JPS5931773Y2 - 重力式構造物 - Google Patents

重力式構造物

Info

Publication number
JPS5931773Y2
JPS5931773Y2 JP12961279U JP12961279U JPS5931773Y2 JP S5931773 Y2 JPS5931773 Y2 JP S5931773Y2 JP 12961279 U JP12961279 U JP 12961279U JP 12961279 U JP12961279 U JP 12961279U JP S5931773 Y2 JPS5931773 Y2 JP S5931773Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
friction member
unit friction
concrete
concrete frame
unit
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired
Application number
JP12961279U
Other languages
English (en)
Other versions
JPS5646626U (ja
Inventor
秀彦 広瀬
Original Assignee
株式会社 明治ゴム化成
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社 明治ゴム化成 filed Critical 株式会社 明治ゴム化成
Priority to JP12961279U priority Critical patent/JPS5931773Y2/ja
Publication of JPS5646626U publication Critical patent/JPS5646626U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPS5931773Y2 publication Critical patent/JPS5931773Y2/ja
Expired legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】 この考案は防波堤、岸壁、埋立護岸等に使用されるケー
ソン、コンクリートブロック、L形塊等の重力式構造物
に関するもので、外力に対して容易に滑動しない安定性
の高い重力式構造物を提供することを目的とする。
従来防波堤の築造は海底を堀削し、その上に割りぐり石
を積み上げて基礎堤を造り、この基礎堤の上に陸上又は
浮ドツク等で建造したケーソン等を沈め、ケーソンの場
合にはその内部に石、砂、又はコンクリート等を詰めて
完成させる工法が行われている。
しかし、このような従来の工法では、ケーソン等は単に
割りぐり石に載置されているだけであるから波圧力等外
力により滑動するという問題があった。
この考案は上記と問題点を解消する重力式構造物を提供
せんとするもので、以下この考案を図面に示す実施態様
に基づき説明する。
第1図は防波堤、岸壁、埋立護岸等に使用するケーソン
の縦断面図を示すもので、図面から明らかなようにコン
クリート躯体1の底面2にはゴム製の単位摩擦部材10
が多数埋設しである。
この単位摩擦部材10は円柱形状とされその底面は穴1
1と平面円形状の溝12とが形成されて凹凸面とされて
いる。
尚、単位摩擦部材10の形状及び凹凸面の形状は実施態
様に示すものに限定されるものでないことはもちろん、
円柱形状に限らず四角柱等その他の形状でよく、また凹
凸面の形状も縦横に走る溝により形成してもよく、複数
個の穴により形成してもよい。
まさ単位摩擦部材10のコンクリート躯体1の底面2へ
の配列も同列配列に限らず千鳥配列でもよい。
単位摩擦部材10の底面2への取付は方法についても実
施態様のものに限定されるものではなく、適宜の方法を
選択することができるが、第3図及び第4図に示す実施
態様では取付金具20及び鉄筋24を介してコンクリー
ト躯体1の底面2に一体的に埋設されている。
即ち、取付金具20は単位摩擦部材10に埋設される埋
設用板部21とこの埋設用板部21から立上がるリブ2
2とからなり、リブ22は単位摩擦部材10の裏面から
突出するように十字形状に形成され、コンクリート躯体
1に配筋された鉄筋24がこのリブ22を貫通すること
によって強固に取付けられることになる。
上記のような取付金具20を用いて単位摩擦部材10を
コンクリート躯体1の底面2に取付けるには、まず取付
金具20の埋設用部21を単位摩擦部材10に埋設して
一体となし、次にこの取付金具20を取付けた単位摩擦
部材10を多数配設して鉄筋24をそれぞれの取付金具
20のリブ22を貫通するようにして配筋しコンクリー
トを打設すればよい。
コンクリートが硬化すれば単位摩擦部材10は取付金具
20及び鉄筋24を介してコンクリート躯体1と完全に
一体となる。
上記のように、この考案はコンクリート躯体1の底面2
に凹凸面を有する単位摩擦部材10を一体的に埋設する
構成としたから、次のような顕著を効果を奏することが
できる。
■ コンクリート躯体1の底面2に埋設された単位摩擦
部材10により基礎面との摩擦係数が増大し、コンクリ
ートとコンクリートとの摩擦係数0゜5、コンクリート
と割りぐり石との摩擦係数0.6に対して、この考案の
構成によれば0.7以上となり、液圧力等の外力に対し
て大きな抵抗を示し、容易に滑動することはない。
■ 第5図に示すようにケーソン1が割つぐり石Aを敷
きつめた基礎堤に載置したような場合には穴11及び溝
12に割りぐり石Aがくい込み、一層抵抗力が増大し、
安定性の高い重力式構造物とすることができる。
■ 単位摩擦部材10の表面は凹凸面としたことにより
単に表面偏平な摩擦部材を配設する場合に比し、摩擦部
材10の見掛は上の硬さを軟かくし、割つぐり石とのな
じみが良くなり、それだけ部分的な集中荷重を受けない
ので容易に滑動せず安全である。
【図面の簡単な説明】
図面はこの考案に係る重力式構造物の実施態様を示すも
ので、第1図は断面図、第2図は底面図、第3図は取付
金具と鉄筋との取付状態を示す斜視図、第4図は単位摩
擦部材の取付部分を示す断面図、第5図は基礎堤に載置
した使用状態を示す一部断面図である。 1・・・・・・コンクリート躯体、2・・・・・・底面
、10・・・・・・単位摩擦部材、11・・・・・・穴
、12・・・・・・溝、20・・・・・・取付金具、2
4・・・・・・鉄筋。

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. コンクリート躯体の底面に基礎面との摩擦係数を増大し
    得る単位摩擦部材を多数埋設し、この単位摩擦部材の下
    面を凹凸面に形成したことを特徴とする重力式構造物。
JP12961279U 1979-09-18 1979-09-18 重力式構造物 Expired JPS5931773Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP12961279U JPS5931773Y2 (ja) 1979-09-18 1979-09-18 重力式構造物

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP12961279U JPS5931773Y2 (ja) 1979-09-18 1979-09-18 重力式構造物

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS5646626U JPS5646626U (ja) 1981-04-25
JPS5931773Y2 true JPS5931773Y2 (ja) 1984-09-07

Family

ID=29361360

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP12961279U Expired JPS5931773Y2 (ja) 1979-09-18 1979-09-18 重力式構造物

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS5931773Y2 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0418442Y2 (ja) * 1986-10-08 1992-04-24
JP2011084868A (ja) * 2009-10-13 2011-04-28 World Engineering Kk ケーソンを用いた埋立地仕切護岸

Also Published As

Publication number Publication date
JPS5646626U (ja) 1981-04-25

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH042734B2 (ja)
JPS60230418A (ja) 海洋単位構築物
US6913418B2 (en) Underwater building unit and methods of installation and application thereof
JP3918461B2 (ja) 水中基礎の構築工法
JPS5931773Y2 (ja) 重力式構造物
US4371292A (en) Gravity structure
KR100254703B1 (ko) 연착저구조물 및 그 설치방법
KR100360462B1 (ko) 연약지반상의 구조물의 축조방법
KR200185669Y1 (ko) 연약층의 심도가 깊은 지반의 방파제 또는 호안기초구조
CN111236291B (zh) 一种用于桥墩串列桩基防冲刷naca型注水装置及其施工方法
CN208472649U (zh) 一种在地基基础中设抗滑桩的重力式沉箱码头结构
JPS5931772Y2 (ja) 重力式構造物
JP4183137B2 (ja) 耐震構造
JPH0536044Y2 (ja)
JP2003119750A (ja) 構造物の抗力構造体
JP2784314B2 (ja) オープンケーソンの沈設方法
KR200324521Y1 (ko) 혼성방파제의 기초부 처리구조
JPS5931774Y2 (ja) 混成基礎捨石マウンド
JPH0254022A (ja) ライトケーソン埋立工法
JP4966758B2 (ja) 傾斜地用べた基礎
JPH04336105A (ja) 防波堤または護岸のかさ上げ方法
JP2556380B2 (ja) 護岸構造物の施工法
JP2001254364A (ja) 重力式構造物の滑動抵抗増大工法
JP2000192435A (ja) 水中重力式構造物
SU958599A2 (ru) Свайный фундамент