JPS6016422Y2 - ヘミング加工装置 - Google Patents

ヘミング加工装置

Info

Publication number
JPS6016422Y2
JPS6016422Y2 JP4413182U JP4413182U JPS6016422Y2 JP S6016422 Y2 JPS6016422 Y2 JP S6016422Y2 JP 4413182 U JP4413182 U JP 4413182U JP 4413182 U JP4413182 U JP 4413182U JP S6016422 Y2 JPS6016422 Y2 JP S6016422Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
mold
intermediate mold
guide member
vertical guide
sliding
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired
Application number
JP4413182U
Other languages
English (en)
Other versions
JPS58147621U (ja
Inventor
眞一 小山
忠 天野
Original Assignee
株式会社アマダ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社アマダ filed Critical 株式会社アマダ
Priority to JP4413182U priority Critical patent/JPS6016422Y2/ja
Publication of JPS58147621U publication Critical patent/JPS58147621U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPS6016422Y2 publication Critical patent/JPS6016422Y2/ja
Expired legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Bending Of Plates, Rods, And Pipes (AREA)

Description

【考案の詳細な説明】 本考案はヘミング加工装置に係わり、更に詳細には、ヘ
ミング加工の前段の鋭角折り曲げ用の上下型と後段の押
しつぶし用の上下型を迅速に交換して正確にヘミング加
工を完了する比較的簡単な構造の装置に関するものであ
る。
まづヘミング加工について説明する。
一般に板金を材料とする調度品や箱、例えばキャビネッ
トや机などでは、板金の剪断時のぼりやかえり、だれな
どが残っていて手や指を傷つけるおそれがあるから、端
縁を研摩仕上げするか或いは小さく曲げてからつぶして
鋭利な部分が突出しないように処理をしておくか、或い
は又プラスチック等の引き抜き型材を板金の端縁にかぶ
せるなどの対策がとられている。
その内の板金の端縁を折り曲げてつぶす加工が板厚の薄
い材料の強度を増大する利益もあって頻繁に行われる方
法であり、ヘミング加工と呼ばれている。
従来プレスブレーキを使用して折り曲げ加工を行う過程
で、同じ機械でヘミング加工を行うには上下型の間に板
金端縁を配置し例えば端縁から5鴫の位置に端縁と平行
な折り曲げ線になる鋭角の折り曲げを前段として行い、
後段のつぶし作業は上下型とも対応面が平らな型で押し
つぶすという方法を採っていた。
1作業ロフトを前段加工と後段加工とに分けて加工した
り、2台のプレスブレーキを並べて引続いて加工するの
は効率的ではないから、上下型の一方を2段型とし中段
の型を上下型の中間に弾機などで保持する方式のものな
どが実施されていた。
しかしながら後段の押しつぶす段階で水平に支持してい
る板材が上下に移動するのにつれて作業員が追従して上
下させる必要があり、産業用ロボットを使う場合には対
応が複雑になる不都合があったのである。
本考案は上記した従来の不都合を軽減するために行われ
たもので、以下にその好適実施例を図面にもとづいて詳
細に説明する。
第1図は油圧式プレスブレーキ1の説明図で、機台3に
固定されたボルスタ−5上に下型7がとりつけてあり、
機台3と1本構造の上部機枠9にとりつけた左右の液圧
シリンダ11によってスライド13の下端にとりつけた
上型15が、下型7の上におかれた板材を押圧し折り曲
げ加工を行う加工機である。
第2図は第1図の上型15の附近をほぼ全長にわたって
裏側から見た実施例の図である。
第3,4* 6図はプレスブレーキ1の上下型附近を
前後に切断する方向に見た図で、上型ホルダー17に複
数個(第2図に示すように本実実施例では4個)の上下
方向案内部材19がボルト21で固着されており、上記
案内部材19に設けられたT溝部3の中をスライドプレ
ート25を介して断面T字状の摺動基板27が摺動移動
自在に設けである。
摺動基板27の中はぼ半数は第2,4図に明らかなよう
に後方斜め上方向に延びて後述する流体圧シリンダ29
の上端を支承している。
第3図に示したように摺動基板27の案内部材19を越
えた上端には係止ブロック31が設けてあり、上端後面
にはラック板33が固着されている。
このラック板33は複数の案内部材19の上部を水平に
繋ぐピニオンシャフト35に固着されたピニオンギヤ−
37と係合していて、前記したピニオンシャフト35は
いわゆるトーションバーの役目をして摺動基板27の上
下移動量を同量に保っている。
また摺動基板27の下端には、案内部材19の下端より
低い位置に突き当て板39が設けである。
更に摺動基板27を貫いて水平に連結する中間型41を
移動する駆動軸43が回動自在に設けてあり、第4図に
明らかなように、流体圧シリンダ29のピストンロッド
45に軸着されたレバー47によって正逆両方向に回動
させられる。
駆動軸43が摺動基板27を貫く位置の両側には、リン
ク板49が駆動軸43に固着してあり、リンク板49の
他端は、中間型ホルダー51の上端を回動自在に軸着し
ている。
上記リンク板49と同長の平行リンク53が摺動基板2
7と中間型ホルダー51とを連結しており、駆動軸43
を回動することによって、中間型ホルダー51の下端に
とりつけた中間型41は、下面を下型7の水平平坦面と
平行な姿勢を維持しながら第3図に2点鎖線で示した位
置まで移動するのである。
なお図示も省略しであるが第3図に示したボルスタ−5
上の下型ホルダー55に対して下型7は別途流体圧シリ
ンダ(図示せず)などの駆動手段によって、第3図での
左右方向に移動と位置決めが可能になっていて下型7の
平坦な上面を中間型41の平坦な下面位置と対応する位
置に移すこともできるし、上型15の下端の突出部と下
型7の溝部とが上下に一致する位置に移すことも可能に
なっている。
本実施例は上記のように構成してなるものであるから、
流体圧シリンダ29のピストンロッド45を収縮して中
間型ホルダー51と中間型41とを第3図の2点鎖線の
位置まで移動しておいてから、上型15と下型7の上面
の溝部との間に被加工板材を配置して90度以下の前段
鋭角折り曲げを行い、上下型を離して流体圧シリンダ2
9を駆動して中間型41を第3図で時計方向に回動し、
中間型ホルダー51を突き当て板39に当接させる。
この時点では摺動基板27はとりつけである流体圧シリ
ンダ29から中間型41までのすべての重量で下降し、
上端の係止ブロック31が案内部材19の上端に接して
おり、中間型41の上面に設けた上型15の先端との整
合溝57は上下に一致した位置を占めている。
次に下型7を第3図で右方向に移動して下型の平坦上面
部を中間型41の真下に位置させてから前段で鋭角に折
り曲げた板材の折り曲げ部を中間型と下型の平行平面間
に保持して後段の押しつぶし作業を行うのである。
この後段作業で板材の前後方向の移動にともない中間型
が機械の前方(第3図で左方向)へ、下型が後方(第3
図で右方向)に向う押圧力を受けるが、本実施例装置で
は後段の押しつぶし作業が始まると摺動基板27が板材
の折り曲げ反力で持ち上げられ、上型15の下端突出部
が中間型の整合溝57に係合し、前後移動に弱い中間型
41が上型15と一体となって前後移動を最小に保つ効
果が得られるのである。
以上のごとき実施例の説明より理解されるように、要す
るに本考案の要旨は実用新案登録請求の範囲に記載のと
おりであるから、本考案によれば従来のヘミング加工装
置の2段構造上型、或いは下型に見られたような加工中
に板材の手持部分が上下に位置を変える不都合がなく、
前段の鋭角折り曲げに対する上下型の整合不一致などの
トラブルが解消されたので産業用ロボットなどを使用し
た無人化作業に適したヘミング装置を得たのである。
【図面の簡単な説明】
第1図はプレスブレーキの説明用正面図、第2図は本考
案の一実施例を示す上型まわりの部分背面図、第3図は
同じく上下型まわりの側面1部断面図、第4図は本実施
例の摺動基板まわりの側面図、第5図は中間型まわりの
部分背面図、第6図は上下方向案内部材の断面平面図で
ある。 図面中の主要部分を表わす符号の説明、1・・・・・・
プレスブレーキ、15・・・・・・上型、17・・・・
・・上型ホルダー 19・・・・・・上下方向案内部材
、27・・・・・・摺動基板、31・・・・・・係止ブ
ロック、41・・・・・・中間型、49・・・・・・ク
ンク板、53・・・・・・平行リンク、55・・・・・
・下型ホルダー。

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 下型7と協働して板材の折り曲げ加工を行なう上型15
    を備えた上型ホルダー17の前後面の適宜−面に上下方
    向案内部材19を設け、この上下方向案内部材19に上
    下動自在に支承された摺動基板27の一部に、上下方向
    案内部材19に当接して摺動基板27の下降限を規制す
    る係止ブ冶ツク31を設け、前記上型15の先端が整合
    する整合溝57を上面に形成し下面を平坦面に形成した
    中間型41を支承した中間型ホルダー51を、リンク機
    構を介して前記摺動基板27に上下動自在に装着して設
    けると共に前記中間型41を上型15と下型との間に進
    入自在に設けてなることを特徴とするヘミング加工装置
JP4413182U 1982-03-30 1982-03-30 ヘミング加工装置 Expired JPS6016422Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4413182U JPS6016422Y2 (ja) 1982-03-30 1982-03-30 ヘミング加工装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4413182U JPS6016422Y2 (ja) 1982-03-30 1982-03-30 ヘミング加工装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS58147621U JPS58147621U (ja) 1983-10-04
JPS6016422Y2 true JPS6016422Y2 (ja) 1985-05-22

Family

ID=30055199

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4413182U Expired JPS6016422Y2 (ja) 1982-03-30 1982-03-30 ヘミング加工装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS6016422Y2 (ja)

Also Published As

Publication number Publication date
JPS58147621U (ja) 1983-10-04

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0605548B1 (en) Press
JPS6016422Y2 (ja) ヘミング加工装置
CN217858483U (zh) 一种冲压机械手工作台
JP2008006470A (ja) ベンディング装置用金型およびベンディング装置用金型を用いた板材の加工方法
JPH0428650Y2 (ja)
JPH0114349Y2 (ja)
CN210450589U (zh) 一种门框滚压门柱板折负角实现垂直取件结构
CN207188533U (zh) 快速换刀自动夹紧数控液压折边机
JPH0337834Y2 (ja)
CN221184372U (zh) 一种用于铝材的冲孔设备
CN213944411U (zh) 一种幕墙用角形连接件折弯机
CN217726883U (zh) 一种铆接机
JP4580661B2 (ja) 板金加工装置および板金加工装置を用いた折り曲げ加工方法
CN218611367U (zh) 一种冲压机用工件卡持机构
CN220901523U (zh) 一种数控折弯机辅助定位工装
CN218693333U (zh) 一种带弯折冲头的快速冲压模具
CN212144294U (zh) 一种高防护型全自动冲床
CN212760473U (zh) 一种可变r大小的钣金折弯机构
CN211679835U (zh) 一种用于模块锻件锻造的锻压机
JPH11221713A (ja) 板材加工機
JPS5844883Y2 (ja) 袋曲げ装置
JP2545176B2 (ja) パンチングマシンの成形用金型
JPH0527495B2 (ja)
JPS6029570B2 (ja) 折曲げ加工装置
JP2581517Y2 (ja) パンチング加工機のクランプ装置