋状部4bを、網状
基材4aの上面に突状に形成しているため、袋状部4b
に土のう5を収容した状態において、袋状部4bおよび
各袋状部4bの間に位置する網状基材4aを法面1に密
着させることができ、植生基材6の骨材となる石の重量
によって法面1への押さえを確実に行うことができる。
【0024】また、植生基体3の袋状部4bの網目から
所々の土のう5の上面を切り開き、挿し木や圃場で十分
に成長させた植物,河川等の水際で採取したキショウ
ブ,セキショウ,ヨシ等を植栽することも可能である。
【0025】なお、前記形態1の場合、袋状部4bに複
数個の土のう5を収容した植生基体3を保水シート2上
に敷設しているが、植生基体3を保水シート2上に敷設
した後、土のう5を植生基体3の袋状部4bに収容する
ようにしてもよい。この場合、機械力による大重量物の
持ち上げが不要になるため、充填から植生基体3の敷設
完了での全工程を人力のみによって行うことができる。
【0026】(形態2)つぎに、形態2を示した図4お
よび図5において、図1と同一符号は同一もしくは相当
するものを示し、異なる点はつぎのとおりである。9は
保水シート2上に敷設された植生基体であり、複数個の
袋状部9aが形成され、底部に水分は通すが根の貫通を
防止する根阻止面Sが形成され、各袋状部9aに、植物
種子6aおよび植生基材6b等の混合物が充填されてい
る。10は保水シート2と植生基体9とからなる緑化護
岸材であり、緑化護岸材10に複数本のアンカーボルト
8が打ち込まれて法面1に固定されている。
【0027】そして、植生基体9は、例えば500〜1
000デニールの耐腐食性の糸を格子状に織り込み、こ
れに重ね合わせて、500〜1000デニールの耐腐食
性の糸により格子枠状の補強帯を形成して網状の布帛A
を形成し、この布帛Aを二層に配置し、その下面に、耐
腐食性の糸で、植物の根が貫通しないような細かな目合
いに織編された布帛(図示せず)を配して三層とし、こ
れら三層の布帛A,A,布帛を、前記補強帯同士が一重
になるように縫着する。これにより、例えば、縦幅が約
70cm、横幅が約1.6mの複数個の袋状部9aが形
成され、これらの袋状部9aが縦幅方向に複数個連結さ
れ、各袋状部9aに混合物が充填され、植生基体9が構
成されている。そして、植物種子6aおよび植生基材6
bの充填の際、袋状部9aの一端に設けられた開口部か
ら乾式吹付け機のノズルによって、混合物を充填する。
【0028】この混合物は、リードキャナリーやバミュ
ーダグラスやイタチハギなどの種子や、ピートモスやバ
ーク堆肥を中心として、適宜の肥料や保水材を適宜の割
合で混ぜたものが好ましく、さらには、活性炭やゼオラ
イトあるいはヤシガラ炭などの水質浄化剤を混合して用
いてもよい。
【0029】なお、前記補強帯は、施工時の植生基体9
の強度を確保し、植物種子6aおよび植生基材6bを圧
入充填する際の袋状部9aの耐破裂性を維持するととも
に、耐腐食性の糸が腐食して消失した後も、植生基体9
の強度および植生基体9の形態を長期にわたって確保
し、袋状部9a内に充填された植物種子6aおよび植生
基材6bの流失を防止する役目を果たす。
【0030】前記植生基体9の形成に用いる耐腐蝕性の
糸としては、長期にわたって水による吸出しを防ぐた
め、耐環境性に優れたポリエステル,ポリアミド,ポリ
エチレン,ナイロン,ビニロンなどの化学繊維が適して
いる。しかし、補強帯を形成する糸以外の糸は、その全
部又は一部を腐蝕性の糸とすることにより、早期に腐蝕
させ、植物の成長につれて目合いが拡大するように構成
することも可能である。
【0031】そして、法面1に多少の凹凸があっても、
植生基体9に複数個の袋状部9aが形成されているた
め、各袋状部9a同士の間で自在に屈曲することによ
り、法面1の凹凸に良くなじむことになる。
【0032】また、植生基体9の各袋状部9a内には、
例えば、リードキャナリーやバミューダグラスやイタチ
ハギなどの植物種子6aの他、例えば、ピートモスやバ
ーク堆肥など、植物の生育を助ける肥料や保水材等の植
生基材6bが充填されているので、発芽した植物種子
は、これらを吸収して生育し、植生基体9の生育基盤と
して成長し、法面1の修景緑化が行われることになる。
【0033】また、植生基体9の上面の所々に例えば十
字状の切目を入れて、適宜の開口を形成し、これらの開
口を介してセリ、クレソン、ガマ、ヨシ、ヤナギ等の水
生植物を植栽してもよい。この水生植物は、幼苗であっ
ても、ある程度生育したものであってもよく、両者を同
時に植栽してもよい。この場合、袋状部9a内に収容さ
れた植物種子6aが発芽し生育するまでの間において、
水生植物による法面1の修景緑化が行われることにな
る。
【0034】なお、前記形態1,2の保水シートとし
て、繊維状の高分子吸水体が不織布や布帛等に混入され
たものを用いてもよい。また、高分子吸水体としては、
水分放出後の再吸収性が良好であることが肝要であり、
アクリル酸ソーダ塩による組成を持つものが好ましい。
【0035】さらに、保水シート上に植生基体を敷設し
た緑化護岸材を用いたが、保水シート上に植生基体を接
着した緑化護岸材を用いてもよい。
【0036】
【発明の効果】以上説明したように、請求項1に記載の
緑化護岸材は、護岸を緑化保護する植生基体の下面に、
高分子吸水体を素材の一部もしくは全部とする保水シー
トを配置したため、保水シートの中に存在する高分子吸
水体により河川,湖沼,池等の水を自らの吸水力で吸い
上げ、保水シートの隅々まで水分を行き渡らせることが
でき、水分を容易に確保することができる。しかも、高
分子吸水体の吸水力により水分を吸い上げるため、ポン
プ等を備えた大掛かりな設備が必要なく、コストを低減
できる。
【0037】また、例えば、軽量の植生基体として、シ
ートに種子を担持させた所謂張り芝や、袋体に有機客土
を充填した植生マットがあり、重量物の植生基体とし
て、針金製のかごに土砂や砕石を充填したかごマット
や、網体と複数個の土のうとから構成され、前記網体
は、網状基材と,網状基材の上面に等間隔に,かつ,平
行に形成された複数個の突条の袋状部とからなるもの
あり、これらの植生基体を用いることにより、周辺植生
や導入植物を生育することができ、流水による法面の洗
掘・崩壊の防止を図ることができる。
【0038】さらに、植生基体に保持された植物種子
は、保水シートより供給される河川,湖沼,池等の水や
雨水,および植生基材に含まれる養分等を吸収すること
によって発芽・発根し、これらの植物の成長により、河
川,湖沼,池等の法面の緑化および保護を実現するとと
もに、水生動植物の棲息環境の創出や水質の浄化を図る
ことができる。
【0039】また、請求項記載の緑化護岸材は、保水
シートを、繊維状の高分子吸水体を使用して不織布状に
構成したため、保水シートを容易に、かつ、安価に構成
することができる。そして、保水シート中にある殆どの
繊維状の高分子吸水体は連続することとなり、吸い上げ
た河川水等を、短時間にシート全体へ行き渡らせること
ができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施の形態1の斜視図および一部の拡
大斜視図である。
【図2】図1の側面断面図および一部の側面断面図であ
る。
【図3】図1の施工手順を示した説明図である。
【図4】本発明の実施の形態2の斜視図および一部の拡
大斜視図である。
【図5】図4の側面断面図および一部の側面断面図であ
る。
【符号の説明】 2…保水シート、3…植生基体、4b…袋状部、6a…
植物種子、6b…植生基材、7…緑化護岸材、9…植生
基体、9a…袋状部、10…緑化護岸材。
【手続補正2】
【補正対象書類名】図面
【補正対象項目名】図1
【補正方法】変更
【補正内容】
【図1】

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 護岸を緑化保護する植生基体と、その下
    面に配置した,高分子吸水体を素材の一部もしくは全部
    とする保水シートとからなる緑化護岸材。
  2. 【請求項2】 前記高分子吸水体として繊維状のものを
    使用し、前記保水シートを不織布状に構成したことを特
    徴とする請求項1に記載の緑化護岸材。
JP23421998A 1998-08-20 1998-08-20 緑化護岸材 Expired - Fee Related JP3332349B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP23421998A JP3332349B2 (ja) 1998-08-20 1998-08-20 緑化護岸材

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP23421998A JP3332349B2 (ja) 1998-08-20 1998-08-20 緑化護岸材

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000170178A Division JP2001011838A (ja) 2000-01-01 2000-06-07 緑化工法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2000064249A true JP2000064249A (ja) 2000-02-29
JP3332349B2 JP3332349B2 (ja) 2002-10-07

Family

ID=16967576

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP23421998A Expired - Fee Related JP3332349B2 (ja) 1998-08-20 1998-08-20 緑化護岸材

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3332349B2 (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002309581A (ja) * 2001-04-11 2002-10-23 Nisshoku Corp ポケット付ネット及び植生マット
WO2006025657A1 (en) * 2004-08-05 2006-03-09 Nam-Soo Han Vegetation type non woven fabric, revetment structure and revetment construction method using thereof
KR100648181B1 (ko) 2005-03-24 2006-11-27 신해룡개발주식회사 보습력이 우수한 급경사면 녹화시공방법
KR100939666B1 (ko) 2009-09-17 2010-02-03 석성기업주식회사 하천경사면 설치용 친환경 식생체와 그 시공방법
CN112709238A (zh) * 2020-12-28 2021-04-27 深圳市永丰生态环境有限公司 一种边坡植被的生态防护结构
CN113235623A (zh) * 2021-05-12 2021-08-10 中交四航工程研究院有限公司 一种适用于高陡边坡生态恢复的厚层基材客土喷播结构及其施工方法
JP7044335B1 (ja) 2021-05-31 2022-03-30 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 海底地盤の根固め構造および根固め方法

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN111119206A (zh) * 2020-01-06 2020-05-08 山东国建工程集团有限公司 一种便于快速搭建的建筑工程护坡支撑结构及安装方法

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002309581A (ja) * 2001-04-11 2002-10-23 Nisshoku Corp ポケット付ネット及び植生マット
WO2006025657A1 (en) * 2004-08-05 2006-03-09 Nam-Soo Han Vegetation type non woven fabric, revetment structure and revetment construction method using thereof
KR100648181B1 (ko) 2005-03-24 2006-11-27 신해룡개발주식회사 보습력이 우수한 급경사면 녹화시공방법
KR100939666B1 (ko) 2009-09-17 2010-02-03 석성기업주식회사 하천경사면 설치용 친환경 식생체와 그 시공방법
CN112709238A (zh) * 2020-12-28 2021-04-27 深圳市永丰生态环境有限公司 一种边坡植被的生态防护结构
CN113235623A (zh) * 2021-05-12 2021-08-10 中交四航工程研究院有限公司 一种适用于高陡边坡生态恢复的厚层基材客土喷播结构及其施工方法
JP7044335B1 (ja) 2021-05-31 2022-03-30 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 海底地盤の根固め構造および根固め方法
JP2022183868A (ja) * 2021-05-31 2022-12-13 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 海底地盤の根固め構造および根固め方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP3332349B2 (ja) 2002-10-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
WO1996035021A1 (fr) Filet tridimensionnel et procede de retenue de vegetation sur une pente
US20150132060A1 (en) Rapid deployment erosion control grass strip with integrated hydration, nutrition, and mulch systems
JP2001011838A (ja) 緑化工法
JP3332349B2 (ja) 緑化護岸材
JPH11323938A (ja) 緑化工法
JP3317472B2 (ja) 緑化工法と可撓性護岸材
JP2599097B2 (ja) 植生用袋体
JP2631833B2 (ja) 水際緑化工法
JP2002105962A (ja) 植生マットの製造方法
JPH068537B2 (ja) 育苗用植生マット
JP3296475B2 (ja) 緑化シート
JP2003090020A (ja) 河川等の護岸壁
CN211378721U (zh) 一种植生毯
JP2001248162A (ja) 客土注入マットによる法面の緑化保護工法
JP2000045249A (ja) 緑化護岸材とそれを用いた緑化護岸工法
JPH07113216B2 (ja) 植生袋
JPH1096238A (ja) 壁面緑化用袋及び壁面緑化方法
JP2626742B2 (ja) 植生用網状体
JP2002363989A (ja) 法面緑化工法
JP3285792B2 (ja) 法面緑化工法
JPH09279585A (ja) 植付用植生マットおよび植付用植生マットを使用する緑化工法
JPH0641975A (ja) 育苗用植生マット
JP4564524B2 (ja) 植生マット体をマット体裏面側から固定する水辺緑化工法
JP2000045250A (ja) 緑化護岸材とそれを用いた緑化護岸工法
JPH0892960A (ja) 植生マット

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees