JPH10277504A - 小物洗浄装置 - Google Patents

小物洗浄装置

Info

Publication number
JPH10277504A
JPH10277504A JP11028797A JP11028797A JPH10277504A JP H10277504 A JPH10277504 A JP H10277504A JP 11028797 A JP11028797 A JP 11028797A JP 11028797 A JP11028797 A JP 11028797A JP H10277504 A JPH10277504 A JP H10277504A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cleaning
washing
conveyor
rolls
roll
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP11028797A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3194221B2 (ja
Inventor
Katsuhiro Ogawa
勝広 小川
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
MORIHISA SEISAKUSHO KK
Original Assignee
MORIHISA SEISAKUSHO KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by MORIHISA SEISAKUSHO KK filed Critical MORIHISA SEISAKUSHO KK
Priority to JP11028797A priority Critical patent/JP3194221B2/ja
Publication of JPH10277504A publication Critical patent/JPH10277504A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3194221B2 publication Critical patent/JP3194221B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 従来の洗浄用回転ドラムを使用して洗浄する
構造では、洗浄液に浸漬されるのみで直ちに引き上げら
れ、充分な洗浄は行われない等の問題がある。本発明は
装置の簡素化を計り、しかも洗浄効率の向上を計ること
を目的とする。 【解決手段】 ホッパ2より供給される小物を受取り移
送しつゝ洗浄する洗浄コンベアと、該コンベアの下流側
に配備される上下対をなす洗浄ロール4と、更にその下
流側に配備される上下対をなす絞りロール5とを備え、
上記コンベア適所に洗浄ブラシ6を備え、かつ該洗浄ブ
ラシ6には洗浄液を供給する洗浄液供給手段を対設した
ことを特徴とする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は円盤もしくは球状等
の小物、例えば遊戯用メダル又は硬貨等の円盤やパチン
コ玉等の球状物(以下単に小物という)を洗浄液に浸漬
し、ついで付着洗浄液を脱水除去する一連の工程を自動
的に行う小物洗浄装置に関する。
【0002】
【従来の技術】上記小物洗浄装置としては、例えば大量
の遊戯用メダルの洗浄装置として、洗浄液に浸漬された
洗浄用回転ドラム内に投入し、該ドラムの回転により洗
浄すると共に、これを順次ドラムの一側に移行し、これ
を取出して絞りロールにより付着液を除去する手段が採
られている(例えば特開平6ー315568号公報参
照)。その概略を図4に示す。
【0003】この洗浄装置50は、洗浄液槽51内の洗
浄液に下部を浸漬した洗浄用回転ドラム52と、該回転
ドラム内の洗浄完了の被洗浄物を受取りこれを付着液除
去手段53に移送する移送用コンベア54とを備える。
回転ドラム52は、パンチングメタル等の通水性材料で
胴部を構成した筒状とし、内部には被洗浄物移送用のス
クリュー羽根55を筒部内周に添って取付け、胴部他側
には掻上げ羽根56を収納する。
【0004】移送用コンベア54は供給される円板の重
なりを防止する防止手段例えば逆転ローラ57を備え、
かつ該コンベア54は通水性の金網、または溝が形成さ
れ、移送途中において、被洗浄小物Wに付着する洗浄液
は落下し下方の受け樋58を介して水槽59に返却され
る。
【0005】付着液除去手段53は上下対をなす2組の
吸水性の絞りロール60a、60bと61a、61b
(以下総称するときは単に60、61という)とよりな
る。これにより付着液は吸引除去され、排出される。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】この場合、上記洗浄用
回転ドラム52では、メダルは単に洗浄液に浸漬される
のみで直ちに引き上げられ、充分な洗浄は行われず、絞
りロール60、61によりこれを拭払することにより洗
浄するものである。従ってこの構造では、単に部品点数
が増し、装置が大型で、しかも充分な洗浄効果が得られ
ない等の問題がある。本発明はかゝる点に鑑み、部品点
数を減らし装置の簡素化を計り、しかも洗浄効率の向上
を計ることを目的とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
の本発明の小物洗浄装置は、ホッパより供給される小物
を受取り移送しつゝ洗浄する洗浄コンベアと、該コンベ
アの下流側(排出側)に配備される上下対をなす洗浄ロ
ールと、更にその下流側に配備される上下対をなす絞り
ロールとを備え、上記コンベア適所に洗浄ブラシを備
え、かつ該洗浄ブラシには洗浄液を供給する洗浄液供給
手段を対設したことを特徴とする。
【0008】上記の構成からなる本発明は、コンベアに
よる移送途中において洗浄液を供給しつゝ洗浄ブラシに
より洗浄し、ついで洗浄ロールにより液中において挟持
し移行する間に拭払することにより洗浄を確実とするこ
とができる。
【0009】又第2の発明は、上記洗浄ブラシは洗浄コ
ンベアの移送方向とは逆方向に回転し、かつ該コンベア
との間に1個のみの被洗浄物の通過を許容する間隙を有
せしめたことを特徴とする。
【0010】上記の構成からなる本発明は、被洗浄物は
1個づつ順次移送され、洗浄を確実に行うことができ
る。
【0011】また第3の発明は、上記洗浄ブラシはコン
ベア上に複数個並列配置したことを特徴とする。
【0012】上記の構成からなる本発明は、洗浄ブラシ
を複数個並列配置することにより、その洗浄効果を更に
高めることができる。
【0013】
【発明の実施の形態】以下、本発明を図1乃至図3に示
す実施例に基づいて説明する。本発明の小物洗浄装置1
は、被洗浄物Wを受入れるホッパ2と、該ホッパから供
給される被洗浄物Wを受取り移送しつゝ洗浄する洗浄コ
ンベア3と、その下流側(排出側)に配置される上下対
をなす洗浄ロール4a、4b(以下総称するときは単に
4という)と、さらにその下流側に位置する上下対をな
す絞りロール5a、5b(以下総称するときは単に5と
いう)、及び上記洗浄コンベア3上に配置される洗浄ブ
ラシ6並びにこの洗浄ブラシに対し洗浄液を供給する洗
浄液供給手段7とを主体として構成される。
【0014】上記洗浄液供給手段7は洗浄液収納タンク
10内の液を吸引するポンプ11と、該ポンプにより吸
引された液を一時受入れる中間タンク12と、該中間タ
ンクから送られる液を洗浄ブラシ6に供給する供給管1
3とからなり、供給管13は略々前記洗浄ブラシ6と同
一の長さを有し、かつその上に配置される。14は収納
タンク10内の液を加熱するヒータ、15は温度センサ
を示す。また16は前記洗浄コンベア3及び洗浄ロール
4の下方に位置して設けられる受け樋を示し、該樋16
に集められた洗浄液はタンク10に返還される。
【0015】なお17はホッパ2より繰り出される被洗
浄物Wの移送用コンベア、18は移送コンベア3から排
出される被洗浄物を洗浄コンベア3に導くシュート、1
9は洗浄コンベア上に過剰に供給された被洗浄物を検出
するセンサを示し、該センサが作動したとき、上記移送
コンベア17を停止する。
【0016】なお上記洗浄ブラシ6は図2に示す如く洗
浄コンベア3の駆動ロール20よりベルト21を介して
逆方向に回転され、該コンベア3とは1個の被洗浄物W
の通過を許容する間隙を有するも、重なって供給された
ときは、上部の被洗浄物Wを跳ね返し、重なって供給さ
れても1個づつ移送し、かつその回転により被洗浄物の
表面にブラッシングするようにしたものである。なお、
図例は該洗浄ブラシ6は1個のみ設けた例を示したが、
これは複数例えば2個並列して設けるようにしてもい。
【0017】前記洗浄ロール4は、吸水性を有する材
質、例えばスポンジ状ウレタン等で構成する。22は下
部洗浄ロール4aの下部に圧接して取付けられた余剰液
除去ロールを示す。
【0018】また前記絞りロール5も同様に吸水性を有
する材質のもので構成する。この上下の絞りロール5
a、5bにはそれぞれ余剰液除去ロール23a、23b
を圧接する。この際、上部除去ロール23bは、図2に
示す如く中央より左右反対のねじれの溝を形成した溝付
ロールとし、圧接することにより押し出された余剰液
は、該溝に添ってロールの端側に移行し、そこで落下す
るようにしたものである。24は排出シュートを示す。
【0019】上記構成において、その作用を図3に基づ
いて説明する。洗浄コンベア3上にその上流側(供給
側)から供給された被洗浄物Wは、まず供給管13から
供給される洗浄液に浸され洗浄ブラシ6によりブラッシ
ングされる。この際通常は図示の如く多数重なって供給
され、1個の被洗浄物Wは通過を許容されるも、その他
の被洗浄物は該洗浄ブラシ6は逆回転しており、跳ね返
えされる。この際コンベア3は図示の如く排出側を高く
取付けるときは、洗浄液は被洗浄物の供給側に向けて流
れ(矢符a)、供給される被洗浄物は上記洗浄ブラシ6
によるブラッシングと共に余剰の供給被洗浄物の跳ね返
しにより予備洗浄が行われる。
【0020】ついで被洗浄物Wは洗浄ロール4a、4b
に挟まれ移行する。但し下部洗浄ロール4aは駆動ロー
ル、上部洗浄ロール4bは従動ロールであり、この従動
ロール4bは駆動ロール4aより被洗浄物を介して駆動
される。かつ上下に液膜bを形成しており、従って被洗
浄物は両面に若干の滑りを生じ、これにより拭払による
洗浄が行われる。ついで絞りロール5に至る。この上下
のロールは余剰液除去ロール23a、23bにより余剰
液は絞り取られており、従って供給される被洗浄物の付
着液は除去されて排出される。
【0021】
【発明の効果】以上の如く本発明によるときは、被洗浄
物は、ホッパより直接洗浄コンベアに供給され、該コン
ベア上において洗浄液に浸されつゝ洗浄ブラシによる予
備洗浄と、ついで上下対をなす洗浄ロールにより洗浄液
中において挟持し拭払による洗浄とが行われる故、従来
の単に回転槽中の短時間の通過による洗浄に比して装置
が簡単であると共に、優れた洗浄効果を得ることができ
る。この際、上記洗浄ブラシを洗浄コンベアの移送方向
とは逆方向に回転し、かつ該コンベアとの間に1個のみ
の被洗浄物の通過を許容する間隙を有せしめるときは、
被洗浄物の重なりを防止し、洗浄効果を上げることが出
来る。また上記洗浄ブラシは洗浄コンベア上に複数個並
列配置するときは、予備洗浄効果を更に高めることが出
来る。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の小物洗浄装置の全体説明図である。
【図2】図1における要部の平面図である。
【図3】本発明の作用説明図である。
【図4】従来の小物洗浄装置の説明図である。
【符号の説明】
1 小物洗浄装置 2 ホッパ 3 洗浄ベルト 4 洗浄ロール 5 絞りロール 6 洗浄ブラシ 7 洗浄液噴射手段

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ホッパより供給される小物を受取り移送
    しつゝ洗浄する洗浄コンベアと、該コンベアの下流側に
    配備される上下対をなす洗浄ロールと、更にその下流側
    に配備される上下対をなす絞りロールとを備え、上記コ
    ンベア適所に洗浄ブラシを備え、かつ該洗浄ブラシには
    洗浄液を供給する洗浄液供給手段を対設したことを特徴
    とする小物洗浄装置。
  2. 【請求項2】 洗浄ブラシは洗浄コンベアの移送方向と
    は逆方向に回転し、かつ該コンベアとの間に1個のみの
    被洗浄物の通過を許容する間隙を有せしめたことを特徴
    とする請求項1記載の小物洗浄装置。
  3. 【請求項3】 洗浄ブラシは洗浄コンベア上に複数個並
    列配置したことを特徴とする請求項1または2記載の小
    物洗浄装置。
JP11028797A 1997-04-10 1997-04-10 小物洗浄装置 Expired - Fee Related JP3194221B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11028797A JP3194221B2 (ja) 1997-04-10 1997-04-10 小物洗浄装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11028797A JP3194221B2 (ja) 1997-04-10 1997-04-10 小物洗浄装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH10277504A true JPH10277504A (ja) 1998-10-20
JP3194221B2 JP3194221B2 (ja) 2001-07-30

Family

ID=14531881

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11028797A Expired - Fee Related JP3194221B2 (ja) 1997-04-10 1997-04-10 小物洗浄装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3194221B2 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002143536A (ja) * 2000-11-13 2002-05-21 Morihisa Seisakusho:Kk メダル洗浄装置
CN107866393A (zh) * 2017-11-13 2018-04-03 国网福建省电力有限公司 断路器瓷套清洗装置
CN110302988A (zh) * 2019-07-04 2019-10-08 天津市亨必达化学合成物有限公司 一种药材清洗装置

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002143536A (ja) * 2000-11-13 2002-05-21 Morihisa Seisakusho:Kk メダル洗浄装置
CN107866393A (zh) * 2017-11-13 2018-04-03 国网福建省电力有限公司 断路器瓷套清洗装置
CN110302988A (zh) * 2019-07-04 2019-10-08 天津市亨必达化学合成物有限公司 一种药材清洗装置
CN110302988B (zh) * 2019-07-04 2020-10-09 天津市亨必达化学合成物有限公司 一种药材清洗装置

Also Published As

Publication number Publication date
JP3194221B2 (ja) 2001-07-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2680783B2 (ja) コインの洗浄装置
JP2011019589A (ja) メダル清掃装置
JPH10277504A (ja) 小物洗浄装置
JP4150100B2 (ja) コイン等の洗浄方法と洗浄装置,及び洗浄システム
JPH07290002A (ja) 洗浄鏡面板の水滴除去方法及びその装置を備えた鏡面板洗浄装置
JP2538501B2 (ja) 代用コインの洗浄方法及び装置
JP2996270B2 (ja) 除塵装置
JP2003290725A (ja) メダル洗浄装置及びメダル洗浄方法
JP3068494B2 (ja) 小物洗浄装置
KR100364075B1 (ko) 훼라이트코어의 간극연마장치
JP3121815B1 (ja) 小物洗浄装置
JP2000140776A (ja) 小物洗浄装置
JPH11198023A (ja) 連続式コイン洗浄装置
JP4690160B2 (ja) メダル洗浄装置
JP2002320756A (ja) メダル等の洗浄装置
JP2001000922A (ja) 小物洗浄装置
JP2502901B2 (ja) ボ―ル洗浄装置
JPH10295973A (ja) マット洗浄装置
JP3076803B1 (ja) メダル洗浄機におけるメダルの整列送り出し装置
JP2004180825A (ja) 食器皿の予備洗浄装置
JP3108711B1 (ja) メダル洗浄装置
KR200227574Y1 (ko) 훼라이트코어의 간극연마장치
JPH11155413A (ja) 卵の処理装置
JP2820188B2 (ja) 遊技用媒体又は硬貨の洗浄装置
JP3922753B2 (ja) 円盤等の小物洗浄装置

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100601

Year of fee payment: 9

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees