JPH0956992A - 衣類乾燥装置 - Google Patents

衣類乾燥装置

Info

Publication number
JPH0956992A
JPH0956992A JP7220376A JP22037695A JPH0956992A JP H0956992 A JPH0956992 A JP H0956992A JP 7220376 A JP7220376 A JP 7220376A JP 22037695 A JP22037695 A JP 22037695A JP H0956992 A JPH0956992 A JP H0956992A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
air
drying
drying chamber
air circulation
clothes
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP7220376A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3330789B2 (ja
Inventor
Masanobu Tanigawa
雅信 谷川
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sharp Corp
Original Assignee
Sharp Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sharp Corp filed Critical Sharp Corp
Priority to JP22037695A priority Critical patent/JP3330789B2/ja
Priority to MYPI95003552A priority patent/MY115384A/en
Priority to EP95308438A priority patent/EP0716178B1/en
Priority to DE69520868T priority patent/DE69520868T2/de
Priority to US08/565,243 priority patent/US5768730A/en
Priority to KR1019950046704A priority patent/KR100284022B1/ko
Priority to CN95120516A priority patent/CN1098381C/zh
Publication of JPH0956992A publication Critical patent/JPH0956992A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3330789B2 publication Critical patent/JP3330789B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 衣類乾燥装置が設置される場所の特質に着目
して、空調機としての機能を付加して構成し、衣類乾燥
の効率を高めるとともに設置場所近傍の空気調和をも図
り得る衣類乾燥装置を提供する。 【解決手段】 洗濯物を乾燥させる乾燥室から排出され
た高温高湿の空気が循環する経路に冷凍サイクルを設置
するとともに、空気の循環路に、空気調和の種別及び衣
類乾燥の目的に応じて空気の流通路を適宜切り換える機
構を設置して衣類乾燥装置を構成する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、衣類乾燥装置に関
し、特には衣類乾燥に加えて冷凍サイクルにより空調を
行う除湿型ドラム式の衣類乾燥装置に関するものであ
る。
【0002】
【従来の技術】一般に衣類乾燥装置は、乾燥する衣類を
収納したドラムを回転させるとともに、同時にドラム内
の電気ヒータやガス等で加熱した温風を供給して衣類を
乾燥させる。乾燥後の高温高湿空気はドラム外にそのま
ま放出するか、排気を自然空気により空冷させ、熱交換
除湿した後、ヒータに還流循環している。
【0003】このような衣類乾燥装置において乾燥時間
を短縮するためには、一般的にはヒータの容量を大きく
するか、風量を大きくすれば良いが、ヒータ容量を大き
くすることは、消費電力量上あるいは家庭内配線の電気
容量上好ましくない。また単純に風量を大きくすると、
温風熱源がニクロム線ヒータで構成されているような場
合は風量の増大に従って温風の温度が下がり、乾燥促進
にはあまり寄与しないし、PTCヒータのような場合は
風量の増大に従って消費電力が増大する。
【0004】また、空気調和機に設けられた冷凍サイク
ルを衣類乾燥装置に利用する提案もなされており、室外
ユニットから放出される熱風を洗濯物に当てて乾燥を行
う構成が特開平2−147097号公報に記載されてい
る。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】上記特開平2−147
097号公報に記載された衣類乾燥においては、室内冷
房時に室外ユニットから発生する高温風を衣類乾燥に使
用するもので、衣類乾燥機として利用するにはコストパ
ーフォンマンスが低く、且つ室内外機がともに大き過ぎ
るだけでなく、別途衣類乾燥室を必要とし、設置場所を
広く取る必要があり、また衣類乾燥室の設置が著しく制
約されるという問題があった。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明は、家庭用衣類乾
燥装置が備える機能及び衣類乾燥装置が設置される場所
の特質に着目してなされたもので、この種の衣類乾燥装
置は多くの場合、脱衣場や洗面場に設置され、このよう
な場所では通常空気調和が切望されていることから空調
機としての機能を付加して構成し、衣類乾燥の効率を高
めるとともに設置場所近傍の空気調和をも図り得る装置
を提供する。
【0007】洗濯物を乾燥させる乾燥室から排出された
高温高湿の空気が循環する経路に冷凍サイクルを設置す
るとともに、空気の循環路に、空調の種別及び衣類乾燥
の目的に応じて空気の流通路を適宜切り換える制御機構
を設置して衣類乾燥装置を構成する。
【0008】乾燥室を回転駆動させる乾燥室駆動回路
と、空気循環路の空気に空調を施す冷凍サイクルを駆動
する空調駆動回路と、上記冷凍サイクルを含む空気循環
路に設けられた空気通路の制御機構とを、入力された操
作指令の内容に基づいて動作状態に制御する制御回路と
を備え、電源投入時点で乾燥室駆動回路を優先入力する
ように衣類乾燥装置を構成する。
【0009】上記の構成によれば、乾燥室内の高温高湿
な空気を冷凍サイクルによって積極的に除湿して乾燥室
に戻すことにより、衣類乾燥に要する時間の短縮が図
れ、また冷凍サイクルを作動させるとともに空気循環路
を切り換えることにより、装置の設置された周辺近傍の
空調も行うことができ、簡単な構成を付加することで装
置の機能を有効に活用した衣類乾燥装置を得ることがで
きる。
【0010】また、装置本体を乾燥装置として或いは空
調装置として機能させるための電源回路の制御及び空気
循環路の切り換えを制御回路にて行うため、装置の構成
を複雑にすることなく機能向上を図ることができる。
【0011】
【発明の実施の形態】以下に図面を用いて本発明の実施
形態を詳細に説明する。まず主として衣類乾燥のための
構成を説明する。
【0012】図1において、衣類乾燥装置本体1の内部
には、回転ドラム式の乾燥室2が内蔵されている。この
乾燥室2の外周にはドラム回転用ベルト4がドラム回転
用モータ3との間に懸架されており、モータ3の駆動に
伴ってほぼ50〜60rpm程度の速度で回転する。乾
燥室2の奥壁には乾燥処理の過程で排出される空気を排
出する排気口が設けられ、この排気口を覆って排出空気
に混じって出る糸屑等を除去するためのフィルタ5が取
り付けられている。
【0013】ドラム状乾燥室2の前面には内部の洗濯物
に温風を供給するための熱源であるヒータ6が設けら
れ、後述する経路を循環してきた空気を加熱して乾燥室
2内へ供給する。上記ヒータ6は家庭用衣類乾燥装置と
して一般的な1.2KW程度の能力に設定されている。
乾燥室2の前面にはまた洗濯物を投入するための投入口
7が設けられ、乾燥室内部には洗濯物を上部に上げるた
めのバッフル8が設けられている。
【0014】上記乾燥室2の奥壁に取り付けられた糸屑
除去用フィルタ5の外側には、対向させてドラム状乾燥
室2内の空気を吸気して熱交換する機能を備えたファン
9が設置され、このファン9は上記ドラム回転用モータ
3に架けられた第2のベルト10によって回転力が与え
られ、乾燥室2の回転と一体になって回転する。上記フ
ァン9の回転により乾燥室2から吸気排出された高温高
湿の空気は、ファン9の熱交換機能により外気と適度に
熱交換され、冷却・除湿されて乾燥室2の外側に設けら
れた第1空気循環路11に送り出される。
【0015】本実施形態は、装置本体1が衣類乾燥に加
えて空調機能を有して構成されており、従って次に、冷
房又は暖房等の空調の機能を得るための構成を説明す
る。装置本体1と乾燥室2との間には、乾燥室2の外側
に第1空気循環路11が、更にその外側に第2空気循環
路12が設けられ、両空気循環路の間は仕切られた構造
になっている。
【0016】各空気循環路及び両空気循環路の壁には、
装置本体1を衣類乾燥、空調等作動させたい機能に応じ
て空気の流通を切り換えるためのダンパ13A、13
B、13C、13D、13E、13F及びシャッタ14
等が設けられている。上記各ダンパ13A、13B、1
3C、13D、13E、13F及びシャッタ14等の設
置位置及び開閉のタイミングは後述する機能とともに詳
細に説明する。
【0017】装置本体1は空調機能を有するため、上記
第1空気循環路11と第2空気循環路12に跨って冷凍
サイクルが設置されている。この冷凍サイクルは衣類乾
燥時に、乾燥室2内の高温高湿空気を積極的に除湿・冷
却する役割をも果たす。
【0018】従って、乾燥室2から吸気された高温高湿
空気が通過する第1空気循環路11の経路途中にまず冷
却除湿用フィン15が、続いて仕切り用のシャッタ14
を挟んで加熱用フィン16が設置され、一方上記第1空
気循環路11より外側に位置する第2空気循環路12に
は、加熱用フィン16と冷却除湿用フィン15の間に設
けられた膨張弁17、及び冷却除湿用フィン15と加熱
用フィン16の間に設けられたコンプレッサ18が設置
され、これら冷却除湿用フィン15、加熱用フィン1
6、膨張弁17及びコンプレッサ18間をパイプで結合
して冷凍サイクルが構成されている。
【0019】この冷凍サイクルでは、コンプレッサ18
で圧縮された冷媒が加熱用フィン16で凝縮し液体とな
った後、膨張弁17で低圧低温の液体となり冷却除湿用
フィン15に供給され、再びコンプレッサ18に還流さ
れる。
【0020】上記冷却除湿用フィン15と加熱用フィン
16との間の第1空気循環路11の壁面にはダンパ13
Aが設けられ、このダンパ13Aはバイパス19に連な
って冷却除湿された空気を装置本体1の前面に設けられ
た空調送出口となるダンパ13Bから外部に供給する。
【0021】上記装置本体1の熱交換ファン9が設置さ
れた近傍の外壁には、熱交換ファン9に外気を供給し、
乾燥室2の空気を熱交換により冷却するための吸排気口
20が設けられ、この吸排気口20は第2空気循環路1
2に連なっている。第2空気循環路12の吸排気口20
に近接する位置にファン21が設置され、ファン21の
駆動によって外気が空気循環路に取り込まれる。
【0022】ファン21近傍の空気循環路壁にはダンパ
13Cが取り付けられ、ファン21で取り込まれた空気
の通路を、衣類乾燥或いは空調等の、装置本体1の機能
によって第1又は第2空気循環路のいずれを通路とする
かに切り換える役目を果たし、このダンパ13Cが開く
ことによって吸排気口20から取り込まれ外気は第1空
気循環路11側に流れる。
【0023】上記第1空気循環路11の壁面には、衣類
乾燥及び空気調和の除湿過程で生成した水分を装置外部
に排出するドレイン22が取り付けられ、循環路11の
壁面は水分の排出を速やかにするためドレイン22に向
けて勾配がつけられ、さらに冷却除湿用フィン15につ
いても生成した水分の除去を速やかにして冷凍サイクル
の効率を高めるため、フィンはドレイン22側に勾配が
つけられている。
【0024】次に上記構成からなる空調機能付衣類乾燥
装置の動作を説明する。まず冷凍サイクルを利用して乾
燥室の高温高湿空気を積極的に除湿して衣類乾燥する場
合の動作を説明する。操作パネル(図示せず)面からの
衣類乾燥モードの指令によりダンパ13A、13B乃至
13Fはいずれも閉じ、一方シャッタ14は開かれて第
1空気循環路11は第2空気循環路12から隔離され、
ヒータ6に通電されるとともに、モータ12及びコンプ
レッサ18等を含む冷凍サイクルにも通電される。ただ
しファン21には通電されない。
【0025】衣類乾燥指令によりドラム状の乾燥室2は
回転し、熱交換ファン9も作動してヒータ6で加熱され
乾燥室内の湿気で高温高湿になった空気を吸気する。衣
類から蒸発した水分を含む空気は、フィルタ5で糸屑が
除去された後、熱交換ファン9により一次冷却されて第
1空気循環路11を流れる。冷凍サイクルも作動状態に
あるため第1空気循環路11を進んできた一次冷却後の
空気は冷却除湿用フィン15で積極的に冷却及び除湿さ
れる。
【0026】除湿された空気はシャッタ14が開かれて
いるため次に加熱用フィン16を通過する際に若干加熱
され、再びヒータ6に供給されて乾燥室2の衣類乾燥に
利用される。上記冷却除湿用フィン15部分で生成した
水分はドレイン22から装置外部に排出される。なおヒ
ータ6に通電せずに冷凍サイクルの作動によって乾燥さ
せる場合は除湿乾燥となる。
【0027】上記動作により乾燥室2内の洗濯物は、冷
凍サイクルの作動によって除湿度の高い空気で速やかに
乾燥される。ただし冷凍サイクルを利用しない場合は、
従来装置と同様に熱交換ファン9で除湿され、ヒータ6
で加熱された温風により乾燥がなされる。
【0028】次に本実施形態を空調機能、特に冷房モー
ドで機能させる場合の動作を説明する。図2において、
冷房モードでは冷凍サイクルのコンプレッサ18及びフ
ァン21に電源が投入されるものの、モータ3には電力
は供給されず、従って衣類乾燥室2は回転せず衣類乾燥
機能はない。一方シャッタ14及びダンパ13D、13
E、13Fは閉じた状態が維持されるものの、ダンパ1
3A、13B、13Cはいずれも開かれる。
【0029】ファン21が作動すると、吸排気口20か
ら外気が第2空気循環路12に吸入され、開いたダンパ
13Cから第1空気循環路11側に導かれる。第1空気
循環路11には冷却除湿用フィン15が設置されている
ため、吸入された外気はこのフィン15に接触して冷却
される。
【0030】ダンパ13Aは開かれているもののシャッ
タ14が閉じられているため、冷却された外気はバイパ
ス19を流れ、ダンパ13Eが閉じられているため第1
空気循環路11側に戻ることなく冷気が衣類乾燥装置本
体1の前面ダンパ13Bから装置外に吹き出され、装置
周辺に冷気を放出する。
【0031】例えばコンプレッサ18の能力を0.1k
whとし効率70%で冷却するならば、冷却能力は0.
1(kwh)×0.7×860(kcal/kwh)=
60(kcal)となる。脱衣場の容積を10m3、室
温を30℃とすれば60/10(m3)/0.24(k
cal/kg℃)/1.2(kg/m3)=20℃の冷
却効果があり、室温は10℃となる。
【0032】次に装置を空調機能の暖房モードで動作さ
せる場合を図3を用いて説明する。図3において、暖房
モードでは、上記冷房モードと同様に冷凍サイクルのコ
ンプレッサ18及びファン21に電源が投入されるもの
の、モータ3には電力は供給されず、従って衣類乾燥機
能はない。一方シャッタ14は閉じた状態が維持され、
冷房モードとは異なりダンパ13D及びダンパ13Eは
開けられ、ダンパ13A及び13Cは閉じられる。
【0033】ダンパ13Bは装置外に暖気を放出するた
めに開けられている。なおダンパ13Fは第1空気循環
路11をヒータ6から切り離す役目を担っているため、
暖房モードでは図のように開けられて第1空気循環路1
1を進んできた暖気が乾燥室2側に流れるのを防ぐ。
【0034】ファン21が作動すると、吸排気口20か
ら外気が第2空気循環路12に吸入され、第2空気循環
路12に設置された冷凍サイクル部分に導かれる。冷凍
サイクルの加熱用フィン16が設置された循環壁部分に
はダンパ13Dが設けられ、このダンパ13Dが開けら
れているため、吸入された外気は直ちに加熱用フィン1
6で加熱され開けられたダンパ13Eを通過して前面ダ
ンパ13Bから装置外に吹き出され、装置周辺に暖気を
放出する。
【0035】続いて装置を空調機能の除湿モードで動作
させる場合を図4を用いて説明する。図4において、除
湿モードでは、上記冷房モードと同様に冷凍サイクルの
コンプレッサ18及びファン21に電源が投入されるも
のの、モータ3には電力は供給されず、従って衣類乾燥
機能はない。
【0036】空気循環路については、ダンパ13B、1
3E及び13Cは開けてダンパ13A及び13Dは閉
じ、通路途中のシャッタ14を開けて外気吸引側のダン
パ13Cから前面ダンパ13BCまで連通させる。ダン
パ13Fは暖房モードと同様に第1空気循環路11を仕
切るために開けられている。
【0037】コンプレッサ18に連結された冷却除湿用
フィン15と加熱用フィン16は空気の通路に位置し、
従ってダンパ13Cから第1空気循環路11に導かれた
外気はまず冷却除湿用フィン15で冷やされて除湿さ
れ、次に加熱用フィン16に接触して加熱された後、前
面ダンパ13Bから装置本体外部に除湿空気となって放
出される。
【0038】上記実施形態は、冷凍サイクルの作動によ
ってなされた調和済み空気を前面ダンパ13Bから単に
装置本体1の外部に放出して近傍を空調する構造の装置
について説明したが、前面ダンパ13Bにさらに図5に
示すような樹脂製の蛇腹状ガイド筒22を着脱自在に連
結して、冷気、暖気又は除湿空気の局部供給を可能にし
て構成することができる。さらには図6に示すようにガ
イド筒22の先端に頭部を覆うヘアードライヤ治具或い
はカール治具23を連結して髪の毛の乾燥に適する形態
に構成することもできる。
【0039】図7は上記空調機能付衣類乾燥装置の制御
回路を示すブロック図で、商用電源30にメインスイッ
チ31を経て制御部32、衣類乾燥部の駆動回路33及
び空調部の駆動回路34が接続されている。衣類乾燥駆
動回路33及び空調部駆動回路34と電源31との間に
は更にサブスイッチ35、36がそれぞれ接続され、こ
れらサブスイッチ35、36は制御部32の指令でオ
ン、オフ動作する。
【0040】即ち、操作パネルから指示された動作指令
を制御部32は判断して、各ダンパ及びシャッタの開閉
を制御するとともに冷凍サイクル中のコンプレッサの作
動の必要性を判断して、サブスイッチをオン、オフす
る。
【0041】なお上記制御部32は、装置本体1が本来
衣類乾燥装置であることから、電源投入時点で装置を通
常の衣類乾燥装置として、即ち前述の衣類乾燥モードで
且つ冷凍サイクルが動作しない加熱温風乾燥装置として
機能させるべく、各ダンパ及びシャッタ位置を設定する
ように予め構成される。
【0042】
【発明の効果】以上のように本発明によれば、請求項1
においては、冷凍サイクルを付加することにより、衣類
乾燥の効率を高め、また衣類乾燥装置が設置された場所
近傍における空調を図ることができる。
【0043】請求項2においては、冷凍サイクルの駆動
によって空調送風口から調整された空気を装置外部に送
風することができ、装置が設置された脱衣場、洗濯場等
の空調を行うことができ、作業場環境を著しく改善する
ことができる。
【0044】請求項3においては、空気循環路の通路途
中に空気の流れを乾燥室と空調送風口のいずれかに切り
換える制御機構を設けているため、衣類乾燥部の機能を
活用しながら空調を行うことができ、装置構造を複雑に
することなく機能アップを図ることができる。
【0045】請求項4においては、冷凍サイクルの駆動
により、除湿空気を積極的に生成して衣類乾燥の効率を
高め、乾燥所要時間の短縮を図ることができる。
【0046】請求項5においては、制御回路において入
力された操作指令を判定して、空気通路の制御機構と乾
燥駆動回路及び空調駆動回路を、入力指令に対応する動
作状態に制御するため、簡単な回路構成で衣類乾燥と空
調を行うことでできる。
【図面の簡単な説明】
【図1】 本発明の一実施形態によるシステム構成図
で、特に衣類乾燥モードの動作状態図。
【図2】 同実施形態によるシステム構成の空調モード
を示す図。
【図3】 同じく冷房モードを示す図。
【図4】 同じく暖房モードを示す図。
【図5】 同じく除湿モードを示す図。
【図6】 本発明の他の実施形態による空調空気のガイ
ド筒を示す図。
【図7】 本発明による一実施形態の電気回路を説明す
るブロック図。
【符号の説明】
1 装置本体 2 乾燥室 3 モータ 6 ヒータ 9 熱交換ファン 11 第1空気循環路 12 第2空気循環路 13A、13B、13C、13D、13E、13F ダ
ンパ 14 シャッタ 15 冷却除湿用フィン 16 加熱用フィン 18 コンプレッサ 19 バイパス 21 ファン

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ドラム状の乾燥室を備えた衣類乾燥装置
    において、装置筺体の内部であって乾燥室の外部に冷凍
    サイクルを設け、該冷凍サイクルの冷却部及び加熱部を
    空気流通路の途中に有する空気循環路を、乾燥室の排気
    口と温風供給口間に形成してなることを特徴とする衣類
    乾燥装置。
  2. 【請求項2】 前記装置筺体壁に空調送出口を設け、該
    空調送出口を前記空気循環路に連接してなり、冷凍サイ
    クルの駆動によって空調送出口から調整された空気を装
    置外部に送風することを特徴とする請求項1記載の衣類
    乾燥装置。
  3. 【請求項3】 前記空気循環路は通路途中に、空気の流
    れを乾燥室と空調送出口のいずれかに切り替える制御機
    構を備えてなることを特徴とする請求項2記載の衣類乾
    燥装置。
  4. 【請求項4】 乾燥室の高温高湿排気を前記空気循環路
    に設置された冷凍サイクルで除湿して乾燥室に供給し、
    除湿空気で積極的に乾燥することを特徴とする請求項1
    記載の衣類乾燥装置。
  5. 【請求項5】 乾燥室を回転駆動させる乾燥室駆動回路
    と、装置筺体の内部であって乾燥室の外部に設置された
    冷凍サイクルを駆動する空調駆動回路と、上記冷凍サイ
    クルを含む空気循環路に設けられた空気通路の制御機構
    と、該空気通路の制御機構と上記乾燥駆動回路及び空調
    駆動回路を、入力された操作指令を判定して入力指令に
    対応する動作状態に制御する制御回路とを備えてなるこ
    とを特徴とする衣類乾燥装置。
JP22037695A 1994-12-06 1995-08-29 衣類乾燥装置 Expired - Fee Related JP3330789B2 (ja)

Priority Applications (7)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22037695A JP3330789B2 (ja) 1995-08-29 1995-08-29 衣類乾燥装置
MYPI95003552A MY115384A (en) 1994-12-06 1995-11-21 Drum type washing machine and drier
DE69520868T DE69520868T2 (de) 1994-12-06 1995-11-24 Trommelwaschmaschine und -trockner
EP95308438A EP0716178B1 (en) 1994-12-06 1995-11-24 Drum type washing machine and drier
US08/565,243 US5768730A (en) 1994-12-06 1995-11-30 Drum type washing machine and dryer
KR1019950046704A KR100284022B1 (ko) 1994-12-06 1995-12-05 드럼식 세탁기 및 건조기
CN95120516A CN1098381C (zh) 1994-12-06 1995-12-06 滚筒式洗衣机和烘干机

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22037695A JP3330789B2 (ja) 1995-08-29 1995-08-29 衣類乾燥装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0956992A true JPH0956992A (ja) 1997-03-04
JP3330789B2 JP3330789B2 (ja) 2002-09-30

Family

ID=16750160

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP22037695A Expired - Fee Related JP3330789B2 (ja) 1994-12-06 1995-08-29 衣類乾燥装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3330789B2 (ja)

Cited By (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002061882A (ja) * 2000-08-23 2002-02-28 Matsushita Seiko Co Ltd 空気供給装置
JP2004135755A (ja) * 2002-10-16 2004-05-13 Matsushita Electric Ind Co Ltd 洗濯乾燥機
JP2005177224A (ja) * 2003-12-22 2005-07-07 Matsushita Electric Ind Co Ltd 除湿乾燥機
KR100595760B1 (ko) 2004-12-06 2006-06-30 엘지전자 주식회사 증기압축 사이클 시스템을 구비하는 의류 건조기
EP1767687A1 (en) * 2005-09-22 2007-03-28 Whirlpool Corporation Apparatus and method for drying clothes
WO2007058145A1 (ja) 2005-11-17 2007-05-24 Kabushiki Kaisha Toshiba 衣類乾燥機
JP2007209526A (ja) * 2006-02-09 2007-08-23 Toshiba Corp 衣類乾燥機
JP2007215917A (ja) * 2006-02-20 2007-08-30 Toshiba Corp 衣類乾燥機
US7263861B2 (en) 2002-10-16 2007-09-04 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Washing and drying machine
JP2007229377A (ja) * 2006-03-03 2007-09-13 Toshiba Corp 衣類乾燥機
JP2007300945A (ja) * 2006-05-08 2007-11-22 Toshiba Corp 衣類乾燥機
JP2007301018A (ja) * 2006-05-09 2007-11-22 Toshiba Corp 衣類乾燥機
JP2007301221A (ja) * 2006-05-12 2007-11-22 Toshiba Corp 衣類乾燥機
JP2008253656A (ja) * 2007-04-09 2008-10-23 Matsushita Electric Ind Co Ltd 衣類乾燥装置
JP2009017936A (ja) * 2007-07-10 2009-01-29 Toshiba Corp 洗濯乾燥機
CN104452176A (zh) * 2014-11-06 2015-03-25 珠海格力电器股份有限公司 一种洗干一体机

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4921823B2 (ja) * 2006-03-27 2012-04-25 株式会社東芝 衣類乾燥機
JP4791881B2 (ja) * 2006-05-12 2011-10-12 株式会社東芝 衣類乾燥機

