JPH09317945A - 配管用スライド金具 - Google Patents

配管用スライド金具

Info

Publication number
JPH09317945A
JPH09317945A JP8158864A JP15886496A JPH09317945A JP H09317945 A JPH09317945 A JP H09317945A JP 8158864 A JP8158864 A JP 8158864A JP 15886496 A JP15886496 A JP 15886496A JP H09317945 A JPH09317945 A JP H09317945A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
arcuate portion
fittings
bent portions
long hole
bolts
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP8158864A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3805430B2 (ja
Inventor
Kiyohisa Shibuya
清寿 渋谷
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Akagi Co Ltd
Original Assignee
Akagi Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Akagi Co Ltd filed Critical Akagi Co Ltd
Priority to JP15886496A priority Critical patent/JP3805430B2/ja
Publication of JPH09317945A publication Critical patent/JPH09317945A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3805430B2 publication Critical patent/JP3805430B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16LPIPES; JOINTS OR FITTINGS FOR PIPES; SUPPORTS FOR PIPES, CABLES OR PROTECTIVE TUBING; MEANS FOR THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16L3/00Supports for pipes, cables or protective tubing, e.g. hangers, holders, clamps, cleats, clips, brackets
    • F16L3/08Supports for pipes, cables or protective tubing, e.g. hangers, holders, clamps, cleats, clips, brackets substantially surrounding the pipe, cable or protective tubing
    • F16L3/10Supports for pipes, cables or protective tubing, e.g. hangers, holders, clamps, cleats, clips, brackets substantially surrounding the pipe, cable or protective tubing divided, i.e. with two or more members engaging the pipe, cable or protective tubing
    • F16L3/1091Supports for pipes, cables or protective tubing, e.g. hangers, holders, clamps, cleats, clips, brackets substantially surrounding the pipe, cable or protective tubing divided, i.e. with two or more members engaging the pipe, cable or protective tubing with two members, the two members being fixed to each other with fastening members on each side
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16LPIPES; JOINTS OR FITTINGS FOR PIPES; SUPPORTS FOR PIPES, CABLES OR PROTECTIVE TUBING; MEANS FOR THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16L3/00Supports for pipes, cables or protective tubing, e.g. hangers, holders, clamps, cleats, clips, brackets
    • F16L3/08Supports for pipes, cables or protective tubing, e.g. hangers, holders, clamps, cleats, clips, brackets substantially surrounding the pipe, cable or protective tubing
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16LPIPES; JOINTS OR FITTINGS FOR PIPES; SUPPORTS FOR PIPES, CABLES OR PROTECTIVE TUBING; MEANS FOR THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16L3/00Supports for pipes, cables or protective tubing, e.g. hangers, holders, clamps, cleats, clips, brackets
    • F16L3/16Supports for pipes, cables or protective tubing, e.g. hangers, holders, clamps, cleats, clips, brackets with special provision allowing movement of the pipe

Abstract

(57)【要約】 【課題】本発明は、配管用スライド金具における製造コ
ストの低減、更なる使い勝手の改善を課題とするもので
ある。 【解決手段】基板上に一定の間隔で対向状態に立設され
ると共に長孔が形成されている一対の縦支持板と、中央
に上方向及び下方向への弧状部が形成されており両端部
に屈曲部を有する一対の固定金具と、該両固定金具の屈
曲部に形成されているボルト孔と縦支持板に形成されて
いる長孔に挿通されるボルト・ナットで構成されること
を特徴とする配管用スライド金具である。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、床面の所定の高さ
に配管を支持・固定するのに利用される配管用スライド
金具に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、床面の所定の高さに配管を支持・
固定する技術としては、例えば実公昭55−54131
号公報等に記載されているように、基板上に一定の間隔
をもって一対の全ネジボルトを立設し、このボルト間
に、中央に環状部が形成されている配管固定用部材を配
置し、この配管固定用部材の両端を、全ネジボルトに配
置されているそれぞれ一対のナットで固定するすること
が行われている。このような配管用金具では配管の高さ
を調節するのに、全ネジボルトに配置されている一対の
ナットのそれぞれを回転させて所定の高さに移動させな
ければならないので、作業が非常に煩雑である。
【0003】本願の発明者は、上記した作業の煩雑さを
解消することを目的として、先に、全ネジボルト及びこ
れに配置するナット対を利用せず、配管固定用部材の両
端側を一対に立設された溝型支持部に沿ってスライドさ
せ、所定位置でボルト・ナットの締め込みだけで配管を
所定の高さに固定することができる、使い勝手のよい配
管のスライド金具を実公昭63−23669号で提案し
た。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】上記公報で提案した配
管のスライド金具は、使い勝手がよいことから大いに普
及するものであったが、製造コストの点や、更なる使い
勝手の改善の点で再考さるべき点があることに思い至っ
た。
【0005】上記から明らかなように、本発明は、配管
用スライド金具における製造コストの低減、更なる使い
勝手の改善を課題とするものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】本願発明に係る配管用ス
ライド金具は、基板上に一定の間隔で対向状態に立設
されると共に長孔が形成されている一対の縦支持板と、
中央に上方向及び下方向への弧状部が形成されており両
端部に屈曲部を有する一対の固定金具と、該両固定金具
の屈曲部に形成されているボルト孔と縦支持板に形成さ
れている長孔に挿通されるボルト・ナットで構成される
こと、下側の固定金具が下方向への弧状部分を有し、
上側の固定金具が弧状部分を持たない略水平であるこ
と、上側の固定金具が上方向への弧状部分を有し、下
側の固定金具が弧状部分を持たない略水平であること、
上下の固定金具の屈曲部に形成されるボルト孔の内、
少なくとも上側又は下側の固定金具の一方の側のボルト
孔が長孔であること、をそれぞれ特徴とする。
【0007】
【発明の実施の形態】本願発明に係る配管用スライド金
具の実施例を添付の図面に従って詳細に説明する。
【0008】図1において、基板10には両端に透孔1
1が用意されており、更に一定の間隔で一対の縦支持板
12が立設されている。透孔11を通してコンクリート
釘等を利用して床面等に固定が行われる。縦支持板12
には長孔13が設けられており、また、この長孔13に
は目盛り表示14が行われている。
【0009】尚、基板10と縦支持板12との取り付け
構造・手段は自由に設定することができ図1の構成に限
定されず、例えば、図4のAに示す如く、1枚の短冊状
の金属板をコ字状に折り曲げて、基板10と縦支持板1
2とを一体に形成するように構成してもよい。この場
合、透孔11は縦支持板12近傍の基板10に設けられ
る。
【0010】固定金具20・21は中央部位に弧状部2
2・23を有しており、端部には屈曲部24・25が形
成されている。弧状部22・23の組合せにより環状部
が形成され、この環状部によって配管の固定が行われ
る。
【0011】固定金具20・21のそれぞれの屈曲部2
4・25にはボルト孔26・27が用意されており、ボ
ルト孔26・27の少なくとも一方は円孔でなく長孔に
形成されている。このように構成することで、弧状部2
2・23で形成される環状部の大きさを調整することが
可能となる。
【0012】固定金具20・21の屈曲部24・25の
ボルト孔26・27と縦支持板12の長孔13との間に
はそれぞれボルト30が挿通されナット31を緊締する
ことにより固定金具20・21を任意の高さに固定する
ことが可能となっている。
【0013】ボルト30及びナット31の形状・構成は
任意であるが、例えば、ボルト30の頭を固定金具20
の屈曲部24に対して自由回動ができないように固定し
ておき、ナット31を羽根付きナットとすれば、何ら工
具を必要とせずに緊締することが可能となり、使い勝手
が更に良好となる。
【0014】尚、基板10、縦支持板12、固定金具2
0・21等の部材は、金属板で形成するが、合成樹脂材
で形成することも可能である。
【0015】図2に示すように、本発明に係る配管用ス
ライド金具を利用すれば、単に配管高さを自由に設定す
ることができるだけでなく、略水平の床面等に対して配
管を傾斜して取り付ける際に有利な機能を発揮する。即
ち、本発明に係る配管用スライド金具では、固定金具2
0・21は2つの部材で構成されており、その屈曲部2
4・25に形成されているボルト孔26・27の少なく
とも一方は長孔に形成されているから、2つの弧状部2
2・23で構成される環状部の大きさを調整することが
可能であるし、更に、屈曲部24・25のボルト孔26
・27に挿通されるボルト30を中心にして時計方向な
いし反時計方向に自在に回動することが可能である。従
って、床面等に対して任意の角度で傾斜した状態に配管
を固定することが可能である。前記した従来の配管金具
では、支持金具などを強引に折り曲げるなどしないと、
配管を傾斜状態に固定することはできないので、この点
においても本発明に係る配管用スライド金具の優れた利
便性が認められる。
【0016】図3のA及びBに示すように、固定金具2
0・21は、下側の固定金具21だけに弧状部分23を
設け、上側の固定金具20は弧状部分を持たない略水平
状態とする構成も採用できるし、逆に、上側の固定金具
20だけに弧状部分22を設け、下側の固定金具21は
弧状部分を持たない略水平状態とする構成も採用でき
る。
【0017】図3のCに示す如く、固定金具20・21
の両者をボルト・ナットで縦支持板12に固定するので
なく、例えば、下側の固定金具21だけを縦支持板12
に固定し、上側の固定金具20はビスやボルト・ナット
等の固着手段で下側の固定金具21に固定するように構
成することも本発明に包含される。
【0018】更に、固定金具20・21の弧状部分22
・23には補強用のリブを形成するように構成すること
も好ましい態様である。
【0019】図4のBに示す如く、縦支持板12に用意
する長孔13は、滑らかな長孔でなく、段部を設けてボ
ルト30を係止することができるようにした構成も本発
明に包含される。
【0020】
【発明の効果】本発明に係る配管用スライド金具によれ
ば、ボルト30とナット31の緊締により自在に配管の
取り付け高さの調整を行うことができるだけでなく、弧
状部23・24で形成される環状部の大きさを調整する
ことができるので、径を異にする配管にも対応でき、更
に、床面等に対して配管を傾斜状態に固定することがで
きるので、従来品に比較して非常に使い勝手がよく、ま
た、前記した実公昭63−23669号公報に記載され
ている従来製品と比較しても、製造コストを大幅に低減
させることが可能であり、従って頭記した課題が解決さ
れる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の1実施例を示す斜視図
【図2】利用の1態様を示す側面図
【図3】固定金具の他の実施例を示す正面図
【図4】基板と縦支持板の他の実施例を示す概略図
【符号の説明】
10−基板 11−透孔 12−縦支持板 13−長孔 14−目盛り表示 20−固定金具 21−固定金具 22−弧状部 23−弧状部 24−屈曲部 25−屈曲部 26−ボルト孔 27−ボルト孔 30−ボルト 31−ナット

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】基板上に一定の間隔で対向状態に立設され
    ると共に長孔が形成されている一対の縦支持板と、中央
    に上方向及び下方向への弧状部が形成されており両端部
    に屈曲部を有する一対の固定金具と、該両固定金具の屈
    曲部に形成されているボルト孔と縦支持板に形成されて
    いる長孔に挿通されるボルト・ナットで構成されること
    を特徴とする配管用スライド金具。
  2. 【請求項2】下側の固定金具が下方向への弧状部分を有
    し、上側の固定金具が弧状部分を持たない略水平である
    ことを特徴とする請求項1に記載の配管用スライド金
    具。
  3. 【請求項3】上側の固定金具が上方向への弧状部分を有
    し、下側の固定金具が弧状部分を持たない略水平である
    ことを特徴とする請求項1に記載の配管用スライド金
    具。
  4. 【請求項4】上下の固定金具の屈曲部に形成されるボル
    ト孔の内、少なくとも上側又は下側の固定金具の一方の
    側のボルト孔が長孔であることを特徴とする請求項1〜
    3の何れかに記載の配管用スライド金具。
JP15886496A 1996-05-30 1996-05-30 配管用スライド金具 Expired - Lifetime JP3805430B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP15886496A JP3805430B2 (ja) 1996-05-30 1996-05-30 配管用スライド金具

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP15886496A JP3805430B2 (ja) 1996-05-30 1996-05-30 配管用スライド金具

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH09317945A true JPH09317945A (ja) 1997-12-12
JP3805430B2 JP3805430B2 (ja) 2006-08-02

Family

ID=15681075

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP15886496A Expired - Lifetime JP3805430B2 (ja) 1996-05-30 1996-05-30 配管用スライド金具

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3805430B2 (ja)

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003020706A (ja) * 2001-07-09 2003-01-24 Takayama Metal Industrial Co Ltd 排水管等の流水部材の固定用具
JP2003156178A (ja) * 2001-09-04 2003-05-30 Takayama Metal Industrial Co Ltd 流水部材の固定用具
KR200447084Y1 (ko) * 2007-12-27 2009-12-28 최창규 배관 고정 장치
JP2011241977A (ja) * 2010-04-21 2011-12-01 Mirai Ind Co Ltd 配線・配管材配設具、配線・配管材配設装置、配線・配管材の配設方法、および配線・配管材配設装置体
CN102305312A (zh) * 2011-08-24 2012-01-04 成都科盛石油科技有限公司 用于管类零部件夹紧的装置
JP2013117262A (ja) * 2011-12-02 2013-06-13 Mitsubishi Heavy Ind Ltd サポート構造
CN103398222A (zh) * 2013-08-14 2013-11-20 海安县社民机械配件厂 新型管件固定支座
CN103398234A (zh) * 2013-08-13 2013-11-20 海安县社民机械配件厂 管件可调滑动支座
CN104319720A (zh) * 2014-11-26 2015-01-28 王淑英 一种用于低压电缆的快速固定装置
CN104727930A (zh) * 2015-03-09 2015-06-24 南京金龙客车制造有限公司 一种中冷管固定装置
CN109252679A (zh) * 2018-10-11 2019-01-22 鼎宸建设管理有限公司 一种超高泵送混泥土的设备

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS55176593U (ja) * 1979-06-05 1980-12-18
JPS5615884U (ja) * 1979-07-16 1981-02-10
JPS59174473U (ja) * 1983-05-10 1984-11-21 株式会社 赤城製作所 配管のスライド金具
JPS6345279U (ja) * 1986-09-04 1988-03-26
JPH0552473U (ja) * 1991-12-18 1993-07-13 因幡電機産業株式会社 配管支持用の架台設備

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS55176593U (ja) * 1979-06-05 1980-12-18
JPS5615884U (ja) * 1979-07-16 1981-02-10
JPS59174473U (ja) * 1983-05-10 1984-11-21 株式会社 赤城製作所 配管のスライド金具
JPS6345279U (ja) * 1986-09-04 1988-03-26
JPH0552473U (ja) * 1991-12-18 1993-07-13 因幡電機産業株式会社 配管支持用の架台設備

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003020706A (ja) * 2001-07-09 2003-01-24 Takayama Metal Industrial Co Ltd 排水管等の流水部材の固定用具
JP2003156178A (ja) * 2001-09-04 2003-05-30 Takayama Metal Industrial Co Ltd 流水部材の固定用具
KR200447084Y1 (ko) * 2007-12-27 2009-12-28 최창규 배관 고정 장치
JP2011241977A (ja) * 2010-04-21 2011-12-01 Mirai Ind Co Ltd 配線・配管材配設具、配線・配管材配設装置、配線・配管材の配設方法、および配線・配管材配設装置体
CN102305312A (zh) * 2011-08-24 2012-01-04 成都科盛石油科技有限公司 用于管类零部件夹紧的装置
JP2013117262A (ja) * 2011-12-02 2013-06-13 Mitsubishi Heavy Ind Ltd サポート構造
CN103398234A (zh) * 2013-08-13 2013-11-20 海安县社民机械配件厂 管件可调滑动支座
CN103398222A (zh) * 2013-08-14 2013-11-20 海安县社民机械配件厂 新型管件固定支座
CN104319720A (zh) * 2014-11-26 2015-01-28 王淑英 一种用于低压电缆的快速固定装置
CN104727930A (zh) * 2015-03-09 2015-06-24 南京金龙客车制造有限公司 一种中冷管固定装置
CN109252679A (zh) * 2018-10-11 2019-01-22 鼎宸建设管理有限公司 一种超高泵送混泥土的设备
CN109252679B (zh) * 2018-10-11 2021-05-18 广东博智林机器人有限公司 一种超高泵送混泥土的设备

Also Published As

Publication number Publication date
JP3805430B2 (ja) 2006-08-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH09317945A (ja) 配管用スライド金具
US7243887B2 (en) Suspension system
JP3322132B2 (ja) 傾斜壁面用ブラケット装置
JP4391456B2 (ja) 横枝管支持構造
JP3042722U (ja) 鉄筋金物の固定金具
JPH0629305Y2 (ja) 吊りボルト支持金具
JPS6342229Y2 (ja)
JPH0629304Y2 (ja) 吊りボルト支持金具
JP2530141Y2 (ja) 構築用アンボンドpc鋼線の支持金具
JP3634653B2 (ja) 床ブレース
JP2875501B2 (ja) 室外機の据付け装置
JP2568635Y2 (ja) 天井パネル支持構造
JPS6040651Y2 (ja) 仮さく構成体
JPH0615469Y2 (ja) ケーブル装架用支持具
JP3874700B2 (ja) リップ溝形鋼用取付け具
JPH0328169Y2 (ja)
JP3004133U (ja) 支持金具
JPH0722461Y2 (ja) 建物内に別の部屋を構築する吊下連結具
JPH0535267Y2 (ja)
JPH09268730A (ja) 手摺支柱角度自在ブラケット
JPH0366468B2 (ja)
JPS6015896Y2 (ja) 窓枠改装工法用の基準面設定金具
JPH0722462Y2 (ja) 建物内に別の部屋を構築する鴨居の取付構造
JP3280329B2 (ja) 手摺支柱の取付具
JPS6113064B2 (ja)

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20050715

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050802

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050826

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20060328

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20060510

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100519

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100519

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110519

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120519

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130519

Year of fee payment: 7

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130519

Year of fee payment: 7

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130519

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140519

Year of fee payment: 8

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

EXPY Cancellation because of completion of term