JPS628916A - 同期形移載装置 - Google Patents

同期形移載装置

Info

Publication number
JPS628916A
JPS628916A JP14452585A JP14452585A JPS628916A JP S628916 A JPS628916 A JP S628916A JP 14452585 A JP14452585 A JP 14452585A JP 14452585 A JP14452585 A JP 14452585A JP S628916 A JPS628916 A JP S628916A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
traveling body
traveling
transfer device
hanger
cylinder
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP14452585A
Other languages
English (en)
Inventor
Shigeru Yagi
八木 繁
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sanki Engineering Co Ltd
Original Assignee
Sanki Engineering Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sanki Engineering Co Ltd filed Critical Sanki Engineering Co Ltd
Priority to JP14452585A priority Critical patent/JPS628916A/ja
Publication of JPS628916A publication Critical patent/JPS628916A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 [産業上の利用分野コ この発明は搬送装置と、この搬送装置に沿って走行可能
の走行体との間で物品を移載する同期形移載装置に関す
るものである。
[従来の技術] 従来のこの種の同期形移載装置は、一般に、搬送装置の
駆動源とは別の独立したモータによって走行体を走行さ
せていた。
[発明が解決しようとする問題点] しかしながら、このような従来のものは、走行体の走行
用に走行体の走行抵抗を考慮した充分な容量のモータが
必要不可欠であるうえ、走行体の走行速度を搬送装置の
搬送速度に同期させたるためのモータ制御装置が必要で
あり、そのためコストが高く、しかも走行体の同期走行
が比較的不安定である等の問題点があった。
この発明は上記従来のもののもつ問題点を解決して、走
行体用の独立したモータが不要で、しかも走行体を安定
して確実に同期走行させることのできる同期形移載装置
を提供することを目的とするものである。
[問題点を解決するための手段] この発明は上記目的を達成するため、搬送装置と、前記
搬送装置に沿って走行可能の走行体との間で物品を移載
する同期形移載装置において、前記走行体を前記搬送装
置に着脱自在に固定する部材と、前記走行体が前記搬送
装置にともなわれて同期走行するとぎ走行体の走行抵抗
の少なくとも一部とバランスを保つ部材とを設けたもの
である。
[作 用] この発明は上記手段を採用したことにより、走行体は固
定部材によって搬送装置に固定されると、走行抵抗の少
なくとも一部がバランス部材によってバランスされなが
ら搬送装置にともなわれて安定して確実に同期走行する
こととなる。
[実施例] 以下、図面に示すこの発明の実施例について説明する。
第1図はこの発明の一実施例を示し、1は機枠2に架設
されたレール3に沿ってハンガ4.4、・・・を図示し
ない駆動源により移送するト【]リコンベヤからなる搬
送装置であって、ハンガ4.4、・・・は物品たとえば
陰極線管5.5、・・・を吊下げて搬送するようになっ
ている。6は機枠2にレール3に沿って走行可能に架設
された走行体であって、走行体6には、横行シリンダ7
の作動ににり走行方向と直交した水平方向に移動可能の
横行フレーム8が取付けられ、横行フレーム8には昇降
シリンダ9の作動により昇降可能の昇降ポスト10の下
端に搬送装置1に向って延びたアーム11を介して吸着
パッド12が取付けられ、吸着パッド12は陰極線管5
の表面を吸着して吊上げ、また吸着を解除して陰極線管
5を降すことができるようになっている。走行体6には
また、ハンガ4の首部13を挟持する一対のクランプ1
4.14と、クランプ14.14を開閉するシリンダ1
5とを具えた固定部材16が設けられ、固定部材16は
第2図に示すように、ハンガ4の首部13が正面に位置
したときこれを検出するセンサ17の検出と同時にシリ
ンダ15が図示の状態に突出し、一方のクランプ14の
支軸に固着されたレバー18、および両クランプ14.
14の支軸に固着された噛合い歯車19.19を介して
、クランプ14.14を図示の挟持状態に閉じてその状
態を保持するようになっている。センサ11としてはた
とえば反射形ホトセンサ等の光学的センサを使用するこ
とができるが、指向性のある超音波センサや磁気センサ
等の適宜の非接触式センサを使用してもよいし、あるい
は適宜の接触式センサを使用してもよい。走行体6には
さらに、機枠2に走行方向に沿って設置されたエアシリ
ンダ20のピストンロッド21が取付けられ、エアシリ
ンダ20は第3図に示すように、圧縮空気m22に圧力
調整1ニツト23を介して接続された前、後室切換用電
磁バルブ24と前室25とは、走行体6の走行抵抗の少
なくとも一部とバランスを保つ圧力設定用パイロットレ
ギュレータ26から設定圧力がパイロット圧ボート27
に適用されるパイロット式リリーフレギュレータ28を
介して接続され、一方前、後室切換用電磁バルブ24と
後室29とは直接接続され、それににす、走行体6が搬
送装置1にともなわれて同期走行するどきエアシリンダ
20は走行体6の走行抵抗の少なくとも一部とバランス
を保つ設定圧力でピストンロッド21を引込み、また走
行体6が復帰するとぎエアシリンダ20は高圧でピスト
ンロッド21を突出して走行体6を高速復帰させるよう
になっている。
図示してないが、エアシリンダ20または走行体6の図
示しない走行車輪にブレーキを取付【プ、走行体6が復
帰したとき元の所定位置で停止させることはもちろんで
あり、またエアシリンダ20または走行体6の図示しな
い走行車輪軸にエンコーダ等の位置検出部材を取付け、
走行体6が復帰するときあらかじめ設定した任意の位置
で停止させるようにしてもよい。図中30は陰極線管5
を上向きに担持したパレット31を図示の位置まで搬入
し、図示の位置で陰極線管5が取去られたのちパレット
31だけを搬出するパレットコンベヤである。
上記の同期形移載装置は、まず走行体6をパレット31
が図示された真上位置に位置させ、この位置で横行シリ
ンダ7および昇降シリンダ9を作動して吸着パッド12
をパレツ1〜31上の陰極線管5に位置合せしたうえ吸
着パッド12を陰極線管5に吸着させ、続いて昇降シリ
ンダ9により陰極線管5をパレット31からハンガ4の
高さまで吊上げる。
つぎに搬送装置1の作動によりハンガ4の首部13が正
面位置にきたときセンサ17がこれを検出すると同時に
シリンダ15を作動してクランプ14.14が首部13
を挟持し、それにより走行体6は搬送装置1に固定され
て搬送装置1にともなわれて同期走行を開始し、しかも
同期走行中走行体6はエアシリンダ20の前室25に供
給される設定圧力にJ:つて走行抵抗の少なくとも一部
がバランスされて安定して確実に同期走行することとな
る。この同期走行中に横行シリンダ7を作動して陰極線
管5をハンガ4の所定位置まで移動したうえ、吸着パッ
ド12の吸着を解除して陰極線管5をハンガ4に移載す
る。この移載が終了すると横行シリンダ7を逆方向に作
動して吸着パッド12をハンガ4から退避させ、続いて
シリンダ15を逆方向に作動してクランプ14.14を
開いて首部13から退避させ、それにより走行体6の同
期走行が終了し、続いて前、後室切換用電磁バルブ24
を切換えるとエアシリンダ20の後室29に供給される
高圧によって走行体6は初期位置またはあらかじめ設定
された任意の位置まで高速で復帰することとなる。
なお、上記実施例では搬送装置1をトロリコンベヤとし
たがこれに限定するものでなく、また取扱う物品は陰極
線管5に限定せず、また固定部材16はクランプ14.
14によって挟持するものに限定せず、さらに同期走行
中走行体の走行抵抗の少なくとも一部とバランスを保つ
部材はエアシリンダ20に限定せず、その他この発明は
上記実施例の種々の変更、修正が可能であることはいう
までもない。
[発明の効果] この発明は上記のように構成したので、走行体の走行用
に独立したモータが不要であるためコストが安く、しか
も走行体を安定して確実に同期走行させることができる
等のすぐれた効果を有するものである。
【図面の簡単な説明】
第1図はこの発明の一実施例を示す一部切欠した斜視図
、第2図は第1図のものの要部の拡大図、第3図はエア
シリンダのエア系統図である。 1・・・搬送装置、2・・・機枠、3・・・レール、4
・・・ハンガ、5・・・陰極線管、6・・・走行体、7
・・・横行シリンダ、8・・・横行フレーム、9・・・
昇降シリンダ、10・・・昇降ポスト、11・・・アー
ム、12・・・吸着パッド、13・・・首部、14・・
・クランプ、15・・・シリンダ、16・・・固定部材
、17・・・センサ、18・・・レバー、19・・・歯
車、20・・・エアシリンダ、21・・・ピストンロッ
ド、22・・・圧縮空気源、23・・・圧力調整ユニッ
ト、24・・・前、後室切換用電磁バルブ、25・・・
前室、26・・・圧力設定用パイロットレギュレータ、
27・・・パイロット圧ポート、28・・・パイロット
式リリーフレギュレータ、29・・・後室、30・・・
パレットコンベヤ、31・・・パレット。 出 願 人  三機工業株式会社 代  理  人   芦  1) 直  衛−〇−

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 1 搬送装置と、前記搬送装置に沿って走行可能の走行
    体との間で物品を移載する同期形移載装置において、前
    記走行体を前記搬送装置に着脱自在に固定する部材と、
    前記走行体が前記搬送装置にともなわれて同期走行する
    とき走行体の走行抵抗の少なくとも一部とバランスを保
    つ部材とを設けたことを特徴とする同期形移載装置。 2 前記搬送装置は物品を吊下げるハンガを具えたトロ
    リコンベヤからなる特許請求の範囲第1項記載の同期形
    移載装置。 3 前記固定部材は前記ハンガを挟持する部材と、前記
    挟持部材を開閉する部材とを具えている特許請求の範囲
    第2項記載の同期形移載装置。 4 前記バランス部材はエアシリンダを具えている特許
    請求の範囲第1項記載の同期形移載装置。 5 前記エアシリンダは前記走行体を高速復帰させる特
    許請求の範囲第4項記載の同期形移載装置。
JP14452585A 1985-07-03 1985-07-03 同期形移載装置 Pending JPS628916A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14452585A JPS628916A (ja) 1985-07-03 1985-07-03 同期形移載装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14452585A JPS628916A (ja) 1985-07-03 1985-07-03 同期形移載装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPS628916A true JPS628916A (ja) 1987-01-16

Family

ID=15364353

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP14452585A Pending JPS628916A (ja) 1985-07-03 1985-07-03 同期形移載装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS628916A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN105293065A (zh) * 2014-07-22 2016-02-03 陆如东 一种磨边机机械手臂
CN106865208A (zh) * 2017-03-15 2017-06-20 广东天机工业智能系统有限公司 上挂系统
CN107857107A (zh) * 2017-10-20 2018-03-30 江西宝群电子科技有限公司 一种阀栅的循环上料装置
CN109987410A (zh) * 2017-12-30 2019-07-09 余姚市日昇环保科技有限公司 一种智能钢管定位上挂装置

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5090071A (ja) * 1973-12-15 1975-07-18
JPS5593729A (en) * 1978-12-30 1980-07-16 Sanki Eng Co Ltd Synchronizer

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5090071A (ja) * 1973-12-15 1975-07-18
JPS5593729A (en) * 1978-12-30 1980-07-16 Sanki Eng Co Ltd Synchronizer

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN105293065A (zh) * 2014-07-22 2016-02-03 陆如东 一种磨边机机械手臂
CN106865208A (zh) * 2017-03-15 2017-06-20 广东天机工业智能系统有限公司 上挂系统
CN106865208B (zh) * 2017-03-15 2019-09-17 广东天机工业智能系统有限公司 上挂系统
CN107857107A (zh) * 2017-10-20 2018-03-30 江西宝群电子科技有限公司 一种阀栅的循环上料装置
CN109987410A (zh) * 2017-12-30 2019-07-09 余姚市日昇环保科技有限公司 一种智能钢管定位上挂装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5125706A (en) Article holding apparatus
KR950005123B1 (ko) 산업용 로봇의 복합기구손
EP0519447B1 (en) Method and apparatus for taking away glass plates stood on a pallet while removing spacers
JPS6283257A (ja) 車輌組立搬送装置
JPH01210328A (ja) 真空ラミネート装置におけるフィルムの位置決め方法及び装置
US4183427A (en) Conveyor load transfer apparatus
JPS628916A (ja) 同期形移載装置
US4181214A (en) Wafer transfer apparatus
JPH10147360A (ja) ガラス板積載用スペーサー並びに該スペーサーの装着方法及びその装置
JPH0753512B2 (ja) ドア位置決め搬送台車
JPH07206158A (ja) 物品移送装置
JPH10316354A (ja) 板体の運搬吊具
JP2703625B2 (ja) 板金加工機の板材供給装置
JPH07117847A (ja) 搬送装置
US4662282A (en) Switching device for pneumatic conveyance linear motor actuated
JP3082042B2 (ja) ワーク移載システム
JP2831690B2 (ja) 板材収納装置
JPH08304063A (ja) 板材の選別搬送方法及び装置
JPS5811507Y2 (ja) 車両のフロントガラス自動搬送装置
JP4180128B2 (ja) 磁気浮上搬送装置
JPS632183Y2 (ja)
JPH0556826U (ja) 吊下搬送装置のハンガー位置決め装置
JPH05138557A (ja) 板状体移載用バキユームリフト
JPH0427133B2 (ja)
JPH0641954Y2 (ja) 板材分離搬送装置