Cited By (24)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002061882A (ja) * 2000-08-23 2002-02-28 Matsushita Seiko Co Ltd 空気供給装置
JP2004135755A (ja) * 2002-10-16 2004-05-13 Matsushita Electric Ind Co Ltd 洗濯乾燥機
US7263861B2 (en) 2002-10-16 2007-09-04 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Washing and drying machine
JP4507587B2 (ja) * 2003-12-22 2010-07-21 パナソニック株式会社 除湿乾燥機
JP2005177224A (ja) * 2003-12-22 2005-07-07 Matsushita Electric Ind Co Ltd 除湿乾燥機
KR100595760B1 (ko) 2004-12-06 2006-06-30 엘지전자 주식회사 증기압축 사이클 시스템을 구비하는 의류 건조기
EP1767687A1 (en) * 2005-09-22 2007-03-28 Whirlpool Corporation Apparatus and method for drying clothes
US8156660B2 (en) 2005-09-22 2012-04-17 Whirlpool Corporation Apparatus and method for drying clothes
WO2007058145A1 (ja) 2005-11-17 2007-05-24 Kabushiki Kaisha Toshiba 衣類乾燥機
JP2007135832A (ja) * 2005-11-17 2007-06-07 Toshiba Corp 衣類乾燥機
US7866061B2 (en) 2005-11-17 2011-01-11 Kabushiki Kaisha Toshiba Clothes dryer
JP4550747B2 (ja) * 2006-02-09 2010-09-22 株式会社東芝 衣類乾燥機
JP2007209526A (ja) * 2006-02-09 2007-08-23 Toshiba Corp 衣類乾燥機
JP2007215917A (ja) * 2006-02-20 2007-08-30 Toshiba Corp 衣類乾燥機
KR100822093B1 (ko) 2006-03-03 2008-04-15 가부시끼가이샤 도시바 의류 건조기
JP2007229377A (ja) * 2006-03-03 2007-09-13 Toshiba Corp 衣類乾燥機
JP4612563B2 (ja) * 2006-03-03 2011-01-12 株式会社東芝 衣類乾燥機
JP2007300945A (ja) * 2006-05-08 2007-11-22 Toshiba Corp 衣類乾燥機
JP4690936B2 (ja) * 2006-05-08 2011-06-01 株式会社東芝 衣類乾燥機
JP2007301018A (ja) * 2006-05-09 2007-11-22 Toshiba Corp 衣類乾燥機
JP2007301221A (ja) * 2006-05-12 2007-11-22 Toshiba Corp 衣類乾燥機
JP2008253656A (ja) * 2007-04-09 2008-10-23 Matsushita Electric Ind Co Ltd 衣類乾燥装置
JP2009017936A (ja) * 2007-07-10 2009-01-29 Toshiba Corp 洗濯乾燥機
CN104452176A (zh) * 2014-11-06 2015-03-25 珠海格力电器股份有限公司 一种洗干一体机

Also Published As

Publication number Publication date
JP3330789B2 (ja) 2002-09-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH0956992A (ja) 衣類乾燥装置
US7194823B2 (en) Clothes drier
JP5075771B2 (ja) 洗濯乾燥機
JPH07178289A (ja) 衣類乾燥機
JP5012283B2 (ja) 衣類乾燥機
NZ566904A (en) A dehumidifier which can select air outlets using a damper mechanism
JP2009028112A5 (ja)
JP4690936B2 (ja) 衣類乾燥機
JP2007143711A (ja) 衣類乾燥除湿機
JPH0742990A (ja) 遊技場における空気調和機の省エネルギー制御方法
JP2000289455A (ja) 車両用空調装置
JP2010042189A (ja) 衣類乾燥機
JP3197596B2 (ja) 空気調和機
JP2002349930A (ja) 浴室乾燥装置
JP3015576B2 (ja) 浴室用空気調和機
JP3129996B2 (ja) 他室暖房機能付き浴室暖房装置
JPH10122596A (ja) 外気導入型空気調和装置
KR20180078833A (ko) 공기 조화기 및 이의 제어방법
JP4638660B2 (ja) 衣類乾燥機
JP4508456B2 (ja) 空調システム
JP2001353399A (ja) 衣類乾燥機
JPH11290592A (ja) 浴室換気乾燥機
JP2000126500A (ja) 衣類乾燥機
JP2933529B2 (ja) 別室暖房機能付き浴室暖房乾燥機
JP2933528B2 (ja) 多室換気機能付き浴室暖房乾燥機

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20070719

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080719

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080719

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090719

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100719

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110719

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110719

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120719

Year of fee payment: 10

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees