WO2002064479A1 - Control device for elevator facility, building facilities repairing method and control method using it, and elevator system - Google Patents

Control device for elevator facility, building facilities repairing method and control method using it, and elevator system Download PDF

Info

Publication number
WO2002064479A1
WO2002064479A1 PCT/JP2002/000962 JP0200962W WO02064479A1 WO 2002064479 A1 WO2002064479 A1 WO 2002064479A1 JP 0200962 W JP0200962 W JP 0200962W WO 02064479 A1 WO02064479 A1 WO 02064479A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
elevator
building
equipment
monitoring
control
Prior art date
Application number
PCT/JP2002/000962
Other languages
English (en)
French (fr)
Inventor
Hiroyuki Mito
Kunihiko Onuma
Nobuo Tomita
Kikuo Tomita
Nobuhisa Kobayashi
Original Assignee
Hitachi, Ltd.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2001-39349 priority Critical
Priority to JP2001039349 priority
Priority to JP2001-298991 priority
Priority to JP2001298991A priority patent/JP4406516B2/ja
Application filed by Hitachi, Ltd. filed Critical Hitachi, Ltd.
Publication of WO2002064479A1 publication Critical patent/WO2002064479A1/ja

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B66HOISTING; LIFTING; HAULING
    • B66BELEVATORS; ESCALATORS OR MOVING WALKWAYS
    • B66B1/00Control systems of elevators in general
    • B66B1/34Details, e.g. call counting devices, data transmission from car to control system, devices giving information to the control system
    • B66B1/3407Setting or modification of parameters of the control system
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B66HOISTING; LIFTING; HAULING
    • B66BELEVATORS; ESCALATORS OR MOVING WALKWAYS
    • B66B5/00Applications of checking, fault-correcting, or safety devices in elevators
    • B66B5/0006Monitoring devices or performance analysers
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B66HOISTING; LIFTING; HAULING
    • B66BELEVATORS; ESCALATORS OR MOVING WALKWAYS
    • B66B5/00Applications of checking, fault-correcting, or safety devices in elevators
    • B66B5/0006Monitoring devices or performance analysers
    • B66B5/0018Devices monitoring the operating condition of the elevator system
    • B66B5/0025Devices monitoring the operating condition of the elevator system for maintenance or repair
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B66HOISTING; LIFTING; HAULING
    • B66BELEVATORS; ESCALATORS OR MOVING WALKWAYS
    • B66B5/00Applications of checking, fault-correcting, or safety devices in elevators
    • B66B5/0006Monitoring devices or performance analysers
    • B66B5/0037Performance analysers
    • GPHYSICS
    • G05CONTROLLING; REGULATING
    • G05BCONTROL OR REGULATING SYSTEMS IN GENERAL; FUNCTIONAL ELEMENTS OF SUCH SYSTEMS; MONITORING OR TESTING ARRANGEMENTS FOR SUCH SYSTEMS OR ELEMENTS
    • G05B15/00Systems controlled by a computer
    • G05B15/02Systems controlled by a computer electric

Description

明 細 書

昇降機設備の管理装置、 それを用いたビル設備の 改修方法および管理方法、 並びに昇降機 技術分野

本発明は、 ビル設備を制御および/または監視する機能を備える昇降 機設備の管理装置、 並びにそれを用いたビル設備の改修方法および昇降 機システムに関する。 背景技術

従来技術として例えば特開平 7 - 1 6 0 9 7 6号公報記載の技術があ る。 この従来技術では、 ビル管理装置に、 エレベータ制御盤インタフエ ースを備え、 エレベータ制御盤とビル管理装置を接続することで、 ビル 管理装置に、 ビル設備の監視制御機能以外に、 エレべ一夕の監視制御機 能を持たせている。

第 1 9図は、 上記従来技術のブロック図である。

第 1 9図において、 1 9 0 0は、 空調, 電気, 防災 ' 防犯等の各種設 備(エレべ一タは除く)、 1 9 0 1は、 各種ビル設備 1 9 0 0とデータの 入出力を行う入出力部 1 9 0 2、 及び上位のセンタ装置との通信を行う 通信部 1 9 0 3からなる口一カルコントロール装置で、 入力したデータ の変化、 及び異常を検出してセンタ装置にデータを伝送する。 1 9 0 4 は、 入力したデータを管理して各種設備の監視を行うセンタ装置で、 セ ンタ側通信部 1 9 0 5, データ管理部 1 9 0 6及びデータ表示部 1 907か らなる。 1 9 0 8は、 エレべ一夕に接続され、 エレベータの位置を検知 するエレベータ制御盤であり、 エレべ一夕の動きに合わせて、 その位置 をランプによって表示するものである。 1 9 0 2 aは、 各階におけるェ レベータの籠の存否の情報を入力するエレべ一夕設備入出力部である。 1 9 0 9は、 入力した籠の存否の情報をその存在する階を示す単一の数 値データに変換するデータ変換部、 1 9 1 0は変換された数値データが 予め設定された条件を満足するか否かを判断するデータ制御部で、 満足 する場合に、 そのデータをセン夕装置に送信するべく通信部 1 9 0 3に 送る。 上記のようなビル管理装置は、 複数のローカルコントロール装置 と、 センタ装置から構成される。 また、 ローカルコントロール装置とセ ン夕装置は異なるシステムメ一力から構成されることがある。

次に、 動作について説明する。

ビル内の各種設備 1 9 0 0から、 それぞれの運転状態やアナ口グ情報 をローカルコントロール装置 1 9 0 1の入出力部 1 9 0 2に入力する。 ローカルコントロール装置 1 9 0 1では、 入力データの状態の変化を検 出して、 通信部 1 9 0 3から、 センタ装置 1 9 0 4のセンタ側通信部 1 9 0 5へデータを送信する。 センタ 1 9 0 4では、 送信されたデータ が、 データ管理部 1 9 0 6にセッ トされ、 表示部 1 9 0 7に現在の各種 設備の状態が表示される。 また、 各種データの管理を行い、 規定値範囲 外のデータや設備の異常 Z故障を検知した場合など、 通知された状態等 の条件により、 該当する設備に対して最適な制御を行う。 例えば、 予め 設定された信号が、 所定の条件を満たしたときに、 所定の機器をオン Z オフさせる連動制御などがある。 連動制御はセン夕装置 1 9 0 4が制御 している場合と、 自律分散制御により、 イーサネッ トなどの L A N (口 一カルエリアネッ トワーク) に接続されたローカルコントロール装置 1 9 0 1間で、 データを相互通信し、 ローカルコントロール装置 1901に、 上記連動制御等の制御機能を持たせるようにする場合がある。 さらに、 停電, 地震, 火災等の発生時には警報を発し、 それぞれの管制運転のも とに制御を行う。

一方、 エレベータの運転状態については、 エレべ一夕制御盤 1 9 0 8 が、 一定周期で各階における籠の存否データを検出し、 ローカルコント ロール装置 1 9 0 1のエレベータ設備入出力部 1 9 0 2 aに入力する。 入力したデ一夕は、 データ変換部 1 9 0 9で、 籠が存在する階を示す単 一の数値デーダに変換され、 常時、 それぞれの動きに合わせて、 その位 置を各階におけるエレベータ制御盤 1 9 0 8上にランプ点灯表示する。 地震, 停電, 火災等の発生時には、 例えば、 停電ならば自家発電によつ て、 ひとつひとつの籠を所定の階まで移動させたり、 地震発生時ならば、 すべての籠を地上階まで次々と降ろすなど、 エレべ一夕制御盤 1 9 0 8 が、 それぞれの管制運転のもとにエレベータを制御する。

近年において、 ビルを取り巻く環境は急激に変化しており、 ビルにか かわる者からは、 それぞれの立場に応じて、 さまざまな要求が出されて いる。

上記の従来技術は、 データ伝送量の増加抑制を目的に、 エレベータ設 備入出力部を備えたビル管理装置を提供しているが、 ビル管理装置とェ レベータ制御盤がそれぞれ必要なので、 設置の際に現場作業が増加し、 建設期間が長くなるため、 ビルへの設置コス トが増加する。

また、 上記のような従来のビル管理装,置では、 設置時に接続されるビ ル内諸設備が、 予め、 決定されており、 それ以外のビル内諸設備を接続 し、 監視制御するには、 新しいビル内諸設備に対応した口一カルコント ロール装置毎の追加や取り替え、 ローカルコントロール装置のプログラ ムを修正する等の作業が発生する。 また、 ビル管理装置が、 複数のシス テムメーカの装置から構成されている場合、 メーカ毎の改修作業が必要 となり、 作業効率が極めて悪い。 即ち、 ビル設備の改修には、 一般的に、 高いコス トがかかり、 システムの再構築性, 柔軟性を阻害する要因とな つている。

また、 ビル管理業界は、 慢性的な人手不足、 及び維持運用コストの低 減要求に対し、 ビル設備を一元的に集中管理することで、 設備管理要員 をできるだけ少なくすることが求められているが、 これまで、 エレべ一 夕をはじめとするビル設備のィン夕フェースの整合をとり、 設備を集中 管理することは容易ではなかった。 発明の開示

本発明の課題は、 ビル管理に関わるコストの低減に配慮した、 昇降機 設備の管理装置およびそれを用いたビル設備の改修方法並びに昇降機シ ステムを提供することにある。

上記課題を解決するため、 昇降機および Zまたはその制御装置および

/または昇降機付帯設備を含む昇降機設備の管理装置に、 昇降機設備以 外のピル諸設備の監視制御機能を付加することで、 ビル建設時に、 ビル 諸設備を監視制御可能な能力を潜在させる。 これにより、 新たにビル諸 設備の監視制御が必要になった場合、 現場作業を少なく、 建設期間を短 縮すると共に、 ビル管理装置設置コストを低下できる。

特に、 ビル設備の新設, 増設, 取り替えなどのような改修に伴い、 ビ ルに既設されている昇降機施設を監視制御する目的で設置されている昇 降機設備の管理装置に、 ビル管理機能を新たに追加する場合には、 ビル 設備を接続するだけの作業となるため、 大幅に設置コス トを削減するこ とができる。 また、 ビル設備が接続されると、 必要な監視制御サービス プログラム.を外部より取り込むことで、 監視制御プログラムの自動編集 ができる。 また、 ビル諸設備の監視制御結果を、 ビル内外の情報系ネッ トワークを通じ、 パソコン, 携帯電話等に、 ホームページ形式で、 状態 を表示することができる。

本発明は、 エレベータ, エスカレ一夕のような乗客コンベアなどの各 種昇降機を含む昇降機設備の管理装置に適用できる。 なお、 本発明によ る昇降機設備の管理装置を新設する目的は、 昇降機設備の制御および Z 監視が主であっても良いし、 ビル設備の制御および Zまたは監視が主で あっても良い。 図面の簡単な説明

第 1図は、 昇降機設備の全体構成を示すブロック図である。

第 2図は、 実施例装置におけるハードゥエアブロック図である。

第 3図は、 エレべ一夕監視サービスを示すプロック図である。

第 4図は、 実施例装置における演算処理の制御ブロック図である。 第 5図は、 エレベータ監視、 及び制御プログラムにおける演算処理を 示す P A D図である。

第 6図は、 各設備の監視、 及び制御のためにマンマシン装置へ表示す るホームページの作成と転送に関する演算処理を示す制御プロック図で ある。

第 7図は、 ホームページ転送部における演算処理を示す P A D図であ る。 '

第 8図は、 ホームページマンマシン部における演算処理を示す P A D 図である。

第 9図は、 ホームページ編集部における演算処理を示す P A D図であ る。 第 1 0図は、 ビル設備監視、 及び制御プログラム部における演算処理 を示す P A D図である。

第 1 1図は、 サービスプログラム配信サーバのサービスプログラム配 信機能を示すブロック図である。

第 1 2図は、 プログラム管理実行部におけるサービスプログラム配信 サーバから配信されてくるサービスプログラム部を管理する制御ブロッ ク図である。

第 1 3図は、 設備接続時に、 自動的に設備の接続を認識し、 設備と対 応するサ一ビスプログラムを実行する機能の制御ブロック図である。 第 1 4図は、 サービスプログラムの内容構成例を示す図である。

第 1 5図は、 サービスプログラム配信サ一バにおけるイベント処理の フローチャート図である。

第 1 6図は、 実施例装置におけるサービスプログラム実行処理を含む イベント処理ルーチンのフローチヤ一ト図である。

第 1 7図は、 昇降機設備の遠隔診断装置にビル設備の監視制御、 また は、 ビル内へのビル設備情報配信等の機能を持たせた全体構成を示すブ ロック図である。

第 1 8図は、 昇降機設備の遠隔診断装置にビル設備の監視制御、 また は、 ビル内へのビル設備情報配信等の機能を持たせた実施例装置におけ る演算処理の制御プロック図である。

第 1 9図は、 従来技術のブロック図である。

第 2 0図は、 昇降機設備の管理装置の設置場所およびエレべ一夕用ネ ッ トワークを示す図。

第 2 1図は、 管理装置がエレベータの制御機能を持つ場合における、 管理装置の設置例である。 第 2 2図は、 管理装置がエレべ一夕の制御機能を持たない場合におけ る、 管理装置の設置例である。 発明を実施するための最良の形態

以下に本発明に係る実施例を図面を参照して説明する。

(実施例 1 )

第 2図に本発明を実施した昇降機設備の管理装置のハ一ドウエア構成 を示すブロック図を示す。

本発明を実施した昇降機設備の管理装置は中央処理装置 0 2 0 0, 記 憶装置 0 2 0 1, 設備系ネッ トワークインタフェース装置 0 2 0 2 , 情 報系ネッ トワークインタフェース装置 0 2 0 3から構成され、 それぞれ が、 バス 0 2 0 4により接続されている。 中央処理装置 0 2 0 0は、 記 憶装置 0 2 0 1 に格納されたプログラムを実行する装置であり、 適宜、 記憶装置 0 2 0 1 , 設備系ネッ トヮ一クイン夕フエ一ス装置 0 2 0 2, 情報系ネッ トワークインタフエ一ス装置 0 2 0 3を制御するものである t 記憶装置 0 2 0 1は R O M , R A M等のメモリ装置であり、 本発明を実 施した昇降機設備の管理装置 0 1 0 0の機能を果たす計算機プログラム や、 その実行状態などを記憶しておくものである。 設備系ネッ トワーク インタフェース装置 0 2 0 2は、 設備系ネッ トワーク 0 2 0 8を介し、 エレべ一夕と接続するためのエレべ一夕通信インタフェース装置, エレ ベータイン夕フォンと接続するためのエレべ一タインタフォンィンタフ エース装置、 または、 監視カメラと接続するための監視カメラインタフ エース装置、 または、 ビル諸設備などの制御対象 2 0 5 と接続するため' のビル設備系ネッ トヮ一クインタフエース装置等であり、 例えば、 ビル 設備機器を結ぶフィールドネッ トワークの L0NW0RKS等によりプロ トコル 処理を行う L ONコントローラ、 または、 電灯線モデム、 または、 無線 機等である。 情報系ネッ トワークィン夕フェース装置 0 2 0 3は、 公衆 回線, イーサネッ ト等の情報系ネッ トワーク 0 2 0 9を介し、 ビル群管 理装置, モパイル P C, P H S,携帯電話等のマンマシン装置 0 2 0 6や サービスプログラム配信サーバ 0 2 0 7 と接続するための広域ネッ トヮ 一クイン夕フェース装置、 または、 ビル内外情報系ネッ トヮ一クイン夕 フエ一ス装置である。 例えば、 広域ネッ トヮ一クイン夕フェース装置と は、 一般回線への接続を行うモデム装置や、 P H S回線への無線接続を 行う P H Sモデム装置であり、 ビル内外情報系ネッ トワークインタフエ —ス装置とは、 ィ一サネッ トコントローラである。

第 1図は、 本発明を実施した昇降機設備の管理装置を含めた昇降機シ ステムの全体構成を示すプロック図である。

昇降機システムは本発明を実施した昇降機設備の管理装置 0 1 0 0 (以下、 「管理装置 0 1 0 1」と略記する)、 1台以上のエレべ一夕 EV 1 , E V 2 , ···, E V n、 1台以上のエレべ一夕付帯設備 E 1, E 2 , ···, E n、 1台以上のビル諸設備 B 1 , B 2 , …, Bm、 ビル内ネッ トヮ ク 0 1 0 7, 情報系 P C 0 1 0 5 , ダイャルアツプル一夕 0 1 0 6 , 広 域ネッ トワーク 0 1 0 4 , ビル群管理センタ 0 1 0 2 , P H S、 または 携帯電話 0 1 0 3から構成される。

管理装置 0 1 0 0は、 情報系 P C 0 1 0 5, ビル群管理センタ 0102か らの指令や、 管理装置 0 1 0 0が、 予め備える管制運転機能に基づき、 エレべ一夕 EV 1 , E V 2 , ···, E V n、 エレべ一夕付帯設備 E l , E 2 , '··, E n、 ビル諸設備 B l , B 2, ···, Bmを制御するコント口 ーラである。 管理装置 0 1 0 0は、 設備系ネッ 卜ワークインタフェース 装置 0 2 0 2 として、 エレベータ通信インタフェース装置 0 1 1 2, ェ レベータ付帯設備インタフェース装置 0 1 1 3, ビル設備系ネッ トヮー クインタフエース装置 0 1 1 4等を備え、 情報系ネッ トワークインタフ エース装置 0 2 0 3 として、 ビル内ネッ トワークインタフェース装置 0 1 1 1,広域ネッ トヮ一クイン夕フエ一ス装置 0 1 1 0 , P H Sモデム 1 0 9等を備える。 設備系ネッ トワーク 0 2 0 8では、 リアルタイム性 を維持するため、 制御応答時間の保証が重要である。 エレベータ E V 1, E V 2 , ···, E V nは、 管理装置 0 1 0 0により制御され、 他メーカの エレべ一夕の場合、 変換ィンタフエースを介し、 管理装置 0 1 0 0に接 続されることがある。 エレべ一夕付帯設備 E l, E 2 , …, E nは、 監 視力メラ, エレベータ籠内ィン夕フォン等の昇降機設備として付帯する 設備である。 ビル諸設備 B l, B 2 , ···, Bmは、 空調制御装置, 電力 管理装置, 照明制御装置, 防災監視装置等のビル管理用の設備である。 ビル内ネッ トワーク 0 1 0 7は、 ピル内に設置されたネッ トワークで、 イーサネッ ト等である。 情報系 P C 0 1 0 5は、 自ビル内の監視、 及び 制御を行うための装置である。 ダイヤルアップル一夕 0 1 0 6は、 ビル 内ネッ トワーク 0 1 0 7を介して、 広域ネッ トワーク 0 1 0 4とダイャ ルアツプ接続を行うための装置である。 広域ネッ トワーク 0 1 0 4は、 ビル外部と情報をやり取りするネッ トヮ一クであり、 一般電話回線, 携 帯電話回線, P H S電話回線, インタネッ ト, CATVネッ トワーク, 衛星通信回線などである。 ビル群管理センタ 0 1 0 2は、 広域ネッ トヮ ーク 0 1 0 4を介して、 ビル群の監視、 及び制御を行うための装置であ る。 ここで、 情報系 P C 0 1 0 5 とはエレべ一タ E V 1 , E V 2 , ··· , E V n、 及びエレべ一夕付帯設備 E 1 , E 2 , ···, E n、 及びビル設備 B 1 , B 2 , ···, Bmの監視、 及び制御が行えるマンマシン装置であり、 例えば、 監視、 及び制御情報をホームページ形式で表示し、 入出力を行 う機能を持つ。 ビル群管理セン夕 0 1 0 2とは、 ビル群を統合的に監視、 及び制御し、 'サービスプログラム部 0 4 0 7の配信を行う装置である。

ビル 0 1 0 1内に設置されている管理装置 0 1 0 0の P H Sモデム 0 1 0 9、 または、広域ネッ トヮ一クイン夕フエ一ス装置 0 1 1 0には、 広域ネッ トヮ一ク 0 1 0 4を介し、 ビル群管理セン夕 0 1 0 2, P H S、 及び携帯電話.0 1 0 3 と接続されている。 広域ネッ トワーク 0 1 0 4に 接続される管理装置 0 1 0 0, ビル群管理センタ 0 1 0 2 , P H S、 及 び携帯電話 0 1 0 3は、 それぞれ複数台でもよい。 管理装置 0 1 0 0の ビル内ネッ トヮ一クインタフェース装置 0 1 1 1には、 ビル内ネッ トヮ ーク 0 1 0 7を介し、 情報系 P C 0 1 0 5、 または、 ダイヤルアップル 一夕 0 1 0 6が接続され、 エレべ一夕通信インタフェース装置 0 1 1 2 には、 1台以上のエレベータ EV 1 , E V 2 , ···, EV nが接続され、 エレべ一夕付帯設備ィン夕フェース装置 0 1 1 3には、 1台以上のエレ ベ一夕付帯設備 E l, E 2 , …, E nが接続され、 ビル設備系ネッ トヮ —クインタフエース装置 0 1 1 4には、 R S— 2 3 2等のシリアル通信 等により、 1台以上のビル諸設備 B 1 , B 2 , ···, Bmが接続される。

次に、 第 1図を用いて、 本発明装置がエレベータとビル設備の監視、 及び制御を行う概略を示し、 動作説明をする。

管理装置 0 1 0 0は、 エレベータ通信インタフェース装置 0 1 1 2か らの信号出力、 または、 エレベータインタフォン、 または、 監視カメラ などのエレベータ付帯設備インタフェース装置 0 1 1 3からの信号出力、 または、 ビル設備系ネッ トワークインタフェース装置 0 1 1 4からの信 号出力、 または、 ビル内ネッ トワーク 0 1 0 7を介し、 情報系 P C 0105 が接続されるビル内情報系ネッ トヮ一クインタフェース装置 0 1 1 1か らの信号出力、 または、 広域ネッ トワーク 0 1 0 4を介したビル群管理 センタ 0 1 0 2、 及び、 P H S、 または携帯電話 0 1 0 3が接続される 広域ネッ トワークインタフェース装置 0 1 1 0等からの信号出力を入力 として演算処理を行い、 演算処理の結果、 エレベータ付帯設備インタフ ェ一ス装置 0 1 1 3、 または、 エレベータ通信インタフェース装置 0112、 または、 ビル設備系ネッ トワークインタフェース装置 0 1 1 4等に対し て、 制御出力を送信し、 ビル内情報系ネッ トワークインタフェース装置 0 1 1 1、 または、 広域ネッ トワークィンタフエース装置 0 1 1 0等に 対して、 データ出力を行う。 以上により、 エレべ一夕とビル設備の状態 情報の提供、 異常事態などのエレべ一夕 E V 1 , E V 2 , ···, E V n、 または、 エレベータ付帯設備 E l, E 2 , ···, E n、 または、 ビル諸設 備 B 1, B 2 , …, Bmの監視、 及び制御を、 群管理セン夕 0 1 0 2 , P H S、 または、 携帯電話 0 1 0 3、 または、 情報系 P C 0 1 0 5等に より行う。

第 3図を用い、 より具体的な動作例として、 エレベータの監視、 及び 制御を行うエレべ一夕監視サービスについて説明を行う,。 エレベータ監 視サービスにおける全体の構成は、 管理装置 0 1 0 0のエレベータ通信 ィン夕フェース装置 0 1 1 2に、 一台以上の自社エレべ一タ制御装置 ME 1 , ME 2 , '··, ME n、 または、 インタフェース変換 0 3 0 0を 介し、 一台以上の他社エレべ一夕制御装置 O E 1, ···, 〇 E nが接続さ れている。 それ以外の構成は、 第 1図と同様である。 エレベータ監視サ 一ビスは、 エレべ一夕の設備稼働情報や、 異常及び異常予兆情報を、 群 管理センタ 0 1 0 2, P H S、 または、 携帯電話 0 1 0 3、 または、 情 報系 P C 0 1 0 5等に伝送を行い、 また、 群管理セン夕 0 1 0 2, MS、 または、 携帯電話 0 1 0 3、 または、 情報系 P C 0 1 0 5等から、 ビル 内ネッ トワーク 0 1 0 7、 または、 広域ネッ トヮ一ク 0 1 0 4を介し、 任意のエレベータ ME x、 または、 〇 E Xにエレベータの運用情報を伝 送するサービスである。 例えば、 任意のエレべ一夕 ME x、 または、 O E Xが異常を検知した場合、 管理装置 0 1 0 0には、 エレべ一夕通信 イン夕フェース装置 0 1 1 2を介し、 エレベータ ME x、 または、 OEx から異常通知信号が入力される。 入力された異常通知信号は管理装置 0 1 0 0により演算処理され、 処理結果の異常通知信号がビル内情報系 ネッ トワークインタフェース装置 0 1 1 1, ビル内ネッ トワーク 0107を 介して情報系 P C O 1 0 5に、 広域ネッ トワークインタフェース装置 0 1 1 0, 広域ネッ トワーク 0 1 0 4を介してビル群管理センタ 0102、 または、 P H S、 または、 携帯電話 0 1 0 3に伝送される。 また、 異常 通知信号を発した任意のエレべ一夕 ME X、 または、 O E xの異常状態 を、 ビル群管理センタ 0 1 0 2が解除する場合、 ビル群管理センタ 0102 は、 広域ネッ トワーク 0 1 0 4を介して、 管理装置 0 1 0 0の広域ネッ トワークイン夕フェース装置 0 1 1 0に異常解除信号を伝送する。 広域 ネッ トワークインタフェース装置 0 1 1 0に入力された異常解除信号は, 管理装置 0 1 0 0の中央演算処理装置 0 2 0 0により演算処理され、 ェ レベータ通信インタフ、エース装置 0 1 1 2を介して、 異常状態にあるェ レベータ ME x、 または、 O E Xに状態解除信号を伝送する。

次に、 管理装置 0 1 0 0の中央演算処理装置 0 2 0 0が行う演算処理 を、 エレべ一夕監視サービスを例に制御ブロック図を用いて説明する。 第 4図は、 管理装置 0 1 0 0の記憶装置 0 2 0 1に格納され、 中央演算 処理装置 0 2 0 0により、 実行されるプログラムとその関係を示したも のである。 このプログラムは、 情報系通信部 0 4 0 2 , 設備系通信部 0 4 0 3, プログラム管理実行部 0 4 0 4, エレべ一夕監視、 及び制御 プログラム部 0 4 0 5 , ビル設備監視、 及び制御プログラム部 0 4 0 6 , サービスプログラム部 0 4 0 7, ホームページ編集、 及び転送部 0408 , プラグアンドプレイ部 0 4 0 9から構成される。 情報系通信部 0 4 0 2 は、 情報系ネッ トワークインタフェース装置 0 2 0 3を制御して、 情報 系ネッ トヮ一ク 0 2 0 9 との通信プロ トコル処理を行い、 メッセージの 送受信を行う機能を備えるプログラムである。設備系通信部 0 4 0 3は、 設備系ネッ トワークインタフェース装置 0 2 0 2を制御して、 設備系ネ ッ トワーク 0 2 0 8 との通信プロ トコル処理を行い、 メッセージの ¾受 信を行う機能を備えるプログラムである。プログラム管理実行部 0404は、 エレべ一夕監視、 及び制御プログラム部 0 4 0 5, ビル設備監視、 及び 制御プログラム部 0 4 0 6 , サ一ビスプログラム部 0 4 0 7, ホ一ムぺ ージ編集、 及び転送部 0 4 0 8の管理、 及び実行を行う。 エレべ一夕 監視、 及び制御プログラム部 0 4 0 5は、 エレベータ監視、 及び制御を 行い、 エレベータ制御盤の機能を持ち、 プログラム管理実行部 0 4 0 4 に管理、 及び実行される。 ビル設備監視、 及び制御プログラム部 040 6は、 ビル設備の監視、 及び制御を行い、 ビル管理コントローラの機能を持ち、 プログラム管理実行部 0 4 0 4に管理、 及び実行される。 サービスプロ グラム部 0 4 0 7は、 サ一ビス、 または、 管理装置 0 1 0 0の制御を行 うプログラムであり、 サ一ビスプログラム配信サーバ 0 2 0 7から情報. 系ネッ トワーク 0 2 0 9を介して配信され、 プログラム管理実行部 0404 で管理、 及び実行される。 サービスプログラム配信サーバ 0 2 0 7から サービスプログラムを配信し、 サービスプログラム部 0 4 0 7を変更す ることにより、 設置後でも管理装置 0 1 0 0の機能を再構築することが 可能となる。 例えば、 連動制御を行わせる等の仕様変更に対応でき、 ュ 一ザのニーズ等に合わせ、 カスタマイズ可能である。 また、 エレベータ 監視、 及び制御プログラム部 0 4 0 5, ビル設備監視、 及び制御プログ ラム部 0 4 0 6, サ一ビスプログラム部 0 4 0 7, ホームページ編集、 及び転送部 0 4 0 8も、 サービスプログラム部 0 4 0 7 と同様に変更可 能である。ホームページ編集、及び転送部 0 4 0 8は、設備系通信部 0403 を介して、 エレべ一夕 EV 1 , E V 2 , …, EV n、 または、 エレべ一 夕付帯設備 E l, E 2 , …, E n、 または、 ビル設備 B l , B 2 , ···, Bmの稼働状況を収集し、 収集した稼働情報をデータ変換し、 情報系通 信部 0 4 0 2を介して、 ビル群管理センタ 0 1 0 2、 または、 P H S、 または、 携帯電話 0 2 0 3、 または、 モパイル P C:、 または、 情報系 P C 0 1 0 5等にデータ送信する。 送信された制御状態情報が、 インタ ネッ トで使用されるホームページ形式であれば、マンマシン装置 0206に、 ブラウザと呼ばれる汎用のホームページ形式フアイルの取り込みと、 そ の表示の機能を有するプログラムを実装することにより、 昇降機システ ム用の特別なマンマシン装置が無く とも、 パソコンのような情報処理装 置で、 制御状態情報を見たり、 制御状態設定等の情報操作することがで きるようになる。 プラグアンドプレイ部 0 4 0 9は、 設備系通信部 0403 を介して、 エレべ一夕 E V 1, E V 2 , ···, E V n、 または、 エレべ一 夕付帯設備 E l, E 2, ···, E n、 または、 ビル設備 B l , B 2 , …, Bmの接続状況を監視し、 接続が行われた場合は、 接続された設備に対 応するサービスプログラムの起動をプログラム管理実行部 0 4 0 4に通 知し、 設備の分離が行われた場合には、 設備に対応するサービスプログ ラムの終了をプログラム管理実行部 0 4 0 4に通知する。

次に、 エレべ一夕監視、 及び制御プログラム部 0 4 0 5における演算 処理を第 5図の P AD図を用いて説明する。

(ステップ 0 5 0 0 ) エレベータ監視、 及び制御プログラム部 0405は、 起動されると、 以下の処理を繰り返す。 (ステップ 0 5 0 1 ) 情報系通信部 0 4 0 2、 または、 設備系通信部 0 4 0 3からデ一夕が伝送されて来たか検出する。

(ステップ 0 5 0 2 ) エレべ一夕からの異常通知や、 マンマシンから の異常状態解除など検出された伝送データにより処理が分岐する。

(ステップ 0 5 0 3 ) ステップ 0 5 0 2で検出された伝送デ一夕が、 エレべ一夕からの異常通知ならば、 エレべ一夕の異常状態をマンマシン 装置へ通知するための電文を作成する。

(ステップ 0 5 0 4 ) ステップ 0 5 0 3で作成した電文を、 マンマシ ン装置へ送信するため、 情報系通信部 0 4 0 2に電文を渡す。

(ステップ 0 5 0 5 ) ステップ 0 5 0 2で検出された伝送デ一夕が、 マンマシンからのエレべ一夕の異常状態の解除通知ならば、 エレベータ の異常状態の解除を、 伝送データで指定されているエレべ一夕 E V xへ 通知する電文を作成する。

(ステップ 0 5 0 6 ) ステップ 0 5 0 5で作成した電文を、 エレべ一 夕 E V Xへ送信するため、 設備系通信部 0 4 0 3に電文を渡す。

(ステップ 0 5 0 7 ) 予め定めておいた一定時間待ち、 再びステップ 0 5 0 0の処理へ戻る。

以上の処理が、 エレべ一夕監視、 及び制御プログラム部 0 4 0 5にお けるエレべ一夕監視サービスの演算処理であり、 これにより、 マンマシ ンへのエレベータの異常通知, エレべ一夕への異常状態解除等の演算処 理が行われる。 ただし、 エレべ一夕監視、 及び制御プログラム部 0405は、 サービスプログラム配信サ一バ 0 2 0 7からの配信により、 変更可能の ため、 上記演算処理は一例である。

次に、 各設備の監視、 及び制御のためにマンマシン装置 0 2 0 6へ表 示するホームページの作成と転送に関する演算処理を、 第 6図に示す制 御ブロック図を用いて説明する。 情報系通信部 0 4 0 2は、 広域ネッ ト ワーク通信部 0 6 0 0、 及び、 ビル内外専用通信部 0 6 0 1から構成さ れる。 ホームページ編集、 及び転送部 0 4 0 8は、 ホームページ転送部 0 6 0 2 , ホ一ムページマンマシン部 0 6 0 3 , ホームページ編集部 0 6 0 4, HTMLファイル群 0 6 0 5から構成される。 それ以外は、 第 4図と同様の構成である。 設備系通信部 0 4 0 3は、 リアルタイム 設備監視部 0 6 0 6、 及ぴリアルタイム設備制御部 0 6 0 6から構成さ れる。 広域ネッ トワーク通信部 0 6 0 0は、 広域ネッ トワーク 0 1 0 4 を介して、 ビル群管理センタ 0 1 0 2、 または、 P H S、 または、 携帯 電話 0 2 0 3、 または、 モパイル P Cと通信を行う。 ビル内外専用通信 部 0 6 0 1は、 ビル内ネッ トワーク 0 1 0 7を介して、 ビル群管理セン 夕 0 1 0 2、 または、 情報系 P C 0 1 0 5 と通信を行う。 ビル内外専用 通信部 0 6 0 1 と、 ビル群管理センタ 0 1 0 2が通信を行う場合は、 ビ ル内ネッ トワーク 0 1 0 7 とビル群管理センタ 0 1 0 2の間に、 ダイヤ ルァップル一夕 0 1 0 6を介す。

昇降機システム内の管理装置 0 1 0 0は、 制御対象に対するリアル夕 ィム制御を行うと共に、 その制御状態情報を周期的にホームページ形式 ファイルへ自動変換し、 さらに、 このファイルの配信要求に対し、 応え るための通信処理を行う。 リアルタイム設備監視部 0 6 0 6から送信さ れてくる制御状態情報を、 インタネッ 卜で使用されるホームページ形式 で、 マンマシン装置 0 2 0 6でみるためには、 リアルタイム設備監視部 0 6 0 6から送信されてくる制御状態情報を、 ホームページ形式で情報 を公開するためのフアイル形式に変換することが必要である。 例えば、 HTML (HYPER TEXT MARKUP LANGUAGE) 形式ファイルに変換する。 こ のとき、 プログラム管理実行部 0 4 0 4内のホームページ編集、 及び転 送部 0 4 0 8は、 ホームページ形式での情報配信のサーバ装置機能を持 ち、 昇降機システム内のマンマシン装置 0 2 0 6は、 クライアント装置 機能をもつことになる。

しかし、 インタネッ ト環境の汎用ブラウザは、 見たい情報をネッ トヮ ークから取り出し、 一度、 表示するのみであるため、 状態監視のような 用途での見たい画面の更新が一般的にはできない。 このため、 制御状態 情報を H T M Lファイル形式に変換する際、 このファイル中に、 昇降機 システム内のマンマシン装置 0 2 0 6上で実行される、 マンマシン装置 0 2 0 6上の該当フアイルへの周期的な情報配信要求の出力プログラム を含ませる。 ホームページ転送部 0 6 0 2は、 最初のマンマシン装置 0 2 0 6からのファイル転送要求時に、 マンマシン装置 0 2 0 6に、 こ のファイルを送ることで、 以降、 マンマシン装置 0 2 0 6から転送要求 が、 一定周期で管理装置 0 1 0 0に送られ、 管理装置 0 1 0 0の状態表 示画面が更新されることになる。

この方式によれば、 マンマシン装置 0 2 0 6には、 昇降機システムに 関係するプログラム等は、 搭載する必要がない。

また、 この形式のフアイルを昇降機システム内のマンマシン装置 0206 とホームページ編集、 及び転送部 0 4 0 8 との間でやり取りする共通な 通信手順、 例えば、 H T T P ( HYPER TEXT TRANSFER PROTOCOL) を実行 する処理プログラムによって、 ファイルのやり取りを行うことが必要で ある。

マンマシン装置 0 2 0 6にて、制御状態情報を表示するための機能は、 管理装置 0 1 0 0の制御対象とは、 関係のないものでよい。 従って、 一 般事務室等にある汎用のパソコンに、 インタネッ トの環境を実現するた めの汎用のブラウザを載せれば、 制御状態情報を、 一般事務室にある汎 用パソコンでも見ることができる。

また、 ホームページ形式ファイル、 例えば、 H T M L形式ファイルは、 その記述方式のなかで、 他の H T M L形式ファイルと、 その格納場所を 特定するタグ情報をファイル中に記述することができる。 このタグ情報 は、 H T M L形式ファイルでは、 U R L (UN I VERSAL RESOURCE LOCAT I ON) タグと呼ばれるものである。

これによつて、 ある管理装置 0 1 0 0の制御状態情報をホームページ 形式ファイルとして、 マンマシン装置 0 2 0 6で見ている際、 そのファ ィルと関連するファイルとその管理装置 0 1 0 0に対応する格納先ァド レスをそのまま、 または、 関連するファイルとその管理装置 0 1 0 0に 対応する格納先ァドレスをそのファイルに対応する機能を示す文字また は、 文章で表現することで、 関連する情報をホームページ形式で、 次々 に関連付けてみることができることになる。

例えば、 管理装置 0 1 0 0が制御対象区画を物理的に分けて配置され ている場合、 ある区画の制御状態情報を見ていて、 隣の区画の制御状態 情報を見たくなった場合、 該当する情報を持つ管理装置 0 1 0 0のアド レス, 情報格納ファイル名が分からなくとも、 現在、 見ているファイル の中に、 隣接する区画の管理装置 0 1 0 0の制御状態情報ファイルに対 応する U R Lタグをマンマシン装置 0 2 0 6の画面上で、 ダブルクリツ クする等の操作で、 該当する情報を見ることができる。

広域ネッ トワーク通信部 0 6 0 0は、 必要に応じて、 ダイヤルアップ 接続される広域ネッ トワークィンタフェース装置 0 1 1 0を制御し、 公 衆ネッ トワーク 0 3 0 4との P P Pなどによる通信プロ トコル処理を行 うプログラムである。 ビル内外専用ネッ トワーク通信部 0 6 0 1は、 ィ 一サネッ ト等で、 常時接続されたビル内情報系ネッ トワークインタフエ ース装置 0 1 1 1を制御し、 設備系ネッ トワーク 0 2 0 8 との通信プロ トコル処理を行うプログラムである。

ホームページ転送部 0 6 0 2は、 HTT Pによるプロ トコル処理を行 い、 マンマシン装置 0 2 0 6からのホームページ転送要求により HTMLフ アイル群 0 6 0 5から、 指定されたホームページをマンマシン装置 0206 に転送する。 また、 マンマシン装置 0 2 0 6から制御要求があった場合 は、 その要求をホームページマンマシン部 0 6 0 3に通知し、 ホームべ —ジマンマシン部 0 6 0 3の処理結果として、 渡された HTMLフアイ ルを転送する。

ホームページマンマシン部 0 6 0 3は、 ホームページ転送部 0 6 0 2 からの制御要求を受けて、 対象となる設備に対応するリアルタイム設備 制御部 0 6 0 7を実行し、 その結果として HTMLファイルを作成、 ま たは、 HTMLファイル群 0 6 0 5から HTMLファイルを取得し、 ホ —ムページ転送部 0 6 0 2へ返す。 ホームページ編集部 0 6 0 4は、 リ アルタイム設備監視部 0 6 0 6から、 適宜、 送信されてくる各種設備の 制御状態情報を、 一定周期で HTMLファイル形式に変換し、 HTML フアイル群 0 6 0 5に格納するプログラムである。 H TM Lフアイル形 式へ変換する場合、 マンマシン装置 0 2 0 6上の該当ファイルへの周期 的な情報配信要求の出力プログラムを含ませ、 マンマシン装置 0 2 0 6 上の状態表示画面の一定周期で更新を行う。

HTMLファイル群 0 6 0 5には、 各種設備の制御状態情報が、 HTML 形式で格納されている。

リアルタイム設備監視部 0 6 0 6は、 適宜、 送信されてくる各種設備 の制御状態情報を、 ホームページ編集部 0 6 0 4へ伝送するプログラム である。 リアルタイム設備制御部 0 6 0 7は、 ホームページマンマシン部 0603 からの制御要求を受けて起動し、 対象設備への制御命令を指定された対 象設備へと、 設備系ネッ トワーク 0 2 0 8を介して通知する。

ホームページ転送部 0 6 0 2における演算処理を第 7図の P AD図を 用いて説明する。

(ステップ 0 7 0 0 ) ホームページ転送部 0 6 0 2は、 マンマシン装 置 0 2 0 6から、 ホームページ転送要求があった場合に起動され、 以下 の処理を繰り返す。 終了条件は、 マンマシン装置 0 2 0 6から切断要求 があった場合である。

(ステップ 0 7 0 1 ) マンマシン装置 0 2 0 6から、 HTMLフアイ ルの転送要求があるか条件判定を行う。

(ステップ 0 7 0 2 ) ステップ 0 7 0 1の条件判定が、 真ならば、 マ ンマシン装置 0 2 0 6から要求された HTMLファイルを HTMLファ ィル群 0 6 0 5から取得する。

(ステップ 0 7 0 3 ) ステップ 0 7 0 2で取得した HTMLファイル を、 マンマシン装置 0 2 0 6へ送信するため、 情報系通信部 0 4 0 2に 電文を伝送する。

(ステップ 0 7 0 4 ) マンマシン装置 0 2 0 6からの設備制御要求を 受けたか条件判定を行う。

(ステップ 0 7 0 5 ) ステップ 0 7 0 4で取得した設備制御要求から 対象設備と、 その設備への制御命令をホームページマンマシン部 0603に 受け渡す。

(ステップ 0 Ί 0 6 ) ステップ 0 7 0 5でホ一ムページマンマシン部 0 6 0 3が実行され、 その処理の結果として HTMLファイルを受け取 り、 その HTMLファイルをマンマシン装置 0 2 0 6へ送信する。 (ステップ 0 7 0 7 ) 予め定めておいた一定時間待ち、 再びステップ 0 7 0 0の処理へ戻る。

以上の処理が、ホームページ転送部 0 6 0 2における演算処理であり、 これにより、 マンマシン装置 0 2 0 6へのホームページ転送の演算処理 が行われる。

ホームページマンマシン部 0 6 0 3 における演算処理を第 8図の PAD 図を用いて説明する。

(ステップ 0 8 0 0 ) ホームページマンマシン部 0 6 0 3は、 常時起 動しており、 以下の処理を繰り返す。

(ステップ 0 8 0 1 ) ホームページ転送部 0 6 0 2の処理 0 7 0 5か ら制御要求があるか条件判定を行う。

(ステップ 0 8 0 2 ) ステップ 0 8 0 1の条件判定が、 真ならば、 ホ 一ムぺ一ジ転送部 0 6 0 2から取得した制御要求に対応するリアルタイ ム設備制御部 0 6 0 7を実行する。

(ステップ 0 8 0 3 ) ステップ 0 8 0 2で実行したリアルタイム設備 制御部 0 6 0 7の実行結果を受け取る。

(ステップ 0 8 0 4 ) ステップ 0 8 0 3で、 実行結果を受け取り、 受 け取った実行結果に、周期的な情報配信要求の出力プログラムを含ませ、 設備制御要求に対応する HTMLファイルを HTMLフアイル群 0605か ら取得、 または、 作成する。

(ステップ 0 8 0 5 ) マンマシン装置 0 2 0 6へ送信するため、 ステ ップ 0 8 0 4で取得、 または、 作成した HTMLファイルを、 ホームべ ージ転送部 0 6 0 2へ受け渡す。

(ステップ 0 8 0 6 ) 予め定めておいた一定時間待ち、 再びステップ 0 7 0 0の処理へ戻る。 以上の処理が、 ホームページマンマシン部 0 6 0 3における演算処理 であり、 これにより、 リアルタイム設備制御部 0 6 0 7の制御、 及び制 御結果としてホームページ転送の演算処理が行われる。

ホームページ編集部 0 6 0 4における演算処理を第 9図の P AD図を 用いて説明する。

(ステップ 0 9 0 0 ) ホームページ編集部 0 6 0 4は起動されると、 リアルタイム設備監視部 0 6 0 6から全設備の状態を取得し、 取得した 状態情報からマンマシン装置 0 2 0 6に表示させる H TMLファイルを 作成し、 H TM Lファイル群 0 6 0 5に格納する。

(ステップ 0 9 0 1 ) ステップ 0 9 0 2以下の処理を繰り返す。

(ステップ 0 9 0 2 ) リアルタイム設備監視部 0 6 0 6から、 各設備 の状態に対する通知があるか条件判定を行う。

(ステップ 0 9 0 3 ) ステップ 0 9 0 2の条件判定が、 真ならば、 変 更通知があった各設備に対応する HTMLファイルを、 通知された各設 備の状態に対応するよう編集する。

(ステップ 0 9 0 4) ステップ 0 9 0 3で編集された HTMLフアイ ルを、 HTMLファイル群 0 6 0 5に格納する。

(ステップ 0 9 0 5 ) 予め定めておいた一定時間待ち、 再びステップ 0 9 0 1の処理へ戻る。

以上の処理が、ホームページ編集部 0 6 0 4における演算処理であり、 これにより、 リアルタイム設備制御部 0 6 0 7から送信されてくる各設 備の実行状態を、 HTMLファイルとして HTMLフアイル群 0 6 0 5 に格納する演算処理が行われる。

以上により、 汎用的なマンマシン装置を用いて、 遠隔からエレベータ を監視、 及び制御可能で、 設置コストを抑えることが可能な、 昇降機シ ステムが実現できる。

(実施例 2 )

実施例 2では、 動作例としてビル設備監視サービスについて、 説明を 行うが、 それ以外の部分は実施例 1 と同様であるので、.説明を省略する。 ビル設備監視サ一ビスにおける全体の構成は、 第 1図と同様である。 ビ ル設備監視サ一ビスの内容は、 任意のビル設備 B Xの稼働情報や異常及 び異常予兆情報を、情報系 P C 0 1 0 5、 または、 ビル群管理センタ 0102. または、 P H S、 または携帯電話 0 1 0 3に伝送し、 また、 情報系 P C 0 1 0 5 または、 ビル群管理セン夕 0 1 0 2、 または、 P H S、 または携帯電話 0 1 0 3から、 ビル設備の運用情報をビル内ネッ トヮ一 ク 0 1 0 7、 または広域ネッ トワーク 0 1 0 4を介し、 任意のビル設備 B Xに蓮用情報を伝送するサービスである。 例えば、 任意のビル内設備 B Xが異常を検知した場合、 管理装置 0 1 0 0には、 設備系ネッ トヮ一 クイン夕フェース装置 0 2 0 2のビル設備系ネッ トヮ一クイン夕フエ一 ス装置 0 1 1 4を介して、 L ON, B A C N E Tなどの通信プロ トコル により異常通知信号が入力される。 入力された異常通知信号は管理装置 0 1 0 0の中央処理装置 0 2 0 0により演算処理され、 処理結果の異常 通知信号がビル情報系ネッ トヮ一クイン夕フエ一ス 0 2 0 3の P H Sモ デム 0 1 0 9、 または、 広域ネッ トヮ一クインタフェース装置 0 1 1 0 を介して、 広域ネッ トワーク 0 1 0 4に、 または、 ビル内ネッ トワーク イン夕フエ一ス装置 0 1 1 1 を介して、 ビル内ネッ トワーク 0 1 0 7に 伝送される。 広域ネッ トワーク 0 1 0 4に伝送された異常通知信号は、 ビル群管理セン夕 0 1 0 2および携帯電話 0 2 0 3に伝送される。 ビル 内ネッ トワーク 0 1 0 7に伝送された異常通知信号は、情報系 P C 0105、 または、 ダイヤルアップル一夕 0 1 0 6に伝送される。 ダイヤルアップ ルー夕 0 1 0 6に伝送された異常通知信号は、 広域ネッ トワーク 01 04を 介して、 ビル群管理センタ 0 1 0 2、 及び携帯電話 0 2 0 3に伝送され る。 情報系 P C 0105、 または、 ビル群管理セン夕 0 1 0 2、 または、 P H S、 または携帯電話 0103に伝送された異常通知信号は、 各装置のマ ンマシン処理部で処理され異常が通知される。 また、 異常通知信号を発 した任意のビル設備 B Xの異常状態を、 ビル群管理センタ 0 1 0 2が解 除する場合、 ビル群管理センタ 0 1 0 2は、 例えば、 広域ネッ 卜ワーク 0 1 0 4を介して、 管理装置 0 1 0 0の広域ネッ トワークインタフエ一 ス装置 0 1 1 0に異常解除信号を伝送する。 広域ネッ 卜ワークインタフ エース装置 0 1 1 0に入力された異常解除信号は、 管理装置 0 1 0 0の 中央演算処理装置 0 2 0 0により演算処理され、 ビル設備系ネッ トヮ一 クイン夕フェース装置 0 1 1 4を介して、 異常状態にあるピル設備 B X に状態解除信号を伝送する。

次に、 ビル設備監視サービスにおける管理装置 0 1 0 0の中央演算処 理装置 0 2 0 0の演算として、 ビル設備監視、 及び制御プログラム部 0 4 0 6における演算処理を第 1 0図の P A D図を用いて説明する。

(ステップ 1 0 0 0 ) ビル設備監視、 及び制御プログラム部 0 1 1 1 は、 起動されると以下の処理を繰り返す。

(ステップ 1 0 0 1 ) 情報系通信部 0 4 0 2、 または、 設備系通信部 0 4 0 3からデータが伝送されて来たか検出する。

(ステップ 1 0 0 2 ) ビル設備からの異常通知や、 マンマシンからの 異常状態解除など検出された伝送データにより処理が分岐する。

(ステップ 1 0 0 3 ) ステップ 1 0 0 2で検出された伝送データが、 ビル設備からの異常通知ならば、 ビル設備の異常状態を通知する電文を 作成する。 (ステップ 1 0 0 4 ) ステップ 1 0 0 3で作成した電文を、 マンマシ ン装置へ送信するため、 情報系通信部 0 4 0 2に電文を伝送する。

(ステップ 1 0 0 5 ) ステップ 1 0 0 2で検出された伝送データが、 マンマシンからのビル設備の異常状態の解除通知ならば、 ビル設備の異 常状態を解除する通知する電文を作成する。

(ステップ 1 0 0 6 ) ステップ 1 0 0 5で作成した電文を、 指定され た異常状態にあるビル設備へ送信するため、 設備系通信部 0 4 0 3に電 文を伝送する。

(ステップ 1 0 0 7 ) 予め定めておいた一定時間待ち、 再びステップ 1 0 0 0の処理へ戻る。

以上の処理が、 ビル設備監視、 及び制御プログラム部 0 4 0 6におけ るビル設備監視サービスの演算処理であり、 これにより、 マンマシンへ のビル設備の異常通知, ビル設備への異常状態解除等の演算処理が行わ れる。 ただし、 ピル設備監視、 及び制御プログラム部 0 4 0 6は、 サ一 ビスプログラム配信サーバ 0 2 0 7からの配信により、変更可能なので、 上記演算処理は一例である。

以上により、 ビル設備を監視、 及び制御可能な昇降機システムが実現 できる。

(実施例 3 )

実施例 3では、 動作例としてエレべ一タ、 及びビル設備の接続時にお ける設備の自動識別、 及び制御サービスについて、 説明を行うが、 それ 以外の部分は実施例 2と同様であるので、 説明を省略する。

管理装置 0 1 0 0は、 仕様の変更があった場合や、 お客さまの要望に 合わせ昇降機システムをカスタマイズする場合に、 サービスプログラム 配信サーバ 0 2 0 7から、 広域ネッ トワーク 0 1 0 4を介して、 サ一ビ スプログラムをダウンロードし、 機能を変更することができる。

設備の自動識別、 及び制御サービスは、 サービスプログラムのダウン ロードと、 設備接続時に、 自動的に設備の接続を認識し、 設備と対応す るサービスプログラムの実行により実現されるサービスである。

第 1 1図に、 サービスプログラム配信サーバ 0 2 0 7のサ一ビスプロ グラム配信機能を示し、 説明する。 サービスプログラム配信サーバ 0207 は情報系ネッ トヮ一ク 0 2 0 9に接続している管理装置 0 1 0 0に対し て、 サービスプログラム 1 1 0 5を配信して、 サ一ビスの提供を行う。 サービスプログラム配信サーバ 0 2 0 7の二次記憶装置 1 1 0 0には、 サービスプログラムデ一夕 1 1 0 1, 署名データ 1 1 0 2が予め格納さ れている。 サービスプログラム 1 1 0 5の配信は、 サ一ビスプログラム 生成部 1 1 0 3 とサービスプログラム配信部 1 1 0 4が行っている。 配 信の手順は、 サービスプログラム生成部 1 1 0 3が、 サービスプロダラ ムデータ 1 1 0 1 とセンタ署名 1 1 0 2からサービスプログラム 1 105を 生成し、 サービスプログラム配信部 1 1 0 4が、 管理装置 0 1 0 0に対 して、 サービスプログラム 1 1 0 5を配信する。 サービスプログラム 1 1 0 5は必要なサ一ビスプログラムデータ 1 1 0 6とセンタ署名 1 107 から構成されている。 1つのサービスプログラムにサービスプログラム データ 1 1 0 6 を複数含むことが可能である。

管理装置 0 1 0 0のプログラム管理実行部 0 4 0 4は、 サービスプロ グラム配信サーバ 0 2 0 7から情報系ネッ トワーク 0 2 0 9を介し、 配 信されてくるサービスプログラム部 0 4 0 7を管理実行する機能を備え るものであり、 その処理の一例を示したのが第 1 2図である。 サ一ビス プログラム配信サーバ 0 2 0 7から、 サービスプログラム 1 1 0 5が配 信され、 プログラム管理実行部 0 4 0 4のセンタ署名認証部 1 2 0 0で 認証が行われる。 管理装置 0 1 0 0の記憶装置 0 2 0 1 には、 予めサー ビスプログラム配信サーバ 0 2 0 7の証明書 1 2 0 1が格納されている センタ署名認証部 1 2 0 0は、 サービスプログラムが配信される時に、 サービスプログラム 1 1 0 5が持つセンタ署名 1 1 0 6 と、 管理装置 0 1 0 0の記憶装置 0 2 0 1に、 予め格納されているセン夕サーバの証 明書 1 2 0 1によって、 サービスプログラム 1 1 0 5の正当性を認証す る処理を行う。 認証を行った後にサービスプログラム 1 1 0 5は、 記憶 装置 0 2 0 1のサービスプログラム群 1 2 0 2に格納される。

第 1 3図に、 設備接続時に、 自動的に設備の接続を認識し、 設備と対 応するサービスプログラムを実行する機能を示し、 説明する。 エレべ一 夕 E V 1 , E V 2 , …, E V n、 エレべ一夕付帯設備 E l , E 2 , ···, E n、 ビル内設備 B 1 , ···, B n等の各種諸設備が L o n/B A C N e t 等の設備系ネッ トワークにより設備系ネッ トワークインタフェース装置 0 2 0 2を介して接続された場合、リアルタイム設備監視部 0 6 0 6が、 設備の接続を検出し、 プラグアンドプレイ部 0 4 0 9が接続された設備 のデータ 1 3 0 1 を作成、 または編集する。 プログラム実行部 1 3 0 0 は、 作成されたデータ 1 3 0 1 に基づき、 サービスプログラム群 1202の 中から接続された設備に対応するサ一ビスプログラム部 0 4 0 7を実行 する。 また、 プログラム実行部 1 3 0 0は、 サービスプログラムの実行. 状態や資源を管理する。 実行されたサービスプログラムは、 その目的に 応じ、 エレべ一夕、 または、 ビル設備等の監視、 及び制御を行う。

第 1 4図にサービスプログラム 0 1 0 5の内容構成例を示し、 説明す る。 サービスプログラム 0 1 0 5は、 サービスプログラムの識別番号, センタ署名, サービスプログラムが持つサービスプログラムの数, 各サ 一ビスのプログラム本体の集合からなる。 第 1 1図に示したサービスプログラム配信サーバ 0 2 0 7におけるィ ベント処理のフローチャートを第 1 5図に示し、 処理フロ一を以下に説 明する。

(ステップ 1 5 0 1 ) イベントキューのイベントを 1つ読み込む。

(ステップ 1 5 0 2 ) ィベントがサービスの配信開始要求ィベン卜で ある場合は処理 1 5 0 3に進み、 それ以外はステップ 1 5 0 8に進む。

(ステップ 1 5 0 3 ) センタ署名, サービスプログラムに含むサービ スの数, サービスプログラム本体をマージし、 サービスプログラム 1 105 を生成する。 ステップ 1 5 0 4に進む。

(ステップ 1 5 0 4 ) サービスプログラム配信部 1 1 0 4のサービス プログラム配信処理を実行し、 ステツプ 1 5 0 3で生成したサービスプ ログラム 1 1 0 5を、 該当する管理装置 0 1 0 0に送信し、 ステップ 1 5 0 1に戻る。

(ステップ 1 5 0 5 ) サービスプログラム配信サ一バ 0 2 0 7で行う べきその他のイベント処理を行い、 ステップ 1 5 0 1 に戻る。

次に管理装置 0 1 0 0でのサービスプログラム実行処理を含むィベン ト処理ルーチンのフローチヤ一トを第 1 6図に示し、 処理フローを以下 に示す。

(ステップ 1 6 0 0 ) 起動されるとステップ 1 6 0 1以下の処理を繰 り返す。

(ステップ 1 6 0 1 ) イベントキューからイベントを読み込む。

(ステップ 1 6 0 2 ) 検出されたィベントにより処理が分岐。

(ステップ 1 6 0 3 ) サービスプログラムの受信がある場合は、 当該 管理装置 0 1 0 0で実行すべきサ一ビスプログラムの実行が全て終了し たかどうかを判別し、 終了していればステップ 1 6 0 4に進み、 それ以 外はステツプ 1 6 0 1に戻るループ終了の判別処理。

(ステップ 1 6 0 4 ) 1つのサービスプログラムを実行し、 ステップ 1 6 0 3に戻る。

(ステップ 1 6 0 5 ) エレべ一夕監視、 及び制御プログラム部 0405へ のイベントがある場合は、 エレべ一夕監視、 及び制御プログラム部 0405 にイベントを通知し、 ステップ 1 6 0 1に進む。 エレベータ監視、 及び 制御プログラム部 0 4 0 5の処理の詳細は第 5図で示した。

(ステップ 1 6 0 6 ) ビル設備監視、 及び制御プログラム部 0 4 0 6 へのイベントがある場合は、 ビル設備監視、 及び制御プログラム部 0406 にイベントを通知し、 ステップ 1 6 0 1 に進む。 ビル設備監視、 及び制 御プログラム部 0 4 0 6の処理の詳細は第 1 0図で示した。

(ステップ 1 6 0 7 ) サ一ビスプログラム部 0 4 0 7へのイベントが ある場合は、 サービスプログラム部 0 4 0 7にイベントを通知し、 ステ ップ 1 6 0 1 に進む。

以上により、 エレベータ、 及びビル設備の接続時における設備の自動 識別、 及び制御が可能な、 昇降機システムが実現できる。

(実施例 4 )

実施例 4では、 昇降機設備の遠隔診断装置にビル設備の監視制御、 ま たは、 ビル内へのビル設備情報配信等の機能を持たせた例について説明 を行うが、 それ以外の部分は実施例 3 と同様であるので、 説明を省略す る。 全体の構成は、 本発明装置にエレベータ制御盤通信インタフェース 装置 1 7 0 0が付加されており、 エレべ一夕制御盤通信ィン夕フエ一ス 装置 1 Ί 0 0に、自社エレべ一夕制御盤 ME B 1,ΜΕ Β 2 , '··,ΜΕΒη、 インタフェース変換装置 1 7 0 1を介し、 他社エレベータ制御盤 0EB1, Ο Ε Β 2 , ···, 0 Ε Β ηが接続されている。 それ以外は、 第 3図と同様 である,。 昇降機設備の遠隔診断装置にビル設備の監視制御、 または、 ビ ル内へのビル設備情報配信等の機能を持たせたため、 エレべ一夕の制御 はエレべ一夕制御盤が行う。 このため、 管理装置 0 1 0 0の中央演算処 理装置 0 2 0 0が行う演算処理は、 第 1 8図に示すように、 エレべ一夕 監視、 及び制御プログラム部 0 4 0 5が不要となる。 それ以外は、 第 4 図と同様である。

以上から、 昇降機設備の遠隔診断装置にビル設備の監視制御、 または、 ビル内へのビル設備情報配信等の機能を持たせることにより、 汎用的な マンマシン装置を用いて、 遠隔からエレベータを監視、 及び制御、 また は、 ビル設備の監視制御、 または、 ビル内へのビル設備情報配信等の機 能を持ち、 設置コス トを抑えることが可能な、 昇降機システムが実現で きる。

(実施例 5 )

次に、 本発明による昇降機設備の管理装置を用いたビル設備の改修方 法およびビル設備の管理方法について説明する。 本発明による昇降機設 備の管理装置は、 上述した実施例のように、 昇降機および/または昇降 機の制御装置および/または昇降機付帯設備を含む昇降機設備に関する 情報に基づいて昇降機設備を制御および Zまたは監視する機能と、 ビル 設備に関する情報に基づいてビル設備を制御および Zまたは監視する機 能とを備え、 さらに外部装置を接続するための通信ィンタフヱ一ス装置 を備える。 すなわち、 本発明による昇降機設備の管理装置は、 昇降機お よび Zまたは昇降機付帯設備を含む昇降機設備を制御および Zまたは監 視すると共に、 ビル設備を制御および Zまたは監視する機能を有する。

まず、 新築ビルにおけるエレベータ新設、 あるいはエレベータまたは エレべ一夕付帯設備あるいはそれら両方のリニューアルの際に、 第 1図 に示す昇降機設備の管理装置 0 1 0 0を、 エレべ一夕 E V l,"', E V n またはエレべ一夕付帯設備 Ε 1 , ···, E nあるいはそれらの両方を制御 または監視あるいはそれらの両方を行うために設置する。 エレべ一夕 E V 1 , ···, E V n, エレベータ付帯設備 E 1,…, E nは、 前述したよ うに、 インタフェース装置 0 2 0 2, 通信インタフェース装置 0 2 0 3, 通信回線であるネッ トワーク ( 0 1 0 4, 0 1 0 7 ) を介して、 外部装 置である P H S端末または携帯電話 0 1 0 3 , 管理センタ 0 1 0 2, 情 報系 P C 0 1 0 5によって制御, 監視される。

次に、 昇降機設備の制御, 監視のために管理装置 0 1 0 0が設置され 稼働始めた後でピル設備の改修すなわち新設, 増設, 取り替えが行われ、 エレべ一夕以外のビル諸設備 B 1, ···, Bmの制御, 監視が必要となる 場合、 既設の昇降機設備の管理装置 0 1 0 0のインタフェース装置 0202 におけるビル設備系ネッ トワークィンタフエース装置 0 1 1 4にビル諸 設備 B l, ···, Bmが接続される。 これにより、 ビル諸設備 B l, ···, B mは、 前述したように、 インタフェース装置 0 1 1 4, 通信インタフ エース装置 0 2 0 3 , ネッ トワーク ( 0 1 0 4 , 0 1 0 7 ) を介して、 P H S端末または携帯電話 0 1 0 3, 管理センタ 0 1 0 2 , 情報系 P C 0 1 0 5によって制御, 監視される。 すなわち、 新たな管理装置を 設けることなく、 既設の昇降機設備の管理装置 0 1 0 0によって、 ビル 諸設備 B l, …, Bmを制御, 監視することができる。

ビル諸設備 B l, ···, Bmを制御, 監視する機能は、 外部装置たとえ ば管理センタ 0 1 0 2から管理装置 0 1 0 0にサービスプログラムを配 信することによって、 管理装置 0 1 0 0へ転送される。 なお、 サービス プログラム配信方法の詳細は第 1 1図と同様である。

本実施例によれば、 ビル設備の改修の際に、 昇降機設備用の既設の管 理装置によってビル諸設備を制御, 監視できる。 したがって、 ビル設備 の利用者にとっては、 管理装置新設に伴う初期コスト無しで、 ビル諸設 備の制御, 監視が可能になったり、 あるいは管理センタによる制御, 監 視サービスを受けることができる。 また、 昇降機用管理装置を設置する 業者、 たとえばエレべ一夕メーカや管理セン夕を運営する保守業者は、 エレべ一夕の制御, 監視サービスの受注に加え、 設置後にビル諸設備の 制御, 監視サービスの受注を見込むことができる。

なお、 本実施例は、 新設, 増設, 取り替えのみならず、 既存のものを 含むビル設備について制御, 監視が必要になった場合に、 ビル設備の管 理方法として適用できる。

(実施例 6 )

実施例 6では、 昇降機設備の管理装置の設置場所、 および、 エレべ一 夕用ネッ トワークをビル設備の制御および/または監視に利用する例に ついて説明するが、 それ以外の部分は実施例 1、 または、 実施例 2と同 様であるので、 説明を省略する。

第 2 0図は、 本実施例の全体構成を示す。 本実施例は、 昇降路 2000, 機械室 2 0 0 1 , 三方枠 2 0 0 2 , エレべ一夕用ネッ トワーク 2 0 0 3 , エレベータ呼び釦 2 0 0 4 , インジケータ 2 0 0 5から構成され、 それ 以外は、 第 1図または第 3図と同様である。 また、 機械室レス型のエレ ベータを想定した場合、 第 2 0図において、 機械室 2 0 0 1は必ずしも 必要な構成要素ではない。

本発明による昇降機設備の管理装置 0 1 0 0は、 昇降路 2 0 0 0, 機 械室 2 0 0 1, 三方枠 2 0 0 2のいずれかに設置できる。 本管理装置 0 1 0 0からはエレベータ用ネッ トワーク 2 0 0 3が伸びており、 エレ ベ一夕呼び釦 2 0 0 3, インジケータ 2 0 0 5等のエレべ一夕設備に接 続されている。 また、 エレベータ用ネッ トワーク 2 0 0 3には、 エレべ 一夕付帯設備 E l, E 2 , …, E n、 ビル諸設備 B l, B 2 , …, B m が接続可能である。

第 2 1図および第 2 2図は、 昇降機設備の管理装置 0 1 0 0の設置例 である。 第 2 1図は、 管理装置 0 1 0 0がエレべ一夕の制御機能を持つ 場合、 第 2 2図は、 管理装置 0 1 0 0がエレベータの制御機能を持たな い場合の設置例である。 第 2 1図において、 管理装置 0 1 0 0は格納箱 2 1 0 0、 または、 三方枠 2 0 0 2に収納されている。 第 2 2図におい て、 エレべ一夕制御盤 M E xは分離しており、 格納箱 2 1 0 0、 または、 三方枠 2 0 0 2も破線のように別々でもよく、 設置場所を分散してもよ い。

以上から、 昇降機設備の管理装置 0 1 0 0は、 従来のエレべ一夕制御 盤 Zエレべ一夕遠隔監視診断装置と同様に、 昇降路 2 0 0 0 , 機械室 2 0 0 1 , 三方枠 2 0 0 2のいずれかに設置可能なため、 ビル設備の制 御 ·監視用に新たにスペースを確保する必要がなく、 省スペース化, 現 場作業の短縮が図れる。 また、 ビル諸設備 B l, B 2 , …, B mをエレ ベ一夕用ネッ トワーク 2 0 0 3に接続可能としたことで、設備拡張の際、 拡張したビル諸設備 B Xからネッ トワークの敷設を本管理装置 0 1 0 0 までではなく、 各階床のネッ トワーク接点までと敷設距離を短縮できる ため、 設置コス トを抑えることが可能な、 昇降機システムが実現できる。 以上のように、 昇降機の制御装置または、 昇降機付帯設備の遠隔監視 診断装置等に、 ビル外のビル群管理装置と接続する通信ィンタフェース を備えることで、 設備の運用管理をビル群管理装置に集中することを可 能とし、 設備運用管理のための要員を削減できるため、 設備運用管理に かかるコストを低下できる。 以上のように、 昇降機設備の制御装置または、 昇降機付帯設備の遠隔 監視診断装置等に、エレベータ以外のビル諸設備の監視制御手段を備え、 ビル内の空調設備, 照明設備, 防災設備, 防犯設備等との通信インタフ エースを備えることで、ビル諸設備を監視制御可能な能力を潜在できる。 これにより、 例えば、 配線や電話回線等を共通化するなど、 昇降機設備 の制御機能または、 昇降機付帯設備の遠隔監視診断機能と、 ビルの監視 制御機能の共通化を図ることによって、 部品点数を削減でき、 製造コス トを低くすることができる。 電話回線の共通化は、 昇降機設備の監視制 御とビル設備の監視制御をビル群管理センタ 0 1 0 2に統一できる利点 もある。 部品点数を削減することにより、 装置を小型できるので省スぺ ースが図れる。 ビル建設時に、 従来の昇降機設備の制御装置または、 昇 降機付帯設備の遠隔監視診断装置と同様な場所に設置可能で、 ビル管理 装置を別に設置することがないので、 設置スペース、 および、 現場作業 が少なくなるために、 建設期間を短縮し、 ビル管理装置設置コス トを低 下できる。 さらに、 上記インタフェースに接続されるビル内諸設備の接 続状態を、 接続時に自動的に判断し、 それに対応したプログラムを実行 する手段を備え、 さらに、 ビル内諸設備に対する監視制御等のサービス 機能を、 ビル管理セン夕または、 ビル外部の支援装置から、 昇降機の制 御装置または、 昇降機付帯設備の遠隔監視診断装置等に転送する手段を 備えることで、 ビル諸設備の監視制御が必要になった場合や、 ビル内設 備管理者の要望に応じて、 昇降機の制御装置または、 昇降機付帯設備の 遠隔監視診断装置等にサービス機能を転送し、 昇降機設備の制御装置ま たは、 昇降機付帯設備の遠隔監視診断装置等に、 ビル内諸設備を接続す るだけで、 上記サービス機能を実行でき、 また、 仕様変更の際のプログ ラム修正が自動的に行われるため、 簡単かつ低コス トでビル設備の改修 が実現できる。

特に、 ビルに既設されている昇降機施設を監視制御する目的で設置さ れている昇降機の制御装置、 または、 監視診断装置に、 ビル管理機能を 新たに追加する場合には、 ビル設備を接続するだけの作業となり、 大幅 に設置コス トを削減することができる。 接続の際に、 エレべ一夕用ネッ トワークを利用することは、 ネッ トワーク敷設が少ない距離で済み、 よ り設置コス トを削減させる。

また、 ビル内ネッ トワークへ接続できるインタフェースを備え、 エレ ベータおよびビル設備の監視制御または、 ビル設備情報配信等をィン夕 ネッ トで使用されるホームページの形式で、 マンマシン装置からみるこ とを可能とすることで、 昇降機システム用の特別なマンマシン装置が無 くとも、 パソコンのような昇降機システムの情報処理装置で、 エレべ一 夕及びビル設備の状態の一元的な監視、 及び制御が可能となり、 保守費 用を低下することができる。

また、 公衆通信回線へ接続できるインタフェースを備え、 エレベータ およびビル設備の監視制御または、 ビル設備情報配信等をインタネッ ト で使用されるホームページの形式で、 マンマシン装置からみることを可 能とすることで、昇降機システム用の特別なマンマシン装置が無くとも、 パソコンのような昇降機システムの情報処理装置で、 エレべ一夕及びビ ル設備の状態の一元的な監視、 及び制御が可能となり、 保守費用を低下 することができる。 携帯電話等にメールで通知することが可能なので、 異常があった場合に即座に通知することが可能となり、 システムに対す る安心感が増す。

Claims

請 求 の 範 囲
1 . ビルに設置される昇降機および/または昇降機の制御装置および/ または昇降機付帯設備を含む昇降機設備に関する情報に基づいて前記昇 降機設備を制御および/または監視する手段を有し、
前記昇降機設備を制御および Zまたは監視する前記手段が、 前記ビル に設置されるビル設備に関する情報に基づいて前記ビル設備を制御およ び/または監視する昇降機設備の管理装置。
2 . 請求項 1において、 さらに、 前記昇降機設備を制御およびノまたは 監視する前記手段が、 前記昇降機設備に関する前記情報に基づいて、 マ ンマシン装置に表示するための、 前記昇降機設備に関するホームページ を作成すると共に、 前記ビル設備に関する前記情報に基づいて、 前記マ ンマシン装置に表示するための、 前記ビル設備に関するホームページを 作成する昇降機設備の管理装置。
3 . 請求項 1 において、 前記ビル設備を制御および/または監視する機 能が、 外部装置から、 前記昇降機設備を制御および Zまたは監視する前 記手段へ転送される昇降機設備の管理装置。
4 . ビルに設置される昇降機および Zまたは昇降機付帯設備を含む昇降 機設備を接続するためのィンタフエース装置と、
前記ィンタフェース装置の出力信号に基づいて前記昇降機設備を制御 および/"または監視するための処理を行う処理装置と、
前記ビルに設置されるビル設備を接続するための他のィン夕フェース 装置と、
を備え、
前記処理装置が、 前記他のインタフェース装置からの出力信号に基づ いて前記ビル設備を制御および Zまたは監視する昇降機設備の管理装置 c
5 . 請求項 4において、 前記処理装置は、 前記昇降機設備を制御および ノまたは監視するためのプログラム並びに前記ビル設備を制御および Z または監視するためのプログラムを記憶するための記憶手段と、 前記い ずれかのプログラムを用いて前記昇降機設備を制御および または監視 するための演算処理と前記ビル設備を制御および/または監視するため の演算処理を行う演算処理手段を備える昇降機設備の管理装置。
6 . 請求項 4または請求項 5において、
さらに外部装置を接続するための通信ィンタフェース装置を備え、 前記処理装置が、 前記ィンタフェース装置からの出力信号に基づいて 前記外部装置が有するマンマシン装置に表示するための前記昇降機設備 に関するホームページ形式データを作成すると共に、 前記他のィン夕フ エース装置からの出力信号に基づいて前記マンマシン装置に表示するた めの前記ビル設備に関するホームページ形式のデータを作成し、
前記昇降機設備および前記ピル設備に関する前記ホームページ形式デ 一夕は、 前記通信ィンタフェース装置を介して前記外部装置に配信され る昇降機設備の管理装置。
7 . 請求項 5において、
さらに外部装置を接続するための通信ィンタフェース装置を備え、 前記ビル設備を制御および Zまたは監視するための前記プログラムが 前記通信ィンタフェースを介して前記外部装置から転送される昇降機設 備の管理装置。
8 . ビルに設置される昇降機および Zまたは昇降機の制御装置および/ または昇降機付帯設備を含む昇降機設備に関する情報に基づいて前記昇 降機設備を制御および/または監視する手段を有する昇降機設備の管理 装置であって、 前記管理装置が前記昇降機設備を制御およびノまたは監視するために ビル内に設置された後、 前記ビル内に設置されるビル設備を前記管理装 置に接続することにより、 前記ビル設備を制御および Zまたは監視する ことができる昇降機設備の管理装置。
9 . ビル設備を、 新設, 増設, 取り替えなどのように、 改修する第 1の ステップと、
改修されたビル設備を、 昇降機および/または昇降機付帯設備を含む 昇降機設備を制御および Zまたは監視すると共に、 ビル設備を制御およ び/または監視し、 前記昇降機設備を制御および/または監視するため に予めビルに設置されている昇降機設備の管理装置に接続する第 2のス テツプと、
前記管理装置に、 前記改修されたビル設備を制御および/または監視 する機能を外部装置から転送する第 3のステップと、
を有するビル設備の改修方法。
1 0 . ビル設備を、 新設, 増設, 取り替えなどのように、 改修する第 1 のステップと、
改修されたビル設備を、 昇降機および Zまたは昇降機付帯設備を含む 昇降機設備を制御および/または監視すると共に、 プログラムに従って ビル設備を制御および/または監視し、 予めビルに設置されている昇降 機設備の管理装置に接続する第 2のステップと、
前記管理装置に、 前記改修されたビル設備を制御および/または監視 するためのプログラムを外部装置から転送する第 3のステップと、 を有するビル設備の改修方法。
1 1 . 昇降機および Zまたは昇降機の制御装置および Zまたは昇降機付 帯設備を含む昇降機設備に関する情報に基づいて前記昇降機設備を制御 および/または監視する機能と、 ビル設備に関する情報に基づいて前記 ビル設備を制御および または監視する機能とを備え、 さらに外部装置 を接続するための通信ィン夕フェース装置を備え、 前記昇降機設備を制 御および/または監視するためにビルに設置される昇降機設備の管理装 置における、 前記通信ィン夕フェース装置に通信回線を介して接続され る外部装置によって、 前記昇降機設備を制御および/または監視する第 1のステップと、
ビルに前記昇降機設備および前記管理装置を設置後、 前記ビルに設置 されるビル設備を前記管理装置に接続する第 2のステップと、
前記通信ィン夕フェース装置に前記通信回線を介して接続される前記 外部装置によって、 前記ビル設備を制御および/または監視する第 3の ステップと、
を有するビル設備の管理方法。
1 2 . 昇降機および昇降機付帯設備を含む昇降機設備と、
前記昇降機設備を制御および Zまたは監視する管理装置と、
を備え、
前記管理装置が、 請求項 1乃至 8のいずれかに記載される昇降機設備 の管理装置である昇降機システム。
1 3 . 昇降機の制御装置または、 昇降機付帯設備の遠隔監視診断装置等 に、 ビル内の空調設備, 照明設備, 防災設備, 防犯設備等との通信イン 夕フエ一スを備え、 昇降機の制御装置または、 昇降機付帯設備の遠嗝監 視診断装置による監視制御以外に、 上記ビル内諸設備の監視制御を可能 とする機能を持たせた昇降機システムであって、
昇降機の制御装置または、 昇降機付帯設備の遠隔監視診断装置等に、 ビル外のビル群管理装置と接続する通信ィンタフエースを備えることに よって、 昇降機システムをベースとするビル群管理システムが構成可能 とすることを特徴とした昇降機システム。
1 4 . 昇降機の制御装置または、 昇降機付帯設備の遠隔監視診断装置等 に、 ビル内の空調設備, 照明設備, 防災設備, 防犯設備等との通信イン タフエースを持たせ、 昇降機の制御装置または、 昇降機付帯設備の遠隔 監視診断装置による監視制御以外に、 上記ビル内諸設備の監視制御が可 能な機能を持たせた昇降機システムであって、
昇降機の制御装置または、 昇降機付帯設備の遠隔監視診断装置等と、 通信ィンタフェースを介して接続されるビル内諸設備の接続状態を、 ビ ル内諸設備と、 この通信インタフェースへの接続時に、 自動的に検知す る手段と、 上記ビル内諸設備を制御する手段と、 接続を検知した場合に 制御手段を自動的に起動する手段を備え、 また、 ビル内諸設備に対する 監視制御等のサービス機能 (プログラム) をビル内設備管理者の要望に 応じて、 ビル群管理センタまたは、 ビル外部の支援装置により、 昇降機 の制御装置または、 昇降機付帯設備の遠隔監視診断装置等に転送する手 段を備えたことを特徴とする昇降機システム。
1 5 . 昇降機の制御装置または、 昇降機付帯設備の遠隔監視診断装置等 に、 ビル内の空調設備, 照明設備, 防災設備等との通信インタフェース を持たせ、 昇降機の制御装置または、 昇降機付帯設備の遠隔監視診断装 置によって、 ビル内諸設備の監視制御が可能な機能を持たせた昇降機シ ステムであって、
昇降機の制御装置または、 昇降機付帯設備の遠隔監視診断装置等に、 ビル内の通信設備とのィンタフエースを持たせることによって、 昇降機 システムをベースとして、 ビル内の通信設備に接続されるマンマシン装 置により、 ビル設備の監視制御または、 ビル内へのビル設備情報配信等 を可能とする昇降機システム。
1 6 . 昇降機の制御装置または、 昇降機付帯設備の遠隔監視診断装置等 に、 ビル内の空調設備, 照明設備, 防災設備等との通信インタフェース を持たせ、 昇降機の制御装置または、 昇降機付帯設備の遠隔監視診断装 置によって、 ビル内諸設備の監視制御が可能な機能を持たせた昇降機シ ステムであつて、
昇降機の制御装置または、 昇降機付帯設備の遠隔監視診断装置等に、 監視対象である各ビルのビル内諸設備に対応するホームページを配信す る W e bサーバ手段を備え、 ビル外の公衆通信回線との接続ィンタフエ ースを備え、 昇降機システムをベースに、 ビル外の公衆通信回線に接続 されるマンマシン装置のインタネッ ト環境によるビル設備の監視制御ま たは、 ピル設備情報配信または、 ビル内設備への異常発生時等のメール 送出等を可能とする昇降機システム。
1 7 . 請求項 1 2において、 さらに、 管理装置から籠呼びポタン接点ま たはインジケータ等に繋がっているエレベータ用ネッ トワークを、 ビル 設備の制御および Zまたは監視のために利用することが可能な昇降機シ ステム。
1 8 . 請求項 1 2において、 さらに、 管理装置が機械室または昇降路ま たは三方枠に設置される昇降機システム。
PCT/JP2002/000962 2001-02-16 2002-02-06 Control device for elevator facility, building facilities repairing method and control method using it, and elevator system WO2002064479A1 (en)

Priority Applications (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001-39349 2001-02-16
JP2001039349 2001-02-16
JP2001-298991 2001-09-28
JP2001298991A JP4406516B2 (ja) 2001-02-16 2001-09-28 昇降機の管理装置並びに昇降機システム

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
EP02712283A EP1378477A4 (en) 2001-02-16 2002-02-06 Control device for elevator facility, building facilities repairing method and control method using it, and elevator system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2002064479A1 true WO2002064479A1 (en) 2002-08-22

Family

ID=26609494

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2002/000962 WO2002064479A1 (en) 2001-02-16 2002-02-06 Control device for elevator facility, building facilities repairing method and control method using it, and elevator system

Country Status (6)

Country Link
EP (2) EP1378477A4 (ja)
JP (1) JP4406516B2 (ja)
CN (1) CN1248945C (ja)
SG (1) SG154321A1 (ja)
TW (1) TWI234541B (ja)
WO (1) WO2002064479A1 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7002462B2 (en) 2001-02-20 2006-02-21 Gannett Fleming System and method for remote monitoring and maintenance management of vertical transportation equipment
US7416058B2 (en) 2003-11-25 2008-08-26 Inventio Ag Method of operating an elevator installation providing at least one optional function, an elevator control and an elevator installation therefor
US7699142B1 (en) 2006-05-12 2010-04-20 Wurtec Elevator Products & Services Diagnostic system having user defined sequence logic map for a transportation device

Families Citing this family (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
ZA200501470B (en) 2004-03-05 2006-04-26 Inventio Ag Method and device for automatic checking of the availability of a lift installation
JP4523432B2 (ja) * 2005-01-24 2010-08-11 三菱電機ビルテクノサービス株式会社 統合昇降機保守情報提供システム
MX2007010438A (es) * 2006-09-12 2009-02-03 Inventio Ag Procedimiento para modernizar el control de una instalacion de ascensor.
JP4406442B2 (ja) 2007-04-13 2010-01-27 株式会社日立製作所 エレベータ乗りかごの電力制御装置
US8781633B2 (en) * 2009-04-15 2014-07-15 Roberto Fata Monitoring and control systems and methods
RU2500603C2 (ru) * 2009-09-16 2013-12-10 Отис Элевэйтор Компани Удаленный доступ к системе управления подъемником с множеством подсистем
EP2336070B1 (de) * 2009-12-18 2016-08-03 ThyssenKrupp Aufzugswerke GmbH Verfahren zur Ferndiagnose einer Aufzuganlage und Aufzuganlage zur Durchführung des Verfahrens
EP2984529A4 (en) * 2013-04-12 2017-01-04 Kone Corporation Building automation system control apparatus, method and computer program for providing control signalling
CN104261216A (zh) * 2014-07-31 2015-01-07 苏州汉森华纳节能科技有限公司 适用于电梯的非接触远程预警装置
CN106044436A (zh) * 2016-07-31 2016-10-26 重庆峰创科技有限公司 一种基于物联网与云计算的电梯智能监控系统
CN106044437A (zh) * 2016-07-31 2016-10-26 重庆峰创科技有限公司 一种基于物联网与云计算的电梯故障智能诊断系统

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4771865A (en) 1986-07-07 1988-09-20 Inventio Ag System for the remote management of elevator installations
US4847894A (en) 1985-11-29 1989-07-11 Spie-Batignolles Device for aiding maintenance of an electromechanical installation having automatic monitoring and control means
JPH07215703A (ja) * 1994-02-07 1995-08-15 Sumitomo Metal Mining Co Ltd 含セレン酸溶液からセレンを除去する方法
US5557546A (en) 1993-03-26 1996-09-17 Hitachi Building Systems Engineering & Service Co. Ltd. Data acquisition system for the analysis of elevator trouble
JPH08273085A (ja) * 1995-03-29 1996-10-18 Hitachi Building Syst Eng & Service Co Ltd 遠隔監視システム

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
BR7401817D0 (pt) * 1973-03-12 1974-11-05 Western Electric Co Processo de controle do movimento de uma pluralidade de cabinas de elevadores, e processamento para elevadores
US3973648A (en) * 1974-09-30 1976-08-10 Westinghouse Electric Corporation Monitoring system for elevator installation
JPH02138081A (en) 1988-11-19 1990-05-28 Hitachi Ltd Elevator system
JP2894420B2 (ja) 1993-12-03 1999-05-24 三菱電機株式会社 ビル管理装置
JP3348976B2 (ja) * 1994-05-31 2002-11-20 株式会社東芝 エレベータ制御装置
SG97809A1 (en) * 1998-09-17 2003-08-20 Inventio Ag Remote control of lift installations
US6173814B1 (en) 1999-03-04 2001-01-16 Otis Elevator Company Electronic safety system for elevators having a dual redundant safety bus
DE19915185A1 (de) * 1999-04-04 2000-10-05 Bert Pohl Überwachungsanlage

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4847894A (en) 1985-11-29 1989-07-11 Spie-Batignolles Device for aiding maintenance of an electromechanical installation having automatic monitoring and control means
US4771865A (en) 1986-07-07 1988-09-20 Inventio Ag System for the remote management of elevator installations
US5557546A (en) 1993-03-26 1996-09-17 Hitachi Building Systems Engineering & Service Co. Ltd. Data acquisition system for the analysis of elevator trouble
JPH07215703A (ja) * 1994-02-07 1995-08-15 Sumitomo Metal Mining Co Ltd 含セレン酸溶液からセレンを除去する方法
JPH08273085A (ja) * 1995-03-29 1996-10-18 Hitachi Building Syst Eng & Service Co Ltd 遠隔監視システム

Non-Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Title
See also references of EP1378477A4 *

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7002462B2 (en) 2001-02-20 2006-02-21 Gannett Fleming System and method for remote monitoring and maintenance management of vertical transportation equipment
US7416058B2 (en) 2003-11-25 2008-08-26 Inventio Ag Method of operating an elevator installation providing at least one optional function, an elevator control and an elevator installation therefor
US7699142B1 (en) 2006-05-12 2010-04-20 Wurtec Elevator Products & Services Diagnostic system having user defined sequence logic map for a transportation device

Also Published As

Publication number Publication date
EP1378477A4 (en) 2004-10-13
TWI234541B (en) 2005-06-21
EP1808396A2 (en) 2007-07-18
SG154321A1 (en) 2009-08-28
EP1378477A9 (en) 2005-01-12
CN1473132A (zh) 2004-02-04
EP1378477A1 (en) 2004-01-07
JP2002316778A (ja) 2002-10-31
CN1248945C (zh) 2006-04-05
EP1808396A3 (en) 2007-09-05
JP4406516B2 (ja) 2010-01-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100613508B1 (ko) 에어컨의 중앙제어 시스템 및 그 동작방법
JPH0630776Y2 (ja) エレベータ設備の遠隔管理装置
KR100434292B1 (ko) 홈 네트워크 시스템
JP5503875B2 (ja) プロセス制御システム及びプロセス制御方法
EP0954917B1 (en) System and method for monitoring and management of telecommunications equipment using enhanced internet access
DE10354906B4 (de) Interaktive Zweiweg-Kollaboration in Prozeßsteuerungsanlagen
KR100884853B1 (ko) 솔라 인버터 및 몇몇 솔라 인버터들을 포함하는 광기전성 장치
EP1956760A1 (en) Building management system and a method thereof
KR100851009B1 (ko) 멀티에어컨의 통합관리 시스템 및 방법
CN1346452A (zh) 用于生产厂的维护管理系统
JP2009065778A (ja) 電力系統監視制御システム
JP2003177815A (ja) 産業機械の保全システム
JP2002518638A (ja) 圧縮空気又は真空を発生する装置のための電子制御部
JP2898935B2 (ja) エレベータの群管理制御装置及び方法
EP1249982A2 (de) Vorrichtung und Verfahren zur Datenkommunikation, insbesondere zur Parametrisierung und Fernüberwachung von Heizungsanlagen
US8630744B2 (en) Management and monitoring of automated demand response in a multi-site enterprise
JP2000049800A (ja) ネットワークリモートコントロールシステム
JPH10305366A (ja) 溶接機器の通信制御装置
JP2003216231A (ja) 現場監視・操作装置
DE102006033503A1 (de) Drahtlose Leistungsübertragungssysteme und -verfahren
US7054919B2 (en) System and method for providing virtual online engineering of a production environment
US9153001B2 (en) Approach for managing distribution of automated demand response events in a multi-site enterprise
RU2133490C1 (ru) Структурированная система мониторинга и управления инженерным оборудованием объекта
US8626354B2 (en) Approach for normalizing automated demand response events in energy management control systems
JP2003212447A (ja) エレベータ遠隔監視システム

Legal Events

Date Code Title Description
AK Designated states

Kind code of ref document: A1

Designated state(s): CN ID KR SG US

AL Designated countries for regional patents

Kind code of ref document: A1

Designated state(s): AT BE CH CY DE DK ES FI FR GB GR IE IT LU MC NL PT SE TR

DFPE Request for preliminary examination filed prior to expiration of 19th month from priority date (pct application filed before 20040101)
121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application
WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 2006525003

Country of ref document: JP

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 028028902

Country of ref document: CN

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 2002712283

Country of ref document: EP

WWP Wipo information: published in national office

Ref document number: 2002712283

Country of ref document: EP